海外旅行が好きな方はたくさんいるかと思いますが、海外旅行へ行くのであれば、必ず知っておきたい事があります。

それは、たくさんの危険な事があるという事です。

日本は島国なので、他の国が陸続きで隣り合わせているという条件はないので、比較的ほかの国からの侵略であったり、影響というものがうけにくい場所なので、海外の情報がなかなか入ってこないという状況があります。

なので、海外の事を知るにはニュースでなんとなくそうなんだ、というある程度の情報しか入ってこないので、海外の危険な事については知らない場合が多いです。

例えば、日本は比較的世界でも治安がいいので、日常生活においても、バッグを置いて席を立ったりするなど、海外からするとありえないというような話を聞いたことがあるかと思います。

つまり、日本の当たり前が世界では通用しないという事ですし、海外の危険な事についてもっと知るべきであるという事です。

その中のひとつに、南アメリカへ行く機会がある方には是非とも知っておいてほしいのはピラニアの事です。

南アメリカへ行った時にピラニアの事を知らないのは危険な事です。

テレビなどでも見たことがある方もかなり多いと思いますが、映画などでも見た事があると思いますが、人が食べられるという残虐なシーンなども見た事があるかと思います。

なので、今回はピラニアをテーマにして、ピラニアについて知らない事についてご紹介していきたいと思います。

ピラニアについて知らないのは危険!

海外へ旅行したりする場合は必ずその旅行先の海外の現地の情報であったりその地域の特有の気をつけるべきことなどを知っておく必要があります。

なぜならばその地域特有の習慣があったりその地域で危険な地域などが存在したり、戦争などの影響で危ないような状況が起こっているかもしれないからです。

例えばごく最近の話であれば、中東で話題のISISなどの活動により、欧米など、海外でもテロが起きたりもしています。

それ以外にも、ある地域では女性は髪の毛を隠して歩かなければいけないというような習慣があるので髪の毛を露出して歩いたりするということもその地域ではありえないことであり失礼な事に当たるからです。

時と場合によっては逮捕されてしまったり、拘束されてしまう可能性などもある事から、日本以外の場所に行くときには必ず様々な事を知っておく必要があり、ピラニアについてもそれとまったく同じことだといえます。

しかし、ピラニアについて詳しくご紹介していく前に、そもそもピラニアのことを知らないという方もいるかもしれませんので、まずはピラニアがどういうものか、という事について簡単にご紹介していきます。

ピラニアとは?


まずはじめにピラニアというものはピラニアと言う名前の魚のことです。

おそらく知らない方はあまりいないとは思いますが、肉食の淡水魚であり、アマゾン川や南アメリカの熱帯地方に生息すると言われている肉食の淡水を意味する総称の事を指し示しています。

ちなみにピラニアと呼ばれる魚については基本的にカラセン目セルラサルムス科セルラサルムス亜科と呼ばれています。

長ったらしい名前ですが、分類自体も曖昧な部分があるので、単にピラニアと理解しておけば問題はありません。

ちなみにピラニアについてですが現地の言語であるトゥピ語という言葉の意味で魚を意味するPiraという言葉と歯を意味するRanhaを合わせたもので歯のある魚という意味が盛られています。

大きさ

ピラニアに関しては知っている人はわかると思いますが、小型の魚であり体長は15cm であり大型なものであれば60cm 程度に達しています。

なので大きさという意味ではそこまで大きくはないので想像と違うという方もいるかもしれませんね。

比較的小型の魚なので観賞用として自宅で飼ってる人も海外では多く存在しておりピラニア自体が種類にもよりますが緑と赤に輝く鱗思っており用紙が比較的綺麗と言うこともあり熱帯魚としてかわれやすい側面を持っています。

ピラニアの特徴

ピラニアについての基礎知識を簡単にご紹介しましたが、ここからはピラニアの細い特徴についてご紹介していきたいと思います。

小型の魚ということであればそこまで危険な感じはしないかもしれませんが先ほどお伝えしたように肉食魚という事と他にも様々な特徴を持っているので、時と場合によっては危険であるということも考慮しなければいけないので、さらにピラニアの知識を深めるためにご紹介する内容で知らない部分があればこの機会に理解しておいてください。

鋭い歯

ピラニアの特徴を説明する上で必ず避けては通れないのがその名前を由来している歯です。

ピラニアはとても鋭い刃を持っておりこの鋭い牙でたくさんの獲物を噛みちぎることができると言われています。

先ほどお伝えした様にピラニアは肉食魚なので肉を噛み切ると言う意味合いでも鋭い刃が付いているのでこの鋭い刃を使ってたくさんの命を刈り取っていると言っても過言ではありません。

またそれと同時に強靭な顎を持っておりその顎の力で野生動物を噛み砕いています。

強靭な顎としっかりとした歯により、かみちぎる能力がかなり高く、これがピラニアの最大の特徴だともいえる特徴です。

肉食

先ほどからお伝えしている通りピラニアは肉食の淡水魚です。

ちなみに余談としてはもともとピラニアは先ほどお伝えしたメチニス系の草食魚類からだいたい1000万年から800年前に雑食のメガピラニアを経由して、今現在の肉食のピラニアへと進化した背景を持っています。

なので本来はもともと草食魚類という区分になっていました。

今現在の肉食のピラニアに関しては一応草食系の気質が未だに多く残っている状態ではあるものの、他の魚であったり水に落ちた雛鳥やネズミなど比較的自分よりも小型のものに監視て獲物としてとらえている事が多いようです。

ピラニアの本当のこと


ここまでは簡単にピラニアの特徴についてご紹介していきましたが、ここからはあまり知られていないピラニアの本当の真実についてご紹介していきます。

ピラニアに関してはその性質からたくさんのテレビや映画などで取り沙汰されていることが多く存在しており、間違った情報や過度に刺激されすぎている情報などが存在しているので、正しい知識をこの機会に学んでください。

実は臆病

まず意外と知らないピラニアの本当の真実ですが実はピラニアは臆病だということが知られています。

なんとなく私たちのイメージとしてはテレビや映画などで集団で人間に襲いかかったり人間の肉を噛みちぎったりして食べられてしまうというようなイメージを持っている方が多いと思います。

極めて凶暴な淡水魚だというイメージを持っているので臆病ということがなかなか信じがたい事実ですよね。

しかしながらもともとピラニアは臆病な性格で単体での性格は極端に臆病であるため、だからこそピラニアは集団で行動していると言えます。

私たちが映画などで見ているようなピラニアの姿は狂暴な姿ばかりだと思いますが、実際は臆病だからこそ集団で存在しているという事を理解すると集団で泳いでいるのも納得がいくと思います。

自分より大きい動物を見ると逃げる

ピラニアは本当は臆病な生き物なので自分よりも大きい動物を見てしまうと逃げてしまう性質を持っています。

臆病なため一人で行動することも躊躇してしまう様なピラニアが自分よりも大きい動物を見て襲いかかると言うことは基本的にありえないので、だからこそ集団で存在しており集団であっても大きい動物には立ち向かわないということが本来の性格です。

いかにメディアの印象で私たちが物事を一方的に判断してしまっているかということを感じる瞬間だといえます。

食べられることはない

なので私たちがイメージとして持っているピラニアが人間を食べたり大きい動物などを食べているということは基本的にはあり得ないことです。

そもそも自分よりも大きい動物に対して臆病なので逃げてしまうので襲いかかると言うこと自体がありえないことなので私たちが食べられるということは基本的にはありません。

ただ、生息している場所で大型の生物が死んでしまっているのであれば話は別です。

その場合は攻撃される心配もないですし、お構いなしに食べたりするといえます。

しかしながら例えば先ほどお伝えしたように観賞用として自宅でピラニアを飼っている場合に餌を上げようとしたりして自分の手を突っ込んだ時にピラニアが勘違いをして手を食べたりしようとしたりしたと考えるとかなり悲惨な事が起きてしまいます。

鋭い歯なので、触れただけで肉が割けてしまい、かみちぎられてしまう可能性もあるからです。

なので、危険な生き物であるという事自体は間違ってはいません。

そして気をつけていただきたい点として ピラニアは血液の匂いが水面を叩く音にとても敏感に反応します。

例えばある生物が死んで傷を負っていながら川の中で死んでしまった場合に、ピラニアがその血の匂いを嗅ぎつけるとするととても敏感に反応してピラニアの群れ全体が一気に興奮状態となります。

興奮状態になったピラニアは水面が激しく燃え上がるほどの勢いで獲物に一直線に食らいつくという習性を持っています。

なので、私たちが見たテレビなどで集団で襲い掛かる映像などは死んだ生き物を一気にかみつきまくっている映像である可能性が高いといえます。

犬と人間の関係性で言えば基本的に襲われることがありませんが出血した状態でピラニアが生息している川に入ったりするという事自体は必ず酒送ってやることを覚えておいてください。

逆に食べれる

ピラニアといえば私たちが食べられてしまうということばかりイメージしてしまっていますが、逆に私たちはピラニアを食べることができます。

なんとなくピラニアは私達が食べるイメージは持っていませんが実際のピラニア自体はたんぱく質がとても豊富な生き物でありピラニアが生息している現地では食用とされている魚になります。

意外かもしれませんが貴重なタンパク源として現地ではたくさんの人から好まれている魚ので、現地の人たちからすると私たちよりもあまり危険な意識は持っていない可能性も高いと言えます。

飼育できる

先ほどもお伝えしておりピラニアの種類によっては体がとても綺麗なので観賞用として飼育している方もたくさん存在しています。

そして飼育する際には怪我をしないように必ず手を入れて何かの作業したりしないようにして注意することが大切です。

ちなみに噛まれたくないからと言って何かしらの物を使って自分の手を保護したり軍手をつけたりするなどの軍手をして捕まえようとする行動をとることも、事故を起こしてしまう可能性があるのでとても危険だと言えます。

ちなみに、飼いたい場合は、あまり知られていませんがピラニアの餌としては金魚や刺身や鶏肉などがメインになっているので、飼う時には定期的にこの餌をあげるようにすれば元気に育ってくれます。

日本においてはもともと存在していないので、ブラジルから輸入されてきて初めて飼われるようになりました。

しかし、ピラニアは熱帯魚なので、日本の河川では冬が来た場合は生きられません。

なので、基本的に日本の状況では生きられないので、外に放出されたとしても生きられないので捨てられたピラニアがいるという可能性はあまり高くないといえます。

ピラニアの種類

ここまではピラニアの意外と知られていない真実についてご紹介しました。

私たちが持っているピラニアのイメージと実際のピラニアのイメージが大きく異なることが理解できたと思います。

もちろん危険な性質を持っている魚であるということは変わりませんが、そもそも人間がそこまで狙われるものでもなく襲われることもほぼないということを考えた上でやはりイメージと大きくかけ離れた印象を持っていたと感じると思います。

ピラニアの泉質であったり真実について知ったところでピラニアの様々な種類に関して簡単にご紹介していきたいと思います。

先ほど少しお話ししましたがピラニアには様々な種類が存在しており、一種類ではありません。

たくさんのピラニアがいる中でそれぞれに特徴を持っているのでこの機会にピラニアの種類や特徴について簡単に把握しておいてください。

ピラニア・ナッテリー

まずはじめにご紹介するピラニアの種類として一番ポピュラーな品種としてピラニア・ナッテリーが挙げられます。

ピラニア・ナッテリーは私たちがおそらくよく知っている品種のピラニアであり、外観としては体の下側が赤く染まっているのが特徴的な種類です。

この体の色が赤くなっている理由については有機質が溶け出したPHの低い赤茶色の水の色に適応した結果であり水質によっては赤色から変化して色が出なくなったり退色する場合も存在すると言われています。

ピラニア・ナッテリーは体長自体は約25cmであり、アマゾン川に生息しています。

寿命は実はあまり知られていませんが、かなり生きるという事でも知られており、18年~も生きるとされています。

ピラニア・ナッテリーの価格は300円から2000円程度となっており飼育の難易度に関しては比較的ピラニアの中でも優しい部類になります。

ピラニア・ナッテリーを買う場合の注意点としては水温25度から28度に保つということが大切です。

先ほどお伝えした通り熱帯魚なのであまり冷たい水の中では生きられないので必ず高めの音の設定にしていることが大切です。

そして餌については先ほどお伝えした通り、金魚だったりマグロの刺身、ドジョウ、メダカなどが餌として適しています。

基本的には他の種類の魚と一緒に泳がせることは禁止となっています。

おそらく日本で一番飼われている品種であり国内や東南アジアにおいても養殖されています。

飼う時には必ず注意しながら飼う必要がある魚なので、注意して面倒を見るようにしてください。

ピラニア・ピラヤ

次にご紹介するピラニアの種類はピラニア・ピラヤです。

ピラニア・ピラヤは先ほどのピラニア・ナッテリーと反対にお腹を中心に濃いオレンジ色が特徴のピラニアです。

ピラニア・ピラヤ馬生息地はサンフランシスコであり体調はだいたい50cm 程度となっており寿命は19年以上を生きると言われています。

程度となっており寿命は19年以上を生きると言われています。

価格としては3.500円から12.800円程度の金額となっており飼育の難易度としては難しくもなくある程度気を使わなければいけないので、一般的なピラニアの種類の中では中ぐらいの難易度となっています。

ピラニア・ピラヤもピラニア・ナッテリーと同じく水温は25度から28度程度に設定していただき餌もピラニア・ナッテリーと全く同じです。

ピラニア・ピラヤが餌と間違えて指に噛み付くことがある魚になるので必ず飼育する際は必要以上に注意して世話をする必要があります。

ちなみに、ピラニア・ピラヤは臆病で神経質な性格なので生息状況によっては体の色などを行ったりする場合が多いので必ずしもオレンジ色になるというわけではありません。

ピラニア・ピラヤが買うことができるピラニアの中でも一番温和な性格であり、他の魚との同居に関しても難しくないと言われているので、一緒に水槽の中で買うこともできる魚の種類だと言えます。

ジャイアント・イエローピラニア

次のご紹介するピラニアの種類はジャイアント・イエローピラニアです。

ジャイアント・イエローピラニアはお腹を中心に黄色の色味がかっている特徴を持っています。

生息地はパラグアイで、体調自体は40cm程度の大きさになっています。

ジャイアントという名前がつくくせに、先ほどご紹介したピラニア・ピラヤの方が体長は大きくなっています。

ジャイアント・イエローピラニアは12年以上生きると言われており、価格は9.800円から25.000円となっています。

なので、これまでご紹介してきたピラニアの中では、比較的価格が高いピラニアとなっています。

ジャイアント・イエローピラニアも飼育する水温は同じで25度から28度程度にしていただき、えさもまったくこれまでと同じもので代用可能です。

ジャイアント・イエローピラニアは必ず他の魚と一緒に泳がせるなどの行為はやめてください。

ちなみに、ジャイアント・イエローピラニアは現地でも恐れられている種類のひとつであり、食用として用いられる事はありますが、毎年換気になると牛が被害にあうといわれているので飼育する際には要注意してください。

ピラニア・ブラック

次にご紹介するピラニアの種類はピラニア・ブラックです。

ピラニア・ブラックは最大級のピラニアの種類であり、その名前の通り黒色の体が特徴的となっています。

ピラニア・ブラックは生息地はアマゾン川で、体調は約50cm、寿命は21年以上になるといわれ、かなり長く生きる事が特徴的だと言われています。

価格は8.000円から39.800円となっています。

飼育難度は一般的なピラニアの中でも中くらいになっており、水温は25度から28度程度で飼育してください。

餌はこれまでと同様で問題ありません。

ピラニア・ブラックはアマゾン川全域に生息していますが特に上流域に生息種類は目黒ブラックと呼ばれているものが存在しており現在この産地物についてはかなり貴重であると言われています。

ダイヤモンドピラニア

次のご紹介するピラニアの種類はダイヤモンドピラニアです。

ダイヤモンドピラニアはその名前の通り、ダイヤモンドをちりばめたような綺麗な柄が特徴的となっており、小型な体長も特徴的です。

ダイヤモンドピラニアは体長約20cm程度となっており、寿命は16年といわれています。

価格は19.800円から37.800円程度となっています。

ダイヤモンドピラニアもこれまでのピラニア同様の水温と餌で飼育可能となっています。

ちなみにダイヤモンドピラニアは他の似ている種類が存在しておりダイヤモンドイエローピラニアという種類も存在しているので、区別するためにダイヤモンドブラックピラニアと言う名前で呼ばれる時もあるそうです。

対角自体が全体的にみるとひし形の形になっておりピラニアの中でも比較的真っ赤な目を持っている種類になるので、飼育される率も高くなっている種類だといえます。

臆病な性格からくるテリトリー意識の高さにより、攻撃的な場合なども多く、やはり他のピラニア同様に飼育する際にはかなりの注意が必要であると言えます。

カタリーナ・ピラニア

次にご紹介するピラニアの種類はカタリーナ・ピラニアです。

カタリーナ・ピラニアは生息地はアマゾン川といわれており、体長は20cm程度と小柄の体格となっています。

寿命は約10年程度といわれており、価格は3.000円から3.800円程度です。

カタリーナ・ピラニアもほかのピラニア同様の水温と餌で飼育が可能となっています。

エロンガータ・ピラニア

次にご紹介するのはエロンガータ・ピラニアです。

エロンガータ・ピラニアはピラニアの中でも特徴的なピラニアであり、その姿がこれまでご紹介してきたピラニアとは違います。

他のピラニアは小型で比較的ひし形な姿をしていましたが、エロンガータ・ピラニアは細長い体格を持っており、体長は約20cm程度と言われており、寿命は9年とこれまでご紹介してきた中でいえばかなり短い寿命となっています。

価格は4.000円から3.0000円となっています。

飼育方法はそこまで変わらずに、これまでのピラニア同様で問題ありません。

ちなみにエロンガータ・ピラニアに関しては他の種類も存在しておりレッドギル・エロンガータピラニアと呼ばれるタイプの存在しています。

レッドギルエロンガータ・ピラニアに関しては下の顎が赤く染まっていることが特徴的だと言われています。

ラインノーズ・ピラニア

次にご紹介するピラニアの種類はラインノーズ・ピラニアです。

ラインノーズ・ピラニアは 顎から背中にかけるラインが少し変わっている品種でありシャープな体型が特徴的なピラニアの種類です。

ラインノーズ・ピラニアは 体調が約20cm 寿命は24年と言われており価格は3万9800円から79,800円の価格となっています。

飼育環境についてはほかのピラニアと同様で同じ餌で問題ありません。

ラインノーズ・ピラニア は別名でフェイスラインピラニアと呼ばれており成長していくにつれて背中がだんだんと盛り上がっていき体の高さがより大きくなっていく特徴を持っています。

外観的な特徴としては銀色に輝く体を持っており上品な美しさがあり顔に出ているが特に素晴らしいと言われているピラニアの種類です。

注意点

ここまではある程度主流ののピラニアの種類についてご紹介していきました。

ピラニアと一言に言ってもたくさんのピラニアの種類が存在することを理解いただけたと思います。

たくさんのピラニアの種類をご紹介する中で温和な性格をしているピラニアもあれば比較的飼育するのにも注意する必要があるピラニアが存在するということもありますし、ピラニアの本当の性格なのについても理解することで注意しなければいけない反面、そこまで驚異的な存在であるということではないという事も理解していただけたかと思います。

最後に簡単にピラニアの注意点についてまとめてみたものをご紹介しますので、ピラニアと触れ合う環境がもしある方については今一度注意点をおさらいして怪我をしないように注意してください。

群れには気をつける

ピラニアに関する注意点の一つとして群れには気をつけるということです。

ピラニアが臆病な生き物だと言う事は既にご紹介した通りですが臆病であるからこそ敏感でありなおかつ集団で生活をしているということにつながっています。

集団で生活しているという事もあり一つのピラニアが興奮したり何か行動を起こしたりすることによって他のピラニアにもそれが伝染して一気に群れ自体が興奮して攻撃的になるということも考えられます。

特に先ほどご紹介した通り血液の匂いを何に反応するという習性も持っているので怪我をした状態であったり、自分たちの身近に血を流している生き物がいるかいないかということを確認した上で群れているピラニアに関しては細心の注意を払わないといけないという事を理解してください。

カンタンに手を差し出さない

ピラニアを飼育する際については必ず餌をやったりするときに水槽に手を入れないようにしてください。

もちろん水槽に手を入れたからといって絶対に噛むというわけではありません。

もともと臆病な生き物ですピラニアを買うにしてもたくさんの群れを買うというわけではないと思いますので攻撃的な状況になるということはあまりないとは言えますが餌と勘違いして指を噛んだりするという事も考えられないわけではありません。

注意しておくに越したことはありませんので、必ずピラニアに餌をやる場合は水槽に手を入れずに餌を上から突き放す様な形で落としたりするなどなにかしら工夫を行ってお世話をすることが大事です。

冒頭でもお伝えしてように、ピラニアは強靭な顎と鋭い刃を持っているので噛みちぎられてしまったらタダではすまない場合も考えられるので、飼育するのであれば必ず注意点は守った上で飼育してください。

大量の血に反応する

ピラニアは血の匂いに強く反応し一気にそれが興奮する作用に繋がるようになっています。

飼育する時も全く同じように例えばてのどこが一部を怪我した状態で餌をやろうとして水槽に指を突っ込んだ時に血液が流れてしまったらピラニアが興奮する理由の一つになってしまいます。

普段は温和な性格をしていたりあまり過激なことをしないピラニアであったとしても血の匂いがそうさせてしまう可能性がありますので、そもそも水槽の中に手を突っ込まないということと血が出ている状況で餌をやったりする場合は、必ず注意して行う必要があるということを心がけて世話をしてください。

ピラニアは意外と怖くない(まとめ)

いかがでしたでしょうか?
今回はピラニアの特徴と、ピラニアの種類、そして注意するべき点などについて簡単にご紹介していきました。

普段なかなかピラニアについては私たちが関わることが少ないのでどうしてもテレビや映画などのメディアで伝わってくるイメージを彷彿とさせてしまう生き物だと言えます。

ピラニアの事をそこまで知らずにメディアだけの印象で考えてしまうととても危険な存在だと思ってしまいますが実際は扱い方さえ注意すればそこまで人間に危害を加える生き物でもありませんし、脅威的な生物というイメージではありません。

今回はピラニアについてご紹介しましたが、これはどんな全ての事に関しても言えることで一方的にメディアのイメージなので把握をしていても本来の事実とは全く違うことが想定されるということがよく理解できたと思います。

ピラニア以外にも様々な情報が同じように一方的なイメージにより解釈されてしまっているということは多く存在しているので自分が興味を持っていることくらいは自分自身で調べて本当のことを理解する必要性があると考えることができます。

たくさんの情報が存在しているからこそそれが本当の情報なのかどうか自分で正しく理解して判断する能力が必要であるといえます。

一方的な判断でイメージを持たないように普段から何事も偏った意見だけを信じないようにしてみてください。