私たちが普段仕事を行っていると、様々なアイディアを求められる事があると思います。

もちろん、社会人としてだけではなく、学生の場合でも、状況によってはアイディアを求められる事があると思います。

人間は様々な知識を学んで、新しいアイディアを生み出せる生き物なので、考える力というものがとても大事であり、新しい発想が時には莫大な力を生み出す事があります。

考えみると、今の世の中にあふれる便利な物はアイディアの結晶です。

例えば、便利な物を生み出して、世の中のたくさんの人の生活が便利になる為にはどういうものがあればいいのか?というアイディアをたくさんの人が考えた結果、たくさんの便利な物が生み出されて、お店などに販売されています。

アイディアを生み出す事で、便利なものが生まれ、多くの方が必要とする事で、アイディアを生み出して人間や会社には対価としてお金が入り、莫大な力を生み出しているといえます。

しかしながら、本当に良いアイディアはなかなか生み出す事は容易ではありません。

良いアイディアを生み出す方法として、たくさんの方法がありますが、その中でもブレストを用いる事で、より良いアイディアを生み出す確率を多く上げている企業も多く存在しています。

今回はそんなブレストをテーマにして、アイディア出しをするメリットについてご紹介していきます。

もし今の仕事がアイディアを大事にする職種であれば、ブレストを使いこなしてアイディアだしをスムーズに行えるようになれば、スキルアップにも繋がるので、参考にしてください。

そもそもブレストってなに?

ブレストをテーマにすると言っても、ブレストという方法をご存知ない方もいるかと思います。

まずはブレストという言葉についてご紹介していきます。

世のなかにはたくさんのアイディアを生み出す方法がありますが、その中のひとつにブレストという方法が存在しています。

ブレストはブレーンストーミングの略称として知られています。

ブレーンストーミングを使う事で、よりアイディアを生み出しやすく、不可能を可能にするアイディアを生み出す事が出来るといえます。

ブレーンストーミングの略

ブレインストーミングとも呼ばれている会議方式の一つでありアレックス・F・オズボーンによって生み出された方法です。

日本語で言うと集団思考、集団発想法、課題抽出と言う言葉で言い表すことができる言葉です。

元々は1941年により良いアイデアを生み出す解析が行われた結果1953年に発行された本の中で会議方式の名称として用いられた言葉です。

ブレストの進め方

ブレーンストーミングは集団でアイデアを出し合うことによって様々なアイディアの連鎖反応や発想の誘発を期待することができる会議方式だと言われています。

つまり、簡単に言うとたくさんアイデアを出し合うことによって、それぞれのアイディアの一部分に感化されて、より良いアイディアをどんどん連鎖的に生み出していくことができる方法だと言うことです。

ブレーンストーミングは集団でアイデアを出し合うのである程度多い人数で行うのが基本的で5名から7名で行ったり、場合によっては10名程度が好ましいと言われています。

あまりにも人数が少ないとアイディアがたくさんは生まれませんし、かといって人数が多すぎてしまうとすべてのアイディアを把握することが難しかったりなかなか皆で同じ意見を共有し合うことが難しかったりするので程々の人数が適しているといえます。

ブレーンストーミングに関しておりその4原則を守った上で会議を進めていくことが大事だと言われています。

4つの原則を説明するとまず①結論厳禁、②自由奔放、③質より量、④結合改善の4原則が中心になっています。

まず①結論厳禁に関しては、判断結論を出さないという事が大事であり、 自由なアイディアを生み出す事を制限しないようにし、 出したアイディアに対して批判を含んだ言い方は絶対にしないということと、判断や結論に関してはブレーンストーミングの次の段階で求めることとして自由な意見をどんどん生み出すことが大事だと言われています。

次に②自由奔放に関しては、 一般的に誰もが思いつきそうなアイデアを発表するよりかは
、奇抜な考え方であったりなかなか他の人が考えないようなユニークな意見を生み出すことに価値があり、斬新な意見を重視するということを大事にしています。

なぜならば斬新な意見を述べる場合に関しては大抵最初は笑い者にされますが実際に行なってみると大きな効果が期待できたりすることが多いからです。

次に③質より量に関しては、量を重視するという事を大事にしており、 考えて考え抜いて一つのまとまった意見を生み出すよりも、少し考えてひらめいた!と思った段階でとりあえず発表するような、量を意識した発表方法を大事にしています。

なので基本的な角度から物事を考えるのではなく様々な立場や広い視野で多くのアイデアを生み出して発表することだ量より質の本質であると言えます。

最後に④結合改善に関しては、アイディアを結合し発展させるという事を大事にしており、 様々なアイディアを述べる中でその発表された別々のアイディアをくっつけて考えたり、その発表されたアイディアの一部の良い部分を抜き取って使用したり、逆に悪い部分を変化したりして、より良い意見として生み出していくことで、たくさんのアイディアを結合させて最高のアイディアを生み出していくということを目的としています。

以上の4原則がブレーンストーミングを行う基本的な進め方です。

ラフな感じの会議

ブレーンストーミングを行う場合は会議と言っても基本的にはラフな感じの会議を想像してください。

一般的な会議というと会社の重役たちが真剣な面持ちで、言葉を選びながら自分の意見を発表していく状況を想像される方が多いと思います。

しかし、ブレーンストーミングの性質を考えれば、ブレストを用いた会議はこの会議とは正反対の会議になるという事が理解できるといえます。

なぜならばブレーンストーミングを用いた会議に関しては先ほど述べたようにたくさんの意見を生み出すことが大切だということなので、その意見が正しいか間違いであるかと言うことはさほど問題ではないからです。

ストーミングを用いた帰りに関しては発表しないこと自体が悪であり、間違った意見を述べたとしても、それは新しい有力な答えを導き出すための過程になるので、間違った意見もブレストの過程を考えると正しい行動に繋がるのです。

なので、 ブレーンストーミングを行う上で粛々とした状況で会議をするのはアイディアを制限するような事にも繋がってしまうので、むしろラフな感じで楽しく発言を重ねる事が大事であるといえるのです。

アイディアを出す事が大事

ブレーンストーミングを行うということは、たくさんのアイディアや発想を生み出すことがとても重要な部分になり、ブレーンストーミングの一番重要な部分だといっても過言ではありません。

だからこそアイディアを生み出せるような状況を作ったり、 どんなアイディアでもそのアイディアを大事にして、良い部分を抜き取り、さらに良い意見を生み出していく事を考えていく事がすべてです。

だからこそあまり高くなくラフで気楽な感じで会議をする方が結果的に良いアイディアを生み出せることにもつながるといえます。

ブレストでアイディア出しをする4個のメリット

ここまではブレーンストーミングの意味合いについてご紹介をしていきました。

ここからはブレーンストーミングを使ってアイディア出しを行うメリットについてご紹介していきます。

世の中にはたくさんのアイディアを生み出す方法がありますが、その中でもブレーンストーミングは高い効果を得ておりたくさんの場所で用いられている方法です。

しかしながらブレーンストーミングのメリットを理解せずに、 ただブレーンストーミングに頼るのではなく、ブレーンストーミングを用いることによってどういうメリットがあるのかをまずは理解することによってブレーンストーミングの根本的な必要な理由について理解することができます。

必要な理由を理解しメリットを把握することでブレーンストーミングを効果的に用いることができるようにもなるので、メリットを知るという言葉より細かくブレーンストーミングについて理解を深めることができることに繋がり、高い効果を期待できるようになるといえます。

1、個人レベルがアップ出来る

ブレーンストーミングを行なってアイディア出しをするメリットとして、個人レベルをアップできるということが挙げられます。

ブレーンストーミングを使ってアイディアを出すことという事は、よりたくさんのアイディアに影響されることになります。

よりたくさんのアイディアに触れて影響されることによって自分の中で、議題になっているテーマに対して、より理解を深めることができ、 今までは考えつかなかった発想ができるようになることで個人のレベルがアップするということに結び付きます。

例えばとても簡単な例を出していくと、あなたは新しく飲食店を出す経営者だとします。

そして、今手元に安いステーキ肉を持っているとします。

看板メニューとしてステーキを打ち出したいが、コストがかかるものは採用できないので、安いステーキ肉をコストをかけずに、美味しく食べるにはどのように調理すれば良いかということが議題のテーマだとします。

今まであなたはステーキ肉を美味しく食べるためには一気に火を入れずに徐々に火を入れていくという方法しか知らなかったとします。

しかしブレーンストーミングを行ってたくさんの人の意見を取り入れる中で、大根おろしの汁に肉を30分間つけるとまるで肉が高級な肉の様に柔らかくなるという技法を聞くことができたとします。

このようにブレーンストーミングを行えば、今まで知らなかったようなアイディアに触れることができ、自分の中で新しく知識として取り込むことができます。

さらに、新しい発想としてまた別のアイディアを生み出すきっかけにつなげることができる可能性が高まりますので、結果的に自分の思考レベルや知識レベルが向上し、個人レベルがアップするという事に繋がります。

ブレーンストーミングを行えばその場にいるたくさんの人たちが一気に個人レベルをアップすることができるので、単純にアイディアを生み出すだけではなくその場にいる人たちのレベルを一気に同じレベルまで引き上げることができるというメリットも持っていると言えます。

独自のアイディアを思いつける

ブレーンストーミングを行って個人レベルをさらにアップさせるには、様々なアイディアに触れる中で。

さらにそこから自分の独自のアイディアを思いつくところまで思考を進めることで、広い視野で物事を考えることができるようになります。

どんな仕事を行うにしても、自分自身の中で新しいアイデアや発想を生み出し、今までの当たり前を取り壊して新しい画期的な方法として生み出すことは大きな革命に繋がる事があります。

例えばあなたが何かの仕事を行っているとして、今までずっと行ってきた仕事の中で無駄な部分をひとつ見つけたとして、 無駄な部分を削除して新しく別の方法を取り入れることで同じ作業時間でも段違いな結果を生み出せたとします。

新しい画期的な方法を見つけることは、時間の節約にもなりますし、仕事の質を大きく向上させることにもつながります。

そこで差をつけることによって大きく自分の力を認めてもらえることにもつながるので結果的に個人レベルのアップにもつながります。

だからこそ、 生み出されたたくさんのアイディアの中からさらに自分の独自のアイディアを加えて今までの間よりももっと良いアイデアを生み出すことができれば飛躍的に自分のレベルをアップさせることに繋がるといえます。

2、視野が広がる

ブレーンストーミングを行ってアイディア出しをするメリットとして自分自身の視野が広がるということが挙げられます。

先ほどお伝えした通りブレーンストーミングはたくさんのアイディア出しを行って、その過程で様々な他のアイディアに感化されて、新しい知識として取り込むことができるとお伝えしました。

ブレーンストーミングを行えば行うほど自分の頭の中では考えつかなかったような発想が周りから生み出されて新しいものの見方などができるようになっていきます。

今まで考えつかなかったたくさんのアイディアが自分の身の回りを大きく取り込むことによって、自分がもともと持っていた意見と組み合わせた時に、新しくより新鮮なアイディアが生み出されることにもつながりますし、今まで自分の知識にはなかった新しい知識を保有することによって新しいものの見方ができるようになります。

これがまさに自分の視野が広がるということにもつながります。

自分自身の視野を広げると言うことは今まで気がつかなかったことに気がつけるようになるとも言えますし、新しく画期的なアイディアを生み出せる確率を上げることにもつながります。

たった一つの議題に対してたくさんの知識を得ることができそのえた知識を使って別の嫌いに対して共通する広い視野の見方が出来るようになれば、結果的に他の場所で ブレーンストーミングを行った結果が生きてくるともいえます。

一見何の関係もないような関連性のキーワードでも、考え方次第によっては何らかの共通する部分もあったりします。

ブレーンストーミングを行う過程でたくさんの知識に刺激されるということは視野が広がりよりたくさんの物事に対してよりたくさんの新しい考え方ができるようにもつながるのでブレーンストーミングを行うメリットとして視野が広がるということが証明できます。