社会人になるとお金の大切さがとても身に染みてわかるようになりますよね。

お金を稼ぐ事の大変さや、自立した生活を送っていると様々な事にお金がかかるという事を身をもって体験するので、お金をいかに残しておく工夫が大切であるか考えるようになります。

家を借りるにしてもお金がかかりますし、生きていく為には食事を取らないといけないので、食事をする際にも食材を購入したり、お店でご飯を食べるにしてもお金がかかります。

家の電気やガス、携帯代などなど…毎月の出費は想像以上にかかる事も多いので、今までの人生で節約を意識して行った経験が誰しもあるかと思います。

節約をする方法を考えた時に、一番思いつく方法としては食事代を節約しようと考える方が多いです。

少しの手間をかける事で、お金を大きく削減する事が出来る事に繋がるからです。

そのほかにも、必要ない物を購入しないとか、付き合いでかかる費用を抑えるようにするなど、様々な節約方法が存在していますが、今回はそんな節約をテーマにして具体的な方法をご紹介していきます。

特に今回は食事に関連した節約を中心にお届けいたします。

節約するためのポイント

食事を節約するための具体的な方法をご紹介する場合に節約するためのポイントについてご紹介していきます。

節約をする具体的な方法を知る前に節約するためのポイントを把握しておくことで、より節約に関する意識を高めることができ、行動も具体的な行動をとることができるようにつながります。

定期的に節約を行っているからすればそこまで難しいことではないかもしれませんが、苦痛を感じたりある程度の心構えを持っていないと続かない場合などが多く存在するので、まずは節約するためのポイントを把握することから始めてみてください。

基本的に自炊する

節約を行うということを考えた時に一番初めに思いつくのは食事を節約するということです。

食費を節約する上で一番簡単に行える方法として自炊を行うという事がポイントです。

当然ながらお店に毎回通ってご飯を食べていると本来の食費にサービス料などが加算されて大きな金額を毎回支払うことになってしまいます。

例えば自炊すれば200円で食べれるようなものが500円で販売されていた人大きく出費としてかさんでしまうので、必ず食費を節約する際には自分でご飯を作るということを始めてみてください。

継続すれば継続するほど食費は節約することができ自分の手元に多くのお金が残るようになります。

嗜好品を買いすぎない

節約を行う上で嗜好品を買いすぎないということも一つのポイントです。

嗜好品とは、風味や味であったり摂取したときに自分自身の精神や気持ちが高ぶる高揚感など、若しくは味覚や臭覚を楽しむために飲食されるような食品、若しくは飲料や喫煙物のことを指し示している言葉であり、食品に関して言えば例えばお酒であったりとか炭酸飲料や珈琲、お菓子などを指し示す言葉です。

普段からよくコーヒーなどを毎回毎回購入しているような人がいますが毎回毎回コーヒーを購入するぐらいであればあらかじめスーパーのでコーヒーの1リットル入ったペットボトルを一本買ったりもしくは自宅でコーヒーを作って持参する方がはるかに安い金額で過ごすことができます。

若しくは毎日毎日仕事が終わったらお酒を購入している人は毎回買っていると月で換算するとかなり大きな出費になってしまうので必ず飲んでも良い日を決めるなどして毎日飲むのではなく定期的に決めた日に飲むことで大きな金額の出費をなくすことができる言えます。

嗜好品はいわゆる贅沢品にも繋がってきますので、なくても良いものはなくす用に努力することが節約をする上で大切なことだと言えます。

万能な食材を買う

節約を行う上で大切な事は、 スーパーなどで食材を買う時に万能な食材を買うことを意識することが大切です。

万能な食材といえば様々な食材が存在しますが例えば玉ねぎであったり卵などが該当する食品になります。

例えば玉ねぎに関して言えばどんな食材にも合わせることが簡単にでき、なおかつ調理もそこまで難しくない上で食材の値段自体もそこまで高くはありません。

玉ねぎと同様に卵に関してもどんな調理方法でも簡単に食べることができなおかつ栄養価も高く継続して摂取することができる安い食品であると言えます。

そのようないわゆる万能な食材を購入しておくことで値段も圧迫することもないですし、健康的にも良いので大きな節約につなげることができるといえます。

スーパーのポイントを利用する

普段スーパーなどで買い物をした際にポイントカードが設定されている場合は、買い物をしてポイントを貯めることで、そのポイントを使って購入する商品の代金を割引してもらうことができるようなサービスが存在します。

毎回毎回同じスーパーで買い物をしているのであればポイントカードが設定されているスーパーに積極的に通うことで無駄なく買い物を行うことができるので必ずスーパーのカードがある場合はカードを作ってポイントを貯めて利用するようにしてください。

並んでまでは買わない

何か商品が必要になった場合に買い物に行くととてもレジの付近で人が並んでる状況が存在する場合があります。

もちろん生活をする上で、もしくは節約をする上で大事な食品などを購入する場合は並んででも購入する必要があると言えますが、自分自身のなかで絶対に必要ではない物を購入する場合もあるかと思います。

そのような時はレジに並んでまで購入する事はしないようにすれば、無駄なものを購入しない習慣を作ることができるようになるので、必要ないものに関しては並んでまでは買わないということを自分の心の中にルールとして決めてください。

飲み物は持参する

節約をする上でとても大切なことは飲み物に関しては自分で持参するという事を行うことが大切です。

先ほどお伝えしており定期的に仕事が一段落したりした時にコーヒーなどを購入して飲んでいる場合は自分自身で水道などにコーヒーを入れて飲み物を持参するようにすれば大きく節約することができるといえます。

コーヒー以外でもお茶などでもそうですが、職場について500ml のペットボトルのお茶を2回も3回も買っていると代金にすれば、300円や450円の金額が毎日かかってしまいます。

毎日その金額が発生するとして出勤日数が22日間あった場合に単純計算をすると6,600円から 9,900円まで飲み物代でお金がかかってしまう計算になってしまいます。

多く見積もってしまうと、毎日の飲み物代だけで1万円近い金額が出費として加算でしまっているので、それを代用して自宅でお茶の水出しパックなどをまとめて購入しておけば、多く見積もったとしても1000円行かないぐらいの金額で済ますことができるようになります。

金額差にして最低でも約5000円最大で9000円近い金額の節約をすることができるようになりますので、多少面倒だと感じたとしても節約を行うのであればひと手間かけることで簡単にこのくらいの金額を浮かすことができると言うことを理解してください。

夜の付き合いはほどほどにする

節約をする上で大切なことは夜の付き合いをほどほどにしておくという事が一つのポイントです。

どうしても社会人になって同じ職場の人と交流を行うとすれば仕事が終わった後に様々な付き合いでお酒を飲んだりお店に行って遊んでしまったりすることが考えられます。

人間関係はとても大事なので職場以外での場所で交流を図ることも、必ずと言うわけではなりませんが極力購入した方が仕事においても良い関係を作ることができるといえます。

しかしながら節約ということを第一に考えた時によるの付き合いに関しては一番出費がかさんでしまう原因にもなってしまいます。

例えば夜の付き合いで居酒屋にまず入ったとして居酒屋で食事をするだけで3000円から5000円の金額は吹っ飛んでしまいます。

先ほどお伝えした飲み物を持参する節約を毎月一緒に行っていたとしても1ヶ月頑張って作った金額差が夜の付き合い一回で同じぐらい吹っ飛んでしまうという計算につながってしまいます。

もちろんお酒が好きな方からすれば夜の付き合いはとても楽しいものになるのでなくすことはできないと考える方もいるかと思いますのであくまでほどほどにするという考え方が大切です。

職場の環境にもよるかもしれませんがよく飲みに行くような職場であればある程度夜の付き合いで毎月出費がかかる事は把握しておき、その上で夜の付き合いを少し減らすということを実践することがポイントであり大切なことだと言えます。

節約を考えた時に一気に夜の付き合いをなくしてしまう様に考えがちですが、時々自分が楽しむためにお金を使わないと、節制しているとそれがストレスになって爆発してしまってそれ以上の金額を一気に使ってしまうことにもつながりかねません。

ストレスをためないためにもある程度は自分のためのご褒美ということで出費を考慮して節約することが、節約を継続して行う大切なことであると言えます。

食事で節約する9個の方法

ここまでは節約をするためのポイントについてご紹介していきました。

まずはご紹介した節約するためのポイントをしっかりと把握してその上で、ここからご紹介する食事で節約をする方法を試してみてください。

節約をしたことが無い方は最初はストレスがかかるかもしれませんが、自分の好き放題行っているとお金が貯まることは決してありません。

なぜならばえられるお金が多くなれば多くなるほどそれに伴って大きな出費を行うようになるからです。

必ずどこかで節約するという概念を持っていないとお金が貯まることはありませんので必ず目的をもって具体的な方法を試す必要がある事を理解してください。

節約を行って明確にお金が貯まるようになればそれが楽しみになり継続して節約を行うモチベーションにも繋がりますのでまずは最低でも1か月間は続けることを前提とした上で節約方法を行ってみてください。

1.極力外食をしない

食事で節約をする方法として極力外食をしないということが大切な行動だと言えます。

例えばあなたが会社なので毎回毎回外食をして食事をとっている場合、飲食店なので定食を頼めば安くて500円高くて1000円ほどの金額を毎回出費すると考えられます。

毎月の出勤が22回である場合は、 安く見積もって11.000円高く見積もって22,000円ほどの金額が毎月の出費として加算されてしまいます。

毎日食事をするだけでもこれだけの金額が出費として加算されてしまいますが、自分で弁当を持参することで大きく節約をすることができるといえます。

またコンビニなので毎回毎回食事を購入していたとしても先ほどお伝えした金額と同じぐらいの食費がかさんでしまうのでやはり節約をする上で一番大切なのは自分で弁当を持参することだと言えます。

弁当を持参する

自分で弁当を持参するのは毎日毎日お弁当を作る時間が消費されるので多少面倒に感じる部分があるかもしれませんが、毎月の出費を大きく減らすことができるいちばんの方法であると言えます。

例えば自分でお弁当を作れば、お米自体は5kg で1500円から2000円程度の値段しかしないのでそれを1か月に分けて摂取したとしても一回の金額なんてたかが知れています。

さらにおかずに関しても毎回毎回沢山の食材を作って調理していれば購入する金額とそこまで変わらない金額になってしまいますが、時間の節約も含めてある程度大量に料理を作って冷凍するなどして小分けにしておくことで後はご飯を炊いておかずをそばに置いておくだけで、大きな節約にもつながりますし時間の短縮にもつながります。

そう考えると一度のお弁当の持参による出費は100円に満たない金額に抑えることも工夫次第ではできるので安く飲食店で済ませていたとしても1日400円の差が生まれます。

そうなると弁当を持参することによって最低でも8800円の金額を節約することができるといえます。

大げさかもしれませんがこれが1年では12回の月で行うと計算すると単純計算約10万円の節約を行うことができるといえます。

継続することによって大きな金額を節約することができ自分が本当に必要なものにお金を割り当てることができるようになりますので必ず早い段階で弁当を持参する工夫を行うことを実践してください。

【食費節約については、こちらの記事もチェック!】