私達が生きていく上で必ず必要になるのが食事を摂るという行動です。

食事は生きていれば必ず行うべき習慣であり、食事を摂らないと栄養が摂取できないですし、私たちの活動するエネルギー源であるため、食事を摂らないと死んでしまいますし、病気にもなってしまいます。

なので、生きていく上では食事は絶対に必要な事であり、世の中には様々な料理が存在しています。

それぞれの独自の文化が生んだ伝統的な料理などがそれぞれの国には存在しており、日本は世界全体で見てもおいしい食文化が盛んに存在している国であるといえます。

誰しもが食事を摂る事が楽しみの一つであり、おいしい料理を食べている時には幸せな気分になりますよね。

今回はそんな生きていく上で必要な食をテーマにして、美味しい食べ物についてご紹介していきます。

おいしい食べ物の定義

おいしい食べ物の定義についてあなたは考えた事はありますか?
世のなかにはたくさんの料理が存在しており、それぞれの食材によって調理方法や料理のいテイストが大変異なります。

たくさんの料理が存在する中で、おいしいと感じる基準について不思議に思う事もあるかと思います。

食材の触感であったり、味、見た目、匂いなどなど、食材一つとっても様々な特徴を持っていますし、人間がおいしいと感じる料理はそれぞれ違います。

当然慣れ親しんだものは美味しいと感じますし、育ってきた環境などによってもその食材は大きく人それぞれ違っています。

例えば、日本人であればタコは食べますし、おいしいと思って食べる人も多いですが、外国人からすると気持ち悪い、食べ物ではないと考えている人などはとても多いです。

だからこそ、おいしい食べ物の定義と考えるととても難しい問題になるかと思います。

しかしながら、一般的においしい食べ物の定義としてご紹介されているのが、4つの区分に分ける事が出来るといわれており、1つ目は生理的なおいしさ、そして2つ目は文化的なおいしさ、3つ目は情報によるおいしさ、4つ目は病みつきのおいしさと分けてご紹介されています。

具体的には、生理的のおいしさとは、体に必要である栄養素を含んでいる味を美味しいと人間の脳が判断する感覚であり、例えば体を酷使した後はたくさんの汗を流しているので当然ながら塩分が体外に流出している状況になります。

なので塩分が多く含まれた食事が美味しいと生理的に判断されることを意味しています。

続いて文化的なおいしさとは自分が子供の頃から食べられている料理や、味に関して美味しいと感じる感覚のことを表しています。

続いて情報によるおいしさとは様々な世の中に存在する情報の中からこの食品はとても高級でとても美味しいと言う情報を以前から入手している場合に関しては、実際に味わった時に情報を基にこれが美味しいんだ、という情報で判断することによって感じる感覚のことを表しています。

そして最後に病みつきのおいしさとは脳に直接的な快楽を与える感覚であることを意味されており例えば砂糖であったり油といったものが該当する場合が多く、食品にたとえていえばポテトチップスなどが該当する食品です。

以上ご紹介した4つのおいしさがおいしい食べ物の定義であると言われています。

カテゴリ別!おいしい食べ物9選

美味しい食べ物の定義についてご紹介したところで、具体的にどういう料理が万人においしいと受け入れられているかという料理をカテゴリ別にしてご紹介していきます。

当然ながら育ってきた環境によったり、自分が嫌いである食材が使われているかどうかということで受け入れられるかどうかは変わってくるかと言えますが、比較的万人の方がおいしいと受け入れている食べ物はいわゆるはずれがあまりありません。

だからこそ確率でいえば多くの方がおいしいと該当する料理という事にあてはまります。

カテゴリ別にご紹介するので、それぞれ和食、洋食、中華というカテゴリで比較的人気がある料理をご紹介します。

和食

まず最初にご紹介するおいしい料理は和食のカテゴリからご紹介していきます。

日本人であれば和食を知らないという方はいないと思いますが和食と日本の国土の中で発達した伝統的な料理のことを指し示している言葉になります。

元々和食とは食品を大切にするという特徴が存在しています。

世界全体でみると一年中真冬の国もあれば一年中暑い国も存在していますが日本は比較的意識が豊かになっている日なのでその時々によって旬の食材が変わってくることも和食に影響を与えていると言えます。

そのような環境による文化や歴史などが積み重なって今の和食が築かれています。

和食の特徴としては多様で新鮮な食品を用いられて作られており、一汁三菜を基本にした栄養バランスに優れる料理である場合が多いです。

先ほどお伝えしたようにどちらかと言えば食品自体にあまり手を加えることがなく、そのものの風味であったり良さを引き立たせる様な調理方法を用いられており、例えば出汁を利用してより食材の旨味を引き出した味付けの仕方であったり、塩を使って甘味を引き出すなどいわゆる引き算の料理であると表現されています。

日本の料理は世界で見てもかなり高水準に位置しているほど人気の高い料理なので、まずは和食を中心に美味しい食べ物をご紹介します。

1.豚の生姜焼き

まずはじめにご紹介する和食の美味しい食べ物は豚の生姜焼きです。

豚の生姜焼きが苦手と感じる人はあまり存在しないと思いますが生姜焼きは生姜の汁を加えて事前に作っておいたタレに漬けた豚肉を焼いた日本の料理です。

比較的豚の生姜焼きは味が濃い目に作られていることもありご飯のおかずとして食卓に並んだ時に子供から大人までたくさんの人が受け入れられる料理であると言えます。

豚の生姜焼きが1品あるだけでご飯がどんどん進んでいきますし、豚の生姜焼き自体は作るのにそこまで手間もかかりませんし簡単なレシピで作ることができるので調理する面でも味の面でもおすすめの料理だと言えます。

おいしくできるレシピ

豚の生姜焼きを作る時に必要なレシピといえば、1人前としてまずは豚バラスライス肉(200g)と玉ねぎ(1個)そして小麦粉(おおさじ2)が材料としては必要になります。

そして調味料としては、おろし生姜(おおきめ1片)、酒(おおさじ3)、しょうゆ(おおさじ3)、みりん(おおさじ3)などが必要になります。

調理工程としてはまず玉ねぎをスライスして適当な大きさに切ってから玉ねぎはそのままでは硬いので電子レンジで1分間ほど加熱をすることによって玉ねぎを柔らかくすることができ血が通るのを早めることができます。

そして豚肉に関しては小麦粉を絡めておいて焼いた時にしっかりと甘みを中に閉じ込めて美味しい食感を出すことができると言えます。

そしてフライパンを熱して熱したフライパンに油をひかないで豚肉をそのまま焼いていくと、豚肉でから出た油を使ってお肉に火が通ってきたら玉ねぎを加えてさらに焼いていくことで無駄な油を使うことを防ぐことによって比較的ヘルシーな豚の生姜焼きが作れるようになります。

最後に先ほどご紹介した調味料を合わせたものをフライパンの中に入れて絡めながら焼いて行くことによって、味を整えてしっかりと全体に火が通って誰が絡んだらキャベツの千切りなどと一緒に合わせることによって二倍が良く美味しい生姜焼きが完成となります。

必要な食材もそこまで多くないですし調味料自体も使わないような調味料はありませんので、比較的自宅に揃っていることも多い調味料だけになるので晩御飯で何を作ろうか迷った時はすぐに調理できるのでおすすめです。

2.肉じゃが

次にご紹介する和食の美味しい食べ物は肉じゃがです。

肉じゃがは日本の煮込み料理の一つである伝統的な和食としてたくさんの形に人気の料理です。

肉じゃがはその名前の通り、肉とじゃがいもそして玉ねぎや糸こんにゃくなどを油で炒めてそこから調味料などを加えて煮立たせたものであり醤油や砂糖みりんなどを使って貼り付けが行われており比較的甘めの味付けとなっていることが多いです。

しかしながら、甘い味付けではありますが、ご飯が進むので、多くの方に受け入れられる万人ウケする料理であると言えます。

さらに、肉じゃがに使用する食材に関してはカレーライスとほぼ同じ食材を使うことが多いので、肉じゃがを作った後に飽きてしまったらカレーライスにアレンジすることもできるので、アレンジレシピとして使用することもできる大変便利な料理であると言えます。

また、余談ですが男性が結婚する時に女性に作ってもらって、胃袋を掴まれて結婚を決めるときに判断する料理の1つとしても有名です。

おいしくできるレシピ

肉じゃがを作る時のレシピといえば、4人前として、まず材料は牛肉や豚肉の細切れ(400g)などを用意していただき、じゃがいも(6個)、人参(1本)、玉ねぎ(1個)、しらたき(1袋)準備していただき、必要な調味料(すべておおさじ4)は醤油、酒、砂糖、みりん、そしてほんだし(おおさじ1)が必要な調味料です。

調理工程としてはまずジャガイモと人参は大きめの乱切りで包丁で切っていただき玉ねぎに関してはくし切りそしてしらたきは洗って適当な大きさに包丁で切っておきます。

そして大きめの鍋に油を大さじに入れて強火で肉が色変わるまで炒めたらそれぞれの食材をしらたき以外全て鍋の中に一緒に入れます。

そして水(400cc)と調味料全般を入れてある程度に立たせてアクが取れたら、しらたきを入れて中火のまま落し蓋をして煮汁がなくなるまで20分程度煮詰めてください。

半分程度の10分間に詰めたところで一度落し蓋を開けて中の具材を混ぜて全体に煮汁が浸透するようにしてさらに落し蓋をしてもう10分ほど煮詰めていきます。

最終的に煮汁がなくなって具材に味が浸透したら、火を止めてそのまま落し蓋をした状態で約10分間ほど蒸らすことによってより具材の中に調味料が浸透していき味の浸透した具材を楽しむことができるようになります。

勝利皇帝の最後の10分間ほど蒸らすという作業が一番最後の大事な工程になるのでひと手間かけて美味しい肉じゃがができるようになります。

3.すき焼き

次にご紹介する和食の美味しい食べ物はすき焼きです。

すき焼きはお肉屋他の食材を浅い鉄鍋の上で焼いたり煮たりして調理をする日本の伝統料理です。

すき焼きは様々な調味料を使って甘い割下を作って食材を絡ませながら食べる料理なので、甘辛い味付けがご飯が進んで、たくさんの方から万人受けされる人気の料理だと言えます。

一般的なすき焼きては薄切りにした牛肉を用いられることが多いのですが、すき焼きはたくさんの種類が存在しており、豚すき、鶏すき、魚すき、蟹すき、うどんすきなどなど、 牛肉以外の食材を使ってすき焼きが作られる場合もあります。

その際に関しても調理方法や味付けなどは大きく異なる場合が存在しており、それぞれの具材が味を生かすような味付けが行われている場合が多いです。

おいしくできるレシピ

すきやきを作る時のレシピといえば2人前として、まず材料は牛肉(150g)、ネギ(1/2本)、春菊(3束)、舞茸(1/2袋)、えのき(1/2袋)、焼き豆腐(150g)、しらたき(1/2袋)などを用意していただき、しょうゆ(50cc)、みりん(50cc)、砂糖(おおさじ1)、水(50cc)などが必要な調味料です。

卵をつけて食べるのが好きな方は、鶏卵が別で2個用意していただくと良いかと思います。

調理工程としてはまず、 ネギは1cm 幅の斜め切りに包丁で切っていただき、春菊はだいたい5cm 幅に包丁で切り、舞茸やえのきなどに関しては石づきをとってほぐしながら下準備を行い、鍋に油を入れて、中火で熱しながら最初にネギを痛炒めて、その後すぐに牛肉を入れて火を通らせてください。

ここで注意すべきなのが、あまりにもお肉を焼きすぎたり火力が強かったりするとお肉に火が急に浸透してしまい肉の性質が変化してしまって硬いお肉になってしまうので注意してください。

最終的に調味料などを入れて煮立たせるので、あまり火をしっかり入れる事に関しては意識しなくても良いので、この時点では半分程度焼き色がついたら調味料を事前に混ぜておいたものを全て鍋に投入して、 鍋の中の調味料が煮立ったら火を弱火にして、事前に準備していた野菜などを全て鍋の中に入れてその後に豆腐、しらたきの順番に加えて5分ほど煮るとすき焼きの完成となります。

必ずに煮立たせる際には入れた野菜に割下が絡むように、具材を返しながら丁寧に煮ていくことによって、全体に割り下の味が浸透するようになるので一工夫加えることでおいしさがより増しますので意識してみてください。

4.ぶりの照り焼き

次にご紹介する和食の美味しい食べ物はぶりの照り焼きです。

照り焼きとは、 日本料理の調理法を指し示している言葉であり、 醤油を基本にした甘みのあるタレを食材に塗りながら焼いていく調理法のことであり、 誰が持っている元々の糖分によって食材の表面が火を入れることで艶を帯びて食材にいわゆるテリが現れることから照り焼きと言う言葉が用いられるようになっています。

照り焼きと聞くと日本では魚を想像する場合が多いですが日本以外の国では肉の調理方法として、てりやきが多く用いられていることが多いです。

しかし、日本でも鶏肉に関しては照り焼きで調理することが多かったりするのでそこまで違和感を感じるような調理方法ではないと言えます。

ちなみに余談ですがマクドナルドで非常に強い人気を持っているテリヤキバーガーが存在しますが、テリヤキバーガーは照り焼きソースで味付けしたハンバーグを挟んでいる日本生まれのハンバーガーでありマクドナルドの本場であるアメリカのチェーン店では実は販売されていない商品になっています。

伝統的な日本の調理法である照り焼きハンバーガーと融合したテリヤキバーガーが、調理法を背景にして考えると、日本人に多く好まれている理由の一つになるともいえます。

おいしくできるレシピ

ぶりの照り焼きを作る時のレシピといえば3人前として、まず材料はぶりの切り身(3切れ)サラダ油(おおさじ1)などを用意していただき、しょうゆ(おおさじ4)みりん(おおさじ4)酒(おおさじ4)砂糖(おおさじ2)が必要な調味料です。

調理工程としてはまず事前にたれの材料についてよく混ぜ合わせておいて、 フライパンにサラダ油を入れて十分に熱したら、材料であるブリを皮の方をまず下にしていれてしっかりと焼いてください。

ブリがしっかりと焼き色がついたら裏返して反対側を十分に焼いてください。

ぶりの両面がしっかりと焼きあがったら蓋をして2.3分ほど蒸し焼きにすることでよりぶりの中身に熱が浸透するようにできます。

そしてぶりがしっかりと全体的に火が通ったら事前に作っておいたタレの材料をブリ全体にかけるように入れて、時々まぜあわせたり、ぶりの表面にかけながらより全体にたれが浸透するように火を入れてください。

この時には必ず強火だと焦げてしまうので、弱火にして熱してください。

そして、十分に煮立たせて、調味料などがなくなってきたら照りが出てきている事を確認して、完成となります。

しっかりと最後まで煮立たせて、照りが出ているかどうか確認する事で、照り焼きの味付けがしっかりと行われるようになるので、注意してください。

そのままで完成ですが、アレンジとしてはレモン汁などをプラスしてもさっぱりしますし、大根おろしなども合うので、お好みで添えて楽しんでみてください。

5.かぼちゃの煮物

次にご紹介する和食の美味しい食べ物はかぼちゃの煮物です。

かぼちゃの煮物は煮物の中でも簡単な部類に入り、なおかつとても美味しく味わえる煮物料理なので和食の中でも初心者のかたが作りやすいレシピになっています。

かぼちゃ自体が栄養がとても豊富な食材である事と、しっかりと味を浸透させることによって柔らかくおいしいかぼちゃになるので、かぼちゃが苦手な方でも問題なく食べられる料理にもなっていますので、家庭料理としても人気が高いので、この機会にレシピを覚えてチャレンジしていただきたい煮物料理だといえます。

おいしくできるレシピ

かぼちゃの煮物を作る時のレシピといえば1人前として、まず材料はかぼちゃ(1/4カットで約500g)、水(100ml)などを用意していただき、酒、みりん、しょうゆ、砂糖(すべておおさじ1)が必要な調味料です。

調理工程としてはまず、かぼちゃをひと口大に包丁で切っていただき、鍋に切ったかぼちゃを敷き詰めて、水と調味料を全て入れて落とし方をして後は火にかけていただきます。

この時に必ず注意していただきたいのかかぼちゃの皮の部分を鍋の底に敷き詰める用にして鍋にかぼちゃを入れてください。

かぼちゃの皮の部分は固くなっているので、皮を下にすることでより火が通りやすく、味が浸透するようにもなるので皮が柔らかく調理をすることができるようになります。

後は鍋が煮立つのを待っていただき、煮立ったら弱火に変えて、かぼちゃが柔らかくなったら完成になります。

基本的に煮物などに関しては、火を入れて味を浸透させるよりも、 煮立った後に冷ます皇帝の中で味が浸透していくことが多いので、完成した後は落し蓋などをして数10分ほど放置をすることで、より食材の中に味が浸透するようになるので一工夫加えてみてください。

洋食

ここまでは和食の美味しい料理についてご紹介しましたが、万人ウケする料理の中庭和食以外にも様々なカテゴリの料理が含まれています。

なのでここからは洋食の美味しい料理についてもご紹介していきます。

洋食と聞くと少しハードルが上がるような印象を持つ方も多いかもしれませんが、慣れてしまえば洋食もとても簡単に行えるレシピはたくさん存在しています。

この機会に洋食についてもマスターしておきましょう。

6.オムライス

次にご紹介する洋食の美味しい食べ物はオムライスです。

オムライスは様々な派生したバージョンがありますが一般的にはケチャップなので味付けをしたケチャップライスをオムレツの様な鶏の卵を焼いたものを 上からかぶせる用に包んだ料理であり日本の洋食の一つです。

オムライスもたくさんのものが存在しており、ある程度しっかり目に火を入れた卵を上から乗せる場合もあれば、半熟で卵の表面だけ火を入れて半ばドロッとした半熟状に仕上げることで、マイルドな味わいで楽しむことができるオムライスなどの存在しています。

また味付けに関してもオムライスの上からケチャップソースを載せる場合もあればデミグラスソースをのせる場合や、ベシャメルソースなどをかける場合などもたくさん存在しており、中にはカレーソースやハヤシライスのソース、そしてシチューなどをのせる場合もあるので、様々なアレンジを利かせることが出来る料理としても人気が高い料理です。

おいしくできるレシピ

オムライスを作る時のレシピといえば2人前として、まず材料は鶏むね肉(100g)、玉ねぎ(1/2個)ご飯(300g)、卵(4個)パセリ(適量)などを用意していただき、トマトケチャップ(適量)塩(適量)、コショウ(適量)、バター(おおさじ2)が必要な調味料です。

調理工程としてはまず鶏肉を大体1.5センチ角などの一口で食べやすいような小さめの大きさに切っていただき、事前に塩、コショウをふって味付けをしておいてください。

そして玉ねぎに関してはみじん切りで細かく切っておいてください。

そしてフライパンに油を小さじ1入れていただいて十分に熱した状態で鶏肉を炒めていただき、鶏肉に良い感じの焼き色がついたら、ここでバターをまずは大さじ1入れてください。

そしてその後すぐに玉ねぎを加えて全体にバターが絡む用にしてよく炒めてください。

そしてご飯を加えて、具材などを混ぜながら炒めてここでトマトケチャップを目安としては大さじ2杯入れていただいて、塩やコショウなどで味を整えつつ味見をしながら味を整えてください、ここまでの工程でチキンライスは完成になるので、一度別のお皿などに取り出して形を整えておいてください。

そしてここからはオムライスのオムの部分、いわゆる卵の調理工程になりますが、フライパンに油とバターおおさじ1を加えて、 フライパンを熱した状態で溶き卵を一気に流し入れて全体をさっとかき混ぜてください。

卵がある程度火が通った方が好きな方はここで十分に火を入れて頂いて、半熟が好きな方にはある程度の速さでかき混ぜながら、全体に火をいれつつ、固まらないように工夫しながら卵の表面だけを固めて熱していくのがポイントです。

お好みの硬さにまで火が通った卵を後は形を整えてチキンライスの上に乗せる用にすれば、パセリをふって完成です。

半熟卵で調理をする場合は、上の乗せた後に卵のちょうど表面を二分するように切れ込みをいれれば、表面の固まった部分が割けて、中から半熟の卵がチキンライス全体に流れ込むようになるので、おいしい半熟チキンライスを楽しむことが出来ます。

オムライスを作る場合はどうしても卵の形を整えるのが失敗してしまいやすいですが、フライパンのふちを利用することによって上手に形を整えることができますので、初心者の方は意識してみてください。

7.ハンバーグ

次にご紹介する洋食の美味しい食べ物はハンバーグです。

ハンバーグは正式名称はハンバーグステーキという名前であり期限としては18世紀頃のドイツのタルタルステーキであり、ハンブルグという地名がなまって、ハンバーグになったといわれています。

子どもから大人までたくさんの方が大好きな料理なので、万人受けしてい料理であるといえます。

焼いて作るハンバーグなどもあれば、煮込む煮込みハンバーグなどもあるので、アレンジもきかせやすい料理であるといえます。

おいしくできるレシピ

ハンバーグを作る時のレシピといえば2~3人前として、まず材料は牛豚合挽き肉(200g) 玉ねぎみじんぎり(50g)パン粉(15g)牛乳(50cc)パセリ少量などを用意していただき、ごま油(こさじ2)コンソメ顆粒(こさじ1)塩コショウ(こさじ1/2)ガラムマサラ(3振り)が必要な調味料です。

調理工程としてはまず みじん切りにした玉ねぎを電子レンジで600ワットで2分ほど温めて冷ましてください。

そしてパン粉、コンソメ顆粒、牛乳、塩胡椒、ガラムマサラを合わせたものを入れてパン粉をふやかしてください。

後は大人豚合挽き肉とみじん切りの玉ねぎ、パン粉などを合わせたもの、ごま油をすべて混ぜて、よく練って頂き、粘りが出るまで続けてください。

よく練った後はラップをして1時間程度冷蔵庫で寝かせてください。

寝かせた後は好みの大きさに形を整えながらしっかりとハンバーグのタネの中の空気を抜いてください。

後はいくつか形を整えたものを作った後は、フライパンにハンバーグを置いて中火で火をつけてください。

大体2分ほど焼いたら弱火にして蓋をして5分ほど焼いてタネの中まで火を通すように行うと、しっかりと火が通っているので後はひっくり返して3分ほど焼いて焼き色がつくまで放置してください。

あとはお好みでソースをかけて、上からパセリをのせて完成になります。

中華

ここまでは洋食の美味しい料理についてご紹介しましたが、最後に中華料理としてとても人気がある餃子のレシピについてもご紹介いたします。

餃子は気軽に作れる事もそうですし、作っておいたタネを保存しておいたり、皮で包んだものを冷凍にしておけば、取り出していつでも使えるように出来るので、とてもおすすめな料理だといえます。

餃子はたくさんの調理法などがありますので、アレンジもききやすいですし、比較的どんな方でも美味しく食べれて万人受けする料理なので、大変おすすめな料理であるといえます。

8.餃子

餃子は小麦粉を原料とした皮で肉やエビ野菜などを作ったぐで包んで茹でたり焼いたりして食べる食べ物です。

餃子発祥の地は中国であり、中国の伝統的な料理としても知られています。

意外と知られていないが中国では餃子は主食として食べられており、なおかつ焼き餃子ではなく水餃子として食べられることが多いので、日本の餃子とは違い皮が厚めに作られている場合が多いです。

なので、日本の水餃子が本来中国で多く食べられている餃子に近いという認識が正しいと言えます。

下準備が若干面倒ですが、作っておけば保存も聞きますので、いつでもおいしく食べられるので、おすすめの中華料理であるといえます。

おいしくできるレシピ

餃子を作る時のレシピといえば、4人前として、まず材料は豚挽き肉(400g) にら(一束)キャベツ(300g)長ネギ(一本)にんにく、しょうが(どちらも2かけら)餃子の皮(50~60枚)片栗粉(適量)などを用意していただき、ごま油(おおさじ1)酒(おおさじ4)醤油(こさじ2)砂糖(こさじ1)鶏ガラスープの素(おおさじ1)塩コショウ(適量)が必要な調味料です。

調理工程としてはまず、にら、キャベツ、長ネギ、にんにく、しょうがなどをすべてみじん切りに切ってください。

すべてみじん切りに切ったらみじん切りに切った食材とひき肉をボールに入れてしっかりとねって粘り気が出るまで混ぜてください。

しっかりと全体が混じって粘り気が出るまで混ぜたら餃子の皮を手にとって皮の周りに水を塗って、具材を皮の真ん中に置いて、包むようにして皮を折って形を整えてください。

ちなみにこの時にできた餃子をお皿に並べるときに皿の底に片栗粉をつけて並べると餃子や皮がさらにくっつかないようになるので、おすすめです。

後は出来上がった餃子をフライパンにサラダ油を熱してそのまま置いてください。

いい感じに焼き色がつくまで放置していただき、焼き色が付いたら水を餃子の半分が隠れるくらいまで入れて蓋をしてください。

蓋をして中身にまで火をしっかりと入れるようにして、水分が飛んだのを見計らってごま油を周り入れて、パリっと焼けたら完成です。

ちなみに、冷凍保存が出来ますので、出来た餃子は冷凍庫などに綺麗に並べる事でそのまま焼けますので、大量に作った場合は保存するようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
美味しさの定義について、そしてカテゴリ別美味しい食べ物についてご紹介していきました。

料理は人間が生きていく上で欠かせないものであり、生きていく上での楽しみのひとつでもあります。

料理が自分でできるようになれば自分の好きな物を作ることも出来ますし、人に何かを作ってあげるときもとても役に立つスキルです。

特に女性に関しては家族ができた時に料理を作ってあげる機会も多くなると言えるので予め早い段階で料理に慣れておくことで様々な場面で役に立つと言えます。

今回は基本的な和食洋食中華料理などについてご紹介しましたが世界にはたくさんの料理がまだまだ存在しています。

料理を知っていくことでだんだんと料理が得意になり、得意になればちょっと難しい料理にもチャレンジしたいと意欲が湧いてくるので、料理の楽しさを知る上でも、まずは比較的簡単な料理からチャレンジしてみてください。