昔と比べて、現代はたくさんの便利な商品が発売されていますよね。

便利な商品や、気になる商品などをついつい見かけてしまうと、購入してしまう人はたくさんいるかと思います。

そして、気が付けば自宅にたくさんの者があふれかえっている時ってありませんか?

定期的に片付けを行わないと自宅には物があふれかえってしまいますし、必要な物や不要な物を見極めていかないとものがどんどんたまる一方になってしまい、収納しきれないくらいのものにあふれかえってしまう場合があります。

片付けなどが苦にならず、定期的に行っている方であればそこまで問題に感じた事はないかもしれませんが、片付けなどが習慣化されていない人は部屋が汚くなってしまいがちであると言えます。

部屋を片付けておかないと、いざという時に人を招いた時に恥ずかしい思いをしてしまいますし、相手から悪い印象をもたれてしまいますよね。

しかし、片付けがどうしても苦手であると感じている人は多いです。

今回はそんな片付けをテーマにして、片付けのポイントをについてご紹介していきます。

片付けが苦手な人の特徴は?

あなたの周りにも片付けが苦手で片付けが習慣化されていない人は身近にいませんか?

毎日片付けをする必要はありませんが、定期的に片付けを行っていないと部屋が物で溢れかえってしまって、溢れているものが増えれば増えるほど片付けをしようという気持ちも薄れがちになってしまいます。

片付けを習慣化していない方にとっては片付け自体がとても面倒だと感じており、片付けの方法もわからないという方も時々いらっしゃいます。

片付けのポイントを説明する前に片付けが苦手な人の特徴についてますご紹介をしていきます。

これからご紹介する特徴に該当し、実際に片付けを行うことが不得意である方は早めに改善すべきだといえます。

定期的に片付けを行って、部屋を綺麗にする事が自分の心の中を整理することにもつながり、気持ちもすっきりしますので様々な面でメリットが存在します。

だからこそ得意な片付けを得意に変えていく努力が必要であると言えます。

まずは自分自身の特徴をとらえて、客観的に分析してみてください。

ものを捨てられない

片付けが苦手な人の特徴として物を捨てられないと言う性格の方が多いです。

今の世の中はたくさんの便利な物で溢れかえっているので、ついつい便利なものや必要なものを見かけた時には衝動買いをしてしまいがちです。

購入するのは良いですが、自宅に持ち帰ってきちんと整理整頓をしておかないと買ったものがどこにあるのかわからなくなってしまったり部屋が物で溢れかえっていると見た目の印象でもマイナスですし、ごちゃごちゃしている部屋にいるという事は自分の心の中も何かスッキリしない部分が存在してしまいます。

しかしながら物を捨てられない人に関しては物が溢れかえっている現場を見ても必要なものと必要でないものを区分する事ができない為、結果的に整理整頓できないという事に繋がってしまいます。

物を大事にすることと物を捨てられないと言うことは紙一重ですが全く別の意味になります。

いつか必要になる時が来るからというような精神で物を捨てられない方も多く存在しますが、まずは一つのものに対して本当にこの品物がないと自分が困ってしまうのかどうか自問自答することが大事です。

今手元にあるものがなかったとしても自分の部屋にある他の物で代用できるケースなどもあるので、代用できる場合は必要がないと判断して思い切って捨ててしまう決断が必要です。

まずは物に対して、必要であるか自問自答して切り分けていくことが、整理整頓の初めの一歩に繋がると言えます。

物事を先延ばしにする

片付けが苦手な人の特徴としてあらゆる物事に対して先延ばしに考えてしまうということが挙げられます。

この点に関しては片付け以外の面でも、多く該当する面が存在します。

まず物事を先延ばしにする考えをしている人の性格は自分に甘い場合が多いです。

物事を先延ばしにしたところで今楽をしようとしたとしても最終的には行わないといけないので問題が根本的に解決することはありません。

きちんと物事に対して向き合って考えている人は先延ばしにすることはなく、行える時にすぐに行うという決断ができますが、自分に対して甘い考えを持っている人は今楽をしようという選択を取ってしまって面倒な物事を先延ばしにして処理をしてしまいます。

しかし、最終的に先延ばしにしてしまったものがたくさん溜まってしまい、一気に行えないぐらいの物事が溜まってしまい、結局ずっと手をつけないというような状況になってしまいます。

片付けが苦手な人は物事を先延ばしにする考えをまずはやめて、今行わないと後々面倒なことになるということを即座に理解して行動することが大切であると言えます。

基本的に物事を先延ばしにして行動してしまいがちな人は仕事においても、優秀ではない場合が多いです。

優先順位を考える事は大事ですが、それは先延ばしにするという事とは意味が違います。

今できる事はすぐに行い、少しでも面倒な事は極力減らすことが結局自分のためになるという事を理解してください。

ものを出しっぱなしにする

片付けが苦手な人の特徴の1つとして使ったものを出しぱなしにしてしまっていることが挙げられます。

ちょっと考えればわかることかもしれませんが何か物を使った時にものをそのままだしっぱなしにしてしまい元にあった所に戻さずにいると、結局その状況が何度も何度もすみ重なってしまい最終的に物がバラバラの位置に置かれてしまい、 どこに何があったのか把握することができなくなって管理が出来ずに、部屋が散らかりぱなしになってしまうということが起こってしまいます。

たった1回ぐらい大丈夫かなと思うのではなくて毎回毎回使ったら元に行った場所に戻すことを意識しておけばその分後片付けをする手間が減ることにもつながります部屋が想像以上に汚くなることはありません。

必ずこの品物はどこに置くという事を頭に入れて使う場合は元あったところにおくように工夫をして、片付けの労力を減らすことが部屋を汚くしない事と片付けをするための大事なコツなどにも繋がります。

出しっぱなしにしてしまうと、必ず部屋が汚くなってしまいますので、注意してください。

”安い”や”タダ”に弱い

片付けが苦手な人の特徴の1つとして安いと言う言葉やただと言う言葉に極端に弱いことが挙げられます。

もちろん安い商品を選んで買うことやただの商品を貰うと言うことは悪いことではありません。

節約志向を持っている方は安い品物を買うことにも敏感ですし、極力安い金額に抑えようと努力をすることはとても良いことです。

無駄なことにお金をかけずに本当に必要なことにお金をかけられるので、賢いお金の使い方をしていると言えますが、その一方で安いからこそたくさん購入したりタダだからたくさんもらったりしてしまい、最終的に使わないのに家にたくさん無駄なものを揃えてしまうことになってしまいがちです。

どうしても安いということがやたらという言葉を聞いたらもらわないと損だと思ってしまっている節があり、 自分が本当に必要ではないのに安いからタダだからという理由でなんとなく買ったりもらったりしている特徴も連動してあげられます。

結局は自分が損をしてしまうというような強迫観念を抱えているからこそそのような言葉に弱くなっている場合は存在しているので、根本的なことを考えて本当に自分はそのものが必要なのかどうかということを考えた上で購入したりもらうようにしなければ、自宅がたくさんの物で溢れかえってしまうことにつながりますので注意してください。

片付けのコツ、7個のポイント

ここまでは片付けが苦手な人の特徴についてご紹介をしていきました。

ここからは具体的に片付けを行う際に気をつけていただきたいコツやポイントについてご紹介していきます。

片付けが苦手である特徴に当てはまっている人は、まずは片付けの方法を知ることが大事です。

片付けの方法を知らない人なんていないだろと思うかもしれませんが、片付けができない人は片付けの方法が思い浮かばない場合も多く存在しています。

どういう思考回路で物を片付けて行けば良いのか考えることが苦手である方は皆さんの予想以上に多く存在しています。

しかしながら、片付けの方法を知らないのであれば、片付けの方法を知るだけで後は行動すれば片付けができるようになります。

難しく考えずに単純に物事を考えていけば片付け自体はここまで難しいことではありませんので、これまで片付けということに悩んできたかたはポイントを押さえて片付けを実行してみてください。

1、いらないものはすぐ捨てる

まずはじめにご紹介する片付けのコツとしては、今自宅にあるものを一つ一つ手にとって本当に必要か必要でないかということを判断することが大切です。

そして必要でないと判断した場合はいらないと感じたものは即座にその場ですぐに捨てましょう。

たくさんの物で自宅が溢れかえっている人はいつかそのものが必要になると考えて捨てられない場合だったり、なんとなく捨てるのがもったいないと考えて物を捨てられない場合が多く、結局は捨てる理由が見当たらないということで行動に移せない場合が多いです。

しかし使用の機会がないものを延々とを持ち続けていては結局意味がないことにもなりますし部屋がスッキリと片付かないので、自分自身にとってのメリットは何もありません。

だからこそまずは今自宅にあるものは本当に全て必要なもののかどうかという仕分けを行うことが大切です。

一気にすべてのものを片付けようと思うとなかなか行動できないですし、考えるだけでも気が重いのでまずは部屋の中である程度の範囲を決めてこの範囲の中にあるものを全て一つ一つ見ていき、必要なものなのかどうかという判断を下していき、いらないと感じたものはすぐにその場でゴミ箱に捨てるという行動を取ってみてください。

そうすることでいらないものはすぐに助けるという習慣が身についていき、何度かそれを繰り返すことによって本当に必要なものだけを購入しようと考えるようにもなりますので、まずは継続的に習慣づけることが大切であると言えます。

ものを増やさない様心掛ける

手元にあるものが必要であるか必要でないかという仕訳を習慣的に行うことで、今までの考え方とは違い、物を購入する時に一度深く考えて購入する思考方法が身に付きます。

なかなか習慣化するまでが大変ですが一度習慣化した考え方や行動に関しては逆に考えないようにすることが難しくなってくるので、習慣化してしまえばこっちのものであると言えます。

なので片付けのコツとしてはいらないものがすぐに捨てる、そしてものをこれ以上増やさないように自分の中で心がけることが出来れば今の状況から悪化することはなくなりますので、後は時間が経てば自然と部屋が綺麗になっていく必要なものだけに囲まれた生活を行うことができるといえます。

2、一気に片付けるより小まめに片付ける

片付けのコツとしては一気にすべてのものを片付けようと考えるのではなくこまめに少しずつ片付けていくことが大切であると言えます。

先ほどお伝えしたように、いきなり一気に自分の部屋全体にあるものを全て片付けようと思ってしまうから、大掛かりな片付けを意識してしまう面倒くさく感じてしまいがちになり結局行わないということになってしまいます。

なので片付けの考え方としてはまず、今日1日に関してはこの範囲の中のものだけを片付けると自分の中で片付ける範囲を決めてしまうことが大切です。

例えば今日は自分の家のデスク周りだけを片付けようと決めて、デスク周りだけを行うようにすれば、そこまで労力はかかりませんし、集中的に必要な物と不要な物を判断できるようになります。

もしも部屋全体を片付けようと思ってしまうと、片付けている途中に集中力が切れてしまって結局考えるのが面倒くさくなってちょっとだけ片付けをしたことに満足してしまい、途中で放り投げてしまうということも起こってしまいがちです。

さらに、 毎回毎回思いつきで行動していると突発的な考え方でしか片付けができないようになってしまいます。

例えば休みの日は必ず自分の中で決めた範囲だけ片付けをするというように習慣化した考え方を持つようにすれば、習慣化さえしてしまえば部屋を綺麗にする行動を定期的にとるようになるので自分の部屋が汚くなることを防いでくれる事につながります。

だからこそ一気に片付けるよりも、こまめに、少しずつ、継続的に片付けをすることがとても大切であると言えます。

3、片付けは大きいものから片付ける

片付けを行うコツとしては、大きいものから片付けを行なっていくことが大切です。

細々としたものから片付けを行っていくと、どうしても時間がかかってしまいます。

片付けを行っていてもあまり片付いた実感がない場合は、結局作業だけ行って何も変わらないような印象になってしまうので、片付けが面倒くさくなってしまいがちです。

しかし片付けを大きいものから行えば片付いた印象が良い自分の中で印象付き、片付けを行うことが楽しく感じてきます。

だからこそ片付けはあえて大きいものから行った方が部屋が綺麗になった印象もすぐに実感できますし、片付けが大きい物の方が労力がかかりますので、より行動的に行う事ができるようにもなります。

また片付けを行っていくことと並行して妙である必要でないという選別を同時に行うことで、より効率的に片づけることが出来るようになりますので、考えながら片付けを行う事が大事であるといえます。

大きい物から片づける場合は、多少なり覚悟を決めて行動する事が必要なので、最初は思い立つまでが時間がかかるかもしれませんが、一旦行動するとアクティブになれるので、最初だけ頑張れば、後は勢いに乗って片付けが行えるようになります。

面倒な事から行う方がより効率的に片付けが行えるといえます。

4、片付けで出たゴミは溜め込まない

片付けを行う上で大事なこととしては片付けをすることによって出てきたゴミを溜め込まないということです。

当然ながら片付け行うことによって不要なものがたくさんゴミとして出てきます。

そこで出てきた不要なごみをまたどこかに保管してまとめておくと次第に部屋が散らかっていくにつれて、まとめていた不要なごみをあさってしまったり、必要なものが紛れてしまったりして結局整理した意味がなくなってしまうことにもつながります。

だからこそ片付けを行うのであれば出てきたゴミは必ずその場ですぐに捨てるということが大切です。

片付けを行ったこと自体に満足するのではなく片付けを行って発生したゴミを捨ててそこで初めて片付けは終了となります。

片付けの線引きをどの部分で行うかによって最終的な結果が大きく変わってくるので、必ず片付けによって発生したゴミは溜め込まないようにする工夫が必要であると言えます。

5、ものの置き場所を決める

片付けを行うことのコツとして物の置き場所をあらかじめ決めておくということが大切です。

先ほど片付けを行えない人の特徴として物を使いっぱなしにしてしまうという特徴をあげましたが、この点と大きく連動しています。

物を使いぱなしにしてしまいますと結局使ったものをいろんな場所に放置してしまうので時間が経つにつれて沢山の物が散らかってしまいどこに、どのものを整理していたかと言うことが把握しづらくなってしまう片付けること自体が面倒に感じてしまうことにつながります。

なので逆を言えば物の置き場所をあらかじめ決めて使ったらその場所に戻すということを意識しておけば必要以上に部屋が汚くなることは絶対にありません。

物の置き場所をあらかじめ決めるということは部屋を散らかさないようにするコツにもなりますし、片付けを行うコツにもつながります。

今の時点で部屋が散らかってしまっているのであればまずは片付けを行って手元にあるものはどの部分に送っというところまで決めておくと、次に片付けようと思った時にスムーズに片付けを行うことができるようになります。

今ご紹介した方法を何度か行うようにすれば自然と部屋の中が片付いていき、次第に必要な物をどの場所に置いているのか把握しやすくなり、部屋が綺麗になっていくといえます。

6、デットスペースを有効利用する

片付けを行うコツとしてデットスペースを有効利用するということが挙げられます。

デットスペースとは家の中で利用できない空間のことを指し示している言葉であり、例えば床下や小屋裏、階段裏、壁の内部など、一般に利用をされていない空間のことを指し示しています。

なので自分の自宅の中で、 使わないようなスペースがある場合にそこに物を整理整頓するための空間を作っておくことで物の管理をしやすくすることができるようになります。

クローゼットや収納する棚があるのであればそういったものを活用して自宅にあるものを管理するようにすれば、部屋が汚くなるようなことにはなりませんし、片付けを行う上でとても行いやすくなります。

デットスペースが自宅にない場合は、 自分自身でデットスペースを作ることを始めてみてください。

100均などでアイディア収納を作る

デットスペースが自宅にない場合は自分自身でデットスペースを作ることをお勧めしますが、デットスペースの作り方がわからないという方も多くいらっしゃると思います。

意外とデットスペースを作るのは簡単なもので自宅にクローゼットがある場合はクローゼットの中をまたさらに小分けにするためのかごを100均などで購入すればその中でさらにものを仕分けることができるようになります。

また、本来の使い方以外の使用方法を想定して借金などに販売してある道具を使えば便利なアイディア収納を行うことができるようになります。

例えばお皿を乾かす時に使用するお皿立てを改造して、自宅にあるネクタイを一気に管理するような収納スペースを作ることも出来ます。

突っ張り棒にワイヤーなどをくっつけて天井から吊り下げるように設定をすれば、新しく自作で棚を作ることもできますので、元手もあまりかかりませんし、アイデア次第でどんな物を作ることができるようになります。

アイディア収納をしてみたい方は100均などに行って必要な物を購入したり、インターネットなどで100均のアイディア収納を検索するとたくさんの事例が写真付きでご紹介されているので参考にしてください。

7、思い出の品も思い切って捨てる

片付けを行うこととしてたとえ思い出の品物であっても思い切って捨てるぐらいの覚悟を持つことが大切だと言えます。

物が捨てられない方によく見られる傾向ですが、自宅にあるものの中では大切な思い出の詰まった品物がたくさん存在している場合があります。

しかし本当の意味で大切なものに関しては残していても問題はありませんが、そこまでたいした思い出でもないのに持ち続けているような人も多く存在しています。

なので一つ一つの思い出の品を手に取って本当に自分の中で大切な思い出なのかどうかということを考えた上で、そこまで思い出深いものでもないものに関しては捨ててしまう覚悟も必要です。

思い出の品物を捨てることは多少なり勇気が必要になる場合がありますが、思い出の品物を毎回眺めているわけでもなく、使用の機会があるわけでもないようなものを持ち続けたところであまり意味はありません。

意外と冷静に考えてみるとそこまで持ち続ける必要のないようなものであったと言う場合も多く存在するので一つ一つ冷静に考えて仕分けを行うことが大切であるといえます。

片付けるメリット

ここまでは片付けを行うコツについてご紹介をしていきました。

片付けを行うことによって部屋がすっきりとするだけではなくそれ以外にもたくさんの数多くのメリットが存在しています。

ここからは片付けをするメリットについて具体的にご紹介をしていきます。

片付けを行う上のメリットを理解することで片付けが自分にとって必要であるという認識を持つことで片付けを行うきっかけにもつながりますし、片付けを習慣化させる事にも繋がります。

普段片付けを行っていない方こそ、片づけのメリットを理解してください。

心身ともに健康になる

片付けを行うことで心身ともに健康になるというメリットが挙げられます。

部屋が綺麗になるということと自分の心身が健康になることの関連性が理解できない方もいるかもしれませんが、まず部屋が汚い場合は当然不衛生になります。

片付けないものの種類にもよってくるかもしれませんが、片付けられないものの中に食品関係が混ざっている場合は様々な生物が繁殖してしまう可能性などもあります。

なおかつ片付けを行わないと家にほこりがたまってしまいましハウスダストなどが溜まってしまうことによってそこからアレルギーが引き起こされてしまったり、ダニが湧いてしまったりなど自宅の環境が不衛生になることで健康を損なう可能性にも繋がってきます。

また薄暗い部屋汚い部屋に生活をしているよりも明るくて綺麗なさっぱりとした部屋で過ごす方が自分の精神的にも晴れやかな気持ちで過ごすことができるようになります。

部屋が綺麗と言うだけでこのように大きな違いが生まれてくるので、だからこそ心身ともに健康になれるというメリットを理解して片づけの重要性を理解してください。

片付けがしやすくなる

片付けを行うメリットとしてそのままですが、部屋が散らかった時に片付けがしやすくなるということにもつながります。

片付けに関しては片付けを行えば行うほど次に片付けを行うときに簡単に行動することができるようになります。

先ほど片付けのコツとしてご紹介した物を置く場所を決めるというポイントに関しても、 片付けを行えば行うほどど、空いた場所に新しく物を置けるようになるというような状況が生まれて、どんどん良い循環になっていきます。

なので片付けを行えば行うほど部屋が綺麗になっていき、片付けもしやすくなるので定期的にこまめに片付けを行うことがおすすめされる理由の一つになります。

集中力がUPする

片付けを行うことで部屋の中が綺麗になるということは自分の精神的にもすっきりすることにつながるので、部屋の中で何か作業を行う場合は集中して物事に取り組める8になるというメリットがあります。

例えば綺麗な場所で勉強をした方が気持ちもすっきりしますし集中できる環境になりますよね。

しかしながら汚い場所で冷静な状況で何か勉強しろと言われても色々気になってしまったり自分の手元の近くについつい気を紛らわせてしまう様なものがあった場合に手にとってしまいやすくなってしまいます。

だからこそ整理整頓された綺麗な部屋で何かを行う方が集中力がアップして行う物事の質を高めることにもつながると言えます。

あなたは片付けが上手ですか?苦手ですか?

自分自身に自問自答していただきたいのが片付けが上手であるか苦手であるかという質問です。

実家に暮らしている方はそこまで問題にならないかもしれませんが、一人暮らしを行っている方は片付けが苦手であれば部屋の中が汚くなっても誰かが注意してくれたり整理整頓してくれたりするわけではないので、自分自身で冷静に自分を見つめ直すことが大切です。

片付けが上手だと胸を張って言えるのであれば問題はありませんが、片付けに関して少しでも不安に感じたり苦手たと感じている方は、まずは片付けを行うために行える行動を自分で考えて行動する事が大切です。

いつまでも苦手のままで終わっていては成長しませんし、いつか大切な人が出来た時にぼろが出てしまって喧嘩になってしまったり、相手に悪い印象を与えてしまう事にも繋がりかねませんので、早い段階で改善する事が大切であるといえます。

片付けが苦手な人は多い

あなた自身が考えている以上に片付けが苦手だと意識している方はとても多いです。

特に片付けが習慣化されていない方は、片付けを行うという行動を移すまでが時間がかかったり、先延ばしにしてしまいがちです。

なので一番大事なのは片付けを行うことのメリットを理解して、自分は片付けを行うことが必要なんだということを自分の頭で理解することが片づけを受け入れることのポイントだと言えます。

片付けの必要性を理解していなければ、そもそも片付けを行おうとは思わないですよね。

片付けができない人の中には単純に片付けの方法がわからないという方もいれば片付けをする必要性を感じていないからこそ片付けをすると言う概念がない方も存在しています。

なので自分の中の根本的な部分から考え方を変える必要があるといえます。

片付けは良い事がたくさん!ポイントを掴んで片付け上手になろう!

いかがでしたでしょうか?

今回は片付けが苦手な人の特徴、そして片付けを行う上でのコツ、そして片付けを行うメリットについてご紹介いたしました。

片付けという単純な作業ひとつとってもさまざまなメリットが存在しており大きな効果を得ることができると言えます。

また一つ一つを考えてしまうととても小さなものなのですが積み重なってしまうととても大きなものになってしまいなかなか行動できないということにもつながってしまいますので一番大事なのは何度もお伝えしますが、こまめに、継続的に整理整頓を行う習慣をつけることが大切であるといえます。

習慣化されていないようなことを新しく習慣化しようと努力することは、最初の内はとても労力が必要になり精神的にもストレスに感じる部分があるかもしれません。

しかし、一度習慣化してしまえば苦痛に感じることがなくなり、むしろ行わなければムズムズしてしまう様に感じてしまうので、まずは整理整頓が自分の習慣化されるまで継続的に行うことから始めてみてください。