生きていれば、予期せぬ出来事にでくわしてしまうことってありますよね。

心構えができていれば、その起きた出来事に対して迅速に行動できるものです。

しかし、予期していないことに出くわすとそんなことをいっていられないのが本音ではありませんか?
しかし、そんなことを考えていても突然なにかが起こってしまうものです。

それに予期しないことがあるからこそ、生きていることに対して喜びを感じたり、成長をすることができるようになります。

では、どのようにしたら予期していない突然の出来事に対して臨機応変に行動することができるのでしょうか。

そのように行動できる人はどこかかっこいいですし、憧れてしまいますよね。

いつもあたふたして、空回りしているのではなおさらそのように感じるのではないでしょうか。

この記事では、突然起きた出来事に対して臨機応変に対応するためのアドバイスをしています!また、これからあなたの身におこるであろう突然の出来事もあわせてご紹介しています。

ぜひ、この記事をよんでこれからおこるかもしれない”突然の出来事”に対して、少し心構えを作って起きませんか?きっとその出来事がおきたときに、あたふたするのではなく慎重にその物事に向き合うことができるようになるはずです。

臨機応変に対応できますか?

冒頭でもお伝えしましたが、あなたの未来を観ることは出来ません。

自分で未来を設定し、そのための努力をしたり行動しているのであれば、その未来がやってくる可能性はあるでしょう。

しかし、すべてを自分の思い通りにすることはほとんど無理にちかいですよね。

それどころか自分が考えていたのと全く違う未来がやってきて、予期していないその出来事に対して焦ったり、あたふたしてしまうことのほうが多いのではありませんか。

そのように予期しないことがあるからこそ、人生を楽しむことができますし”醍醐味”といえるかもしれません。

それでも小心者にとっては、自分の予期していないことがおきてそのことに対してしっかりと対応できないかもしれないと考えるだけで、未来がやってくるのが少し怖く感じてしまうんですよね。

そのように感じているのであれば、人生をすこし損しているかもしれません。

なぜならば、そのように予期しないことにこそ成長できるチャンスがあり、それは神様がくれたあなたへのギフトかもしれないのです。

そんなときに「どうしよう」なんて焦っているよりは、ドーンとその物事を受け入れておきたいと思いませんか?焦っている時とそうではないときというのは、その物事をどのように見るのかその見方さえも変わってきてしまうんです。

そうであれば、誰だって良い方向に物事を見ていきたいと感じるはずです。

そのためには、突然におこってしまう出来事に恐怖を感じるのではなく、”臨機応変”にその物事を対処していく必要があるのです。

一度経験すれば慣れるもの


しかし、一度も経験したことがないことが突然におきてしまうと、その驚きに心を奪われ物事を対処することさえ考えることが出来なくなってしまうかもしれないですね。

それもそのはずです。

だって、私達人間は、どんな出来事であっても一度経験してしまえば、その”経験した”という気持ちから物事を大きく捉えることが出来るんです。

しかし、その反対に一度も経験をしたことがない出来事に対しては、全てが未知の世界であり、起こることに恐怖を感じてしまうものなんです。

だって先が見えないからです。

一度経験していれば、このあとはこうなって、ああなって…なんてなんとなく未来を予想することができますよね。

また、そのような経験をしていたとしても、過去の経験とは全く別の方向に物事がむかっていくということもありえるのです。

そんなときに「いつもはこうなるのに、どうして今回はちがうんだ!?」なんて焦ってしまったら、それは臨機応変に対応することができているとはいえません。

予期しないことを受け入れることが出来ていないんですよね。

あなたは、そのような経験をしたことはないでしょうか?もしもあるのであれば、これから臨機応変のスキルを身に付けて生きたいですよね!だって、そのスキルがあるだけで立派な人間に見えますし、なにしろ自分自身が生きていく上でとても役立つからです。

臨機応変スキルを身に付けたい!

臨機応変に物事を柔軟に考えることが出来れば、どんなに難しい問題でもなんとか乗り越えることが出来るようになります。

誰だって難しい問題には出くわしたくはないものですが、生きていればやはりそれなりに難しい問題に出くわしてしまうことでしょう。

しかし、神様は乗り越えられない問題は与えないなんて言葉があるように、その問題は神様からあなたへのギフトなんです。

それを乗り越えることが出来れば、違う角度から物事を見つめることが出来るようになったり、あなたに新しい考え方が生まれるようになるんです。

もしも、まだ臨機応変に物事を見つめることができないのであれば、あなたには無限の可能性が眠っているということにもなるんです。

ひとつの考え方にとらわれていたら、なにかヒントになっていることに気づくことができません。

そうなると、すぐに終えられる問題を1年もかけてしまうということもありえるのです。

人生は、一度きり。

それに人によって生きていられる時間は全く別物です。

あなたのその貴重な人生の時間を遠回りの人生に使わないように、また嫌な気持ちばかりして生きてないように、どんなときでも臨機応変できるスキルを持っていたいですよね!

突然に備えておきたい23個のこと

では、突然なにかおきたときに臨機応変に対応できるために、まずはどんなことがおこりうるのかをチェックしておきましょう。

これらをチェックしておくことによって、その問題があなたに起きた時に迷わずに臨機応変に対処できるようになるはずです。

また、そのことを知っておくだけで関連することが起きた時にもなんとなく臨機応変に対処できるようになるものですよ。

ここでは、23個ご紹介していきます。

しかし、人生のなかではこの30個におさまらないくらいのたくさんの突然のシーンに出くわすことがあるでしょう。

だからこそ、これからご紹介することが全てだとは思わずにいつでも柔軟な考えを持つようにしましょう。

柔軟な考えを持つ


まずは、突然の出来事に備えるために日ごろから柔軟な考えを持つようにしてみましょう。

「〇〇だから、絶対にそれ!」ではないのです。

例えば、目玉焼きには絶対にしょうゆ!ではないのです。

あなたはそのように感じているかもしれませんが、中には塩を振りかける人もいれば、ソースをかける人だっているのです。

あなたは、いつもしょうゆをかけて食べればいいですが、それが絶対ということはないんです。

「そういう食べ方もあるんだなあ」と受け入れる”柔軟な心づかい”を心がけてみましょう。

日ごろからそのように感じていることによって、何か起きた時にその物事を柔軟にみることができるようになるはずです。

あらゆる角度から物ごとをみる

目玉焼きに何をかけたらおいしいかなんて、人によって違います。

要するに、目玉焼きのおいしい食べ方の真実は、人によって全く異なるということなのです。

しかし、絶対しょうゆだ!と思っている人は、ソースとか塩なんて全く考えることが出来ないですよね。

しかし、それはあなただけの当たり前であり、周囲の人の当たり前ではないのです。

そうならないように、どんなときでもひとつの物事に対し、あらゆる角度から見つめるクセを身に付けましょう。

例えば、テレビである芸能人が「未成年に手を出した」と報道されていたとしましょう。

私たちは、芸能人と友達でもなければ何も関係がありませんからそのようなメディアの情報を頼りにするしかありませんよね。

しかし、良く考えてみてください。

その手を出された未成年が「あの男が手を出してきた」を主張するだけであり、その相手の男性芸能人は何も発言をしていないのです。

両者の意見を聞いていないのに、どうして一方の意見を信じることが出来るのでしょうか?その話の裏には、その女性が他の仲間とグルになってその男性芸能人をハメた可能性だってありますよね。

「未成年に手を出した」のではないかもしれないのです。

お互いに了承してそのような関係になっていることだってあるのです。

でもテレビでは、どちらか一方の見方しか報道しません。

それは情報操作であり、現代の問題ともいえます。

それをそのまま受け入れるのではなく、「本当にそうなのか?」「相手からみたときにその事件はそのようにみえているのか?」などあらゆる角度から考えるべきなのです。

また、近所のおばさんがとある女性の噂を話してきたとしましょう。

それは本当に正しいのでしょうか?その女性に確認もせずにその噂を流しているかもしれないんです。

そのように考えるクセをいつでも持ちましょう。

そうすれば、それは突然の出来事が起きた時の臨機応変できるスキルへと生まれ変わります。

基本的に、備えておきたい心構えをご紹介しました。

では、本題の備えておくべきことを確認していきましょう!

仕事編

①転勤

転勤は、いつ言い渡されるか分からないですよね。

あなたから申請するかもしれないですが、ほとんどの場合は急に上司に呼び出しされて「違う支社へいってもらうから」なんていわれることがほとんどです。

ホワイト企業であれば、「来月はじめから、異動をお願いします」なんていわれますが、ブラック企業の場合は「明日からよろしく」なんていわれます。

明日からなんていわれたって、急すぎて驚いてしまいますよね。

それはドッキリでもなんでもないのです。

まぁ社員というのは、その会社の利益をあげるために使われているようなものですから従うしかないのです。

そんなときには、どこに住むのか?どうやって移動するのか?などこれからどうするのかを順序だてて考えなければなりません。

②シフト変更

アルバイトをしている方で急に店長からシフト変更を言われた経験がある方は、その対応にびっくりしてしまいますよね。

もともと休日申請をしていた曜日だというのに、「どうしても人がいないから」なんて断りたくても代わってくれる人もいない。

そんなときには、自分がもともと持っている予定をどうにか調整する必要があります。

働けば働いた分だけお給料は増えますから、さっさとたくさん働いてやめてしまうというのも手ですよね。

③リストラ

急に上司によ呼び出しをされたとき、多くの方が心配するのがリストラです。

急に「来月からこなくていいから」なんていわれて「やめたくないです」と伝えても、その気持ちは伝わりません。

もしも独身であれば、一回休職をして今後のことをじっくり考えてもいいですよね。

しかし、家族を養っているのであれば、仕事をやめている場合ではないはずです。

すぐにでも次に働ける場所を探さなければなりません。

また、リストラによってどれくらいの保証金がもらえるのかなども調べておきたいですよね。

落ち込んでいるヒマはないんですよ。

④社内恋愛

今まで全く意識をしていなかったのに、急にあの人が素敵に見えてしまった。

相手もそのように感じているみたいで、両思いでお付き合いをすることになった。

そんなとき、社内恋愛が禁止の会社であればこのまま恋愛を続けていいのか不安になってしまいますよね。

恋愛スタート時というのは、相手に夢中になりまわりが見えなくなっている場合がほとんどです。

そんなときでも自分を見失わずに、周りにばれないようにする、会う場所は別の地域にするなど2人でルールを決めましょう。

または、どちらかが転職をするのもいいですね。

⑤人事異動

転勤と同じく、急に言い渡されるのが人事異動です。

今までは人事部にいたのに、急に営業部にとばされたりすると「営業なんかできない!むり!」と真っ向から拒絶してしまうものです。

しかし、会社の決めたことに逆らうことは出来ないですよね。

もしもできるのであれば、批判をする活動の準備を始めるかもしれません。

話を戻しますが、どんなに営業が苦手だってその部署にいかなければならないのです。

まずは、人事異動をするために自分の荷物をまとめたりするでしょう。

そして、その部署でうまくやっていくために勉強会に参加したりすることはできますよね。

いつだって不満ばかりいっていても、現状は何も変わりません。

あなたは、その状況をよくすることも悪くすることも出来るんです。

できればよくしたいですよね?そのために、行動しましょう。

⑥転職

今の仕事がなんだか嫌になってしまった、イジメがあって仕事にならない…仕事をやめる理由はさまざまあるでしょう。

しかし、仕事をやめることを決めたのであれば、次に働くための仕事を決めるはずですよね。

転職するためには、まず今の仕事をやめてから転職活動をするのか、それとも現在の仕事と同時に転職活動をはじめるのかを考えましょう。

それによって今からどのように生活をしていけばいいのか、はっきりします。

また、今の会社の退職手続き、一度休職する方は自治体への保証金の申請などさまざまなやることがあります。

順序をつけて、やるべきことをこなしていきましょう。

⑦残業

デートの約束があったというのに、急に仕事が増えてしまって残業をすることになってしまった。

そんなときに考えるべきことは、デートに遅れるかもしれないということと、この仕事をどうやって早く終わらせるのかということでしょう。

まずは、約束している相手に連絡をする。

そして自分ができることをどんどん進めるようにしてみてください。

仕事を放棄することはできないですし、そのようにしてしまえば会社の人からの信用を失うだけではなく、翌日からのあなたの仕事が増えてしまいます。

⑧昇格

昇格を言い渡されるととてもうれしい気持ちになりますよね。

そのようなことも異動と同じで急に言い渡されることが多いです。

昇格するということは、責任が増えるということです。

他の社員の面倒をみることになるかもしれないですし、やるべきことが増えていくのかもしれません。

そんなときに自分の今行っている仕事と両立させることができるように、いろいろと工夫しなければなりません。

今までの生活とは違ってきますので、まずはどのように過ごしていくのかスケジューリングしてみるといいでしょう。

⑨会議

緊急会議が開かれることになると、その始まる時間に向けて資料を作らなくてはいけません。

「どうしたボクなんだ!?」なんて思ってしまうものですが、そのように感じている暇はありません。

まずはどのような資料を作るのかをしっかり念頭におき、素早く作るしかないのです。

時間が限られているので、ぐちぐち言うよりも手を動かし、いつもの自分の仕事ができるようにしましょう。

⑩社内イベント

社員同士の交流が盛んな会社であれば、社内イベントをよく行なっているのではないでしょうか?あらかじめ決められている日時に行われることもあれば、その会社の重役たちの気まぐれで急に行われることもあります。

そんなときに、他の社員はイベントに楽しむ気持ち満々だけれども、自分はまだやるべき仕事が終わっていないなんてこともあるはず。

そんなときにイベントに参加しても素直に楽しむことができないと思います。

イベント開始時刻までに仕事を終わらせるのか?イベントに参加せずに仕事をするのか?イベントは少し参加して仕事をするのか?はたまた、仕事なんか忘れてイベントを思い切り楽しむのか…。

翌日からの仕事のスケジュールなどを考えながら、自分でしっかりと決めたいところですね。

⑪飲み会

忘年会新年会シーズンになれば、あらかじめいついつに飲み会があると決められていることがほとんどです。

しかし、少し厄介な上司などがいたりすると「今日はこれから飲み会だ!」なんて急に言い出す場合があります。

その上司の誘いを断るのもなんだか悪いですし、だからといって行きたくないし。

そもそもその後に何か予定が入っているかもしれません。

そんなときは、どこを優先させるのかをはっきりさせましょう。

飲み会に参加して少しだけ飲んだら抜け出すとか、飲み会には参加しないだとか自分の意思をはっきり持ちましょう。

⑫部下が辞める

部下が辞めることになったら、寂しい気持ちから引き止めてしまいたくなるものです。

しかし、辞めると言っている人を辞めさせないわけにはいきません。

それに今までにその存在があったからこそ、あなたの仕事がうまくいっていた部分もあるかもしれないですよね。

そんなときは、どんなに忙しくてもお別れ会や送別会を開いてあげましょう。

相手の予定を聞いたり、他の社員の予定を聞いたり、やることはたくさんあります。

それに仕事の折り合いもつけなければならないですね。

⑬上場

会社の株式が上場するとなると、社内の雰囲気そのものがグレードアップします。

それに重役たちが今まで以上に気合いを入れているので、見回りも多くなることも。

そんなことを想定し、いつも以上に仕事をしっかりこなしていきたいですね。

また、仕事内容が増えることもあり、これまでの仕事のスケジュールではうまくいかないかもしれません。

それも考えつつ、予定を立てるようにしましょう。

⑭クライアント訪問

急に取引先のクライアントが訪問してくることがあります。

連絡をしていたと言うけれど、実際にはその連絡を耳にしていない。

そうもなるとお出迎えする準備ができていないのですよね。

もしかしたら、このような事態が起きるかもしれないと想定し、あらかじめお茶や軽いお菓子などは用意しておくといいでしょう。

それにオフィスもいつでも清潔さを保っておくことです。

そうすれば急な訪問によって、仕事場所をきれいにしなくて済みます。

また、その余裕がクライアントにも伝わり、大きな仕事を任せてもらうことがあるかもしれません。

⑮体調不良

どんなに元気な人だって、生きていれば風邪のひとつやふたつくらいはひくものです。

しかし、とても重要な会議やプレゼンを控えた前に体調不良になってしまうと、どうにもこうにもならないですよね。

そのままマスクをして無理して出勤するのか、それとももしものことを考えて代役を立ててもらうのか。

信頼している仕事のパートナーに相談するのもいいですね。

とにかく、まずは即効性のある風邪薬などを飲むことです。

また、日ごろから風邪をひかないように食事内容や睡眠時間には気を遣うようにしてください。

そして少しでも風邪などの体調不良の兆候があらわれたら、なんとか時間を見つけて早めに医者に診てもらい薬を処方してもらいましょう。

プライベート編

これまでに仕事関連で起きる可能性の高い”突然”をご紹介しました。

私達は毎日仕事をしているからといって、365日年がら年中仕事に縛られているということではないですよね。

家に帰ることもありますし、休日の余暇を楽しむことだってあるのです。

ということで次は、プライベートシーンで起こる可能性の高い”突然”をご紹介していきます。
既に経験したこともあるかもしれないですし、もしかしたら今がまさにその真っ最中にいるかもしれません。

しかし、どんなときでも焦らずに冷静に物事を見つめることが大切です。

さっそく見ていきましょう。

①離婚

急に配偶者から離婚を言い渡された時、それが現実なのか夢なのか全く分からなくなってしまいますよね。

しかし、残念ながらそれは現実でその事実を受け入れるかどうかあなたに託されているのです。

離婚したいと思っている人とそのまま一緒に生活をしていくのか、それともお互いに別々の道を歩んで生きていくのかを決めなければなりません。

あなたは、どうしたいのでしょうか。

また、相手はどうして離婚したいと言っているのでしょうか。

まずは、離婚したいと言われている事実を受け入れるようにしましょう。

その事実を受け入れることが出来ないのであれば、話を進めることもできず、お互いに嫌な気持ちを感じることになります。

②不倫・浮気

旦那さんが不倫をしていた、彼女が浮気をしていた…これまでにずっと心から信じていたのに、そのような形で裏切られているのが分かると悲しい気持ちと一緒に怒りがこみ上げてきますよね。

しかし、そんなときに怒りを感じていても悲しい気持ちでいても現実は変わりません。

まずは、どうしてその浮気や不倫を見抜くことが出来たのでしょうか?
もしも相手の不倫や浮気を知っているとバレていないのであれば、その証拠をたくさん集めておきましょう。

もし裁判になったときに有利になります。

また、浮気されたり不倫されたとしてもそのままお付き合いをしていきたいと考えているのであれば、どうやってあなたのその気持ちのモヤモヤを取り払うかを考えなければなりません。

それを相手にぶつけても現実は変わりません。

それに浮気クセは治らないと言われており、怒れば怒るだけあなたが損することになるかもしれません。

まずは、冷静に証拠を集め、相手に浮気を認めさせたいですね。

逆に自分の浮気や不倫がバレてしまった場合は、そのまま開き直るのか謝って許してもらうのかをじっくり考えなければなりません。

謝れば済むなんて考えているかもしれないですが、相手によってはそんなことでは許さずに慰謝料を請求することだってあります。

自分のしたことを認め、誠意ある謝罪をしたいですね。

まぁそんな風に浮気をしてしまったということは、もう別れるつもりだったのかもしれないですね。

感情的にならないように、両者ともに冷静に物事を考えるようにしましょう。

③金銭トラブル

誰かにお金を貸したけど、期日までに戻ってこない!それに借用書も書いていないから、強く言えない。そのような経験をしたことはありますか?

金銭トラブルで殺人事件が起こってしまうほどに、それは人を狂わす問題です。

もしもお金がすぐに戻ってこなくても、まずはどうして相手が返してこないのかを良く考えてみてください。

その人はもともとだらしない人だったのかもしれませんし、それが分かっていてお金を貸したのであれば自分にも否がありますよね。

また、その人の配偶者や親に連絡するのも手と言えるでしょう。

しかし、脅したりするのは脅迫罪になってしまうので”あくまで冷静に”対応していきましょう。

④告白

好きでもなんでもない人から急に告白されたら、驚いてしまいますよね。

それにその場で返事が欲しいなんて言われても、相手のことは知らないし断ることしかできないかもしれません。

しかし、断り方によってはあなたがひどい人だと噂を流される可能性だってあるのです。

あなたがその相手のことを好きだったらそのままお付き合いをすることはできますが、そうでないならば期待を持たせない程度のキツくない言葉でお断りしましょう。

その言葉の使い方もしっかり考えなければなりません。

⑤同棲

大好きな恋人と同棲することになったとき、実家住まいの方であればそのことをご両親に伝えなければなりません。

また、荷物はどのように運ぶのかなど考える必要があります。

それに2人で住む家も決めなければなりませんし、相手のご両親にご挨拶に行かなければならないかもしれないですよね。

まずは、何を始めたらいいのか2人でしっかりと話し合わなければなりません。

⑥親族の他界

誰かが死ぬのは、誰も予想することができません。

数日前会っていたあの人が突然死んでしまうこともあるのです。

その訃報を聞いて悲しい気持ちになるかもしれませんが、それと同時に告別式などの日程を確認し、行けるように予定を調節しましょう。

また、まだ礼服を持っていないのであればそれを購入かレンタルする必要がありますよね。

冷静に今なにをするべきなのかを考えてください。

⑦病気

なんだか最近具合が悪い気がして、大きな病院で診てもらったら大きなガンが発見された…。

そんなの自分には起きないと思っているかもしれませんが、誰でも起こりうることです。

そうなってしまったら、仕事はどうするのか?家庭はどうするのか?その場合の生活費はどうするのか?治療費・入院費はどうするのか?などを考えることになるでしょう。

体が資本ですから、仕事を続けるべきではないです。

そんなときに急に焦らないためにも、事前にガン保険などに入っておきたいものですね。

⑧妊娠

まだ結婚もしていないのに、または結婚したばかりで貯金もできていないのに妊娠してしまった。

子供を授かったことはとても嬉しいかもしれないですが、でもその子供を育てるための環境が整っていないと不安になってしまうものです。

まずはお金をどうするのか、そして子供ができたときにあなたの自治体ではどのようにしていくのかを勉強しなければなりません。

親になるには、やることがたくさんあるのです。

一人で悩まずに配偶者、恋人、ご両親、自治体に相談するようにしてください。

今回は、突然起こるかもしれない事態をいくつかご紹介しました!いかがでしたか。

自分には起きないと思っているかもしれませんが、いつ誰に起きてもおかしくないことばかりです。

そのようなことが起きた時に焦らないように、あらかじめその出来事を想定して備えておきたいですね。