これから母親になることになったということは、めでたくお子様を授かることが出来たということ。

その命におめでとうございます!

そして、既にお子様を出産し、これからどのように子育てをしていけばいいのか少し悩まれている方もいるかもしれませんね。

あなたが立派な大人になることができたのは、誰でもないあなたのご両親のおかげです。

あなたのような立派な大人に、この世界に生を受けた子供たちを育て上げるためにはいったいどうしたらいいのでしょうか。

厳しくしすぎたら、自分の気持ちを主張することの出来ない大人になってしまうかもしれません。

かといって、放置しすぎたら人としてできることができなかったり、マナーのなってない大人になってしまうかもしれないですよね。

母親としては出来る限り、どこに行っても恥ずかしくないような立派な大人になってほしいと願うものです。

そのようにお子様のために悩まれているのは、母親になったという証拠でもあります。

その悩みを悩んだままにするのではなく、これから子育てをするために気をつけてほしいことをこの記事でご紹介していきます!

あなたが幼い頃にご両親にしてもらったように、またはされて嫌だったことはしないように…。

これからの子育ての参考にしていただければ幸いです。

これから子育てをするあなたにオススメの記事となっております。

母親になる前に!子供教育のことを知っておこう

妊娠、そしてご出産おめでとうござます。

子供がほしいと望むことによって子供ができることもあれば、授かり婚をした方もいらっしゃるかもしれないですね。

子供を授かることが出来るというのは、奇跡に近いことでもあり、とても喜ばしいことです。

しかし、母親になる前にぜひとも知っておいてほしいことがあるのです。

それは、既にあなたも心のどこかで心配をしていることかもしれません。

ずばり「どのように子供を教育すればいいのか」ということです。

子供を教育するのは、誰でも初めてのことであり、そこに正解は存在しません。

100人の親子がいれば、100通りの子育てがあるものなのです。

そのため、あなたがご両親にされたようにあなたのお子様に子育てをしても、しっかりしつけることが出来ない可能性があるのです。

あなたに人格があるように子供にもきちんと人格というものがあります。

0歳の赤ちゃんだからといって、理由なく泣いているのではないですよね。

「おっぱいがのみたい」「遊んでほしい」「おむつを替えてほしい」そんな気持ちを主張するために、ことばがな話せないために泣いて伝えているのです。

そこに赤ちゃんの意思があるのは、ご理解いただけるでしょう。

そのお子様は、年々大きく成長していきます。

次期に幼稚園や保育園に通うようになり、小学校、中学校、高校へと進学していくものです。

そんななかでしっかりと”その子本来の性格”を成長させることができることにより、その子はのびのびと活躍することのできる大人になることができるのです。

子育てをしている先輩ママなどにきくと「言うことを聞いてくれなくて困っている」とか「怒ってしまう」という言葉を聞いたことがあるかもしれないですよね。

それって、子供は自分の思い通りになる生き物だと思っているからそのように感じてしまうのです。

たしかに10ヶ月ほどあなたのお腹の中で過ごし、一緒に過ごした子供ですからまるで自分の分身のように感じてしまう母親が多いんです。

しかし、あなたのお腹で育ちそこから出産したとしてもそれは全く別の”人格”であり、別の”存在”です。

あなたではありません。

あなたの子供であっても、あなたの分身でもないし、操るために生まれたわけではないのです。

そのことを理解できないでいると、言うことを聞かない子供に腹をたてて虐待をしてしまうこともあります。

どんなに小さくても、どんなにまだまだ子供であってもきちんと一人の人として扱ってあげることが大切なんです。

そんなことを言われても実際にどのように接していけばいいものなのか、全く想像つかないはずです。

それは誰だって同じことです。

第一子を出産するとき、初めて母親になり、母親を経験し、母親になっていくのです。

母親になってしまえば、ものすごいスピードで人生が加速し進んでいきます。

その前に、子育てとはどういうものなのか?

何に気をつけたらいいのかをあらかじめ確認しておきませんか?

そうすることで、あなたの子育てに余裕がうまれ、ちょっとやそっとのことで子供に腹を立てるなんてことは起こらないはずですよ。

良好な親子関係を築くためにも、用意周到で母親本番を迎えましょう。

教育の時に注意すること

母親になるといっても、そのなかには教育者もいらっしゃるかもしれないですね。

学校の先生や塾の講師、インストラクターなどです。

そのような職業についていると子供と接する機会が多く、自分の思い通りに子供が動かないということは身にしみて理解しているのではないでしょうか。

それにどんなに小さな子供であっても、しっかりと人格を持ってることも痛いほど理解しているはずです。

しかし、教育者ではなく平凡な人生を歩んできた女性にとっては、子供がどんな存在なのか全く想像ができないはずです。

それは教育者にも同じで自分の子供と他人の子供は、全く別のものなんですね。

子育て初心者にとっては、子供が生まれてからは新しいことの連続です。

そのなかで何を学ぶのか?

どうやって母親になっていくのかもしっかりと考えておきたいものです。

では、しっかりとした母親になり、子供と良好な親子関係を築くためにも教育を行う時にぜひとも注意してほしいことをご紹介します。

もしかしたら、「そんなのありえない」と思うこともあるかもしれません。

全てにその事を行なう理由も掲載していますので、ぜひ呼んでみてください。

以下のことを頭にいれておくだけで、子育てが少しラクになることは間違いないのです。

成長は褒める

子供はいつでも成長していく生き物です。

それは大人でも同じことですが、子供の成長するスピードはとっても早いんです。

ついこないだ生まれたかと思えば、もうハイハイをするようになり、気づけば立ち上がるようになる…。

それってものすごいスピードで成長していますよね。

全く乗れなかった自転車に乗れるようになるのと同じようなものです。

そんなときは、いつだって成長を褒めてあげましょう。

赤ちゃんだからといって言葉を理解していないわけではありません。

母親や父親が語りかけてくれる言葉とその時の表情を見て、しっかり理解しているんですよ。

また、子供は大きくになるにつれて成長する度合いだったり、成長する分野が全く異なりますよね。

小学生になって掛け算を暗記することができたとか、できなかった逆上がりができるようになったなんてさまざまあることでしょう。

それまでは出来なかったことが出来るようになった時は、思いっきり褒めてあげましょう。

褒められて嫌な気持ちはしないものです。

もしもあなたが、誰かにほめられて嫌な気持ちをするタイプであれば、幼い頃にあまり褒められる経験をしたことがないのかもしれないですね。

そうやって子供の頃に親からされたことというのは、大人になってもその人の人生に響くくらいに影響してしまうものなのです。

それを避けるためにも、「褒められて嬉しい。

もっとやろう」と思わせるためにも、ぜひ褒めることを忘れないでください。

素直な子供こそ、褒められれば褒められるほどに急成長しますよ。

他人に褒めてもらう

母親だけが子供を褒めていたら、賢い子供であれば「いつも同じことをいってる」なんて褒められた気がしなくなってしまうかもしれません。

そんなときは他人に子供を褒めてもらってください。

そうすることで「お母さんがいっていたように、本当にすごいんだ」と実感することができるんですよね。

それは、赤ちゃんのときでも変わらずに行なってください。

あまりにも褒めすぎると鼻が高い子供になてしまうのではないかと心配されているかもしれませんね。

そのようになってしまうのは、褒めまくった結果ではありません。

どこかで甘やかす習慣があったためにそうなってしまうのです。

褒めることは、その子供のその後の成長に大きくかかわります。

ぜひとも親族をあげて、褒めてあげるようにしたい物ですね。

焦らない

どんなときでも焦らないようにしましょう。

初めての子育てですから、予期せぬことが起こると―子育ては予期せぬことの連続―きまって焦ってしまうものです。

赤ちゃんがミルクを喉につっかえてしまった!しんだらどうしよう!なんて焦るのではなく、冷静に物事を見つめるクセをつけましょう。

もしもミルクが喉につまってしまったのであれば、どうすればいいんだっけ?背中をトントンするんだ!なんて、焦らなければその答えを瞬時に思い出すことが出来ますよね。

また、一人で悩みすぎると焦りとなって子育てに影響してしまうことがあります。

母親というのは父親よりも子供と接する時間や機会が多いですよね。

そのため、子供というのは母親のちょっとした心の変化を読み取ることが出来るようになってしまうのです。

焦っていれば焦っている気持ちが伝わります。

母親になるということは、もうあなた一人の人生ではないということにもなるんです。

そんなときに一人で勝手に焦っていても、子供に心配な気持ちを抱かせるだけです。

いつだってドンと構えていましょう。

そして焦りそうになったら、とりあえず深呼吸をして。

その時の状況を理解し、すべき行動を洗い出すようにしてみてください。

諦めないで継続する

子育てというのは、子供が大人になってもまだまだ続くようなものです。

だいたい20歳を越えるまでが子育てといわれていますので、ここでは20歳くらいまでの子育てに注目してお伝えしますね。

子育てをしていれば、たくさんの嬉しい出来事があることでしょう。

しかし、それと同じくらいに苦しかったり、子育てを挫折してしまうような経験もするかもしれません。

しかし、どんなときでもどんなことがあっても、諦めないでほしいのです。

今現在、既に子育てをしている母親たちも日に日にそのような挫折を味わっています。

しかし、子育てをやめることはできないのです。

子育てをやめるということは、その子供と縁を切ることになります。

そんなこと出来ないですよね。

大好きな子供ですし、いつまでもその成長を見届けてあげたいと感じるのですから。

それに挫折を感じるということは、その子供を大切に思っている証拠なんです。

あなたはこれまでの人生において、諦めそうになったことはありませんでしたか?

あなただって、なわとびの二十とびができなかったり、逆上がりができなかったり、暗記物がなかなかできないことがあったことでしょう。

しかし、そんなときに諦めずにチャレンジしていたら、フッとできてしまうことがあったはずです。

もしもなかったのであれば、今回がそれを諦めずにできるようになる、あなた自身の成長するチャンスになります。

子育てに終わりはありません。

高くも低くもない目標をたて、諦めずに継続していきましょうね。

困った時は一人で悩むのではなく、旦那さんやあなたのご両親に相談してもよいのですから!

じっくり様子を見る

子供といっても、しっかりと人格を持っているものだとさきほどお伝えしましたね。

そのため、あなたの子供が本質的にどのような性格をしているのかをしっかりとチェックしてみてください。

じっくりと様子をうかがってみるのです。

子供が一人で遊んでいるところや公園で出会った同い年くらいの子供にどのように接しているかなどなど、しっかりと見てみてください。

それまでは自分の好みなどを押し付けていたかもしれません。

しかし、そうやってじっくりと子供を観ることよってその子の本当の性格を見抜くことが出来るのです。

そうすれば、その性格にあった子育てをすることができますよね。

もともと内向的な性格をしている子供に、無理やり外交的なことを強要したらそのことに関して恐怖を感じ、その後一切、対人関係に恐怖を覚える人になってしまうかもしれないですよね。

内向的な性格であるならば、内向的な性格にあうように段階的に気持ちを外に向けられるようにしむけてあげたらよいのです。

その子供がやりやすく、そして自然にできるようにするのも母親の役割なのです。