今や、なくてはならない連絡ツールであるライン。

ダウンロードしていない人なんていないのでは?

というくらい多くの人に普及していますよね。

小学生でもラインをしているかと思えば、お爺ちゃんだってラインをしている時代です。

もうメールをしているなんて時代遅れなんですよね。

今回はそんな便利で手放せないラインが、もっと楽しくなる使い方を紹介していきます。

ラインのことなら一番詳しいであろう大学生に学んでいくので間違いなし!

正しいラインの使い方について知っていきましょう。

ラインを使いこなしてみよう!

ラインをどこまで使いこなしていますか?

ただメッセージを送るだけのツールにはなっていませんか?

ラインはチャットのようにメッセージを送り合うことができるのが魅力です。

でもそれだけのものではありません。

もっともっと便利で楽しい機能がたくさんあるんです。

それらの便利機能を使いこなしてこそ、ラインの力は発揮できるわけです。

というわけで、今一度ラインについての勉強をしていきましょう。

ダウンロードしている人はもちろんですが、実はまだラインをダウンロードしたことない・・という初心者の人でもすぐに使いこなせるようになるはずです。

大人には意外と難しいライン…

簡単なようで使いこなそうと思うと難しいのがライン。

あれ?どうやって写真設定するの?

大勢の人とトークするにはどうすればいいの?

使ったことないボタンがたくさんあるけど何?

これらの付加機能が意外と難しいんですよね。

でもなんか今更人にも聞けないし、なんか面倒な気がするし。

でもシンプルにメッセージを送るだけでいると、今時取り残されてしまいます。

付加機能までばっちり抑えてこそ、今の時代についていけるんです。

大人には難しいと思いがちですが、きちんと覚えれば何も難しいことはありません。

まずは知ることから始めてみましょう。

これからはラインはコミュニケーションツールの主!

ラインってどこまでの関係の人とするものなのか・・と考えてしまうこともありますよね。

電話番号を登録すると、勝手にラインが表示されることもあります。

例えば目上の上司なんかもラインをしていると名前が表示されます。

ちょっとした用事がある時に、上司など目上の人にラインをしても良いのか。

それとも失礼なのか。

とても悩むところです。

やはり正式な連絡といえば電話かメールです。

しかし上司がラインをしているのであれば、一度お話した上でラインするのも悪いことではありません。

むしろ距離が近くなれるかもしれません。

「私のラインにお名前が表示されたのですが、登録させてもらっても良いですか?」と予め聞いておけば、ラインが突然送られてきても不快な思いはしないでしょう。

また用事がある時には「ラインでのご連絡で失礼いたします。」などと前置きしても良いかもしれません。

今はメールを開かない人や使用していない人も増えています。

メールを送るよりもラインをした方がお互いに気軽で良い時代になってきているのです。

友人はもちろん、家族や会社の人とも連絡の基本ツールはライン。

それが今の時代なのです。

社内の連絡がラインのところも増えている

社内の伝達事項がBCCやCCで送られてくることって多いですよね。

働いていると共通で知っていてほしいことが日々たくさんあるからです。

また緊急で用件を知らせたい時なんかもよくありますよね。

そんな時にラインって物凄く便利なんです。

同じ部署でラインのグループを作り、そこを社内の連絡ツールにします。

「今日は直帰します」「今から商談に入ります」「今月1課は目標達成を果たせそうです」なんて毎日の社内で必要な情報をラインで伝えるのです。

そうするといつどこにいても、部署内の情報を知ることができます。

わざわざPCを立ち上げる必要もないので、送る方も見る方も簡単ですね。

そんな理由から今は社内の連絡にラインを使用しているところが増えているのです。

ラインマスター大学生から学ぼう!

ラインをマスターするのには、大学生から学ぶのが一番です。

大学生こそ一番ラインをマスターして楽しく使いこなしているからです。

といっても大学生の知り合いなんていないという人は困ってしまいますよね。

そこでここからは大学生直伝!

ラインの使用方法をドドーンと教えちゃいます!

大学生みたいにラインをマスターできたらちょっと自慢できますよ。

近くにいる人にもラインの隠された使い方を教えてあげてくださいね。

まずはラインを登録しよう!

では、そもそもラインってどこに入っているの?

なんてライン初心者さんのために、ラインの登録方法から説明していきますね。

アプリ「LINE」をDL

電話やメールは携帯電話に最初から入っているものです。

じゃあラインはどのアイコンなの?どこにいるの?と探してもラインはありません。

ラインはアプリの一つなのでDLする必要があるのです。

ライン自体は無料アプリなのでいっさいお金はかかりません。

安心してくださいね。

iPhoneを使用している人はApp storeから「LINE」を検索してダウンロードしてください。

Androidを使用している人はGoogle Playから「LINE」を検索しえダウンロードしてください。

どちらも緑のアイコンで白いの吹き出し枠にLINEという緑の文字が入っています。

これで自分の携帯電話に緑のアイコンが登場すればラインのDL完了です。

登録に必要なもの

ラインをDLしたら、使い始める前にライン登録が必要です。

登録をしないとライン開始にはならないので注意してくださいね。

登録方法は2つあるので、それぞれ紹介していきます。

電話番号

まずDLしたLINEアプリ起動させてください。

最初の画面に【ログイン】と【新規登録】を選択する画面が出ます。

初めてラインを始める人は新規登録に進みますので、タップしてください。

続いて自分の携帯番号を入力する画面となります。

11桁の使用している携帯番号を入力しましょう。

そして下部に表示されている【番号認証】をタップ。

あなたの電話番号が表示されて「上記の電話番号にSNSで認証番号を送ります」と表示されるので電話番号に間違いがないことを確認して【OK】しましょう。

するとすぐに登録した携帯番号にSNSで4桁の番号が送信されます。

それを確認して入力画面にうちこみます。

この番号は30分たつと無効になるので、時間に余裕のある時に続けて行うように気をつけてください。

もし何か都合が悪くなり30分経過してしまった場合は【認証番号を再送】を選択すれば、また新たにSNSに番号が送られてきますので安心してください。

また【通話により認証】を選択すると自動音声で認証番号を教える電話がかかってきます。

Facebookアカウント

電話番号を登録しなくてもFacebookをしている人はアカウントを連帯させてライン登録ができます。

電話番号やアドレス帳を連帯させたくない場合にはFacebookから登録することをおすすめします。

ラインを起動させ、【新規登録】をタップすると次の画面の一番下に【Facebookでログイン】を選択できるボタンがあるのでタップして進みます。

そうするとFacebookアカウントのログイン画面になりますので、Facebookい入るためのアドレスとパスワードを入力してログインをしましょう。

そうすると緑のLINEとかかれたアイコンが出て、【○○としてログイン】とFacebook上での名前でログインしても良いか確認する文字がでます。

問題がなければタップしてください。

最初はラインの名前や写真もFacebookで登録しているものがそのまま入ってきます。

これは変更可能なので安心してください。

プロフィールを設定!

さて登録が完了したら、ラインのプロフィールを設定していきます。

このラインのプロフィールはいつ誰が見るかわからないということを理解して登録することをおすすめします。

気取りすぎたものや、ふざけすぎたものは極力避けた方が良いでしょう。

なざかというと、先ほど紹介したようにラインは連絡の基本ツールだからです。

電話やメールでなくラインが主となる時代です。

つまりはあなたの連絡の顔となるもの。

それは友人だけでなく、家族も恋人も先輩も上司も目にするものです。

久しぶりにあなたを見つけてくれる人や、ラインで初めてあなたを知る人もいるかもしれません。

自分の名刺くらいに思っていた方が失敗がないです。

名前は本名か恥ずかしくないあだ名で

ラインは本名で利用している人も多いですが、下の名前やあだ名を登録している人もいます。

本名なんて個人情報で怖い・・という人もいますが、きちんと設定すれば不特定多数の人にばれるものではありません。

むしろわかりにくいあだ名だと誰だか認識してもらえないので、連絡も取りづらくなってしまいます。

高校生や大学生くらいなら、笑ってしまうようなあだ名でも良いですが、社会人であれば本名か下の名前がおすすめです。

社内の連絡にも使われるものなので・・。

もちろん変更は可能なので、その都度名前を変えることはできますが、コロコロ名前を変えてしまうと誰のラインアカウントなのか周囲に認識されにくいので、連絡頻度が落ちてしまいます。

できれば最初に登録した名前は変えない方が良いでしょう。

また結婚して性が変わった人は、今の本名を入れても誰だかわかりません。

そんな時は本名のあとに(旧姓○○)と入れておくとわかりやすいですね。

名前を入力して登録をしておきましょう。

アイコンやヘッダーを設定

ラインはアイコンとヘッダーに写真を設定します。

何も設定していないとアイコンの中に人影はうっすり見えるような絵が表示されます。

設定は絶対条件ではありませんが、今の自分をアピールするためには何か設定されていた方が連絡しやすいです。

これは自分の顔写真でなくても良いのです。

むしろ自分の顔写真の人は少ないでしょう。

好きな景色や料理の写真。

ぬいぐるみやペットの写真にしている人も多いです。

結婚して子どもができた人は、子どもをアイコンとヘッダーに設定している人もとても多いです。

このアイコンやヘッダーは自分らしさを出すものです。

せっかくなので何か自分らしい一枚を設定することをおすすめします。

もちろんこの写真も随時変更可能です。

自分の現状に合わせてアイコンを変えても良いかもしれませんね。

勝手に友達追加されたくない人は?

ここ!知らない人が困ってしまう重要ポイントです。

ラインをしたくないという人の中に勝手に友達が追加されていくのが嫌だという人が多くいます。

確かに設定をしないと、電話番号やアドレスが勝手に同期されてしまって、ラインを登録すると相手にも登録されたことが知られてしまい、勝手に友達追加されてしまうんです。

連絡とりたくなかった相手とラインで繋がってしまうのは嫌ですよね。

なんかラインを登録したら、どんどん友達が登録されてきた!!という人は友だちが自動追加の設定になっているのでしょう。

これは設定を変えることで防ぐことができるので安心してください。

こっそりとラインをすることはできるんですよ。

友だち自動追加をオフ

では友だちを勝手に追加しない方法を紹介していきます。

最初の設定の時に行う場合は名前の登録の後に友だち追加設定が表示されるので、ここでオフにすることを忘れずに行います。

【友だち自動追加】【友だちへの追加を許可】という二つのオンもしくはオフを選択する画面になります。

これがオンになっているとラインを登録したと同時に勝手にラインがスマホの情報を読み込んで友だちを増やしていきます。

そして表示された相手側にも追加されていきます。

色んな人とどんどん繋がりたいという人はオンにしておくと便利ですが、そうでない場合はここはオフにしておくのが良いでしょう。

この設定もいつでも変更可能です。

変更する場合はラインの右下の【・・・】というボタンを押して、右上の設定ボタンを選択。

【友だち】を選択すると同じように【友だち自動追加】と【友だちへの追加を許可】が選択できるので変更を行ってください。

大学生から学ぶ10個のラインの使い方

お待たせしました。

ここから本格的なライン術のスタートです。

ラインは連絡ツールですが、ラインの特徴を活かして使用しないとつまらないものになってしまいます。

ラインだからこそ!ラインならでは!そんな使用方法を大学生から学んでラインマスターになっていきましょう。

たくさんある中から大切な10のことを厳選してお伝えしていきます。

内容は簡潔に!長すぎNG

あ、ラインきた~と思って開いてみたら、画面いっぱいの文字!なんだか重たい気持ちになって思わず携帯をしまってしまうでしょう。

ラインの良さって気軽さなんです。

それこそ1文字2文字でも連絡できるところが魅力なんですよね。

わざわざメールで伝えるほどでもないことをラインでちゃちゃっと連絡できるのが良いのです。

それなのにダラダラとした長い文章が送られてきたら萎えますよね。

ラインは短く簡潔に!これは大学生の間では鉄則です。

例えば明日どこ行く?という内容を恋人同士でラインしたとします。

×ダメな例

明日は天気予報を見たら雨の予報みたいなんだけど、どこに行こうか。

寒いかもしれないから濡れない場所が良いよね。

家でDVD見たりしても良いけど、それだとつまらないかな?

ランチだけどっかでして、そのあと映画観に行ってもいいんだけど、今面白い映画やっているかな?

希望があれば教えてください。

いや~長い!結局何が言いたいの?って感じで返事する気になれません。

それにこんな長い文章だと返事も長い方が良いのかな?なんて負担に感じてしまうでしょう。

・良い例

明日雨だよ。

行きたいとこある?

これで良いんです。

長い文章の方が誠実な感じもしますが、あくまでラインですからね。

気軽に楽しくが一番です。

ラインでは最低限の情報と、聞きたいことを伝えて短く読みやすい文章を作ることを心掛けてください。

既読スルーをチェック

ラインの画期的な機能といえば「既読」がつくこと。

これは他にはないもので、ラインを始めた当初は驚きを隠せませんでした。

この既読とは、自分が相手に送ったメッセージを読んでいるか…読んでいないのか…ってことがわかるようになっています。

相手がラインを開いてメッセージを読むと自動的に「既読」という文字が表示されます。

「既読」と表示されることで、「確認してくれている」ということを認識できます。

まったく連絡がとれない人でも既読になっているだけで、生存確認もできるんですよね。

既読となりメッセージを読んでいるのにも関わらず返信がこないことを「既読スルー」と言います。

読んでるのに無視している状態ですね。

もちろん無視といっても忙しくて返信できない状況だったり、なんて返していいか悩んでいる状態かもしれないのですが。

それも含めて既読スルー状態といいます。

何か必要事項を送った後に相手から返信がない場合。

例えば仕事で待ち合わせの時間に30分遅れるなんてラインをして返信がなかった場合、相手に伝わっているか心配ですね。

でも既読になっていれば、メッセージは読んで確認しているということ。

ただ既読スルーなだけということです。

これがわかるだけでも30分待たせることはないと安心できます。

複数のグループラインの場合は、既読の後に読んだ人数の数字が表示されます。

グループラインに自分以外に4人いるとすると、あなたが発したメッセージを4人全員が読むと「既読4」と出ます。

「既読2」の場合は4人中2人は読んでいますってことです。

これもメッセージがどれくらい確認されているのかチェックできて便利ですよね。

既読してるのにスルーか!と嫌な気持ちになることも正直ありますが…それも含めてかなり便利な機能なので、既読スルーチェックはするべきです。

スタンプを活用する

やっぱりラインの楽しさはスタンプでこそ発揮されるものなんです。

スタンプは絶対活用するべし!ラインの必須アイテムです。

ここからスタンプについて詳しく説明していきますね。

まずスタンプを使うには以下の3つの方法があります。

・初期スタンプ
・有料スタンプ
・無料スタンプ

初期スタンプとは、ラインをダウンロードすると自動的に使えるようになっているスタンプです。

ラインのキャラクターであるコニーなどのゆるカワスタンプがあります。

初期スタンプも面白いものもあるのですが、誰でも持っているのでユニークさや新鮮さはないですね。

当たり障りのないスタンプといったところです。

有料スタンプはコインを買って購入するものです。

人気キャラクターやアニメなんかは公式スタンプとなり100コインで購入します。

100コインは240円ですね。

高いと思うかもしれませんが、ずっと使えて期限もありません。

プロではなく素人が作ったスタンプはクリエイターズと表記されており、こちらは50コインで120円です。

このクリエイターズスタンプが、意外に面白くて人気があるんです。

何百種類もあるので、その中から自分らしいスタンプをカスタマイズしておくとラインも盛り上がります。

無料スタンプは企業などとコラボしていて、友だち登録をすることで無料でゲットできるスタンプです。

人気キャラクターとコラボしていたりするので無料でも可愛くて使いやすいものが多いのが特徴です。

スタンプショップのEVENTからダウンロードできます。

無料スタンプには期限があるので、こまめにチェックすることをおすすめします。

スタンプは可愛さを出すだけのものではありません。

深刻な話でもスタンプ一つで相手を和ませることや笑わせることもできます。

面倒な時にはスタンプ一つで返信までできるのです。

スタンプで自分らしさを出すとより楽しくラインでやりとりすることはできます。

グループチャットで盛り上がる

ラインは1対1のやりとりだけでなく、複数人と同時にやりとりできるのも便利な機能です。

今まで例えば4人で出掛ける約束をする時など、大変だったことはありませんか?

誰か一人が代表者となり、予定のいい日を聞いたり・・行きたい場所を聞いたり・・それをとりまとめてまた連絡したり・・。

これって結構大変なんですよね。

それがグループチャットは同時に予定の連絡や希望の場所を伝え、それぞれで確認することができちゃうんです。

先ほど紹介したように社内の連絡ツールもグループを作成すれば、すぐに連絡や確認が可能です。

大勢でのラインは見ていて声を出して笑えるくらい盛り上がります。

1時間見ないだけでラインが50トークも届いているなんてことも!それが楽しくてはまってしまうんですよね。

ラインをグループでするだけで、グッと仲が深まるでしょう。

グループチャットはラインのトーク画面からトークしたい人を選択し、そこから右上のメニューを選び【招待】をタップ。

登録されている名前がズラリと出てくるので、グループに入れる人の名前を選択すればOKです。

あくまで招待なので、相手が承認しないとグループには入れません。

逆に招待がきたときには、承認をしないとトークに参加することはできないようになっています。

グループ通話もできる

チャットだけではありません。

なんとラインはグループ通話もできます。

しかも最大200人参加できるというから驚きですよね。

方法は簡単です。

グループトークを開くと上部に電話のマークがあるのでタップしてください。

【音声通話】と【ビデオ通話】が選択できるので、どちらかの通話方法を選んでタップするとグループの人に電話がかかり同時に通話できます。

会えない仲間でもグループ通話をすることで、会っているかのように盛り上がることができちゃうなんて凄いですよね。

また遠距離でのちょっとした会議や報告会もできるので、使い方次第ではとても便利な機能といえるでしょう。

画像や動画もサクッと送れる

ラインは文字だけでなく、画像や動画もすぐに送って共有することができます。

メールで画像や動画を送ろうと思うと容量が重くてなかなか難しいですよね。

1枚1枚わけて送ったり、なかなか送信されなくてイライラした経験もあるのではないでしょうか。

これがラインならサクッと送れます。

友達と出掛けた時に撮った共有したい画像や動画を何十枚でもすぐに送れるので便利です。

動画だって時間をかけずに送信できちゃいます。

消えて欲しくない写真はアルバム作成

さらに凄いのはアルバムの作成ができること。

トークの中のアルバムを作成すれば、見たい写真をすぐに見つけることもできますし、消えることもありません。

その人やそのグループとの思い出をそれぞれアルバムにしておくと便利ですね。

アルバムの作成方法は、アルバムを作成したトーク画面を開き右上のボタンを選択。

その中から【アルバム】をタップします。

右下に緑の写真マークのボタンがあるので選択すると、【アルバム作成】と表記が出てくるので、そこからアルバムに入れたい写真を選択すればOKです。

【アルバムに写真を追加】を選択すれば随時写真を新しく入れることができます。

みんなのスケジュール合わせも簡単

同窓会を開こうなんていう時、そのライングループは50人以上になることもあるでしょう。

そうなると全員の都合の良い日を合わせるのって大変ですよね。

そこで便利な日程調整機能もあるんですよ。

まずグループトークを開くと下にメッセージを入力するところがありますよね。

その左側に【+】マークがあるのでタップしてください。

写真や動画が送れる画面なのですが、もう少し下を見ると【日程調整】ボタンがあるので選択してください。

ここにイベント名と内容を入れます。

そしてカレンダー画面があるので候補日をいくつか選択して送信しましょう。

トークに日程調整が送信され、開くと候補日が表示され自分の予定を返答できるようになっています。

〇△✖で予定を返答し、自動計算してくれるのです。

つまり日程調整を利用すれば、放置していてもどの日程が一番参加者が多いかを自動で計算してくれるんです。

とっても便利ですよね。

ラインでお金のやり取りもできる

なーんとラインはお金の送金までできてしまうんです。

ラインで繋がっていれば、相手の銀行口座を知らなくても大丈夫。

ライン上の操作で入金できます。

手数料もかからないので安心ですね。

ただ出金する時には手数料208円がかかってしまうのだけ注意してください。

他にも送金依頼や複数のメンバーに合計の均等に請求する割り勘機能もあります。

飲み会で先払い一人3000円なんて時に、ラインで送金しておけば当日の払い漏れも防ぐことができますね。

これはLINE Payという機能で専用のアカウントを登録して事前に銀行や昆布にでチャージしておくか、クレジットでの支払いも可能です。

ラインでギフトが贈れる

ラインはお金のやりとりだけでなく、ギフトまで贈ることができるんです。

通常ギフトを贈ろうと思うと、まず買い物に行きますよね。

そこで選んで、相手の住所を確認して発送します。

大切なギフトの場合は良いですが、ちょっとお礼したい時なんかは意外と手間ですし、相手の負担にもなってしまうんです。

でもラインギフトは買い物に行く手間も、住所を調べる手間もいりません。

ラインの操作で簡単にギフトを届けることができるのです。

方法はラインの【その他】から【LINE App】を選択し、【LINEギフト】を開きます。

商品を選んで、送信相手と支払方法を選び、コメントを入れて送信すれば完了です。

もう5分ほどで完了ですよ。

受け取った相手は、届いたメッセージからギフトを受け取ると選択して送り先の住所を入力するだけです。

ギフトにはほんのキモチといったような500程度のスタバのコーヒーチケットやローソンのケーキもあれば、デパートにあるブランドの洋服もあります。

お中元やお歳暮の品まで充実しているので困ることはないでしょう。

ラインで見かける若者言葉を理解しよう

ラインは短く簡潔に!これが大切だと紹介しましたが、今若者の間では短すぎる若者言葉が流行っているんですよ。

え?これなんだ?と混乱しないように、若者言葉を理解しておきましょう。

りょ・り

「明日は10時に駅前で待ち合わせね」

「りょ」

なんて返信がきた時は、「了解しました」ということです。

もう小さい「ょ」まで省いて「り」で完結させてしまう人までいるんです。

こんな返信がくると待ち合わせしたくないの?嫌なの?迷惑なの?なんて感じてしまいますが・・そうではないので安心してください。

あくまで若者言葉です。

ちな

「もうすぐ着くよ。

ちなラーメン希望!」

なんてラインがくると、ちなラーメン?小さなラーメン?なんて悩んでしまうところですよね。

これは「ちなみに」の略です。

何か一言付け加える時に「ちな」とつけるんです。

はよ

「新しい彼氏ができちゃいました~」

なんてラインを送信すると大量に送られてくるライン。

「写真はよ」

「詳細はよ」

というはよはよ攻撃です。

この「はよ」は「早く!早く見せて!」と催促するような時に使うものです。

「はよせーや」という関西の言葉からきているもので、軽いノリも含まれているのです。

とりま

「今日どうしよっか~」

「とりま駅前集合で~」

なんて使われる言葉です。

これは「とりあえず、まぁ」という意味で、決まらないからとりあえず駅前に集合しとこうぜ!というニュアンスです。

話がまちまらない時には便利で使いやすい言葉です。

あーね

「なんか最近雨ばっかり!」

「昨日梅雨入りしたらしいよ」

「あーね」

これは「あーなるほどね」の略で、そういうことか!と納得した時に使います。

なんだか素っ気ないように感じてしまいますが、別に興味がないわけではないのですよ。

きちんと納得できたから使う言葉なので安心してください。

マ?

「彼氏できた!」

「マ?」

この一文字で成立してしまうのが若者の凄いところというか・・なんというか。

マ?とは「マジ?」ということで、驚いた時に使います。

本当に?それ本当の話なの?なんてとても驚いている気持ちがマ?の一文字に込められているのです。

w

「WW」なんてアルファベットだけ送られてくることもあるんですよー。

今時の若者は。

例えば「今日財布忘れた」なんてラインしたら「WW」と返信がくるのです。

これは「笑」ということで、「うける」なんてニュアンスは含まれています。

また文章の最後に「W」とつけるだけでその文章を面白く軽い言葉にしてくれる便利さもあるんです。

大人でもラインは簡単!

大学生に学ぶラインの使い方、ご理解いただけましたか?

知らないと難しいように感じてしまいますが、覚えてしまえば難しいことはありません。

ラインって簡単なんです。

せっかくラインをダウンロードしたのですから、いっぱい使いこなして楽しくラインを活用していきましょう。

色んな人と楽しく繋がることで、あなたの人生が少し変わってくるかもしれませんよ。