あなたはプラス思考ですか?
それとも、マイナス思考ですか?

プラス思考は物事を前向きに考えて進んで行ける人です。

反対にマイナス思考は物事を悪く捉えて落ち込む人です。

厳しい社会で生きていると、もともとプラス思考の人も、気づいたらマイナス思考になってしまってることもあるのではないでしょうか。

マイナス思考になると、なんでも悪く考えることも増え、考えすぎてしまい、負のスパイラルに巻き込まれてしまいます。

もっとプラス思考に考えて生きないと人生損!

マイナス思考を克服して人生を楽しもう!

マイナス思考はストレスを溜めやすく、病気の原因にもなります。

さらに否定的、または悲観的に捉えることで、運気も落ちやすくなります。

マイナス思考だと悪いことを思いつくので、回避も早くできるメリットもあります。

けれど、マイナス思考を辞めたら、もっと人生が明るくなります。

マイナス思考を克服して、プラス思考になれたら素晴らしい人生を送れるでしょう!

マイナス思考のデメリット


わたしも、マイナス思考で考える癖があり、とても悩みやすいです。

たいがい、寝てしまえば忘れることが殆どですが。

考えてる時は、本当に疲れてしまいますよね。

それ故に、マイナス思考のデメリットは本当に多いのです。

まずはデメリットをみていきましょう!

人生楽しめない

マイナス思考の人は『自分は不幸』だと思い込んでしまいがちです。

原因は自分の自信のなさだったり、劣等感がとても強いからでしょう。

『自分は不幸』と少しでも思った時点で、人生は楽しめません。

意地でも『自分は幸せ者の成功者』と思えるようにしていきたいですね!

生きていることが辛くなる

マイナス思考から、自分が不幸だと思い込んでしまったら、今度は生きてるのが辛くなります。

不幸せと思っていると、不思議と不幸なことが起きます。

しかも毎日悩んでいると、顔の表情も乏しくなり筋力も低下してしまい、年齢よりも老けて見えます。

成長できない


マイナス思考が続くと、考え方に進歩がない為、成長できません。

どこかで嫌な事を真っ向から受け止め、解決策を前向きに考えていかないとダメです。

成長できないままということは、いつまでたってもネガティヴ人間のまま。

それどころか、成長できないことで、辛いことも増え、自分の人生を台無しにしてしまいます。

新しいものを受け入れられなくなる

世の中に便利なもの新商品が増えるように、私達も時代の流れに合わせて思考を変えていかないといけません。

もちろん昔のしきたりや知恵は大事だと思いますが、それに捉われすぎては頭が固いと思われます。

マイナス思考だと周りの目や疑心からか、新しいものを受け入れづらくなりがちです。

慣れ親しんだものに愛着があるのはよいですが、新しいものを使うことで素晴らしい発見があるかもしれません。

周囲にも悪影響を与えてしまう

会社などで、マイナス思考の人がいるだけで周りの人達のモチベーションを下げてしまいます。

ネガティヴな人に限って、誰かの悪口を言ったり仕事に対しての愚痴が多いんですよね。

そのような発言は、誰かを不快にさせたり、悪い印象を与えるので人間関係に歪みが生じます。

こうなってしまうと、自分一人だけ陥いるだけでなく周りにも悪影響を与えてしまい、ついには会社問題になってしまうかもしれません。

マイナス思考が、どれだけ周りに迷惑か一度考えてみましょうね。

ストレスが溜まりやすくなる

マイナス思考は、快適な日常生活の妨げになるだけではなく病気をつくったり、ストレスの原因になりやすいです。

なぜマイナス思考だと、ストレスが溜まりやすいかというと、悪い方向に考えすぎるあまりに『不安』が増えます。

『不安』からイライラすることも増え、ヒステリーにもなるでしょう。

その『不安』こそが、ストレスの原因なのです。

マイナス思考から引き起こされるストレスの原因を取り除くためには、思考を変えないといけません!

マイナスの出来事しか見えなくなる

過去の失敗やトラウマから、マイナス思考に陥りやすく『自分はダメな人間』と思い込んでしまいます。

その思い込みから、相手のことを深読みしすぎたり、将来を勝手に決めつけてしまうクセがあります。

マイナスの出来事しか考えられなくなると、人付き合いも煩わしく、新しいことに踏み込みこむ勇気を持てません。

マイナス思考を克服する23個の方法

マイナス思考のデメリットを見ていると、早く克服して、考え方をポジティブにしなきゃと思いますよね!
マイナス思考の克服の仕方が分かれば、考え方や行動も変わっていきます。

それでは、マイナス思考を克服する23個の方法を紹介していきますね!

時間を有限に活用する

悪いことをダラダラと考えていると、決断するまでに時間がかかってしまいますよね。

終わったことは取り戻せないですし、過去を変えることは不可能です。

もちろん深く考えることは大切ですが、脳ミソが疲れてしまうので、時間を制限しましょう。

そして小さい悩みなら次の日まで引きずらないこと、大きな悩みならいっぺん考えて解決しようとしないことです。

一旦全てをリセットする

考えすぎて行き詰まった時は、すぐに結論をだそうと焦らないようにしましょう。

焦れば焦るほど、つい悪い方向に考えてしまいがちになり、負のパニックに陥いります。

一旦全てをリセットする気持ちで、何も考えずにくつろいでみましょう。

外に出かけたり、映画を見るでも良いです。

こんがらがった頭の中をリセットするだけで、思考力が復活しますよ!

休憩する

仕事などでイライラしたり疲れている時こそ、嫌なことばかり思いついて憂鬱になりますよね。

「何だか悪いことばかり考えてしまってるなぁ」と思ったら、とりあえず体を休めましょう。

例えば、ホッとするようなハーブティーを飲んだり、温かいお風呂に浸かってリラックスすることです。

元気な体になることで、思考回路も上向きになれますよ。

後回しにしないで解決させる

すぐに解決できそうな問題を後回しにしてしまうと、嫌な問題が溜まってしまいます。

後回しにせず、ひとつひとつを丁寧に解決すれば、精神的にも楽だと思います。

後回しにしないということは、「自分に負けない意思」が必要不可欠。

もし後回し癖があるようなら、自らにムチを打ち精神を強く保つようにしましょう。

気分転換に運動する

日光浴と有酸素運動は心と体を健康にすると言われています。

太陽の日差しを浴びながら運動をして、汗を流しましょう。

体を動かしている間は、ネガティヴなことを考えている暇がないので、運動に集中できます。

マイナス思考を排除するには何かに集中し、気分転換をしてみることです。

本当に考えるべきことなのか自問自答する

マイナス思考の人は、悩みを自分の中でさらに広げてしまったり、大袈裟なことまで考えてしまいがちです。

本当にその問題は、そこまで考えるほどのことなのか。

一人で抱え込むほど、切羽詰まった悩みなのか。

一度、冷静になってみて客観的にその問題や悩みを見てみましょう。

きっと思ってるほど大したことないはず。

ネガティヴな自分を、もう一人の自分で目で確認し自問自答することです。

過去や未来よりも今を集中する

ネガティヴな人は昔のことを思い出して美化してしまい、今を悔んだりします。

また未来に落胆し、一寸先は闇と思い込んでしまいます。

あなたの人生はあなた次第で突き進むべきで、そのためには、今をどう生きるかではないでしょうか。

とにかく今やるべきことに集中しましょう。

開き直る

いかなる人でも間違いや失敗はあります。

完璧な人間なんて、この世におりません。

ひとつの失敗にいつまで悩むんですか?

悩んで考え込むすさまじい精神力を、今後の活力に変えてしまいましょう。

私も嫌なことがあったら、スクイーズを握りつぶしながら強気なことを言っては開き直ってます。

悶々と悩む必要なんてないです、人生なるようにしかならない!

無理やりポジティブ思考に考え方を変える

人前で発表するのが不安な時って、必死にイメトレをして心を落ち着かせようとしませんか?

マイナス思考になれるということは、絶対にポジティブ思考に変換することもできるはず。

不安や恐怖心を、勇気や冒険心に変えましょう。

小さい頃、母親に褒められたことを思い出し、「自分はできる子なんだ!」と前向きに考えて下さい。

意識をして思考を変えてみると、良い方向へ向かっていきますよ。

環境を変える

自分自身を成長させる為には、いい環境が必要です。

例えば、自分の夢を叶える本を読んだり、参考にできるブログを見たりして、周りがどうな風に楽しみながら生活しているか、よく観察してみてください。

ネガティヴな環境を変えるだけで、自然と前向きな気持ちなりますよ!

朝型人間になる

不摂生な生活は、睡眠不足になり心と健康に良くありません。

なぜならホルモンバランスが崩れて、余計にイライラしやすく、マイナス思考になりがちになります。

朝方人間になることで体内から健康になり、夜ぐっすり睡眠をとることで頭のなかもリセットされますよ!

自己分析する

自分の考え方や物事の捉え方が歪んでないか、自己分析してみましょう。

自己分析は簡単です。

今、自分を思っているネガティヴな要因を頭で考えます。

もし、ポジティブに考えた場合にどんな風に変われるか考えてみましょう。

最初はそれを実行できず、ポジティブなことを考えるだけかもしれません。

ですが、次第にポジティブに考えるクセがつき、楽に行動できるようになります。

これを繰り返していると、だんだんとポジティブ思考になってきますよ!

自分と差がありすぎる人と交流するのをやめる

マイナス思考の人ほど、成功していて素晴らしい人を見ると、嫉妬して羨ましくなってしまいます。

その嫉妬がさらに自己嫌悪になり、マイナス思考を促進させるでしょう。

ある程度、自分の経済面や価値観が似ている人と付き合うほうが、自分自身が落ち着いて過ごせると思われます。

どうしても上手くいっている人を妬んでしまう時は「他人は他人、自分は自分」と割り切ることです。

面白いことをたくさんする

たくさん笑うと、嫌なことは吹っ飛びます。

マイナス思考だと、普段笑うことも自然と少なくなってしまいます。

笑うということは、脳の老化を防ぐと共に心も前向きになれます。

例えば、楽しそうなイベントに自ら参加してみたり、お笑いのDVDをみたりして、面白いことをたくさんしてみましょう。

受け流すスキルを磨く

人から言われた嫌なことをずっと考えてるとネガティヴになりやすいです。

嫌なことは、右から左へ流すスキルを身につけましょう。

そして、嫌なことや出来ないことに対してNOと言える勇気をつけましょう。

NOと断る勇気を身につけると、気分が晴れ晴れして気持ちがよいですよ!

マイナス思考のメリットも見つける

実はマイナス思考にもメリットがあるとご存知ですか?

マイナス思考は、悪いことを予測する力があり、事前に防ぐことができます。

マイナス思考という慎重な性格のおかげで、失敗をら回避することや対策を立てられるという良い一面もあるのですよ!

每日鏡で自分の顔を見る

毎朝、鏡の前の自分に向かってポジティブな言葉を投げかけてますか?

わたしは鏡の前で「今日も可愛い!」と言っています。

自分の顔を毎朝みて、丁寧にスキンケアとお化粧をして褒めることで、見た目にも自信がつくでしょう!

友達や家族に自分の良いところを言ってもらう

悪い所は見つけやすい反面、自分の良い所を見つけるのはけっこう難しいです。

落ち込んでいる時は友達や家族に自分の良い所を言ってもらいましょう。

自分で気づけてない魅力を発見でき、自分に対する誤解も解けるでしょう!

自分が夢中になれるものを見つける

忙しければ悩む暇もないのですから、なるべく予定を入れたりと趣味に没頭してみましょう。

何かに没頭したり、集中することで気持ちも変わり、「些細なことで悩んでた」と思えるでしょう。

目線を上げる

塞ぎこみがちになると、地面ばかりみてしまち姿勢が悪くなります。

マイナス思考で何もしたくない時は、背筋をピンとのばし、目線をあげてみましょう。

良いことを書き出してみる

仕事で失敗したり彼氏に振られたりと、心が折れてしまっている時は、今までの成功体験を書き出してみましょう。

書き出した成功体験を見て、自信をつけ直しましょう。

逆境こそ、自分を変えるチャンスです!

完璧主義をやめる

完璧主義は自分を縛りつけ、神経質になりすぎてしまいます。

白黒はっきりしないで、グレーぐらいが精神的にも安定しやすいです。

先が長いのですから、肩の力を抜いて適当に考えるくらがちょうど良いですよ。

自分を褒める癖をつける

マイナス思考になる原因は、何かと自分を否定し、肯定感が低いからです。

小さなことでも、自画自賛し自分を褒めてあげましょう。

マイナス思考を克服してプラス思考になろう!(まとめ)

いかがでしたか?

マイナス思考の克服は身近なところから始められますね。

わたしもマイナス思考なので、日々ポジティブ思考になれるよう、あらゆることを実践してます。

マイナス思考だという自覚があるからこそ、かならずポジティブ思考に変わると信じてます!