辞書で調べると、結婚するという事は夫婦になるという事だと書かれています。

夫婦とは、お互いを支え合い協力して行く事が出来るパートナーを指します。

結婚する事により、新たな家族が生まれまた新しい広がりを感じる事が出来るでしょう。

とはいえ、最近では男女共に一人で生活している事に不便を感じない方が増えてきつつあります。

昔は、ある程度の年齢になると結婚していない事を問題視されてお見合いの世話を焼いてくれるような方も居ました。

しかし、今では世間的にも結婚をしていないからと言って特に取り立てて騒ぐ事が少なくなりました。

その為、より結婚しないという選択をされる方も少なくないかもしれません。

結婚をする事によって、今まで自由に生活する事が出来ていた部分が出来なくなってしまうので、結婚しない方がメリットが高いという結論に至る方も居ます。

しかしながら、そうは言っても結婚をしている方は大勢居ます。

必要と感じていなかったとしても、隣の芝生は青く見えるもの。

友人や兄弟など親しい方が結婚すると、一度はしてみたいと考えてもおかしくはありません。

やっぱり結婚は憧れますよね

最近では、女性が社会に出て働く事も珍しい事では無くなりました。

その為、男性と同じようにバリバリと仕事をこなし一人で生計を立てる事が出来ている女性も少なくありません。

社会である程度しっかりと仕事をこなす為には、時間が必要です。

その為、昔にくらべてどうしても晩婚化が進んでしまいます。

そのうち、一人で生活する事にも慣れてわざわざ他人に合わせる事が必要な結婚をしなくてもいいんじゃないかと考える人も少なくありません。

その為、結婚をしたくないと言う人が増えてきているのも現状です。

しかしながら、全員が全員そう考えているわけではありません。

いくらしっかりと仕事をしている人であっても、一人で生活する事が出来ていたとしても結婚をしたいと希望している方は大勢居ます。

結婚は、面倒な部分ばかりが取り上げられがちですが決して悪い事ばかり起こるわけではありません。

人と一緒に暮らす事で、自分の心が癒されたり元気になる事だってあるのです。

その為、結婚をしたいと思う事は素晴らしい事だと思います。

結婚したい!なのになかなか出来ない


決して結婚したくないわけではないけれど、適齢期を過ぎてもなかなか結婚のチャンスに恵まれないと言う方は年々増加傾向にあります。

自分の意思で結婚しないのは自由ですが、結婚する気があるにも関わらず結婚することが出来ない事は寂しいものです。

結婚する意思があるにも関わらず、結婚する事が出来ない方は自分でも気が付かないうちに何かの原因があるのかもしれません。

その原因を解明する事が出来なければ、いくら望んだ所で結婚をする事は出来ません。

原因を見つけ出し、改善して行きましょう。

そのためには、自分の考えを一から考え直す必要があるかもしれません。

結婚に対する考え方が悪いのかも?

結婚は、誰の為でも無く自分の為にするものです。

『両親を喜ばせたい』『世間の目が気になる』などの他人からの評価の為にするものではありません。

他人の為にする行動は、結局はそこに意志が生まれません。

自分が心の底から本当に希望した出来事だけが、叶う様に出来ているのです。

また、結婚をする気はあるのにも関わらず上手く行かない方はどこか考え方をや行動がずれてしまっているのかもしれません。

結婚は何の為にするのか。

結婚してどうなっていきたいのか。

その辺の所をしっかりと考える事が出来ない方は、いくら希望しても結婚を実現する事は出来ないかもしれません。

結婚できない人の残念な考え方10選


結婚する意思はあるのに、結婚出来ない方の多くは考え方に問題がある場合があります。

結婚とは、相手が居て初めてする事が出来る行為です。

その為、自分だけの意思ではする事が出来ません。

独りよがりな考えを続けていても全く先は無いのです。

そのため、まずは考え方をしかk理と治す必要があります。

とは言え、自分の事は意外と分からないものです。

自分ではしっかりしていると思っているのに他人から見たらトンチンカンな事を言ってる場合も多々あります。

そこで、今回は結婚出来ない方残念な考え方のタイプを10個ご紹介させて頂きます。

自分に当てはまる事はありませんか??しっかりと自分の行動を思い出してみてください。

1、高い目標を掲げる

結婚の意思があるにも関わらず、結婚する事が出来ない大きな原因の一つが理想の高さです。

人は、誰しも好みというものがあります。

『こんな人と結婚したい』『こんな結婚生活を過ごしたい』などなど、希望は人それぞれです。

結婚する為には、その希望に合う条件の異性を探す必要があります。

しかしながら、理想の相手と結婚する事が出来た人は日本中に一体どれほど居るでしょうか。

白馬の王子様を希望していた人も、段々と現実を見る様になり自分に合った異性を探す様になるものです。

一般的に、女性は見た目よりも相手のステータスに強いこだわりも持つ場合が多いと言われています。

いくら社会でしっかりと仕事をしていると言っても、妊娠・出産などがある場合仕事はどうなるか分かりません。

その為、より安定した生活を求め多くの方は好条件の男性を求める傾向にあります。

一方で、男性は容姿や年齢にこだわりを持ちます。

自分が40代であったとしても結婚する相手に20代を求める事は珍しくありません。

理想があり、異性に対して希望の条件を持つ事は悪い事ではありません。

しかし、そこに固執してはいけないのです。

どんなに高い条件を出した所で、その相手を探す事が出来なければ意味がありません。

また、その条件に対して、自分はそれに釣り合うだけの存在なのでしょうか。

何事も、身の丈に合ったものが一番です。

無理して自分を取り繕ったとしても、結局は上手く行かなければむなしくなるだけでしょう。

婚活の挫折要因になる

結婚を希望している方の中には、積極的に出会いを求めて婚活している方も居ます。

近年は、婚活サイトなど家に居ながらにして活動が行えるようになりました。

その為、忙しく働く方もより効率的に婚活が行えるようになり、婚活がしやすい環境が整えられています。

そんな魅力的な状況なのにも関わらず、婚活が上手く行かない方も多く居ます。

婚活が上手く行かない原因の一つが理想の高さです。

最近では、異性の事を出会う前に条件によって検索し篩いにかける事が出来る様になりました。

しかし、この際あまりにも高い利用をかがげているとその篩に当てはまる人が出てこないのです。

もし出てきたとしても、それだけの高い条件をクリアした人となれば倍率が高いのは当たり前でしょう。

幾ら積極的に婚活を行ったとしても、あまりにも高い理想を掲げていては結局婚活はうまくいきません。

自分の本当に求める希望だけを残し、後は排除してみてはいかがですか?

2、短期間な結婚スケジュールを考える

結婚を希望している女性の中で、特に多いのが結婚する時期を自分の中に設定してしまっていると言うものです。

男性に比べ、女性の方が自分の年齢を気にします。

社会的にもその傾向は強く、男性の中でも30代の女性より20代の女性の方が圧倒的に人気があります。

そんな社会的背景もあり、女性の中では『次の誕生日までには結婚したい』『20代のうちに結婚したい』などと言う希望が生まれる傾向にあります。

自分自身の中に、目標を掲げる事は悪い事ではありません。

むしろ、その目標に対して積極的に動いて行く事は素晴らしい事だとも言えます。

しかしながら、その目標に固執しすぎてはいけません。

せっかく交際まで行く事が出来たとしても、『いつプロポーズしてくれるの』『結婚はいつ?!』とガツガツしてしまうような女性は男性が逃げていきます。

男性には、狩猟本能があります。

その為、手に入らなそうな相手の方がより積極的にアピールを行っていこうと思うものです。

その為、相手の方からアプローチが来るまでは、女性は多少の我慢が必要です。

例え、結婚する年齢が、数年変わったところで長い人生においてはそう大きな問題とは言えないでしょう。

ゆとりが無くなりチャンスを逃す

婚活中の女性に是非分かっておいて欲しい事があります。

それは、結婚は焦れば焦る程出来なくなるものです。

これは、彼氏が居る女性の方にも言えることですが女性が結婚に対して強い意志を持てば持つ程男性の方は逃げていく傾向にあるからです。

女性は、30代が近づくと年齢を気にし結婚を焦る時期がやってきます。

一方で男性の方は、30代での結婚も決して遅い物ではありません。

その為、この時の両者の考え方の違いがより女性を焦られる結果となってしまうのです。

自分は結婚したいのに、相手が全然動こうとしない。

のんびりしていていつになるのか分からない。

モヤモヤする気持ちもあるでしょう。

しかし、そこで焦ってはいけません。

焦れば焦る程、悪循環は広がっていくのです。

女性の皆さんは、結婚をしたいと思うのであれば男性を急かしてはいけません。

相手に結婚したいと思わせるだけの魅力とテクニックを磨いていきましょう。

3、一般論を気にし過ぎる

世間一般的に、結婚に対して適齢期と呼ばれるものがあります。

女性は20代後半。

男性は、30代前半といった所でしょうか。

この時期になると、世間から結婚に対しての質問を多く受ける様になります。

付き合っている人が居ると分かれば、何故結婚しないのかと追及される事もあるでしょう。

また、周りの人達が次々に結婚して行く結婚ブームという時期もやってきます。

そうなると、今まで一緒につるんでいた友人たちが急に遠くに行ってしまった様に感じ、結婚に対して焦りを感じる事もあるでしょう。

しかし、そんな世間の意見に惑わされてはいけません。

一般論は、あくまでも一般論です。

例え、その適齢期を迎えた所で自分がまだ結婚したいと思って居なければ結婚する必要は無いのです。

昔に比べ、適齢期の年齢は大きく伸びました。

その為、今言われている適齢期も、何十年後には全く違った物になって居る事だってあります。

他人からの評価を気にして婚活を始めても、結局いい結果を得る事は出来ません。

結婚は、自分がしたいと思った時にするのが一番では無いでしょうか。

4、完璧を追い求めすぎている

誰しも、自分の理想の人と結婚がしたいと思っている事でしょう。

しかし、現実は損な甘いものではありません。

理想の異性と結婚する事が出来る確率は限りなく低いでしょう。

多くの条件がある中で、自分がどうしても譲れないと思う条件を満たす人に出会えただけでも感謝しならない程です。

とは言え、人間は欲深い生き物です。

結婚を希望しているものの、なかなか出会いが無く結婚まで至って居ない方程結婚に対して高い希望を持っています。

若い頃の結婚は勢いだけでする事が出来ます。

しかし、都市を重ねれば重ねるほど、多くの事に目が向きかえって乾坤が出来にくくなってしまうのです。

相手に対して求める条件がある事も良いでしょう。

しかし、多くの条件があればある程、それに合う完璧な人は居ません。

100%完璧な人を追い求めていては、結婚する事は出来ないでしょう。

ある程度の条件が揃っている段階で、良しとしましょう。

完璧な人間なんてこの世には居ないかもしれません。

人生妥協も必要です。

敬遠され出会いを逃す

結婚を求めている方は、婚活パーティーなどに積極的に参加しましょう。

そうする事で、より多くの異性と出会う事が出来ます。

その場では、何の収穫も無かったとしてもその後そこから出会いが派生して行く可能性もあります。

その為、出会いの場には積極的に足を運んでいきましょう。

この時に、注意して欲しいのが相手を選ぶ条件です。

あまりにも高い条件を題して相手を探したところで見つかるわけがありません。

また、その条件を口に出したり見える様にしてしまう事で、相手が引いてしまう可能性も多々あります。

本当に結婚したいと考えている方は、相手に惹かれない為にも希望は最小限にし、極力手の届く希望を用意しておきましょう。

5、自慢できる相手を探している

適齢期と呼ばれる時期を過ぎ、独身時代が長くなってくるとどうしても周りに既婚者が増えていきます。

そうすると、そんな友人達に対して対抗意識を燃やし、『もっと綺麗な人と結婚しよう』『年収を上回るような相手が良い』『身長や見た目は欠かせない』など、様々な見栄の気持ちが出てきてしまいます。

しかし、結婚はあくまでも自分の為にするものです。

幾ら周りの人から、羨ましがられるような相手だったとしても本当の意味で気が合う相手でないと結婚生活は上手く行きません。

例え、仕事が不安定だったり見た目が全くタイプじゃなかったとしても、皆がうらやむような相手よりずっと幸せな結婚生活を送る事が出来ます。

結婚相手を比べる必要は、全くありません。

自分が素のままで過ごす事が出来る相手こそが運命の相手なのです。