日本は世界で見ても、たくさんのおいしいものが存在している国です。

もちろん世界にはたくさんの料理があり、料理がおいしい国はいくつも存在していますが、日本はその中でもトップレベルに入る料理のおいしさやサービスでも知られている国です。

それぞれの国には代表的な料理が存在しており、例えばアメリカであれば本場のハンバーガーなどでも知られていますし、韓国であればプルコギ、中国であれば北京ダックや、ウクライナはボルシチ、トルコであればケバブなど、様々な料理が存在します。

もちろんこれだけではなく、それぞれの国には料理はたくさんありますが、代表的な料理となるとやはり知名度も味もそれなりに有名な物が連想されるかと思います。

そんな中で、日本の代表的な料理といえばなんでしょうか?
それは、ずばりお寿司です。

お寿司は日本でも代表的な料理であり、よく外国の有名人が日本へ来日した際には片言でスシという言葉を使っている場面などを見かけた事があるかと思います。

一部地域では魚などを生のまま食す習慣などがない事もあり、ひと際知名度を放っています。

日本は島国なので、おいしい魚がたくさん新鮮な状態で頂けるという事もあり、提供できる環境であるとも考えられます。

今回はそんな日本を代表するお寿司をテーマにして、回転すしの名店についてご紹介していきたいと思います。

回転寿司の有名店といえば!

日本の代表的な料理といえばお寿司だと言うことを簡単にお伝えしましたが、普段私たちが食べているお寿司はそこまで高級なお寿司を食べているとは言い難いですね。

有名なのは銀座などにある高級寿司店はテレビにも出演したお店が取り上げられていることが多いので、誰もが言ってみたいと思いまするもののお金持ちでなければなかなか行く機会などもないかと思います。

なのでお寿司が食べたいと思った時に一般的な庶民が行くお店としては回転寿司がやはり多くなると思います。

確かに銀座のお寿司店に比べると味や鮮度が落ちてしまうかもしれませんがそれでも回転寿司のお寿司はとても美味しいです。

美味しいお寿司が赤くのお値段て食べることができるので家族連れであったりカップルなどたくさんの方々がお寿司を食べたい時には回転寿司を利用することがあると思います。

場所にもよって様々存在しますが一般的に回転寿司と考えて有名なお店はどこが思いつきますか?

自宅にの近くにお寿司屋さんがあれば、その店くらいは知っている方も多いと思いますが、日本全国に広がる回転寿司チェーン店はけっこう多いです。

まずは簡単に国内でもある程度店舗数も多い回転寿司の有名店についてご紹介していきます。

スシロー

まずご紹介する回転寿司の有名店といえばスシローを思い浮べる方もかなり多いと思います。

スシローは株式会社あきんどスシローが展開している回転寿司チェーン店です。

大阪府吹田市に本社を置いて近畿、中部、関東地方などを中心に店舗展開をしている有名回転寿司チェーン店であり、知らない方はかなり少ないかと思います。

テレビCMなどでもよく見かける事があるかと思います。

スシローの特徴といえば全ての店舗が一皿108円(税込)の均一価格が特徴の回転寿司チェーン店です。

スシローの提供しているお寿司は江戸前寿司であり昔はさらによって値段が100円、130円、180円の3段階に分けられていましたが今は高級なネタ以外はある程度のお寿司が全て108円で提供されています。

キャッチコピーとして、「これぞ、スシロー」という言葉をキャッチコピーにして営業を行っており、 提供している価格が安いことはスシローの企業理念に関わっているとも考えられ、スシローの企業理念は、「うまい寿司を、腹一杯。うまいすしで、心も一杯。」という言葉を理念に掲げています。

ちなみに元々スシローは清水兄弟がそれぞれに別会社である株式会社すし太郎を設立したものを、合併して現在の会社として設立されているようです。

スシローはお持ち帰りなどもできて安い値段で美味しいお寿司が味わうことができるのでたくさんの方がお寿司といえばスシローを連想する事も多いと思います。

またどうしても生物なので安心安全の面で気にかかる方もたくさんいるかと思いますが安心安全へのこだわりはかなり高く、安全な食材を仕入れるために厳しく吟味をしており専門チームなどが必ず仕入れたものに関してはチェックを行っているそうです。

また新鮮さにこだわっており新鮮なネタを提供するために店内調理にこだわっていることも鮮度の高さや美味しさにつながっていると言えます。

これだけの安い価格でなおかつ鮮度も高く味も安定して美味しい回転寿司はまさに庶民の味方であり、気軽にお寿司を楽しむことが出来る最高のお店であるといえます。

くら寿司

次にご紹介する回転寿司の有名店はくら寿司です。

くら寿司は株式会社くらコーポレーションが展開している回転寿司チェーン店であり大阪府堺市中区に本社を置いている外食産業企業です。

くら寿司はひと皿2貫税抜き100円のもの以外に、一皿で一貫皿2枚重ねの200円のものも存在しておりネタの種類によって価格が違ったりなどしています。

注文などをタッチパネル式を採用しておりお皿を返却口に入れることで洗い場まで自動的に回収されたり枚数がカウントされ精算してくれるなど様々な便利な機能が備わっており来店するお客様も快適にお寿司を食べながら注文することができるというシステムが存在しています。

くら寿司に行ったことがある方であればおそらく理解できると思いますが店員さんにわざわざ言わなくても良いのがとても簡単でありお店としても人件費の削減にもつながっているといえますので、とても利便性が高いシステムを採用していると言います。

またくら寿司に限ったことではありませんがお寿司意外にもたくさんの種類のメニューを提供しておりラーメンや丼もの、デザートなど回転寿司と言ってもまるでレストランの様な品揃えがあるので寿司以外のものを食べたい時にも利用することができます。

当然ながら持ち帰りメニューなども存在しており新鮮なお寿司をすぐに持ち帰って家で食べたりする事も出来ますし、確かに魚ではありますがうな丼などの販売も行っていたりするなどたくさんの面白いメニューが存在しています。

特に面白いメニューの一つとしてはお寿司屋さんならではのシャリを使ったメニューが充実しています。

例えばシャリコーラシュークリーム、シャリコーラ、プレミアムかき氷シャリコーラなどの独自性のあるメニューなども存在しています。

一件おいしくなさそうなネーミングだと思うかもしれませんが、味はとてもおいしいですし、面白いと思って子どもからも人気が出るネーミングなので、家族で食べに行った時にも、話題にもなりますし、終始飽きずにお寿司を食べる事も出来ますので、まさに家族世帯にはおすすめの回転寿司店といえます。

かっぱ寿司

次にご紹介する回転寿司店はかっぱ寿司です。

かっぱ寿司も回転寿司店の中ではかなり有名な企業だと言えます。

かっぱ寿司はかっぱクリエイト株式会社が展開している横浜市西区に本社を置いている回転寿司業界の大手企業です。

もともとかっぱ寿司の名前の由来はあまり知られていませんが1979年に創業者である徳山淳和さんが第一号店を開業した時に、コンベアの回転は他の店と全く同じだと言う事で水流でベルトコンベアを回すということを考えたことによって、その浮かぶ皿の様子がカッパのお皿に見えたことからかっぱ寿司と言う名前が生まれたと言われています。

現在ではお寿司は一律一皿108円(税込)で提供を行っており日本の中で初めてタッチパネル式の注文方式を採用したチェーン店でもあると言われています。

かっぱ寿司を安心安全にはかなりこだわっており提供しているメニューはすべてアレルゲン情報などを公開しており原産地情報なども全て公開するなどの徹底ぶりを行っています。

先ほどもお伝えしたようにお寿司はどうしても生で食すものになるので必ずその新鮮さやどこで仕入れている食材なのかということは消費者にとっては必ず確認しておきたいことになります。

お店のホームページで pdf形式ですべて公開されているので、利用者も安心して食べ物を味わう事が出来るので、消費者の目線に沿った安心な食事を提供してくれると考える事が出来ます。

他の回転寿司チェーン店と同じように当然ながら定番の商品は全て押さえておりその他期間限定フェアなのでその時旬のお寿司などを公開しているので実際に通った時に美味しいものが気軽に頼めるような工夫がなされています。

最近の回転寿司は魚だけではなくてネタとして天ぷらなどが載せられていたりお肉が載せられたお寿司などの種類も存在しており女性には嬉しいアボカドエビであったり、アボカドサーモン、がっつり食べたい男性には肉いなりや子供が大好きなエビマヨハンバーグ寿司などもあります。

最後まで飽きずに食べることができますので、どんな年齢の方にも幅広く受け入れられる回転寿司店であると言えます。

はま寿司

次にご紹介する回転寿司店ははま寿司です。

はま寿司はゼンショーグループに属しておりはま寿司のブランドで回転寿司をチェーン展開する企業であり東京都港区に本社を置いて全国に店舗展開を行っているお寿司屋さんです。

2002年10月に設立されており100円回転寿司チェーン店として、すきやや、ココスなどを運営するゼンショーグループが営業を行っている会社なのでかなり大手のお寿司屋さんだと言います。

もちろんある程度効果のネタに関して100円ではございませんが一部を除いて全皿100円(税抜)の値段で行われており平日は90円(税抜)の価格で販売されています。

なので平日に行けば10皿ごとに一皿ほぼ無料という形で食べることもできるので平日の夜などに行けば家族で食べるとかなりお得なお値段で食べることができると考えられます。

メニューに関しても定番の赤みや白身のお魚などは全て揃えられており、お肉のお寿司が種類が豊富であり、ローストビーフを乗せたものやその上にワサビを乗せたもの、そして生ハムや合鴨、炭火焼牛カルビやチーズハンバーグマヨなどお肉の商品が豊富です。

天ぷらの握りなども当然存在しており、サイドメニューも豊富でうどんやそばはもちろんのこと揚げ物として鶏の唐揚げやマグロの竜田揚げ、そしてたこ焼きやあさりの酒蒸し、生ハムと6品目のサラダなどなど様々なサイドメニューを充実させています。

なんとサイドメニューに関しては一番高いものでも250円の価格となっており鶏の唐揚げに至っては150円という破格の値段で提供されています。

持ち帰りに関しても平日は安い価格で50円引きで提供されており新鮮なネタが12貫入って1000円を切っているメニューばかりなど、かなり安く食べることが出来ます。

仕事帰りなのでちょっと疲れた時に美味しいお寿司が食べたいと思った時にはフラット夜のも良いですしお家でゆっくり食べたい時には持ち帰りで安い金額でちょっと普段の夕食よりもリッチな気分を味わえ、さらにお財布にも優しいと言う最高の時間与えてくれるので、お寿司が大好きな方はぜひ利用してみてください。

東京ではあまり見かけない地方の名店10選

ここまでは回転寿司の有名店を簡単にご紹介していきましたがここからは東京ではあまり見かけない地方の美味しい回転寿司店をご紹介していきます。

東京に住んでいる方であれば先ほどご紹介した4つの店舗をよく利用される方も多いと思いますが地方になると東京にはない店舗が存在していたり苑地方で人気の回転寿司店なども多く存在するかと思いますのでこの機会に自分が住んでいる地方でまだ行ったことがないお寿司屋さんがあれば一度通ってみると面白いと思いますよ。

また普段自分が入っている店が言っ種類だけであり他に行ったことがないお店があるのであればこれを機会に違うお店に興味をもってそのお店の良さなどの体感していただけると通うきっかけにも繋がると思いますし継続してお寿司を楽しむことができるモチベーションにも繋がると思います。

せっかく日本に住んでいるのであれば美味しいお寿司は人生で何度も味わっておきたいものになると思いますので、もう食べたくないと思ってしまうくらいお寿司は堪能しておくべきであると言えます。