これから出張に行くことになった!いったいどういうことに気をつければいいのだろうか?

なんて疑問を感じていませんか。

出張が多い仕事もあれば、そうでもない仕事も存在します。

しかし、いつ出張になるかは誰しもわからないものです。

そんなとき、出張先でどのようなことが起こりやすいのか知りたくないですか?

特に初めての出張に行く方は、どのようなことに気をつけたらいいのか想像もつかないはずです。

また、何を持っていけば困らないのかも気になるはずです。

出張は、旅行とは違って仕事でいくものですから、旅行気分では行くことは出来ないですよね。

この記事では、出張についてあらゆる悩みを抱えている方が悩みを解決できるように出張について特集しています。

出張先で多くの方が困っているのはどういうことなのか?

はたまた、出張するときに何をどうすれば快適に過ごすことが出来るのかなどなど、持っていくべきものやオススメのアプリまでご紹介していきます。

今では出張に対して何かしらの悩みを抱えているかもしれません。

しかし、この記事を読み終えた後には、きっとそのように感じなくなっているはずですよ!

出張先で困ることランキング

まずは、これまでに出張に行ったことがある方が感じたことのある”出張先で困ってしまったこと”を見て行きましょう。

これまでに出張に行ったことがある方は「あるある!」と納得できるかもしれません。

しかし、まだ出張に行ったことがなくてこれから出張に行くことになっている方にとっては、少し不安をあおってしまうことになるかもしれません。

しかし、この「出張あるある」に対して、解決できる方法は後にご紹介していますから安心してくださいね。

出張先で困ったことをランキングTOP3にして、ご紹介していきます!

1.朝起きられない

普通の生活であれば、毎日起きることが出来ているのになれない場所だからなのか、しっかり起きることが出来ない方が多いです。

お気に入りの目覚まし時計を忘れたとか、同僚と同じ部屋になったために大音量のアラームを鳴らすことができないなど、その理由はさまざまです。

しかし、一番の大きな理由はいつもとは違う部屋、いつもとは違う寝具で眠ることによる”緊張”のためでしょう。

緊張していてすぐに起きることの出来る人もいれば、その緊張からなかなか寝付けず朝になってやと眠ることができて起きることが出来なくなってしまう方もいます。

朝起きられないということは、ビジネスマンにとっては致命傷とも同じことです。

出張とは、出張してまでもやるべき仕事があるということです。

その仕事に支障が出るだけではなく、もしもクライラントや取引先などと約束をしているのであれば、その信用を失ってしまうことにも繋がってしまいます。

いつもは朝には強い!と考えていて、「自分には関係ない」と思っている人ほど出張先では、ムダな体力を使い、朝起きられなくなってしまうのです。

2.体調を崩してしまう

慣れない環境でのストレスや緊張などによる睡眠不足、慣れない環境での仕事、またなれない食事によって体調を崩してしまう方もいます。

日本国内での出張において、食事で体調不良を起こす方はほぼいらっしゃいません。

しかし、海外出張などになるといつもとは全く違った食事をすることになり、体調不良を起こしやすくなってしまうのです。

また、国によっては不衛生な場所で調理していることもあり、食中毒を起こすこともあります。

そんなときに現地の病院に行く方法も分からず、ましてや英語もあまり話せずに苦しみ続けることもあるんです。

いつもは元気であっても、あなたが知らないうちに出張している最中には体調を崩しやすくなっているんです。

気をつけても、気をつけようがないですね。

3.移動が多い

出張は、今通勤している会社では出来ない仕事をするためにその場で赴くことをいいます。

そのため、現地ではかなり移動が多くなってしまうことがあります。

もう場所が決まっていて、その特定のところで仕事をすればいいのであれば問題はありません。

しかし、飛行機や新幹線にのり、またローカル線にのりつぎ、そしてホテルに行ったりする…。

その行動の多さに混乱をし、ストレスを感じてしまう方がたくさんいます。

それにいつもは乗ることのない電車やバスですから、「間違えたらどうしよう」なんていう不安が余計にストレスを膨れさせてしまうのです。

特に普段はインドア派であればあるほどに、出張は心身ともにストレスを感じやすくなる傾向があるんです。

出張を快適にする5個の工夫

これまでに、出張先で困ったことがあることをランキング形式にしてお伝えしてきました。

たったの3つだけか…と思われたかもしれないですが、この3つは仕事をする上でとても大切な要素だと思いませんか?

体調不良になってしまったら思うように仕事ができず、出張の意味がなくなってしまうかもしれません。

それに体調を崩してしまったら、仕事どころではなくあなたの会社や取引先にも多大な迷惑をかけてしまうのです。

出張代は出張にいくことによって、利益を得ることを想定して支給されます。

会社の経費をムダにしてしまう可能性だってあるんです。

いやいや出張に行く人もいれば、会社の利益をあげるため!という気持ちで出張に行かれる方もいるはずです。

その気持ちを踏みにじってしまうことにもなるんです。

では、そのような困ったことを引き起こさないためには、いったいどうしたらいいのでしょうか?

困ったことが起こるのを分かっていて、そのままにしておくのでしょうか。

それとも対策をして、できる限り快適な出張生活を送るようにするのでしょうか。

それはアナタ次第です。

もしも、快適な出張にしたいのであれば、これから後生かしうる5つの工夫を行なってみてください。

快適に出張をすることができれば、合間時間で現地の話題のスポットに足を運ぶ体力や時間を確保することが出来るかもしれないですよ。

出張という名の「仕事」だけにするのか、快適に過ごし合間時間をつくり「楽しむ」のか…あなたはどちらが良いでしょうか?

1.使い慣れたアイテムを持っていく

遠い場所であっても荷物の量が許す限り、あなたの使い慣れたアイテムを持っていくようにしましょう。

使い慣れたものであれば、心のストレスを軽減することができます。

枕を持っていく人もいれば、必ず抱きしめて寝ているというぬいぐるみを持参する人もいるんです。

あなたに話さないだけで、多くの人が自分の慣れ親しんだものを出張に持っていっています。

あなたは、「これがないと1日が始まらない!」とか「これが一日の終わりで心を癒してくれるんだ」なんていうものは、ありませんか?

男性であれば、お気に入りのヒゲ剃りかもしれないですし、抱き枕かもしれないですね。

また、女性であれば高級なボディクリームや化粧水などのスキンケアアイテムかもしれません。

少しの違いでも身体に影響する

そのような慣れ親しんだものを使うと、いつもの自分に戻ることが出来ます。

出張をしている期間というのは、自分でも気づかないうちに別の自分になっているものです。

なっている…というよりは、演じているといってもいいでしょう。

その状態で宿舎に戻り、宿舎に用意されたものを使ってしまったらいつまでも緊張をほどくことができません。

しかし、いつもの使い慣れたものを使っていれば、素の自分に戻ることが出来るのです。

仕事で疲れた体をリフレッシュし、気持ちまでも新鮮になることができるのです。

自分のお気に入りのものを持って行くなんて恥ずかしいと思うかもしれません。

しかし、その行動があなたの仕事のパフォーマンスや体調を左右することになるのは確実です。

キャリーバッグの中に入るのであれば、できる限り持参するようにしましょう。

出張先で同じものを購入するのも良いですが、それだと慣れ親しんだ感情がなく、ストレス発散にはならないことを注意しておきましょう。

2.部屋の支度をする

あなたは、宿舎についてからいつもどのようなことをしていますか?

もしも、これまでに出張に行ったことがない方は、旅行に行った時の様子を思い浮かべてみてください。

宿舎についたら出来るかぎり、はやめにその部屋の環境を整えましょう。

抱きまくらを持参した方は、ベッドにおいておくとか、化粧水を持ってきた方はテーブルの上に出しておくとか出来ることはたくさんあるはずです。

過ごしやすい環境にする

そのように部屋を過ごしやすい環境にしておくことで、何かモノが必要になった時にいちいちキャリーバッグをあさる必要がありません。

まれにそのキャリーバッグをあさっている時が楽しいという方がいますが、ほとんどの場合はその行為がストレスになってしまうものです。

いつもならすぐに手に届く場所にあるもののために、探す時間はもったいないと感じてしまうものです。

そのようにならないように出来るだけ”いつもの部屋”の状態に近づけてみましょう。

パジャマを持参した方は、すぐに着られるように出しておくのもいいですね。

3.コーデを一日分まとめて吊るす

コーディネートを1日分、まとめてつるしておきましょう。

キャリーバッグの中に入れておくのもいいですが、そうするとシワになる可能性がありますよね。

それに洋服をつるしておくことで、翌日の仕事のやる気を感じることも出来るはずです。

寝坊しても慌てない

また、コーデをつるしておくのは、寝坊した時にとても役にたちます。

慣れない環境ですから、寝坊するかもしれないのは当たり前だと考えておきましょう。

もしもそうやって寝坊したときに、キャリーバッグから服を探し出すのは、とても大変なことです。

焦っているのに、その服が見つからない!キャリーバッグの中身は、どんどん外に放り投げられ、部屋は汚くなってしまいますよね。

まぁ遅刻をしなければいいので、部屋の汚さはいいとして…。

服を探すのに時間がかかり、さらには女性だったらメイクも必要になりますね。

どんどん時間がなくなってしまいます。

しかし、あらかじめ服をつるしておくことで服装が決まっているので、焦る必要はありません。

寝坊したって余裕のよっちゃんで、仕事に向かうことが出来るのです。

それに朝に急いでキャリーバッグから出した中身は、帰ってから整理しなければなりません。

多くの人は慣れない環境で疲れているはずです。

そんな状態で掃除しなければならないのは、少しシンドイはず。

未来の自分が快適に過ごせるように、宿について時間があるとき、寝る前には翌日の服装をつるしておくようにしましょう。

特に男性であれば、スーツにシワがよることはありません。

4.お風呂にゆっくり入る

お風呂はゆっくり入りましょう。

出張をしているとき、泊まることのできるのはほぼ「ビジネスホテル」ですよね。

ビジネスホテルは、シャンプーやボディシャンプーなどが揃っているため、いつものお風呂よりもゆっくり入っていただきたいです。

お風呂に入れば、仕事で起きたトラブルなどのストレス、慣れない環境への緊張をほぐすことができます。

また、一日の終わりを感じることもでき「今日も良く頑張れたな!」「明日もがんばろう」なんて思えるものです。

また、どんなに嫌なことがあっても、お風呂に入れば不思議とそんなことも忘れられるものです。

その日の疲れはその日のうちに

しかし、疲れすぎてしまうとお風呂は翌日の朝に入ればいいやなんて気持ちになってしまいますよね。

しかし、それはやめましょう。

どんなに疲れていても、その日のうちにその日の疲れを取り除くことです。

そうすれば、すっきりとした気持ちでベッドに入ることが出来ますし、翌日の朝の貴重な時間を奪うこともありません。

また、汚れがついたままで眠ると悪い”気”が引き寄せられてしまうため、特に落ち込んでいたり、悩みがあるときなどは進んでお風呂に入っていただきたいものです。

何よりも自分の体からシャンプーの臭いがしているのは、とてもすがすがしいものですよ。

5.スーツケースは収納棚として利用する

出張に行く時には、多くの方はスーツケースを使うのではないでしょうか。

そのスーツケースは、出張先の宿舎では収納として活用しましょう。

荷物にはこまごましたものもあるはずです。

そのこまごまとしたものを、部屋のいたるところに出しっぱなしにしていると、必要なときに見つけることが出来ないかもしれません。

そうなると時間のムダです。

しかし、スーツケースに一回一回戻すようにすれば、なくなる心配もありません。

荷物の管理や整理が楽

スーツケースに一度ずつ入れたり戻したりするのは、少し面倒くさいかもしれません。

しかし、そうしておくことで帰宅するときには整理に時間を要しません。

また、そうやってスーツケースに戻すことで部屋をすっきりとさせることができ、ストレスにならないのです。

もしも、いつもは掃除が苦手な方であるならば、一度ずつスーツケースに戻すという行為を繰り返してみてください。

そのくせが付けば、自宅もキレイになっていくかもしれないですよ。