世の中にはたくさんの仕事が存在しており、様々な仕事において必要なスキルは違います。

何のスキルがなくても、働きながらそのスキルを高めていくものもあれば、最初からある程度特殊なスキルが求められるようなものもあります。

一概にすべてとは言えませんが、特殊なスキルが必要な仕事は需要が高く給料なども比較的高く設定されているものが多いです。

例えば、その中のひとつとして有名なのが資格です。

資格がないと就けないような仕事がたくさんあります。

例えば、高収入などでいえば弁護士や医者、そして公認会計士などは資格がないと働けないですし、かなりの高収入が期待できるような仕事です。

しかしながら、その資格を取得するのはとても難しく、全体で見ても受験している人の中の3~5パーセント程度しか合格できないようなレベルであり、多くても10パーセント程度で、合格者が極めて少ないのも有名な話です。

しかしながら、存在するすべてのスキルが難しい物ばかりだとはいえません。

比較的簡単に取得できるようなものもあり、代表例としてはファイナンシャルプランナーなどは3級程度であれば少し勉強すれば十分合格を見込めるようなものです。

資格を持っていれば就職などでも便利ですし、有利になるので、自分を高めるためにスキルを身に着けたいと思っている人はたくさんいますが、その中でも、比較的たくさんの人が興味を持っているのはやはり英語です。

世界でも共通語として広く認められている英語ですが、英語を喋られる事でしか生かせない仕事などもたくさんありますし、英語のレベルがある程度ないと面接すら受けさせてもらえないような会社などもあります。

高収入の仕事も多いので、英語を活かした仕事につきたいと考えている方も多いです。

今回はそんな英語をテーマにして、英語を使った仕事について簡単にご紹介していきたいと思います。

英語を使う仕事をしたいあなたへ

英語が喋れると言うだけでとても優秀な人間であり魅力的な人間であるという印象を受ける方はたくさんいると思います。

例えばどんなに見た目が冴えなかったり頼りないような男性だったとしても急に外国人に喋りかけられて流暢な英語を話すことができればその人に対する評価は見直されますし格好良いと思う女性の方もたくさんいると思います。

単純に英語が喋れるとモテると言うことで英語を学びたいと言う方も多いですし、グローバルな仕事をしたいと考えて英語をスキルとして身につけておきたいと考える方も多いと思います。

英語を話すということはある程度勉強したり経験をしていなければなかなか難しいことではありますが不可能なことではありません。

私たちが日本語を話しているのと同じように英語も子供なので勉強すれば理解できるはずです。

将来英語を使った仕事に就きたいと考えている人は多いと思いますが具体的にどういう仕事をしたいのかということまで考えていない人もいると思います。

まだ具体的にどういう仕事がしたいと言うことは決まっていないにしても英語を使った仕事に就きたいと考えているならば、今回ご紹介する職業を参考にしてみてください。

もちろん、これから英語を学んで、転職したいと考えている方も、未来の自分がどうありたいのか、という事を考えるきっかけにしてみてください。

1. ビジネス英語は慣れが肝心

私たちが思っている以上に実際にビジネスで使う英語に関しては理解よりも慣れの方が肝心です。

英語を話せない方や英語に対してあまり免疫がない方ほど英語を喋ろうと思った時に、1から10まで全ての内容を理解した上で話さないといけないという固定観念の様なものが存在しています。

しかしながらビジネスで使う英語に関しては全てを理解する必要はありません。

もちろん深い会話をすると考えた時にある程度の英語知識は必要になりますが、英語の全てを理解して話す必要がありませんし、日本人として育ってきた私たちは英語の全てを理解することはそこまで簡単なことではありません。

ある程度英語が話せる方は理解できるかもしれませんが、全てを正しい言葉で伝えるよりもある程度雰囲気だったりニュアンスなどを覚えて会話をすることである程度こちらの意思は伝わりますし、相手からしたら完璧な英語を話せなくても何の違和感もありません。

実際に日本にいるアメリカ人でも、ある程度の日本語を話せれば不自由はしませんし、私たちが日本語下手だなぁ、と思うよりも日本語をこんなに喋れるなんてすごいと思うはずです。

それと全く同じで、相手もビジネスの関係性であったとしてもある程度は許容してくれますし、その場の雰囲気である程度話したい内容は理解しようと努めてくれるので、完璧に覚えようという気持ちよりも、こちらの思いを相手に正しく伝えるという事を第一に考えた上で話すようにする事がポイントです。

2. 就職するにはどれくらいの英語力が必要?

英語を使った仕事に就職したいと考えている人の一番の心配点としては、就職をするにはどれくらいの英語力が必要なのかどうかということだと思います。

もちろん自分が勤めたいと思う上司だったり若しくは会社によってある程度の規定が異なったりするので明確な基準などは設けられませんがある程度これぐらいのレベルがあれば問題ないという基準は存在しています。

具体的にどれぐらいのレベルがあれば就職を考える事が出来るのか、という事についてここからご紹介します。

TOEICなら何点?

英語を使った仕事に就職したいと考えた時にある程度基準になるラインとしてはTOEICで判断する場合が多いです。

TOEICを知らない方もいるかもしれませんが、TOEICは国際コミュニケーション英語能力テストという意味合いであり、 test of english for international communication の略称です。

つまり国際的な立場で英語のコミュニケーション能力がどれぐらい評価できるのかということを点数で表すテストです。

TOEICは英語を母国語としない人を対象にした世界共通のテストでありTOEICに関しては、話す、書くという能力より聞く、読むという能力を測定するものでありビジネス英語の能力を測るテストとして認知度が高いです。

TOEICは990点満点のテストであり結果は10点から990点の5点刻みのスコアで表示される形式となっています。

一般的に400点から495点が初心者レベルとされており、500点から595点が日常会話レベル、そして600点から695点が生活圏レベルであり、700点から795点がビジネスレベル、そして800点から895テンガ専門レベルであり、900点から990点がネイティブレベルとされています。

これを基にすると、ビジネスとして英語を用いたいのであれば700点から795点が必要となります。

もちろん自分が就職したい仕事のレベルにもよってきますが目指すとするならばビジネスレベルを目指して履歴書に記載をすればある程度評価はしてもらえます。

英検なら?

英語を使った仕事に就職したい場合に英検ならどれぐらいのレベルまで必要なのかということですが、こちらも自分が就職したい仕事の内容によるかもしれませんが基本的には1級合格することを目標としてください。

英検は5級、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級と存在しており、基本的には5級から3級までが中学校卒業程度で準2級から2級が高校卒業程度、そして準一級が大学中級程度で1級が大学上級程度と推奨目安が設定されているので、英語を使った仕事として自分のスキルを認めてもらいたいのであれば1級を取得して履歴書に書くことである程度実力を認めてもらえるようになります。

しかしながら準1級を取得したレベルであれば実際に使える英語力の証明として高く評価をされているので仕事内容によっては1級までのスキルは必要ない可能性もあります。

しかし一休に関しては二次試験が存在しており2分間の英語のスピーチとその内容についての質問が英語でなされるのでより高いレベルの英語スキルを取得しているとたくさんの人から認定してもらえるのでせっかくであれば1級取得まで目安としてください。

3. 実践力が求められる

英語を使った仕事に就職したいと考えるのであれば英語のスキル以上に実践力も合わせても止められます。

英語のスキルは英語を使う上でもちろんとても大切なことなので基盤的なスキルとして必ず持ち合わせていただかないといけないスキルです。

しかしながら英語を使ったビジネスを行う場合にただ英語の知識があればそれで良いと言うわけではなく英語の知識と合わせて実践力も求められ、実践力とは計画などを実現する能力のことだったり行動力を指し示している言葉です。

なので英語を使ってより行動的に相手とコミュニケーションを図ったり相手に対して物事を伝えようとするような積極的さなども求められると認識してください。

特に海外の人は日本人よりも積極的差がありコミュニケーション能力をかなり高い人が多いので積極的な性格を持っていないと相手と渡り合うことが難しいので、グローバルな仕事に就きたいと思っているのであれば必ず必要になる力です。

4. 交渉力も大切

英語を使った仕事に就職したいと考えるのであれば先ほどご紹介した実践力以外にも交渉力を合わせても止められます。

交渉力とは意味合いとしてはあることを実現するために当事者の人と話し合うことを指し示している言葉でありつまり英語を使って当事者である外国人と話をして相手とより良い交渉を行っていく力が必要であるということです。

ビジネス上での交渉と考えると何らかの問題が発生していたり問題の解決について話し合ったりする場面が多く存在しており、自分の会社が有利な状況で相手の会社に納得してもらう必要があるので、いかに相手にメリットがありつつこちらにも大きなメリットをもたらすかというような駆け引きが重要になってきます。

日本語で話すだけでもかなり難しいことですがそれを英語を使って相手に納得をいかせながら交渉することが必要になるのでかなり高度なスキルが必要です。

5. ネイティブが感じる日本人英語の弱点

英語を話せるだけで私たちはその人をすごいと思いますし、格好良いと判断することができますが、それは私たち日本人の目線だけであって実際に英語を仕事しているネイティブの人たちから見たりするとそのイメージとはかけ離れた印象をもつ場合もあります。

外国人から見た、私たち日本人が英語を喋っている姿を見てどう思うのかということを具体的にいくつかご紹介していきます。

非積極的

これは英語を喋らない形でも理解できると思いますがネイティブでやるアメリカ人や外国人に関しては、日本人と比べてコミュニケーションがとても積極的です。

外国に行ったことが無い方でも外国人の挨拶であったり外国人がどのようにコミュニケーションを取っているかと言うのはテレビを通してみたことがある人もたくさんいると思います。

例えば日本人が挨拶をする時は相手の目を見ながら頭を下げたりする場面を想像すると思いますが外国人が挨拶をする時はフランクな雰囲気で相手と握手をしたり抱きしめあったりするような姿を誰もが見たことがあると思います。

私たち日本人が誰かと久しぶりにあたり挨拶をする時に抱き合ったりする姿はあまり見かけませんよね。

単なる習慣の違いに過ぎないかもしれませんが甲子て二つの挨拶を対比してみた時にどうしても日本人は積極的さが失われている印象は否めません。

実際に日本人の性格をアメリカ人の人の性格と待機してみていたとしても何事においても積極的差では完全にアメリカ人の方が勝っています。

どちらかといえば日本人は周りを気にしたり内気な性格の人が多いので英語をしゃべれたとしても英語を使ったそれ以外の身振り手振りが空いたと接する際のコミュニケーションを全てを含めた時に非積極的さが伺えるのが日本人英語の弱点だと言います。

言葉は自分の性格が出ますので、気弱な人は弱い言葉を使ったりするのに対し、強気な人は強引な発言をしたりするので言葉は自分の気持ちや性格が出るものです。

たとえそれが日本語から英語に変わったとしても結局は言葉なので、日本人の内気な性格が英語にも映し出されるので、ネイティブの英語を話せる人からすると積極的な印象を受けることが高いです。

おとなしい

ネイティブが感じる日本語を英語の印象としてはおとなしめの印象を受けることが多いです。

先ほどご紹介した非積極的さに関係している事もかなり大きいかと思いますが、あまり積極的でない相手に対しては大人しいと感じる言葉人間なら誰しもが持つ感情です。

日本人の人種の特徴にも当てはまるかと思いますが英語を話す上でどうしても母国語ではないので自分の英語に対して自信を持てない人も数多く存在しています。

自信がないことに関してはどうしても堂々としたアピールができないのは人間の心理としてどうしようもない事です。

自分の英語に自信がなくて、ネイティブの相手と話をする時に萎縮してしまうということもあると思いますし、人種としての性格が出てしまって相手に対して大人しいと思われてしまうことも多いです。

発音が悪すぎる

ネイティブの人が感じる日本語英語の印象としては発音が悪いという印象がかなり多いです。

元々日本語と英語は全く違うものであり、日本語はあいうえおの母音を基本にして話す言葉ですが英語自体は発音が全く違うので発音が悪いという言葉広く該当する場面があります。

日本語自体は文字はひらがなだけでも50音存在していますが英語自体は26文字と少ないです。

しかしながら音して考えると日本語は100個ですが英語は300個あるのでその差である200が音してうまく出せていないと言う現実があります。

特徴としては日本人はrhythmという単語をそのままリズムと発音してしまいがちなので、カタカナで読んでしまう癖が染みついています。

なので、発音としては同じ言葉でもまったく違う音になるので、発音が悪いと指摘される事が多い結果に繋がります。

つまり私たちが英語として喋ってる内容はネガティブの人からすると japanese english という印象になってしまうので発音が悪いのはどうしても日本人として育ってきた環境が左右してしまうということです。

こちらの発言を聞き取れない

ネイティブの人が感じる日本語英語の印象として言葉自体が聞き取ることができないという印象が否めません。

そもそも先ほどご説明したように発音が悪いので発音が悪いとどうしても言葉の意味合いを聞き取ることが難しくなるので発言を聞き取れないということにつながってしまいます。

結局のところどれだけ英語を話せたとしても、発音がしっかりしていないと、相手には上手に伝わらないという結果になってしまうので、必ず発音まで意識した英語を話せるようにしなければ、相手にとっては聞き取りにくい英語のままです。

発音がいかに言葉において重要な物であるかという事を理解してください。

仕事で英語を使うものには何がある?

ここまでは英語に関する職業に就きたいという方に意識してもらいたい項目をご紹介しましたがここからは仕事で英語を使う職業についてご紹介していきます。

仕事で英語を使うような職業は様々存在していますがどういった仕事に就きたいかということによって英語以外の身につけるべきスキルが違ってきます。

たくさんの仕事がある中で自分が英語を使ってどのようなことを表現したいかということを自分なりに考えて自分がしてみたいことを選ぶことが大切です。

ご紹介する仕事にはそれぞれ特徴があり行う仕事内容を全く違うものが多いので、自分が心から行ってみたいと思える仕事が見つかれば、具体的に掘り下げてその職業に自分がついている状況を踏まえて努力してください。

1. 通訳

まずご紹介する仕事で英語を使うものの中に、代表例として通訳の仕事が存在しています。

通訳の仕事内容は誰もがご存知だと思いますが、英語しか話せない人のしゃべる英語を聞き取って周りにいる人にその内容を説明するという仕事や、その反対に日本語しかしゃべれない人の近くについてしゃべっている日本語を聞き取ってすぐさま英語として変換する仕事です。

通訳の人は難なく、その仕事を行ってるように見られがちですが冷静に考えるととても高度な技術がいる仕事です。

ゆっくりと自分で英語について考えながら話すということは英語に関しての知識がある方であればそこまで難しくないかもしれませんが、通訳の仕事は聞いた言葉を瞬時に変換して周りに伝える必要があるので、なおかつ間違った意味を伝えられないので、かなり高度な理解力と変換能力そしてその基盤となる英語のスキルが必要になるので英語が喋れると言うだけではなくある程度英語の知識が慣れが求められる仕事です。

またただ意味をそのまま変換するという事だけではなく、どういう風にして使うのかということを自分の頭で考えた上で、適切な単語に変換する能力が必要なので、いわゆる英語を喋れる人にしかわからないかもしれませんが用いるセンスなども全て通訳の方にかかってくる仕事です。

いわゆるこのセンスがない人だと烙印押された場合は通訳の仕事から外されてしまう場合もあるかなりシビアな仕事です。

通訳の仕事をしたいと思っているのであればTOEICで840点以上を持っていると英語の筆記試験が免除されるという特典が付いているのでまずはTOEICで840点を取ることを目標としてそして国家資格を取得する必要があるのでその後に国家資格を受験して合格すれば晴れて通訳案内士として活躍することができます。

日本を訪れる外国人旅行客の方は年々多くなっていますし、英語がグローバルな存在であることには変わりないのでこれからどんどん需要が高まる仕事なので目指したいと思っている方は努力して通訳士として資格取得を目指してください。

2. 翻訳家

次にご紹介する英語を使った仕事は翻訳家です。

翻訳家の仕事内容は外国語で書かれた文章を日本語に訳すという仕事内容であり、小説や文芸作品などを翻訳する文言翻訳、企業や研究者が利用するために翻訳をする実務翻訳、そして映画やドラマやドキュメンタリーなどの番組などを翻訳する映像翻訳などの様々な分野な存在しています。

全て同じ翻訳ですが具体的に求められるスキルは若干異なっており、例えば小説であれば日本語の表現力がさらに求められますし、学術書に関しては高度な専門知識を頭の中にインプットしておく必要がありますし、扱う分野によって必要な知識やスキルというものは細く違ってくるのでかなり複雑で高度な仕事内容です。

翻訳家になる上で特別な資格が必要かと言われると特に必要な資格はありませんが語学力が当然必要であることから外国語系の学部出身者が比較的多く翻訳家として活動しています。

翻訳家として活動する場合はどこかに就職すると言うよりかは、翻訳の会社に登録してフリーランスとして活動している方がメインです。

資格は必要ありませんが英検一級やTOEIC900点以上取った高い語学力を証明できるような何かしらの経験があれば有利になります。

なので、語学力をたくさんの方に一目で認めてもらうには、試験を受けて、ある程度実力を把握してもらう必要がある事を理解してください。

3. 通関士

次にご紹介する英語を使った職業は通関士です。

通関士の仕事内容はものを輸出したり輸入したりする上で必要な貿易業務に必須である通関手続きを行う仕事です。

あまり広く知れ渡ってる仕事ではないかもしれませんが貿易を行うときには必ず税関の許可が必要となりその手続きが通関手続となります。

日本に危ないものを持ち込まれたら危険ですし逆に危険なものを輸出することはできませんので通関士という仕事がいかに大事な仕事かと言うことが理解いただけると思います。

通関の手続きはとても複雑で専門知識が必要となるので、なかなか一般の会社が判断することはできないので通関手続きをしてもらうために一般企業に代わって通関士が活躍をしています。

たくさんの商品を確認するために商品知識が必要になりさらに英語で書かれたたくさんの書類を読み通すスキルが必要でありさらに申告書を作成したり事務処理能力を行ったり計算をしたりする必要があるのでそれも英語で行う必要がある場合も当然存在するので求められるスキルとしては様々なスキルが求められる非常に高度な職業です。

通関士として働くには国家資格を取得することが前提であり、学歴や年齢による制限はございませんが合格率は毎年10%程度の数字となっているのでかなり高度な試験内容となります。

ちなみに5年間以上通関業務に携わっていれば国家資格を取得するときの試験の一部が免除となるので、働きながら資格を取得するがたくさん存在しています。

実際に仕事として携わりながら様々な必要なことを理解して行く方がより実践的で理解力も高まるので、通関士になりたいのであれば、働きながら覚える事をお勧めします。

4. ホテルマン

英語を使った職業としてホテルマンが挙げられます。

ホテルマンと言うとそこまで英語が必要ではない印象を持つ方も多いですがホテルによっては外国人旅行者がたくさん宿泊するホテルも存在しているのでそういったホテルである場合は英語を話すことができれば大きな戦力となります。

田舎のホテルであれば必要ないかもしれませんが都心部などにしているホテルであれば外国人の方が止まるケースはたくさん考えられるので英語能力を持っているホテルマンは貴重な人員なので、外資系のホテルである場合は必須である場合も存在します。

実際に外資系のホテルの契約社員募集要項の応募資格欄にはTOEICが600点以上の英語資格を取得する予定がある人、もしくは取得している人が対象になっており、 TOEICの600点は英検で言う所の2級から準1級レベルなので、外国語に堪能な方でなければ採用してもらえないホテルも存在します。

特に募集要項に記載がなかったとしても英語が喋れると言うだけで採用してもらえるケースはとても高まりますので強力な武器として自分の価値を上げたい方は英語を習得してください。

5. 日本語教師

英語を使った職業の一つとして日本語教師が存在します。

日本語教師はその名前の通り日本語を日本語を母国としない人たちに教える仕事です。

世界に存在する人の中には日本語を学びたいと言う方もたくさん存在しており特に日本に近いアジアの国々の方はその関心がとても高いです。

そういった形に教えられるのはやはり私たち日本人が教えることが一番なのですが、その際には日本語だけを使う訳にもいきませんので、英語を使って会話をしながら日本語を教えるようになります。

具体的な業務内容としては生徒のレベルに応じてカリキュラムを作成してレッスンを行い日本語の読み書きが発音や文法などを生徒に教えてあげることです。

しかしながら日本人だから日本語を教えられるというわけではなく、正しく日本語の知識を身につけておかなければ教えられるものを教えられません。

日本語についての正しい知識や意味を全て理解した上でさらに英語も話せるようがあるのでかなり高度なスキルが求められる仕事です。

しかしながら日本語が話さなかった生徒がだんだん日本語が流暢になっていき、日本語でコミュニケーションを取れるまで成長していくことで今まで感じたことのない大きなやりがいを感じられる仕事です。

我々日本人だからこそ行える仕事でもあるので高いスキルが必要な仕事ですが、憧れる仕事の一つです。

6. 英会話講師

英語を使った職業の一つとして英会話講師が存在します。

英語について学びたいと思ってる生徒に対して先生と言う立場で英語の基本的な意味や内容を教えてあげる仕事ですが、人に何かを教えるということはとても難しいことです。

実際に英会話講師の方は授業の準備にとてつもなく時間をかけています。

これはたった短い授業の時間の中でいかに授業を受けてもらう生徒が効率の良い学びの時間を過ごしてもらうかということを徹底的に考える必要があるからです。

効率の良い授業と効率の悪い授業では天地の差が存在しており、準備をすればするほど授業を受ける生徒もその気持ちが通じるので、やる気も上がりますし、継続的な教えにも繋がるので、準備がとても大事であり、教えるスキルも求められる高度な仕事です。

当然ながら間違った英語を教える訳にもいかないので、英会話講師といえど、日々英語の勉強は欠かさないので継続した努力が行える人にしかできない仕事です。

しかしながらこれからさらにグローバルな時代になると考えると英会話講師の寿命は高まる一方なのでやりがいもありますし、需要も高い仕事なので、目指したいと思う方は今のうちに英語のスキルそして人に物を教えるスキルを高めてください。

7. 外資系商社

英語を使った職業の一つとして外資系商社が考えられます。

外資系商社と言えば例えばP&GJapanやユニリーバ・ジャパンなどが該当しますが、世界に展開している外資系の商社は当然ながら高い英語能力が求められます。

実際に就職すると自分の上司が外国人である場合も当然あるので、必要最低限のスキルとして求められます。

本社とのやり取りは英語のみなので英語の会話スキルコミュニケーションスキルがなければまず務まらない仕事です。

外資系商社における自分の仕事のポジションにおいては高度な英会話がなくてもまだ成立する立場も存在しますが基本的にはなければ困ってしまうスキルなので、外資系商社で働きたいと思うのであれば必ず英語のスキルが身につけてください。

日本だけではなく海外に飛び立って仕事を行うことができる職業なので、グローバルな仕事ができ、なおかつ自分自身の視野も広がるやりがいのある素敵な仕事なので、自分の自信にも繋がります。

目指す価値がある大きな夢の職業なので、あこがれを持っている方は是非目指してください。