あなたの身の回りに何でもできるような完璧な人間はいませんか?
もしくはあなた自信が周りに比べてある程度なんでもできて、仕事においても日常生活などにおいても有利な立場にいるという事はありませんか?
何でもできる人は基本的にはあまりいません。

人は努力して、何度も練習して初めて物事を上手にこなせるようになっていく確率が上がるので、最初のうちはコツもわからないですし、どういう部分を大事にすればいいのか分かりません。

しかしながら、少ない努力で出来てしまうようになる人は少なからず存在します。

そんな一見何でもそつなくこなせるような人は、失敗が少なく能力の高い人間であると判断される事も多いですが、実際には何でもできてしまう能力の高い人間の方が失敗をしてしまう確率が高いのでは?といえます。

今回はそんなアドバンテージがある方をテーマにして、失敗をしてしまう理由と対策について簡単にご紹介します。

アドバンテージは実はディスアドバンテージ?

何を行うに関しても必ず結果を比較することによって能力がある人間と能力がない人間と分けることが出来ます。

それは例えば順位であったり成績の高さと言う部分で判断されて人と比較されることで平均よりも上であれば優秀であり平均よりも下であれば踊っているというような判断を作ることが出来るからです。

例えば学校において中間テスト期末テストが行われていたかと思いますがそのテストの総合展の結果を順位として発表されている学校もかなり多いと思いますが、そこで平均点や自分が撮っている点数を比較した上で有利な立場に立っているのかそれとも劣っているのかということを把握することがあったと思います。

それと同じようにマラソン大会も到着するのが速い人ほど順位的な判断で優れているという事や、劣っているという事を理解させられた経験がありますよね。

アドバンテージを持っているという事は、一見優れており優秀で失敗が少なそうに見えますが、実はそれはディスアドバンテージである可能性も高いのです。

言葉の意味を理解していない方にとっては意味がわからないと思いますので、簡単に言葉の紹介から行っていきます。

アドバンテージとは?


まずはアドバンテージと言う言葉について簡単にご紹介していきます。

アドバンテージはあまり日常会話では使われることがないかもしれませんが、スポーツの世界では日常的に使われる言葉です。

これまで部活なのでスポーツに携わってきた方はアドバンテージと言う言葉を耳にしたことがおそらく多いかと思います。

アドバンテージと言う言葉の意味合いとしては有利に立つ、有利である、という意味合いを持っており元々は、先行する、全身、進んだ、という意味合いを持っています。

そこから先にいく=有利である、というような判断で共通認識されるようになり、よく用いられるようになりました。

ちなみに、ディスアドバンテージという言葉の意味ですが、 単純にアドバンテージの対義語、反対語という意味合いで理解していただけるとわかりやすいです。

つまり、不利な点やデメリット、ハンデという意味合いを持っている言葉です。

1. スポーツでも良く使われる

スポーツの世界の中ではテニスや卓球に関してはかなり多くアドバンテージという言葉を用いられることが多いです。

先ほどお伝えしたようにアドバンテージは前に進んでいる、有利に立つという言葉の意味合いを持っているので、スポーツの関連で話をすると1点リードしている状況であったり、有利な状況に点数を稼いで立っている場合にアドバンテージという言葉をよく用いられます。

もちろん点数以外の状況もアドバンテージと言う言葉を使って用いることができます。

例えば具体的な使い方の1つとしては、当然ながらスポーツ選手は自分が生まれ育った国環境で試合を行う方が心身ともに有利な状況を生みます。

なので、テニスに錦織選手が日本でプレーをしていたとすると、日本の環境が錦織選手のアドバンテージとなる、という使い方が出来ます。

それ以外にも錦織選手が1点リードしている状況をずっと長く保っていた場合はアドバンテージを死守する、というような言葉の使い方もできます。

アドバンテージという言葉はこのように広く用いることが出来る、便利な言葉です。

アドバンテージがある人の特徴


ここまではアドバンテージの言葉の意味合いについてご紹介しましたが、ここからはアドバンテージがある人の特徴について簡単にご紹介していきます。

どの世界にも常に有利な立場に身を置いている方は存在しますよね。

例えば学校生活でアドバンテージがある人を考えると、学校の勉強が他の人よりできている人だったり、スポーツなどが上手で県の大会などで入賞している人だったり、コミュニケーションが上手で誰とでも仲良くしている人だったり、様々な分野で実力を発揮している人が該当するかと思います。

社会でも同じで、仕事が出来るという事が一種のアドバンテージとなっています。

では、アドバンテージがある人はどういう特徴を持っているからこそ、アドバンテージが高い人間になれるのか?という事を知れば自分も理屈さえ知ってしまえばアドバンテージが高い人間になれる可能性を秘めています。

自分に足りない部分や、良いな、と思った部分は盗めるのであれば盗んでください。

1. 能力が高い

まずアドバンテージを持ってる人の特徴として能力が高いということが挙げられます。

これは冒頭の部分から何度もご説明してきた通りですが、アドバンテージを持っている=能力が高いと言う言葉の使い方をよく用いられます。

すなわちアドバンテージは有利と言う言葉の意味を持っているので優位に立つと言うことは必ず有利な立場に立てる高い能力を持っているという事が関連しているので多くの部分で解凍することができます。

例えばよくアドバンテージと言う言葉を用いられるスポーツの分野に関してもそうですがスポーツの能力が高い人間が必ず結果として有利な状況に立つので、同じ意味として成立します。

勉強などもそうですが順位として表示されるということは必ず優劣がはっきりと分かるようになるので、勉強といえばテストの点数と言うはっきりとした目に見えやすい点数がつくのでアドバンテージがあり能力が高いと判断することができます。

しかしながら目に見えないものも存在しており、例えば先ほどご紹介した例の中ではコミュニケーションが上手で影響力を持っている人物と仲良くしているという場合も考えられます。

仕事の場面でもそうですが影響力が高いいわゆる地位が高い人間と普段からプライベートに関しても仲良くさせてもらっている人はその分優遇して判断してもらえることができます。

当然影響力が高い人も人間なので同じ人間であれば仲が良く自分のことを知っている人間に対しては情がわきますし、仲良くしている人間に良い立場に立って欲しいと思うのは当然のことです。

結果として高いコミュニケーション能力を持っているからこそ有利な立場に立っているのでアドバンテージがあると称することができます。

2. 自分に自信がある

アドバンテージを持っている人の特徴として自分に自信を持っているということが挙げられます。

先ほどご紹介した通りアドバンテージを持ってる人の特徴として能力が高いということが挙げられますので、何かの分野において能力が高いと評価をしてもらえると人間はその分野に対して自分に自信を持てるようになります。

自分に自信を持つということはとても大事なことでありできなさそうなことでもできると強く信じ自分の能力を疑わない場合はできる確率が高まります。

その逆で自分に自信がなく絶対に失敗すると思って行うことに関しては失敗してしまう可能性が高くなります。

人間は知らず知らずのうちに考えているうちに行動が制限されてしまいやすい生き物です。

その逆に自分の可能性を信じてとことんまで突き進んで行く人は成功できる可能性が比例して高くなります。

つまりは、周りにアドバンテージがあると評価された人間はその分野に対して絶対的な自信を持てるようになるので自分に自信があるという特徴と連動して考えることができます。

3. 成功体験が多い

アドバンテージを持っている人の特徴として成功体験が多いということが挙げられます。

人間がどうして自分に自信を持つのかということは様々な方法がありますが、その中の一つに成功体験が多い人は自信を持ちやすいということが判明しています。

自分が成功しているかどうかということを判断する場合に先ほどご紹介したスポーツの勝ち負けはテストの点数ということは目で見て一見して判断しやすいことなので、自分が優れているという結果をそのまま直接受け止めることができるので強い成功体験として自分の中に残りやすいです。

しかしながら成功するということを考えた時に、偶然うまくいったと言う可能性ももちろん、なきにしもあらずです。

偶然うまくいったというような概念が自分の頭をよぎってしまうと自分の実力を疑ってしまう部分が少しでも生じてしまうので絶対的な自信は保てなくなります。

しかしながら何度も何度も行って成功体験を積み重ねていくとそれは成功するという自分の確固たる自信につながります。

なので自分に自信を持っている人は成功体験が一回だけではなく何度も経験しており様々な分野で有利な立場に立てる能力が高い人間はたくさんの成功体験を抱えているからこそ絶対的な自信を持っていると関連づけて考えることができます。

4. 周囲を見下す気持ちを持つ

全員が全員該当するわけではありませんがアドバンテージを持っている人の特徴として周囲を見下す気持ちを持っている可能性が高いです。

アドバンテージを持っているということは当然周りと比べて能力が高いからこそ評価されていますし自分に自信を持っているので自分が周囲よりも劣っているわけがないと言う概念が自分の中に存在します。

いわゆる一種のプライドに似た感情なのかもしれませんが、自分に自信を持っているからこそ周りよりも自分の方がいい出ているという考え方を持つのは当たり前といえば当たり前です。

それを表面に出しているのか内に秘めているのかということでその人の印象が大きく変わってくることにもつながりますが、 少なからず子乗せの感情は自分の心の中に持っていると事が多いです。

露骨に表に出しさえしなければ周りにそれが伝わることもありませんので、相手から嫌われないようにコミュニケーションをとるのであればあまり周囲を見下すような気持ちを前面に押し出した行動は控えるべきです。

5. 人より努力している

アドバンテージを持ってる人の特徴の1つとして他の人よりも努力をしているということが挙げられます。

冒頭の部分でもお伝えした通り最初から人間は何でもかんでもうまくできるわけではありません。

確かに必要にも少ない労力でできるようになる人もいるかもしれません。

しかしそれでも努力は必ずを行っていますし、少ない努力で何もかもうまくできる人は効率が良かったり理解力が高かったりする場合が多いです。

効率が良かったり理解力が高いということも当然これまでの人生で努力をしてきた結果によって生まれた賜物であり、中には、常には人の何倍もの努力を行って何でも上手に行っている人も存在します。

しかし、目に見えない努力をしている人が多くその努力が周りには感づかれていないのでなんでもそつなくこなせるという印象を持たれてしまっている場合も存在します。

人の何倍も努力を行うことが平気でできる人はその努力に比例して自分の実力を上がっていくのでアドバンテージがあると認識されます。

なので、アドバンテージを持っている人は努力を行っている人間が多いという事が成り立ちます。

6. 向上心がある

アドバンテージを持っている人の特徴として向上心を持っているということが挙げられます。

向上心を持っている人間は自分がこうなりたいという目標であったり理想を明確に持っている方が多いので、目標設定と目標到達までの必要な努力を自分の中で効率的に行うことが他の人よりも上手です。

どんなことをするにしても目標を設定することは大事なことであり目標到達まで逆算して物事を考えることで無駄な時間を過ごすことなく定期的に努力を行うことができます。

継続した努力を誰から強制されるわけでもなく自分の考えで行える人は自己管理能力も高いので、努力したら努力した分自分の結果としてついてきます。

効率の悪い努力をすることなく継続した適切な努力ができるので最終的に自分の能力を高めることができるので、アドバンテージも後から絶対についてくるという結果になります。

なので向上心がある人はアドバンテージを持っていると考えることができますので、向上心があるという特徴が成り立ちます。