あなたの身の回りに何でもできるような完璧な人間はいませんか?

もしくはあなた自信が周りに比べてある程度なんでもできて、仕事においても日常生活などにおいても有利な立場にいるという事はありませんか?

何でもできる人は基本的にはあまりいません。

人は努力して、何度も練習して初めて物事を上手にこなせるようになっていく確率が上がるので、最初のうちはコツもわからないですし、どういう部分を大事にすればいいのか分かりません。

しかしながら、少ない努力で出来てしまうようになる人は少なからず存在します。

そんな一見何でもそつなくこなせるような人は、失敗が少なく能力の高い人間であると判断される事も多いですが、実際には何でもできてしまう能力の高い人間の方が失敗をしてしまう確率が高いのでは?といえます。

今回はそんなアドバンテージがある方をテーマにして、失敗をしてしまう理由と対策について簡単にご紹介します。

アドバンテージは実はディスアドバンテージ?

何を行うに関しても必ず結果を比較することによって能力がある人間と能力がない人間と分けることが出来ます。

それは例えば順位であったり成績の高さと言う部分で判断されて人と比較されることで平均よりも上であれば優秀であり平均よりも下であれば踊っているというような判断を作ることが出来るからです。

例えば学校において中間テスト期末テストが行われていたかと思いますがそのテストの総合展の結果を順位として発表されている学校もかなり多いと思いますが、そこで平均点や自分が撮っている点数を比較した上で有利な立場に立っているのかそれとも劣っているのかということを把握することがあったと思います。

それと同じようにマラソン大会も到着するのが速い人ほど順位的な判断で優れているという事や、劣っているという事を理解させられた経験がありますよね。

アドバンテージを持っているという事は、一見優れており優秀で失敗が少なそうに見えますが、実はそれはディスアドバンテージである可能性も高いのです。

言葉の意味を理解していない方にとっては意味がわからないと思いますので、簡単に言葉の紹介から行っていきます。

アドバンテージとは?


まずはアドバンテージと言う言葉について簡単にご紹介していきます。

アドバンテージはあまり日常会話では使われることがないかもしれませんが、スポーツの世界では日常的に使われる言葉です。

これまで部活なのでスポーツに携わってきた方はアドバンテージと言う言葉を耳にしたことがおそらく多いかと思います。

アドバンテージと言う言葉の意味合いとしては有利に立つ、有利である、という意味合いを持っており元々は、先行する、全身、進んだ、という意味合いを持っています。

そこから先にいく=有利である、というような判断で共通認識されるようになり、よく用いられるようになりました。

ちなみに、ディスアドバンテージという言葉の意味ですが、 単純にアドバンテージの対義語、反対語という意味合いで理解していただけるとわかりやすいです。

つまり、不利な点やデメリット、ハンデという意味合いを持っている言葉です。

1. スポーツでも良く使われる

スポーツの世界の中ではテニスや卓球に関してはかなり多くアドバンテージという言葉を用いられることが多いです。

先ほどお伝えしたようにアドバンテージは前に進んでいる、有利に立つという言葉の意味合いを持っているので、スポーツの関連で話をすると1点リードしている状況であったり、有利な状況に点数を稼いで立っている場合にアドバンテージという言葉をよく用いられます。

もちろん点数以外の状況もアドバンテージと言う言葉を使って用いることができます。

例えば具体的な使い方の1つとしては、当然ながらスポーツ選手は自分が生まれ育った国環境で試合を行う方が心身ともに有利な状況を生みます。

なので、テニスに錦織選手が日本でプレーをしていたとすると、日本の環境が錦織選手のアドバンテージとなる、という使い方が出来ます。

それ以外にも錦織選手が1点リードしている状況をずっと長く保っていた場合はアドバンテージを死守する、というような言葉の使い方もできます。

アドバンテージという言葉はこのように広く用いることが出来る、便利な言葉です。

アドバンテージがある人の特徴


ここまではアドバンテージの言葉の意味合いについてご紹介しましたが、ここからはアドバンテージがある人の特徴について簡単にご紹介していきます。

どの世界にも常に有利な立場に身を置いている方は存在しますよね。

例えば学校生活でアドバンテージがある人を考えると、学校の勉強が他の人よりできている人だったり、スポーツなどが上手で県の大会などで入賞している人だったり、コミュニケーションが上手で誰とでも仲良くしている人だったり、様々な分野で実力を発揮している人が該当するかと思います。

社会でも同じで、仕事が出来るという事が一種のアドバンテージとなっています。

では、アドバンテージがある人はどういう特徴を持っているからこそ、アドバンテージが高い人間になれるのか?という事を知れば自分も理屈さえ知ってしまえばアドバンテージが高い人間になれる可能性を秘めています。

自分に足りない部分や、良いな、と思った部分は盗めるのであれば盗んでください。

1. 能力が高い

まずアドバンテージを持ってる人の特徴として能力が高いということが挙げられます。

これは冒頭の部分から何度もご説明してきた通りですが、アドバンテージを持っている=能力が高いと言う言葉の使い方をよく用いられます。

すなわちアドバンテージは有利と言う言葉の意味を持っているので優位に立つと言うことは必ず有利な立場に立てる高い能力を持っているという事が関連しているので多くの部分で解凍することができます。

例えばよくアドバンテージと言う言葉を用いられるスポーツの分野に関してもそうですがスポーツの能力が高い人間が必ず結果として有利な状況に立つので、同じ意味として成立します。

勉強などもそうですが順位として表示されるということは必ず優劣がはっきりと分かるようになるので、勉強といえばテストの点数と言うはっきりとした目に見えやすい点数がつくのでアドバンテージがあり能力が高いと判断することができます。

しかしながら目に見えないものも存在しており、例えば先ほどご紹介した例の中ではコミュニケーションが上手で影響力を持っている人物と仲良くしているという場合も考えられます。

仕事の場面でもそうですが影響力が高いいわゆる地位が高い人間と普段からプライベートに関しても仲良くさせてもらっている人はその分優遇して判断してもらえることができます。

当然影響力が高い人も人間なので同じ人間であれば仲が良く自分のことを知っている人間に対しては情がわきますし、仲良くしている人間に良い立場に立って欲しいと思うのは当然のことです。

結果として高いコミュニケーション能力を持っているからこそ有利な立場に立っているのでアドバンテージがあると称することができます。

2. 自分に自信がある

アドバンテージを持っている人の特徴として自分に自信を持っているということが挙げられます。

先ほどご紹介した通りアドバンテージを持ってる人の特徴として能力が高いということが挙げられますので、何かの分野において能力が高いと評価をしてもらえると人間はその分野に対して自分に自信を持てるようになります。

自分に自信を持つということはとても大事なことでありできなさそうなことでもできると強く信じ自分の能力を疑わない場合はできる確率が高まります。

その逆で自分に自信がなく絶対に失敗すると思って行うことに関しては失敗してしまう可能性が高くなります。

人間は知らず知らずのうちに考えているうちに行動が制限されてしまいやすい生き物です。

その逆に自分の可能性を信じてとことんまで突き進んで行く人は成功できる可能性が比例して高くなります。

つまりは、周りにアドバンテージがあると評価された人間はその分野に対して絶対的な自信を持てるようになるので自分に自信があるという特徴と連動して考えることができます。

3. 成功体験が多い

アドバンテージを持っている人の特徴として成功体験が多いということが挙げられます。

人間がどうして自分に自信を持つのかということは様々な方法がありますが、その中の一つに成功体験が多い人は自信を持ちやすいということが判明しています。

自分が成功しているかどうかということを判断する場合に先ほどご紹介したスポーツの勝ち負けはテストの点数ということは目で見て一見して判断しやすいことなので、自分が優れているという結果をそのまま直接受け止めることができるので強い成功体験として自分の中に残りやすいです。

しかしながら成功するということを考えた時に、偶然うまくいったと言う可能性ももちろん、なきにしもあらずです。

偶然うまくいったというような概念が自分の頭をよぎってしまうと自分の実力を疑ってしまう部分が少しでも生じてしまうので絶対的な自信は保てなくなります。

しかしながら何度も何度も行って成功体験を積み重ねていくとそれは成功するという自分の確固たる自信につながります。

なので自分に自信を持っている人は成功体験が一回だけではなく何度も経験しており様々な分野で有利な立場に立てる能力が高い人間はたくさんの成功体験を抱えているからこそ絶対的な自信を持っていると関連づけて考えることができます。

4. 周囲を見下す気持ちを持つ

全員が全員該当するわけではありませんがアドバンテージを持っている人の特徴として周囲を見下す気持ちを持っている可能性が高いです。

アドバンテージを持っているということは当然周りと比べて能力が高いからこそ評価されていますし自分に自信を持っているので自分が周囲よりも劣っているわけがないと言う概念が自分の中に存在します。

いわゆる一種のプライドに似た感情なのかもしれませんが、自分に自信を持っているからこそ周りよりも自分の方がいい出ているという考え方を持つのは当たり前といえば当たり前です。

それを表面に出しているのか内に秘めているのかということでその人の印象が大きく変わってくることにもつながりますが、 少なからず子乗せの感情は自分の心の中に持っていると事が多いです。

露骨に表に出しさえしなければ周りにそれが伝わることもありませんので、相手から嫌われないようにコミュニケーションをとるのであればあまり周囲を見下すような気持ちを前面に押し出した行動は控えるべきです。

5. 人より努力している

アドバンテージを持ってる人の特徴の1つとして他の人よりも努力をしているということが挙げられます。

冒頭の部分でもお伝えした通り最初から人間は何でもかんでもうまくできるわけではありません。

確かに必要にも少ない労力でできるようになる人もいるかもしれません。

しかしそれでも努力は必ずを行っていますし、少ない努力で何もかもうまくできる人は効率が良かったり理解力が高かったりする場合が多いです。

効率が良かったり理解力が高いということも当然これまでの人生で努力をしてきた結果によって生まれた賜物であり、中には、常には人の何倍もの努力を行って何でも上手に行っている人も存在します。

しかし、目に見えない努力をしている人が多くその努力が周りには感づかれていないのでなんでもそつなくこなせるという印象を持たれてしまっている場合も存在します。

人の何倍も努力を行うことが平気でできる人はその努力に比例して自分の実力を上がっていくのでアドバンテージがあると認識されます。

なので、アドバンテージを持っている人は努力を行っている人間が多いという事が成り立ちます。

6. 向上心がある

アドバンテージを持っている人の特徴として向上心を持っているということが挙げられます。

向上心を持っている人間は自分がこうなりたいという目標であったり理想を明確に持っている方が多いので、目標設定と目標到達までの必要な努力を自分の中で効率的に行うことが他の人よりも上手です。

どんなことをするにしても目標を設定することは大事なことであり目標到達まで逆算して物事を考えることで無駄な時間を過ごすことなく定期的に努力を行うことができます。

継続した努力を誰から強制されるわけでもなく自分の考えで行える人は自己管理能力も高いので、努力したら努力した分自分の結果としてついてきます。

効率の悪い努力をすることなく継続した適切な努力ができるので最終的に自分の能力を高めることができるので、アドバンテージも後から絶対についてくるという結果になります。

なので向上心がある人はアドバンテージを持っていると考えることができますので、向上心があるという特徴が成り立ちます。

アドバンテージがある人の方が油断をして失敗をしてしまう理由

ここまではアドバンテージを持っている人の特徴について簡単にご紹介しました。

ここからは、アドバンテージを持っている人の方が油断をして失敗してしまう理由についてご紹介していきます。

一見するとアドバンテージを持っている人の方が成功する確率は高いですし、失敗をする確率は少ないのではないかと判断することができますが、絶対に失敗するとは言えません。

どんなに能力が高い人間でも人間は人間なので、人間である場合必ず失敗はおこってしまいます。

どんなに優秀な人間がこの世の中にいたとしても、人生で失敗した経験が全くないとは言えないからです。

失敗することにより、より優秀な考え方ができるようになるとするならばアドバンテージを持ってる人はこれまで数多くの失敗をしてきたはずです。

だとするとやはりアドバンテージを持っている人が失敗をするという確率は否めませんし、アドバンテージを持っているという事実があるからこそ油断してしまうということにもつながります。

具体的にどういうことなのか理由を交えながらご紹介します。

1. 自分が失敗するはずが無いとたかをくくってしまっているから

アドバンテージを持っているがゆえに自分に過剰なまでの自信を持ってしまっており、自分がまさか失敗するはずはないだろうという考え方を自分の根底に持ってしまっていることが原因の一つだと考えられます。

もちろん自分が失敗してしまったら嫌だなぁとか、絶対に失敗しそう…などと思っている方が失敗してしまう確率は高くなります。

しかし、その逆に失敗しないと思い込んでいるのも危ういです。

一番良いのは失敗することを想定した上で失敗しないように考えながら行うのが適切な方法です。

失敗しないと思い込んでしまっていることによって、自信を持っているからこそ盲点が出てきてしまう可能性が高いです。

自分に絶対的な自信を持ってテストの回答を行ったとすると、注意深い性格でない限りはテストの見直しなどを行ったりしないことが多いかもしれません。

それと全く同じで仕事に関してもそうですが、自分が失敗するわけがないと思っている人は注意深く物事を見たりしない場合が多いです。

その逆に失敗する可能性を想定して常に行動を行っている人は、必ず自分が行った行動の中に失敗がないかどうか確認するところまで考えて行動しているので失敗を未然に防ぐことができます。

自分に自信過剰なまでの自信を持っている場合、失敗を発生させてしまいやすくなる行動をとってしまう事により、結局失敗してしまいやすいという事に繋がる事を覚えておいてください。

2. 自分ではなく他人のせいにするから

アドバンテージがある人が失敗をしてしまう可能性の1つとして、自分ではなく他人のせいにするという考え方が原因の場合もあります。

もしも自分が絶対的な自信を持っている人間だったと考えてみてください。

自分に絶対的な自信を持っているのであれば、何か間違ったことが起きた時は問題が起きた時に自分のせいであると考えないと思います。

自分に自信がない人は何か問題が起こると自分のせいだったのではないだろうかと考えを凝らすことがあると思いますが、たくさんの成功体験を持っているアドバンテージの高い人間はどうせ周りの人が失敗したんだろう、というような思考回路で物事を判断しがちです。

一番危険なのは、この時に自分自身が間違っていたことによって問題を引き起こしているのに、自分の失敗を認めずに他人のせいにしてしまうという行動です。

周囲からの信頼を失う

自分が悪いのに周りのせいにするという事は人間としていい行為ではありません。

自分が失敗をしたのであれば自分が失敗をした現実を受け入れて次に失敗しないように気を付ければ良いだけの話ですが、自分が失敗したことを受け止めずに、さらに周りのせいにしてしまうということは人間の信頼感を猛烈に失わさせる行為です。

逆に考えてみてください。

あなたがチーム制で5人のチームで仕事を行っていたとして、普段仕事ができるような能力の高い人間がいたとします。

ある日自分たちの持ち場で問題が生じてしまい、その問題の責任が自分にあると指摘されたとします。

確かにリーダーは能力が高いと周りから認められていますが、今回の失敗に関してはリーダーが引き起こした問題であることは明らかなのに自分のせいにされたとします。

そもそも失敗をされることで自分に負担がかかったり迷惑な状況になっているのに、それを引き起こしてもいない自分の責任だと一方的に決めつけられるとすると、幼く決めつけた人に対して信頼関係がなくなり関わりたくないと思ってしまいますよね。

この考え方は誰しもが持つと思います。

だからこそ本当にその人がやったのかどうかということをきちんと確認した上で注意する場合は、指摘をしないと信頼関係を損なう結果になってしまいます。

またわかっているのに、自分のせいにされるのが怖いからということで人のせいにするのはもはや論外です。

結果として信頼関係を失い、自分が成長するきっかけさえもなくしてしまうので、自分の失敗は必ず真摯に受け止めるようにしてください。

3. あまり失敗したことがないから

アドバンテージがある人が失敗してしまう可能性として、そもそもあまり失敗をしたことがないということが挙げられます。

何かに対して失敗を多く経験した方がそのことに対しては注意深くなりますし、気を付けようという意識がより強くなります。

しかしながら失敗した経験がそもそも少ない場合は、大丈夫だろうという気持ちが働いてそこまで注意深く行ったりはしなくなってしまいます。

なので失敗した経験が少なければ少ないほど、物事に対しては油断して意識が薄くなってしまいがちになるという事を理解してください。

油断して失敗しないための対策とは?

アドバンテージがあるからといって絶対に有利というわけではなく、アドバンテージ思って油断して物事を考えてしまうということから失敗に繋がってしまうという事に関してご紹介しました。

比較的優秀でありアドバンテージを持っているとされている人間が油断しないためにはいくつかの対策方法が考えられます。

そもそもアドバンテージがあるとされている時点で、まず能力の事前には自分が有利に立っているわけですから、当然ながら結果に関しても能力が高い方が高い結果を導き出しやすいです。

油断して失敗して能力通りの結果が出せない人は、ご紹介する注意点を気を付けて失敗をしないように意識してください。

1. 謙虚になる

まず油断して失敗しないためには、自分自身が謙虚な考え方をできるように意識を変えることが大切です。

そもそも油断してしまう一番の原因は、自分を過剰なまでに過信してしまうことだと言えます。

自分の本当の実力を把握して自分が行える範囲を把握しておくことが自分が過信をしすぎないポイントであり、傲慢な考え方を防ぐポイントです。

謙虚な考え方を行う事で、正しく自分を受けいれられ、正しい自信を手に入れることが出来るようになります。

油断しないためにも、普段のありのままの自分を正しく受け入れるようにしましょう。

2. 完璧な人間などいないと言い聞かせる

油断して失敗しないために行える対策としては、そもそも完璧である人間は存在しないということを自分自身に言い聞かせることが大切です。

油断してしまうということは、どこかの部分で自分が他の人よりも完璧であり優れている人間であるというようなおごりが生じていることが原因です。

しかしながら完璧な人間などおらず、人間は誰しもが失敗をしてしまう生き物であるということを念頭に考えて何かを行動することによって、自分自身に対しての完璧な自信を持つ事はなくなり、ある程度の注意心を保ったまま行動できるようになります。

完璧な人間はいないからこそ、どんな人間でも失敗をする可能性があるということを考えて行動すれば、失敗を未然に防ぐ様な行動もとりやすくなるので、油断して失敗しやすくなくなると思います。

3. 人を見下さない

油断して失敗しないための対策として人を見下さないということが挙げられます。

そもそも油断してしまうという状況を考えた時に、自分が有利に立っているということを意識していたり、自分は間違っていないんだという事実を深く受け入れていることによって生じる問題です。

そのことを考えた時に人を見下している人は、自分が周りの人よりも能力が突出しており周りの人は自分よりも能力が低い連中ばかりだという潜在意識が強いことによって、自分に絶対的な自信をもって何事も行うことは間違っていないんだ、という意識に陥りやすいといえます。

人を見下すような気持ちで見ていると、いつしかそれが自分の行動に現れてしまい、周りの人に不快な気持ちをさせてしまう場合があります。

自分では気付いていないかもしれませんが、人からすると嫌な気分になりますし、人から見放されてしまうことにもつながります。

信頼関係もなくなりますし、その油断が原因で失敗をしてしまうことにもつながりますので、どんなに自分が優秀だったとしても周りの人を見下すような考え方はやめましょう。

4. 失敗した時のシミュレーションをあらかじめする

油断をしないために大切なことは失敗した時にシミュレーションをあらかじめ想定しておくことが大切です。

自分に自信があればあるほど、失敗をした時の事を想定しなくなってしまいます。

考えてみてください、失敗をすることがとても怖いと感じる時には失敗をした時にどういう風に行動しようかということを自分の頭の中で何度もシミュレーションしてもの事に臨んだ経験がありますよね。

それと反対に、日常的に失敗することなく行なっていることを失敗した時にどういう風にこうどうしようかといちいち考えて行動する人はあまりいませんよね。

だからこそ失敗した時に意識をしている人はすぐに済む行動をとることができますが、シミュレーションしていない人については、予想外の展開になってしまい意識がストップしてしまう可能性があります。

失敗した時にとる行動を常に予想しておくことは迅速な行動に移すことにつながりますし、失敗しないために自分の頭の中で考えながら行動することができます。

何も考えずに無意識でいつもうまくいってるからうまくいくだろうという気持ちだと、失敗してしまいやすいので注意しましょう。

5. すぐ反省する思考回路を持つ

油断をして失敗をしてしまわないようにするには物事に対してすぐ反省するという思考回路を持つようにしましょう。

何か一つの失敗をした時に、人によって受け止め方が違うと思います。

失敗をした時に間違ったことに対して素直に受け止めて改善しようと考えることができる人や、失敗を認めずに人のせいにしようとしたりする人や、失敗をしたことに対して謝りも自分の心の中ではそこまで気にしていなかったりするなど、失敗をした後の思考回路は人様々です。

一番良いのはどうして失敗したのかという原因究明をして、次はその失敗をしないように自分の中に改善点をインプットすることができる人です。

原因を解明しなければまた同じような間違いを起こすことにもつながりますし、 自分のスキルも向上することがないので、まずはすぐに反省して受け入れる準備をするべきです。

失敗を受け止めきれずに人のせいにしようとすることは言語道断ですし、周りからの信頼も失ってしまう行動です。

きちんと受け止めて反省して改善点を取り入れることで、油断して失敗するようなことはなくなりますので、失敗したくなければすぐに自分を改善するように意識しましょう。

6. 常に向上心を忘れない

油断して失敗しないようにするために必要なことは、常に向上心を忘れないということです。

人間はある程度の実力を兼ね備えてしまうと満足してしまう人もいます。

自分の物事に対する気持ちというものは大事なことで、向上心を持ち続ければ、成果を出したいという気持ちから行う仕事に対しては様々なことを意識してより質が上がるように努力を自然と行えるはずです。

ある程度昇格して向上心が満たされてしまった場合は、さらに上の向上心を見つける工夫を自分なりに行って、自分の気持ちを奮い立たせることで仕事の意識をさらに上げることで失敗を防ぐこともできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はアドバンテージという言葉の意味、アドバンテージを持っている人の特徴、アドバンテージを持っている人が油断して失敗しないようにするためのコツなどをご紹介しました。

一般的にアドバンテージという言葉を聞くと優れているというイメージを与えることができますが、その裏に隠されているのはアドバンテージを持っているからこそ失敗につながりやすいという原因です。

ちょっとした油断によって失敗が引き起こされてしまう原因にも繋がるということを理解いただけたと思いますので、油断して失敗をしないために気をつけられることは十分気をつけて仕事を行ってみてください。