「スタイリストになりたい!」そのように考えても、どのようにスタイリストになればいいのか分かりませんよね。

しかし、スタイリストとして活躍している人はとってもカッコイイし、自分もそのようなカッコイイスタイリストとして活躍したい。

その気持ちは捨てることは出来ない!

そんなあなたは、せっかくその夢を抱くことが出来たのですからできれば夢を叶えたいですよね。

それに夢を追いかけたり、何かを目指しているときというのは、どんな人でも人として成長できる素敵な瞬間なんです。

長い人生です。

しかし、あなたが思っているよりも年を取るのって早いんです。

だからこそ「後でやればいいや」「来年から始めればいいや」なんて思わずに、今この瞬間からスタイリストへの道を突き進めましょう!

この記事では、スタイリストという仕事がどのようものか説明した後に、スタイリストとして働くことの魅力、そしてスタイリストになるためにやるべきことを5つご紹介します!

ぜひこの記事を参考にして、スタイリストへの道を切り開いていきましょう。

スタイリストとは?

あなたは、スタイリストという仕事に興味を持っているんですよね。

では、スタイリストとは具体的にどのような仕事をするのかを知っているでしょうか。

多くの方は、スタイリストという言葉は聞いたことがあったとしても、なんとなくカッコイイと思うだけで実際に何をしているのか知らないんですよね。

しかし、そんな曖昧なニュアンスしか持っていないままにスタイリストを目指すのは危険です!

なぜならば、一人前のスタイリストとして活動することになったときに「こんなことではなかった!」なんて、仕事にならないかもしれないですよね。

そうしないためにも、まずはスタイリストとはどのように働いているのか?

また、スタイリストといってもどのような種類があるのかをチェックしていきましょう。

あなたは、どんなスタイリストになりたいのでしょうか?

また、どのようなスタイリストを想像しているのでしょうか。

それを頭に入れながら、スタイリストの真実に迫りましょう。

スタイリストの働き方

「スタイリスト」と一言にいってもさまざまな働き方があります。

とあるテレビ番組では”専属のスタイリスト”なんて紹介されている人もいれば、あらゆる芸能関係の現場に出くわして働いている専属にはならないスタイリストもいるんです。

それぞれにメリット、デメリットがあります。

あなたは、どんなスタイリストになりたいのでしょうか?

憧れのモデルさんのスタイリスト?

それともいろんな仕事に携わるような忙しくて有名なスタイリストでしょうか?

一般的にスタイリストの働き方といわれているものを2つご紹介します。

スタイリスト事務所に所属する

一般的かつ多くのスタイリストは、どこかのスタイリスト事務所に所属しながら働いています。

そうすることである芸能人の専属のスタイリストになることができたり、芸能事務所に所属しているさまざまな芸能人をサポートするために活動することになります。

また、芸能人だけではなくある現場に派遣され、そこで多くのスタイルを手がけることもあります。

このようにスタイリスト専門の事務所に所属することができれば、ほぼ月給制でお給料を手にすることが出来るので安定した生活を手に入れることが出来るでしょう。

しかし、反対に会社との契約のために歩合制にならずにどんなに忙しくても、一律のお給料しかもらえないというデメリットもあります。

しかし、スタイリストとして駆け出しの時期は自分だけでは仕事を掴み取るのは難しいものです。

スタイリスト事務所に所属することで名前を有名にし、あらゆる現場から声がかかるようにしておきたいですね。

そうすれば独立したときに困らない程度に仕事をすることはできるでしょう。

フリーランスとして活動する

事務所に所属する人もいれば、そのような組織にはハイら阿須にフリーランスとして活動している人もいます。

フリーランスのよいところは、自分自身でスケジュールを全て決めることが出来ることです。

そのため、プライベートと両立しやすく「デキる人」になることができるかも。

しかし、フリーランスにとって怖いのは「仕事が入らなくなること」。

それなりの大手のスタイリスト事務所に所属していれば、どんなに駆け出しのスタイリストであっても何かしらのお仕事を回してくれます。

でもフリーランスで活動するということは、その仕事も自分自身で掴み取らなければならないのです。

スタイリスト事務所を信頼していて仕事を頼む企業もありますが、その事務所に負けないくらいの信頼感や素敵なサービスを届ける工夫も大切になります。

そのため、多くのフリーランススタイリストは、初めのうちはスタイリスト事務所でノウハウを学んだ後に独立していることが多いようです。

また、報酬も全て自分に入ってくるので事務所所属に比べれば金回りはよくなることでしょう。

スタイリストの種類

あなたは、この世界にはどのようなスタイリストが存在していると思いますか?

また、あなたはどのスタイリストを見てスタイリストという仕事を目指すようになったのでしょうか。

芸能人になって、注目を浴びたいと考える人がいる中で、その芸能人を輝かせることのできるまさに”裏方”の仕事です。

では、そんな裏方のスタイリストはこの世界のどこに顕在しているのでしょうか?

ぜひこれからご紹介することを参考にして、あなたの今後の進路を決めていきましょう。

スタイリストになれたとして、働く際にはそのような何かしらの指針があることで仕事がスムーズに進むようになりますよ。

あなたは、どんなスタイリストになってどんな仕事をしたいのでしょうか。

具体的に頭に思い描いてみましょう。

頭に思い描くのは、ダメなことではないですし、お金もかかりません。

それにあなたのその空想を実現しやすくしてくれるんですよ!

想像しやすくするためにも、以下のスタイリストの種類を参考にしてください。

雑誌(出版社系)

スタイリストのお仕事で多くの方がイメージしているのは、雑誌関係ではないでしょうか。

モデルさんのお洋服をスタイリング、またはどのような雑誌のページにするかなどの細かい部分までスタイリングすることもあります。

主なお仕事はモデルさんや雑誌に出演する芸能人の洋服などのセッティングになります。

どのような趣旨を伝えるページなのか?

それによっては、スタイリングの傾向も変わってくることでしょう。

例えば、テレビ番組や映画などの番宣で雑誌のインタビューに答えるのであれば、その映画やテレビ番組の雰囲気や趣旨にあったものを選ぶようになります。

だって、ほんわかした学園恋愛映画の番組宣伝であるというのに、キメッキメのロックバンドのような洋服を着ていたら明らかにおかしいと思いませんか?

それにあなたが見たことのある雑誌のページであっても、その企画に沿ったものでスタイリングされているはずです。

そのため、とてもイメージ力が必要になりますし、そのモデルさんや芸能人のよさをアピールできるか、またどのような企画なのかまで考えなければなりません。

雑誌は、写真を撮るカメラマンや雑誌編集部との連携にて行なわれるため全てが自分の思い通りになることは少ないでしょう。

どんなに嫌味を言われたとしても、その都度最高のスタイリングをしたいですよね。

TV、CM(映像系)

雑誌の次に多いのは、テレビやCMなどのスタイリングでしょう。

既にあなたが今ご覧になっている番組に出演している芸能人には、誰かしらスタイリストが関わっているものです。

その番組の趣旨にあうもの、そしてそのタレントさんにあうものをチョイスしているんです。

そのため、「この服ってこの人らしいな!」「このアクセは、日常でもつけてるのかな」なんて、まるでプライベートを思わせるくらいに上手にスタイリングする方もいます。

たまに「この番組でどうしてこんな服を着ているんだろう」なんて思うようなことありませんか?

それは、番組関係者がそのタレントだけを目立たせようとしてそのようにしたのかもしれないですし、スタイリストの腕がまだないためにそのようなおかしな情景になっているのかもしれません。

スタイリングというのは、その番組の雰囲気さえも変えてしまうものなんですね。

日本酒のCMであれば、着物を着ている方が登場すればすんなりと受け入れることが出来ますよね。

しかし、水着を着ているようなポップなギャルがそのCMに出ていたらどうでしょうか。

実際に飲んでいるかもしれないですが、なんだかしっくりこないのでは?

それは、私たちが潜在的に日本酒=和風と理解しているからなんです。

時にはそのような常識を打ち破るのも大切なことですが、基本的なこととしてできれば一般常識を念頭にスタイリングしたいですよね。

映画・ドラマ系

映像といっても映画やドラマなどのスタイリストを目指している方も多いのではないでしょうか。

その撮影期間は、芸能人や番組関係者と一緒に行動を共にすることになります。

そのため、深夜まで撮影をする監督さんとマッチングすればあなたも深夜まで働くことになるでしょう。

監督は思い描いているシーンを実現するためにあの手この手を使います。

そんな中で一番重要といえるのは、やはりタレントの演技であり、そして小道具なんです。

小道具ひとつでその場所の雰囲気が変わってしまいますから、小道具にはかなり気持ちや時間をかける監督さんもいるんですよ。

そんなときに監督が想像しているイメージを実現しながらも、映画の趣旨にあった、そしてタレントの役柄を引き出してあげられるようなスタイリングをするのです。

こうお伝えすると「なんだか難しそう」と感じてしまうかもしれないですね。

しかし、最初はそうかもしれませんが経験や実績を積んでいくことで相性のよい監督さんなどに出会うことが出来るでしょう。

あなたが相性が良いと思っているのであれば、ほとんどの確率でお相手の監督さんもそのように思ってくれているはずです。

そうなると次回の映画などの撮影時に指名されることもあるんです!

スタイリストとして「このスタイリストがいい」と呼ばれるほど嬉しいものはありません。

あなたもやるからには、そこのレベルまで目指しましょう。

広告系

最後に広告関係でもスタイリストは働いています。

広告とは、雑誌の化粧品やファッションのPRページということもありますし、就職関連やゲームなどの広告もありますよね。

たった1ページのその中にたくさんの人が関わり、多大な時間をかけられているんです。

それをあまり知らない方が多いんですよね。

広告というのは誰かに何かを伝えるためのものです。

何を伝えるのか?

どうやったら分かりやすく伝えられるのか?

また、他の広告と[かぶっているものはないか?

オリジナリティはあるのだろうか…などなど、あらゆる点を見ながら作られていきます。

そのため、映画の撮影と同じように小道具ひとつでイメージが変わってしまうんですよね。

例えば転職会社の広告だとしましょう。

そのような広告にピアスをしていかにも遊んでいるような人が載っていたらどうでしょうか。

そのようなジャンルの人にはウケるかもしれませんが、多くの普通のサラリーマンは見向きもしませんよね。

もしも、現在堅実に働いているサラリーマンを対象にするのであれば、その人たちが自分と重ね合わせられるようなものを作らなければならないのです。

そのため、スタイリストになるということは人間の心理を知るということでもあるといえます。

スタイリストの魅力とは?

あなたは、どうしてスタイリストになりたいと考えたのでしょうか?

そのなかには、憧れの人がたまたまスタイリストだったり、テレビでスタイリストが特集されていて普通とは違うその働き方に魅了されたのかもしれないですよね。

でもそれ以外にもスタイリストとして働くことの魅力はたくさんあるんです!好きな仕事だからこそ、頑張れるもの。

好きなものは仕事にはしてはいけない、なんて誰かが話していたかもしれないけれど「やぱりスタイリストになりたい!」というあなたの気持ちを大切にしてほしいのです。

好きこそものの上手なれ、という言葉があるようにスタイリストになるための道を駆け上がる前にスタイリストの魅力を確認しましょう!

そうすれば、今よりもスタイリストのお仕事に惹かれ、好きになれるはずです。

また、好きであればどんな大きな壁に出くわしても乗り越えられるような気がしませんか?

ものづくりの現場で働くことができる

スタイリストとは、0から物事を作っていくことに関わっていくお仕事です。

私達が日ごろ目にしているテレビ番組、映画、CMなどは元々存在していませんでした。

そんなのは当たり前ですが、そこに誰かが新しい提案をしそれに沿って、それを実現するためにプロジェクトが動いてきたんです。

スタイリストになれば、その現場で一緒に何かを作る作業に携わることが出来ます。

新しく何かを作るのが好きだったり、古いものを新しくするのが好きな方にはとてもたまらなく最高に思える仕事なのかもしれません!

スタッフの一員として関わることができる

そのようなものづくりをしているなかで、れっきとした”スタッフの一人”でいることに感動を覚える方もいます。

最初はなにもなくて、いつも監督やその現場責任者に嫌味を言われたり、嫌な気持ちになることもあるでしょう。

しかし、その言葉は今作っているものをよりよいものへ仕上げるためのものなんです。

そんな怖い言葉や試行錯誤を繰り返していくうちに、今までに存在しなかったものを作り上げることが出来ます。

その作品を見直したときに「ああ、自分もここに携わっているんだな」なんて感動してしまうんです。

その証拠として映画や映画のエンディングでは、スタイリストの欄に自分の名前を見つけることも出来るんですよ。

そのようにしっかりと名前が残り、あなたの経験のひとつになっていくんです。

また、そこで出会った仲間のなかに今後もずっとお付き合いしていくような人がいることも。

スキルが身につく

スタイリストとして働いていれば、それなりにスキルが身についていくものです。

それはファッションかもしれませんし、音楽についてかもしれません。

スタイリストというのは、全てのセッティングをしたらその場から立ち去ってよいものではありません。

大物であればそれが許されるかもしれませんが、多くの場合はその撮影などが終わるまでその現場にいることが多いです。

そして、その芸能人を輝かせるため、視聴者に伝えたいことを伝えるために行動するのです。

その中では、スタイリストには全く関係ないものの話を耳にすることもあるでしょう。

スタイリストとして活動していれば、芸能関係者との出会いが増えるからです。

そのため、それまでには知らなかったスキルを知ることが出来るようになります。

一生ものの力が身につく

その中には全く生活で使うことができないようなスキルもあるでしょう。

しかし、そうではないものもあるんです!

料理番組の芸能人をスタイリングすることになって、その番組に同席していたことによって知らなかった料理の仕方を学ぶことが出来ます。

そのような一般的なものもあれば、業界だからこそ身に付けられるスキルというのがあるんです。

ずっとスタイリストとして活動したい方にとっては、業界用語だとか業界における空気は理解しておかなければなりません。

さまざまな現場でスタイリングするうちにそれを自然に身に付けることが出来ます。

このようなことって言葉で説明されたも分からないことってあるもの。

「習うより慣れろ」なんですね。

実力によっては生涯の仕事になる

スタイリストといっても、現在活躍している人のなかには何度も挫折を味わった方も少なくはありません。

そのようにスタイリストとは継続して仕事するには、少し難しい職業でもあります。

スタイリスト事務所に所属していれば、たしかに自然にお仕事をもらえるでしょう。

しかし、そのお仕事を毎回のようにぞんざいにしていては事務所全体の評価が下がるかもしれません。

そのため、クレームが入ればそのスタイリストには仕事をあげなかったり、クビにすることもあるんです。

それは、他の職種と同じですよね。

出来ない人はいらないんです。

しかし、必死に仕事をこなせばそれなりのスキルはつきますし、実績を積むことが出来ます。

その実力によっては、数々の現場から指名されるようになり、生涯の仕事になることがあるんです!

人一倍の向上心が必要

大物のスタイリストとして活躍している人だって誰よりも努力をしたから、そのように言われています。

才能があるからとか、そういう問題ではないのです。

出来る限り、誰よりも多くの経験を積むようにしましょう。

そしていつでも「立派なスタイリストになる」などの目標を持つことも大切です。

何も目標を持っていなかったら、どんなに才能を持っている人であってもその才能を生かすことは出来ないんですよ。

あなたの中に眠っている才能を目覚めさせるためにも、いつでも向上心を忘れないようにしましょう!

それがあなたの軸となり、武器になるのは間違いありません。

スタイリストに求められること

これからスタイリストになりたい!と考えている人にとって、自分はスタイリストに向いてるのか気になりますよね。

ここでは、スタイリストに求められることの多いスキルをご紹介します。

これらをチェックしていると自分には自信のない項目が出てくるはずです。

それは仕方のないこと。

本気でスタイリストになりたいと考えるのであれば、これからご説明することを出来るようになり、立派なスタイリストを目指すようにしてください。

やるかやらないかで道に分かれていきます。

目的に合ったスタイリングをすること

まずは、スタイリストとして一番に大切だと思われているのは、目的に合ったスタイリングをするということです。

これまでにこの記事のなかでも、何度かご紹介してきましたよね。

それくらいにこれは、とっても大切なことになります。

素早く柔軟に対応できる力が必要

ある現場に借り出されたとして、そこの責任者にさまざまな指示をされることでしょう。

あなたが「このようにしたい」と思い描いてたとしても、それを全て実現できるとは限りません。

その要素を取り入れつつ、イメージを伝えられた際に素早く対応できるようにしたいものです。

そのように柔軟性を持つことによって、あなた自身のイメージも膨らみやすくなります。

自分の考えを伝える力

どんな現場に行っても「こんな感じにして」なんて、おおまかなことしか伝えられません。

そのようにして、更に自分の表現したい要素をいれたとしましょう。

「こんなのだめだよ!」なんて言われてしまうことがあるんです。

そんなときにスタイリストとして全ての指示に従っているだけでは、一人前ということができません。

その際にどうしてそのようにしたのか、それによってどのような伝える力を持つことが出来るのかを伝えなければなりません。

理由も伝えることが出来なければ「使えない」スタイリストとして、二度と呼ばれなくなってしまいます。

コミュニケーション能力が高める

スタイリストとはいえ、他の職種と同じようにコミュニケーション能力がとても大切です。

一般企業の事務仕事よりも大切かもしれません。

なぜならば、ほぼコミュニケーションのなかで「どんなイメージにするのか」を相談するからなんです。

言葉なくして、スタイリストは存在しません。

もしもコミュニケーション能力に自信がなくても諦めず、自分と向き合うことでその能力をあげていきましょう。

周囲の人を気遣える心

また、スタイリストは影でその場を支える職業でもあります。

そして、その現場関係者から伝えられたイメージを実現しなくてはいけませんよね。

そんなときに自分の好きなように振る舞い、好きなようなスタイリングをして指示されたことを守れなかったらどうでしょうか。

誰だって、そんな人とは仕事をしたくないと思います。

だからこそ、周囲の人を気遣える心を持っていましょう。

その心意気があるだけでちょっとした人の変化に気づくことができ、新しいアイディアを出すことも出来るんですよ。

人間性がモノを言うことも

要するにスタイリストとしての実力もそうですが、一番大切なのは人間力なんです。

人間としてしっかり出来ているのか、自分よがりの仕事をしていないのか…。

それは実生活でも検証することは出来ますよね。

あなたは、誰かに気遣いする心を持っていますか?

もしも持っていないのであれば、今この瞬間からそのような心を持つように心がけてみましょう。

スタイリストになるためにやるべき5つのこと

スタイリストに求められることを確認してきました。

それを見て「自分、素質あるかも!」と嬉しくなった方もいれば「私には素質がない」と落ち込んでしまった方もいるかもしれません。

しかし落ち込んでいるヒマはありません!

あなたの中に眠っているスタイリストとしての才能を呼び起こすためにも、また一人前のスタイリストとして活躍するためにもスタイリストへなる道をかけあがりましょう!

そこに入場制限はありません。

「なりたい」「やってやる!」そんな気持ちさえあれば、どんなに才能がなくなってスタイリストになることはできるんです。

そして経験をしていくことで、スタイリストとしての素質を磨いていくことが出来るでしょう。

では、どのようにスタイリストになればいいのでしょうか。

今すぐにでもとりかかってほしいことを5つご紹介します!

1.スタイリストアシスタントとして経験を積む

まずは、スタイリストアシスタントとして経験を積みましょう。

これは、美容やファッション関係の求人サイトで「アルバイト」として募集されていることが多いです。

習うより慣れろという言葉のように、実際にその現場に入ればスタイリストはどんな仕事をしていて、どのように動いているのかを学ぶことが出来るでしょう。

しかし多くの場合は、服飾系の専門学生だとか既にスタイリストとして活動した経験がある方に条件が限定されていることがあります。

よく確認をしましょう。

2.服飾系の専門学校へ行く

スタイリストになるためには、やはり勉強をするのが一番です。

何も知識がないままにスタイリストと名乗ったとしても、仕事にならないかもしれません。

それにスタイリストとしての才能があるかもしれないのに、勉強をしていないせいであなたの名前に傷がつく可能性もあります。

あなたの名前で活躍できるように、まずは専門学校に入学しましょう。

体験入学をして自分に合う場所を選びたいですね。

平日に開校している場所もあれば、土日に開校している学校もあります。

あなたのライフスタイルに合わせて選んでください。

3.スタイリスト事務所へ応募する

今すぐにでもスタイリストとして活動したい!

そう思うのであれば、手当たり次第にスタイリスト事務所に応募するのもいいでしょう。

事務所によっては、スタイリスト育成プログラムを組んでいるところもあります。

また、すぐにスタイリストアシスタントとして活動できるため、現場の雰囲気をいち早く体感することが可能です。

4.特に資格は必要ない!

スタイリストとして働くには、資格が必要だと考えていませんか?

特に資格は必要なく、今すぐに「スタイリスト」と名乗って仕事をすることもできます。

しかし、大きな仕事を得るためには実績を積んでおいたほうがいいでしょう。

5.目標をしっかり持つ

どんなにくじけそうなことがあっても、そんなことに負けずに突き進んでいける目標を持っていたほうがいいでしょう。

スタイリストの仕事に関わらず、目標を持つことで人は頑張れるものです。

一度見た夢、そして叶えようと行動するのですから、ぜひ叶えるために目標を持ってください。

まとめ

今回は、スタイリストという職業について特集いたしました!

いかがでしたか?

スタイリストとはどのような仕事をするのか、またどのようにしてなればいいのか、スタイリストになる上で気をつけたいポイントなどをご紹介してきましたね。

スタリストになるためにはどうしたらいいのか分かったでしょうか?

スタイリストになりたいと思うのであれば、ぜひ行動してくださいね!

そしてあなたがスタイリストとなり、活躍されることを応援しています!