社会人として働いている人には理解出来ると思いますが、職場には様々なストレスが存在します。

例えば、社会人になりたてだったり、転職をして初めて新しいジャンルの仕事に挑戦している人。

今まで体験したことがないような業務内容や仕事を経験していく方が多いと思います。

世の中にはたくさんの仕事があり、それぞれ必要なスキルであったり知識は千差万別です。

新しい知識やスキルを身に着ける必要があると、どうしても最初は神経を使いますよね。

新しい事を理解する事は脳に負担がかかります。

慣れていない時には余計疲れが生じてしまうのです。

仕事に関しては、仕事内容だけが必ずしもストレスを感じるものではありません。

それ以外に最も多い原因として「職場での人間関係のストレス」が大きく生じます。

人間関係で悩んだことがないという人は誰一人としていないのではないでしょうか。

職場では自分一人だけではなく、たくさんの人と一緒に仕事をすることが多いと思います。

当然同じ会社の人間として役割を分担したり、時には連携を取って仕事をこなしていく事が考えられます。

人によっては上司が存在し、部下が存在する場合もあり、たくさんの人間と一緒に仕事を行っていく必要があります。

全員が良い人とは限らないですし、立場によってはストレスを感じるポジションの人もたくさんいます。

仕事内容と人間関係の悩みはもはや職場における悩みの永遠のテーマだといえます。

その中でも、今回は比較的悩みを感じている方が多い、職場の人間関係をテーマにして、人間関係に疲れたらやるべき事をご紹介します。

職場の人間関係はとても難しい

社会人として働いたことがある方なら誰しもが「職場の人間関係」で悩んだことがあると思います。

職場にはたくさんの人がいて、もちろん気が合う人もいるかもしれません。

しかし、その逆に気が合わないような人も必ずいるのです。

人数の多い職場であればその分人も多いので気が合わないような人が出てくる可能性も高まります。

人数が少ない職場でも、気が合う人だけなら良いのですが、気が合わない人がいると窮屈に感じます。

狭い空間で気が合わない人と常に接していかなければならないので、どちらをとっても人間関係で悩んでしまうということは否めません。

気に入らない相手いたとしても、仕事の関係性は崩すことはできません。

どうしても相手と話さなければならないこともあるでしょう。

極力話したくないと思っていたとしても、相手が職場の上司であったり、よく接点を持たなければいけないような人物であればなおさらです。

学校であれば、気に入らない相手がいたとしたら話す必要はありません。

接点を少なくすることを考えて行動すれば、そこまで大きな問題にはならないかもしれません。

しかし、職場となると話は全くもって別になります。

だからこそ、職場の人間関係は難しいと考えることができます。

職場の人間関係が難しい理由

職場の人間関係がどうして難しい問題なのかとされる理由については複数あります。

ここからは、比較的職場の問題を難しくしている理由について簡単にご紹介します。

今もしも、自分が職場の人間関係で悩んでいるとするのであれば、これらの内容が当てはまっているかどうか確認してください。

理由がわかって理解できれば、改善できる方法なども思い浮かぶ事ができるはずです。

1. 様々な職位の人がいる

簡単に言えば、職場にいる人の中には自分の同僚、部下や上司、社長といった自分より目上の人が存在してます。

一般的に考えて、部下には比較的悩まされる事が少ないかもしれません。

もちろん絶対にそうであるとは言い切れません。

しかし、立場的には自分の下なので、まだ自分自身が有利な立場に立っていますよね。

生意気だったり、気が強くて持てあますような状況でない限りは悩まされる確率は低いといえます。

しかし、同僚となると同じ立場となります。

仕事ができなかったり、コミュニケーション能力がなかったりするといじめに発展することもあります。

仕事ができないという理由から見下されたりする場合なども考えられます。

そして、一番厄介なケースとして上司との関係です。

上司がどれだけ嫌いな人間だったとしても、何らかの報告をしたり相談をしたりする場合には必ず避けては通れない立場の人間です。

嫌いだったりあまり、人間関係ができていないような状態であると、相手と上手なコミュニケーションが取れなかったりする場合が考えられます。

人間関係が悪くなると接する事自体が苦痛になってしまう可能性も高くなります。

しかし上司への連絡を怠ったり、相談を怠ったりすることによってミスに繋がることもあります。

それがまた、上司から叱られる原因になるので、避けることができません。

職位による上下関係によりさらに問題が複雑に感じる傾向があります。

学生なのであれば、比較的自分と全く違う位に属している人間は先輩後輩くらいです。

そこまでこの手の問題が複雑化される事は少なかったと思います。

しかし、職場となるとまったく環境が変わるので、問題が難しくなる原因の一つになります。

2. 上下関係がある

先ほどご紹介した通りですが、様々な人がいるということは、自分よりも偉い立場、そして自分よりも下の立場があります。

一般的に考えて、立場が上の人間の方が力を持っており、立場が下の人間は従うしかないと言う関係が生じます。

もちろん間違っていることを相手に伝えることだったり、自分の意思を貫き通すと言うことはできます。

気の強い人間であればそれが普通かもしれませんが、気の弱い人間はできない人も多いです。

職場の人間関係で悩んでいる人は総じて気の弱い人の方が圧倒的に多いです。

立場が上の人間に対してあまり主張するようなことはできません。

勇気が必要なことなので、実際に目上の人に対して自分の意見を堂々と主張できる人は多くないのです。

そのような力の関係がはっきりしているという事と、そもそも嫌いであるという事実と、上司と言う立場が組み合わせ。

苦手意識がさらに強まってしまいますよね。

上下関係があることによって、結果的に人間関係の問題がさらに複雑化されてしまうのです。

3. 成績が人によって違う

これは、自分自身が所属している会社の業務内容にもよって変わってくるかもしれませんね。

事務作業などの仕事であれば、そこまで成績と言う概念はないかもしれません。

しかし、営業である場合は、当然ながら毎月達成しなければいけないノルマなどが設定されています。

そのノルマを基準にして成績を照らし合わせて評価が行われます。

ノルマが設定されている場合は、到達しなければいけないノルマと、目標とされているノルマの2つがあると思います。

目標とされているノルマであれば激しく怒られることはないかもしれません。

しかし、到達しなければいけないノルマが未達成の場合、上司に厳しい言葉を言われてしまうかもしれません。

成績が常に優秀な人もいれば、成績が常に悪い人もいます。

周りと比べて継続的に成績が悪い人間は、会社の中でも立場が弱くなってしまいます。

継続的に怒られてしまったり、精神的な圧迫を受け続けてしまうと、そのうち仕事が嫌になったり、怒られることが怖くなっていきます。

そんな会社の人間関係が嫌で、会社の人と話すことやコミュニケーションをとることを怠ってしまうのです。

そして、会社に行くこと自体が嫌になっていきます。

このように会社における成績が人によって違うと言うことで、さらに人間関係の問題が複雑化されていくのです。

4. 年齢と立場が逆になる場合もある

これは、自分が勤めている会社のしきたりなどによっても変わってくると思います。

年功序列を採用してるような会社であれば、そこまで自分よりも年齢が下の人と立場が入れ替わるような事はないかもしれません。

しかし、結果主義な会社に関しては、年齢と立場が逆になってしまうことが十分に考えられます。

結果が全ての会社に関しては、結果によって立場や役職が変わるのです。

極端な話、20代で驚くべき数字をあげている人と、30代で一般的な普通の数字をあげている人を比べたときに、年齢は関係なく、結果だけで判断されるということです。

20代の人間の方が優秀であり、立場が上になるということが起こり得ます。

もちろん立場が上になるということは、社会人であればある程度覚悟を持っていますよね。

そこまで悲観するようなことではないかもしれません。

しかし、中には立場が上になった事を良い事に、相手の年齢が上でもひどい扱いをする場合もあるのです。

結局はその人の人間性次第になる部分がありますが、極端に仕事ができないような人であると、当然ながら仕事ができる人からは舐められてしまいます。

激しい言葉で責められる場合だってあります。

立場が逆転することによって大きなストレスへとつながる可能性が高まります。

5. 性格が歪んだ人がいる

大きい職場であれば、その分様々な性格をしている人と関わることになります。

優しくしてくれて面倒見が良いような人もいれば、怖かったり、人が嫌がる様なことを平気でするような人もいます。

性格が歪んだ人にターゲットにされてしまうと、ネチネチと責め立てられたり、継続的にいじめられたりするようなことにもなりかねません。

さらにそのような性格が歪んだ人がる程度立場がある人間であった場合は、最悪の職場環境となってしまいます。

職場の人間関係に疲れたらやるべき10個の対策

ここまでは、職場の人間関係がいかに難しい問題であるかということについてご紹介しました。

ここからは、職場の人間関係に疲れた人にお勧めする対策についてご紹介します。

職場の人間関係で悩んでいる人は、日本全国でもかなり多いはずです。

職場が存在する限り、その職場には少なくとも人間関係に悩んでる人は一人はいるはずです。

それだけ人間関係の悩みは大きなものなのです。

ときには人の精神を蝕んでしまう様な大きな問題へと発展することも考えられます。

人間関係で疲れて大きなストレスを受けてしまっている方は、必ず自分自身でストレスのケアを行ってください。

ストレスが蓄積していくと病気になってしまったり、仕事に行く事が嫌になって、職場を辞めなければいけない事態に発展することも考えられます。

少しでも職場の人間関係に疲れたと自分の心が感じたのであれば、必ず早めに対策を打つことが必要です。

1. 淡々と仕事に集中すれば良い

職場の人間関係に疲れた時の対策法として、まずは、淡々と仕事に集中することをお勧めします。

職場の人間関係に疲れてしまった時は、当然ながら同じ職場の人間と話をすることが嫌になってしまう気持ちになります。

職場の人間と話してしまうことで、問題が助長されて、いつまでたっても改善されないのであれば、思い切って無視をしてしまいたいところです。

しかし、無視をしてしまうと、結局人間関係にひびが入って自分が窮地に立たされてしまうような状況になりかねません。

なので思い切った行動をするよりも、ある程度の距離感を作り、可もなく不可もないような対応をすることが大切です。

その上で相手とあまり関係を持たないようにする良い言い訳は、「自分の仕事に淡々と集中する」ということです。

当然ながら会社には仕事をしに来ているので、仕事が何をするにしても最優先で行うべき事です。

仕事をしに来てるのであれば当たり前の事なので、誰にも文句を言われることはありません。

なので人間関係に困った時には、自分の仕事を淡々とこなしましょう。

仕事に集中することによって、話しかけにくい雰囲気が出せます。

自分の仕事に集中したいと言う気持ちを周りに伝えることで、必要以上の関わりを持たないようにすることもできます。

自分の仕事が間に合わないから、無駄話ができないと言う様な状況を作り出すことによって、適切な言い訳を作ることができますよね。

相手からも必要以上に嫌われるようなことはなくなりますので、無難に過ごすことができます。

何の訳もなく相手を拒絶してしまうと相手も怒ってしまいます。

そして、良い人間関係が形成できなくなり、さらに悩みになってしまうことが考えられます。

なので、何かしら当たり障りのない言い訳を用意して、必要以上な人間関係を極力遮断することが大切です。

2. 自分と合わない人とは極力接触しない

職場の全員に好かれようと思うことは不可能です。

人間なのでどうしても合う合わないは存在します。

全ての人間から好かれるという考えではなくて、自分のことを理解してくれる人を大切にするという考えを大事にしてください。

馬が合わない人と無理に合わせようとする必要はありません。

相手に合わせようとして、余計に自分にストレスがかかる様な事であれば、わざわざあなたがストレスがかかる事を行う必要はありません。

もちろん一方的に嫌いと言うだけであれば話は別です。

しかし、ある程度関係性を持った上で、どうしてもこの人とは合わないと思うのであれば、接触回数を少なくするなど自分なりに工夫をしてみてください。

ストレスを感じない環境を作り上げることが大切です。

あまりにも露骨に相手を拒絶するようのやり方ではなく、さりげなく相手と接触する回数を減らすことで、相手に直接的に嫌いと言う印象を与えずに自然に関わる回数を減らすことがポイントです。

人によっては嫌いというイメージが伝わってしまうと、露骨に嫌な反応や言葉をかけてくるような人もいます。

合わないくらいならある程度距離感を保ったまま、相手に悟られずに行動することが大切です。

3. 噂話は聞き流す

噂話がない職場はありません。

人がいれば噂が流れます。

しかし、噂話が流れてその話に乗っかって周りと一緒に噂をしたりすると、本人の耳に入った時に嫌な関係になってしまいます。

いちいち噂話などに興味を持っていると適切な人間関係が築けない場合があります。

そもそもある程度の年齢になって、人間が噂話をして楽しんでいること自体がモラルが低いことです。

人間としてのレベルが低いです。

噂話に混じって一緒に話をしたところで何のメリットもありません。

むしろデメリットしかないのです。

噂話をするのが好きな職場で働いている方は、噂話はすべて聞き流してください。

もし仮に意見を求められたとしても、無難な返しをして極力その場を去るように心掛けてください。

しかし意見を述べなければ自分が標的にされてしまう様な面倒な状況なのであれば、ある程度相手の話に乗っかって相手が満足した状況を確認した後に去るようにしてください。

4. 飲み会などにも無理して行かなくて良い

職場の人間関係に疲れた時には、わざわざ飲み会に無理して行く事はやめましょう。

職場によってかなり左右されますが、飲み会が全くない職場もあれば飲み会が頻繁に行われる職場もあります。

たまにある飲み会であれば、親睦を深める意味でも参加するのもいいかもしれません。

コミュニケーションをとることで、普段聞けないようなことが聞けたり、思いがけないところで人と人との繋がりが生まれることもあります。

しかし、頻繁に行われている飲み会に参加したところで特に思いがけない発見があるわけでもありません。

むしろ頻繁に飲み会がある場合は、仕事の愚痴などを吐いたり、文句を言ったりするような環境の場合が多いです。

本当に仲が良くて楽しいと思ってる飲み会であれば話は別です。

しかし、悩んでいる時点でそこまで楽しいと思えていない証拠。

そんな飲み会なのには無理に参加しないようにしてください。

今までずっと飲み会に参加してきて、いきなり断るのは少し言いにくいことかもしれません。

徐々に行かないように回数を減らしていくなどの工夫をすることで、相手を慣れさせながら回数を減らす方が拒絶されにくいです。

もしも飲み会に参加しなければ嫌われてしまう様な相手であれば、それぐらいの関係性であるということを踏まえた上でやはり相手との関係は見直した方が良いです。

自分が相手と本当に付き合いたいのか、そこまで無理して付き合いたくないと思うのか、と言う自分の正直な気持ちを行動に移してください。

5. 挨拶はしっかりする。なるべく自分からする

職場の人間関係に疲れた時には、職場の人と話をするだけでも面倒くさく感じてしまいます。

なるべく接触回数を減らしたいと思ってしまうものです。

しかし、挨拶に関してはしっかりと行うことが大切です。

挨拶をはっきりと元気よく行うことによって、相手に対して明るい印象を与えることもできます。

継続して自分から元気の良い挨拶を行うことによって、周りに対して好印象を与えることもできます。

人間関係に疲れた時には、どうしても普段の言葉や行動が相手に元気がない事が伝わって暗い印象を与えてしまいます。

自分の意見とは裏腹に相手から嫌われてしまう様なきっかけにつながる可能性があります。

本当に相手のことが嫌いで距離を開けたいと思っているならまだしも、苦手意識はあるけど嫌われると仕事がやりにくくなってしまうという状況もあると思います。

挨拶ぐらいはしっかりと自分から行うことで、悪い印象を払拭することがでいますよ。

6. 仕事に集中しているオーラを出して話しかけられないようにする

話しかけて欲しくない時には、仕事に集中しているオーラをわざとだしまくって周りから話しかけられないようにする工夫が大切です。

隣にいる人に話しかけようと思った時に、仕事にとても集中していて話しかけにくい状態と感じたことがある人も多いと思います。

上手にその雰囲気を利用して、嫌な人から話しかけられることを未然に防ぐ工夫をしてみてください。

7. 人は人、自分は自分と割り切る

人間関係に疲れる時は、相手との価値観だったり、相手が気になって仕事ができない時もあります。

どうしても人は自分の心の中で人と比べてしまう考え方を持ってしまいます。

自分では普通だと思わないことを、どうして相手は普通にできるんだろう。

という風に、自分が認められないようなことを平然としてくる相手に対して怒りを覚えることがあると思います。

しかしながら、どうしても人間は生まれ育った環境や、身の回りの事柄が影響して、同じ考えを持った人間は存在しません。

なので、自分の常識を他人の常識に当てはめるような考え方はいくら考えたところで無駄なことです。

簡単には解決しません。

わざわざ指摘して相手との溝を作るようなことも面倒だからしたくない。

と思う人は、「人は人、自分は自分」という風な考え方を持ってみてください。

ある程度割り切った考えを持たないと、日常的に継続したストレスを感じてしまいやすいです。

8. 群れを作らない(群れから外れる)

職場の環境が群れを作るような環境であることも考えられます。

群れを作るような環境であると、人間関係において面倒なことが増えて精神的に参ってしまいやすいですよね。

群れなければ生きられないような人たちからすれば、群れから外れるようなことをすれば自分の存在がなくなってしまう、と危惧しておりなかなか抜け出せないのです。

しかし、いつまでたっても群れの中の一員だとすると、いちいち周りを見て行動したり、周りを伺いながら発言をすることがストレスに結びついてしまいます。

早い段階で、群れから外れて自由に行動するようにしてみてください。

群れから外れてそれが当たり前と言う印象を与えることによって、特に嫌な目で見られることもなく生活することができます。

しかし、群れの中でも関係によっては、抜け出そうとしたときに周りにいる人達から嫌われて、仕事がしにくくなることも考えられます。

慎重に行動するべきですが、「ここにはいたくない」と思ったら徐々に離れるような行動をしてみてください。

9. 競争心を捨てる

基本的に競争心を持っていると人間関係で疲れてしまいやすいです。

営業会社などは特にそうですが、競争心を持ちすぎていると、常に自分の数字と周りにいる人たちの数字を意識してしまいます。

そのため、自分の気持ちが休まる事がありません。

確かに、自分の数字は絶対的なものであり、数字が全てで判断されてしまいます。

それに、競争心を全く持っていない人もどうかと思われてしまいます。

しかし、必要以上に競争心を持ってしまうと、そのうち人間関係においても相手に対して嫌われてしまう様な行動をとったり、発言を行ってしまう可能性が生まれます。

競争心を持つ事は確かに大切です。

ある程度の競争心を持っていなければ出世することができないかもしれません。

でも、必要以上の競争心は自分を蝕んでしまいます。

もしも自分の職場環境で競争心が原因で、ストレスを感じているようなことが思い当たるのであれば、少し自分の気持ちの中から競争心を捨ててリラックスする気持ちを取り入れてください。

急に競争心を捨てるのは自分の体にも負担がかかることかもしれません。

少しずつ自分の中で必要ではない競争心を捨てていくことで、競争心をなくすことの免疫がつくようになります。

少しずつ自分の気持ちの整理を行ってください。

まとめ

今回は、職場の人間関係が難しいと言うことと、職場の人間関係に疲れた時におすすめな対策法をご紹介しました。

人間関係はとても複雑な問題です。

なかなか簡単には解決しないかもしれません。

正面きって相手に文句を言えないような事も多いので、継続的に自分を悩ませる原因にもなります。

さらに、職場に関しては比較的長い時間拘束されるので、嫌な思いをする事も多いですよね。

人間関係が嫌になると、仕事自体が嫌になってしまう事も多いです。

しかしながら、人間関係でいちいち職場を変えるような事をしていては何も解決しません。

ここでその判断をしたら、何度も職場を変えるような事になりかねません。

いつか乗り越えなければいけない日が必ずきてしまいます。

あなた自身が、上手にやり過ごすスキルや、世渡り上手になって嫌いな相手とも過ごしていく方法を身に着けてください。

早い段階でこのスキルを身に着けておけば、ストレスに感じるような事を極力少なくする事が出来ます。

快適な職場環境を手に入れるためにも、自分で行える工夫は積極的に行ってくださいね。