あなたは普段若者言葉を使ったりはしますか?

若い方であれば使用する機会もたくさんあり、ある程度把握している方も多いですが、ある程度の年代だったり、あまりインターネットなどを利用する事がない方にとってはまったく知る機会もないかと思います。

若者言葉は日々たくさん生み出されており、たくさんの言葉がありすべてを理解するのは難しいかもしれませんが、意外と知っていると便利な言葉はたくさんあります。

中には面白い表現のものがたくさんありますので、この機会に知っている人は復習して、知らない人は若者言葉を勉強してみてください。

今回は若者言葉をテーマにしてたくさんの若者言葉をご紹介します。

ppなどの若者言葉が流行ってる?!

若い時には流行りに敏感だったり若い人の中で流行っている言葉についても周りが使っているのを聞いて自分も使用したりすることが多かったりしますよね。

ある程度知識として把握していることが多いですが、成長して仕事などを行ったりしてなかなか流行なのに敏感になれなくなったりします。

そうすると若者言葉が一気にわからなかったりすることも多いと思います。

若者言葉の中には若者が会話してる中で生まれるような言葉だったりインターネットスラングというインターネットの掲示板上で生み出されたような面白くて画期的な言葉などが多く存在しています。

たくさんの言葉があるなかでインターネット中なのでその言葉を用いると周りから面白いと思われたり、周りと話をする時に簡単に状況を伝えたりすることができるので便利な言葉がたくさんあるのも事実です。

比較的まだまだ若い世代の形で若者言葉からちょっと離れてる方であればこの機会に今流行っている若者言葉などを意味を理解して自分自身で使えるように把握してみてください。

ppって何?

若者言葉の中には pp と言う言葉が存在しています。

ppという言葉を聞いてどんな内容を思いますか?
このようにアルファベットを組み合わせた略称言葉なども存在していたりそれ以外には日本語を使ったひらがなやカタカナなどを組み合わせたような単語なども多く存在しています。

意味を知っているとなるほどねと思うような内容もたくさんあるのですが、 意味を知らなければ全くもって意味がわからないのが若者言葉の特徴です。

若者言葉の中にはとても興味深い言葉もたくさんあるのでまずは pp と言う言葉に関して簡単にご紹介していきます。

意味

まずピーピーという言葉の意味はプチパニックの略称の言葉です。

パニックは思いがけないような事が起こった時に使われる言葉であり、プチは比較的な小さいというような意味合いを持っているので、ちょっとしたハプニングが起きた時に用いられるような言葉です。

わざわざ略す様な言葉ではないと思う方もいるかもしれませんが単純に pp と書けば、それだけで状況が相手に伝わるようになるので便利といえば便利な言葉です。

そもそもハプニングが起こった時にはなかなか相手に連絡をすることもままならないことが多いので pp というアルファベット2文字だけで状況を伝えることができるとすると画期的な言葉といえば画期的な言葉です。

使い方

使い方としては今 pp だから後で連絡するというような文章で理解出来ると思います。

しかしながら本当に pp な状態であれば pp とだけアルファベット入力をして相手に送信するだけで理解できる人であればその状況は理解できると思います。

しかしながら、pp という言葉だけ送られてもパニックになっている事が理解出来るだけであって、どういうハプニングなのかまでは想像つかないので、結局送られた相手も pp な状態になってしまうので、あまりわかりやすい方法ではないです。

現在置かれている状況を大まかに説明するくらいであれば簡単な送信で意味を理解出来るので、便利な言葉には変わりないかもしれません。

若者言葉が頻繁に使われる場所

pp という若者言葉について簡単にご紹介しましたがそもそも若者言葉が頻繁に使われるような場所はどういう場所が存在するかわかりますか?

実際に若者言葉を使っている方であればある程度理解することができるかもしれませんが若者言葉は普段使わないような方からすると使われる場所も分かりませんしどこから生まれるのかという事も分からないからが多いです。

若者言葉が使われる場所について簡単にご紹介しますがやはり現代と言うべきか今では誰もが持ってる様なスマートフォンなどを使って用いられるような場合も多く考えられるので、この機会に現代の文化なども理解してみてください。

SNS

若者言葉が頻繁に使われる場所としてはインターネット上のSNSが多く挙げられます。

SNSといえば、スマートフォンなどで簡単にログインをすることができるようなインターネットサイトやサービスであり、中にはアプリに登録してログインをするようなものもたくさん存在しています。

例えば最近若い世代で流行っているSNSといえば twitter や instagram や facebook や line など様々なサービスが考えられます。

インターネット上でたくさんの人と繋がることができるので不特定多数の人と会話をする機会なども多く若者言葉をメインで用いられるような場所なども存在しているので若者言葉を知らないとなかなかコミュニケーションが取れなかったりすることも考えられるので若者は敏感にそう言った言葉などを把握してる方が多いです。

スマートフォンの普及などにより今までは存在しなかったSNSなどを気軽に利用することができるので、コミュニケーション方法として若者言葉を取り入れた会話がメインで行われています。

日常会話

当然ながらSNSで使われるような若者言葉は現実の日常会話などでも使われる場合が多いです。

実際に高校生の若い方や、高校卒業した程度の大学生の方など比較的若い世代の方は日常会話などでも若者言葉を使用してコミュニケーションを取っていることも多いです。

例えばゲスいと言う言葉なども若者言葉の中の一つであり、 ゲスいと言う言葉は男性が女性を傷つける様な言葉であり若しくはそのような行為に対する投げかけの言葉として用いられています。

なので、A子が彼氏にフラれて、それからすぐにB子と付き合ったというような事を行ったりすると彼氏の行為がゲスいというような言葉を女性から言われてしまいます。

このように日常会話などで若者言葉を用いて会話をすることが日常茶飯時です。

若者言葉を知らない方からするとまったくもって意味がわからない人もいるかもしれませんね。

若者言葉の中心は高校生?!

若者言葉を実際に使っている人は高校生や大学生の方が多いです。

実際に若者言葉が生まれる状況を考えてみても若い人たちが日常会話などで略称して使ったりする場合や、インターネット上の掲示板などで生まれるインターネットスラングなどが利用されていることも多いので、実際に生み出している人や使っている人達は高校生が中心となっていると考えられます。

高校生の年代であれば比較的流行りものに関しては敏感に反応することになるので日常会話なども誰かが使っていればすぐにも誰かが真似をして伝染するようなことも考えられます。

流行りに敏感な高校生という年頃だからこそ広まりやすい言葉だとかもしれません。

流行りの若者言葉ランキング18

ここまでは若者言葉ということの意味合いが使われる場所や使う人について簡単にご紹介していきましたがここからは実際に今流行っている若者言葉を様々ご紹介していきたいと思います。

あなたの身の回りにいる若者がご紹介する若者言葉を使っていることも可能性としては高いです。

相手とコミュニケーションをとる上で相手の話してる意味が全く分からなければ話も広がりませんので、若者言葉について少しだけ理解を深めておくことで、相手の言っている言葉の意味を理解することにもつながります。

もしかしたら面白いような言葉などもたくさん存在していると思いますのでこの機会に若者言葉を勉強してみてください。

フロリダ

まず最初にご紹介する流行っている若者言葉の一つとしてフロリダが存在します。

フロリダと聞くと誰もがアメリカのフロリダ州を想像するかと思いますがもちろんフロリダ州という意味ではありません。

フロリダという言葉は、 いわゆる略語でありお風呂に入るから離脱するという意味合いを持っています。

フロリダという言葉を使う場合は最近では利用して当たり前な line などでみんなでメッセージのやり取りを行っている時にフロリダと言う言葉を使えば一時的に返信ができないという状況をみんなに簡単に伝えることができるので多く用いられている若者言葉です。

一見すると何の意味を持っているのか全くわからないかもしれませんが一旦意味を理解するともうそのような意味にしか捉えられなくなってしまうという便利な言葉でもあります。

比較的若い方たちは頻繁にメッセージのやり取りを行ったりしているのである程度年齢がかさむと頻繁なやり取りなどは行わなくなる傾向があるので、そもそも利用機会も少ないかと思いますが、便利な言葉なのでこの機会に理解してください。

それな

次にご紹介する若者言葉の一つとしてそれなと言う言葉が存在しています。

若者言葉の中でも比較的使用される頻度がとても多い言葉であり今最も流行っている言葉とも言えます。

よくインターネット上の掲示板になのでも見たことがある方も多いと思います。

インターネット上の掲示板や youtube のコメント欄などでもよく見受けられるのがその物事に対して自分の意見を述べたりするコメントに対して共感の意味を示す意味としてそれなという3文字の言葉を使って相手に同意したり、相槌を打つような形で用いられていることが多いです。

短い文章で相手に同意をすることができる言葉ので便利な使い方ができるということでたくさんの若い方が使っています。

ちなみにたくさんの人が使っている sns である twitter などでもこの言葉を検索すると一日で2件以上使われていることを確認することができるので行かにこの言葉が流行っているかと言うことを理解いただけると思います。

卍(まんじ)

次にご紹介する若者言葉は卍です。

卍とだけ聞くとまったく意味が分からないと思いますが、この言葉も意味を持っています。

元々卍に関してはヒンドゥー教や仏教で用いられているような吉祥の印として知られています。

しかしながら若い子たちの間では何時と言う言葉を3つの意味を持って使われておりまず一つ目は調子に乗っているときに使われる言葉でありもう一つは仲間との絆を示すような言葉、そして3つ目は特にそこまで意味はないと言う意味合いになっています。

具体的に例文として考えてみると、調子に乗っているような人に対してまじ卍、というような使い方が出来ますし、学生の絆卍というような使い方もできますし、卍卍卍 ●●● 卍卍卍というような形でただ単純に物事を強調したい時とか、装飾を付けたい時などの使用されたりするような使い方が出来ます。

ある意味意味を持っていたり記号として使われたりしているような状況になっていますが若者の間でも理解されている言葉として広く用いられています。

ワンチャン

次にご紹介する若者言葉の一つとしてワンチャンと言う言葉があります。

ワンチャンと言う言葉を聞いてピンと来た方は麻雀が好きな方が多いと思います。

もともとワンチャンという言葉に関しては麻雀を打っている時に振込そうだけど通る可能性はあると言う場面などで、牌を切るときに使われていた言葉であり、それがいつのまにか広く浸透して若者の間でも使われるになったことがきっかけだと言われています。

麻雀で使われる言葉ちょっと難しそうに感じるかもしれませんが単純にわんちゃんと言う言葉に関してはもともと略称言葉でありワンチャンスという意味を略称したような言葉です。

などで難しく考えずに可能性がある可能性がゼロではないと有用な意味合いとして用いられることが多いので、難しいような状況だとしても可能性があればワンチャンあるから頑張ろうというような使い方ができたりします。

比較的若者以外でも使ってる方が時々見受けられると思いますので使ってみると面白いと思いますよ。