お金を上手く儲けている人・お金をたくさん持っている人たちは、お金を大事に使わない人たちが持っていないある共通点を持っています。

それは一体何なのか、その答えをご紹介します。

お金儲けにつながる、毎日コツコツやったほうが良いこと9選

今よりももっと多くのお金を儲けたいと思うのならば、毎日コツコツやったほうが良いこと9選あります。

今日からでもすぐにできる、5年後や10年後に、今より2倍のお金を貯める方法をご紹介します。

1、整理整頓する

家の中が汚いと何が家の中にあって、何が不足しているのか、とか、あと少しすればどんなものが足りなくなるから、買って置かなければならない、などの整理が上手にできません。

整理ができていないと余計なもの、既に買ってあるものをまた買ってきてしまい、必要になる頃には賞味期限が切れてしまう…という負のループを繰り返してしまいます。

整理整頓することで、お金を大事に使えるようになるだけではなく、お金儲けにも繋がっていくのです。

特に水回りに力を入れる

特に水回りについては、できるだけ使った食器を溜めたりしないで、完璧とはいかないまでも、綺麗にしておくことをオススメします。

水回りを不清潔にするとすぐにカビなどが生えて健康に悪影響を引き起こしたり、料理をしようと思っても「前に使った時の食器を洗ってからでないと使えない」「面倒くさい」「結局また使った食器をそのままにする」「シンクが綺麗な時がない」などの悪い循環を作ってしまいます。

シンクを汚くしておけば、そこにカビが発生する可能性は大、小さなカビは人の目には見えない場合もありますので、知らない内に癌になる元を空気感染で吸い込んでしまうかもしれないのです。

シンクは食べ物を作る場所です。

清潔で健康なものが食べられる環境を作っておくことで、頭もどんどん働くようになり、お金儲けのアイディアが沸いてくるのです。

2、無駄使いをしない

お金は入ってくる分を増やすことだけを考えるのが大切なのではなく、入ってきた分を上手に使いこなすということも大切です。

いくら収入が良いとしても、入って来るお金をバンバンと使ってしまえば、生活はそれ程良くなったと感じることはできないでしょう。

有意義な使い方をする

しかし時には「思い切って使う」ことも大切です。

普段の生活の中では、将来の為にとか、安定した生活を送るために、節約したり、計画を立ててお金を使うことが大切です。

でも、生活上必要な物にはある程度お金を使うようにしてみて下さい。

財布の紐をしめる時はしめ、開ける時は開ける、無理し過ぎて息が詰まるような生活をしないように上手くコントロールできるようになると、有意義なお金の使い方ができるようになります。

例えば、旅行です。

同じホテル、同じ部屋なのに、予約する方法によって金額は変わります。

半額でいけるなら、それに越したことはありません。

洋服も同じことがいえます。

定価で買う人もいますが、数ヶ月待って半額で買う人もいます。

たった半月で同じものが手に入るなら、できるだけ普段は待った方がいいでしょう。

ただし、どうしても必要な時は我慢し過ぎないで奮発するのがいいのです。

「お得になるまで絶対に買わない」と頑固なまでに頑張り過ぎるよりも、上手いお金の使い方をしよう!とポジティブに知恵を絞る方が満足度が上がります。

3、お金になる趣味を始める

持っているお金をできるだけ使わないようにすることも大切ですが、働いて増やしてしまうという方法も手っ取り早いお金儲けのアイディアです。

『38万円の壁』に注意

皆さんは38万円の壁という話を知っていますか?

学生、主婦、老人、幼児問わず、生きている人は皆、国の決まりで「基礎控除の対象」になっています。

1年の間、株・パート・アルバイト・・・どんな方法でも構いません、38万円までの収入であれば、そのお金に一切税金は掛からないのです。

つまり、38万円までの収入ならば、そこから税金などのお金を一切引かれずに、全てそのまま自分の懐に入るということです。

もし現在、主婦や学生などをしていて、年間一切収入がない人がいるのならば、38万円までは働く方がとってもお得です。

1年で38万円を+にできれば、2年で76万円、3年で114万円ものお金が増える計算になります。

4、ちょっとしたアイディアをメモっておく

日々の生活の中で「もっとこうして見るといい」というアイディアが閃いた時は、一つのメモ帳や手帳を作って、そこに纏め書きするくせをつけておくとためになります。

発想力を磨いてみる

お金の儲け方が上手な人は共通して使い方が上手いという性質を持ち合わせています。

お金もちのほとんどが、それぞれ独自のお金に対する発想力を持っているんです。

例えば、ある人は、同じメーカーの靴下・下着・ハンカチしか買わない「同じものをいくつも購入するのが好き」な癖があるとか、お金は十分あるのに、宅急便で届いた荷物を梱包していた段ボールや発泡スチロールをリサイクルして使い回ししていたりします。

普段の自分の生活の中でアンテナを伸ばして発想力を磨いておくと、ふとした時に儲かるアイディアが浮かんでくるのです。

5、財布の中をきれいに保つ

貧乏な人のお財布は残念ながら大概古くなったレシートや、50円未満のご銭、1円玉や5円玉、10円玉でバンパンになっています。

レジでお金を払おうとする時も、その「分厚い財布」を使って、できるだけ細かい小銭で支払おうとしてしまいます。

でもここで考えてみて下さい。

小銭を出して苦労してお金を支払おうと、1000円札や5000円札だけを出してぱっと支払おうと、実は払っているお金・使っているお金の額に差はないのです。

お金の管理は記録する

最初は面倒くさいと思うかもしれませんが、お金の管理は大雑把でもいいので、どこかに記録するのがおすすめです。

頭の中で「自分は管理出来ている」と思っている人でも、いざ書き出して見ると、1万円〜3万円程の誤差はあるものです。

6、「お金がない」と言わない

お金をきちんと管理できている人はあまり「お金がない」といいません。

買いたい欲求をコントロールする

どうして「お金がない」と言わないのか、それは本当のお金持ちたちは、お金があろうと無かろうと、同じ物を買い、同じ生活をするからなのです。

もちろん旅行などの非日常的なことに関しては、高額なお金を使います。

ファーストクラスに乗って海外旅行とか、高級車を買う、高級ペットを飼う、贅沢な住まいを購入するなどなど、そういうことにはお金を惜しみません。

でも、それ以外の日常的なことについては、地に足のついたお金の使い方をするのです。

7、健康に気を使う

お金を持っている人は、驚く程、ほとんどの人が健康に気を使っています。

お金持ちはみんな「お金があろうがなかろうが、病気だけには勝てない」と思っているのです。

散歩などお金をかけない運動をする

お金持ちの中には、高級ジムに通う人もいますが、多くの人は犬を飼っていることが多いので、毎日の運動を散歩で済ませてしまいます。

都内の高級住宅街といわれる白金・広尾・松濤・世田谷等に行ってみて下さい。

お金持ちのおば様、おじ様、お坊ちゃま、お嬢ちゃま達が、これまた高そうなワンちゃんを連れて良くお散歩をしているのです。

8、”お得”を見逃さない

お金持ちは頭が良いとは限りませんが、お金に関する嗅覚がいいというか、お金に賢い一面を持っています。

10円や100円のお金のことではありませんが、10万・20万円単位のお得な情報は決して見逃しません。

上手く出費を抑える

お金のない人・貯まらない人・儲からない人は、10円や100円のお金を勘定しては「今日はお得に買えた」とか「30円安く買えた」ことに安心を感じてしまいます。

でも、気が付いてみて下さい。

その程度のお金のある・なしでは、自分の世界はさほど変わってくれないのです。

だったら上手く出費を抑えるにはどうしたらいいのでしょうか?

9、食費は削らない

お金儲けをしたいのならば、食費は削ってはいけません。

但し、贅沢をし過ぎる・食べたいだけ高級なものを食べることとは違います。

健康維持の為に大切

安いものを買おうと思い過ぎると、安全でない食品にも手を出してしまうケースが多々あるはずです。

割引シールがついているもの、10円でも安いものを買おうとしてしまう・・・そんな行為は長いスパンで人生を見ると本当に無意味、どころか、健康にとっても悪いのです。

健康維持の為には、例え量を減らしたとしても一定以上の品質の良い食品を選ぶことが大切です。

たくさん稼いでお金儲けしたい!

20代後半から30代前半は、人生の稼ぎ時です。

このくらいの歳の人は「たくさん稼いでお金儲けしたい!」という野望を持っている人もたくさんいることでしょう。

多くの人が頭の片隅で考えている

普段は職場で何気なくクールに働いている人でも、頭の片隅では「たくさん稼いでお金儲けしたい!」と思っている人が大勢います。

お金が欲しい欲求は自然なこと

お金が欲しいという欲求はごく自然なことですが、「お金がたくさん欲しいと思っていることを周囲が知れば、それって、なんだか恥ずかしい」多くの人はそんなことを思って、お金を今より多く手に入れたくても中々口にしたりしません。

お金儲けしたくても方法は分からない…

お金が欲しいと思っても、実際はお金儲けする方法が良く分からない、「そんなの分かっているのならとっくにやってる!」ですよね。

副業したくても出来ない

メインの仕事以外でお金儲けをしようとする時、多くの人が副業を思いつきます。

インターネットが普及する今なら、自宅やスマートフォンを使えば、1週間に2000円~3000円ならどうにか増やすことができます。

でも、それって増えたところで月に1万円程度、それでもやる価値があるといえるでしょうか。

ネット副業は怪しそう…

ネットの副業は怪しそうなものも掲載されています。

怪しそうなもので特に多いのがアダルト系の副業です。

パスポートのコピーをメールに添付して送れば、家のパソコンとwebカメラを使って、出会い系チャットに参加することができるというものですが、時給は良いから気になるものの、一度参加したらとんでもないことになりそうな危ない匂いがプンプンしています。

お金儲け出来ないNG行動してませんか?

お金を儲けたいと思う前に、事前に確認すべき項目があります。

支出の内訳を把握してない

普段何にどれくらいのお金を使っているか、支出の内訳を把握していますか?「大体わかっているよ」そう答えた人でも、実際ノートか何かに書き出してみると、2~3万円くらいの差額が出てくるものです。

将来設計が曖昧

日々の生活の中で10円・100円の節約をしていくよりも、将来設計を曖昧にしないで計画しておくことはとても重要です。

5年後にはどれくらいのお金を貯めておくのか、10年後にはどれくらいのお金を貯めておくのか、その目標に向かって逆算して今を計算すれば、自ずと、今やらないといけないことが見えてくるはずです。

お金の使い方が荒い

もっともお金が儲からない・貯まらない人の原因は、とっても単純、お金の使い方が荒いからです。

お金持ち程、こだわりが少なく、「どうしても買わないとだけなもの」なんて考えはしないで「ないものはアレで代用できるから、買ってもいいけど、買わなくても平気」くらいの心の余裕があるのです。

一発逆転を狙っている

確かにこのご時世、一発逆転したい気持ちになるのはかなり良く理解できます。

私も狙っている大勢の中の一人です。

しかし一発逆転だけに運命をbetしてしまうのはリスクがあり過ぎです。

ある程度のお金は確保しながらも、一発逆転を狙う、このルールを破ると今よりもっと叶わない生活が待っているかもしれません。

毎日の積み重ねは長期のお金儲けに繋がる

日々何かを買う時に、ほんの少しのお金を節約しよう、とか、欲しいものが数百円安く買えたからって「お得だった」と思わないで、できるだけ余計なものにお金を使わない「買わない」癖をつけてみて下さい。

今まで「買わないとダメ」と思っていたものを家にある何かで代用できるようにするだけで、頭の中のお金の回路に変化が表れるはずです。

お金を使わない→ショッピングしない時間をお金儲けの時間に割り当てる、お金持ちたちは、誰かが余計なものを買っている間に、人より多くのお金を儲けているのです。