人は誰しもがコンプレックスを抱えている生き物です。

目に見える部分がコンプレックスに感じている人もいるかもしれません。

目に見えないような部分をコンプレックスに感じている人も多いです。

例えば、周りと比べて身長が高すぎる人であったり、身長が低すぎる人。

人と会話をすることが苦手で上手にコミュニケーションを取れなないという人。

学歴が周りと比べて低くて悩んでいる人。

人によって、様々な問題を抱えています。

相手の心の中は読めないので、簡単には分からないかもしれません。

ですが、気にしている事は敏感に反応してしまいやすくなります。

特に女性の中には自分の体型を気にしている人も多いです。

その多くが太っていることを気にしているのです。

女性は、子どもを出産することや、体の体質なども含めて体に脂肪がたまりやすくなっています。

そして、特に体の中の脂肪がたまりやすい部分は、お腹や二の腕、脚などが多いかと思います。

今回はその中でも、「ふくらはぎ」をテーマにしていきます。

ふくらはぎが太い理由や解決策について簡単にご紹介しますよ。

ふくらはぎを細くしたい人必見!

必ず人間であれば、自分がこうなりたいという理想の姿は誰しもが持っているはずです。

理想の姿を想像する時に必ず考えやすい特徴としては、自分にないものを持っているような姿を想像してしまいます。

男性でいえば、身長が低い男性ほど、スタイルが良く、ルックスが良いような理想の姿を想像するでしょう。

女性であれば、スリムな体型でモデルのような体型を理想の姿を想像する方が多いと思います。

自分がコンプレックスに感じている部分を理想の形に変換することで、理想の自分を想像することができます。

ですが、先ほどお伝えした様に、女性の方は脂肪が溜まりやすい体質の方が多いです。

なので、ふくらはぎなどに想像以上にお肉がついてしまって、あまり足を出すことができない人も多いかもしれませんね。

どうしても、周りからどう思われるのかということを気にしてしまいがちです。

誰しもが自分がコンプレックスに感じる部分は多くの人の目にさらされることは好みません。

自信がないものは見せたくないと思うのは人間の本質です。

しかしながら、身長などに関しては限界があるかもしれませんが、ふくらはぎなら解決方法があります!

まずはその解決方法試してみてください。

理想の自分を想像するだけではなく、理想の自分になるために行動してみませんか?

【足を細くする方法は、こちらの記事もチェック!】

ふくらはぎが太い原因とは?

人間の体の中でもふくらはぎは比較的太くなってしまいやすい部位です。

普通に生活をしていて、いきなり腕が太くなってしまうということはなかなかありませんよね。

ある程度脂肪を蓄えてしまって、二の腕が太くなるということはあり得ます。

しかし、二の腕から先の部分が太くなるようなことはあまりありません。

このように人間の体の部位には太くなりやすい部分と、太くなるのは時間がかかる部分に分かれています。

しかしながらふくらはぎに関しては、気づいたら想像以上に太くなっているということがあります。

そのふくらはぎが太くなってしまう原因についてまずは理解していただくことが大切です。

むくみ

まずふくらはぎが太くなってしまう原因の一つとして、「むくみ」が考えられます。

誰しもが睡眠から起きて朝自分の顔を見たときに、想像以上に顔がパンパンにむくんでいた経験があると思います。

それと同じように人間の体全体もむくみが発生する対象になります。

そして、ふくらはぎについては、そのむくみの影響を大きく受けてしまうのです。

まずふくらはぎ自体が、体内循環をコントロールしている心臓から離れています。

なおかつ地面に近い距離にあるので、重力の影響を大きく受けやすい部分になります。

またふくらはぎ自体が代謝が悪くなりやすい部分としても知られています。

それが原因でふくらはぎはむくみが生じやすいのです。

さらに、ふくらはぎのむくみがひどくなってしまうと、痛みを伴ってしまうケースなども考えられたりします。

実際にふくらはぎが大きくむくんでしまうケースの1つとして、冷えによる酵素の機能が低下してしまうということが考えられます。

体が冷えてしまうと、体の機能が低下してしまうので代謝が悪くなってしまうことが考えられます。

身体機能の代謝が悪くなってしまうと、当然自分の体に流れる血流の流れも悪くなってしまいます。

そして、悪循環になりむくみが生じてしまいます。

また普段自分が行っている仕事の内容が、デスクワークなどで長い時間同じ姿勢をとり続けてしまいという方もむくみが発生しやすいです。

適度に体を動かして、血流の流れをよくしないとふくらはぎはむくんでしまいます。

このように、仕事が原因になっている方はかなり多いです。

セルライト

ふくらはぎが太い原因の一つとして、セルライトが考えられます。

セルライトという言葉を聞いたことがある方も多いと思います。

実際にセルライトがどういうものなのか知っていますか?

セルライトというのは、皮膚の真皮と呼ばれる皮の下の層にある脂肪細胞が変性してしまったもの。

それが、互いに接着したり、或いは水分や老廃物などが接着してそれが大きくなって塊となってしまいます。

そして、皮下組織に凹凸を形成するような状態になってしまうことを意味しています。

特にセルライトは自分の体の中でも、お尻の部分や太もも、腹部に均一に形成される場合が多くなっています。

そして、男性よりも女性の方がセルライトができやすいのです。

セルライトができてしまう原因の一つとしては、血行障害です。

血行障害は先ほどご紹介したように、長時間の同じ姿勢や、冷えによって起こる原因が考えられます。

自分のふくらはぎが太くなってしまうことを理解していても、そのまま放置してしまう方も多いですよね。

ですが、そのまま放置してしまうとセルライトができてしまうことにつながってしまいます。

脂肪

ふくらはぎが太くなる原因の一つとして、単純に脂肪が集まりすぎているということが考えられます。

どうしても社会人になるとなかなか運動する機会もなくなってしまいますよね。

それに、体力も若い頃に比べて低下していきます。

運動するという意欲自体もなくなってしまいまいやすいです。

日常的に体を動かしているような環境に身を置いていれば、脂肪がたまることはあまりありません。

しかし、大多数の社会人の方は運動する機会がないまま生活しています。

そうして体を動かさないで、お酒などを飲んで、高カロリーなおつまみを日常的に食べていると脂肪が蓄積されていく一方です。

20代30代になると、脂っこいものなども好んで食べるようになります。

夜遅くまでお酒を飲んだりする事も多くなるので、脂肪がつきやすいような状況になってしまうのです。

そして、気付いたらふくらはぎやそれ以外の部分も脂肪がたまってしまうのです。

脂肪を消費するには適度な運動が必ず必要です。

運動を行わずに脂肪をなくすと考えた時に、脂肪吸引以外にはなかなか方法はありません。

ある程度脂肪がついてから気付く人が多いですが、そうなる前に、普段から日常的に運動を取り入れる生活習慣を行うことが必要です。

筋肉

ふくらはぎが太くなってしまう原因の一つとしては、筋肉太りということも考えられます。

よく女性のアスリートの悩みとして、筋肉がつきすぎてしまってることがあげられます。

男性よりもたくましくなってしまうと、女性として気になってしまいますよね。

ですが、運動習慣を普段から取り入れてる方は、他の人よりも筋肉が発達していることが多いのです。

筋肉は足などの下半身が割合をほぼ占めているので、自然と足の筋肉がつきやすくなります。

足の筋肉の中でも、太ももやふくらはぎはかなり筋肉の割合が大きいです。

なので筋肉がつきすぎによって、ふくらはぎが太くなってしまうという事は十分に考えられます。

運動の中でも有酸素運動がメインではなく、無酸素運動と呼ばれる筋肉トレーニングしかしていない人に多くみられる傾向です。

また筋肉だけが原因ではない場合もあります。

筋肉をつけるための運動をしたことにより、疲労物質が発生します。

そして、それがふくらはぎに溜まってしまいます。

その疲労物質を解消する方法を取り入れていない人は、さらに太くなってしまうのです。

確認方法としては、疲労物質がたまっている部分については、とにかく固くなってしまうことが特徴です。

もしも日常的に運動習慣を取り入れていて、自分のふくらはぎがカチカチに硬くなっているのであれば、疲労物質が溜まってる証拠です。

その場合、ストレッチをしたり、筋肉をよくもみほぐしたりするなどして、循環をよくする作業が必要です。

タイプ別の対処法を紹介!

ここまではふくらはぎが太くなってしまう原因について簡単にご紹介しました。

ここからは、これまでご紹介してきたタイプ別に具体的な対処法などをご紹介します。

まずは、今の自分がどういう環境に身を置いているのかということを客観的に考えてください。

そして、自分のふくらはぎが太くなってしまう原因はどの部分に該当するのか、を確認した上で適した対処法を実践してみてください。

間違った方法を実践しても意味がありません。

心当たりがあるものに関しては、広く取り入れて効果があったものに関しては日常的に行うことをお勧めします。

むくみ・セルライト

まずは、むくみやセルライトが原因の方です。

生活習慣によってむくんだり、血行不良によってセルライトになってしまっている方は想像以上に多いです。

女性は男性に比べてデスクワークなどの業務を行う方も多く、特に日本は他の外国と比べて長時間労働が当たり前になっている現状があります。

長く仕事をしている方は残業は当たり前。

中には毎日10時間以上も仕事をしている人もいるのです。

残業が多くなれば多くなるほど同じ姿勢をとらなければいけないですよね。

なおかつ疲労物質も溜まってしまいます。

自分のプライベートを楽しむ、ストレス解消する時間もなくなってしまいます。

運動習慣を取り入れる時間もそもそも存在しません。

だからこそあまり多くの時間をかけずに、手軽に行えるような対処方法を実践する必要があります。

血行を良くする

まず一番初めに行っていただきたい対処方法は「血行良くする」ということです。

先ほどからお伝えしているように、デスクワークなどで長時間同じ姿勢をしていると、体の中を流れる血液の循環が悪くなってしまいます。

特に夏に関しては冷房をガンガン効かせた室内で仕事をすることも多いですよね。

室外から入って来た時は良いですが、ある程度長時間仕事をしていると、汗も止まって逆に寒くなってしまいます。

女性の中には冷え性の方もいて、さらに血液の循環が悪くなってしまいます。

そうならないためには、血行を良くするケアを行う必要があります。

血行を良くするための方法としては、適度な軽い運動を行う必要があります。

ですが、あまり時間がない方も多いと思います。

そんな時は、家の近くをウォーキングするとか、軽いジョギングをするだけでもいいのです。

体が温まり血行が良くなって、冷えやむくみを解消することができます。

それが難しければ、体を温めて軽いエクササイズなどを普段の日常生活に取り入れても良い効果が得られます。

マッサージをする

マッサージをすることも効果的です。

体をしっかりと温めた上でマッサージすることによって、体の中に溜まった疲労物質を取り除いてくれる効果もあります。

ふくらはぎを細くするためにマッサージをするのであれば、一番オススメなのがリンパマッサージです。

有名な話ですが、リンパの流れが滞ってしまうと血行不良になってしまいます。

それに、新陳代謝も落ちてしまいます。

リンパの流れを良くすることによって、ふくらはぎのむくみなどを解消することができるのです。

結果として太さなども細くなります。

むくみがあまりにもひどすぎると、適度な運動を行っていたとしても意味がない場合も考えられます。

なので、おおもととなるリンパの流れを早急に良くする方が大事です。

まずはマッサージを主軸としてケアを行ってください。

すぐに効果が現れる方もいますが、継続的に行わなければすぐには改善しない問題にもなります。

継続的にマッサージを行うことで、血行不良を徐々になくしていくことが一番大事です。

即効性がなくても継続的に行ってくださいね。

ひざの裏を指圧

足のむくみやセルライトなどを解消するためのマッサージ方法として、ひざの裏を指圧するという方法がおすすめです。

自分自身の足首から膝の裏までのリンパ節まで、左右の手を使って交互にさすりあげるような方法で指でしっかりと指圧してください。

むくみやすいふくらはぎのケアは日常的に行わなければ、効果は得られない事が多いです。

必ず継続的に行っていただきたいです。

行うときには、手の平全体を自分のふくらはぎの肌にピタッとくっつけてマッサージをします。

指先は離れてしまいがちなので、あくまで適度な力で指圧して肌に密着をさせている意識は必ず持つようにしてください。

これを各脚毎に15秒ずつ行って、時間があればさらに何セットか行うと良い効果が得られます。

足の裏と甲を指圧する

足のむくみやセルライトを解消する方法として、足の裏と甲をマッサージする方法もおすすめです。

足の裏と甲をまんべんなく指で指圧しながら押すことによって、むくみの効果的なツボを押すことができます。

指で指圧する際にはあまり強い力で押すのではなく、ゆっくりと丁寧に押すことを心がけて指圧するようにしてください。

同じ力を使っていても、痛く感じる部分とそこまで痛みを感じない部分に分かれると思います。

痛みを感じる部分に関しては、力を弱めて回数を多めに行うようにするなどの工夫をしてください。

ちなみに足の裏のツボに関しては、湧泉と呼ばれるツボがあります。

これは、体のむくみを取るのに効果的なツボといわれています。

このツボは、足の裏の土踏まずの少し上辺りにあります。

足の指を曲げて見るとへこむ箇所がありますので、その部分がツボになります。

床に足を伸ばして座ってください。

そして、このツボを両手の中指で押さえたまま、膝を伸ばしたり縮めたりするなどの屈伸運動を行っていただくのが効果的です。

ちなみに、ちょっと場所はずれますが、足首のツボもあります。

足首の関節の前面の中央にちょうど2本筋がありますよね。

この間にもツボがあり、代謝を高めてくれるツボなので、足のマッサージの時には同時に行うと効果が高まります。

【足のむくみに効くマッサージ方法は、こちらの記事もチェック!】

脂肪

次に、ふくらはぎに脂肪がたまってる場合の対処方法についてもご紹介します。

一般的にふくらはぎに脂肪がたまってる状態は運動不足が考えられます。

もともと足は体の中の筋肉の大部分が存在しているといわれています。

本来であれば筋肉がつきやすい部分になりますが、運動を行っていなければ逆に脂肪がたまりやすい場所にもなります。

なので普段の生活習慣で運動取り入れていない方は、脂肪に変わってしまっていると考えられます。

運動する習慣が無い方は、運動を行うことが大切です。

筋肉をつける

ふくらはぎに脂肪がたまっている状況を改善したいのであれば、運動を行って「筋肉をつける」必要があります。

あまりにも筋肉をつけすぎると、逆に筋肉が太くなって見栄えが悪くなってしまうと恐れている方もいるかもしれません。

しかし、適度な筋肉であれば問題はありません。

なので筋肉をつける際には、筋肉をつけすぎない運動を意識することが大切です。

オススメの運動としては、つま先の上げ下げ運動です。

これは、あまり激しくない運動でありながら、脂肪燃焼にも良い効果を持っています。

程よい筋肉と、程よい脂肪のバランスが、一番綺麗に見えるふくらはぎを作ることにつながります。

無理な運動をせずに、自宅で簡単に行えるような運動だけでもしっかりと筋肉をつけることができます。

しかしながらあまりにも暴飲暴食を行っていれば、運動を行っている意味がありません。

その他の面で筋肉をつける妨げになるような生活習慣は排除するべきです。

筋肉


ふくらはぎに筋肉がつきすぎている場合の対処方法もご紹介します。

アスリートであったり、日常的に筋トレや運動などをしている方は足に筋肉がつきやすいです。

しかし、筋肉自体は健康面でも悪い事ではありません。

あまり気にしすぎない事も必要です。

ですが、昔からの悩みという事であれば、対処方法を行う事で、見栄えのいいふくらはぎにすることはできますよ。

ヨガ

ヨガなどを行うことで、激しい運動を行わずに適度な筋肉を保つことができます。

ヨガを行うことでふくらはぎを綺麗に引き締める効果が高まります。

エクササイズの中でも、ヨガはふくらはぎを痩せさせる要素をほぼ全て取り込んでいます。

かなり高い効果が見込めます。

簡単にできるヨガとしては、サギのポーズ。

やり方は、右足の膝を立てて、両手で右足の土踏まずや足首をしっかりと持ちます。

そして、かかとを突き出しながら、膝を後ろへ適当に伸ばす様にして、背筋を伸ばして骨盤を立てることを意識したようなポーズです。

ポーズをとる時には肩の力を抜いてリラックスしましょう。

背中が丸まらないように気をつけながら、しっかりと足を伸ばす動作も取り入れることで、より効果が高まります。

ヨガの良い点は、時間がない方でも家でサクッと行うことができることです。

なおかつ、必要な器具などはそこまで揃える必要がないという点がメリットです。

忙しくてなかなか行動できないという方でも、気軽に行える方法なので試してください。

他の対処法

ここまではタイプ別にそれぞれのふくらはぎの悩みの対処法を紹介しました。

その他にもふくらはぎの悩みを解決する対処法があるので、ご紹介していきます。

ここまでにご紹介した内容を試してあまり効果がなかったり、継続して行うのが困難だと感じている方。

ここからご紹介する方法を取り入れていただくことで、より効果を体感していただきやすいです。

合わせることで、ふくらはぎ痩せの効率を上げてくれる事にも繋がります!

姿勢を良くする

ふくらはぎを細くする対処法として、「姿勢を良くする」ということが大切です。

例えば、デスクワークで長時間座っている人であれば、自然と自分が座りやすい姿勢になっていることが多いです。

体をどちらかに傾けて座ったり、足を組んだりして座ったりすることが考えられます。

ですが、自然な状態で座らないと、自分の体のどこが圧迫されたり、血流が悪くなったりすることも考えられます。

そうならないためにも、姿勢を正しくして座ることが大切です。

また歩く際には、姿勢をまっすぐにして体がずれないように歩くことが大切です。

体の重心がずれてしまったり、前かがみになって猫背のようにして歩いたりしていると、血流が悪くなります。

それに、変な所に体の脂肪が蓄えてしまったり、健康面で悪い影響が生じます。

そこから徐々に体全体に脂肪や血行不良が広がってしまいます。

普段の姿勢を良くする事が、体の疲労を取り除く事にも繋がる事を理解してください。

エステに通う

ふくらはぎを痩せたいと思っても、想像以上に時間がなかったり、実践するのがめんどくさいと思っている方も多いと思います。

そのような方は手っ取り早くエステ通うことがおすすめです。

当然ながら施術を行う人間もプロですので、的確なアドバイスがもらえます。

エステに通うことのメリットとして、自分の足りない知識を補ってくれるプロの先生に施術を行ってもらえるということ。

その方法を勉強して、自分で自宅で間違いない方法を行うことができます。

エステに通って、担当の方に自宅で簡単にできるおすすめのケアの方法を聞いてみましょう。

自分の新しい知識を養うことにも繋がります。

単純に施術を行ってもらえる以外のメリットもあるんですね。

キレイサローネ

「キレイサローネ」は親しみやすい存在になるというコンセプト。

定額制エステサロンとして誕生しています。

まずは、ホームページなどで無料カウンセリングを受けることが可能になっています。

店内も、快適に施術を受けられるようなリラックスできる上質な空間をコンセプトに設計されています。

清潔感のあるシンプルな空間で施術を行ってもらえます。

体のケアだけでなく、頭から足先までサイズダウンを行ってくれるコース。

小顔にしてくれるコース。

他にも様々なコースがあります。

たくさんの美容に関するケアを行ってくれるサロンなので、自分の体を総合的にプロデュースしてくれるのです。

そして、キレイサローネは科学的根拠、体液循環、オリジナルメソッドという3つのポイントを持っています。

サロン独自のオリジナル美容法や、最先端のマシンを使ったオリジナルプログラムを用意してくれています。

満足度の高い施術を受けられることができるエステサロンです。

スリムビューティーハウス

その名前の通り、スリムで美しい体型を得ることを目的にしたエステサロン。

37年の安心と信頼の実績を持っているサロンです。

自分の気になるパーツを徹底的にケアしてくれます。

他にも、おばさん体型を防ぐ効果的なダイエット、そして自分に合わせた施術で美脚に導くようなコースなどを様々なコースを用意しています。

ボディや足だけではなく、フェイシャルなどの行っているので、総合的にサービスを受けることができるエステサロンです。

スリムビューティーハウスでは、骨盤プレミアム美脚というサービスを行っています。

これは、一人一人の体型に合わせたオリジナル施術で、美脚へ導いてくれるサービスです。

今なら初回限定で体験が3.000円で受けることが出来ますので、気になる方は一度来店してみてください。

施術前には、しっかりとカウンセリングを行ってくれます。

骨盤周りの筋肉を鍛える施術や、疲れやむくみを取ってくれる空気圧を利用したトリートメントケア。

全身をアロマパックでトリートメントしてくれる全身オリエンタルパックなどがあります。

他にも、カウンセリング時のチェックにより、体質別のトリートメントを用いて脂肪燃焼効果を与えてくれるマッサージ。

全身を発汗させるためのヒートマットや、スリムポイントを刺激する体のツボにカップをつけて吸引する吸角療法などを用いた施術などが用意されています。

たった3000円でこれだけの施術を受けられるというのはとてもお得ですよ。

ラ・パルレ

ラ・パルレは、30年以上の実績を持っているエステサロンです。

お客様が安心できるサービスで、安心納得の適正価格や、お客様の気持ちを考えない勧誘はしないというようなシステムになっています。

中途解約やクーリングオフなどの制度を用いているので、安心して施術を受けられますね。

ラ・パルレでは、美脚に関しては骨盤ケアなどを行っています。

今では本来14,040円する骨盤モデル美脚メソコースが、なんとたっぷり60分の体験がたった500円で経験することができます。

具体的なコース内容としては、骨盤を中心にケアを行うことで、自分の体の骨盤の歪みや擦れなどを整えて正しい位置に骨盤を持っていきます。

そして、専用の機械を使って、筋力をアップすることで美しさをキープすることが出来ます。

さらに、血行やリンパの流れをスムーズに行うことで、身体全体のむくみや血行不良などを改善するというようなコース内容になっています。

それぞれの工程でしっかりとしたケアを行います。

初回は500円でサービスを受けられるので、実際の効果と比較しながら継続してサービスを受けるかどうか判断できます。

このように安心してサービスを受けられるのも大きなメリットです。

気になる方は一度通って実際に効果を体験した上で判断してください。

着圧ストッキングをはく


最近ではコンビニや薬局などで、着圧ストッキングが当たり前に販売されています。

着圧ストッキングは、履いていると足の筋肉のサポートをしてくれます。

足の筋肉がきちんと働くことで、血液が循環されて足をむくみにくくする効果があります。

足のむくみを抑えてくれるため、ふくらはぎがスッキリとして足が細くなる効果があります。

値段も手ごろで女性からの人気が高いです。

美脚といわれるふくらはぎとは?

女性にとって美脚は憧れの存在です。

モデルや女優さんを目標にして、日々ダイエットに励む女性も多いです。

一般的に「美脚」とされている足の中でも、理想のふくらはぎとはどのようなものなのでしょうか。

スリムで細長い足を想像する人は多いですが、足の長さは人によって違います。

身長や足の長さに関係なく、「美脚」と考えられているふくらはぎの基準についてご紹介します。

理想のふくらはぎ=身長×0.2

理想のふくらはぎは、「身長×0.2」と言われています。

例えば身長155㎝の女性なら、「155×0.2」で計算するので、理想のふくらはぎは31㎝となります。

美脚のモデルや女優さんに憧れる女性は多いですが、その人にはその人に合った理想のふくらはぎがあります。

計算して自分の理想のふくらはぎに近づけるように努力した方が、自分に合った理想の美脚を手に入れられるでしょう。

日本人の平均は28~33cm

日本人女性の平均的な理想のふくらはぎは、28~33㎝だと言われています。

大抵の日本人女性の身長が当てはまる計算でこの結果が出ています。

平均的な日本人女性の身長よりも、さらに高身長な人はこの平均には当てはまりません。

一般的な平均サイズですので、参考にはしても無理してそれに近づけることはありません。

自分に合った理想にふくらはぎを目指しましょう。

ふくらはぎ以外の部位の美脚サイズは?

美脚と言われる部分は、ふくらはぎだけではありません。

足首やふくらはぎ、太ももをすべて含めて美しくバランスのとれた脚が美脚とされています。

太ももが太いのに、ふくらはぎだけを理想のサイズに近づけても全体的にアンバランスになってしまいます。

また、足首だけが細くても同じようにアンバランスに見えてしまいます。

理想のふくらはぎを目指すなら、同時に太ももや足首の理想についても知っておきましょう。

理想の太もも=身長×0.29~0.31

一般的な女性の理想の太ももは、「身長×0.29~0.31」とされています。

スリム体型に近いのか、ぽっちゃり体型に近いのかで、計算する数字は変わってきます。

ふくらはぎと同様に、太ももの理想のサイズは、全体の体型のバランスを考えた上で出されています。

太ももだけを理想のサイズに近づけようとするよりも、全体的に理想のサイズを目指しましょう。

ふくらはぎの正しい測り方


ふくらはぎの理想のサイズについてはご紹介しました。

ここからは、ふくらはぎの正しい測り方についてご紹介します。

ふくらはぎを正しく測ることで、自分の理想のサイズを計算することが出来ます。

この機会に正しいふくらはぎの測り方を知っておきましょう。

用意するもの・手順

ふくらはぎの計測にはメジャーが必要です。

メジャーを用意したら鏡の前に立ちましょう。

鏡で見た時に、ふくらはぎの一番太い部分を確かめます。

それから立ったままの姿勢でお辞儀をするように前傾姿勢になり、メジャーを当てます。

メジャーが水平になっていることを確認したら、ぴったりとメジャーがフィットした状態で計測します。

メジャーを当てる時には力を入れ過ぎたり、緩めすぎたりしないようにしましょう。

注意すること

ふくらはぎはむくみやすく、一日の内でサイズが変動します。

前日の夜にしっかりとふくらはぎのケアをして眠ったら、翌朝に測るのが理想的です。

また、計測は毎日同じ時間帯に行い、靴下や靴を履かない状態で測りましょう。

メジャーは床と平行にして、歪まないように注意して測ります。

毎日測っていれば、自分が理想のサイズに近づいているかどうかを常に確認出来るでしょう。

理想の足首=身長×0.12

理想の足首のサイズは、「身長×0.12」と言われています。

足首はお腹や太ももと違い、本来はそこまで脂肪がつきやすい場所ではありません。

太ってしまった女性でも、足首だけは細いことがあります。

足首のサイズを見れば、その女性が痩せた場合にはどの程度の細さになれるのかを想像できます。

しかし足首も太くなってしまう女性もいます。

そのため自分の理想の足首のサイズも測っておいた方がいいでしょう。

ふくらはぎの特徴


自分の体型を気にするときには、ふくらはぎよりも太ももを気にする女性が多いです。

太ももは見るからに足の太さが分かります。

上半身が細くても、太ももが太ければ下半身太りに見えて、みっともないと感じる人も多いです。

太ももは体型の良し悪しが出やすいので、ふくらはぎよりも目立っています。

しかしふくはらぎも理想的なスタイルを保つためには重要な部分です。

お腹や太ももよりは目立たないふくらはぎの特徴をご紹介します。

「第二の心臓」といわれるふくらはぎ

ふくらはぎはお腹や太ももに比べればあまり目立ちません。

しかし、ふくらはぎは「第二の心臓」と言われるくらいに体にとって重要な場所です。

心臓から出た血液は、全身に行き渡り、静脈を通って戻ってきます。

足は心臓よりも下の位置にあるため、足まで送られた血液を、重力に逆らって心臓まで戻すのは大変な作業です。

心臓の鼓動や体の動きだけでは、足から心臓へ血液が戻るのは力不足です。

その際に、ふくらはぎの筋肉が活発に働き、心臓へ血液を戻すのを手助けしています。

このことから、ふくらはぎは「第二の心臓」と言われています。

ふくらはぎにむくみや脂肪が溜まると、筋肉が固まって血液の循環が悪くなります。

ふくらはぎにトラブルが生じると、血液循環そのものに支障が出てしまうため、ふくらはぎは体にとってとても重要な役割を持っています。

ダイエット効果は出やすい部分

ふくらはぎは本来筋肉の塊です。

体の中でも筋肉は下半身に集中しています。

そしてその筋肉の多くはふくらはぎに集まっています。

ですから毎日適度な運動をしている人は、ふくらはぎも鍛えられています。

毎日適度な運動をして、その上でケアも行っていれば、ふくらはぎにむくみが溜まってしまうことはありません。

むくみが溜まらなければ足が太くなることもないでしょう。

適度に筋肉で鍛えられ、むくみが無ければ脂肪もつきません。

そのため、毎日適度な運動とケアを続ければ、ふくらはぎはダイエットの効果が体の中でも最も表れやすいです。

冷えには注意

女性に多いのが足の冷えです。

足が冷えるのは血液の循環が滞り、筋肉が固まってむくみが溜まっているからです。

寒い冬には足が冷えることが多いですが、それは気温のせいだけでなく、運動不足のせいも挙げられます。

寒くてもある程度体を動かしていれば、筋肉が動いて血液も全身に滞りなく循環されますので、体が冷えることはないでしょう。

寒い時期にデスクワークをしていると、足が冷えきってしまうことはよくあります。

それは気温の低さに加え、長時間同じ姿勢でいることで足がむくんでいることが原因です。

足が冷えるとすぐに筋肉は固まり血液の流れは滞ってしまいます。

冷えてきたと思ったら、ストレッチをして体を温めたり、むくみ解消の運動をしたりしましょう。

ふくらはぎのマッサージで全身の血流がよくなる

ふくらはぎは第二の心臓です。

ふくらはぎの血流がいつも問題なく循環していれば、全身の血流も良くなります。

ふくらはぎが太くならないように気をつけるだけでなく、全身の血の巡りも意識してマッサージをしましょう。

湯につかることで、運動しなくても全身の筋肉をほぐして、血流を良くすることが出来ます。

出来れば毎日入浴して、全身をほぐして温めましょう。

また、入浴に限らず、日頃から適度にふくらはぎのマッサージをすることも必要です。

簡単なマッサージなら10分かからずにできます。

毎日ふくらはぎをほぐして全身の血流を良くしましょう。

全身の血流が良くなれば、ふくらはぎだけでなく太ももや顔などのむくみも解消出来ます。

ふくらはぎから全身のケアへと繋がっています。

ふくらはぎエクササイズ


ここからは、ふくらはぎのエクササイズのやり方をご紹介します。

ふくらはぎのエクササイズは、毎日続けて行う必要があります。

一日だけエクササイズをしても、翌日にはもうむくみや疲れが溜まり、血流が滞ってしまいます。

立ち仕事、デスクワークの仕事に限らず、毎日体は疲労します。

その疲れをほぐしてケアを毎日行うことで、いつもスッキリした細い足を手に入れられます。

具体的なエクササイズの方法をご紹介します。

ふくらはぎ痩せにはアキレス腱が大事

アキレス腱は、足首からふくらはぎにかけて一本の線として浮き出ています。

くるぶしと同様に、アキレス腱がしっかりと見えていることで、細くスッとした足の形を作ることが出来ます。

足がむくんでしまっている人や、脂肪がつき過ぎてしまっている人は、アキレス腱が埋もれて見えなくなっています。

アキレス腱が見えないと、ふくらはぎがまるで「大根脚」のように見えてしまいます。

ふくらはぎを細くするためには、埋もれたアキレス腱を元に戻してあげる必要があります。

それだけふくらはぎ痩せにはアキレス腱が大事です。

足首回し

学生時代、体育の時間には運動する前によく足首を回していたでしょう。

足首を回す理由は、ふくらはぎや足全体の筋肉を柔らかくほぐすためです。

ふくらはぎエクササイズは、手でふくらはぎを下から上へとさするだけではありません。

足首をグルグルと回すことで、ふくらはぎの筋肉をほぐせます。

むくみや筋肉の凝りにも効果的ですよ。

かかと上げ下げ

足首回しと同様に、かかとの上げ下げもふくらはぎのエクササイズになります。

かかとを上げると、ふくらはぎの筋肉が直接動いているのを実感できます。

ふくらはぎをエクササイズしていると意識して動かすと、筋肉をほぐすだけでなくむくみ予防にもなります。

事務仕事などのデスクワーク中でも、人目に触れずにこっそりエクササイズが出来ます。

手軽で場所を選ばず、時間もかからないのでおすすめですよ。

なわとび

なわとびは全身運動です。

重力に逆らってジャンプすることで、全身の筋肉を余すことなく使い、エクササイズが出来ます。

なわとびは飛ぶ瞬間に、ややつま先立ちになるため、ふくらはぎの筋肉を多く使います。

何十回と飛んでいると疲れますが、その分ふくらはぎの筋トレとして効果的です。

なわとびをした日にはふくらはぎが疲労するため、しっかりお湯に浸かって筋肉をほぐして、固まらないようにしましょう。

また、寝る前にふくらはぎのストレッチやマッサージを行いましょう。

理想の美脚をもつ芸能人


女性にとって憧れの美脚といえば、モデルや芸能人などでしょう。

顔やスタイルはもちろん、美しい脚線美は女性ならば誰でも憧れてしまうでしょう。

どんな女性芸能人が、一般女性たちから美脚の理想だと思われているのでしょうか。

美脚で有名な女性芸能人をご紹介します。

菜々緒

菜々緒は大人の女性らしい美しい顔立ちをしていますが、何よりも抜群のプロポーションを持っています。

一般的な日本人女性の平均身長を大きく超え、足の長さもモデル並みかそれ以上です。

美しい脚線美は有名で、足に関連する商品のCMや美容関連の広告にも多く抜擢されています。

菜々緒のプロポーションは日本人女性の平均からは大きく外れているため、菜々緒のようになるのは難しいでしょう。

しかし、だからこそ憧れる女性は多いです。

戸田恵梨香

主に女優業で活躍する戸田恵梨香は、全体的にスリムで肌も白く、まさに女性の理想と言えるスタイルをしています。

脚線美も見事で、高いヒールが良く似合う白く細く美しい足をしています。

しかしただ細いだけでなく、ふくらはぎにはしっかりと細いなりに筋肉がうかがえるため、その美しい脚を理想とする女性は多いでしょう。

ローラ

ローラはクォーターのため、顔立ちは日本人離れしていますが、身長は165㎝とそこまで高くはありません。

しかし、モデル業をこなすほどの美しいプロポーションを持っているため、実際の身長よりも高く見えてしまうこともよくあります。

スラッと長い足は健康的な色をしているため、細すぎることもなく程よいスリムさを感じさせます。

健康的な脚線美ということで女性の理想になることが多いです。

ふくらはぎは工夫次第で細くなる!(まとめ)

今回はふくらはぎが太くなってしまう原因や、それぞれの状況によっての対処法などをご紹介しました。

自分の体に関するコンプレックスはどうしても日常的に感じやすいです。

そして、それが継続するとストレスになってしまいます。

どうしようもないことであれば気にすることをやめることが大切です。

ですが、ふくらはぎは工夫次第で細くすることもできます。

解決できないような問題ではありません。

少しでも理想の自分に近づきたいと思うのであれば継続した努力や工夫が大切です。

今回ご紹介した内容の中で、自分に合った適切な方法や、選択をしっかり考えて選んでください。

そして、あなた自身の理想の体を実現してください。