普段生活を送っていると、日常生活でもそうですが、仕事の面でも身体的に負担がかかる事がたくさんあります。

例えば、座りっぱなしの仕事をしていると体を長時間同じ姿勢で保ってしまうので、どうしても身体が疲れてしまいますし、肩こりなども生じて体がだるく感じてしまいます。

日常生活でも、自分の癖などによって自分の体を苦しめてしまうような事などは多くあります。

普段の癖や自分が置かれた環境などを総合的に含めて身体的に辛くなってしまう悩みは誰もが抱えています。

今回はそんな肩こりという悩みをテーマにして自分で出来るおすすめのほぐし方などをご紹介します。

肩こりが起こる原因とは?

そもそも肩こりが起きる原因について考えたことがありますか?

肩こりが起きる原因はさまざまな事が存在しており、自分が置かれている状況によって引き起こされるような事だったり自分の体質であったり様々な事が関係しています。

肩こりが起きてしまうと日常生活でも違和感を感じたりしてなかなかリラックスできるような時間が無くなってしまうと思います。

肩こりが起きることによって違和感を感じるだけでなく、それが悪化してしまうと慢性的な病気になってしまうことも考えられるので肩こりなどを違和感を感じた場合は早めに対処することが大切です。

肩こりについて対処する原因は様々な方法がありますが、その前にまず肩こりがなぜ起こってしまうのかと言う原因を把握しておくことで、肩こりを未然に防ぐ方法にもつながります。

肩こりをこれ以上悪化させないために工夫できるので、この機会にまずは肩こりが起きる原因について深く理解してください。

肩こりの4大原因とは?

肩こりが起きる原因はたくさんありますがその中でも4つの原因が比較的たくさんの方の肩こりの原因になっている割合が大きいと言われています。

なので、まずはその4大原因に関して細かくご紹介していきます。

姿勢

まず肩こりの原因の大きな一つとなるのが自分自身が行っている姿勢が原因であると考えることができます。

例えば先ほどご紹介したようにあなたが勤めている会社でデスクワークが中心で普段座ってばかりいる姿勢を長時間保ってしまう様な状況にある場合は、同じ姿勢をずっと体が取ることで体が動かされなくなり血行が不良になってしまうことが考えられます。

またずっと同じ姿勢を保ちながらパソコンなどに向かって作業している場合は、手先などを動かす割には他の体は全く動かさない状況が考えられます。

そうなってしまうと肩が緊張してしまって肩の周りの筋肉が緊張状態でさらに血行不良が促進されてしまうので、よくない循環作用が働いてしまい結果的に腰が痛くなったり腰が痛くなった後に派生して肩こりへと辛い症状が移ってしまうという事が考えられます。

また女性の方に多いのが座っている時に自分が楽な姿勢として足を組んだりする場合があると思いますが、足を組んだりしても体のバランスがずれてしまい体のバランスがずれてしまうことで自分の体に負担がかかってそこから血行不良が生まれる場合などもあるので、デスクワークで長時間座って仕事をする場合は、正しい姿勢で椅子に座ったり時には形を大きく回したりしてストレッチなどを行うことがとても大切です。

ストレス

肩こりの原因の大きな一つとしてストレスによる影響が高いということが考えられます。

世の中の人間の中でストレスを感じていない人間と言うのは一人もいません。

必ず自分が置かれた状況であったり自分が行っている仕事の職場の人間からたくさんの影響などを受けているので全くストレスを感じないでいるということはあり得ないことです。

例えば、自分以外の他の誰かと話をする中で自分の中でイラッとするようなことがあったり、相手の行動からイライラさせられてしまったり、自分が認めたくないような行動をとられるとどうしてもストレスを感じてしまいます。

仕事の責任であったり上司からの叱咤や、そのほか日常生活においてもすれ違う人から感じる事などもあるでしょうから、様々な面でストレスを受け続けて人間は生きています。

たくさんのストレスを受ける中で、精神的なストレスが原因で体の緊張などが生じてしまい、それが血行不良を招いて結果的に肩こりなどの身体的な悩みへと繋がってしまうような事も考えられます。

ストレスを解消する方法を自分自身が確立しているのであれば、そこまで大きな悩みへとつながる可能性が低いかもしれませんが、ストレスを解消する方法を見つけていない場合は上手にストレスを解消する方法がないので溜まっていく一方になってしまいます。

自分が好きな趣味を持ったり自分が楽しいと思えるようなことを事前に見つけておくことで仕事などの溜まったストレスを大きく解消してくれる手段へと繋がりますので、自分なりに工夫してストレスを解消する方法を早い段階で見つけておくことが大切です。

運動不足

肩こりの原因の大きな一つとして運動不足ということも挙げられます。

学生の頃であれば部活などに所属している方は日常的に運動を行います。

学校の授業などでも運動していたと思いますが、社会人になるとそもそも運動する機会に恵まれなくなってしまいます。

社会人として仕事をするだけで長い高速時間が発生してしまいますので、人によっては残業であったり休日出勤などを行って結果的にプライベートの時間がさらになくなってしまうというような悪循環に陥ってしまう方もたくさんいます。

仕事で体がとても疲れてしまい休日は何をやる気もなくなってしまったり、わざわざ休日に運動して体を疲れさせる様な事が気が乗らなくてしたくないと思う方も多いかもしれません。

そして、運動不足がどんどん重なっていき最終的に体が衰えてしまって、衰えた身体に疲れがたまってしまい、体の血行が悪くなったり、それがストレスへと移行したり、様々な原因で肩こりの発生へと繋がってしまう事が考えられます。

なかなか運動を行う機会に恵まれていない生活だと、いきなり運動の習慣を取り入れると、身体や心に大きなストレスが逆にかかってしまうこともあります。

自分が行える範囲内のささいな量の運動を取り入れて、軽い運動でも良いので徐々に増やしていくなど、自分の中でまずは運動を行うという生活習慣を取り入れることで、運動不足の原因が改善していきますので、運動する習慣を取り入れるように自分なりに工夫してください。

眼精疲労

肩こりの原因の一つの大きな理由として眼精疲労ということも考えられます。

あなたが所属している会社でもおそらくパソコンを使って業務を行ったりする形はたくさんいると思います。

日常的にパソコンを使う方も多いですし、パソコンを使わない仕事だったとしても何かしらの書類を作ったりデータをまとめたりするのにはパソコンをいじったりする方もたくさんいると思いますので、私たちの仕事においてパソコンは欠かせない存在になっています。

しかしながらパソコンをいじっているとパソコン特有の光が目に刺激を与えて目が疲れてしまいますし、現代においてはスマートフォンなども普及しているのでスマートフォンを常にいじったりしている方もたくさんいると思います。

スマートフォンもパソコンと同様にめにブルーライトが影響して目が疲れてしまいますし、スマートフォンを言っていないと安心できないというような依存してしまっている方もたくさん多いのでこのようなことから眼精疲労へつながってしまうと考えられます。

目が疲れていると肩こりに影響してしまう原因が全くわからないという方も多くいると思いますが、目が疲れてしまいますと当然目の周りの周辺の筋肉が血行不良が起きてしまいます。

最終的には身体全体の血行が滞ってしまい身体全体に大きな疲労感を残してしまい、最終的には肩こりの問題が発生してしまいますので、必ず自分の健康のために体をいたわるようにしてください。

そして、目の疲れはなるべくその日のうちに早い段階でケアを行う必要があるので、目薬を差したり、目の周りをマッサージするなどの対象方法が必要です。

肩こりは肩だけからくるものではない!?

肩こりの原因について大きく割合を占めているものをご紹介しましたが今ご紹介した通り肩こりの原因と考えると単純に方が原因で問題が起こっているという風に一概に考えられないことが分かるはずです。

先ほどご紹介したように目が疲れても肩こりへとつながってしまいますし、ストレスが原因でも肩こりにつながってしまいますし、 運動不足や自分の姿勢などからも肩こりは引き起こされてしまいます。

様々な原因が存在しそれが固い以外の部分が原因があったとしても肩こりは起こってしまうので、注意が必要です。

耳や脇などからも肩こりはくる!?

ちなみにあまり知られていないことかもしれませんが肩こりに関しては先ほどご紹介した原因以外にも様々な原因が考えられ時には耳や脇などからも肩こりが起こってしまうということが考えられます。

耳や脇から肩こりが発生するという事はなかなか知られていないですし、違和感を感じる方も多いかと思いますが、耳や脇などが疲れてしまっていると、自然とその周りの筋肉も疲れを感じてしまいます。

人間の体は疲れを感じたり疲労物質が溜まってしまうと固くなってしまったりその部分の血行が不良してしまうのでその周りの部分も疲れが生じてしまったり、血行不良が起きてしまいやすくなります。

肩に関しては、耳や脇なども比較的近い部分になるので、その部分に 疲労が溜まってしまうと肩こりへと影響してしまうことが考えられます。

また疲労物質が溜まって筋肉が硬直してしまうとその部分に体の老廃物なども溜まってしまいます。

老廃物が溜まってしまうと綺麗に流してあげないとその部分に溜まったままになってしまいます。

体に違和感を感じてしまう原因にもなるので耳についてはリンパが流れているのでそのリンパの流れを良くしてあげることで、体の老廃物なども綺麗に流るようになりますし、体の中に溜まった疲労物質なども綺麗に流れるようになります。

なのでリンパマッサージなどを普段の生活の中で取り入れることでその日溜まった疲れをその日のうちにケアをしてあげることで比較的まだ疲れが溜まっていない状態で楽な状態へと変化させることができます。

体の疲労物質を保ったままにしてしまうと慢性的な肩こりへと落ちてしまいますので注意してください。

肩こりマッサージならこれをやって!自分で出来る、おすすめほぐし方法7選

ここまでは肩こりが起きてしまう原因についてご紹介していきました。

肩こりが起きる原因を踏まえた上で考えてみるとおそらくあなたが今おこなっている生活環境が肩こりを誘発してしまいやすい環境にあると思います。

社会人の方であれば会社での活動を行う中でパソコンは必需品です。

パソコンをメインで使うような仕事であればもちろんですし、女性の方が多い事務員などもパソコンに向かい合ってデスクワークを長時間を行ったりすることも考えられます。

あまりパソコンを使わない方だったとしても会社の業務内容を確認する時に時々パソコン落ちるかと思いますし、自分のプライベートでパソコンを使うことが好きだと言う方も多いと思います。

それ以外にもまだ社会人として仕事をしていない方もスマートフォンなどを長時間を使ってしまっている方は多いと思います。

最近はスマートフォンのアプリなので携帯ゲームなども流行っておりのめり込んで長時間平気で行ってしまう様な人もたくさんいると思います。

自分が寝る時間を惜しんでまで寝るギリギリまでスマートフォンをいじってる様な方もたくさんいると思いますので、自然と現代の人達は肩こりを誘発してしまいやすい生活環境していると考えられます。

だからこそ肩こりを感じたり自分の体に違和感を感じた時にはすぐに肩こりマッサージやほぐす方法を実践していただきたいです。

ここからは実際に肩こりに悩まされている人にオススメする肩こりマッサージの方法やほぐす方法などをご紹介していきますので、忙しいかも多いと思いますが何とか自分の時間を見つけて10分程度でも結構ですので自分の生活の中に取り入れてみてください。

継続して行う事が改善点へと繋がりますので、大きな効果を得られる大事なポイントですので、継続した努力を行ってみてください。

【肩こりストレッチについては、こちらの記事もチェック!】