普段仕事を行っている社会人の方の中には自分が今おこなっている仕事に関して、疑問を抱いた方はいませんか?

例えば今自分が行っている仕事の内容自体が本当にしたいことなのかどうかと考えることや、いま自分が管理している仕事に関して、このままこの状態で継続して行なっていくことが正しいことなのかどうか、違う指示を出したり、違う考え方で取り組む事が正しいのではないか、と考える事などがあるかと思います。

いずれにしても今の自分がこの状態で続けていくことが望ましいことなのかどうかと疑問に思うことはたくさんの場面であると思います。

今お伝えしており仕事の面でもそうですし自分がこれまで信じて継続して行なってきたことに対してもそうですが、人間の考えていることはたくさんのことで影響され変化を伴うものです。

例えば周りの人の発言や行動などで自分自身の考え方が変わる事もあるかと思います。

自分自身が新しい知識を身につけた時に自分のこれまで信じていたものが間違いなのではないかと気づかされる瞬間など、自分の考え方が変化をしこれまでを思ってきたことや行ってきた事、信じてきた事が違い、別の考え方や行動を取り入れる事が正しいと考え出す瞬間は必ずあります。

そう思った時にはすぐにその瞬間から変化する事を考えるのか、もう少し様子を見て変化させるのか、悩む方も多いと思います。

このように潮時という物はとても肝心であり、私たちを大きく悩ませるものです。

今回はそんな潮時をテーマにして、正しい意味や潮時に関連する間違いなどを簡単にご紹介します。

潮時とは?

潮時と言う言葉を考える前にまずは潮時と言う言葉の正しい意味合いを理解することが大切です。

潮時と言う言葉はたくさんの意味合いを持っておりその状況によって使われる意味は変わってきますが、正しく意味合いを理解することで潮時ということを間違って使うことなく正しく用いることができるようになりますのでこの機会に潮時と言う言葉の簡単な意味合いをご紹介していきます。

潮の満ちる時

まず潮時と言う言葉の一つの意味合いとしては潮の満ちる時という意味合いを持っています。

潮が満ちるときと言うとは簡単に言えば海の海面が上昇するということを意味しています。

冷静に考えると海面が上昇するということ自体がよくわからないと考える方もいるかもしれませんが海面が上昇する理由としては月の引力が関係しています。

簡単に言えば、月が真上に来ている状況と月が真裏に存在しているときに関しては潮が満ちる様になっています。

この状況の時になると引力が働いて引っ張られてしまうことから海面が上昇していわゆる満潮の状態になります。

逆に月が真裏の状態になっていると月の引力が届きにくくなってしまうため遠心力で潮が飛び出そうとするから海面が上昇すると言われているので全く正反対の場合に同じような状況が起こりうるということが考えられます。

このように海面が上昇することを潮が満ちるときといいそれを潮時と言う言葉で表しています。

潮の引く時

潮時と言う言葉は先ほどご紹介した潮が満ちる時以外にも潮が引くときに使われる言葉でもあります。

正反対の現象ですが同じ言葉で用いられており潮が引くと言うことは海面が低くなると考えることができます。

なお潮が引く時に関しては月が毎年違うので潮時表などが存在しており潮時を調べることで具体的に潮が引くタイミングだとも把握することができます。

しかしながら潮が引くタイミングに関しても先ほどご紹介した月の表裏の関係もありますし地軸の傾きなども関係があるのでとても難しい現象だと理解してください。

物事を行うのに最良のタイミング

潮時という言葉の意味合いとして物事を行うのに最良のタイミングという意味合いも持っています。

先ほど冒頭でもお伝えした通り、例えば仕事であったりとかスポーツなどでもそうですが、なにか新しいことを始めるタイミングであったり、今まで行なっていたことを変えて違うことを始めようとした時のタイミングなど、その物事を行うのに良いタイミングのことを指し示している言葉としても使用できます。

新しいことを始めると考えるとなかなかタイミングが重要に感じる場面も多いと思います。

タイミングを間違ってしまうと物事を始めてもうまくいかなかったりその時の状況などを踏まえて適切なタイミングが存在するからこそ、何かを始める際には一番良いタイミングで始めたいと考えるのは人間であれば当然のことです。

そのような具体的なタイミングのことを指し示す言葉としても用いられます。

よく漫画やアニメのシーンなどでもここおらが潮時かな…というようなセリフが登場することも多いのである程度を把握している方も多いと思います。

一般的に潮時と言う言葉を使われる意味合いとしてかなり多く用いられる傾向があります。

好機

潮時という言葉の意味合いとして好機という言葉としても用いることができます。

好機という言葉を言い換えるのであれば、チャンスという言葉に置き換える事で意味合いをよく理解いただけると思います。

例えばスポーツのためになどでもそうですが、スポーツの局面などを見ていると必ずチャンスだと思われるような場面が存在するはずです。

そのような局面に関しては好機をとらえることができ、この状況を潮時というような言葉で表現することもできます。

よく漫画やアニメなどでここが潮時だ、というような言葉を聞くことも多いと思いますがこの時にはチャンスであるという意味合いで用いられていることが多いです。

【ピンチやチャンスについては、こちらの記事もチェック!】

ちょうどいい頃合い

潮時という言葉はちょうど良い頃合いというような意味合いとしても用いられることが多いです。

丁度良い頃合いという意味に関しては、物事を行うのに最良のタイミングという先ほどご紹介した言葉と似ている意味合いになります。

何かを始めようと考えた時にベストタイミングというものは必ず存在しているのでその時の状況をしようときという言葉を用いて表現する場合があります。

このように潮時という意味合いはたくさんの意味を持っておりしかしながら似ている様な表現がたくさん存在しているので一般的には、タイミングなどを表現するような状況で用いられることが多いのでそこまで難しくない言葉でもあります。

潮時の同義語

ここまでは潮時と言う言葉の意味合いについて簡単にご紹介をしていきましたが、潮時に関しては同じような意味を持っている言葉が数多く存在しています。

ここからは潮時という言葉と同じような意味を持った同義語について簡単にご紹介をしていきます。

似ているような言葉がたくさんあるからこそ意味が混同してしまいやすくなっているので、ある程度違いについても把握しておく必要がありますのでこの機会に正しく理解してみてください。

ふさわしい瞬間

潮時の同義語としてふさわしい瞬間と言う言葉が存在します。

ふさわしい瞬間という言葉を考えてみると、その状況に適した瞬間ということを考えることができます。

なので潮時と言う言葉と関連して考えると、潮時言葉の意味の中でもちょうど良い頃合い、などとまったくもって同じような意味として用いることができます。

とても似ている言葉であり混同して考えられてしまいやすいですが、ほぼ同じ意味合いとして用いることが出来る言葉なので、実際にどちらを使っても状況を説明する言葉としては間違いがありません。

状況の組み合わせによる可能性

潮時の同義語として用いられる言葉の中には状況の組み合わせによる可能性という言葉も同義語として考えることが出来ます。

ちょっと意味が分かりづらいかもしれませんが状況の組み合わせによる可能性という言葉を考えてみると、様々な状況を考慮した上でいくつかの組み合わせを考えていくと自然と導き出される答えは一番最良の結果が考えられる場合が多いです。

なのでその状況の組み合わせによる可能性をたくさん考えて一番良いと思った結果と言うのは一番優れた結果であり、好機であるという風にとらえることが出来ます。

なので、好機という言葉と状況の組み合わせによる可能性という言葉は似ている言葉であり、ちょうどよい頃合いという言葉とも併せて考えることが出来ます。

折り

潮時の同義語として用いられる言葉の中には折りと言う言葉を用いることができます。

折りと言う言葉を考えた時に一つの意味合いとして過ぎ行く時の中の区切られたある時点であったり機会という言葉の意味を持っています。

簡単にお伝えすると、折りを見て伺いますというような言葉が存在する通り、折りというものは機械と言う言葉として捉えることができます。

その折りという言葉を潮時という言葉と絡めて考えた時に相応しい瞬間や調度良い頃合いという意味合いと同じように用いることができます。

タイミングを示すような言葉でありどちらも意味合いとしては同じような意味として捉えることができますので、どちらの言葉を使ってもある程度相手には間違いなく言葉の意味として伝わることができます。

チャンス

先ほどご紹介した通りチャンスという言葉も潮時の同義語として用いることができる言葉です。

好機という言葉が潮時の意味合いの中には含まれるとご紹介しましたがこの好機と言う言葉がチャンスと言う言葉とほぼ同じ同義語として用いることができます。

例えば野球に関して例えるとすると9回裏の満塁の状態で逆転のチャンスと言う様な状況を、潮時というような言葉で表現したりする事もあるので、チャンス=潮時という言葉として用いることが出来ます。

普段の日常生活の中でも、好機というようなタイミングがいくつか訪れることが多いはずです。

そんな時に用いる事で簡単に状況を言い表すことが出来る便利な言葉です。

潮合い

次にご紹介する潮時と言う言葉の同義語としては潮合いという言葉を用いることができます。

潮合いという言葉は潮の満ち引きの度合いのことを意味しており、潮時という言葉自体が潮の満ち引きに関して言い表している言葉なので、そのまま潮時という言葉を用いて表現することができます。

また潮合いに関してはその他にも様々な言葉の意味を持っており、丁度良い時期や潮の流れがぶつかり合うところを意味している言葉なので、丁度良い時期という言葉も潮時と言う言葉と全く同じ意味合いとして用いることができます。

使われる漢字などを主にていることもあるので全くもって同じ意味として用いられることも多く、比較的同じ意味で使われる機会が多い言葉だと認識してください。

「潮時」の語源

私たちが普段日常生活などで使っている潮時という言葉に関してはもともと語源が存在しており潮時と言う言葉が生まれた意味としてはもともと漁師さんの間で用いられていた言葉として知られています。

潮時と言う言葉が潮の満ち引きを表す言葉だったように当然ながらその言葉を使うのは海と深く関わっている漁師さんが関係しているので漁師さんが潮時と言う言葉を生み出したと考えても不思議なことではありません。

漁師さんからしてみれば潮時は自分たちが仕事を行う上でとても関係していることでありとても大事なことなので、普段から潮時という言葉を用いることも他の職業についていることよりも多いはずだからです。

ベストな潮の状態が「潮時」

では漁師さんたちがどういう状況の時に潮時という言葉を使っているのかと考えると、漁師さんからすると船で海に出るときに潮の状況がどの様になっているかということを考えて船を出向させているので、潮時という言葉自体は最も船を出せる頃合いを言い表すタイミングと使用されています。

つまりはもともと使われていた船を出す頃合いと言う様な言葉から派生して行き潮時と言う言葉が変換され最終的に物事を始めたり終わったりするには良い頃合いと有用な意味に転じて言ったと考えることができます。

なのでもともとは潮時と言う言葉が漁師さんたちから生まれて、それが広く知れ渡っていきその船を出す良いタイミングという状況をそのまま他の事柄に変換して置き換えたような言葉と考えてください。

潮時の使い方〔例文〕

ここまでは潮時という言葉に関して意味合いであったり類似している言葉や潮時という言葉の語源について簡単にご紹介をしましたが、 ここからは潮時というキーワードを使った例文について簡単にご紹介していきます。

潮時という言葉を日常的に使うと考えた時に、正しく意味を理解しておくことと実際に潮時という言葉がどういう例文で用いられるのか、ということを把握しておけば間違った使い方をしなくなりますし、正しく用いることができるようになりますので、この機会に潮時と言う言葉の使い方の部分も理解してみてください。

そろそろ結婚の潮時だ

まずご紹介する潮時と言う言葉を使った例文はそろそろ結婚の潮時だ、という例文です。

そろそろ結婚の潮時だと言う言葉の意味合いとしてはそろそろ結婚をする良い機会という意味合いとして捉えることができます。

潮時の言葉の意味合いとしては好機という言葉の意味を持っているので、 先ほどお伝えしたようにわかりやすい例えとしてはチャンスという言葉として考えることができますのでそろそろ結婚をするチャンスだというような考え方ができます。

結婚をするチャンスと考えるとちょっと意外がずれてしまうかもしれませんが、ニュアンスとしてはとてもわかりやすい言葉だと思います。

好きな人とお付き合いをしていく中である程度相手のことを知ってこれからの将来の生活のことも考えたりするようになると思いますが、将来の生活を考えていくと子供のことなどもあったり相手との結婚なども考えたりする時期に差し掛かると思いますので、そのような時にそろそろ結婚の潮時だという言葉を用いることで潮時と言う言葉の意味合いを正しく使うことができます。

あの野球選手はメジャーにいく潮時だ

次にご紹介する潮時というキーワードを用いた例文はあの野球選手はメジャーに行く潮時だ、と言う例文をご紹介します。

潮時という言葉の意味として物事を行うのに最良のタイミングという意味や、ちょうどよい頃合いという言葉の意味を持っている事はお伝えした通りですが、そのままの意味として当てはめることが出来、あの野球選手はメジャーへ挑戦するちょうど良い頃合いだと言う意味合いとして用いることができます。

日本人の野球選手であればある程度日本のプロ野球で活躍をしてそこから世界に注目されるように実力を身につけていき最終的には大きな夢としてメジャーリーグで活躍をするという最終的な道筋などを考える方もとても多いと思います。

メジャーリーグで活躍をするということは野球の本場の場所で活躍をするということであり野球選手としての実力を認めてもらえるということにもつながりますし当然ながら、大きな成果をあげて世界に注目される事にも繋がりますし、新しい経験を積めるという事や、大きなお金を稼ぐ事もできるという意味でも野球選手にとっては魅力的な場所です。

しかしながら実力が伴っていない選手がメジャーに行ったところでボロボロになって帰ってくるだけなのである程度メジャーへ挑戦する時期というものは存在しています。

そのメジャー挑戦する時期の中でも今が最も適していると言う場合や、今が挑戦するタイミングなのではないか、と考える場合はあの野球選手はメジャーに行く潮時だと言う例文を用いて表現することができるので、スポーツに関してもそうですが、仕事の面に関しても何かに挑戦するのにふさわしい状況であることを意味する場合に使用できます。

彼は引退の潮時だ

次にご紹介する潮時と言う言葉を用いた例文は彼は引退の潮時だ、と言う例文です。

先ほどご紹介したように潮時という言葉については最良のタイミングや調度良い頃合いと言う言葉の意味を持っているので、先ほどの例文は物事を始める際の言い回しでしたがこの例文に関しては物事をやめるタイミングについていい回している例文です。

意味合いとしては全く逆になりますが潮時と言う言葉の意味としては先ほどと今回は全く同じ意味として通用しています。

なのでこの例文を解説すると彼は引退をする最良のタイミングであるという解釈ができます。

またまたスポーツ選手としてお話をさせていただくとスポーツ選手に関しては自分の体を使って協議を行っていくので当然ながらある程度はかかったり体力に恵まれている状況でなければ大きなパフォーマンスや成果を発揮することはできません。

スポーツの競技にもよって変わってきますがスポーツによっては20代前半で引退をするようなスポーツも存在していたり中には40代50代になっても活躍できるようなスポーツも存在しています。

そのような状況で最終的にはスポーツ選手は引退という最後の形で締めくくりを行う必要があるので、自分の体が限界を迎えてこれ以上のパフォーマンスはできないと判断した時に引退をするのか、それとも最後まで体が全く言うことを聞かなくなるまで頑張った上で引退を決めるのか、ということは個人の判断に任せられています。

周りの人から引退の時期について話をする際は彼は引退の潮時だと言う言葉を用いて表現することができます。

このように潮時という言葉は何かを始める時や、終わらせる時のどちらの意味合いとしても用いることができるので、その状況によって言い表し方が真逆の意味として捉えられることもありますが、潮時という言葉自体は同じ適しているタイミングという意味として用いることができるちょっと難しい言葉だと理解してください。

別れを考える潮時だ

次にご紹介する潮時というキーワードを用いた例文は別れを考える潮時だ、と言う例文です。

今回ご紹介する例文に関しても先ほどの潮時という言葉と同じ意味合いの通り最良のタイミングやちょうど良い頃合いと有用な意味合いとして用いることができます。

なのでこの例文の意味合いとしては別れを考える丁度良いタイミングであるという解釈をすることができます。

何らかの形が考えられますが、例えば今まで一緒にいた人と決別してその人とは離れて生活するようになる場合や、仲が良かった人と喧嘩などをして相手との別れを考えたりする場合や、 今までずっと行ってきていた仕事などをやめたりする時などに別れという言葉を用いてその状況を表現したりすることも考えられます。

いずれにしても一緒にいたものをこれからは無くすというようなことを意味している言葉です。

マイナスな別れやポジティブな別れなど、様々な理由が存在しているので、どういう状況で別れてしまうのかという事までは意味できませんが、単純に別れの意思を考えて、そのチャンスがいまだと判断した時に適している言葉なので、タイミングを言い表す潮時という言葉を用いた正しい例文です。

新しい趣味を始める潮時だ

次にご紹介する潮時という言葉を用いた例文は新しい趣味を始める潮時だ、という言葉です。

潮時という言葉の意味の中には好機という意味合いを持っているので、この好機という意味や良い頃合いという意味合いを用いた例文であり、この例文の意味合いとしては、 新しい趣味を始めるチャンスであり新しい趣味を始める良い頃合いというような意味として解釈することが出来ます。

例えば状況としては今までずっと打ち込んできた趣味を持っており、そこから別の新しい趣味を始めたいと思っていた人が何らかのきっかけがありこれを機に新しい趣味を始める潮時だと言う言葉を用いて表現することもできます。

趣味は一つのことを極めることも大切ですが沢山の幅広い趣味を持っていれば、たくさんの状況でその趣味が生かされて自分自身の才能として開花することも出来ますし、その趣味を通じてたくさんの人との関わりを増やしていくこともできるとても大切な事です。

なので今までと違い、新しい事に挑戦するタイミングや頃合いなどを指し示す言葉として用いることが出来る使い方が出来ると理解してください。

間違った使い方

ここまでは潮時という言葉を使っていくつかの例文を解説してご紹介していきました。

たくさんの例文があり沢山の意味を表現している言葉がありますので最初はなかなか難しいかもしれませんが、潮時という言葉の正しい意味合いを理解しておけばそこまで難しく感じる必要性はありません。

しかしながら潮時という言葉を使ったり、意味を理解する時点で勘違いしてしまいやすい事があるので、その点を正しく理解していなければ、まったく違った解釈になってしまう場合も考えられますので、ここからは間違った使い方などについても簡単にご紹介します。

引退する頃合い

潮時の間違った使い方の1つとして引退する頃合いとして考えられている方も多く存在していると思います。

例えばスポーツの場面でそろそろ引退する頃合いをそろそろ潮時かな、というような言葉でイメージされる方も多いと思います。

確かに潮時という言葉自体は好機や、良い頃合いという意味合いを持たれているので、タイミングを示す言葉として使用される場合が多いです。

なので、人によっては引退する頃合いなどを指し示す言葉として間違った解釈をしている人がいますがこれは間違いなので注意してください。

そもそも、潮時という言葉自体が引退するという言葉の意味を持っているわけではありません。

あくまで潮時と言う言葉が意味しているのは適切なタイミングという意味や、良い頃合いであるということを意味している言葉なので必ずしも引退するという言葉が意味の中に含まれると言うことではありません。

潮時という言葉を聞いた時にどうしても引退という形や、撤退するなど、マイナスな印象をイメージしてそれが潮時と言う言葉の意味の中に含まれていると考えてる方がいますが、これは大きな間違いなので注意してください。

マイナスの意味では使わない

潮時と言う言葉が引退などの場面で使われることもあることから引退が意味の中に含まれていると勘違いしている方が多いかもれません。

しかし、先ほどお伝えしたようにあくまでタイミングを示す言葉であって、引退と言う言葉が意味の中に含まれているわけではないので、そもそも潮時と言う言葉自体がマイナスな言葉であったりネガティブな言葉であるというわけではありません。

人の中には潮時がマイナスだと決めつけてしまっている人もいますが、何度もお伝えしますがあくまでタイミングの話なので、それが良い事であっても悪い事であっても関係はありません。

何かを行う最良のタイミングであれば良い事でも悪い事でも意味合いとしては同じだからです。

多くの人が考えている潮時と言う言葉の間違った使い方の一つにマイナスという意味を考えてる方が多いのでこの点を注意し、正しく理解して潮時という言葉を使用するようにしてください。

諦めること

次にご紹介する潮時の間違った使い方の1つとして諦めることを意味していると勘違いしてる人が多いです。

先ほどご紹介した様にスポーツの場面なので一つの選択をする場合に試合をあきらめたり、引退するという言葉もそうですが何かを途中で断念するような使い方をされる面が際立っていますので、どうしてもマイナスなイメージやあきらめる事などが意味合いとして勘違いされやすいですが、これも間違いです。

元々人間自体がどちらかと言えばマイナス思考に考える方が楽な生き物なのでマイナスな思考に囚われてしまいがちなのでお土産としても常にマイナスな意味として捉えられがちですが、潮時というキーワードもだんだんと世の中ではマイナスの時に用いられることが多くなっていることからこのように勘違いするきっかけと変化していることが原因の一つです。

今回潮時という言葉をご紹介してきましたので勘違いしてる方はいないと思いますが、諦めることだけではなく物事の始まりにも使われる部分にもなるので、完全に物事の終わりだけに捕らえられている言葉ではないと言うことを理解してください。

引き際

次にご紹介する潮時と言う言葉の間違った使い方の1つとしては引き際として捉えられてる場合が存在しています。

物事の引き際に関して潮時と言う言葉が用いられると考えている方も多いですが潮時という言葉の意味合いの中に物事の引き際の意味合いは存在していません。

よくピッチャーがふがいない投球をしてしまって、ここいらが潮時か、というような言葉を使ったりもしますが、あくまで新しいピッチャーへ交代する好機、良いタイミング、という意味合いとして用いられているだけであり、潮時自体が引き際という意味を表しているわけではありません。

あくまで好機や、良い頃合いという意味として使用されているので、潮時の意味を勘違いしないように解釈してください。

そして、潮時の意味の中には潮の満ち引きも含まれているので、引き際と勘違いしてしまいやすいですが、物事には使われる事はありませんので、よく意味を理解して間違った使い方をしないように注意してください。

まとめ

今回は潮時という言葉の意味や同義語、語源、使い方、そして間違った使い方などをご紹介しました。

たった一つの言葉であれたくさんの意味を有しているので、 どうしても他に似ている言葉が類似している言葉や勘違いしてしまいやすい意味合いとして広く知れ渡っている事は否定できません。

しかしながら、間違った解釈をしていると、正しく意味を理解できませんし、もしも日常生活で用いられるような事があったり、自分が用いていると恥ずかしい事にも繋がりかねませんので、この機会に潮時という言葉を正しく使えるように理解を深めてください。

正しい日本語を理解して、みんなが知らないような事を知っていると魅力的な人物であると評価もされますので、知識として取り入れてください。