『仕事探し』と検索すると、「仕事探し 20代」「仕事探し 30代」「仕事探し 40代」「仕事探し 50代」「仕事探し 正社員」と検索候補がとんとんと挙がり、そしてそのどれを選んでもたくさんの転職・求人サイトがずらりと列びます。

それはもう仕事を探す前に、まずはサイト選びで悩んでしまうほどの量です。

加えて言うのなら、仮にどのサイト内を開いたとしても分かりやすく検索できるのなら問題ないのですが、

決してそういうわけではありません。

さらに言えば、サイトに掲載された膨大な企業は、どれも良いものばかり(ホワイト企業ばかり)ならば、

閲覧であり検索に時間を費やすことはありませんが、もちろんそういうことはなく、やはり真剣に選ばなくてはいけないというのが現状です。

だったら分かりやすいサイトで、使用しやすいサイトで、効率よく、くまなく、かつ俊敏に、そして後悔のない会社を選びたい。

すなわち明日からの自分を見つけたい、ときっとそう思うことだと思います。

ここでは、閲覧、検索がしやすく、かつ転職を希望する人のことをしっかりと考えた良い転職・求人サイトを紹介すると共に、様々な転職の仕方をお伝えしていきます。

今現在、求職状態にある人も、転職を考えている人も、是非ご参考にしてください。

あなたの運命を変える仕事探しをしよう

「運命を変える」、この言葉が大袈裟だ、と言える人はきっと、

職場に何の不安も抱いたことがない人であり、給与面や人間関係で苦労したことがない人と言えます。

「確かに運命に関わるな」

と深く首肯できる人は、職場にて様々なしがらみ、突然の事態(倒産やリストラや店舗縮小)、減給や不当な対応を経験したことがある人でしょう。

「私の人生、こんなもんだ」
「もう終わった」
「なるようにしかならない」

と心の底では嘆息しながらも、それでも、「でも何とかしたい」とそう思っている人がこの記事を読んでいると推測します。

「転職したい」と。

「運命を変えたい」と。

言わば、「逆境の中でも、決してくじけずに前を向いている人」と言い切れると思います。

だからこそ、そんな前向きな人だからこそ、素晴らしい仕事、新しい職場を見つけてほしい、とそう切に願います。

みんなの転職事情

おすすめの、「転職・求人サイト」を紹介する前に、どのような人が今転職を希望しているのか、

つまり求職状態にあるのか、それについて解説していきます。

ここは是非飛ばさないで読んでほしい、とそう思います。

なぜなら孤立している状態から生まれる、「どうして私だけこんな思いを――」というそんな負の心境を緩和するには、

「困っている人は、思い悩んでいる人は、頑張っている人は、自分だけじゃないんだ!」

とそう思うことが必要と考えるからです。

それによって、強い決意のようなものが生まれるとそう言えるからです。

紹介する転職事情データから、現在の雲行きの悪い景気、錆び付いて動きの鈍い経済を強く実感し、

ある意味そこから開き直り、腹をくくるような感情を抱き、それから転職・求人サイトを閲覧してほしい、と考えます。

自分ひとりじゃない、とそう思えるだけで、一歩前に進む勇気が生まれるのですから。

転職理由

転職理由のデータを様々なサイトから調べていくと下記の通りになります。

・他にやりたい仕事がある
・会社の将来性・業界の先行きに不安を覚える
・休日が少ない(土日は休みたいという願望含む)
・残業が多い。
(唐突な休日出勤への立腹も含む)
・給与面・会社評価への不満
・専門的な知識・技術を取得したい
・倒産・リストラ
・市場価値を上げたい・雇用形態を変えたい
・転勤やノルマや男尊女卑や年功序列などの会社形態への不満
・人間関係
・ルーチンワークでつまらない
・U・Iターン
・上司の評価不足や社員を育てる環境にない(出世が望めない環境)
・アルバイトではなく正社員として働きたい

このような理由が挙げられています。

精神的な部分、環境的部分、やむを得ない部分、計画性を持った部分、と様々です。

ランキング形式で紹介しているサイトもありましたが、この記事の中では1番を決めておりません。

それは順位を付けるのが難しいというより、正当な結果にならないというのがここでの見解だからです。

それはもし転職理由のデータをとるために、某企業の面接担当者に訊ねた場合、

おそらくその解答は、面接に来た人の言葉であり、

言わば、「ここで働かせてください」と切に願う、「クールに構えた人」の意見を述べることでしょう。

印象を気にした人の転職理由を。

こういった対象者の答えは真実とは限らないのでは? と考えます。

本当ならば、「人間関係(冷淡なお局さんとの問題)」が退職理由なのに、

それはコミュ力不足と勝手に判断されそうなので、面接時は別の答えを言うのでは? と。

NGワード(不採用)になる可能性があるものは避ける、本当の理由は告げない、ということです。

「弊社に就職したい理由は?」

と訊かれ、例えそれが、「給与面」だけだったとしても、それだと面接官の印象が悪くなり、他に、「社風」であり、「将来性」という言葉を使う、足すのと同じです。

何が言いたいかと申しますと、転職理由が何であろうと、どれが1番だろうと、そういう問題ではないということです。

たくさんの人がそれぞれの事情を抱え、未来の自分を探している、というこの切実な現実だけを知ってくださいということです。

もう一度言います。

自分ひとりではないと。

転職回数の平均

平均は1回から2回です。

そして20代の転職回数が割と多いです。

おそらく、「何とかなる」という年代ということ、まだ自分を模索している状態ということからでしょう。

この転職回数というものは、やはり面接官にとっては非常に重要で、あなたのイメージを固めてしまう材料となるのは言うまでもないでしょう。

調べたところによると、一般的には、年齢がいくつだろうと、「3回以上」は転職回数が多いという判断をされ、悪い印象を抱かれるようです。

逆に言えば、2回までの転職ならば印象が悪くならないラインと言えます。

「5回転職しているからどうしよう……」

と肩を落とす人もいるかと思いますが、3回以上も転職できたのは、あなたに魅力があるからと考え、気落ちすることなく前向きに捉えましょう。

人生は当たり前ですが1回切りです。

転職のように変えることはできません。

ですからその総合的な部分を、「満足」できるものにすることこそが最も大切なのです。

転職して成功する確率

これも「転職理由」の1番が決められないこと同様、絶対的な確率を出すのは難しいと言えるでしょう。

何を持って成功とするのか、何を持って失敗とするのか、それが各々違うからです。

たくさんの給料を貰っているけれど、でも仕事はつまらない。

仕事は楽しいけれど、給料面では不満を持っている。

残業だらけだけど、やりがいはある。

得るものはないけれど、生活は安定している。

これらの意見を、「成功」とするか、「失敗」とするか、人によっておそらく違うことでしょう。

気持ちの問題であり、つまり気持ちが測りとなり、突き詰めれば、「幸せをどこで感じるか」という話にもなります。

だからこそのこれから紹介するおすすめ転職・求人サイトにおいて、

自分が1番何を求めているのか、どういう環境に身を置きたいのか、どのような雇用形態がいいのか、

そして何より自分にとっての成功とは何なのか、それを重視する必要があるのです。

仕事探しの種類をご紹介!

まず、やりたい仕事を探す前に、「経験」や「資格」や「向き・不向き」の悩みを抱えてしまう人が多いと思います。

興味はあるけれどブレーキがかかる、というものです。

ですがそもそも、「経験」や「資格」や「向き・不向き」は、

やったことがないから言えることなのですから、当然どれが1番自分に合っているか分からないということになります。

やったら思っていた以上の成果を上げられた、勉強してみたらとても簡単に感じた、ということは実際にあります。

好きだからこの仕事に決めた。

得意だからこの仕事に決めた。

このどちらも正解と言えるように、可能性を縮めて転職・求人サイトを閲覧するのはやめましょう。

「どうしても譲れない部分」
「どうしても嫌だと思う部分」

必要なのはこれだけです。(給与・時間・雇用形態・勤務場所・職種など)

視野が拡がれば、可能性が拡がることに繋がり、それは、興味のある職種であり会社が増えるということになるのです。

1. 転職サイト

ではいよいよおすすめの転職・求人サイトのご紹介です。

転職・求人サイトにおいて基本、大切なのは、

 ・閲覧しやすいこと(検索しやすいこと)
 ・知名度があること
 ・ある程度歴史があること(親会社がしっかりとしていること)