ある程度金銭的に裕福な方や、余裕がある方の中には何かに対して寄付をしたいと考えている方もいるかと思います。

例えば、自分自身が親がいない環境で育ったので、今親がいなくて困っているような人達に向けて寄付をしたいと考えるような人や、日本が震災などで傷ついてしまい、被災地に対して何か力になれるような事はないか、と自分で考えた結果、寄付をしたいと結論に達する事がある方もいるかと思います。

実際に今日本では各地で震災が起きており、原発事故や地震により被害、大雨による影響など、たくさんの事で困っている方はかなり多いです。

そんな人達に何かしてあげたいと思うのは日本人であれば当然ですし、大切な気持ちです。

しかし、実際に寄付をしたいと思ってもどういう風に行えばよいのかわからないという型もいるかと思いますので、今回は寄付をテーマにして寄付をするならおすすめしたい団体についてご紹介します。

寄付を検討しているあなたへ

寄付を検討している方は、まず初めてに考えて頂きたいのは具体的にどういう目的をもって寄付を行うかという事です。

先ほどご紹介したように寄付が必要である場合は様々な事例が考えられます。

例えば震災などで被害を受けた地域に復興して欲しいと言う意味を込めて寄付をするのかそれとも恵まれない子供達に少しでも良い環境で生活をして欲しいと思って寄付をするのか様々なことが考えられます。

それ以外でも町の施設などをもっとよりよく利用できるように考えたい方は、教育機関や医療機関などで寄付をしたりしたいと考える方もいると思います。

寄付を検討している方は必ず具体的にどういう人やものに対してよりよくなってほしいのか自分の考えの根底にあるものを理解する事から始める必要があります。

寄付とは?

寄付を検討している方には、まずはじめに寄付という言葉の意味を正しく理解する事が大切です。

もちろん意味を理解せずに寄付をしたいと思う方も少ないとは思いますが、中には何か力になれることはないか?と考えて具体的な方法にたどりつけずに困っている方もいると思います。

なので簡単に寄付がどういう物なのか、ということから簡単にご紹介していきたいと思います。

そもそも寄付は金銭や財産などを公共事業や公益、福祉、宗教施設などに関して無償で提供することを意味しています。

もちろん災害などの被災地やひ被災民へ送られるものも寄付に含まれますが突き詰めてご紹介すると義援金や義損金と言う言葉で表すことができます。

自分自身の意思で金銭や財産などを対象期間や施設に無償で贈与することで行われる行為の一つの総称です。

実際に寄付をしたことがある方もたくさんいると思います。

例えばコンビニなどで募金箱は必ず設置されていますし、被災があった時には被災地の義援金などで街中でショッピングモールなどで人が集まる場所でたくさんの人が募金活動を行っていることを見かけたことがあると思います。

このような活動が募金活動であり、寄付という行為によって成り立っています。

寄付金控除で納税額が変わることも

本来であれば寄付に関しては自分の所得の中から一定の額を自分の意思で無償で行うことになるので言ってみればボランティアであると言えます。

当然ながらするもしないも自分の判断なの強制されることではありませんし、自分の行いたいと思って初めて行う行為になるので強制力があるものではありません。

しかしながら寄付を行うことによって納税額が変化することもあるので様々な関心を持った方が寄付を行ったりする場合を考えられます。

具体的にどういうことかと言いますと、所定の対象である寄付を行った場合その行為によって自分自身が納めている税金が安くなったりすることが考えられます。

なのでどうせ税金として消えていくのであれば、寄付をした方が良いと考える方もいますし、自分が考えてお金を使うという選択肢として選ぶことができるものなので、自分の考えでお金の使い道を決めることができるという意味ではとても素晴らしい選択肢の一つなんです。

善意を匿名で贈る人も多い

しかしながら寄付を行っている人の中には善意で匿名で金銭や財産などを送っている方も多いです。

何かしらの下心があったり寄付を通じて良いことをしたいと考えている人の中には、自分の名前を使ってアピールしたりすると言う人もごくまれにいるかもしれません。

しかし、基本的に寄付という行為は自分にメリットがない状態でお金やものなどを贈与することを意味していますので、ボランティア精神の高い方や何かに対して明確な強い目的を持っている方は匿名で寄付を行ったりするなど、人格者な人のお金の使い道としても挙げられます。

実際にその影響で様々な良い環境で助かった人もかなり多いです。

まさに人間の鏡ともいうべき素晴らしい行為です。

寄付をするならおすすめしたい団体6選

具体的に寄付という行為について簡単にご紹介していきましたが、もしあなたが寄付をしたいと考えているのであれば寄付をするのにオススメの団体をご紹介していきます。

様々な団体が存在しているなかで自分が行いたい目的を達成するための団体であったりもしくは単純に自分にメリットがあるお金の使い道として提案することができる方法がいくつかあります。

これからご紹介していく中で自分が最も寄付をしたいと考えられるものがあるのであれば、一度試しに寄付を行ってみてください。

1. ふるさと納税

まずご紹介する寄付をするおすすめの団体としてふるさと納税が挙げられます。

ふるさと納税とは平成20年から始まったサービスの名称であり、今ではたくさんの著名人なども利用しているふるさと納税ですが、平成26年度のデータに関してはふるさと納税を利用した人は何度13万人以上も存在しており、寄せられた金額は141億円であり税金の控除額は約60億円との結果が出ているサービスです。

これまでもたくさんいましたがこれからふるさと納税が増えていく理由のひとつとして平成27年以降からふるさと納税がとてもお得になったということが理由として挙げられます。

具体的にどういうことかと言いますと、寄付に対しての控除額が2倍に増えたという点や寄付の先が5自治体以内であれば確定申告が不要であるということや、寄付を行うことによって特産品がもらえたり特産品の種類も豊富に存在するというようなメリットがたくさんあるからです。

なので、ふるさと納税を行うとたくさんのメリットが存在するのでふるさと納税で自分のお金を寄付する形はだんだん増えています。

その他にもメリットがたくさんあるので簡単に項目ごとにご紹介していきます。

節税につながる

ふるさと納税はもともと納税と言う名前がついているので勘違いされやすいのですが納税ではなくて地方自治体に対する寄付金のことを意味しています。

本来であれば誰しもが自分が住民票を置いている地域に住民税を毎年納めていると思います。

サラリーマンの方であれば給料から毎月天引きされて納めている様な形で納税金額が収集されていると思います。

この場合に関してはあなたが現在住んでいる場所に住民税を納めることによってその 住民税があなたが住んでいる町のために使われると言うことになります。

しかしながら田舎に住んでいる人は成長すると大人になり都会に住居を移してしまうことが多くなるため、地方はお金がなくなってしまい結局お金が集まらなくなって困ってしまうという状況へとつながってしまいます。

なのでふるさと納税というものが生まれて都会にいたとしても自分が生まれ育った国に寄付をすることで自分の故郷が活性化していくというメリットもありますし、ふるさと納税を行うことによって節税を行うことができるというメリットにつながるのです。

どうしてふるさと納税を行うと節税になるのかと考えますと、簡単に説明するとふるさと納税をするとあなたが寄付をした金額の2000円を超える部分については所得税であったり個人住民税から全額が還付され控除されるようになります。

例えば簡単に説明するとあなたが3万円の金額をどこかの自治体に寄付をしたとします。

そうなると、2000円を超える28.000円の部分が所得税と個人住民税を合わせて28.000円安くなります。

なので結論から言えば自分が本来を納めるはずだった自分の住民票を置いている地域への住民税を他の地域へそのまま収めたという扱いになります。

こう行ったことがあるので、寄付というキーワードではなく、納税という言葉を用いており、結果的に特産品などももらえるようになるので節税へと繋がります。

自分の住む街じゃなくても良い

ふるさと納税を行うメリットの一つとして自分が住んでいる町ではなくても納税が行えると言うことです。

先ほどお伝えしたように基本的には都会よりも地方の方が住んでいる人が少なくなりお金が集まりにくいと言う事は明白です。

元々地方の出身者が都会に集まるというような性質があるので、どうしても都会ばかりお金が集まりお金がないという状況が生まれやすいので、ふるさと納税を利用することによって自分が生まれ育った町や自分が好きな街なのに対して自分で選択して納税を行うことで、地方からしてもとてもメリットがある話なんです。

なおかつ先ほどお伝えした様に住民税や所得税などが控除される10話もあるので説明につながりますしなおかつ自分が好きな街に対して投資をすると考えるととても気持ちが良いお金の使い方ですよね。

さらにそれぞれの地方からしても一人でも多くの方に自分の町に納税を行って欲しいと言う観点からその町ならではの特産品を納税してくれた人に差し上げるというような事も行っています。

なので、どちらの立場でのメリットがある行為なので、今とても関心が高い人が増えています。

具体的に特産品について簡単にご紹介すると、有名な例でいえば岡山県の吉備中央町にふるさと納税で1万円を有したとするとなんとお礼としてお米のコシヒカリを20キロ送ってくれるのです。

もともとお米自体が購入する場所にもよって変化しますがだいたい5キロで2000円前後の金額で購入することができるので、1万円を払ったとしても簡単に計算すると8千円戻ってくるような計算になります。

自分が使った1万円は納税したと認められるので本来何もメリットが得られない納税に関してもメリットが存在するようになるのでこれほどお得な事はありません。

だからこそ寄付をするならば、ふるさと納税がお勧めなんです。

2. あしなが育英会

次にご紹介する寄付をお勧めする団体はあしなが育英会です。

あしなが育英会をご存じない方も多いと思いますがあしなが育英会は病気や災害であったり若しくは自殺などで親を亡くした子供たちや親が重度の後遺障害で働けない家庭に生まれてしまった子供たちに対して物や心など、両面から支えてあげたいという民間の非営利団体です。

この団体は国からの補助金や助成金は一切受けずにすべて寄付金のみで運営をしている団体であり、寄付の9割以上は個人の方から頂いているそうです。

あしなが育英会の理念と目的に関しては、社会からの支援によって保護者が亡くなったり著しい後遺障害のために働けない家庭の子どもたちを様々な面で支えてあげるあたたかい心や広い視野、行動力、国際性などを兼ね備えて、人類社会に貢献するボランティア精神にとんだ人材を育成することを目的としている団体です。

具体的に物的支援に関しては経済的な理由から学ぶことができないような子供達に対して高校や大学や専門学校などへの学費などを奨学金を貸し出したりしているそうです。

東京と神戸で運営を行っており、困った子どもたちの生活を支えてくれる団体なので、親がいなくて生活が困難な子どもたちに対して寄付をしてあげたいと思うのであれば、まさにあしなが育英会へ寄付を行う事で、一人でも多くの子供たちを助けてあげる事ができる方法です。

交通遺児

あしなが育英会は先ほどお伝えしたようにたくさんの子供達を支援している団体です。

その中でもあしなが育英会が支援をしている子供たちの中には交通事故なので親を亡くしてしまった子供達も支援対象となっており、子ども達に対して物や心を含めた支援を行っています。

元々あしなが育英会の脚長運動の原点としては二つの痛ましい交通事故が原因です。

1961年に新潟の事件で酔っぱらいのトラックによって轢き殺されてしまい初めて殺人罪が適用された交通事故が原因であり、その事故でなくなってしまったのはあしなが育英会の本会名誉顧問である岡嶋信治さんの姉と甥です。

そして1963年に玉井義臣会長の母親が暴走車に跳ねられて1ヶ月昏睡状態が続いた後に最終的に亡くなった事故が存在しており、この二つの事件がきっかけで岡嶋信治さんと玉井義臣さんが中心となって発足したのが1967年の交通事故遺児を励ます会が誕生しています。

そして1969年には交通遺児育英会が発足しており、そこから街頭募金や継続的に送金などを行い続けています。

アシナガさんのおかげで進学できた交通費等が恩返し運動として1983年に災害時の奨学金制度をつくる運動が始まり1988年に災害遺児奨学金制度なども発足しており幅広い支援を行っている団体なのです。

震災遺児

あしなが育英会が支援をしてるのは交通遺児だけではなく震災遺児に関しても支援を行っています。

先ほどご紹介したように1988年に災害遺児奨学金制度が発足した後も進学した災害遺児がが病気遺児奨学金制度作りを呼びかけており1993年には病気遺児奨学金制度発足に合わせてあしなが育英会が誕生しています。

このようにあしなが育英会が誕生した背景には2つの事件の存在とこれまでにあしなが育英会が行ってきた支援活動があってこそのあしなが育英会なのです。

実際に辛い経験をした人達はその恩恵を受けた人たちが活動してきたからこそこれほど多くの力を持った団体へと成長しているのです。

もしもあなた自身が交通事故で大切な誰かをなくしたり震災などで大切な誰かをなくしてしまった経験がありその経験を生かして、何か自分にできることがないかどうか考えた時に、一つの選択肢としてあしなが育英会に寄付を行うことが世の中の同じ状況で困っている人たちを励ます行為へと繋がると思います。

3. ユニセフ

次にご紹介する寄付をお勧めする団体はユニセフです。

ユニセフは国連児童基金の名称で知られており1946年に設立されている団体です。

目的としては世界中の子どもたちの命と健康を守るために活動を行っている国連機関です。

世界に存在するすべての子どもたちの権利が守られる世界を実現しようということを目的としており世界150以上の国と地域で保険や栄養や水、衛生、教育、エイズ、保護、緊急支援、アドボカシー(政策提言)などの活動を実施しています。

世界中には様々な環境に身を寄せている子供たちが存在しており私達日本に暮らしている日本の子供達の環境は世界と比べたらまだ過ごしやすい環境にいるのかもしれん。

例えば自分が今来ている衣服に関してもそうですが、着るものにも困るような環境や、そもそも満足に食事ができないような状況、自分で何かを考えて実行できるような自由が約束されていないような状況なども考えられます。

戦争地域での子どもたちは小さくても人を殺す事を強要されて、満足な教育なども受けられないような子ども達も存在します。

そんな子ども達に対して支援を行っているのがユニセフです。

日本だけではなく、世界という目線で困っている子どもたちに何か支援を行いたいと考えているのであれば、ユニセフに寄付をする事で世界の恵まれない子供達に少しでも支援を行うことができます。

貧しい国の子供たちを救う

貧しい状況にある子供たちを助けるためにユニセフは日々継続した支援をおこなっています。

先ほどご紹介した支援内容に沿ってお話をすると例えば保険に関しては世界で5歳の誕生日を迎えることなくなくなってしまう子供は何と年間に590万にも存在しています。

しかしながらその原因を考えた時に安全な水やワクチンが存在していればなくなることを防げている子どもはたくさん存在します。

なのでユニセフは全ての子供が乳幼児期に十分なケアを受けられ守ることによってより良い人生のスタートを切るための支援を行っています。

具体的には予防接種の普及や安全な水や衛生的な環境の確保などに努めています。

その他にも毎年数百万人の子供が重度の急性栄養不良によって命の危険にさらされている現状があります。

健康に育つためのバランスのとれた栄養を摂取できない状態が続いて様々な発育阻害が起きたり低体重などの問題が発生しています。

それを防ぐためにユニセフは世界中の子供達にきちんとした栄養を摂取してもらうための食物などを支援したるするなどの活動を行っています。

そのほかにも様々な支援内容がありますが、貧しい国のためにこれほどまでに活動を行っている団体はそうありません。

その中でもユニセフは国際的な組織なので、寄付を行って少しでも世界の子供たちを助けたいと思うのであれば、寄付を行うのに適している団体です。

4. 動物ボランティア団体

次にご紹介する寄付をお勧めする団体は動物ボランティア団体です。

動物ボランティア団体は様々な活動を行っており、駅前やショッピングモールなどで募金活動を行っている団体を見かけることも多いです。

実際に動物を引き連れて動物と一緒に募金活動を行っている場合も多く人の印象にかなり大きく残る募金活動を目にしたこともあると思います。

動物ボランティア団体で皮膚をされたお金は使い道としては扱っている動物園の生活費となります。

そしてたくさんのお金が集まることによって殺処分されてしまう動物の命を救うことができます。

それ以外にも様々な費用を負担しており動物のためにできることを幅広く行っています。

具体的に動物ボランティア団体がどんなことをしているのか交えて項目ごとにご紹介していきます。

野良犬や野良猫の保護や去勢手術費用に

動物ボランティア団体が集まった資金で行っていることの中に野良犬や野良猫の保護や去勢手術費用として集まった資金を使用していることが多いです。

日本全国を見ても野良犬や野良猫がたくさん存在しており元々買っていた人が面倒が見切れないからと言って自分勝手な判断で野生に戻したり、野生に戻った犬が繁殖を行ってたくさんの野良犬や野良猫が存在するようになっています。

野良犬や野良猫は食べるものにも恵まれませんし、生きていく上で大変な目に合ってしまいますので、そういった野良犬や野良猫を保護してあげる事によって動物たちにとってよりよい生活環境を提供してあげる事もできます。

またこの点に関しては賛否両論があるかもしれませんがどうしても犬や猫に関しては人間と同じように生きる目的の中に子孫繁栄が存在するので、新しい命を授かる為に行動している動物も多いです。

しかし、たくさんの命が生まれても保護しきれないので、去勢手術などを行う必要もあります。

去勢手術も当然ながら行うのにお金はかかります。

こういった費用などは各個人が寄付してもらったお金を使って行われるようになります。

動物ボランティア団体は動物に対して様々な事を行っている事を理解してください。

保護された動物は譲渡会などで一般家庭へ

動物ボランティア団体が行っている内容の中に保護した犬や猫などを譲渡会で一般家庭送り出すということも行っています。

犬や猫を飼いたいと思った時にペットショップ屋で購入する方もいますが、譲渡会なので一般家庭送り出されることも当然存在します。

譲渡会の目的としては一時的に預かっている犬や猫などの里親を探す目的で行われており団体によっては犬や猫を飼う上での講演会や勉強会などを開いている団体も存在しているので初めてペットを飼うという形でも安心して買うことができます。

譲渡会に出される犬や猫はホームページから写真が公開されていることも多いので事前に確認をすることも出来ますので、目星をつけて動物を選ぶ事も出来ます。

もしもあなたが動物を飼いたいと思っているのであれば動物ボランティア団体が行っている譲渡会へ参加して、なくなってしまうかもしれない命を助けてあげてください。

5. 盲導犬協会

公益財団法人日本盲導犬協会も寄付をお勧めする団体です。

盲導犬協会はその名前の通り盲導犬に対する支援を行う団体であり、使命としては目の見えない人や見えにくい人が行きたい時に行きたい場所を行けるように安全で快適な盲導犬との事を提供するというものです。

具体的に盲導犬協会が行っている事業の目的として盲導犬訓練施設の設置や運営、盲導犬歩行指導員や盲導犬訓練士及び飼育管理員の養成、盲導犬育成に関する調査及び研究、視覚障害者福祉所団体との連携及び協力、視覚障害者の社会的生活能力の改善向上を図るための相談、指導、助言及び各種訓練など、盲導犬のみではなく、視覚障碍者に対する支援なども行っている団体です。

盲導犬育成費用の約90%がたくさんの人からの寄付によって支えられており盲導犬の活動期間は約8年で40歳で視覚障害になると80歳までの40年間に5頭の盲導犬が必要になります。

盲導犬も長い人生を生きられるわけではなく視覚障害者の手助けとなってもらうためには複数の盲導犬が必要であると言うことが理解いただけます。

日本盲導犬協会のホームページには支援するという項目がありそこから金額を決めて寄付を行ったり賛助会員になることもできます。

賛助会員になれば年会費にて継続的に支援を行うことができるので目が見えなくて不自由な方を助けたいという思う気持ちや盲導犬を育成したいという気持ちを持っている方はホームページから気軽に支援することが可能なので検討してください。

6. 国境なき医師団

次に寄付をお勧めする団体として特定非営利活動法人である国境なき医師団が存在します。

日本にも国境なき医師団は存在しており日本事務局として1992年に設立されて、1997年にはMSFのパートナー事務局の1つとして独立組織となっています。

名前を聞いたことがある方も多いと思いますが国境なき医師団の活動内容は緊急性の高い医療ニーズに応えることを目的としており紛争や自然災害の被害者であったり貧困など様々な理由で保健医療サービスを受けられないような人々に対して医療を提供することを目的としています。

現在海外を含めて世界に28個の事務局が設置されており主な活動地としてはアフリカやアジアや南米などのいわゆる途上国が支援対象となっています。

実際に2016年時点で39000人以上の海外派遣スタッフや現地スタッフが70以上の国で活動を行っており日本からも百数名ほど派遣されており34の国と地域で活動を行っています。

世界で恵まれない人を対象に医療サービスなどを行っているので、世界の人々を救いたいと思うのであれば、国境なき医師団に寄付をしてください。

国境なき医師団に寄付をすれば援助活動費として利用されたり人道援助プログラム支援金などに割り当てられたり、マネージメントや一般管理費など様々なものに寄付金が割り当てられています。

全国からも支援金が集まっておりイエメンやシリアや中央アフリカ共和国など様々な国で国境なき医師団が命を救っています。

まだまだ途上国はこのような国境なき医師団などの活動が必要となっています。

何かの助けになりたいと感じる人は寄付を行ってください。

寄付の仕方

ここまでは寄付をお勧めする団体のご紹介をいたしました。

寄付をする団体は様々存在しており、その目的によって寄付をする団体なども当然変わります。

団体によって行われている活動内容は千差万別だからです。

それでは、実際に寄付をしたいと思った時にどのようにして寄付を行えるのか、簡単にご紹介していきたいと思います。

1. 直接持参

寄付の行い方の1つとしてそのまま直接持参するということが挙げられます。

団体によっては各地に広がったりする場合も存在しており、もしあなたが生活している身近な場所に支部が存在するのであれば、直接持参する事で寄付が可能になります。

脚を運び、そのまま寄付をしたいと申し出れば対応してくれるはずです。

2. 募金箱

寄付の行い方の方法として募金箱へ直接お金を投入するということが挙げられます。

よくコンビニなどでも募金箱見かけたことがあると思いますが、それぞれの団体が募金箱などを設置してショッピングモールなどでも募金ができるように設置されているところが多いと思います。

自分が支援をしたい団体の募金箱を見かけた時にその募金箱に直接お金を入れればそのお金が団体に届くようになっており団体の活動費として使用することになります。

3. 振込

団体によっては定められた口座が存在しておりその口座に振り込みをお願いする場合もあります。

団体によって様々な方法が存在しており今回の様に金融機関に振込に行く場合もあればインターネットでその場で振り込みをすることが可能だったり何かの会員になったりして年会費という形でお金を募集する場合も様々存在しています。

自分が寄付をしたい団体を事前にネットなどで検索すれば寄付方法なども記載があるので間違わないように注意してください。

4. 物で贈る人も(ランドセルなど)

寄付の方法としてもので直接送るということも考えられます。

実際にあった運動としては2010年に30代のサラリーマンの男性が群馬県中央児童相談所へランドセル10個を送られたことがあります。

その時に伊達直人と言う名前で寄付を行っており、伊達直人はタイガーマスクの主人公であり、その行為がタイガーマスク運動と一躍名を知られるようになり、全国で見られるようになりました。

このように恵まれない子供達に直接お金ではなくてランドセルなどのものを送ったりすることで子供達が使用したりすることができますのでお金だけではなく物を直接送ってあげることで活用してくれる場合も十分に考えられます。

まとめ

今回は寄付をテーマにして寄付とは何か、寄付をおすすめする団体、寄付の仕方などをご紹介しました。

寄付を行った事がある人は多いと思います。

しかし、自分で思い立って自発的に行動しようと思った時に当然わからない事もたくさんあるかと思います。

寄付をしたいという考え自体が立派な考え方であり、誰かのためになりたいという思いは絶対に無駄にはなりません。

今現在も世界にはたくさんの人が寄付を必要としています。

寄付はあくまで自発的に行う事であり、強制できるものではありません。

しかし、誰かに助けになりたいと思うのであれば、ひとつのきっかけとして寄付という選択を選んでみませんか?