ある程度の年齢になると、自分で自由に使えるお金を稼ぎたいと思う方も多いと思います。

自由に使えるお金があれば、自分が欲しい物も購入できますし、様々な選択肢が広がる事も当然ながら、お金を稼ぐ事の大変さなどを学ぶ機会としてもアルバイトはとても適しています。

なので、高校生の方や、大学生になるとアルバイトを探す事もあるかと思います。

アルバイトはたくさんの種類が存在するので、どういう仕事をしたいのかという事を考えて行う事が必要です。

自分が本当にやりたいことでなければアルバイトをしていても面白くないと感じてしまいまし、仕事の量に時給が見合っていないということも考えられるのでアルバイト選びはとても重要なことです。

アルバイトは一旦を行ってしまうとある程度数ヶ月は働いてもらわないと雇っている雇用主も困るという状況があると思いますので、慎重に行う必要があるということです。

しかしながらアルバイトの中には比較的楽であったり仕事の量以上の給料がもらえるようなアルバイトも存在しているので、たくさんのアルバイトの中から、自分が良いなと思った仕事を探す事が大事です。

今回はそんなたくさん存在しているアルバイトの中から、お勧めのアルバイトとして、本屋さんのアルバイトをテーマにしておすすめの理由と、バイト募集している本屋さんをご紹介していきます。

本が大好きな人におすすめ!本屋バイト

たくさんのアルバイトが存在している中でなぜ本屋さんのアルバイトがオススメなのかということについて簡単にご紹介していきます。

そしておすすめの理由を紹介する以外にも具体的に本屋さんのアルバイトがどういうことを行うのかということについても簡単に触れていきます。

本屋さんのアルバイトが聞いて具体的にどういうことを想像されますか?

おそらく大多数の方は本を並べたりレジ打ちということぐらいしか想像することがないかと思いますが、本屋さんの仕事の中にはそれ以外のことも存在しているので事前にある程度全体像を把握しておくことで自分が想像した仕事内容とのギャップを大きくしないようにすることができます。

あまりにも自分が想像したギャップと違いすぎてしまった場合は仕事が辛く感じてしまったり、仕事を辞めたいと思ってしまうことにつながってしまうのである程度事前に自分の想像を膨らませて仕事内容を把握しておくことがとても大切です。

自分が本屋さんで働いているところを想像しながら内容確認してみてください。

1. 本屋バイトはどんな仕事をするの?

本屋さんのアルバイトの仕事内容はおそらく大多数の形が思っている通りそこまで激しいものではありません。

アルバイトには基本的には肉体的な疲労を伴うものとそこまでと変わらないものが存在しており、本屋さんのアルバイトは基本的に店内で作業を行うので夏であれば涼しい場所で冬であれば暖かい場所で作業を行うことができ本自体もそこまで何かをするに対して労力を伴うことではないので、肉体的にはとても楽な状況で作業を行うことができます。

本が好きと言う方だったりあまり体を動かしたりする仕事が得意ではないと考えている方にはまず本屋さんのアルバイトはとてもおススメです。

本屋さんでアルバイトをすることによって新しく販売される本などにも詳しくなったりすることが出来ますし、自分が気になる本をいち早く購入して手元に揃えることができるので本屋さんで働いたことが無い方でも想像しただけで良いメリットも思い浮かべることも出来ます。

では、具体的な仕事内容について簡単に項目別にご紹介します。

レジ打ち

まず本屋さんのアルバイトのメインの仕事内容としてはレジ打ちの仕事です。

誰もが想像着くと思いますが自分が購入したい本を手に取ってあとは購入する際はレジを通していただくので必ずレジを担当するスタッフさんは必要です。

本屋さんのアルバイトの中でほぼ割り当てられる可能性が高いとすれば新人はレジ打ち作業を行うことになると思います。

レジ打ちを行ったことが無い方は難しく感じてしまいやすいかもしれませんがレジ打ち自体は慣れてしまえばそこまで難しいものではありません。

改定の流れとしてはバーコードをスキャンして読み取って金額が表示されるので後はお客様から受け取った金額を手書きで入力してそうすると自然とレジが開いて計算された金額が画面上に表示されるのでその金額と同一の金額を相手に渡すだけで終了です。

後は購入した本を袋などに包んでいただいてそのままお客様にお渡しするだけでレジ打ちの仕事は一段階終了となります。

お客様の中には領収書が欲しいなどということを望まれる方もいるかもしれませんのでその場合は領収書を書いてあげたり何か質問がある場合は質問に答えたりするくらいでそこまで高度なことは要求されません。

あまりアルバイトの経験をしたことがないよう中でも比較的楽に行うことができる仕事内容なので、学生の方やアルバイト経験が少ない形にはまずはじめに経験できるようなハードルの低い仕事です。

仕事に慣れたいと思っている方はまずは本屋のレジ打ちがちょうどよい作業だと思いますよ。

POP書き

次にご紹介する本屋さんの仕事内容はPOP書きです。

POP書きとは、おそらく本屋さんで買い物をしたことがある方であれば一度は見たことがあると思いますが気になるアーティストのCDなどの横にそのアーティストに関する紹介文が手書きで書かれてる様なものを見たことがあると思います。

これがいわゆるPOPと呼ばれるようなものであり、カラフルな色の用紙にカラフルな文字で描かれているものがたくさんあります。

単純にCDだけが並んでいるよりもそのような紹介する文が掲載されている方が興味を持って見ることが出来ますし、文章を読み進めていくうちに興味が出てくる場合もあります。

本も同様に、本の横などにPOPが書かれており、作者の紹介であったり具体的な本の内容などを描かれている場合が多く、内容を理解するだけでなく本の値札としても活用している場合が存在しておりとてもおしゃれな感じがして目を引くものになるので売上を上げるためにはとても必要なものなのです。

ですから本屋さんの仕事内容としてとても重要な仕事に値します。

綺麗な字で書くことももちろんですが女性特有のちょっと丸みのあるようなおしゃれな文字の方が目を引く様になるので、男性よりも比較的女性の方がPOP書きに携わっている方は多いと思います。

一見簡単そうに見えますが色々な工夫次第でいかようにも変化することができ、例えば文字をあえてゆるくして手書き感を出して親密感を与えたりする場合もあったり、伝えたい情報を他の文字よりも大きく書くようにしたりシチュエーションやシーズンに合わせて描く内容を変えてみたり、簡潔で分かりやすい文章構成にしたりするなど、ある程度頭を使って行うことが必要な作業なので、簡単な作業と思われがちですが意外と難しかったりするのがPOP書きです。

しかし、本が好きで文章構成などを考えるのが嫌いではない方からすると楽しい作業になると思います。

本が好きな方であればそこまで苦難に感じる事はないと思いますので、チャレンジしてみてください。

棚の整理

次にご紹介する本屋さんの仕事内容は棚の整理です。

これもある程度本屋さんで働いたことがない人でも想像つくかもしれませんが、本屋さんで働いているとたくさんの人が立ち読みを行ったり本を手に取ってみたりして店に戻したりすることがあると思いますが、お客様が元々あった棚に本を戻すとは限りません。

ちょっと移動して本をやっぱりいらないと思って別の店に直したり手に取った本をその場で元に戻そうと思っても的確に元に行った位置ではなくちょっとずれた位置に戻したりするなどそういったことが連鎖的に行って行き最終的には本棚が乱れやすくなってしまいます。

乱れた本棚を見たお客様は良い気持ちはしないはずなので、購入意欲なども下がってしまう可能性もありますので適度に棚を整理する必要があります。

近くに並んでいる方がちょっとずれている場合であればそこまで労力はかかりませんが、全く別のジャンルの本棚に別の本が置かれていることなどもたくさん存在するのである程度本屋さんのアルバイトになれてどこの場所にどの本が存在しているのかということを把握しておかなければ本の整理は難しかったりする場合があるので、ある程度早めにどこの店にどういうジャンルの本が置かれているのかという構成を理解しておくことが大切です。

難しそうに感じるかもしれませんが一度どこにどの本があるのか、という事を把握できれば、後はそこまで難しく考えなくても、自然と体が反応するようになるはずです。

棚の整理も本屋さんの仕事のとても大切な仕事なので侮らずに、しっかりと仕事をすることでその仕事ぶりが評価してもらうことにつながります。

一度本屋さんで働いた経験があればどこの本屋さんに行っても同じような仕事内容の場合が多いので役に立つスキルなので身につけてください。

発注

本屋さんの仕事内容の中で大事な仕事内容の一つに発注が存在します。

様々な状況が考えられますが基本的に多いのはある程度仕事内容に慣れてくると発注を任されることがあり、どういう本が売れているのかということをある程度把握して発注をすることが大切です。

難しく考えずにスーパーなどの例などを考えてみてください。

例えばあなたが勤めているスーパーでトマトがとても人気だったとします。

その代わりブロッコリーが全く売れていないという状況の中で発注を任されてば当然ながら人気の商品であるトマトを多く発注しますよね。

それと全く同じで売れている本は多めに発注してあまり売れていない本に関しては少ない冊数を維持できれば問題ないわけです。

自分の職場の本の入荷状況を確認した上で足りないと思った時には増やせば良いですしたりていると思えば発注する必要はありません。

その中で勤務している最中に人気の商品などを常に確認して売り切れてしまっているものに関しては他の商品よりもちょっと多めに発注をするというようなある程度全体像を把握した上で冊数などを自分の頭の中で計算して行う必要があるので初心者にとってはちょっとハードルが高い仕事になるかもしれません。

しかしながらアルバイトをしてすぐに発注を任されると言うことは基本的にはあまりありませんのである程度仕事に慣れてから任される仕事になるのでその点は安心して仕事を行ってください。

また自分でその商店の商品を発注する場合もあればお客様からこの商品が欲しいというような注文を承る際もあります。

ただその時に関してはその欲しい商品を取り寄せると言うことだけでその商品が今日発注すれば良いので難しい作業にはなりません。

発注と一言に言っても様々な状況を考えられると言うことを理解した上で仕事内容の一つとしてあるけど頭に入れておいてください。

2. 本屋を取り巻く現状

ここまでは本屋さんの基本的な仕事内容についてご紹介しました。

ここからはあまり知られていない本屋さんを取り巻く現状について簡単にご紹介します。

本屋さんで働くのであれば本屋さんを取り巻く現状について正しく理解しておくことで仕事の内容に関してもギャップがなく受け入れることが出来ますし実際に本屋さんで働いた時に感じることを事前に理解しておくことで瞬時にその場の理解を深めることもできます。

何をするにしても行う分野に関してはある程度情報収集しておいた方が必ず得になるので本屋さんで働こうと考えてる人はまず本屋さんを取り巻く現状についてたくさんの情報を入手する事が大切です。

売上が激減している

まず本屋さんを取り巻く現状の1つとして本屋さんの売り上げが激減しているという現場です。

本屋さんにとってはあまり嬉しくないことかもしれませんが、全国的に見て1999年の時点で全国にはよく22200店書店が存在していました。

しかしながら2014年の時点で焼く13700店にまで減少しておりたった15年間で8500店が閉店されているということがわかっています。

計算にして全国で1日あたり、1店舗が今でも閉店している状況であり、あまり本屋さんにとっては好ましくない現場です。

本屋さんがすくなっている原因の一つとしてはインターネットの普及が理由のひとつです。

おそらく該当する人もたくさんいると思いますがあなたが気になる本を購入しようと思った時に本屋さんまで足を運ぶ片思いたり本屋さんまで足を運ばずにインターネット上で気になる本を購入する方と別れると思います。

ある程度目星がついてるのであればインターネット上で検索してそれを通販で購入した方が時間も手間も省けるので、ネット上で購入する人が多くなりました。

その結果として本屋さんの売り上げが減ってしまうということにつながっており、もう一つの原因としては本は購入すると紙媒体になるので部屋に置くとある程度本を集めると場所が必要になります。

しかしながらインターネットの普及によって今では電子書籍などが販売されておりインターネット上日本のデータ内容を保存するだけで本を好きな時に好きな場所で読むことができるので、わざわざ本を持ち運ぶなくても簡単に見れますし家に保管する必要がないので邪魔にもならないというメリットがあるのでインターネット上で電子書籍を購入される方が増えたのも一つの原因です。

そしてコンビニなどでも気になる本を購入することができるようになったので結果として本屋さんの売り上げは減少傾向にあると考えられます。

大きな店舗はレジ打ちがメイン

本屋さんを取り巻く現状の1つとして基本的に大きい店舗に関してはレジ打ちをメインで行う必要があるということです。

ある程度大きい店舗に関しては仕事内容を開けている傾向がありさらに大きな店舗に関してはたくさんの人が来店する可能性が高いのでレジ打ちのスタッフをたくさん用意しておくことでレジが混雑することを防ぐ効果があります。

レジで長い時間待たされると購買意欲もなくなってしまいますしいつも混んでいるから別のところで購入しようと思うようになってしまいます。

結果的に見るとレジ打ちの作業をスムーズに行った方がお客様を満足しますし、お客様をさばくことによってレジが混雑することも防ぐことができるのでお店にとってもメリットがあります。

いちいち状況によってレジ打ちに行ったり本の整理に回ったりというような事をしてるといい効率的になるのである程度大きな店舗では専属の仕事内容を割り当てられる場合が多いと言うことを理解してください。

小規模の店舗ならいろいろ任される

本屋自体がある程度小規模の店舗であるならば当然ながら人員があまりいないという事もあり、様々な業務を任されるようになります。

アルバイトとして考えるのであればあまり業務内容が増えてしまうと責任も当然大きくなってしまうのでめんどくさいと感じる方もいるかもしれませんが色々な経験をさせてもらえるという点では小規模の店舗の方が慣れてくるとある程度の事を任せてもらえるので責任感をもって仕事をやりくりする事が出来ます。

たくさんの事を任せてもらえるので普通では経験できないようなことなども経験できるので店舗の運営という面で様々なことを勉強することができます。

どれくらいの売り上げが毎月あるのかということや、店舗を運営する上でどういう資金が必要になるのかという社会勉強ができるようになるので本屋と言うことではなく一般的な自営業としてお店を出す上で必要な経費なども把握することができたりする場合もあるので社会勉強として考えるのであれば小規模のお店の方が自分のスキルに繋がると考えることができます。

3. 本屋バイトの探し方

本屋でアルバイトをしたいと思った時にアルバイトを探す方法はいくつか存在していますが、アルバイトを経験したことがない人はどういう風に探して行けば良いかという事も分からない人も多いかもしれませんね。

本屋に限らずアルバイトを探す方法を知っておくことは自分のためにも知識としてとどめておきたい事なので、簡単に本屋のアルバイトの探し方をご紹介します。

小規模店舗は店頭で掲示されていることも

ある程度大きな店舗ではなく小規模の店舗であればお店に行った時に張り紙などでアルバイト募集中という張り紙がある場合があります。

特に個人営業などの店にはよく見かけることがありますがどうしても求人情報として雑誌やインターネット上なのに掲載してしまうと広告料がかかってしまうのでその広告料がもったいないと感じている人は店舗などにアルバイト募集中という張り紙をしている場合が多いです。

小規模の店舗に関してはあまり多くの人員を必要としていない場合が多いので大々的に募集するよりも張り紙で募集した方が意外と通信がかかったりする場合が多いので気になるテンポがもしあるのであれば足を運んで張り紙がないかどうか聞いてみたり店員さんに直接聞いてみるのもおすすめです。

求人サイトをチェック!

求人サイトをチェックすることも本屋のアルバイトを探す上ではおすすめの方法です。

現代はインターネットが発達しておりスマートフォンなどで簡単にインターネットを個人が利用することができるのでスマートフォン上などのブラウザで「本屋 アルバイト」 という様な形で検索してみると求人情報が簡単に得ることができます。

意外と自分の知らない身近な本屋がアルバイトを募集していたということも検索してみると把握できることがあるので気になるお店があるのであればちょくちょく求人サイトなどで検索してみたり実際に電話をして店舗でアルバイトを募集しているか聞いてみるのも一番手っ取り早い方法です。

アルバイトに関しては基本的に人員が不足している店舗がかなり多いので電話で聞いてみると募集がかかっていない状態でも ok をもらえる場合もあるので積極的に行動してみてください。

4. 大きい店舗のほうが求人が多い

アルバイトを探す場合は小さい店舗よりも比較的大きい店舗の方が求人数は絶対に多いです。

小さい店舗の場合は長く太く働いてくれるアルバイトさん雇っている場合が多く存在しており、あまり人件費にお金をかけたくないと考えている店舗も多いのでそこまで多くの求人を必要としていない場合があります。

しかしながら大きい店舗に関してはある程度人員が必要であり、もしも人員オーバーをしていてもやめてしまう人のことも考えると、ある程度の人員は確保しておきたいと考えているのが普通なので、意外と大きい店舗は継続的にアルバイトを募集していることが多いので大きい店舗を狙って求人を探してみることをお勧めします。

5. 本屋バイトのメリット

様々なアルバイトがある中で本屋のアルバイトならではのメリットというものが存在しています。

メリットに関してはそれぞれのアルバイトによって違うものが存在しているので一概に本屋が一番優れているとは言えませんが、メリットの中に自分がどれくらい良いと感じるかという個人的な感情で判断してもらう事が満足度に関わると思います。

具体的にどんなメリットがあるのか簡単にご紹介します。

社員割りがあるところも

本屋さんでアルバイトするメリットの一つとして社員割が存在しているということです。

例えば本を購入する際に数割割引が存在したりだとか、レンタルDVDやCDなどがある店舗であれば、ある程度優遇してもらったりすることが出来る等、本屋さんならではの特典があります。

それぞれの仕事内容の影響が色濃く出る、本屋の店員さんならではのメリットです。

音楽を聴くのが好きな方や、本を購入するのが定期的に行っている人であれば大きなメリットに繋がりますよ。

新しい本の情報がすぐ入る

本屋さんでアルバイトするメリットの一つとして本屋さんで働いていると新しく新発売する本の情報がすぐに自分の元に入っているということが挙げられます。

たとえば自分が継続して購入している漫画作品の新発売の情報が入ってきたり、自分が好きで呼んでいる著名人の本の情報が入ったりするなど、様々な面で情報が早く入っていきます。

本が好きな方には、紛れもない大きなメリットであり、売り切れになってしまう前に本を購入することが出来るので、安心して好きな本を読めるという事に繋がるので、本好きならではのメリットです。

面倒なトラブルが少ない

次に本屋さんでアルバイトをするメリットの一つとしては面倒なトラブル音が少ないということです。

例えば居酒屋さんであれば酔っ払った客に絡まれる可能性もありますし、態度の悪いようなお客様が来店されて対応するのが面倒だと感じるようなことがあります。

しかし、基本的に本屋さんでの対応は、レジ対応だったり、どこに本があるのか教えてほしいという事がメインで、文句を言われるような事はあまりないので、トラブルなどが少ないという点です。

仕事内容自体もそこまで激務ではないので、肉体的にも精神的にもあまり疲労しないというメリットもあるので、安心して長い期間働きたいと思っている方にはとてもおすすめのアルバイトであり、大きなメリットです。

バイト募集している本屋さん5選

実際に身近にある本屋さんの中でアルバイトをよく募集しているお店をピックアップしてご紹介します。

ある程度を全国的に存在している本屋さんをまとめてご紹介しますのでご覧いただいている方の住んでいる地域にもひとつは本屋さんがあるはずです。

今回ご紹介するのは比較的大きな本屋さんをまとめたものになる影気になる個人店がある場合は直接確認していただけると幸いです。

1. TSUTAYA

まず最初にご紹介するバイト募集している本屋さんはTSUTAYAです。

TSUTAYAは全国的にも知名度がかなり高い本屋であり本以外にもCDやDVDなどの販売やレンタルなども行っている会社です。

TSUTAYAさんは全国的にも店舗が存在しているので田舎の地域でも比較的にかけることが多い店舗であり、なおかつ、かなり大きい立地で店舗を構えているところも多いので比較的アルバイトを継続的に募集している可能性が高いです。

ある程度大きい企業の方がマニュアルなどもしっかりしてる場合が多いので働きやすいという意味でも初めての本屋さんのアルバイトであればTSUTAYAさんから始めてみることをお勧めします。

ちなみに初めてアルバイトをする形で仕事に不安な方は昼のレギュラーの仕事よりも夕方以降の仕事時間を選んだ方がお客様の入りも少なくなり仕事を安定して覚えることができるので、勤務時間なども考慮した上で仕事を探してみてください。

2. 丸善

次にご紹介するアルバイトを募集している本屋さんは丸善です。

丸善は比較的大きな書店でありアルバイトの求人なども継続的に行っているお店がほとんどです。

本屋に限らずアルバイト募集に関してはどこも同じ様な形ですが土日祝出勤できる方が優遇されるようになっておりある程度を固定してシフトに入れる人が望まれるケースが多いので土日祝日に勤務ができると担当者に伝えておくと採用されるケースが高い場合が多いです。

仕事内容自体も本屋さんではそこまで変わることはないので、涼しくて暖かい場所で働けますし、時給自体も高くはないかもしれませんが、ある程度不満のない時給はもらえる可能性も高いので継続して長く働きたいのであればおすすめです。

3. 紀伊国屋書店

次にご紹介する本屋さんは紀伊国屋書店です。

紀伊國屋書店は全国的にもかなりの数の店舗を展開している本屋さんでありある程度店舗のスペースが大きい子供ってたくさんの人員を必要としている場合が多いのでアルバイト募集もそれに比例して日常的に行われている可能性が高い本屋さんです。

TSUTAYAと同様にある程度大きい店舗なのでマニュアルなどもしっかりとしている場合があり働きやすい環境が整えられている場合が多いので安心して働くことができます。

ある程度店舗が大きいので自分の仕事の担当が割り振られている場合も多くずっとレジ作業をしてそこまで肉体的な疲労もない状態で働いたりすることも考えられるのでアルバイト初心者の方にはお勧めですよ。

4. 未来屋書店

次にご紹介する本屋さんは未来屋書店です。

未来屋書店もある程度知名度がある本屋さんであり全国的にも店舗を出店しています。

未来屋書店で働きたいと思っている方は一番おすすめなのは、未来屋書店のホームページを検索してみると勤務地で選ぶことができるシステムが備わっています。

フリーワードで検索したり自分の住んでいる地域をクリックするだけで、求人情報が検索できるようになっているので自分が住んでいる地域に店舗がある場合は検索してみてください。

また未来屋書店に関しては書店の仕事の内容について細かく紹介しており、基本的には今回の内容でお伝えしたお仕事内容とそこまで変わりはありませんが、具体的に会社自体が公開している内容なので、理想と現実のギャップを感じにくいように工夫がされています。

アルバイトとして働いている方も仕事が嫌で辞めたりするようなことは基本的には少ないので、安心してアルバイトとして働くことができる会社です。

5. 文教堂

次にご紹介するのは文教堂です。

文教堂もある程度知名度がある本屋さんであり、日本の主要都市に限らず地方の都市にも店舗を置いている会社です。

全ての地方に店舗があるわけではないようですが文教堂のホームページの採用情報の欄を確認してみると今現在アルバイトを募集している地域だ戸田青く表示されてクリックできるようになっているので気になるけんぽがあれば文教堂のホームページで一度確認して応募してみてください。