あなたは、ベランダとベルコニー、それからテラスの違いを説明することは出来ますか?

これから家を建てる方も、今あるベランダやバルコニー、テラスを活用したい方も引越し先の間取りでその用語が気になっている方もいるのではないでしょうか?

「ベランダ」「バルコニー」「テラス」この3つの違いを理解しておくと、そこで何が出来るのかも分かるようになります。

一見、同じようなものを連想させるこの3つの言葉ですが、実は全く違うものを指しているんです!

不動産関係にお勤めされているのであれば、想像しやすいかもしれないですね。

しかし、一般人であれば、なかなか分からないものです。

そんな3つの違いをなかなか理解できていないあなたに、今回の記事ではそれぞれがどのようなものなのか?

それがあることでメリットはあるのか?

についてご紹介していきます。

また、理想的なベランダとはどういうものなのかもお伝えしていますから、これから家を建てる方、家を借りようと考えている方にもオススメの内容となっています。

この記事を見て、ベランダやバルコニー、テラスをもっと有効活用してみませんか?

ベランダとは?

あなたは、ベランダと聞くとどのようなものを思い浮かべるでしょうか?

アパートやマンションに住んだことがある方は、「洗濯物を干すところでしょう」なんて思ったり、一軒やの方は2階についている外を眺められるところでしょう?

なんて、思うものは人それぞれのはずです。

ベランダという言葉は、誰もが耳にしたことのある馴染み深い言葉ですよね。

しかし、それに対するイメージはその人がどのような生活をしてきたのか、どこで暮らしてきたのかによって全く異なることがあるのです。

そうやってバラバラのイメージしか持っていないと、これからご紹介する「ベランダのメリット」をなかなか理解しづらくなってしまいます。

そのような誤解を生まないためにも、まずはベランダとはどういうものなのかについて、詳しく見ていきましょう。

もしかしたら、ベランダに対して何かしらの誤解を持っているかもしれないですよ

ベランダの特徴

ベランダの特徴を見て行きましょう。

あなたは、ベランダとはどのようなものだと思っていますか?

もしかしたら、ただ外を眺めるためのところ、または洗濯物を干すところなんて思ってるかもしれません。

では、ベランダとは本当はどのようなものなのでしょうか?

確認していきましょう。

外に張り出した縁のこと

ベランダの大きな特徴は、外側に張り出している縁であるということです。

そのため、家の中にあるものではなくて外に面したものになります。

また、外にあるため、窓で仕切られているはずです。

少し高級なアパート、マンションであれば確実にベランダはついているものです。

しかし、少し安めの物件になるとベランダがついていないこともありますよ。

あなたのお住まいの場所には、外に張り出しているベランダらしきものは存在しているでしょうか?

屋根のあるもの

ベランダは確実に屋根があります。

マンションやアパートは、階数があるために上を見上げればコンクリートなどの屋根がありますよね。

屋根とはいえないかもしれないですが、雨をしのぐことの出来るものです。

もしも、屋根がなく太陽の光がそのまま降り注ぐような場所である場合は、それはベランダとはいえません。

アパートやマンションに住んでいた方は、一軒やなどに引っ越すとそうやって外につきだしているところであれば、なんでも「ベランダ」と言いたがってしまいます。

しかし、正式名称はベランダではないことが多いのです。

それがどのような名前なのかは、後ほど「バルコニー」でお伝えしていきます。

洗濯物が干せる

ベランダといえば、多くの方が洗濯物を干すために活用しているはずです。

ベランダは人によっては、洗濯物をするだけの場所とみなしていることが多いからです。

その他にも出来ることはありますが、やはりベランダは洗濯物を干すためのところですよね。

物干し竿をかけて、そこに洗濯バサミやハンガーをかけたら洗濯物を干すことが出来ます。

それに屋根がついているので、少しの雨ならしのぐことが出来ます。

といっても、やはり洗濯物が雨にぬれるのは誰もいやなもの。

屋根があるからと安心せずに雨が降ったら、洗濯物は中に取り入れるようにしましょうね。

鉢植えの植物を置くことができる

洗濯物を干す以外にベランダでは、鉢植えなどの植物を置くことが出来ます。

素敵なお花を育ててみたり、人によっては果物や野菜を育てている方もいます。

ベランダの種類にもよりますが太陽の光を十分に得ることの出来る場合は、上手に育てることが出来るでしょう。

一軒家の庭とは違い、雑草抜きなどに時間をとらないために気軽に植物を育てることが出来るはずです。

もしも、ベランダは洗濯物を干すためだけのところだとと思っているのであれば、小さなお花だけでも育ててみませんか?

朝起きた時にキレイな花を咲かせているのを見るだけで、その日1日頑張れるものです。

また、果物や植物が出来た際には、家で食べるのがとても楽しみになりそうですよね。

毎朝の水やりができるほどに生活に余裕ができてくるものなので、生活に切羽詰まってる方こそそのようなところに「時間の余裕」を作り出してみるのもオススメです。

ベランダのメリット

では、ベランダがあること、ベランダを活用することで得られるメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

これまでにベランダしか利用したことがない方は、そのベランダの大きさにもよりますがきっとさまざまなことを行なってきたことでしょう。

ここでは、きっとこれまでにしたことのないことを確認することができるはずです。

また、ベランダを活用したことがない方、これまでにベランダとは無縁の生活を送ってきた方にとっては「ベランダってこんなことが出来るのか!」と少し不思議な気持ちになるかもしれません。

これまでのベランダへの固定概念を追っ払うためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

開放的な空間である

築年数が多い建物ほどベランダは狭い傾向にありますが、どんなに狭くても部屋の中に比べるととても開放的な空間になります。

家の中には、太陽の日差しはあまり入り込むことがなくても、ベランダに出れば外の風にあたり、空を眺めることができます。

また、ベランダがある家というのはほぼ階数が高いはず。

その場合、一軒家の庭やベランダ、ベルコニーよりも空との距離がとても近くなるんです。

そのため、夜になると星との距離が近くなったような気がして、また高層階から眺める夜景はとても美しいものがあります。

他の人は見ていない(と思える)その空間は、まるで自分だけに用意されたプレゼントのようです。

また、ベランダが広ければ小さなテ-ブルとイスをおいて、ちょっとしたお茶やお酒タイムを楽しむことも出来ます。

昼間の明るい時間に外の空気にあたりながら、お茶を楽しむことも出来るんです。

また、夜の晩酌を外の風に当たりながらできるなんて、大人としてはサイコーですよね。

そのように自分だけに用意された「開放的」な空間を楽しむことが出来るようになるのです「。

それにお子様がいるご家庭であれば、ベランダに小さなプールを用意して遊ばせることもできます。

レジャースポットのプールは、人がたくさんいるために水着姿になるのは嫌かもしれません。

しかし、プライベートな場所でのプールであるため、大人も子供と一緒になって遊ぶことが出来るんですね。

外で遊ぶのとはまた違った、思い出が出来ること間違いなしです。

それに流れ星のシーズンになれば、星との距離が近いためよく観ることが出来るかも!?

プライベートは守られている

開放的な空間であることをお伝えしてきましたが、気になるのはプライベートですよね。

上層階になればなるほど、下から見上げれば見えてしまうのではないか?

遠くの同じような高層階の建物から見えてしまうのではないか?

なんて、心配になってしまいます。

しかし、その必要はありません!なぜならば、プライベートは守られるように造られているからです。

特にベランダ部分のガラスに関しては、ほとんどの建設会社が気を遣っています。

外から見てもベランダに何が干してあるのか、何をしているのかが分かりにくいよに造られているんですね。

しかし、古い建物ほど柵状になっていることがあります。

その場合は、下半身裸でいたら丸見えになってしまうので注意が必要です。

下半身裸とは、ものの例えですが、ガラス部分にこだわっているベランダであれば、それさえも全く見えないのです。

もしも、これからお引越しをされる方がいるのであれば、物件を見に行く時にベランダのガラス部分にも注目してみておくといいでしょう。

女性にとって心配なのは、女性服を干しているのを外から見られないか?ということですよね。

本来、下着を外に干すのはあまりよくないですが、どうしても太陽の日差しに当てたい方はそうやってガラスで目隠ししているものを利用すると良いでしょう。

女性だけが住んでいることが周りに知れ渡りにくくなり、下着泥棒やストーカー被害を防ぐことができるかもしれません。

雨の日や天気が怪しい日でも洗濯物が干せる

さきほどもご紹介しましたが、雨の日でも天気が怪しい日であってもベランダであれば洗濯物を干すことが出来ます。

それは屋根がついているために、少しの雨であればしのいでくれるからです。

家の中に洗濯物を干すと、湿気で部屋はジメジメになるし、洗濯物から部屋干し臭がしてしまっていやですよね。

それに部屋の中の面積をとってしまうため、部屋自体が狭くなってしまうものです。

しかし、ベランダの内側に干しておくことが出来れば、雨の日だって洗濯物を外に出しておくことが出来ます。

屋根があるってとてもすばらしいことなんですね。

しかし、土砂降りの日などに干したままにしたら、はやり洗濯物はびしょぬれになってしまいますから過信しすぎないことも重要になります。

ベランダのデメリット

これまでにベランダのメリットをご紹介してきましたね。

あなたは、そのメリットを見てどのように感じましたか?

また、ベランダに対するイメージを変える事が出来たでしょうか。

ベランダに良いイメージを持つことが出来たとしても、次に気になるのは「悪いところはないのか」ということでしょう。

どんなに素晴らしいものであっても、何かしらの悪い部分が存在するものです。

それは人によっては、良いものになったり、悪いものになったりします。

では、ベランダにおけるデメリットとはどのようなものがあるのでしょうか?それぞれ詳しく見ていきましょう。

また、デメリットに関して少しの解決策のアドバイスもしているので、参考にしてみてくださいね。

マンションのベランダは基本的に狭い

これまでに何度か登場しましたが、ベランダというのは基本的に狭いことが多いです。

特に築年数の高い建物や一人身向けに造られた建物だと、1m×2mしかないこともあります。

または、それよりも小さいベランダであることってありますよね。

そうなると植物を育てても、洗濯物をしているときに誤って蹴っ飛ばしてしまったりすることもあります。

また、ベランダでプールに入るなんて絶対に出来ないこともありますよね。

少し家賃の高いマンションやアパートに住めば大きなベランダを確保することはできますが、ベランダのためだけに家賃アップするのは難しい話です。

そのような理由から、ベランダは狭くて動きづらいというデメリットがあるんですね。

あなたの知っているベランダは大きなものでしょうか?それとも小さなものでしょうか?小さなベランダでやりたいことをやっている姿を想像してみてください。

ほとんどの場合が難しいはずです。

有効活用できにくい

ベランダの面積が小さいということは、同時に有効活用しにくいということでもあります。

これまでにはベランダでは、洗濯物を干す以外に植物を育てたり、お子様がいる家庭であるならばプールに入ることも出来るとお伝えしましたね。

しかし、狭いベランダではそれを思いっきり楽しむことが出来ないのです。

植物を育てることは出来るかもしれませんが、洗濯物が干しづらくなってしまうでしょう。

そのため、有効活用しにくいんですよね。

しかし、ちょっとだけ狭いベランダでも有効活用する方法があります。

それは植物を育てる場合にしか使えません。

ずばり、棚を利用するのです。

ベランダの床にぎっしり植物を置くのではなく、網状など下にも日差しが届くような台を使って植物を育ててみましょう。

そうすると今までは足の踏み場もなくなっていたようなベランダに、スペースが少し現われます。

また、ベランダの柵にひっかけるタイプのものを販売されていますから、状況に合わせて使ってみることをオススメします。

基本的に有効活用しにくいベランダですが、アイディアひとつでとても使いやすい場所に変える事が出来ます。

決して諦めないでください。