私たちが生きるのに欠かせないものはたくさんありますが、その中でも水分はとても大事なものです。

私たちの体の中には水分が約70%を占めていると言われているように、それほどまでの大事な物です。

水分をしっかりと補給していないと、様々な面で支障をきたしてしまいます。

特に夏場は適度に水分補給を行っていないと、熱中症で倒れたりと大変な事になってしまいます。

しかし、便利な世の中になり、昔は飲み物は水だったものが、様々な飲み物が存在しています。

その中でも大人になると段々と好きになってくる飲み物としてコーヒーが挙げられます。

若い時でも、甘いコーヒーであれば飲んでいる方も多かったと思いますが、大人になるとあまり甘い物が受け付けられなくなり、ブラックなどの無糖のコーヒーが好きになる事も多いでしょう。

コーヒーは飲むと健康効果などもありますし、なんとなく落ち着くと感じる人も多いので
幅広い世代から人気がある飲み物です。

今回はそんなコーヒーをテーマにしておすすめの缶コーヒーについてご紹介します。

缶コーヒー好き集まれ!

缶コーヒーを飲んだことがない方はおそらくほぼいないかと思います。

今ではコンビニでもそうですし、自販機でもたくさん取り扱われている缶コーヒーですが、缶コーヒーと一言に言っても様々な種類があります。

普段からよく飲んでいる人はいつもの見慣れている自分のおすすめの缶コーヒーがあるかもしれませんが、普段飲まない人からするとわからなかったり、普段飲んでいる人も気になっているけど失敗したら嫌だからと、他の種類の缶コーヒーを手に取る事を敬遠している可能性もあります。

なので、様々な存在する缶コーヒーの特徴についてこの機会に理解してください。

【厳選!】おすすめの缶コーヒーランキング21選!

缶コーヒーによって持っている特徴などは違います。

大きく分けると缶コーヒーには糖が入ってるものと入っていない物と分けることが出来ます。

いわゆる微糖とブラックの違いですが、こだわりがある人からするとこの時点で間違ってしまうと飲みたくなくなってしまうほど大きな違いです。

また、缶コーヒーによっては匂いなども大きく違い、香料があるものとない物などの違いもあります。

そして、一番重要なのが味ですよね。

味といえば、マメや作り方によっても大きく異なります。

だからこそ、普段自分が味わっている缶コーヒーを毎回購入する方が多いと言えます。

たくさんの缶コーヒーの特徴を知り、自分が本当に好きな缶コーヒーを改めてみつけるきかっけにしてください。

UCC BLACK無糖

まずはじめにご紹介する缶コーヒーは ucc のブラック無糖です。

UCC ブラック無糖といえばもはや缶コーヒーを飲んでいる人からすると当然の様に知っている商品だと言えます。

コンビニや自動販売機など様々な場所に存在しており手頃な価格で購入することができる缶コーヒーです。

UCC には3つのこだわりがあり、セレクト、ロースト、ドリップという3つのこだわりをコンセプトに掲げています。

まずはセレクトについてですがUCC は1984年にブラジルに現地法人を設立して現在までの活躍に至っており、世界最大のコーヒー輸出国であるブラジルのコーヒー豆の品質に目を配り、ブラジル産のコーヒーを量や質を共に安定した状態で日本へ送り出し、厳選されたコーヒー豆をセレクトして輸出しているということです。

自社の基準を突破したコーヒー豆しか輸出しないというUCC クオリティ、UCC 基準と呼ばれるものを設定しておりハイレベルだと断定された豆飲みを輸出するというこだわりを持っています。

次にローストですが、コーヒーはちょっと作り方を変えるだけで味が大きく変化します。

ブレンドと一言で言い表せても、混ぜてから炒るのかそれとも炒ってから混ぜるのかということで味も大きく変化します。

コーヒー豆の種類によっても適切な作り方と適切でない作り方と負けることができ、言ってみればまめの才能をうまく引き出すことが出来なければ美味しく味わうことができないと言えます。

なのでUCC おいてはどういう風にローストするのが一番良いのかという工程なども全て豆の種類によって把握をしています。

長年の経験による美味しいコーヒーの作り方を知っているからこそ豊富な知識を蓄えているといえます。

最後にドリップですが、 ドリップに関しても先ほどのローストと同じように長年の経験による適切な方法を熟知していると言えます。

低音中音高音の3つの異なる温度帯でドリップしたりするなどの特殊なドリップ方法を甲子していたりするなど、長年の経験によって一番豆が美味しく味わうことができる方法をとっているからこそこだわりのコーヒーが提供できると言えます。

例えば缶コーヒー以外のレギュラーコーヒーに関しては焙煎後の豆をマイナス二度に急速冷凍をしたり、包装ラインを完全密封してパッケージングしたりするなどの特殊な方法を行なったりしていることもUCC の取り組みとして紹介されています。

長くコーヒーと向き合ってきたからこそこだわりの製法を知っているといえます。

UCC ブラック無糖はそんなこだわりの製法で作られており、3温度ナチュラルドリップ製法を用いて、バランスのよい味わいやコクを引き出した缶コーヒーであり、キレのある味わいを作り出しています。

また、加温した状態ではなくわざと低温の状態にして作るので、香りが閉じ込められており、無香なのにおいしい香ばしい味わいがある事も魅力的な缶コーヒーです。

アサヒ ワンダ 極 ブラック

次にご紹介するのはアサヒ飲料の商品であるアサヒ ワンダ 極 ブラックです。

アサヒ飲料といえば、誰もが知る有名企業ですよね。

アサヒ飲料は幅広い商品を販売しており、コーヒー以外にもたくさんの商品を提供してくれています。

1982年に設立された会社で、現在は3000人以上の社員を抱える大企業であり、あのカルピスを販売しているカルピス株式会社もグループ企業として名を連ねています。

飲料事業の分野で社会や立場の変化に対応し、高品質で安全な商品と真心のこもったサービスの提供を経営理念としている会社であり、社会貢献にも大きく活躍するなど、社会的にも大きな力を持った会社であるといえます。

そんなアサヒ飲料が提供しているコーヒー印象のブランドがワンダなのです。

ワンダも同様に、コンビニや自動販売機などで見かけることが多く、商品を見かけない事がないほど浸透しています。

そんな中でも、まずはアサヒ ワンダ 極 ブラックをご紹介します。

一杯のコーヒーにかける情熱とこだわりが詰まった缶コーヒーをコンセプトにして作られており長年の研究でたどり着いた焙煎方法を使っています。

その名も深煎りの極みにという製法を用いており、コク深いながらも飲みやすい缶コーヒーを作っています。

また創業80年を超える老舗である丸福珈琲店が監修している缶コーヒーなどでコーヒーのプロがその製法に携わっていると言えます。

丸福珈琲店は、濃厚でコク深い味わいをしながら後味がさっぱりしたコーヒーで知られているので、まさにアサヒ ワンダ 極 ブラックも同じように後味がさっぱりしたコーヒーであると言えます。

そして、ワンダ極に関しては3つの情熱から成り立っている商品だといえ、 焙煎への情熱、ブレンドへの情熱、ドリップへの情熱の3つから成り立っています。

まず、焙煎への情熱は丸福珈琲店が長年の研究でたどり着いた焙煎深煎りの極みを用いて作られているのでその日の気温や湿度を意識して焙煎で出てくる香りや色縁などをチェックしてその条件ごとに微調整して行われています。

次に ブレンドへの情熱は深煎りの豆と中煎りのマメを合わせてコクと飲みやすさを両立しており、苦味だけではなくコーヒーの深みを感じるコクを表せるとともに、飲みやすさにも繋がっているといえます。

最後にドリップへの情熱ですが、深煎りのマメのおいしさを出すために特殊な方法を採用しており、名付けて浸漬ドリップという方法ですが、独自の抽出器具を使用する事で、マメの粒度や抽出温度、お湯の量などを微調整しながら行われているので、よりおいしさを出すために工夫を行っているとの事です。

この3つの情熱が極シリーズを美味しくしてくれている理由だといえます。

アサヒワンダ ゴールドブラック

次のご紹介するのはアサヒワンダ ゴールドブラックです。

アサヒ飲料が出している商品のひとつであり、ゴールドブラックという名前の通り、黒い缶コーヒーに、端や文字が金色になっているような見た目の商品です。

キャッチコピーが芳醇な香り、輝くおいしさのブラックコーヒーという文言であり、芳醇な香りが押しの商品であるといえます。

徹底した高級豆を使用しているという事と、製造工程の中で、より豆のおいしさを引き出せるように工夫されているので、深いコクと芳醇な味わいが楽しめるようなブラックコーヒーとなっています。

アサヒワンダのゴールドシリーズについては高級な豆を使用しているのですが、その高級な豆は高級豆選定審査をクリアした豆しか使用しないという徹底ぶりです。

まさにゴールドクオリティといわれるほどの質の豆を使っているといえます。

3つの審査基準があり、それぞれは大きさ、品質、味わいとなっています。

まず大きさについてですが成熟した大きな豆のみを使っているということが特徴的です。

元々コーヒー輸出大国として有名なブラジルでもコーヒー豆の格付けとしてその審査基準の一つにサイズという存在があります。

なので、ブラジルで最高等級と言われているようなしっかりと成熟したふくよかな豆のみを厳密に選び出して製造されているという事が一つの審査基準であると言えます。

そして品質の審査ですが欠点豆がないかどうか厳しくチェックしているといえます。

豆と言っても農作物であることからどうしても異物や発育不良のものが混ざってしまう場合があり、そういった豆を混ぜてしまうと品質が悪くなってしまうので、必ず欠点前といわれる該当する品質基準に満たない豆を混入しないように徹底しています。

手間をかけてでも確認しており、人と機械でわけて観察しているようです。

具体的な欠点豆を取り除く理由として、焙煎が均一になる、そしてより香り高いコーヒーを作ることができる、より味わい深くなる、焙煎機やミルを大切に扱うことができるという理由があり、品質の高いコーヒーを作るために行なっている言えます。

ゴールドシリーズはそんな厳しい審査基準をクリアした高級豆しか使っていないので、高価な味わいが出せると言えます。

ダイドーブレンド デミタス サファイアブラック

次にご紹介するのはダイドーブレンド デミタス サファイアブラックです。

ダイドーといえば、ダイドードリンコ株式会社が販売している商品であり、長年の実績を有している実力のある会社です。

そんなダイドーグループですが、人と社会と共に喜び共に栄える、その実現のためにダイナミックにチャレンジを続けるという企業理念を持っており、高い品質だけではなくサプライズを添えておいしさと健康をお客様に届けるというビジョンを持って活動しています。

実際にダイソーの商品はコーヒー以外にも幅広い清涼飲料水を販売していますが2つの食感を楽しめる炭酸飲料などちょっと変わったサプライズを届けてくれる商品というイメージを大事にしています。

当然ながら味も美味しいので幅広い世代の方から人気を持っている会社ですが、そんなダイドーが販売しているコーヒーがデミタスブランドです。

デミタスコーヒーはCMなどでも有名で、たくさんの方から支持されている缶コーヒーです。

ダイドーブレンド デミタス サファイアブラックはプレミアム豆を増量して、さらにおいしく進化させたブラックコーヒーだといえ、深みがきわまるクリアな味わいが特徴的であるといわれています。

タンザニア産のプレミアム豆を中心に使用されており厳選された5カ国の豆を通常の約1.5倍使用されているので増量の名前にふさわしくたくさんの豆を使用して作られている珈琲だと言えます。

ブラックコーヒーでありながら雨宮華やかな香りそして神のある国を最大限に引き出す製造方法で、雑味を徹底除去したクリアな味わいが特徴的です。

ブラックコーヒーは一般的に苦いと思われがちですが雑味を除去しているので、ブラックコーヒーの美味しさをそのまま味わうことができる商品だと言えるのでブラックが苦手な方でも或いは飲みやすいかもしれません。

ポッカサッポロ アロマックス クオリティブラック

次にご紹介するのは、ポッカサッポロ アロマックス クオリティブラックです。

こちらの商品はポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社が提供している缶コーヒーです。

ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社はサッポログループの食品や飲料授業を担当している会社であり、2012年に設立された比較的新しい会社だといえます。

ポッカサッポロフード&ビバレッジはレモン事業などを行っており、有名な商品としてはポッカレモンなども存在しています。

また、清涼飲料水事業やスープ事業、カフェ事業など、たくさんの事業を行っている会社です。

そんな会社が販売しているコーヒーブランドがあろマックスというシリーズがあります。

アロマックスはその名前の通り、香りを重要視している缶コーヒーです。

キャッチコピーは香りがくれるくつろぎ、です。

その中でも、ポッカサッポロ アロマックス クオリティブラックは4つのこだわりから作られている商品であり、 まず大豆へのこだわりそして商品の個性に合わせた豆のブレンドそしてフレッシュナチュラルアロマ製法最後に脱酸素製法この4つのこだわりを取り入れている商品です。

大豆へのこだわりは、コーヒー豆の特製や産地の個性に合わせて焙煎方法や度合などを変えているという事が特徴であり、豆が持っている最高の特徴を引き出してくれる製法であるといえます。

また、商品の個性に合わせた前のブレンドは、おいしさを追求するために豆の種類や焙煎の度合にこだわるブレンド方法を行っています。

そして、コーヒーの香りを味わっていただくために、アロマックスの一番の押しであるいれたての香りを容器にそのまま封印するなどの特別なフレッシュナチュラルアロマ製法をおこなっています。

そしてコーヒーの味や香りを変化させる一因である酸素を極力除去するために、コーヒーの抽出から充填、密封までの製造工程で酸素を除去する脱酸素製法を行っているからこそコーヒーの味や香りを損なわずに楽しんでいただけると製法を用いています。

この4つのこだわりから作られているアロマックスは香り高いいれたての香りにつつまれながら、コクを味わえるおいしいコーヒーが出来るといえます。

キリン ファイア ブラック

次にご紹介するのはキリン ファイア ブラックです。

キリン ファイア ブラックを販売している会社はキリン株式会社であり、清涼飲料水などを販売している中でも大手の会社です。

どちらかといえば、清涼飲料水以外にもビールの印象がとても強い会社ですね。

キリンの出しているコーヒーのブランドはキリン ファイアです。

CMなどでも見かけることが多く、サッカー選手のカズや香川照之さんなども出演しています。

ファイアの製造工程の特徴として、まず一番大事にしているのが焼きです。

焼きによってコーヒーは極まると謳っており、17年間鍛え続けた火入れ技術、そしてこれまでのチャレンジ実績を掛け合わせてたどり着いた焦がし焼きという製法を使ってうまさと香りの高い製品を製造しているとされています。

より美味しいコーヒーを作るために焦がし焼きそして霊水重ね焼きという二段階の手法をとっていることも美味しさを表現する大事な工程です。

まず焦がし焼きについてですが、豆が炭化直前まで深く焼くことで力強いコーヒー缶と香りの強さを極限にまで引き出すことを行っており、硬度のある豆を限界まで焙煎する製法のことです。

そうする事で香ばしさが段違いに変わり、かつてない味わいを引き出す事に成功しており、この製法で焼きを重視する事で缶コーヒーの中でも香ばしさをより前面に感じさせることが出来ると言われています。

そして、次に冷水重ね焼きですが、こちらはコーヒー豆を焙煎中に焙煎滋賀タイミングを見極めて冷水を流し込み豆を急速に冷たくさせるという製造方法です。

冷水の温度は約1度から7度といわれており、急速に豆を冷たくさせることで味わいや香りを引き立たせながらも後味がすっきりとしたキレのある味わいを実現することができるようになりました。

この2段階の焼きによって豆の香ばしさとキレのある味わいを演出することが出来るようになり、その技術の結晶がキリンファイアブラックであるといえます。

サントリー プレミアムボスブラック

次にご紹介する缶コーヒーはサントリー プレミアムボスブラックです。

サントリー プレミアムボスブラックはサントリーが発売している商品です。

サントリーが販売している缶コーヒーのブランドがボスであり、コンビニや自動販売機などでも多く見かけるかと思います。

その中でもサントリー プレミアムボスブラックはボトル缶のブラックコーヒーの中でも豊かなコクと切れの良い苦みを演出しているコーヒーであり、ボスブラック史上、一番のコク
を実現している商品であるといえます。

ブラックが好きでも、苦みなどがあるコーヒーはあまり好きではないという方には適していないかもしれません。

しかし、甘いコーヒーが嫌いな方や、苦みのないコーヒーが苦手だという大人の方には適しているコーヒーだといえます。

ブラジル産最高級豆を使用しているので、豆自体の品質にも気を使いながら、通常状態の豆以外にも、微粉砕コーヒー豆をブレンドする事によって独特の味わいやコクを打ち出す事にも成功しているなど、特殊な製造方法を採用している事もおいしさのひみつであるといえます。

缶コーヒーが美味しく感じる瞬間

ここまではおすすめの缶コーヒーについてご紹介しました。

ここからは缶コーヒーがより美味しく感じる瞬間についてご紹介します。

缶コーヒーが好きな方は様々な場面で缶コーヒーを購入して飲むことが多いと思います。

日常での様々な場面の中でより缶コーヒーの味が美味しくなる瞬間は人それぞれ存在するはずです。

何かが一段落した時に飲んだり何気ない日常の場面で飲んだりする時にその恩恵を強く感じることができる場面が必ず存在します。

自分自身がよく缶コーヒーを飲んだりする方であれば自分の美味しく感じる瞬間と照らし合わせて考えてみてください。

①朝の朝食

缶コーヒーが美味しく感じる瞬間として朝の朝食の時が挙げられます。

急いでいる時などは難しいかもしれませんが、ゆっくりした朝を過ごせる時には朝食の時にコーヒーを飲むことも多いと思います。

和食であれば会わないかもしれませんが洋食なのでパン屋サンドウィッチなどを朝から用意されている場合は特に料理と合いますし、朝からあまり食事をとることが好ましくないと感じている人でも飲み物ぐらいであれば味わうことができるので朝食がわりにコーヒーで済ませている方も多いと言えます。

ゆったりした朝を過ごせる時は気分的にも心地よくそんな優雅な朝を演出させてくれるアイテムとして缶コーヒーが大きく力を貸してくれます。

コーヒーの豊かな香りでリラックスすることができたりまぶたをこするオナ眠い朝には缶コーヒーを飲んでシャキッとさせてくれるようなそんなキレのある味わいを与えてくれるので、普段の朝食に缶コーヒーを取り入れてみてください。

②出勤途中

缶コーヒーがより美味しく感じる瞬間として出勤途中が挙げられます。

自宅から会社までの距離があまり長くない場合は購入することはあまりないかもしれませんが、自宅から会社まである程度の距離がある場合出勤する途中でどこかで休んで一息をつくことも多くあります。

例えば会社の途中に公園がある場合は公園に座って10分ぐらい一休みする時間を毎朝作ってルーティンにされていらっしゃる方も多いと思います。

特にタバコを吸う方は出勤の途中でゆっくりできる時間を作る方が多く存在します。

その出勤途中の一時休憩で缶コーヒーを飲むととても美味しく感じることができます。

朝の朝食と同じように、優雅な朝を満喫したい場合は余裕をもって自宅を出て途中で休憩して缶コーヒーを楽しむようにすると毎朝の楽しみができて遅刻することも少なくなる可能性にもつながります。

また慌ただしい日常であるどうしても余裕を持ちにくいのですが、余裕をもって行動して一旦休憩して自分の気持ちを整理することによって仕事のパフォーマンスが上がることにもつながります。

例えば朝出勤したらどんな仕事から手を付けようとか、今日はどういう風に仕事に臨むかと考えたり、行わなければいけないことを頭の中で整理する時間ができます。

人間関係などの問題を抱えていたら解決するために、今日はギクシャクしている人に一言声をかけて謝ろうとか、など、心の中で感じている何気ない事を考えることが出来るので、気になっている問題を解決したり、仕事の効率を上げるために必要な事などを考えやすいです。

そして、結果的に楽しい時間を過ごせるだけではなく、有意義な時間の使い方になる事が出来るともいえます。

③お昼休み

次に紹介する缶コーヒーが美味しく感じる瞬間はお昼休みです。

会社に出勤して楽しい時間といえばお昼休みは時間である場合が多いです。

朝から業務を行って疲れた体に一旦エキスを注入するするのがお昼休みですが、美味しいご飯を食べることもそうです市ご飯を食べた後にコーヒーを飲んでリフレッシュすることも楽しみのひとつだと言えます。

喫茶店に入ってコーヒーを楽しむ方も多いですが時間がないので缶コーヒーで済ませる方もとても多いと思います。

ご飯を食べた後はついつい眠くなってしまいがちなのでブラックコーヒーを飲んでリフレッシュした上で午後の仕事に取り掛かるという方も多いのです。

ここから、また長い時間仕事があると考えると少し気が重くなってしまいますが、そんな時こそコーヒーを飲んでリフレッシュして午後からも頑張るという気持ちを持つ事が大事です。

コーヒーを飲むという事はひとつ有効な気分転換の方法であると言えます。

④トレーニング前

男性女性問わず自分の体を鍛えている人は多く存在します。

大人になるとなかなか運動する機会がなくなってしまったり、体を鍛えたりすること自体面倒になってしまって、時間的な余裕もなくだらけた生活を送ってしまいがちです。

そんな中、意識を高く持っている人は自分を奮い立たせて筋肉トレーニングなどを行っている方が多いですが、トレーニングは当然ながら肉体的に辛いことを行うので面倒だと感じてしまうサボりがちになってしまいます。

そんな自分を奮い立たせるためにもトレーニング前の楽しみとして缶コーヒーを飲むことが挙げられる場合が多いです。

何かを行う前に一度頑張ろうというえきすを注入するために気分転換で缶コーヒーを飲む方はとても多く、自動販売機なのであればどこでも販売してあるので、手軽な値段ですぐに購入することができるアイテムです。

なので、缶コーヒーを物事がひと段落したり、これから何かを行う行うという場面で愛用されている方は多いと言えます。

⑤仕事終わり

大多数の形が缶コーヒーが美味しいと感じる瞬間として挙げられる場面が仕事終わりです。

仕事が終わった後で気持ち的にも解放されますし肉体的にも精神的にも疲れから解放される瞬間になるといえます。

仕事が好き嫌いなどは関係なく仕事が終わった後は人間であれば解放された気分になるのが当然ですし解放された時には長い時間頑張れば頑張った分自分にご褒美をあげたいと思う場合が多いです。

そんな時に頑張ったご褒美としてコーヒーを飲む方が多いといえます。

世の中にはカップに入ったコーヒーではなくて缶コーヒーが好ましいと考えてる人も多く、なんとなく缶コーヒーの方が美味しく感じると想像している方も多いです。

いずれにしても仕事が終わった後のコーヒーは格別だと感じる方も多いですしお酒とは違った別の魅力を持っているといえます。

仕事帰りの道でどこかで休憩して缶コーヒーを飲んだり一緒にタバコを吸ったりする方もとても多いのがこの開放感から来ている場合が多いと言えます。

美味しい缶コーヒーを制覇しよう!(まとめ)

今回は様々な企業のブランドの缶コーヒーをご紹介し、缶コーヒーが美味しく感じる瞬間についても併せてご紹介しました。

缶コーヒーを普段から愛飲されている方は多くいらっしゃると思います。

どうせ毎回購入して飲むのであれば自分自身が一番美味しく感じる缶コーヒーを美味しく感じれる状況で飲みたいですよね。

缶コーヒー1つとってみたとしても様々な特徴や製造方法があるので当然味なのも違ってきます。

自分がどういう味が好きなのかどういう特徴を持っている珈琲が好みなのかということを今一度たくさんの缶コーヒーを飲んでみて自分が一番好きなコーヒーを見つけてみると面白いと思います。

何事に対しても小さいことでもこだわるような人間は様々な知識が身に付き幅広い視野を持つことができることにもつながります。

自分の好きなことくらいは幅広い知識を持てる程度に物事にこだわってみてください。

【コーヒーの効果については、こちらの記事もチェック!】