客観的に見ればそれほど大したことでもないのに、気持ちに余裕が無く、気がついたらイライラしてしまうことってありませんか?

短期は損気と分かっていながらも、どうしてもイライラしてしまい、気がついたら怒りを爆発させてしまうことは、たくさんあると思います。

それにしても、イライラしたくないと誰もが思っているはずなのに、何故、人はイライラしてしまうことが多々あるのでしょうか。

そこで、本記事では、イライラのメカニズムを紐解きながら、

イライラが止まらないときの対処法としておすすめの方法をご紹介していきます。

最近イライラしてない?

皆さんは、日常の中でイライラしたことってありませんか?

きっとこんな質問をすると、ほぼ全員がYESと答えられるはず・・・

なぜなら、人は誰もが、どこかしらで自分ファーストを掲げて、身勝手に振る舞ってしまう気質を持っているため、

異に反した行動を見ると、イライラを募らせてしまうのです。

後ほど詳しいメカニズムや対処法などをご紹介していきますが、

大抵の人は心に余裕がなく、相手の言動などで傷ついたり追い詰められたと感じることで、イライラしてしまいます。

例えば、ニュースなどで、認知症や精神疾患の人が殺人事件を犯してしまい、

責任能力がないため無罪を訴え裁判を闘うなんてニュースを耳にするとおもいますが、

これも、遺族側からしてみれば、イライラの要因になりかねない話ですよね。

そもそも身内が殺害されているというのに、認知症で水に流されたらたまったものではありませんし、

大切な身内が殺されてしまった悲しみと怒りをどこにぶつけて良いのかも分からず、ただイライラが止まらず、時間だけが過ぎてしまいます。

まぁ、これは極端なケースですが、決して珍しいことではなく、日常茶飯事のように、ニュースでよく耳にします。

認知症だろうが、精神疾患だろうが、子供だろうが、大人だろうが、一切関係なく、

悪いものは悪いと罪を認めて反省してくれなければ、被害を受けた人たちの気持ちは、いつまでたっても晴れません。

このような事件から、些細な行き違いまで、トラブルの大小はあるものの、

いずれにしても、誰かの身勝手(または非常識な・・・)な言動をきっかけに、相手が理不尽と感じイライラをつのらせていくです。

そして、このイライラは、誰もが完全に取り払うことは出来ず、表面化されていなかったとしても、

心の中では無意識のうちにイライラの種は大きくなり、上手く付き合っていかなければ、いつしか爆発させてしまうのです。

イライラとうまく付き合っていこう

先程も少し触れているので重複してしまうかもしれませんが、

人間誰しもイライラする事はよくありますし、それがストレスとして蓄積されていくほど、最悪、精神疾患となり、

奇抜な行動を取ってしまったり暴力的になってしまったりするなんてケースも起こりえます。

イライラする事のすべてが悪いとはいいませんし、イライラする(怒る)行為は、

ストレスを溜め込まないで、健康な心を保つための防御行為として必要な行為でもあるので、ある意味良いことでもあるわけです。

ただし、あまりにイライラを爆発させすぎてしまうと、周囲の人たちを深く傷つけてしまうかもしれませんし、

最悪暴力事件を引き起こしてしまうなんてことになってしまう可能性だってあるわけで、

やはり、何事にも共通して言えることかもしれませんが、限度を超えてイライラしすぎるのはよろしくありません。

誰しもイライラする事はあるわけですから、上手く付き合いながら、

ストレスとして溜め込まないことが理想の生き方だと筆者は考えています。

もちろんイライラは常に蓄積されていくものですし、上手く付き合うのは難しいかもしれませんが、

これからお話していく方法を用いながら、ある程度コントロールすることは可能ですので、

ぜひ、イライラしてしまったさいには、大きく爆発させてしまわないように、上手く付き合い、コントロールしていくよう心がけてみましょう。

おすすめのイライラ解消方法17個

イライラと上手く付き合いコントロール(発散)できたら、何度も怒ることなく、精神的にも安定すると思うのですが、

なかなかコントロール出来ずにイライラしすぎてストレスを抱え込んでしまう人も、決して少なくありません。

このご時世、本当に世知辛い世の中で、自分ファーストを掲げている人が大半ですし、

そのために内紛やテロ・戦争だって世界を見渡せば随所で起こっています。

ある国では、目障りという理由で、スパイに兄を殺害させるという国もあり、

そのことがニュースでも大きく取り上げられているほどですから、

どれだけ、自分ファーストによって、混沌な世の中となり、イライラがコントロールできなくなっているのか伺えます。

とはいえ、このまま仕方がないで済ませてしまうと、人間社会そのものが破綻を迎えてしまうでしょうし、

やはり、相手への気遣いも持ちつつイライラを上手くコントロールする社会を構築していきたいというのが率直なところ…

そこで、早速17のイライラ解消法をご紹介していきたいと思います。

日頃、何かとイライラを隠せない人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

日常生活でできること

イライラをコントロールするためには、『何か特別なことをしなくてはいけないのでは?』

と誤解されていらっしゃる方も中にはいらっしゃるかもしれません。

しかし、意外なことに日常生活の簡単なことで、イライラは上手くコントロールできます。

では、どんな行動を取れば、日常生活の中で、簡単にイライラを発散し、上手くコントロールできるようになるのか、

その幾つかの方法をご紹介していきます。

お風呂でリラックス

2020年東京オリンピックでの海外旅行者のおもてなしの一つとして、

日本の地図記号・マークなどの改善が見られているというニュースをよくみかけますが、

これまで慣れ親しんできた温泉マークが、海外の人たちには理解されていないらしく、

新たに、親子のマークが加わった温泉マークとして改変されているなんて話もありますよね。

この様に温泉の文化は日本古来のもので、海外はシャワーを浴びる人のほうが多いというのが現状のようです。

そのことでは分かる通り、、一部の若者がシャワーだけで済ますなんて方もいらっしゃいますが、

その他の多くの日本人が、お風呂に浸かることを文化の一つとして、日常生活に取り入れていらっしゃるわけです。

それも、昔から当たり前の様に日常生活の一部として取り入れられているわけですが、

実は、このお風呂(湯船)に浸かるという行為は、ストレス発散(イライラ解消)という意味では、実に大きな効果をもたらすと言われています。

実は、お風呂に入ることで、『温熱効果』・『浮力効果』・『水圧効果』の3つの効果を得ることが出来、

人がリラックスしている時に感じる『副交感神経』が刺激されるため、心身のストレスが解消されていくのです。

また、お風呂の入ることで、適度に血行も巡りやすくなり体温調節もできるため、寒暖によるストレスも解消されますし、

イライラをコントロールするにはうってつけの方法と言えるでしょう。

一日の仕事などで疲れやイライラを感じストレスを溜め込んでしまう前に、

まっすぐ自宅に帰りお風呂に入るか、サウナ・入浴上によってひとっ風呂浴びてみるのも良いと思いますよ。

とにかく寝る

特に日本は、過労死が取り上げられるほど、多忙を極める会社員が多いですよね。

その為ストレスを溜め込みイライラを爆発させてしまうなんて人も多々見受けられますが、

身体が休まっていないのに多忙を極めていれば、そうなるのは当たり前の話です。

そもそも、睡眠不足が続くと、脳の扁桃体が活発に動いてしまい、不安や緊張に反応してしまいやすくなるらしく、

そのことが原因で、人はイライラしてしまうのです。

冒頭でも、イライラは、心に余裕がなく相手の言葉で傷つけられたり追い詰められたりすること、発生してしまうものだとお話しましたが、

それは、ある種の不安や緊張に襲われてしまっている状態を指し示す言葉と捉えて良いと思います。

寝不足な人ほど、不安や緊張が脳の扁桃体に反応しやすくなるために、

ストレスとして溜まってしまい、やがてイライラとして爆発させてしまうのです。

ということは、逆のことをすれば、イライラは解消されると考えていいのではないでしょうか。

なかなか熟睡するのは難しい現代なのかもしれませんが、まずは心身を休ませることが第一です。

カモミールやローズヒップなどのハーブティーを飲んで精神を落ち着かせてみたり、

ヒーリング・ミュージックを聴いて眠りについてみたりなどなど、色々リラックスして熟睡する方法はありますので、

ぜひ、ゆっくり休んでイライラを解消してみましょう。

美味しいものを食べる

人間の三大欲求の一つである食欲は、多かれ少なかれ誰もが持つ欲求で、これが満たされると、誰でも笑顔になるってしまうものです。

何よりも欲求が満たされるということは大きなポイントで、

美味しいものを食べることで、何か特別な体感をしている感覚を味わうことが出来、

結果として幸せな気持ちになれるために、ストレスが上手く発散してイライラが解消されるのです。

具体的なことを話すと難しくなるので割愛しますが、

医学的にも、食物からしか摂取できない栄養素が脳と結びつくことで、幸せの成分が分泌されストレス発散できるという話もありますし、

美味しいものを食べるということは、ストレス発散法として正しい方法と考えていいでしょう。

ただし、いくらご褒美として美味しいものを食べるのがストレス解消に良いと言っても、

食べ過ぎで太ってしまったら、特に女性は体型を気にしてしまい、新たなストレスが発生してしまうなんてこともあるでしょう。

最悪、過食・摂食障害に陥るなんてケースもあるらしいので、くれぐれも食べ過ぎには注意してくださいね。

ノートに愚痴を殴り書き

イライラを爆発させてしまう人の大半は、日頃のイライラを発散すること無く常に溜め込み我慢している真面目な人が実に多いようです。

猟奇殺人事件などをみても、初めから不良行為に走っている人たちよりも、

受験戦争をくぐり抜け一流大学に入った真面目な学生ほど、この手の事件を犯していることが分ります。

それも、周囲の人たちが驚くくらい、普段真面目と捉えている人たちがこのような罪を犯しているというのですから、実に驚きな話です。

もちろん、イライラを溜め込んでいるからといって、すべての人達が猟奇的殺人を犯すというわけではありません。

あくまで、一部の暴走してしまった人たちの傾向であるに過ぎませんが、

それでも、一つの傾向としてイライラを溜めすぎることがよくないということが伺えるでしょう。

そこで、イライラを発散し、上手くコントロールする一つの方法として、ノートに愚痴を書きなぐってしまうことをおすすめします。

ノートに描いて最終的に誰にも読ませず、こっそり償却処分してしまえば、そのイライラが浄化され、

気がついた頃には、イライラが発散され怒っていたことすら馬鹿らしくなってしまいます。

悔しい気持ちや相手に対する嫉妬・不満など、色んな感情がイライラには存在していますが、

周りの目を気にして誰にも言えない人ほど、ノートなら自由になんでも書き殴れますし、思いの丈を全部ぶつけてしまうべきだと思うのです。

もちろん、人に見られたら、何かと気まずくなってしまいますし、誰にも見せないことが大前提ですが、

しっかり個人情報にロックを掛けながら、上手くコントロールしていけば、ストレスも発散できるので、

100均でもノートなんて販売されていますし、気軽に購入できるので、すぐに実践できるので、今すぐにでも試してみてくださいね。

深呼吸で落ち着く

精神的にイライラしている時というのは、大抵、冷静さを見失っているものです。

もちろんそんなことはイライラしている本人が一番分かっている話だと思うのですが、

いざ冷静を取り戻そうとするものの、時既に遅く、負のスパイラルに入り込んでしまい、

下手にもがけばもがくほど、余計にストレスが溜まってイライラしてしまいます。