いつの時代も、親と言うものはつい子供に期待をかけてしまいます。

自分の子供なのだから、どんな可能性ああるのかは冷静に考えればわかりそうな気もします。

ですが、ついその事を忘れ自分の子供は天才なのでは無いかと思ってしまいます。

他人から見れば、そんな発想は親ばか以外の何者でも無いでしょう。

ですが、どの親も大抵親ばかです。

自分の子供が可愛いからこそ、そうなってしまうのでしょう。

それは悪い事ではなく、親の精一杯の愛情です。

子供にとってはその期待も迷惑に感じる事もあるかもしれません。

ですが、全く期待されない人生というのも、また寂しいい物です。

お互いが、現実に目を向ける時期になるまでは様々な可能性を期待して、多いに楽しんでみるのも子育ての醍醐味の一つでしょう。

期待を多くかけて居る人の中には、小さな内から様々な才能を見出す方法を考え実施しています。

その中の一つに、知育玩具と呼ばれるものがあります。

知育玩具とは、おもちゃです。

ですが、他のおもちゃとは少し違い、子供たちの脳や想像力を発達させる為にあると言われています。

遊びながら、発育の助けをする事が出来る知育玩具は子供たちの為にとても役立つ物だと言えるのでは無いでしょうか。

今は、沢山の知育玩具が販売されています。

年齢によっても適している物が違うので、どれを買ったら良いのか分からないと悩む事もあるでしょう。

そこで今回は、年齢に合わせてお勧めの知育玩具をご紹介させて頂きます。

知育玩具の年齢別おすすめおもちゃ20選

知育玩具と言っても、その種類は多岐に渡っています。

脳を鍛えるおもちゃと聞くと、難しい内容の物ばかりあるのでは無いかと想像する方も居る事でしょう。

ですが、実際には子供たちもしっかりと楽しむ事が出来るおもちゃが用意さえています。

また、同じ子供と言っても0歳児の子に向いているおもちゃと5歳の子に向いているおもちゃは全く違います。

その為、ただ知育玩具を使えば良いと言う事では無く年齢にあった物を選ぶ事が大事なポイントだと言えるのでは無いでしょうか。

子供の成長は、大人が思っているよりもずっと早い物です。

悩んでいる間にドンドンと成長してしまい、気が付いた時には購入するタイミングを逃している事もあるでしょう。

気になる知育玩具を全て購入する事は出来ないかもしれませんが、その時々にあったおもちゃを渡す事によって知育玩具の本当の良さを感じる事が出来るでしょう。

知育玩具は、おもちゃとしての要素以外の部分が多く注目されるおもちゃです。

本当の価値を実感したいのであれば、きちんと年齢に合わせた物を購入する事も大事なポイントなのです。

0歳児におすすめの知育玩具5選

0歳児はまだまだ赤ちゃんと呼ばれる時期が長く、自分の体は勿論ペットボトルやビニール袋など身近にあるもので十分に楽しむ事が出来る年代です。

その為、改まっておもちゃをかってあげようという気持ちになる事も少ないかもしれません。

ですが、何が良いか分らず悩む事も多いでしょう。

0歳児の可能性は無限にあります。

まだ自分で出来る事が出来ない事も多いのですが、その分どんな事でもスポンジの様に吸収する事が出来ます。

ですから、この時期に適した物を与えることが出来ると、より効果を感じやすいとも言われています。

子供の可能性は無限にあります。

まだまだ必要無いと感じる方も、一度知育玩具を渡して見てはいかがでしょうか。

予想外にいい反応をしてくれる事もあるかもしれません。

子供の可能性を親が先に決めてしまう事の無いように、視野を広げてみてはいかがでしょうか。

1.オーボール ラトル(キッズツージャパン)

こちらは、ココス数年、子育てをした事がある方であれば知らない人はいないのでは無いかと思われる程有名な知育玩具の一つです。

とても柔らかい素材で出来て居るボールで、の赤ちゃんが転がしたり潰したりと様々な形で楽しむ事が出来ます。

通常のボールとは違い網目状になっておりそうなっている事により赤ちゃんの小さなてでも自然と掴む事が出来ます。

こちらのシリーズは沢山あり、音のなるものや車の方氏をしている物などがあります。

その為、そのお子様の趣味に合わせて購入してみてはいかがでしょうか。

網目状になって居るので、ひもなどを簡単に付けることが出来ます。

その為、ベビーカーなどにも簡単に取り付けることが出来るので、お出かけの際にもおすすめです。

2.光るにぎやかドラム(コンビ)

こちらのおもちゃは、日本おもちゃ大賞2010で共遊玩具部門という部門の中で、優秀を取っています。

その為、知育玩具に興味がある方は一度は目にした事があるのでは無いでしょうか。

このドラムは、叩く事によって光と音を楽しむ事が出来ます。

ただ叩くだけでは無く、転がしたりして音を出す事も出来るので、子供の想像力に合わせて様々な形で遊ぶ事が出来るでしょう。

こちらは、音楽と光を同時に楽しむ事が出来ます。

その為、赤ちゃんの興味をより引く事が出来るでしょう。

音量の調節機能も付いているので、マンションやアパートなど騒音が気になる方にもおすすめの商品です。

3.指先の知育 小さいもの大集合(ピープル)

子供は成長して行くにつれて、細かいものを掴む事が出来るようになります。

その際に、興味ンおある物を与えて上げる事により、その作業は更にスムーズに進むようになる事でしょう。

指先を動かす事は脳を鍛える事にも繋がります。

その為、小さいうちからこういったおもちゃに触れる事で脳を鍛える事が出来るのです。

おもちゃに荷は、えんどう豆やボタン・ボーロ・ママのペンダント・ボールペン・デジカメのレンズ穴・ストローを模したものなど、この時期の子供たちが興味を示しそうな物が多く寄せ集められています。

普段であれば、なかなか自由に遊ばせる事が出来ないような物もこれであればきちんと安全管理が出来ているので、安心して遊ぶ事が出来ます。

つまむ・ひっぱる・押す・握る・曲げる・つっつく・いじる・たたくと言った、赤ちゃんが本能的に楽しむ要素が沢山詰まったおもちゃとなっております。

4.ジョイトーイ ルーピング ウーギー(ボーネルンド)

こちらは、小さなものかた大きな物まで販売されています。

その為、子供たちが集まる遊び場などでも見かけた事がある方も大勢居るのでは無いでしょうか。

このおもちゃでは、ビーズを端から端まで動かす子tが出来ます。

一見地味なおもちゃですが、0歳児の時期は、それくらい単純な方が食いつきが良いのです。

このおもちゃを利用する事によって、手と目の動きを鍛えることが出来ます。

また、ビーズの動き事態にも興味を示す子が大勢居るので、まだ自分で出来ない時期も、ママがやって見せてあげる事によって、楽しむ事が出来るのでは無いでしょうか。

1歳児におすすめの知育玩具5選

1歳児になると、子供の行動パターンは格段に広がります。

1歳0か月であればまだヨチヨチ歩きの子供たちも、1歳11か月になれば、自然に歩き回ることが出来るでしょう。

その為、この時期の子供の成長はとても目覚ましい物があり、大人の想像を遥かに越えてきます。

また、この時期は言葉の発達も始まる時期です。

多くの言葉を学習し、お互いに会話を楽しむ事が出来る様になってきます。

意思の疎通が段々と取れるようになってくるので、少し難しいおもちゃであったとしても、きちんと説明する事によって理解してくれる事が出来るかもしれません。

手先の発達もすっかり進み、細かいものを掴んだり積み上げたりする事が出来るよういなるんで誤飲の心配の無い程度の大きさの物であれば、子供の想像力に合わせて楽しむ事が出来るのでは無いでしょうか。

1.はじめてのブロック(フィッシャープライス)

こちらのおもちゃは、5種類の色と形をした10個のブロックが入っているセットです。

おもちゃがバケツの中に入っているので、片づける際も困る事が無く整理整頓しやすい所も魅力の一つです。

対象年齢は、6か月からなので1歳前から楽しむ事が出来ます。

最初は、ただ物を掴みバケツの中に入れる事しか出来ないかもしれません。

ですが、年齢を重ねる事によって段々と出来ることの幅が広がって行きます。

その為、長い期間遊ぶ事が出来るおもちゃと言えるでしょう。

自分で購入する場合は勿論、こちらは贈り物にもピッタリの商品です。

どうせプレゼントするのであれば、是非長い期間使用して欲しいと思う物です。

その為、成長によって様々な使い方をするkとが出来るこちらのおもちゃは大変おすすめです。

2.ソフトボーリング(エド・インター)

こちらはボーリングのセットです。

だたし、ピンやボールは全て布で作られています。

その為、大変安全でもしぶつかってしまったとしても怪我をする心配が少なく安心して使用する事が出来るでしょう。

やわらかいボーリングのピンは、動物をモチーフにして作られています。

その中には、鈴が入っているので倒れた際に音が鳴ります。

まだボールを投げる事が出来ない時代でも、そのピンだけでも遊ぶ事が出来るでしょう。

配色やデザインが優しい事から、子供たちにピッタリの知育玩具となっております。

3.いたずら1歳やりたい放題ビッグ版(ピープル)

1歳のいたずらは、脳が育つ原動力とも言われています。

ですから、出来れば自由に遊ばせて上げたいという思いもあります。

しかし一方で、家の中にあるものを自由気ままに遊ばれてしまっては怪我の危険性もあり、なかなか上手くは行かないでしょう。

そんな時は、こちらの知育玩具の出番です。

こちらのおもちゃには、子供たちが思わず目がいく気になる物が多数あります。

実際の物にそっくりな物が12種類あるので、今までやりたくても出来なかったいたずらを思う存分楽しむ事が出来るでしょう。

これを利用する事で、子供は勿論親御さんのストレスも軽減させることが出来皆が笑顔で過ごす事が出来るおもちゃとなっております。

2歳児におすすめの知育玩具5選

2歳児は、成長の差が出て着る時期でもあります。

言葉の発達が早い子も入れば、遅い子もいます。

それと同じように、走る事が得意な子も入れば苦手な子もいます。

子供の成長はその子によって大きな差があります。

その為、年齢は勿論その子にあったおもちゃを購入してあげることが必要でしょう。

知育玩具の中には、世界的に人気な物もあります。

知育玩具によって子供の成長が促されたと聞けば、つい可愛い子供の為に購入してやりたいと思う事もあるでしょう。

ですが、その内容が子供の成長や性格に全く合っていない物だとすればそれは全く意味がありません。

知育玩具で頭を良くしたいと思う親の気持ちも分ります。

ですが、それはあくまでも親の希望であり子供には関係の無い事です。

その事に気が付く事無く、親の好みに合わせておもちゃを購入しても意味がありません。

子供は結局、楽しい物しか遊ばないのです。

その事を忘れずに、自分の好みだけではなく子供の好みについてもしっかり考える必要があるでしょう。

1.たっちゃんげす(エド・インター)

こちらのおもちゃは、ブロックです。

ブロックの形を箱に入った状態で見つける事により、手の感覚は勿論想像力を働かせることが出来ます。

更には、絵合わせとしても利用する事ができるので、様々な遊びの方法を自分なりに探す事が出来るでしょう。

また、ブロックの形の難易度は4つあります。

その為、ある程度の年齢まで利用する事が出来るので一過性のおもちゃでは無く、長い期間遊ぶ事が出来るおもちゃと言えるでしょう。

16種類の形の違うおもちゃを利用して様々な遊びを堪能してください。

子供の想像力は、私たちが思っている以上に素晴らしい物があります。

そのため、大人にはさほど面白さが分からないようなおもちゃであったとしても、子供の心を捉えて離さないという事もあるかもしれません。

2.パズルキューブ(プラントイ)

こちらは、パズルをするゲームです。

キューブ状になって居るので、頭の体操と共に指先を鍛えることが出来ます。

その為、より効率的に物事を考える事が出来るようになるでしょう。

パズルなどの頭を使って遊ぶ物は、計画や工夫する力は勿論、想像力などを培ってくれると言われています。

その為、普段の生活出はなかなか鍛える事が出来ない部分も自然と鍛えることが出来、集中力を鍛える子できます。

その為、今後のしつけにも大きな結果をもたらしてくれる事もあるかもしれません。

見た目が可愛らしく、インテリアとしても利用する事が出来るので遊ばなくなった後もさほど邪魔にならずに利用する事ができます。

その為、いくつも購入している人も珍しい事ではありません。

3.コルク積み木(コルク積み木本舗)

こちらは、コルクで作られて積み木です。

コルクはとても軽く弾力性に優れています。

その為、子供たちが安全に遊ぶ事が出来るおもちゃとして注目を集めました。

摩擦が少ない事もあり、自分よりも大きな高さまで積む事もさほど難しい事ではありません。

子供たちの想像力に合わせて、様々な形で楽しむ事が出来るでしょう。

こちらのおもちゃは、1985年度グッドデザイン福祉賞受賞したのをきっかけに、1996年度ロングライフデザイン賞、2014年度グッド・トイ選定2014年度第8回キッズデザイン賞子ども視点の安全安心デザイン子ども部門なども受賞しています。

そのことからも、長い期間子供たちに愛されて来た事が分るでしょう。

コルクは耐久性も高い事から親から子に引き継いで行く事も可能です。

3世代にも渡るおもちゃを購入してみてはいかがでしょうか。

3歳におすすめの知育玩具5選

この時期になると、ある程度集中して遊びを行う事が出来るようになります。

その為、ただ楽しいおもちゃだけでは無く、勉強的な要素が大きく入っているおもちゃでも遊べるようになります。

日本ンでは、つい勉強を無理やり行わせる方法が主流となって居ます。

それは、子供が興味がある無いに関わった物では無く、まさに義務教育です。

その為、勉強を苦手に感じてしまう子供も多くいます。

ですが、本当は勉強は楽しい物です。

自分の興味のある事を、学んで知る事が出来る事は、探求心を満たし、豊かな心を作ってくれる事でしょう。

3歳児におすすめの知育玩具には、そういった要素が多く含まれています。

遊びの中で学ぶ事が出来るので、「勉強」という堅苦しい物では無く自然と学ぶ事が出来るのです。

幼稚園や小学校に入れば嫌でも学ぶ事が沢山あります。

ですが、それより少し前に楽しみながら学ぶ事が出来れば、将来勉強に対する苦手意識を少し軽減させることが出来るかもしれません。

脳みそを柔らかくし、学ぶ姿勢を作る事はとても大事なポイントです。

その為、その前段階として知育玩具を活用してみてはいかがでしょうか。

1.ピタゴラスひらめきのプレート(ピープル)

「ピタゴラス」は、磁石の力を使ったおもちゃです。

通常の磁石は、双方向で反発してしまいます。

その為、くっつかない部分が出来てしまうのです。

ですが、こちらのおもちゃの場合は特殊な磁石を利用している事もあり子供の手でも簡単に付けることが出来るようになって居ます。

この磁石の力を使い、自分の頭の中にあるイメージを立体的に作り上げることが出来るでしょう。

それは想像力を鍛えるのにとても重要な事であり、それを常日頃からするようにしていく事で、自分自身の力を更に高めて行く事が出来るでしょう。

大人になってしまうと、磁石を見た所で特に感動はしません。

しかし、子供の場合にはそれを純粋な心で見る事が出来るので、素直に喜ぶ事が出来ます。

その時の感動を更なる想像力に発展させていく事が出来るかもしれません。

自分で考えた物を立体で形にする事が出来るので、頭の中にある世界をより具体的に示す事が出来る事が出来るでしょう。

そうする事によって、子供たちの想像力を更に鍛える事に繋がります。

2.子どものジグソーパズル(Hostar)

こちらは、子供の知育玩具を多く発売しているとHostarが開発したオリジナル商品です。

素材に大変こだわっており、特殊強化天然木を使用しています。

ある程度の重さがあり、しっかりと握る事が出来るでしょう。

ケース本体に工夫がしてあり、パズルのように「はめこみ遊び」を行う事も出来ます。

片づけをすること自体も遊びお一つにする事が出来るので、子供の自主性を育てることも出来るでしょう。

指先の感覚を鍛えると同時に、想像力を働かせて多くの作品を作る事が出来ます。

繰り返し遊ぶ事によって、多くの才能を鍛えてみてはいかがでしょうか。

子供は勿論、大人になっても楽しむ事が出来るでしょう。

親子で一緒に遊ぶ事が出来る期間は、意外と短い物です。

その期間を無駄にしないためにも、お互い楽しみながら脳を鍛えてみてはいかがでしょうか。

3.はらぺこあおむしメモリーゲーム(コンセル)

こちらは、絵本として有名な、エリック・カールが発表したはらぺこあおむしの絵を使って遊ぶ事の出来る物です。

絵本に出てくるキャラくターや食べ物を利用する事によって、絵合わせを楽しむ事が出来るのです。

絵合わせは、子供の想像力を大いに発達させます。

目の前にある物だけでは、無くその先を考えて想像する力を付けさせることが出来るので、頭の回転が良くなったり想像力を豊かにさせる事が出来るでしょう。

同じような効果を持つ絵合わせは沢山発売されています。

その中でも、特に人気のデザインが、こちらのはらぺこあおむしなのです。

この絵本に出てくる物は、全てが原色で描かれており子供たちの目に止まりやすいものとなって居ます。

お話の内容も分かりやすいので、小さな子供たちも一緒になって絵本を楽しむ事が出来ます。

その為、自分の知っているお話の物が登場すると言う事で、より楽しみながら絵合わせをする事が出来るのです。

絵合わせは、多くくなるまで行う事が出来脳の運動として行う事が出来る遊びです。

大人も参加する事が出来、お互い競ったりする事も出来ます。

この時期だけでは無く、長い間楽しむ事が出来るおもちゃと言えるでしょう。

4.ひらがなつみき(くもん出版)

こちらのおもちゃは、積み木とひらがなが一緒になっているおもちゃです。

立方体のつみきの5面にひらがなが書かれてあり、積み木としての要素がありまながら言葉遊びの道具としても使用する事が出来ます。

積み木を並べる事によって、言葉を作ったりする事が出来るのでこれからの年代にピッタリのおもちゃです。

机に向かうだけの勉強ではなかなか頭に入って来ないような内容だとしても、これを使用する事によって楽しみながら勉強する事が出来るでしょう。

5.アンパンマン知育できるかな?ようちえんバッグ(ジョイパレット)

こちらは、子供たちが大好きなキャラクターでもあるアンパンマンが使われています。

その為、それだけでも多くの子供たちの興味を集めることが出来るでしょう。

この知育玩具を利用する事によって、この年代が幼稚園などで習うであろう交通、あいさつ、時計、音楽、文字、おえかきなどをご家庭でも学ぶ事が出来ます。

おもちゃを片づけると、まるで幼稚園バスのようにもなるのでごっこ遊びとしても利用する事が出来るでしょう。

この時期になると、単なる遊びだけでは無く多くの事を学ぶと言う事も必要になってきます。

しかし、何も無い状態でいきなり勉強を開始したとしてもなかなか頭に入ってきません。

そればかりか、厳しく指導していれば子供が嫌になりより勉強がはかどらないと言う事もあるかもしれません。

日本の教育は、基本的に詰め込み方式です。

その方法は子供たちのやる気を失わせ、勉強に対する楽しいという気持ちを無くさせてしまう事でしょう。

小さいくちから、勉強に対して苦手意識をもってしまうとその気持ちは一生消える事はありません。

その為、将来困る事に繋がってしまうかもしれません。

この時期の子供たちは、可能性が一杯です。

その可能性を潰さない為にも、是非楽しみながら学ぶ事を教えてあげてみてはいかがでしょうか。

知育玩具とは?

知育玩具とは、遊びの中から様々な事を学ぶ事が出来るおもちゃの事を指します。

知育玩具とふつうのおもちゃにはきちんとした線引きがある訳ではありません。

その為、おもちゃとして販売されている物の中にも、知育玩具は存在しているということになります。

知育玩具を多く利用する事によって、子供たちは指先を鍛えたり脳の発達をより促進される事があります。

幼い頃の吸収力は素晴らしい物があるので、この時期に集中力や好奇心・想像力と言った力を鍛える事によって、将来より柔軟に多くの事を学ぶ事が出来る人間へと成長して行く事が出来るでしょう。

知育玩具を使っても、直接的に勉強が出来るようになる訳ではありません。

しかし、勉強をして行くうえで必要な力をより効率的に身に付けることが出来るのです。

その為、将来の基盤を作る事が出来ると言っても過言ではないでしょう。

子どもの持つ好奇心や興味を刺激

どんなに、脳の発達に素晴らしいと言われているおもちゃも子供達が興味を示さなければ意味がありません。

大人と子供の感覚は違って当然です。

大人が楽しいと感じるからと言って、子供がそう思うかは全く別の話であり、一切遊ばない可能性だってあるのです。

楽しくないおもちゃを幾ら進めた所で、子供たちは遊びません。

その為、知育玩具を購入する際はその子供にあった物を選ぶ事を忘れてはいけません。

男女によっても違いがあり、どんなに世間的に素晴らしいおもちゃだったとしてもその子の性格に合わなければ本当の効果を発揮する事は出来ないのです。

とはいえ、知育玩具は子供たちの興味をそそるような物が多く使用されています。

その為、知育玩具と知らずにそのおもちゃの魅力にはまってしまう事もあるかもしれません。

親がドンドン与えることも大事かもしれませんが、子供たちが自分で欲しい物を考え行動するという事も大事なポイントでは無いでしょうか。

知育玩具のいいところ

知育玩具のいい所は色々あります。

まず基本的な事としては、安全で衛生的であるという事です。

子供たちが遊ぶおもちゃは楽しいかどうかの前に安全である事が、最優先となります。

特に子に年代の子供たちは、なんでも口に入れてしまったり本来の使用方法では無い方法でおもちゃを使用してしまう恐れもあります。

親が傍で見て居れば、危険を回避することも出来ますが四六時中見て居いる事は不可能な場合もあります。

その為にも、安全性がきちんと確保されている事が絶対条件となるのです。

知育玩具の場合には、きちんと対象年齢が決まっている他使用している材料も含め、安全に配慮されている物が多く用意されています。

その為、安心して子供たちに渡す事が出来るでしょう。

更に、知育玩具は子供たちの脳に合わせて様々な工夫がされている場合が多々あります。

普通のおもちゃの場合、すぐに飽きてしまうような子供でも知育玩具を使用する事によって、楽しみながら継続的におもちゃを使用する事が出来るかもしれません。

知育玩具を利用する事によて、想像力や発想力などが鍛えられると言われています。

それらの力は、大人になってから鍛える事が難しく、今の時代だからこそ出来るという事もあるでしょう。

将来、柔軟な考え方をする事が出来る人間になる為にも、是非知育玩具を利用して行きましょう。

まとめ

昔から、子供たちの遊びの中に脳を鍛える物は存在していました。

多くの想像力を働かせることにより、独自の世界観の中で遊んでいた物です。

それが最近きちんと「知育玩具」として発売される様になったのは、多くの大人達がそれだけ子供の成長に興味をもった結果なのでは無いでしょうか。

今は、昔に比べて子供も少なくより親子の関係が密接した物になって居ます。

その為、親は出来るだけ多くの事を子供たちにしてあげたいと考えています。

その中で、子供たちの成長を促してあげることがあるのだとすれば是非それを取り入れていきたいと考えるのも、現代の親達の「親心」という物なのでしょう。

子供たちは、遊びの中から多くの事を学んでいきます。

特に、今回ご紹介した0歳から3歳までの成長は目覚ましく、正に人間になる為に急成長をして行くのです。

その時の経験が、大人になってからも大きく関係すると言う事は、大げさな事では無いのでしょう。

まだまだ何をやっても分からない時代と考えるのではなく、子供たちの成長に合わせ様々なサポートをしてみてはいかがでしょうか。

それによって、天才になるかどうかは別の話ですがその子なりの素晴らしい成長を遂げてくれる事があるかもしれません。