私たちは、この世界の全てを知っているわけではありません。

いつの間にか知らないうちに世界が変わってしまったとしても、もしかしたらあなたは気が付かづに生活してしまう事もあるかも。

そんな事があるか無いかは、誰にも分かりません。

だってこの広い宇宙に、生命が存在している星が地球だけなんておかしいとは思いませんか?私たちが気が付いていないだけで宇宙には多くの生き物が居るのかもしれません。

そんな宇宙に対する不思議な現象を突き詰めていく事は、夢があり楽しいとは思いませんか?本日はそんな不思議な現象に対するお話をさせて頂きます。

パラレルワールドなんてあるわけない。

そんな物は、妄想にしか過ぎないと言う人も居るでしょう。

しかし、それは本当でしょうか。

確かに、パラレルワールドは誰にも解明されていません。

そのため、あると証明する事は出来ないかもしれません。

ですが、無いとも言い切る事は出来ないのです。

無いと言えない以上、あるかもしれないのです。

実際にその謎を解く事が出来るのは、きっとずっとずっと後になる事でしょう。

しかし、もしかしたらあるかもしれないなと夢を抱いて生活する事で、世界が少し違った様に見えます。

日々の変わらない生活の中に楽しみを見つける事は、決して悪い事ではありません。

是非ちょっと遊び心を持ってパラレルワールドに思いを馳せてみてはいかがでしょう。

きっと、今までなんとも思っていなかった出来事に、疑問を持ったり感動したり出来る様になるはずです。

パラレルワールドって?

意味を解説

宇宙の不思議・私たちが住む世界での疑問で最もよく登場する単語があります。

それは「パラレルワールド」と言うものですパラレルワールドとは、平行世界とも言われています。

分かりやすく言うと、私たちが生きているこの空間と同じような空間がもう一つ存在していると言う事なのです。

その世界には、私たちと同じように生き物がいるかもしれません。

もしかしたら、そっくりの人間が居て同じように生活している事だってあるかもしれないのです。

そんな世界に、何かの拍子に紛れ込んでしまったらどうしますか?どんに科学が進んだ現在でも、その疑問を解決する手段はありません。

まだそこまで解き明かす程の技術を人間は手にしていないのです。

行きたい人もいっぱいいる!

パラレルワールドを題材にした映画やドラマ・本は数多く存在しています。

どれも、想像の出来事でしかありません。

ですが、だからこそ、パラレルワールドには無限の可能性があり、多くの方の夢が詰まっているのです。

どんな所かを知っている人は、おそらく殆ど居ないでしょう。

言ったことがあると話している方も、それが本当かどうかは確かめようがありません。

しかし、もし行く事が出来るのであればどんなところなのか行ってみたいと考える人は数多く居るでしょう。

私たちの世界とは全く違う文化があるかもしれません。

そっくりな人間が日々を平凡に過ごしているのかもしれません。

誰も知らないからこそ、多くの人がそこに興味を抱くのです。

実在するの?

パラレルワールドの話が出ると、必ず実在するのかどうかの話になってしまいます。

それは、正直誰にも分かりません。

なぜなら、科学的に証明する事が出来ないからです。

証明出来ないのであれば無いのでは無いかという方も居ます。

しかし、ないかどうかも証明する事が出来ないのです。

物事は、あると言う事を証明する事よりそこに存在しないと言う事を証明する方がずっと難しいのです。

人間は、宇宙についてわずかな事しか解き明かしていません。

ですので、パラレルワールドがあるとも無いとも言えないのです。

パラレルワールドとタイムトラベルの関係

パラレルワールドが題材となるお話には、しばしばタイムトラベルが出てきます。

タイムトラベルとは、過去に戻ると言う意味があります。

タイムスリップとも言われる現象で、良く映画などの題材にも使用されています。

タイムスリップをした際に、過去の出来事を変えてしまうと時空が歪んでしまう。

現在の世界が変わってしまう。

なんて話は聞いたことがありませんか?その時空の歪みによって新たに作りだされる世界が、パラレルワールドとして紹介されているのです。

タイムトラベルをしたことが無いので、本当にそんな現象が起きるかは分かりません。

しかし、確かに過去を変えてしまえば現在も変わるのは必然です。

飛んできた世界を変える事無く、新たな世界が変わる。

そんな不思議な事があるのでしょうか。

その真相は誰にも分かりません。

あなたは行きたい?

本当に行く事が出来るのか。

どんな世界で、どんな人々が居るのか。

パラレルワールドには分からないことだらけです。

しかし、そんな不思議な世界だからこそ、行ってきたいと希望する方が多く居ます。

あなたはどうでしょうか?不思議な事が好きな方は、パラレルワールドに行ってみたいと思うかもしれません。

非科学的な事は信じないと言う人も居るでしょう。

どちらも正しく、どちらが間違っていると言う事はありません。

ですが、もし戻ってくる事が確実に出来ると分かっているのであれば行ってみたいなと思う方は大勢居るのではないでしょうか。

それだけ人間には探求心が備わっているのです。

行く方法ってあるの?

パラレルワールドにもし本当に行こう!!と思う方は、まずは資料集めから始めてみましょう。

実際に行って来たと言う人の話が載っているものも沢山あります。

それらを読み漁る事で、パラレルワールドに行く為のヒントを手に入れる事が出来るでしょう。

実際、それをしたからと言って今の科学ではなかなか実際に行く事は出来ませんが・・・。

どれを夢見て行動すること自体が楽しいのかもしれませんね。

行ったことがある人もいるの?

やっぱり、周りで「行ったことがある」と言っている人がいたら痛いですよね・・・

もしあなたの周りの人がパラレルワールドに行ってきたと話して来たらどうしますか?手放しで信じる人はそうそう居ないのではないでしょうか。

確かに、無いとは誰にも言いきれません。

しかし、人間は目に見えない物は、大抵信用していません。

それはパラレルワールドに限らずUFOだってなんだってそうです。

一部で信じている方は居ますが、全員が全員信用しているかと聞かれればそれは無いでしょう。

その為、周りの人がそんな事を言い出したら「疲れているのかも」「何か辛い事があったのかな」と心配になってしまいます。

あまりにも言いすぎると、チョット危ないな。

なんて思ってしまう事も。

頭から否定する事は良くない事ではありますが、信用するだけの材料が今現在揃っていないのもまた現状です。

行けたとしても、夢かも。

周りの人には言わないほうが良いと思います

あなたがもしパラレルワールドに行けたとします。

そうしたら、周りに話しますか?きっと驚きと興奮で次々に話しかけてしまう事でしょう。

しかし、その時周りとの温度差に注意です。

面白おかしく聞いてくれる人は良いかもしれませんが、中にはあなたがおかしくなったと言う人も居るかもしれません。

実際に起こった出来事だとしても、それを証明する事は誰にも出来ないからです。

その為、あなたがもしパラレルワールドに行く事が出来たとしてもその事はひっそりと黙っておきましょう。

しっかりと記録を残し、いつか多くの人が行く事が出来るような世界を待つ事が賢明な判断では無いでしょうか。

あなたの見たものは夢ではないと証明する確実な方法はありますか?どんなに鮮明にその内容を覚えていたとしても、照明する事が出来なければそれを誰かに信用して貰う事はとても難しい事なのです。

今現在も実際には多くの方がパラレルワールドから来ているのかもしれません。

あなたの周りにいる人だって絶対に違うとは言い切れないのです。

しかし、それを解明する事が出来ない以上はいまはどうする事も出来ません。

パラレルワールド関連の映画

パラレルワールドを題材にした映画は、今までに数多く作られています。

国内外で大ヒットした『君の名は』もまさにパラレルワールドのお話といえます。

他にもタイムスリップと合わせて描かれる場合も多く、多くの作品がSF系として紹介されています。

その為、宇宙の話が好きな方や架空の世界の話が好きな方などには、パラレルワールドを題材にした作品に出会う事も多くある事でしょう。

また、パラレルワールドを題材にしている映画は実写だけではありません。

子供向けのアニメでも多く利用されています。

ドラえもんではひみつ道具で日常的にパラレルワールドを行き来していますし、きかんしゃトーマスやプリキュア、ウルトラマンや戦隊ものなどでも取り入れられ、その数は数えきれない程です。

大人はどうしても先入観があり、例えフィクションだと分かっている世界観に対しても「こんな事はありえない」などとついつい感想を抱いてしまうものです。

しかし、子供達にはそんな先入観はありません。

お話のストーリーを素直に受け入れる事が出来るのです。

その為、大人たちよりずっと純粋に物語を楽しむ事が出来ます。

だからこそ、子供たちの作品に多く題材として採用されているのかもしれませんね。

パラレルワールド関連の小説

小説は、元々想像しながら読むものです。

その為、映画などに比べると例えありえない世界観の設定だったとしても、意外と多くの方が受け入れる事が出来ると言う傾向があります。

その為、ベストセラーになるような作品も多く沢山の方がその世界に思いを膨らませている事でしょう。

パラレルワールドを題材としている小説の中で、特に人気の高いものをいくつかご紹介させて頂きます。

まず最初は、「ボトルネック」という作品です。

この作品は、主人公が、亡くなった恋人を思い出しながら、東尋坊を訪れた所からスタートします。

何かに押されたような気がして、主人公は崖から転落してしまうのです。

そうすると、そこには今まで生活していた町が。

しかし、自宅に戻って見るとそこには知らない「姉」が居たりと不可解な事ばかり。

自分の弱さと向き合いながら成長していく青春もの語りです。

次は「南の子供が夜いくところ」です。

こちらは、過去・現在・未来が交差しながら進んでいく物語です。

一家心中に会う所だった主人公の少年が、息ついたのが誰も知らない南の島。

そこには不思議な生き物たちが多く生息しています。

魔法が存在する世界で、魔術に呪われた少年との出会いなど、今までの世界とは全く違う世界を体験する事で少年は大きく成長していきます。

この様に、パラレルワールドを題材にした小説は本当に沢山あります。

今回はその中でも人気のある物を紹介する事しか出来ませんでしたが、もっと子供向けの物や恋愛に関するお話など数多く執筆されています。

興味がある方は、一つづつ手に取って読んでみてはいかがでしょうか。

多くのお話を実際に読む事によってあなたの中のパラレルワールドは更に構築されていく事でしょう。

想像力をフルに生かして素敵な世界を想像してみてください。

体験したい人は、夢で行けるように祈ると良いかも!

パラレルワールドが本当に存在するのかどうかは、誰にも解き明かす事が出来ません。

しかし、絶対に無いと言い切る事が出来ない今はあると思って生活してみてはいかがでしょうか?だって、私たちが知らない世界が他にもあるなんて、面白いとは思いませんか?ワクワクしてしまいます。

映画や小説の世界は本当の事なのか。

言ったことがあると語る人の意見は、本当だったのか。

いつか実際にパラレルワールドへ行ってみて検証してみたいものです。

人間の技術は、日々素晴らしい速度で進化を遂げています。

その為、いつか本当にパラレルワールドを見つける事が出来るような世界がやってきたとしてもおかしくはないでしょう。

そんな日々がやってくるまでは、寝る前に頭の中で空想を膨らませ、夢の世界で遊びに行ってみてはいかがでしょうか?あなたなりのパラレルワールドそ想像し、遊びに行ってみましょう。

想像は、自分の自由です。

宇宙の広さであればどんなことだって可能なはずです。

いつか分かるその日まで様々な想像を巡らせてみてはいかがでしょうか。

もし、今パラレルワールドに行く事が出来たと言う人も今騒いだ所で信用してくれる人はいないでしょう。

どこかおかしくなったと思われてしまうのが関の山です。

その為、そんな人たち事実は心の中に隠しその字だが来るのを待ちましょう。

そうする事で、いつかあなたの体験した事が本当の事だったと多くの人に分かって貰える時がやってくる事でしょう。