最近仕事といっても、終身雇用ではなくなってきたところもありますし、転職については特に抵抗なく行われるところがあります。

ですので、一度決めた仕事先がうまくいかなかったからといってそこまで悔やむ必要はありません。

必要に応じては転職を検討しても良いでしょう。

では、仕事を辞めたいと思う実際の理由とは一体何なのでしょうか?
また、転職して後悔するケースとそうではないケースがあります。

ですので、実際に転職経験したポスターはどのようなことに後悔して、どのようなことで転職をして成功したと思っているのかなども情報収集で調べることが大切です。

やはり1つのところに勤め上げられるのが美徳とされているところがありますが、やはりそればかりとはいかないような事情もあります。

ですので、色々と転職をしたいと思うような理由を上げていき、転職に適するかどうかも考えていきましょう。

仕事を辞めたいと思う10個の原因

仕事辞める時は、やはり10個ぐらいは転職を考えるような瞬間と言うものはあります。

自分の環境の変化であったり、心身の変化、職場の環境などなど、転職が頭をかすめるような瞬間は色々とあるようです。

では、その転職したい理由としてはどのようなものがあるのでしょうか?

1.結婚などの家庭の事情

やはり女性としてよくありがちなのは、結婚などの家庭の事情の変化です。

やはり、最近は子供を産む限りは退職をしないようなイメージがありますが、結婚などでライフスタイルが変わると転職をしたくなることがあります。

例えばですが、残業がたくさんあるような仕事だと、家庭との両立に不安を抱くことも決して珍しくありません。

それはたとえ子供がいなかったとしても、まるで独身の時と変わらないような生活をするということに疑問を抱く人も少なくないのです。

また、ご主人の仕事の関係上住むところが少々遠くなるということもあるかもしれません。

そして、子供を産む時に福利厚生がしっかりしていなくて、産休や育休が取りにくいような環境にあると転職を考える女性もなくないようです。

独身の時は特に問題なく感じたような職場の環境であっても、結婚するとなるとそうはいかないところがあるのです。

ですので、女性の転職を考える理由として、結婚などの家庭の事情の変化と言うのはありがちです。

もし結婚生活などに支障があるようなら転職も積極的に行っていきましょう。

2.病気や体調不良

病気や体調不良などによる転職の多くの人が転職を考える理由の1つです。

最近はうつ病などの精神疾患に対しても理解が出てくるようになって、その病気をきっかけに転職したいと思う方もいるようです。

もちろん病気や体調不良の理由が何なのかにもよります。

例えばですが、残業や体力を非常に使うような仕事で、内科的な病気にかかりその体力がついていかないという事になれば、それは正当な転職の理由になります。

ですが、精神疾患の場合、特にうつ病の場合は少し慎重に考えた方が良いと言われています。

それは鬱などの精神疾患の時は、冷静に物事を考える力が低下している状態ですので、転職をすると後悔してしまう可能性が出てくるのです。

ですが、どうしても精神的につらくて勤めることが非常に難しい方もいらっしゃることでしょう。

もしそうであったら、転職ではなく療養休暇を取るような方向性で考えるようにしましょう。

ただ、このような記憶がないということであれば、転職も視野に環境変えるのもありなのかもしれません。

3.仕事内容に満足いかない

転職を考える理由の1つとして、仕事内容についてと言うのも多くあります。

確かに、部署替えなどをするような大きな所でないと、仕事内容を変えるっていうの非常に難しいものがあります。

もし、大手で色々と部署があるところであれば、部署替えを検討しても良いかもしれません。

著者自身の経験で言うと、営業や事務職などいろいろな職種の方がいましたが、営業職から事務職に変わった方もいます。

その方は自分が希望したわけではなく、車の運転での大きな失敗があり、営業に向かないということで事務職になったようでした。

このような部署替えで解決するのであれば特に転職を考える必要はありません。

だけど、中にはそのような大きな企業ではなく、部署替えが非常に難しいケースも珍しくありません。

そのような時は転職を視野に入れる必要性が出てきます。

会社の規模や、同じ会社に属しながらも仕事内容を替えた人がどれだけいるのかというのを事前にリサーチしましょう。

4.社風や会社の風土

会社の雰囲気や風土などいろいろなことがあって転職をしたい人も珍しくありません。

著者も何社か転職の経験がありますが、会社の雰囲気はその企業に大きく違うものです。

例えばですが、著者は男性の多い職場に転職をしたことがあります。

そこは男性が多いだけあって男性優位で、女性がお茶くみをやったり、トイレの清掃をするところがありました。

著者以外にも全職場が男女比の均等が取れていて平等な感じがするようなところから転職してきた人はカルチャーショックを受けたと言っていました。

特に新卒からずっと仕事をしているということであると、会社とはこのようなものだと思い込んでしまうところがあります。

だけど社風や会社の風土はその会社ことによって違うのです。

ですのでその会社の雰囲気がどうしても我慢できないと言うことであれば、転職を視野に入れるのも十二分にありです。

5.業界や企業の将来性

やはり、最近は色々と技術も進歩してきましたし、その中で廃れていくものというのも残念ながらあります。

ですのでその業界や企業の将来性が見えないと言うことで転職を考える人もいるのです。

確かに、明らかに将来性がないのに企業にとどまるのも少々考えものなのかもしれません。

ただまだ若いのであれば、そこまですぐに転職を考えなくてもいいかもしれません。

それは、自己都合による退職なのか、会社都合による退職なのかで必要保険が出るタイミングや扱いが違うのです。

よく次の会社の面接を受けるときに、必ず聞かれるのが退職理由です。

ですので前の会社はどうしてやめたのかというのを納得のいく説明をすることが大切なのです。

だけど、会社都合で退職と言うことになると、そこは仕方のないこととして片付けられ、特にマイナスにはならないのです。

ただ、例えばもう40代が近いとかそういうことであれば、1歳でも若いうちが有利です。

早くから転職活動した方がいいかもしれません。

6.給与に関すること

生活するのにお金は大変大切なものです。

ですがそのお金が満足に得られないと言うことであれば転職を考えるのにまっとうな理由の1つです。

具体例を挙げると、介護職は残念ながら貴重な人材であるにも関わらず年収が低い傾向にあります。

ですので多くの男性が若いうちに介護から違う業界への転職をするのです。

特に男性があれば、やはり何かにつけ家族の大黒柱になるということがあります。

ですのでどうしても生活していくのに苦しいほどの収入しか得られないと言うことであれば転職を考える必要があります。

よく「仕事はお金の為だけではない!」とは言われますが、やはり、生活するのに必要で切っても切り離せないのかお金です。

ですので収入に関することで転職を考えているのであれば、前向きに転職活動していきましょう。

7.役職や人事制度

また役職や、人事制度等に不満がある場合でも転職をする理由になり得るようです。

著者自身も実際に見聞きしたことがありますが、とある男性スタッフの方が会社が立ち上がった当初からずっと働いているにもかかわらず、後から来たその会社の一族の息子さんの友達であると言う理由だけで給与が非常に優遇されていて、役職なども上になってしまったということを不満に抱いている人がいました。

やはり、そういうのを知ると「もう辞めたい」と思ってしまうところはあるようです。

そのような事は、大企業などのではあまり無いようですが、家族経営のところだと役職や人事関係の不満は多く出る事がよくあるようです。

8.拘束時間(残業や休日出勤など)

拘束時間もまた、転職を決意する理由の1つになります。

例えば残業などもそれがあまりにも続くと非常にしんどいものがあります。

例えばですが、夜12時までしっかりと残業したにもかかわらず朝8時からスタートということになると、何のために生きているのかと思うほどに仕事一辺倒になってしまいます。