最近仕事といっても、終身雇用ではなくなってきたところもありますし、転職については特に抵抗なく行われるところがあります。

ですので、一度決めた仕事先がうまくいかなかったからといってそこまで悔やむ必要はありません。

必要に応じては転職を検討しても良いでしょう。

では、仕事を辞めたいと思う実際の理由とは一体何なのでしょうか?
また、転職して後悔するケースとそうではないケースがあります。

ですので、実際に転職経験したポスターはどのようなことに後悔して、どのようなことで転職をして成功したと思っているのかなども情報収集で調べることが大切です。

やはり1つのところに勤め上げられるのが美徳とされているところがありますが、やはりそればかりとはいかないような事情もあります。

ですので、色々と転職をしたいと思うような理由を上げていき、転職に適するかどうかも考えていきましょう。

仕事を辞めたいと思う10個の原因

仕事辞める時は、やはり10個ぐらいは転職を考えるような瞬間と言うものはあります。

自分の環境の変化であったり、心身の変化、職場の環境などなど、転職が頭をかすめるような瞬間は色々とあるようです。

では、その転職したい理由としてはどのようなものがあるのでしょうか?

1.結婚などの家庭の事情

やはり女性としてよくありがちなのは、結婚などの家庭の事情の変化です。

やはり、最近は子供を産む限りは退職をしないようなイメージがありますが、結婚などでライフスタイルが変わると転職をしたくなることがあります。

例えばですが、残業がたくさんあるような仕事だと、家庭との両立に不安を抱くことも決して珍しくありません。

それはたとえ子供がいなかったとしても、まるで独身の時と変わらないような生活をするということに疑問を抱く人も少なくないのです。

また、ご主人の仕事の関係上住むところが少々遠くなるということもあるかもしれません。

そして、子供を産む時に福利厚生がしっかりしていなくて、産休や育休が取りにくいような環境にあると転職を考える女性もなくないようです。

独身の時は特に問題なく感じたような職場の環境であっても、結婚するとなるとそうはいかないところがあるのです。

ですので、女性の転職を考える理由として、結婚などの家庭の事情の変化と言うのはありがちです。

もし結婚生活などに支障があるようなら転職も積極的に行っていきましょう。

2.病気や体調不良

病気や体調不良などによる転職の多くの人が転職を考える理由の1つです。

最近はうつ病などの精神疾患に対しても理解が出てくるようになって、その病気をきっかけに転職したいと思う方もいるようです。

もちろん病気や体調不良の理由が何なのかにもよります。

例えばですが、残業や体力を非常に使うような仕事で、内科的な病気にかかりその体力がついていかないという事になれば、それは正当な転職の理由になります。

ですが、精神疾患の場合、特にうつ病の場合は少し慎重に考えた方が良いと言われています。

それは鬱などの精神疾患の時は、冷静に物事を考える力が低下している状態ですので、転職をすると後悔してしまう可能性が出てくるのです。

ですが、どうしても精神的につらくて勤めることが非常に難しい方もいらっしゃることでしょう。

もしそうであったら、転職ではなく療養休暇を取るような方向性で考えるようにしましょう。

ただ、このような記憶がないということであれば、転職も視野に環境変えるのもありなのかもしれません。

3.仕事内容に満足いかない

転職を考える理由の1つとして、仕事内容についてと言うのも多くあります。

確かに、部署替えなどをするような大きな所でないと、仕事内容を変えるっていうの非常に難しいものがあります。

もし、大手で色々と部署があるところであれば、部署替えを検討しても良いかもしれません。

著者自身の経験で言うと、営業や事務職などいろいろな職種の方がいましたが、営業職から事務職に変わった方もいます。

その方は自分が希望したわけではなく、車の運転での大きな失敗があり、営業に向かないということで事務職になったようでした。

このような部署替えで解決するのであれば特に転職を考える必要はありません。

だけど、中にはそのような大きな企業ではなく、部署替えが非常に難しいケースも珍しくありません。

そのような時は転職を視野に入れる必要性が出てきます。

会社の規模や、同じ会社に属しながらも仕事内容を替えた人がどれだけいるのかというのを事前にリサーチしましょう。

4.社風や会社の風土

会社の雰囲気や風土などいろいろなことがあって転職をしたい人も珍しくありません。

著者も何社か転職の経験がありますが、会社の雰囲気はその企業に大きく違うものです。

例えばですが、著者は男性の多い職場に転職をしたことがあります。

そこは男性が多いだけあって男性優位で、女性がお茶くみをやったり、トイレの清掃をするところがありました。

著者以外にも全職場が男女比の均等が取れていて平等な感じがするようなところから転職してきた人はカルチャーショックを受けたと言っていました。

特に新卒からずっと仕事をしているということであると、会社とはこのようなものだと思い込んでしまうところがあります。

だけど社風や会社の風土はその会社ことによって違うのです。

ですのでその会社の雰囲気がどうしても我慢できないと言うことであれば、転職を視野に入れるのも十二分にありです。

5.業界や企業の将来性

やはり、最近は色々と技術も進歩してきましたし、その中で廃れていくものというのも残念ながらあります。

ですのでその業界や企業の将来性が見えないと言うことで転職を考える人もいるのです。

確かに、明らかに将来性がないのに企業にとどまるのも少々考えものなのかもしれません。

ただまだ若いのであれば、そこまですぐに転職を考えなくてもいいかもしれません。

それは、自己都合による退職なのか、会社都合による退職なのかで必要保険が出るタイミングや扱いが違うのです。

よく次の会社の面接を受けるときに、必ず聞かれるのが退職理由です。

ですので前の会社はどうしてやめたのかというのを納得のいく説明をすることが大切なのです。

だけど、会社都合で退職と言うことになると、そこは仕方のないこととして片付けられ、特にマイナスにはならないのです。

ただ、例えばもう40代が近いとかそういうことであれば、1歳でも若いうちが有利です。

早くから転職活動した方がいいかもしれません。

6.給与に関すること

生活するのにお金は大変大切なものです。

ですがそのお金が満足に得られないと言うことであれば転職を考えるのにまっとうな理由の1つです。

具体例を挙げると、介護職は残念ながら貴重な人材であるにも関わらず年収が低い傾向にあります。

ですので多くの男性が若いうちに介護から違う業界への転職をするのです。

特に男性があれば、やはり何かにつけ家族の大黒柱になるということがあります。

ですのでどうしても生活していくのに苦しいほどの収入しか得られないと言うことであれば転職を考える必要があります。

よく「仕事はお金の為だけではない!」とは言われますが、やはり、生活するのに必要で切っても切り離せないのかお金です。

ですので収入に関することで転職を考えているのであれば、前向きに転職活動していきましょう。

7.役職や人事制度

また役職や、人事制度等に不満がある場合でも転職をする理由になり得るようです。

著者自身も実際に見聞きしたことがありますが、とある男性スタッフの方が会社が立ち上がった当初からずっと働いているにもかかわらず、後から来たその会社の一族の息子さんの友達であると言う理由だけで給与が非常に優遇されていて、役職なども上になってしまったということを不満に抱いている人がいました。

やはり、そういうのを知ると「もう辞めたい」と思ってしまうところはあるようです。

そのような事は、大企業などのではあまり無いようですが、家族経営のところだと役職や人事関係の不満は多く出る事がよくあるようです。

8.拘束時間(残業や休日出勤など)

拘束時間もまた、転職を決意する理由の1つになります。

例えば残業などもそれがあまりにも続くと非常にしんどいものがあります。

例えばですが、夜12時までしっかりと残業したにもかかわらず朝8時からスタートということになると、何のために生きているのかと思うほどに仕事一辺倒になってしまいます。

そのような忙しすぎるところであると、転職を考えてしまうようです。

仕事が生きがいって言う人であればまだしも、やはりプライベートもそこそこに充実させたいと言うことであれば、この拘束時間が嫌と言うことで転職を考えるのは決しておかしなことではありません。

自分にとって何が大切なのかを見極め、転職活動をするようにしましょう。

9.福利厚生などの待遇

福利厚生等も、転職を決意する理由であるようです。

やはり一口に福利厚生といっても、会社によって色々と違うところがあります。

例えばですが、ごくまれに健康保険等に加入しないようなところもあります。

それは非常に小さな企業にある特徴ですので、なかなかその健康保険に加入させてもらえないと言うことであれば、早めに転職を考えた方がいいかもしれません。

確かに、福利厚生は豊かであればあるほどに嬉しいものですが、中にはなかなか恵まれたところがないかもしれません。

それを視野に入れて、お住まいの地域の求人が出ているところはどのような程度の福利厚生があるのかを事前にチェックしておきましょう。

その相場観を見誤ると、なかなか希望するところが見つからない事態に陥ります。

ですので、転職を決意する前にどれぐらいのところが多く求人が出ているのかというのを確認し福利厚生についても確認するようにしましょう。

10.人間関係

やはり、転職を考える理由としてこの人間関係が1番大きなネックになるのではないでしょうか?

仕事と言うとフルタイムであれば大体8時間位は最低限ありますので、そこで過ごす時間というのが圧倒的に多いのです。

ですので、その人間関係でつまずくと転職を考えたくなるようです。

だけど、人間関係がうまくいかずに止めたということであると、次の転職先で影響があるかもしれません。

ですので、この理由で転職を考えた場合、どのように次の職場での面接の時になんていうかいいのに頭を悩ませるのです。

確かにちょっと嫌だと思った位で転職を考えるのは少々考えものなのかもしれません。

ですが、どうしてもうまくいかないこともやはりあるものです。

特に、職場には人間関係についても上下関係もあるものです。

ですので上司や先輩など上の立場の人にいじめられると、反抗するわけにもいかず転職を考える人が多いのです。

仕事を辞めたくても辞められない人へ

「仕事を辞めたい!」と思っても昨今は新しく人を迎え入れる感じはあまりなく、どちらかと言うと今までに採用した人たちでウンエイシテいくような企業も多くあります。

ですので「仕事を辞めたい」って言ってもなかなか辞めさせてもらえないこともあるようです。

特に重要なポジションであれば、そこから人材育成するのが大変だからと言うことであって、辞めさせてもらえないこともあるようです。

ですが、本来はそのような引き留めは違法です。

ですが法律を振りかざしてあれこれしても、色々と軋轢を生むだけでうまくいかないかもしれません。

ではどのようにして仕事を辞めるようにしたら良いのでしょうか?

まずは相談してみよう

大切な事は、まず周りに相談をしてみることです。

周りに助けてもらうことでもしかしたらうまく止めることができるかもしれません。

また、社会人経験のある方でしたら、どのように転職をやめたらいいのかというのもアドバイスをくれるかもしれません。

ですので、このような事は1人で抱えてはいけません。

なるべく多くの人に相談して、解決の糸口を探し出すようにしましょう。

会社の同期や先輩に相談してみる

まず、その職場の環境をよく知っている会社の同期や先輩に相談してみるのはいかがでしょうか?
やはり実際にその方たちもその会社に在籍をしていろいろな体験をしているので、よりあなたの状況を理解してくれるようなアドバイスをくれること間違いなしです。

もしかしたら同じように辞めたいと思っているような時や先輩もいるかもしれません。

そのような時は、どのような理由で辞めると言うようにしようかと思っているかなども相談してみましょう。

立場が同じような感じの人だと、より具体的なアドバイスをくれるでしょう。

会社に言えないことであれば家族に!

そうは言っても、会社の人に何でも相談するのも大変危険です。

それは、会社には色々な人がいて、中には(このような言い方も大変変ですが)スパイのようなことをするような人もいるのです。

ですので、もし会社の人に上部の人に言われると困るような事は言わないようにしておきましょう。

そのような時には家族に相談するのが1番です。

家族でしたら会社にはいない人ですので、家族に何かバラされるようなリスクは大変低いです。

ですので、会社に相談できないようなことであれば、会社の人ではなく家族にするのが1番です。

特に若い世代の方でしたら、親御さんに相談すると人生の大先輩である親御さんがとても有意義なアドバイスをくれること間違いなしです。

ですので、家族には会社には言えないようなことがあったとしても、ひとりで抱え込まず家族に相談するようにしましょう。

他の会社に就職している友人に相談

もちろん、会社の人や家族に相談することができる人もいるでしょうが、中にはそのどちらにもなかなか相談しにくい人もいるかもしれません。

特に家族でしたら親御さんともなると、まだまだ1つのところに在籍し続けて働き続けることに美徳を見出している人がいます。

ですので、やめたいと言う相談をしても「まだまだ頑張れるのではないか?」とか「そんなにすぐに転職をしていたらどこに行っても務まらないぞ!」と言われることがあります。

そのような時は、他の会社に就職しているようなお友達に相談すると良いでしょう。

環境が違いますが会社に勤めている点で変わりませんし、年齢が同じですので考え方が似通っているところがあります。

ですので、同世代の友人として入れるとアドバイスをもらう事は、また違う意味で新鮮です。

ですので、会社や家族の人に相談した上で友達にも相談するのもありです。

会社の人を味方につける

もし、会社の人が味方についてくれるような状況であれば、会社の人を味方につけることが大切です。

やはり、できれば同じ環境にいるような人の方が、状況が手に取るように理解することができますので、味方につけられるのであれば会社の人を味方につけるのが良いに越した事はありません。

もしかしたら、なかなか辞めさせてくれない上層部に対して、口添えをしてくれるかもしれません。

確かに、その口添えをしてくれる人がどのようなポジションにいるのかも関係するかもしれませんが、味方は1人でも多い方が心強いです。

ですので、味方になってくれそうな人がいるのであれば、そのような人を味方につけるようにしましょう。

【味方を作る方法を知りたい人は、こちらの記事もチェック!】

どうにか辞められるよううまく口実を作ろう

もう転職するというのが決まっていると言うことであれば、何とかしてうまく辞められるような口実を作るようにしましょう。

例えば仕事内容が合わないと言ったとしても、もし他の部署に異動させることができるということであれば、「そのような手続きをするから言ってくれ」と言われると転職をする理由がなくなってしまいます。

よく、引っ越しなどを理由に転職をするような人もいます。

確かに勤務地が非常に遠くなって通勤が非常に難しくなったということになると、転職の理由としては認められるものがあるかもしれません。

ですが、もしその引越しのことで嘘だった場合であれば、他の所でばったりと会うようなことがあれば一発で嘘がバレます。

また、他の企業とのつながりが複数あるようなところだと、転職先にからそのようなことがばれてしまうことがあります。

ですので、辞めたい理由にもよりますが、なるべくうまく理由を作るように心がけてください。

仕事を円満に辞める3ステップ

仕事辞めるには、やはり円満に止めることが大切です。

あまり急に乱暴に辞めたとすると、後の転職先にも支障が出ることがあります。

そうでなくても、やはり何かの時にそのような評価が広まってしまうと色々と不便があります。

ですので円満に止めるための方法として下記の3ステップを踏むことが大切です。

では、仕事を円満に止めるための3ステップにはどのようなものがあるのでしょうか?
一つ一つ見ていきましょう。

直属の上司から退職の意志を伝えていく

まず、はじめにする事は直属の上司に退職の意思を伝えることです。

いきなり人事の人や社長に直談判をすると順序が違うところがあります。

そうはいっても、中には直属の上司っていうのは難しいこともあります。

著者自身の経験を言うと、会社自体に自分含めて5人ぐらいしかおらず、経理を担当しているおじさまと、社長の息子夫婦、社長と言う感じでしたので、そのような場合だと誰に言ったらいいか悩むところがあるかもしれません。

著者の場合は、まずは経理のおじさまでした。

このように、なるべく近い人に退職の意思を伝えるようにすることが大切です。

やはり身近な人が退職を知らず、退職のこと言った途端に「!?」となると言うのは非常にバツが悪いものがあります。

ですのでなるべく近い人から言うことが大切です。

業務の引き継ぎの提案を自らする

仕事辞めるとなると、その自分の業務に対する引き継ぎが大切になってきます。

ですので、自分の仕事の引き継ぎについては進んで提案するようにしましょう。

ですが引継ぎといっても、様々なケースがあるので一概には言えません。

著者自身引き継ぎを受けた経験で言うと、入社した途端に引き継ぎをする方が体調不良によって長期の休みを取り、ほとんど引き継ぎのない状態で仕事をするようになったケースもあります。

あと、マニュアル等で仕事内容について書かれているものを確認しながらやるケースもあるありますし、中には口頭での引継ぎだけって言う人もいます。

引き継ぎ方法としては、なるべく書類で残した方がお勧めです。

そうした方が、後から見返してわかってくれることもあります。

引継ぎの仕方はそれぞれですが、やはり引継ぎはあるに越したことはありません。

出来れば、書類で残しておけば後の人が困らず円滑に行っていくこと間違いなしでしょう。

転職先の話をしておく

あと、転職先が決まっているのであれば、転職先に連絡することも大切です。

やはり転職する前の職場にもそれなりに引き継ぎをしたりして、後で困らないようにする必要があります。

ですので引き継ぎの期間としてどうしても転職先の方に待ってもらう場合が出てきます。

ですので、引継ぎが終わってから行くと言うことであれば、転職先にどれぐらいの期間が欲しいかということや、どれくらいでそこに転職ができるのかということをはっきりさせることが大切です。

やはり、これから転職先にお世話になりたいと言うことでついつい転職先の言うことを聞いてしまいたくなる気持ちはわかりますが、転職前の職場でトラブルを起こしたということになると、今後の業務にもしつながりがあるようであれば支障が出ることがあります。

ですので、転職先にばかりいい顔をせず、転職的に引継ぎなど困らないようにしてあげることも大切です。

仕事を辞める準備をしよう

そして、退職を決意したのであれば、仕事を辞める準備というのは非常に大切です。

スケジュール的な事はもちろんのことですが、必要書類や転職活動だと、非常に重要なこともあります。

そして、妻子持ちの方であれば、家族にも転職の相談をするのは非常に大切です。

それはなぜなのかと言うと、転職して収入が上がると言うことでしたらまだしも、多くの場合はまずは収入が下がる傾向にあります。

ですので、そのようなことであると承諾が必要です。

そして仮に転職して収入が上がる場合であっても、その代わりに家にいる時間がほとんどない位に激務になるということでしたら、それも事前に奥さんに相談して了承をとらないといけません。

やはり、仕事を辞めると言うと、色々とやるべきことがたくさんあるのです。

ですので転職するためにするものとして色々なものがありますので一つ一つ見ていきましょう。

退職するためのスケジュールを立てる

退職するために大切なのはスケジュールです。

例えば、退職後は専業主婦になるということであったり、しばらく無職で過ごすと言うことであるとそこまでスケジュールについて考える必要はありません。

ですが、転職先が決まっているような場合だと、転職する前の職場と転職した後の職場との兼ね合いについてスケジュールを立てることが大変大切です。

やはり、このスケジュールというのはそこまで順調にはいかないかもしれません。

自身の経験で言うと、著者が会社を辞めて次の人に引き継ぐ時に、次の方は退職してからすぐに転職先の会社に来た方でしたのか、やはり引き継ぎ等の関係で辞める2週間位前から急ピッチでと言うようなこともありました。

転職をするとは言っても、なかなか一筋縄ではいかないということがよくあります。

ですので、実際に本当にこのスケジューリングがうまくいくかっていうとそうではありませんが、事前の準備は大切です。

退職するための必要書類などをまとめておく

退職するときに、やめたらすぐ終わりと言うわけではなく、色々と受け取るべきものがあります。

それは雇用保険非保険者証であったり、離職票であったり、年金手帳、健康保険資格喪失証明書等です。

いろいろな種類がありますので、退職をする時は事前にしっかりと確認をしましょう。

もし、次に転職する先がなく仕事辞めたと言うことであれば、ハローワークに離職票持っていく必要がありますし、健康保険の種類も一時的に国民健康保険にする際に必要になってきます。

そのように、色々と必要になるものが出てきますので、そのような書類はまとめておいて、紛失しないように気をつけましょう。

もし転職をするということであれば、また転職先で年金手帳等を提出するとまた手続きをしてくれることがあります。

必要書類については、人事のことを担当してくれる方が教えてくれることがあります。

ですので詳しく話を聞いてみましょう。

またどうしても分からない時は、インターネットなどにも書かれていることがありますのでそれを確認すると良いでしょう。

仕事をやめることを家族に相談する

会社をやめるときは、家族がいる方は特に家族の相談が必要です。

とはいってもまだ独身者と言うことであれば、勝手にと言うのは考えものですが、そこまでお父さんお母さんの了承とらないといけないと言う事はありません。

ですが奥さんやお子さんがいるということであったり、女性であっても女性の収入で家計に貢献していると言うことであれば家族への相談は必須です。

収入の面においても、就労時間の面においてもその影響は家族がもろに受けるのです。

ですので、家族に相談しないと夫婦喧嘩の元になり、最悪の場合は離婚になる場合もあります。

やはり、いろいろな相談をするようの掲示板を見ても、配偶者の勝手な転職、特にご主人の勝手な転職は非常にもめる原因となり、離婚を考えている人も多くいました。

それほどに、家族への相談は非常に大切なものでありますので、抜かりなくするようにしましょう。

転職活動を始める

そして、次にやるべき事は転職活動です。

退職するときにすでに転職先が決まっていると言うことであればその必要はありませんが、もしまだ決まっていない状態での退職と言うことになると転職活動が大切です。

会社を辞めることが決まった時にすぐに始めるようにしましょう。

やはり、ブランクが少々なら大丈夫ではあっても、長ければ長いほどに次の面接で不審に思われて不利になります。

ですので、できるだけ転職活動を頑張った方が良いですが、焦って転職先を決めてやっぱり合わないということになっては大変です。

ですので、ハローワークに行くのであれば、窓口の方に色々と相談をしてみましょう。

もしかしたら面接のときの良い受け答えなども教えてくれるかもしれません。

確かに、ハローワークは公務員の方でその力量はそれぞれですが、中には相談者の身になってうまく対処してくれる人もいます。

ですので、そのような人にもし巡り会えたら積極的な相談をしてみましょう。

ハローワークでは様々なセミナーをやっていることがあります。

ですので、そのようなところに積極的に顔を出すのも良いでしょう。

業務の引き継ぎの準備を始める

そして、退職が決まれば次は引継ぎです。

ですので引き継ぎの準備も着々と始めましょう。

オススメは種類で色々と書いて残すことです。

そうすると、もし自分の体調不良などで急に休むことになっても、そのような引き継ぎマニアルがあると言うことで見ながら行ってくれることがあります。

そして、口頭でと言うと初めて仕事をする人はなかなか覚えきることができず質問が繰り返されることがあります。

書類があることで、それを参考にしながら行うことができますので、そのような前からも書類に残すというのは非常にオススメです。

また、もしできるのであれば、なるべくシンプルな感じにして、他の人でもわかるようにすると、より次の人がやりやすくなるでしょう。

仕事は辞めたいと思った時が一番いいタイミング!(まとめ)

やはり、日本においてはまだまだ新卒に非常に魅力を感じられるようなところがありますので、年齢を重ねれば重ねるほど、、職歴が多ければ多いほどに不利になってきます。

ですので日本においては仕事を辞めたいと思った時こそが、転職の良いタイミングです。

一歳でも若いうちに取り組むようにしましょう。

ただ例外としては、明らかに会社が傾いていてやめたいと言うときの場合、若い方でしたら倒産後を狙ってみるのもいいかもしれません。

ただそれもリスクがありますので、本当にやばいと思ったら転職をするようにしましょう。

このような事はありますが、やはり仕事には人生において1番長い時間を過ごします。

ですので、満足のいくような転職できるように、辞めたいと思った時にいち早く始めるようにしましょう。

【仕事を辞めたいと思った時は、こちらの記事もチェック!】