あなたの周りに、若者言葉を使っている人はいますか?

恐らく、10代20代の方であれば周りに若者言葉を使っている人はたくさんいると思います。

子どもを持っている親の立場からしても、自分の年頃の子どもが若者言葉を使って、どういう意味だ?と頭に?マークが浮かぶ方もたくさんいると思います。

また、SNSなどを利用している方の中には、他人のつぶやきの中に若者言葉が混じっていて何の意味を表しているのかわからない単語などが目につくときもあるかと思います。

ある程度の年齢になれば若者言葉とは疎遠になると思いますし、もちろん触れる機会なども少なくなると思いますが、知っておいて損はありません。

意味がわかるようになりますし、今の若い人達がこういう言葉を使っているという事を知っておけば、彼らの文化や歓心がある事が理解できるからです。

もちろん、若者言葉を使って若い世代の方であれば友達同士でコミュニケーションを行う事もできますし、同じ言葉を使う事でより親近感を味わったりできるので、知っておいてどんな方でも損はありません。

若者言葉はたくさんの言葉がありますが、そんな中にはある程度意味が推測できるものもあれば、できないものもたくさんあります。

意味が推測できない物の中には、微レ存という言葉が存在します。

今回は微レ存という言葉をテーマにして、微レ存がどういう意味をなしているのか、そしてそれにまつわる内容なども詳しくご紹介していきます。

微レ存ってなんと読むの?意味は?

実際に若者言葉を使っていたりこの言葉を用いてコミュニケーションを取っている方からすればまったく簡単な問題であるかと思いますが普段若者言葉を使っていない方やこのような言葉を使ったことのない方からすると全く何の意味を持っているのか分からないと思います。

当然ながら全く何の知識もない状態でこの言葉を見ても分からないと思います。

若者言葉の中にはそのまま言葉が略称されたものもあったり、独特の意味を持ったものなどもたくさんあります。

今回ご紹介する微レ存という言葉は一応略称された言葉にはなるのですが漢字やカタカナが入っているので意味が想像しづらいと思います。

微レ存って何?

あなたが微レ存と言う言葉を聞いて具体的にどういう意味だと推測しますか?

よく言葉のそれぞれの意味合いを考えてみればなんとなく推測できる方もいるかもしれませんが難しい問題なのでここからは意味やその言葉の由来であったり読み方などについても細くご紹介をしていきたいと思います。

若者言葉を知ることでそれに伴ってたくさんの学ぶべき点が見えてきます。

普段は若者達がどういう言葉を使っているのか?ということであったり、若者言葉がどのようにして作られているのか?

という仕組みなどについても、ある程度考えることができますのでたくさんの言葉を学ぼうとするきっかけにも繋がると思いますので、今の若いの言葉の特徴をこの機会に把握してみてください。

意味

微レ存という言葉の意味を考える前にまずそれぞれの言葉の各部分の意味合いを自分自身で考えてみてください。

その上で、本来持っている意味に関して想像すると、よくできた言葉だな、と感心すると思います。

この言葉は、微粒子レベルで存在しているという意味合いを持った言葉です。

こうして考えるとよく作られた言葉だなと感心すると思いませんか?

この文章の頭文字など、主要な部分だけを切り取って略称した言葉が微レ存です。

微粒子レベルで存在しているという言葉は、普段なかなか使わないと思うかもしれませんが、けっこう日常生活で使えるような機会がたくさんあります。

例えばちょっとおどけたようの言い方で相手を笑わせる時に使ったりする時や、可能性が少ない時などに希望をもたせるような言い方で表現したりなど、様々な場面で使われる可能性があります。

漢文由来?

微レ存という言葉の意味はについて簡単にご紹介しましたが微レ存という言葉がその書き方という所から漢文が由来している言葉だのではないかと推測される方も多く存在すると思います。

確かになんとなく文字だけを見ると漢文っぽいなと思う方も多いと思いますが、残念ながら微レ存と言う言葉は漢文由来の言葉ではありません。

漢文由来の言葉ではなくていわゆるインターネットスラングと呼ばれる言葉として分類することができます。

インターネットスラングとはもともと私たちの社会はインターネットがありませんでしたがインターネットが普及することによって沢山の方がインターネット上の掲示板などで交流することができるようになりました。

その結果2ちゃんねるなど有名な掲示板が存在している中で交流を重ねていく中で新しく生まれて言った言葉をインターネットスラングとして捉えることができます。

なので漢文ではなくてインターネット上の交流から生み出された言葉と言うことを理解してください。

インターネットスラングとして生み出された言葉はたくさんあり、それが若者言葉として広く用いられてる言葉につながっている場合が多いのですが、皆さんが知っている言葉の中でインターネットスラングとして生み出された言葉のひとつとして、リア充という言葉もインターネットスラングとして生まれた言葉の一つとして捉えることができます。

ネタ元

微レ存という言葉がどのようにして生まれてきたのかということが気になる方も多いと思いますがもともと微レ存という言葉が生まれたきっかけはインターネットスラングなので2ちゃんねるの掲示板が大元になるのですが、2ちゃんねるの掲示板の中でも就職に関係する掲示板の中から生まれたとされています。

就職に関係する掲示板の中の日本ペイントスレの書き込みが改変されていったものであるとされています。

元々は野球選手の中田に関する書き込みが存在しており、その書き込み自体もホモビデオで有名な真夏の夜の淫夢というビデオのワンフレーズを用いた内容になっており、そこから次々に派生していったと言われています。

2ちゃんねるから生まれる言葉はたくさんあり、あらゆるきっかけなどが存在しています。

読み方

微レ存という言葉の読み方がわからないという方もいると思いますが、単純に微レ存の言葉の意味を考えてみると読み方はわかると思います。

微粒子レベルで存在しているという言葉なので、そのまま「びれぞん」という言葉で表現することが出来ます。

ちなみに、これは余談ですが、今話題になっているブルゾンちえみという女芸人がいると思いますが、ここまで言えばわかると思いますが、ブルゾンちえみがゴロが合うので、微レ存ちえみという言葉で話題になったりしている事があります。

意味を知っている方からすれば、ちょっとくすっと笑えるような内容かもしれませんが、微レ存の意味が分からないとまったく意味が分からない文字にしか思えませんよね。

微レ存という言葉の読み方がわからなくなったらより記憶を残すために連結して考える方が覚えやすいので、ブルゾンちえみを思い出してみてください。

書き方

書き方についてはこのまま微レ存という言葉を書いていただければ、若者言葉を知っている方からすれば問題なく通じる様になっています。

しかしながら、意味が分からない人からすればまったくもって理解できませんので、使う相手に対してはきちんと事前に意味が通じる相手にしか用いないようにしてください。

微レ存の使い方

ここまでは微レ存という言葉の意味合いであったり、元々のネタ元や読み方や書き方など様々な関係することをご紹介していきました。

微レ存と言う言葉一つだけでもこのような由来が存在しています。

知らなかった人もたくさんいると思いますが微レ存という言葉の由来を知ってみることで他の若者言葉が同じ様な形で生み出されていることがある程度想像できると思います。

たった少し知らないことを知るだけでこのようにわからなかったことがたくさん知れるきっかけにつながるので、この機会に微レ存と言う言葉の使い方も合わせてマスターしていただきたいと思います。

微レ存という言葉の意味だけわかっても使い方が分からなければ全くもって意味がありませんので、ここからは具体的にキーワードを用いた例文をご紹介していきそれぞれの意味を解説していきたいと思います。

雨が降る可能性が微レ存

まず一番最初にご紹介する微レ存の使い方として、「雨が降る可能性が微レ存」という例文が存在します。

この言葉の意味合いとしては雨が降る可能性が、微粒子レベルで存在するという意味合いです。

そもそも考えて頂きたいのが、微粒子レベルなので、可能性がかなり低いです。

なので、使い方によっては晴天の日なのに使ったりも出来るという点がこの言葉の面白いところです。

自分がこうなってほしいという事などに微レ存という言葉を用いて表現する事でまるで奇跡が起きてほしいかのような時などにも使えます。

本来雨の予報があったのに晴れている時などに使ったりしても意味合いとしては通じるようになるので、ある程度個人の判断によっては自由に使える言葉であると判断することが出来ます。

夏休みに地元に帰る可能性が微レ存

次にご紹介する微レ存の使い方としては、「夏休みに地元に帰る可能性が微レ存」です。

夏休みに地元に帰る可能性が微レ存という例文の意味合いとしては、夏休みになれば自分の地元に帰る可能性が微粒子レベルで存在するということです。

微粒子レベルなのでこの形が地元に帰る可能性はかなり低いと考えることができますが、 微レ存という言葉を使いたいがために使っているだけであれば、帰る可能性はけっこう大きかったりもする場合もあります。

なので、曖昧な表現だということはこの際置いておいて、帰るかもしれないけど、帰らない可能性もあるなどの少し逃げの意味を含ませたような表現としても受け取ることが出来ます。

東京に行けば芸能人に会える可能性が微レ存

次にご紹介する微レ存の使い方としては、「東京に行けば芸能人に会える可能性が微レ存」という例文です。

この例文の意味は、東京に行けば芸能人に会える可能性が微粒子レベルで存在するという意味です。

東京を拠点にして芸能人は活動している方がかなり多いので、東京に行けば、歩いているだけで有名人に会える可能性がある!と考えている人はかなり多いはずです。

実際に街中を歩いている芸能人を見たことがある方もかなり多いと思いますので、このような事を想像している地方の若い方がたくさんいると思いますので、その方が羨んでいるような時に用いるような例文です。

微レ存が使われるところ

ここまでは微レ存というキーワードを使って、実際に例文を用いて使い方を解説していきましたが、ここからは微レ存と言う言葉が実際にどのような場所で使われているのかという事に関してご紹介していきたいと思います。

微レ存がどういう場所で使われているのかということを知れば実際に若者言葉がどういう場所で使われるのかということを推測することができるようになります。

若い子たちがどういうところでコミュニケーションを取っているのかということを知ることにつながりますし、年頃の子供がいる方は子供がどのような環境に身を置いているのかということを知れるきっかけにもつながりますので、この機会に若者言葉がコミュニケーションとしてどこで利用されているのか理解してみてください。

SNS

微レ存という言葉が使われる場所に関しては基本的にはSNSで用いられることがメインになります。

そもそも微レ存をはじめとする若者言葉については使用する年代は10代から20代の方がメインになり、どちらかといえば女性の方が使用する比率は高いと考えることができます。

あなたの身の回りに10代が20代の方がいればおそらく若者言葉の一つや二つは使用していることが多いと思います。

しかしながら、三十代以上になると若者言葉とは疎遠になってしまいますしそもそもその年代で若者言葉を使ったりしていると周りから白い目で見られてしまうことにもなりますので現実の世界でもSNSでも使うことがないと思います。

そうなれば若い方がコミュニケーションを行う場所としては現実の世界ももちろんそうですがどちらかといえばインターネットの世界で最近はコミュニケーションを行う方が多いのでインターネット上のSNSで用いることが多いと考えることができます。

主にTwitter

SNSの中でも微レ存という言葉が用いられる頻度が多いものとしてはツイッターがメインに利用されることが多いです。

SNSを知らないという方は基本的にはあまりないと思いますが twitter に関しては自分が何かしらのことを呟いたり、情報発信したいと思った時に twitter を経由して自分のアカウントで発言をすることができます。

有名人も twitter を利用している人はたくさん存在しており、自分が主体で何らかの情報を不特定多数の世の中の人間に対して発信することができるコミュニケーションツールとなっているのでたくさんの方が利用しているツールにもなります。

若い世代の間ではSNSは利用していないの比率の方が少ないと言うほどたくさんの人たちが利用しているので友達と一緒にSNS上でコミュニケーションを取っている方もたくさんいます。

そんなSNSの中でも一番人気なのが twitter や instagram といったSNSで今は比較的勢いが落ちてきましたが facebook などもまだまだ利用している方はたくさんいると思います。

instagram を写真をアップしてたくさんの人に見てもらったりできるようなコミュニケーションツールとなっていますのでどちらかといえば言葉がメインになるのが twitter の方になるので twitter で微レ存という言葉を用いて何らかの発言をしていたり友達のつぶやきなどにコメントしたりしていることが多いと判断することが出来ます。

2ch

微レ存という言葉が用いられる場所として考えることができるのは2ちゃんねるです。

2ちゃんねるに関してはそもそも微レ存が生まれたきっかけになるような場所でもあるので、微レ存のルーツとして考えると2ちゃんねるがメインとして用いられている場所であると考えることができます。

2ちゃんねるにはたくさんのスレが存在していますが、今回ご紹介している微レ存と言う言葉に関しては比較的どの内容に関しても用いることができるような言葉でもありますので2ちゃんねるで微レ存と言う言葉が用いられる可能性はとても高いです。

微レ存の間違った解釈

ここまでは微レ存と言う言葉がどのような場所で用いられるのかということについて簡単にご紹介をしていきましたがここからは微レ存と言う言葉の間違った解釈について簡単にご紹介をしていきます。

微レ存という言葉の意味を理解して掴まれる場所についても把握いただいたところで、実際に微レ存と言う言葉を会話の中で用いることができるようになったかと思います。

自分自身が扱う言葉の正しい使い方を知っておくことで間違った使い方をすることがなく正しい意味合いで用いることができるようになりますので必ずこの機会に微レ存と言う言葉の間違った解釈をしないように合わせて理解しておいてください。

「微乳レベルの存在感」

まずご紹介する微レ存と言う言葉の間違った解釈として「微乳レベルの存在感」ということです。

微乳レベルの存在感という言葉を見ると、微乳という言葉は比較的平均よりも胸の大きさが
小さい女性を指し示しており、小さい胸くらいの存在感だと間違って認識している方がいますが、これは間違いです。

この様な内容で勘違いをしているといつか必ず恥ずかしい思いをしましまず女性にとってかなり失礼な言葉になりますよね。

確かに意味合いとしてはたまらないわけでもないような気もしますが、そもそも全く違う言葉になりますので必ずこのような間違いをしないように注意してください。

あくまで微粒子レベルで存在するという言葉の意味になりますので、この点を正しく把握しておけば間違えないはずです。

「微妙なレベルで毛髪が存在している」

次にご紹介する微レ存という言葉の間違った解釈としては、微妙なレベルで毛髪が存在しているという事です。

微妙なレベルで毛髪が存在しているという言葉と勘違いしている方は、何をもって勘違いしているのかわかりませんが、確かに上手な略し方だと逆に驚いてしまいますね。

このような言葉の略称にもなるかもしれませんが、意味は残念ながら違います。

微レ存という言葉をこのようにわざと用いる方もいるかもしれませんので、勘違いを誘発してしまう原因にもなるのかもしれませんね。

しかし、上手なたとえになりますので、禿散らかしているような男性がいた時にはわざと微レ存という言葉を用いると周りを盛り上げられるようになるかもしれませんね。

しかし、男性が傷つくのであくまで聞こえないようにそっと言いふらすようにしてくださいね。

微レ存を使用する時の注意点

ここまでは微レ存という言葉を間違った解釈しないように間違った解釈例を簡単にご紹介していきましたが、ここからは微レ存という言葉を実際に使用するときの注意点としていくつかご紹介をしていきたいと思います。

実際にSNSなので周りの友達と一緒にコミュニケーションをとるために微レ存と言う言葉を使用する時には、必ず使用する注意点も理解していただいた上で使わないと、時には自分に不都合な事は怒ってしまう可能性などもありますので、注意してくださいね。

なので、使う時には間違った解釈をされないような使い方をするように意識してください。

ホモと思われる

微レ存という言葉を使うときに注意していただきたいのはホモと思われてしまう可能性があるということです。

微レ存と言う言葉についての意味は先ほどご紹介した通りですがなぜ微レ存と言う言葉を使うと共に勘違いされてしまうのかということが不思議でたまらない方も多いと思います。

微レ存という言葉がホモだと勘違いしてしまう理由は、微レ存という言葉に近い言葉で申レNという言葉が存在しているからです。

申レNという言葉も意味が分からないかと思いますが、申レNという言葉は申し訳ないがレスリング厨はNGという意味合いとされており、その略称された言葉が申レNという言葉です。

この本来の意味は、ニコニコ動画の淫夢動画における、レスリングネタに対して用いられる言葉であり、 真夏の夜の淫夢というホモビデオの言葉をもじったような言葉です。

なので、似たような表現であるために、勘違いされやすくなっており、勘違いした人がホモ的な発言をしている!こいつはホモだ!と勝手に解釈して勘違いする可能性があるという注意点です。

かなり飛躍しているような内容かもしれませんが、実際に勘違いをする人がいるので、その点は注意して男性が使用するようにしてください。

一般人にはなかなか伝わらない

微レ存という言葉を使う時の注意点の一つとして一般人にはなかなかこの言葉は伝わりづらいということです。

元々若者言葉を使っている10代が20代の若者に関してはこの言葉を使ってもある程度意味が伝わったりするかもしれませんが30代以上のかたに使っても理解することはできませんし10代が20代でもあまりインターネットに詳しくないような人に使ってしまっても意味が分からないと思います。

あくまでこの言葉を使うのであれば自分がこのような言葉を常に喋ったりしてコミュニケーションを取っているようなコミュニティの中で使うことが必要です。

一般人にこのような言葉を使えば意味が分からないことと同時に、なんだか変な人だな、と思われてしまう可能性もありますので、相手があまり若者言葉を頻繁に用いないような人だったりあまり詳しくなさそうな人である場合は変に思われないように使うことを避けてコミュニケーションを行う必要があります。

オタクだと思われる

微レ存という言葉を使う時の注意点の一つとしてこのような若者言葉を頻繁に使っていたりすると周りからはオタクだと思われてしまう可能性があります。

そもそも30代以上の方に対しては使う機会はないと思いますがもし使ったとしても当然意味が分かりませんし同じ10代が20代の中でこのような言葉をあまり使わないような人に連発して若者言葉を使ってしまったりしていると、若い形であれば意味がわからないと思う人や逆になんとなく雰囲気て若者言葉だなと推測することができる人もいるかもしれません。

しかし、その人が若者言葉の細かい意味を知っていなければこの人はインターネットに依存しているようなオタクっぽい人だなと思われてしまう可能性があり、自分の印象が悪く相手に伝わってしまう可能性も存在しています。

もちろん中にはそれが魅力的だと感じるような人もいるかもしれませんが、オタクっぽいおな人とは気が合わないと感じている人からすれば、このような言葉を使っているだけで嫌いされてしまう可能性もありますので、必ず相手が理解できるような人間であるかないかという事は事前にチェックした上で言葉を選別するようにしてください。

一旦相手に持たれた印象はなかなか変化させる事は難しいので、最初の印象がとても感じなので最初に出会ったばかりの人に若者言葉をあまり連発して使うようなことは特に避けてください。

公共の場では使用しないこと

微レ存という言葉を使う時の注意点の一つとしてはなるべく使う時はインターネット上などの自分自身が仲がいいコミュニティの中で使うということです。

なぜかと言いますと微レ存と言う言葉やその他の若者言葉に関してはなるべく公共の場では使用しない方が良いと言うことか判断できるからです。

公共の場はたくさんの人が集まる場であり自分と違う年代の人であったり、自分のことを知らないような人が集まったりすることは当然想像できますよね。

周りにいる人が誰しもがあなたのことをある程度中身まで知っているということであれば別に大声で話しをしていてもそこまで変な印象を持たれることはないかもしれません。

周りが違う年代の人がいたり、あなたのことを知らないような人がいる中で微レ存と言う言葉や若者言葉を頻繁に連発して、意味が分からない事を喋っている姿を見ると違和感しか感じないですし、なんだか変な人だぞ、と判断されてしまいがちです。

特に自分が気になる人が近くにいる時にはあまりこのような言葉は用いない方が相手に悪い印象を与えないことにもつながりますので、公共の場では必ず使用しないようにするということを決めて生活するようにしてください。

もしもどうしても言いたくなったのであれば周りにあまり聞こえないぐらいのちょっとした声で話をするのである程度の工夫が求められます。

意味をしっかり理解すること

微レ存という言葉を使う時には必ず微レ存と言う言葉の意味をしっかりと理解した上で使うことが求められます。

先ほどから何度かお伝えしていますが、微レ存という言葉の意味は微粒子レベルで存在するという言葉の意味です。

よく間違う解釈を先ほど例に出してご紹介しましたが、微レ存もそうですが他の若者言葉に関しても意味を知らないのにつかうべきではありません。

なんとなく言葉のニュアンスがこういう意味ぽいから使ってみようなどの曖昧な形で若者言葉を使ってしまうと意味が全く違う状況になってしまうことも考えられますので恥ずかしい思いをしてしまいます。

若者言葉をある程度理解している方からすれば内容によってはそのまま勘違いされて変な印象を持たれてしまうことにもつながってしまいますので、必ず微レ存と言う言葉しかり、若者言葉に関しても全て意味をしっかりと理解した上でコミュニケーション手段として用いるようにしてください。

むやみやたらに使わない

微レ存という言葉を使う時には注意していただきたいのはあまり必要以上にむやみやたらに使わないと言うことです。

若い方の中には新しくした言葉を早く試してみたいということで何かにつけて若者言葉を連発してしまったりする方もいるかもしれませんが、あまりむやみやたらに話していると周りから痛い目で見られてしまうことにもつながってしまいます。

使いたいからといって何でもかんでも当てはめて使っているとわざと使いたいんだなと周りに判断されてしまうことにもつながります。

話したいからといって無理に現実世界のでこのような表現を用いたりしていると当然ながら周りにいる人たちからも不快な印象を持たれてしまうことにもなります。

マイナスなイメージに繋がってしまう事にもなりかねませんので、必ずこのような言葉を使う時には、適切な場で、適切な時に笑いを狙うくらいの気持ちで使うようにしてください。

必要以上に連発するのはおすすめできません。

高齢者には使用しない

微レ存という言葉を使う時には最後に注意していただきたいとは高齢者を相手にこのような言葉を使用しないということです。

ちょっと考えればわかることですがそもそも若者言葉と言う言葉ですのでこのような言葉を使っているのは10代が20代を中心とした若者くらいしかいません。

ある程度の年代の方に関してはそもそも若者言葉の存在自体を知らない方も多いのでそのような人達に若者言葉を使ったところで、字にしてもわからないのに、急に喋られても意味がわかるわけがありません。

絶対に聞き返されますし、何を言っているんだろうと思われてしまいますし、このような事は目に見えているのでそもそもこのような言葉を使って高齢者と話をしようとは思わないようにしてください。

相手によっては不快な気持ちになってしまう方も多いので、使い相手を選ぶようにしてください。

微レ存の意味を知って正しく使おう!(まとめ)

今回は微レ存という言葉の意味や元ネタ、微レ存という言葉の使い方、注意点などを簡単にご紹介しました。

たったひとつの言葉でも込められた意味やルーツ、そして注意点などがたくさん存在します。

若者言葉を知らない方からすれば複雑な内容かもしれませんが、一度理解すればこの言葉がどういう意味合いなのか覚えることが出来ると思います。

一旦覚えれば正しく認識する事もできますし、周りとコミュニケーションを取るときに使ったりも出来ますので、ネット上での会話の中で使ってみて相手と盛り上がってみると面白いと思いますよ。

正しい意味を知って、正しく言葉を用いるようにしてくださいね。