あなたは自分の仕事に対して意義を感じていますか?

どんな仕事でも、自分でやりがいや意義を感じていれば一生懸命に頑張れますし、成長も出来ます。

しかし、どんなに周りからの評判が良い仕事内容でも、自分自身が意義を感じていなければ、やりがいもなく成長していくことも出来ないでしょう。

意義のある仕事の特徴や、自分の仕事を意義のあるものにするためにはどうすれば良いのかなどをご紹介していきます。

意義がある仕事の14の特徴

仕事をする上で、意義を感じることは大切なことです。

どんなに素晴らしいとされる仕事や、一般的に見て名誉とされるような仕事であっても、本人がその仕事に対して意義を感じていなければ何の意味もありません。

意義を感じられないということは、それだけ仕事に対する意欲やモチベーションが下がり、また自分自身で仕事が出来るようになろう、成長しようという気も失せてしまいます。

仕事に対する意義の有無はあくまでも個人的なものですが、もしも仕事に対して意義を感じない個人が集団となれば、ひいては会社の経営や盛衰にも大きく関係してくることでしょう。

個人が自ら仕事に対して意義を感じられるようになることも大切ですが、時には会社側が社員に仕事の意義を感じさせるように育てていくことも重要だと言えます。

では、一般的に仕事に対して意義を感じている人にはどのような特徴があるのかを以下にご紹介していきます。

もしも自分が今の仕事に対して意義を感じているのかよく分からないという人は、以下の特徴を参考にしながら確認してみて下さい。

やりがいを感じる

仕事に対する意義を感じることと、やりがいを感じられることは深く関係しています。

自分が仕事に対してやりがいを感じているからこそ意義も感じられますし、意義のある仕事だからこそ、やりがいも感じられるというものです。

そのため、「やりがいが無い」と思う仕事に対しては、必然的に意義を感じることも出来ません。

まさにどちらが欠けてしまってもダメなのです。

どんな仕事に対してやりがいを感じるのかは、その人や仕事内容によってまったく違っています。

接客業でやりがいを感じている人は、お客からの「ありがとう」の言葉によってやりがいを感じていたり、毎日さまざまな人と触れ合うことによってやる気を向上させていたりします。

また、物作りの仕事でやりがいを感じている人は、一つのものを自分の手で作り上げて形にすることでやりがいを感じていることが多いです。

営業の仕事であれば、自分の実力で業績を上げ、昇りつめていくことにやりがいを感じる人もいますし、どんな仕事であっても自分でやりがいを感じていれば、それはすなわちその人にとっての「意義のある仕事」となるのです。

【やりがいのある仕事については、こちらの記事もチェック!】

社会に貢献している

社会に貢献している、と聞くと、ボランティア活動を思い浮かべる人も多いと思います。

しかし実際のところは、どのような仕事内容であっても少なからず必ず社会に貢献しています。

車や機械類の修理をする仕事であれば、長く安全に車や機械を使えるようにすることで社会に貢献していますし、またコンビニのアルバイトであっても、商品を売買することでお金と物流を動かし、立派に社会に貢献しています。

つまるところ、「仕事」と名のつくもので社会に貢献していないものなど、この世の中に有りはしないと言っても過言ではないでしょう。

そして世の中も、社会に貢献しないものに対して金銭(給料)を支払うことなどまずありません。

例えどんなに人から嫌煙されるような仕事内容であったとしても、その仕事を行う人がいなければ、世の中は回っていかず、人々が当たり前に日々の生活を送ることが出来なくなってしまうのです。

このように、どのような職種であれ社会に貢献していない仕事など有りはしません。

問題があるとすれば、個人の仕事に対する考え方だけです。

どんな仕事内容であっても、「自分の仕事は社会に貢献しているんだ」と自覚がある人は、自信と意義を持って自分の仕事を行っているでしょう。

しかし、自分の仕事がどれだけ社会に貢献しているのかをよく考えていない人ほど、仕事に対するやりがいや意義を見失ってしまいやすいと言えます。

自分が成長できる

仕事を通して自分の成長を感じることが出来る人は、自分の仕事に対しても意義を感じていることが多いです。

例えばあなたがスーパーでレジ打ちの仕事をしているとします。

毎日何も意識することなく、ただ流れ作業のようにレジ打ちを行っているだけでは、仕事に対してまったく意義を感じることが出来ず、また仕事を通して自分を成長させることも難しいでしょう。

しかしもし、毎日一人ひとりのお客さんを意識して仕事をしているとしたらどうでしょうか?一ヶ月も同じ時間帯に仕事をしていれば、その内にどのお客さんがお店の常連で、さらにはいつもどんな商品を購入するかも把握出来るようになることでしょう。

そこでお客さんと気さくにコミュニケーションが取れるようになったり、常連のお客さんのニーズに応えて「ありがとう」と言われるようになったりすれば、ただの流れ作業が、少しずつやりがいのある仕事に変わってくる可能性は大いにあります。

そしてふと自分の仕事内容を振り返った時に、「常連さんの顔や好きな商品を覚えられるようになった」「レジ打ちを間違えることなく、さらに素早く出来るようになった」と自分の成長を感じられるかもしれません。

自分の成長を感じることが出来るようになれば、それも仕事の意義に繋がっていきます。

能力が活かせる

自分の能力を活かせる仕事ほど、意義を感じられるものはないでしょう。

例えば機械に強い人であればIT関連やプログラマー、製造業などの仕事が向いているでしょうし、美術関係の学校に通っていた人であれば、デザイナーの仕事が向いているかもしれません。

自分の趣味や好きなこと、出来ることなどの能力を活かした仕事をしていれば、自分の仕事に対して意欲ややりがい、意義を感じることはそう難しいことではありません。

むしろ、一生懸命になって仕事に取り組むほど、自然と仕事に意義を感じられるようになることでしょう。

自分の能力が活かせるということは、仕事をしながら「自分が会社に貢献している」「会社のためになっている」といった自信が付きやすく、また会社に対して自分の居場所を感じやすくもなります。

そうなれば、会社のためや自分のために一層頑張ることが出来、それが結果として仕事に対する意義になっていくのです。

時々、「自分の代わりなんていくらでもいる」と会社に対してネガティブな考えに陥ってしまう人がいますが、「例え代わりはたくさんいても、自分にしか出来ない仕事もある」とポジティブな考え方に切り替えられる人は、自分の能力を活かした仕事をしていることが多いです。

それだけ能力を活かした仕事というのは、同時に意義を感じられる仕事でもあります。

楽しさを感じる

どんなに魅力的な仕事であっても、本人が楽しんでやっていなければ長くは続かず、また仕事に対する意義も感じられないでしょう。

仕事に対して意義を求めず、ただ収入面だけを考えて働いているという人以外、大抵の人は自分の仕事にある程度のやりがいを求めています。

「お客さんの笑顔が見たいから」「会社の役に立っているから」など、自分が働いている理由や充実感を求めるのはごく普通のことです。

さらに仕事をすることで楽しさを感じている人は、より仕事の意義も感じている場合が多いです。

元々自分の趣味や特技、好きなことを仕事にしている人は、仕事に対して楽しさを感じることでしょう。

また、やっている内に仕事に楽しさを覚える人もいます。

どんな仕事であれ、本人の気持ち次第で楽しんで行うことは出来ますし、楽しんで仕事をしていれば時間が過ぎるのもあっという間です。

満足に稼げる

仕事をする上で収入面を重視している人は、自分が満足に稼げていればそれだけ仕事にも意義を感じていることが多いです。

どんなに仕事量が多く、また残業や休日出勤などが重なったとしても、その分しっかりと収入面が保証されていれば、そこまで不満に思うことはないでしょう。

また、もし仕事内容が人から嫌煙されるものであったとしても、しっかりと収入を得られるのであれば、それで満足感や意義を感じる人もいます。

さらには、「とにかく稼ぎたい」と考えている人ほど、仕事が忙しければそれだけ稼げますので忙しいほどに充実感を覚えやすいです。

一方で、仕事量が多いのに収入がそれに見合っていないと感じていれば、どんなに好きな仕事でも徐々に意義を感じられなくなってしまうこともあります。

誰しも働いたら働いた分だけ収入が欲しいと感じるのは当たり前ですが、中でも特に稼ぐことを重視している人にとっては、仕事量に見合わない収入の仕事は大いに不満を感じますし、また長続きもしないことでしょう。

スキルアップできる

どんな仕事でも、内容によっては自分のスキルアップに繋がります。

例えば接客業のようなサービス業であれば、顧客とのコミュニケーション能力を身につけ、対人関係におけるスキルアップが目指せます。

また、企画のようにアイディアが必要とされる仕事では、常に新しいひらめきや斬新な考えを生み出すことで、それを製品や商品にするためのスキルアップが狙えるでしょう。

また、一見何のスキルアップも目指せないと思える清掃や片付け、荷物整理などの仕事でも、プライベートのあらゆる場面で役に立つことがありますし、それが元で周囲との関係が良くなったりする可能性だってあります。

仕事内容に限らず、どんな仕事であってもスキルアップすることが結果的に自分のためになることに繋がっているのです。

そして、自分自身で仕事をしながらスキルアップが出来ているという自覚がある人では、同時に仕事に対して十分な意義を見出すことも出来ます。

それはスキルアップするために今の仕事を始めた人も、また何も考えずに仕事をしている内に自然とスキルアップが出来るようになった人も、どちらでも同じことです。

責任が持てる

仕事の内容はそれぞれですが、自分で責任が持てる仕事に対しては、意義を感じる人も多いです。

どんなに小さな仕事でも、その責任を自分が背負っているのだと思えば、誰しも仕事に対して一生懸命に身が入ります。

また、任された仕事が大きければ大きいほど、感じるプレッシャーも大きいですが、同時にやり遂げた時の充実感は何にも代えがたいものがあります。

責任感の強い人や、周囲から期待されることでモチベーションがアップするタイプの人は、責任が持てる仕事に対して大きな意義を感じやすい傾向にあります。

一方で、常に自分に自信がなく、極力責任のある仕事を任されたくはないという人にとっては、何か大役を任されてしまうことでプレッシャーに押しつぶされそうになってしまいます。

しかし、努力してそれを乗り越えた時には自分に一つ自信が付きますので、そこから仕事に意義を見出せるよう変わっていける可能性も十分にあります。

向上心が持てる

向上心が持てる仕事は、自分にとって意義のある仕事と言えるでしょう。

例えば仕事そのものが好きな人や職場の人間関係が良い人、または稼げることなど、人によって向上心を持つ理由はそれぞれですが、どんな仕事でも向上心さえあれば、同時に仕事に対しての意義も持てます。

そもそも、向上心とは自分が現在の状態に満足しておらず、より優れたものやより高いところを目指したいという強い気持ちから生じる心です。

元々向上心のある性格の人は同時に野心家でもありますので、どんな仕事に就いても上を目指そうとしますし、また最初からどんどん昇進していけるような仕事を自ら選択します。

一方で、日頃はあまり向上心がない人でも、仕事で予想外に業績を上げたり成功を収めたりして、周囲からの評価が高くなった結果、後から向上心が沸き上がるという人もいます。

人によって、どのタイミングで自分の向上心が沸き起こるかは異なりますが、どんな仕事でも自分が向上心を持ったのなら、その仕事はその人にとってとても意義のある仕事となるでしょう。

大切な仲間がいる

お金のため、家族のためなど、人によって働く理由は違います。

しかし、理由さえあればどんなに酷い仕事でもずっとやり続けることが出来るかと問われれば、直ぐに頷ける人はそうはいないでしょう。

働く理由はあっても、働く職場の環境が良くなければ、中々仕事を長続きさせることは出来ません。

例えどんなに高収入でも、まったく休みのない会社や職場の環境が酷いところでは、途中で体調を崩してしまう恐れがあります。

また、職場内の人間関係が悪く、パワハラやセクハラがまん延しているような職場においても、精神的なダメージやストレスが大きくやはり自身の体調に悪影響を及ぼしてしまうことでしょう。

しかしもし、収入は一般的であっても職場内の人間関係が良かったり、大切な仲間がいたりする場合には、長く安心して働き続けることが出来ます。

人とコミュニケーションを取るのが苦手で、極力会話のない職場で働きたいという人も中にはいますが、人との触れ合いを好むタイプの人では、職場の人間関係の善し悪しで仕事に対しても意義を見出したり、見出せなかったりします。

仕事というのは大半が一人だけでは出来ないものですので、一緒の職場で働く同僚が自分にとって大切な仲間になれば、それだけ仕事に対しても意義を見出せることでしょう。

胸を張れる

あなたは胸を張って自分の仕事をしていますか?

接客業や営業、清掃の仕事など、仕事の職種はさまざまですが、自分の仕事に対してプライドを持っている人は、例えその仕事が人から嫌煙される内容であったとしても、胸を張って仕事をしている場合が多いです。

また、例え好きで始めたわけではない仕事であっても、やっている内に楽しさややりがいを感じたり、自分でも無意識の内に仕事に対するこだわりを持つようになった人も、同じく仕事に対して意義を感じていることが多いでしょう。

世の中にはたくさんの仕事がありますが、周囲の評価が高い仕事しか胸を張れないかと言うと、そんなことはありません。

大切なのはあくまでも、自分自身でやっている仕事に対して胸を張れているかどうかということです。

そして実際に胸を張って仕事をしている人は、自分の仕事に対しても意義を感じています。

誰かの役に立っている

誰しも自分のことが誰よりも一番大切です。

そしてまた、何かあった時に自分を一番に守ってくれるのも自分自身です。

そのため、自分を何より一番に考えるのは悪いことではありませんが、その上で誰かの役に立つことで喜びや生きがいを感じられる人もいます。

例えばボランティア活動の場合は自分に対する報酬はほとんどありませんが、それでも誰かの役に立つことが嬉しくて活動を行う人がいます。

それが本心からであれ偽善であれ、実際に誰かの役に立っているのであれば、ボランティアを受ける側もまた嬉しいと感じることでしょう。

そして、そういったタイプの人は、仕事をしている時にもそれが誰かの役に立っていると感じることで、その仕事に対して意義を見出すことが出来ます。

充実感がある

自分が仕事に対して意義があるのかないのかよく分からないという人は、自分が仕事をしている時に充実感を感じられるかどうかで判断するのも一つの有効な方法です。

充実感とは不思議なもので、嫌々始めたものであっても、終わる頃には何故か気持ちがスッキリしていることがあります。

仕事をする前はもやもやして嫌な気持ちがあったとしても、次第に仕事内容に夢中になってくると、終わる頃には心の中にある種の満足感が生まれます。

そして、「やり切った」「無事に終われた」といった満足感が充実感となって、自分の気持ちを晴れやかなものや、爽やかなものに変えてくれるのです。

やる気やモチベーションは、仕事を始める前から大きく関係してくるものですが、充実感は全てが終わった後で心に生まれてくるものです。

そのため、どんなに大変な仕事であっても、終わった時にいつも充実感を覚えていれば、その仕事はあなたにとって意義のある仕事だと言えるでしょう。

モチベーションを維持できる

仕事をする上で、モチベーションの維持は思った以上に大変です。

仕事始めはやる気に溢れていても、何時間も同じような作業の繰り返しでは飽きてモチベーションが下がってしまうのは頻繁にあることですし、例え毎回違った仕事内容だとしても、自分の不得意な分野になった時には自然と気分が下がってしまうことでしょう。

また、どんなに自分の好きな仕事であっても、その日の朝の気分が影響して、モチベーションが低いまま仕事を行わなければならない時もあります。

人はその時の自分の心情や周囲からの影響によって、たやすく気持ちが変化する生き物です。

そのため一定のモチベーションを維持したまま仕事を続けるのは、想像以上に大変なことなのです。

しかしもし、今の仕事がモチベーションを維持したまま出来る仕事であれば、それはきっとあなたにとっては意義のある仕事なのでしょう。

仕事に意義を感じられていますか?

あなたは自分の仕事に意義を感じられていますか?

人の気持ちはその時によって変わるものですので、入社したての頃は意義があると思えた仕事も、5年10年と仕事を続ける内に段々とその意義がなくなってしまうこともあります。

年齢が若ければ次の意義のある仕事へと転職することも可能ですが、短い期間で何度も転職を繰り返したり、ある程度の年齢になってから転職したりすることは、多少なりともリスクがあります。

そのため、自分が意識して仕事に対して意義を見出すことが出来る場合には、極力目の前の仕事に対して意義を感じられるように努めるべきでしょう。

もちろん無理をして意義を感じる必要はありませんが、この先も同じ仕事を続けるのであれば、ただ淡々と何の面白味もなく続けるよりも、楽しんで仕事をした方が自分のためにもなるでしょう。

意義とは

意義を辞書で引くと、「言葉によって表される意味や内容」そして「その事柄に相応しい価値や値打ち」を意味します。

前者の意味の場合、例えば「マスクの意義」という言葉があるとしたら、それはマスクが持つ本来の意味や役割を指しています。

また後者の場合、例えば「意義のある生活」という言葉を用いた時に、その生活に相応しい価値があるという意味を指しています。

つまり、自分にとっての生活はそれだけ価値のあるものだという意味合いの言葉となるのです。

この意義という言葉は、改めてその意味を考えることもなく、日常的に感覚として使われることが多いです。

例えば「仕事の意義」や「お金を稼ぐ意義」など、あるものの価値を示そうとする意図がある場合に「意義があるかどうか」といった言葉で使われることが多いです。

そのため、意義という言葉自体は、もっぱら後者の意味で用いられています。

ふさわしい価値

例えばまったく自分の役に立たないもののために、わざわざ時間やお金や労力を注ぐ人はいないでしょう。

しかし、自分にとって役に立つかもしれないもののためならば、ある程度人は労力を注ぎます。

その労力を注ぐかどうかを考える際に、「意義」という言葉はよく用いられています。

この場合の意義は、「自分が労力を注ぐだけの価値がそのものにあるのかどうか」といった意味合いで使われます。

そして価値があると判断されればそれは「意義ある」ものとなり、また価値がないと判断されればそれは「意義のない」ものとなります。

意義のありなしを考える上で、誰しも自分にとってのメリットを考慮しますが、そのメリットは何も報酬や現物といった必ずしも形あるものとは限りません。

例えばボランティアを積極的に行っている人の場合、大抵は無報酬です。

しかし、ボランティアをすることで「誰かの役に立てた」という充実感や満足感を得ることが出来ます。

その感情を得ることは自分の精神面にとってのメリットになるため、ボランティアをすることはその人にとって意義のある行為となるのです。

値打ち

自分が労力を払うだけの価値があると思えれば、それは意義のある行為となります。

そしてまた、自分にとって値打ちがあると思えるものも、意義のあるものです。

例えば他の人から見れば数百円の価値にも満たないただのおもちゃがあるとします。

しかし、ある人にとってはそれが数百円以上の価値があると思えた時に、そのおもちゃはその人にとっては値打ちのあるものとなります。

実際に現物として存在するものであれ、気持ちという目に見えないものであれ、当人にとって値打ちがあるものは、間違いなく意義のあるものとなるのです。

重要性

ある物事が、その人にとってどれだけ重要かということで、意義のありなしが変わってきます。

例えば仕事をする上で、人間関係が何より重要だと考えている人は、仕事内容よりも人とのコミュニケーションに意義を見出して行動するでしょう。

一方で、仕事内容そのものに意義を見出している人は、人間関係についてはそこまで重要視しません。

このように、人によって重要性の大きさや、何に意義を見出すのかはそれぞれ違っています。

意義のある仕事かチェック!

あなたが今の仕事を何故選んだのかは、さまざまな理由があるのでしょう。

収入面や人間関係、好きな仕事など、仕事を選んだ理由は何かしらあると思いますが、現在でもその仕事に対して意義を見出せていますか?

もしも仕事に対していまいち身が入らなくなったり、または転職を考えている時には、改めて自分にとって意義のある仕事とは何かについて見直してみましょう。

それをチェックした上で、仕事に対する姿勢の改善や、転職先を探す際の会社選びに役立てましょう。

意義のある仕事をするには

意義のある仕事をするためには、どうすれば良いのでしょうか?

自分で好きなことや特技がある人であれば、それを活かした仕事を探せば良いでしょう。

しかし、これといった趣味や特技、好きなものがない人にとって、仕事の意義を見出すのは少々難しいことなのかもしれません。

自分の仕事を意義のあるものにするためにおすすめの方法を、以下にご紹介していきます。

本当にやりたいことを確認する

仕事というのは、自分の好きなことばかりが出来るわけではありません。

しかし限られた仕事内容の中でも、自分にとって本当にやりたいことがあるのなら、それに取り組むことで仕事に意義を見出せるようになるかもしれません。

自分がやっている仕事の中でも、本当にやりたい仕事があるのかどうかを一度確認してみましょう。

それによって、本当は別の部署の仕事に自分が魅力を感じていたり、または全く畑違いのことにチャレンジしたいという気持ちが新たに見つかるかもしれません。

もちろん自分の今やっている仕事に対して、改めて意義を見出すことが出来れば、それはとても素晴らしいことでしょう。

人生で何を大切にしたいか考える

あなたにとって人生で大切なことは何でしょうか?

仕事で輝くこと?家族といつまでも幸せに過ごすこと?

それ以外のこともたくさんあると思いますが、日々を忙しく過ごしていると、つい自分の大切にしたいことを忘れがちになってしまいます。

ですから、ここで一度落ち着いてもう一度自分が大切にしたいことをよく考えてみましょう。

その答えによって、自分が何に最も意義を感じているのかが分かるかもしれません。

それが叶う仕事を探す

自分が何を一番大切にしたいのかが分かったら、それが叶う仕事を探しましょう。

もしもっと裕福になって家族と大きな家で暮らしたいという望みがあるのなら、収入面を重視した仕事を探せば良いでしょう。

また、多くの収入は臨めなくても、人の役に立ちたいという気持ちがあるのなら、介護やサービス業などの仕事を探すと良いでしょう。

仕事の種類はたくさんあるため、きっとあなたの本来の望みを叶えることが出来る仕事だってあるでしょう。

そしてその仕事に就くことで、仕事に対しての意義を感じられるようになるかもしれません。

今の仕事について熟考する

迷った時には、自分の今の仕事に対して熟考してみましょう。

仕事をする上で辛いことや苦しいこと、そして楽しいことややりがいを感じられることなどを、一つひとつ思い浮かべていきます。

同時に、何故自分が今の会社を選んだのか、選んだ時の理由を今も叶えられているのかどうか、そしてこの先も会社で前向きに仕事を続けていけるかどうかなどを、しっかりと熟考しましょう。

そうすることで、今の仕事に対して意義を感じているのかいないのか、もし感じていなければ、どうすれば感じられるようになるかを考えることが出来ます。

物事を解決するにはまずその原因から探っていくように、自分が仕事に対して意義があるか分からなくなった時には、一から思い返してみることも大切です。

楽しみを見つける

仕事に楽しみは必要ない、という人が時々いますが、そういった人の場合は大抵仕事に対して一生懸命に取り組めているため、それ以上楽しむ必要がないことが多いです。

そうでない人の場合、仕事に何の楽しみも感じなければ、仕事をする上でモチベーションが下がりっぱなしになってしまいます。

そこで、どんな些細なことでも良いので、仕事中に楽しみを見つけましょう。

周りの人を観察して、「あの人昨日とは腕時計が違う」など間違い探しをするのも良いですし、仕事が終わった後に遊びや外食などの楽しみを用意しておき、仕事に張り合いを持たせるのも良いでしょう。

どんな形であれ、楽しみを見つけることが出来るようになれば、これまでよりもきっと仕事に対して意義を感じられるようになることでしょう。

先輩や上司に助言をもらう

仕事の意義が分からなくなってしまった時には、先輩や上司に助言をもらうという方法もあります。

自分が今の会社で働いているように、先輩や上司も同じ会社を選んだ理由や意義がきっとあるはずです。

それを教えてもらうだけでも、自分の仕事に対する意義を見出すきっかけになったり、また思い出したり出来るかもしれません。

この仕事で何ができるか考える

どんなに単純作業の仕事であっても、その中で自分に何か出来ることがあるはずです。

それを探したり、考えたりすることで仕事に対する自分の姿勢が分かり、結果的に仕事に対する意義に繋がることもあります。

限られた仕事内容だからこそ、それに対して自分がどう考えているのか、どうしたいのかを考えることによって、新たに意義を発見出来るかもしれません。

また、複雑な仕事を抱えている場合にも同じことです。

たくさんの仕事の中から、自分が何を出来るかを考えることで、自分が仕事に対してどう向き合っているのか、本当はどうしていきたいと思っているのかに気付くことが出来るかもしれません。

意義のある仕事ができたら幸せ

世の中で、自分が本当に好きな仕事に就けている人は、そこまで多くはありません。

収入のために仕方なく嫌な仕事をしていたり、他に条件の合う会社が無く、嫌々でも今の会社で働いているという人はたくさんいます。

しかし、嫌々働いていると、人間関係や仕事上でトラブルに遭う可能性が上がり、また折角の仕事が長続きしない場合もあります。

どうせ働くのなら、仕事に対して何でも良いので意義を見出すことで、それが結果的に自分のためにもなるのです。

どんな仕事であっても、自分が働く意義を感じることが出来れば、まったく意義を感じられない人よりも働く上で幸せな立場と言えるでしょう。