薄毛の悩みは、男性にとっても女性にとっても深刻な問題ですよね。

髪がなくなったり、薄くなると、一般的に若々しさがなくなり、一気に年寄りみたいに見えるようになります。

しかも、薄毛の低年齢化が進み、男性の場合では30歳前後から気になる方が増えてくるようです。

しかし早い方なら、10代から髪が細くなるように感じたり、20歳には抜け毛が多くなるなどの兆候も見られるようです。

女性の場合は何歳くらいから薄毛が表れるのでしょうか?更年期に入り、ホルモンバランスが乱れたり、女性ホルモンが減少するタイミングである40歳前後が多いとされています。

あなたは、年を重ねていき、頭髪も含め、身体の変化が起こるのは仕方がないと諦めてしまいますか?

それとも予防したり、少しでも薄毛を和らげることができるなら、できるだけのことをしたいと思われますか?

シャンプーなどの毎日行うヘアケアも、適正な商品を使ったり、一工夫するだけで、頭皮に優しいものにできたり、一見関係ないように思える食生活や生活習慣も、実は頭髪の成長に大きく関わっていたりします。

そのように毎日の生活の中で必ず行うことを、脱毛を防ぎ、育毛を促すものにするなら、数年後の結果が大きく違ってくるのではないでしょうか?

育毛で結果を出すための10個の方法

薄毛対策、育毛促進には様々な方法があります。

シャンプーやトリートメント、育毛剤などのヘアケア商品の種類だけでも、圧倒される数が発売されています。

しかし、どれでも良いわけではなく、結果を出すには自分に合うものを選ばなければなりません。

また育毛を助ける食べ物や食材、脱毛を防ぐために気をつけるべき生活習慣なども知っておくなら、無理のない範囲で取り入れることができ、ダメージを減らすことができます。

また、気持ち的に落ちてしまいがちな薄毛の問題で、一番大事な考え方や感じ方など、精神的なサポートをすることも、根気づよく育毛に取り組む上で欠かせません。

ですからこれから、育毛で結果を出すために必要な多方面での情報をお伝えしたいと思います。

1.効果があるシャンプーを選ぶ

シャンプーで髪の汚れを取り除くことは、大抵の方は毎日されています。

ですから、どのシャンプーを使うかによって、毎日何も育毛に良いことをしないか、それとも育毛を促進するかが差が出ます。

ですから、薄毛が気になる方は、まず、もともとの習慣となっているシャンプーを利用して、育毛ケアを始めてみましょう。

一般のシャンプーは、髪自体を綺麗にする目的で作られていますが、育毛シャンプーは、頭皮の汚れや皮脂を落とすことなど、頭皮を清潔にして健康な状態にし、抜け毛をおこしずらく、育毛を促す正常な頭皮作りに焦点が絞られて作られています。

シャンプー自体には、直接的な育毛効果があるわけではありませんが、頭皮の環境を整えてくれ、なおかつ育毛剤の効果を上げてくれるという大きなメリットがあります。

シャンプーで土台を整えることができるのです。

普通のションプーよりは高額かもしれませんが、育毛剤と比べるとはるかに安価です。

髪の毛にも毛周期があって、成長期、退行期、休止期と変わっていきます。

ですから、どのシャンプーでも、効果を感じるまでに、2ヶ月〜3ヶ月はかかります。

そのくらい経過した頃に、油っぽさが落ち着いてきたり、乾燥によるフケなどがなくなっていたり、抜け毛の量が減っていたら自分に合っていると判断できます。

オススメシャンプー

シャンプー選びのポイントは、4つあります。

一つ目は、刺激が少なく頭皮に優しい「アミノ酸シャンプー」かという点です。

二つ目は、「保湿成分が入っているか」です。

髪に優しいアミノ酸系のシャンプーでも、皮脂を取り除き、とうひが乾燥します。

乾燥は、血行不良の原因となり薄毛にも繋がりますので、ヒアルロン酸やプラセンタ、植物エキスなどの保湿成分が入っていることを確認しましょう。

これは、自分は油っぽいと思っている方でも同じです。

皮脂が出過ぎるからといって保湿成分を嫌っていては、余計に皮脂がでてますますオイリーになってしまいます。

三つ目は、「無添加」を選ぶことです。

最近では無添加は、質の高い育毛ケアでは当たり前になってきました。

髪や頭皮に優しいものとなると、必然的に無添加になります。

四つ目は、血行促進や、頭皮環境を正常にしてくれる、センブリエキスや海藻成分など「有効成分」が入っているシャンプーを選びましょう。

これらの4つのポイントを抑えて考えると、「モンゴ流シャンプー 薬用オーガニスク」、「チャップアップシャンプー」、「haru スカルプ・プロ」、または女性用の「あすロング」などがおすすめになります。

2.育毛剤は口コミや評判を調べてから購入する

たくさんありすぎると、どれを選べば良いのか分からなくなりますよね。

しかも育毛剤は、それなりのお値段なので、とりあえず試してみようと言うわけにはいきません。

みなさんは何を基準に選ばれていますか?

口コミや実際に使った人の感想でしょうか?

しかし、その人が自分と同じタイプの頭皮だったかは分かりませんね。

これから育毛剤を選ぶ時のポイントをご紹介します。

一つ目は、自分の症状や原因にあった製品を選ぶことです。

薄毛の原因も、男性ホルモンの増加や、頭皮の油つまりなど色々あります。

そして育毛剤も配合成分によって、アプローチポイントや効果が異なります。

男性ホルモンを抑制するタイプ、血行をを促進するタイプ、毛母細胞を活性化するタイプ、毛根に栄養を補給するタイプなど色々あるのです。

ですから、自分はどのタイプの薄毛か、症状や原因をしっかり理解して、それにあった成分を配合している育毛剤を選びましょう。

二つ目は、安全性や評判が高いものを選ぶことです。

副作用のある育毛剤は最近ではあまり聞きませんが、身体に害を及ぼさないかどうかは必ず確認しましょう。

そして、口コミだけで決めるのは問題ですが、実際にその製品を使用した人の感想は、やはり参考になります。

メーカーの対応や、使用感、臭い、効果など評価が高ければ安心にも繋がります。

三つ目、育毛剤は、最低でも半年ほどは続けて使用しないと効果を実感できません。

ですから、予算的にも続けられるかどうかを見極めなければなりません。

ですから、内容量や価格をチェックし、現実的に継続可能かを考慮しましょう。

一時期だけ高価なものを使っても、残念ながら効果はあまり感じません。

なによにも続けることが大切なのです。

自分に合った育毛剤を選ぶ

先ほどは、育毛剤を選ぶポイントを3つ見ましたが、一番大切なのは自分に合っていることです。

薄毛の原因、商品の値段も自分に合っているかどうかを見極めるポイントになりますが、どの育毛剤のタイプと薄毛のタイプの、一般的なマッチングをご紹介しますので、参考にしていただければと思います。

まず、親や祖父母なども薄毛で、遺伝的な理由や体質が問題だと思われる方は、抜け毛をおこす酵素5αリダクターゼの増加が原因と考えられます。

ですから、その酵素を抑制する作用を持つ、チョウジエキスやオウゴンエキスなどが配合された育毛剤がおすすめです。

次に、運動不足や喫煙、ストレスなどによって、血行が悪くなったり代謝が落ちいることが原因の場合は、血行促進作用のあるセンブリエキスやニンジンエキスなどの有効成分を配合している育毛剤を選びましょう。

偏った食生活や睡眠不足など、髪の毛が十分な栄養を摂取できていないことが原因の場合は、栄養素を補給してくれるタイプの、ポリピュアやM-1ミスとなどの育毛剤を使うなら、症状が改善されるでしょう。

3.育毛剤を変えない

薄毛に悩んで、なんとかしたいと育毛剤を使いだした人は、使いだしたら抜け毛がとまるとか、髪がふさふさになってくると、非現実的な効果をイメージしてしまうことがあります。

そして、イメージ通りの効果が見えないと直ぐに「この育毛剤は効果がないのでは」もしくは「自分に合っていないのでは」と考えてしまい、育毛剤を変えることを検討し始めるかもしれません。

その気持ちも分かります。

やはり効果が目に見えるのはモチベーションアップに必要ですよね。

さらに、場合によっては効果がない育毛剤もあるので、ダラダラと続ける考えものです。

しかし、育毛剤が効果を発揮するのに時間が必要なのもまた事実です。

ですから、早急な決定を下して、次々に育毛剤を変えるのではなく、育毛剤が効果を出せる期間は辛抱強く使い続けましょう。

効果を判断できる目安はだいたい3ヶ月と言われています。

育毛剤の効果発揮目安は3ヶ月ほど

どこからこの3ヶ月という数字が出てきたのでしょうか?

それは先ほども少しふれた、毛のサイクルと関係しています。

髪の毛は、一定の周期で生え変わるので、そのサイクルにのとって効果を計ることができるのです。

毛の周期は3つに分かれており、髪の毛が育つ「成長期」、成長が鈍くなる「退行期」、抜けるのを待つ「休止期」です。

これを順番に繰り返すことによって、髪の毛が抜けたり生えたりするのです。

正常のサイクルの場合、成長期は2年〜6年、退行期は2週間〜3週間、休止期は3ヶ月といわれています。

しかし、薄毛などのトラブルがある場合のサイクルは、成長期が数週間〜1年と非常に短く、髪の毛が生えてもすぐに抜けてしまう状態になっています。

そこで、育毛剤を使用すると、休止期の間に新しい髪が生えてくる準備を行い、その期間が終わる3ヶ月後には、新しくより丈夫な毛が生えてくるはずなのです。

ですから効果のある育毛剤なら、最短3ヶ月で、ある程度の判断ができる結果が出るというわけです。

ただ、あまりに期待しすぎたり、イメージを膨らませないようにして、あくまで最短目安ということを意識しておきましょう。

4.睡眠を十分取る

睡眠不足が薄毛の原因になりうることを聞いて、驚かれた方も多いのではないでしょうか?

ですからこれから、睡眠不足だとなぜ薄毛になるか、その理由を見ていきましょう。

大きく分けて3つの理由があります。

一つ目は、睡眠が十分でないと、頭皮へのエネルギー補給が減ることです。

髪の毛は、日中紫外線を浴びたり、冷暖房の影響を受けたり、様々なダメージを受けます。

そのダメージを睡眠通に回復させるわけですが、睡眠が十分でないと、その修復エネルギーをもっと大事な臓器に使われてしまい、髪の毛や頭皮にまでいきません。

ですからダメージが蓄積してしまい、薄毛などのトラブルとして表れるのです。

二つ目は、睡眠が十分に取れないと、自律神経のバランスが崩れ、ストレスを感じたり、イライラします。

そのストレスが髪のサイクルを乱してしまい、抜け毛をおこしてしまうのです。

三つ目は、男性ホルモンが増加することです。

睡眠不足の状態が続くと、交感神経が優位になり、男性ホルモンが増加します。

そうすると、AGAの原因となるジヒドロテストステロンが増えて、新しい髪が作られにくくなったり、皮脂量が増えて頭皮環境が悪くなってしまいます。

ですから、睡眠を十分にとることは、抜け毛を防いで、髪が育ちやすい状態を作るのに非常に大切なこととと言えます。

成長ホルモンが関係してくる

「寝る子は育つ」ということわざがありますが、髪も寝ている間に成長します。

睡眠中には成長ホルモンが分泌されて、身体の様々な組織を修復したり活性化させます。

ですから、この成長ホルモンは、育毛や発毛という観点からも非常に大切で、ぜひとも分泌いつを促したいものなのです。

そのためには、上質な睡眠を取ることが不可欠です。

一般的に大人が必要とする睡眠時間は7時間〜8時間で、成長ホルモンが分泌されやすい時間帯は、午後10時〜午前2時と言われています。

適切な時間は年齢、体調によって多少の差はありますが、基本的にこの時間くらを目安に、就寝時間と起床時間を決めて、睡眠リズムを一定にさせるようにしましょう。

また、何度も目が覚めるような浅い睡眠では、十分な量の成長ホルモンは出ません。

ですから、上質な睡眠が取れるように、就寝1時間くらい前に入浴し、リラックスしたり、ストレッチをして緊張をほぐしたりすることをおすすめします。

また、寝室を適正な温度や明るさにして、環境を整えることもセ役立ちます。

5.食事を気をつける

薄毛と食事の関係性はどうでしょうか?

食べ物は、髪の毛を含め、私たちの身体の元となる大切な要素です。

病気や体質改善をする時にも、まずは毎日の食事の見直しから始めます。

食事療法という方法もあるくらい、私たちが何を口にするかは、自分の身体をどんな状態にするかにダイレクトに影響を与えます。

では、薄毛に良い食べ物とは何でしょうか?

それは、髪そのものとなる栄養素を含んでいたり、髪が抜けにくい頭皮の環境を作ってくれる栄養素を含んだ食べ物のことです。

髪の主な成分はたんぱく質です。

ですから、たんぱく質は欠かせません。

納豆、高野豆腐、乳製品がこれに当たります。

さらに、たんぱく質が髪の毛になるのを助ける成分は亜鉛です。

亜鉛は、牡蠣、高野豆腐などでとることができます。

さらに、頭皮の新陳代謝はビタミンB群がになっていますが、いわし、緑黄色野菜などから取れます。

さらに、ナッツ類にも、たんぱく質と、頭皮の健康を維持してくれるビタミンEなどが含まれていますし、血行も良くしてくれる効果もあるのでおすすめです。