あなたは自分のストレスを解消するような趣味がありますか?

日本は海外と比べて、労働環境などがかなり厳しいと言われている国です。

長時間労働は当たり前、有給休暇も取りにくいし、気も使わなければいけません。

会社に長時間拘束されて、休日出勤をして、会社に身をささげている方はかなり存在すると言われています。

早く帰りたいのに会社の上司が帰っていないから帰りづらいという事や、同僚なども働いている中、自分だけが帰るのは気が引けるという方もいますし、会社で仕事をするのが美徳とされている状況がどうしても否めない状況です。

しかしながら、そのような環境で過ごしていると体に悪影響が及んでしまうのも事実です。

長時間の労働や精神的な疲労からその疲れがストレスとなり、自分の体の中に溜まってしまえば、上手にストレスを解消しなければ、ストレスが溜まり続け、いずれ爆発してしまう事になりかねません。

身体の病気であったり、精神的な病気になってしまう可能性などもありますので、何か趣味を見つけてストレス解消を行う事が求められます。

趣味を見つける事で、自分が行っていて楽しいと思えるような事や、生きがいとして感じられるような物があれば、ストレスの解消にも繋がりますし、良い環境で生活を行うことが出来ます。

人それぞれ趣味や、楽しいと思えるような事は違いますが、そんなたくさんある趣味の中でも、比較的日本だからこそたくさんの方に愛されている趣味があります。

それはアニメです。

日本がアニメ大国と言われているように、たくさんのアニメが新しく日本で作り出されています。

ストーリー構成や描写なども素晴らしい物ばかりです。

アニメが好きな方もたくさんいると思いますが、たくさんありすぎてどれが面白いのか迷ってしまうのが現実です。

学園アニメのおすすめ14選

そこで、今回はアニメの中でも比較的人気が高いジャンルとして学園アニメをテーマにして、学園アニメの面白いアニメをまとめてご紹介します。

どれもはずれがないものばかりなので、気になるものがあれば一度試しに見てみてください。

涼宮ハルヒの憂鬱

まずはじめにご紹介する人気の学園アニメは涼宮ハルヒの憂鬱というアニメです。

アニメが好きな方であれば涼宮ハルヒの憂鬱は聞いたことがある方も多いと思います。

涼宮ハルヒの憂鬱は谷川流という男性が描いているライトノベル作品であり、そのライトノベル作品が人気によりアニメにて放送されるようになった作品です。

2006年4月から7月にかけて独立UHF局を中心とした11の放送局の深夜枠でもともと放送されていたアニメ作品ですが、2009年4月から再び10月にかけて新作14話を加えたテレビアニメーションで全28話が改めて放送されているなど、その人気がとどまる事を知らない作品です。

またそのアニメ作品が大きな反響を生み、最終的にその人気から「涼宮ハルヒの消失」という題名で2010年2月6日に劇場版アニメーション映画として公開されています。

主人公はキョンという男性であり、県立北高校の一年生で、ヒロインが涼宮ハルヒという女性です。

あらすじとしては、ごくごく普通の男子高校生であるキョンと彼の視点から映し出される世界にスポットを当てておりその中心にいる女子高校生ヒロインである涼宮ハルヒとSOS団(sekai wo ooini moriagerutameno Suzumiyaharuhiの団)での活動を中心とした非日常的な内容で描かれています。

もともとアニメとして放送された時に異例のクオリティであったという事から人気が付いた作品であり、2006年の上半期の話題作となった事でも有名な作品です。

放送されてからの反響などもものすごかったとの事で、放送したグループがYOUTUBEで専用のチャンネルを設けるほどの反響があったとされています。

学園アニメとしての王道なアニメでありながら、非日常な内容ばかりなのでとても面白く肩の力を抜いて楽しめるようアニメ作品となっています。

学園アニメが好きな方には絶対に楽しめる作品となっていますので、まだ見たことがない方は一度ご覧になってください。

らきすた

次にご紹介する人気の学園アニメは、らきすたというアニメです。

元々美水かがみと言う男性漫画家が描いている4コマ漫画作品でありそれを原作にして今ではゲームやアニメは小説作品など幅広いジャンルへ展開しています。

元々は角川の月間ゲーム雑誌コンプティークにおいて2004年1月号より連載されている作品です。

あらすじとしては小柄でアニメやゲームが大好きであるオタクな女子校生である泉こなたとその友人でゆったりした性格をしている柊つかさ、そしてつかさの双子の姉でしっかり者でありながら仲間内でツッコミ役を務めている柊かがみ、そして容姿端麗で博識でありながらどこか天然のところが存在している高良みゆきの4人を中心としてその周囲の人々も含めたまったりとした普段の生活模様を描いているような作品となっています。

学園アニメなので当然ながらこの4人が在籍している学校で起こっていることが日常生活として描かれており、4コマ漫画作品なので絵に関してもそこまでリアルな描写と言うよりかは可愛らしい女の子のタッチで描かれているような作品です。

まったりとした生活模様を描いている作品なので激しめのストーリーではなく肩の力を抜いて何も考えずに楽しむことができるような作品となっています。

なお、らきすたの作品は埼玉県春日部市がモデルになっており、アニメ版においては作者の出身校である春日部共栄高等学校がモデルとなっています。

毎日の仕事で疲れてあまり考えたりするような作品が見たくない時には、らきすたを見ることでのほほんとした癒しの時間を過ごせるようになれるはずですよ。

Aチャンネル

次にご紹介する学園アニメ作品はAチャンネルです。

Aチャンネルは黒田bbが作者を務めている4コマ漫画作品であり、そこから人気が出て、2012年からテレビアニメ化が決まり、2011年4月から6月まで放送されていたアニメ作品です。

Aチャンネルはるん、トオル、ユー子、ナギの女子高生4人組の日常生活を描いたような作品であり、その中でも天然ボケである、るんが放つボケなどに対して他の人間が突っ込んだりするような作品内容となっています。

主人公がるんであり、葵ヶ丘高校の2年4組所属でトオルは一年生、ユー子はるんと同じ2年4組であり、ナギも同じ2年4組となっています。

こちらの作品は毎回違う劇中歌を流しており、途中からは歌詞の内容を表示させるなどして、たくさんの方の楽しみともなっていました。

Aチャンネルは元々4コマ漫画作品なので、リアルなタッチよりも可愛らしい表現の描写となっており、可愛らしい女子高生の姿が楽しめる作品です。

内容も先ほどご紹介したらきすたと似ており、女子高生の平凡な日常を描いているので、激しい内容ではなく、のほほんとした気分で終始楽しめるような作品となっています。

まだ一度も見たことがない方は、らきすたが好きな作品であれば必ず楽しめる内容になっていますよ。

日常

次にご紹介する学園アニメ作品は日常という作品です。

日常と言う作品はあらゐ(い)けいいちが作者を務めている元々はギャグ漫画作品となっています。

KADOKAWAの月刊少年エースにて2006年5月号から同じ年の10月号ので読み切りを連載した後に、同じ年の12月号から連載を開始した作品であり2011年の4月から9月までテレビアニメとして放送された作品となっています。

その人気ぶりから2015年3月に日本のポップカルチャーの代表を国民投票で決定する読売新聞社主催である、SUGOI JAPANというイベントがあったのですが、都内で行われた授賞式で発表された時には、漫画作品である日常がマンガ部門の第6位に選出されたという実績を持っています。

日常という作品のあらすじは時定高校を中心とした不条理な日常を題材にしたような作風の漫画作品であり、登場人物の多くが非常に個性的でありなおかつ、変わった言動を繰り返したりして奇想天外な出来事に翻弄されていくというものが基本的なストーリーとなっています。

ちなみに、時定高校というのは定時高校という意味ではなく、単純に高校名として描かれており、読み仮名がときさだめ高校となっています。

生徒の自主性を重んじているという校風であり、モデルは群馬県立伊勢崎商業高等学校です。

主人公は相生裕子という16歳の女子高校生であり、ゆっこという通称で親しまれており、お調子者でムードメーカーな彼女とその親友やクラスの仲間たちとの日常やプライベートなどを描いたような作品であり、絵のタッチ自体も柔らかい感じでアニメ好きの女性が好きそうな柔らかい内容も特徴的です。

具体的な内容にしても、教科書に書いた落書きを消すのを忘れた状態で友達に貸して、それを思い出して…などのいい意味でくだらない日常の内容などを描いているような作品です。

嫌な事があった時などには気楽にこの作品を見て、忘れられるようなアニメとなっていますので、思い悩んだ時などに気楽に笑いたい時にはこちらの作品がおすすめですよ。

魔法科高校の劣等生

次にご紹介する学園アニメ作品は魔法科高校の劣等生です。

魔法科高校の劣等生は佐藤勤による日本のライトノベル作品です。

公式略称である魔法科で親しまれている作品であり、もともとは電撃文庫から原作小説が出版されており、そこから2014年4月から9月までテレビアニメが放映されており漫画作品に関しても20巻を発売した時点で発行部数が720万もを突破するなどの、かなり実績のある作品です。

2017年6月17日に劇場版魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女が公開されており映画館を記念して2017年1月からテレビアニメの再放送が行われています。

こちらの作品は体系化された魔法を扱う職業である、魔法師を養成する架空の教育機関である魔法科高校を舞台としている学園バトルアクションです。

バトルアクションなのでこれまでご紹介してきたアニメと比べるとある程度激しい描写などが存在しています。

元々タイトルに魔法と言う名前がついてはいますがジャンルとして区分するとSFエンターテイメントの一形態であると捉えることができます。

作者曰く敵と戦っている時に潜在能力が覚醒したなどのご都合展開をタブーとして作られており、最初に設定をしたことから逸脱しないように心掛けて作品を描いているとボケており幸運に頼らずに自分たちの力でトラブルを踏み越えていく現実的な物語を綴っていきたいと語られている作品です。

なので様々なバトルアクション漫画が存在する中でその点においてはなかなか類を見ないような作品となっています。

元々西暦1995年から歴史が分岐した架空の近未来を舞台にしている作品であり超能力者や忍術使いなどが存在しており、歴史の分岐後に科学的な超能力開発によって普及、体系化されたものが今回の作品における魔法と称されています。

魔法科高校の劣等生のあらすじにおいては超能力と呼ばれていた先天的に備わる能力が魔法と言う名前で体系化されて強力な魔法技能士が国の力であるとみなされるようになった世界で、20年続いていた第三次世界対戦が集結して35年が経った今が物語の中心であり、国立魔法大学付属第一高校にエリートとして将来を約束された一科生の妹とその補欠である二科生の兄が入学した時から卒業するまでの物語を描いている作品となっています。

先ほどご紹介したように忍術使いや日本独自の文化である剣道などの要素を取り入れながら、魔法を舞台にした未来志向なファッションに身を包んでいるような、様々な文化が取り入れられたような不思議なタッチになっており、リアルなタッチで描かれているキャラクターなども見どころの一つです。

どちらかと言えば戦闘アニメが好きな男性が好めるアニメ作品となっており、イケメンも登場するので、女性にも楽しく見れるような作品となっています。

監獄学園

次にご紹介するおすすめの学園アニメ作品は監獄学園です。

監獄学園は平本アキラによる漫画作品であり週刊ヤングマガジンにて2011年10月から連載されている作品です。

登場人物は主人公であるキヨシと言う男子生徒とガクト、シンゴ、ジョー、アンドレという男子生徒が中心となっており、それ以外には様々な女子生徒が登場するような作品となっています。

監獄学園は作品要素としてはシチュエーションコメディが特徴的であり、あらすじとしては東京都郊外にある共学化したばかりの元女子高である私立八光学園に入学したものの、女子風呂を覗いた罪で裏生徒会によって懲罰棟と呼ばれる通称、プリズンに投獄をされてしまった男子生徒5人の学園生活を描いているハイスクールコメディ作品です。

このプリズンから脱獄をするために試行錯誤している主人公たちの姿であったり、年頃の男子生徒の一番気になっているような性的な描写が策略などがたくさん取り込まれている作品であり男性の視聴者からするととてもワクワクするような内容がたくさん取り入れられている作品です。

その人気ぶりから深夜ドラマとして実写化されて放送されているなどの人気作品であり、たくさんの方から反響を生み出した実績を持っています。

もちろん男性の視聴者以外にも女性の視聴者が楽しめるようなギャグ的な要素もたくさん存在しており、そのくだらない内容が逆に笑いを引き立たせて楽しませてくれるような作品となっています。

うたのプリンスさまっ

次にご紹介するおすすめの学園アニメ作品はうたのプリンスさまっです。

うたのプリンスさまっは元々は株式会社ブロッコリーからPSP用に発売された女性向け恋愛アドベンチャーゲームであり、そこから反響を呼んで2011年からアニメ化が行われて現在第4期まで放送されている作品となっています。

元々の内容としては作曲家志望である主人公の七海春歌はアーティストを育成する芸能専門学校である早乙女学園に競争率がなんと200倍の超難関を突破して入学したことから始まっており、そこから学園の習慣に従いアイドル志望の男性一人とパートナーを組んで卒業式に行われるシャイニング事務所新人発掘オーディションの合格に向けてパートナーと一緒に優勝するために1年間の学園生活を送ることになるというようなあらすじとなっています。

元々が女性向けの恋愛アドベンチャーゲームなので当然ながら出演する男性キャラクターはすべてイケメン揃いであり女性がときめくような外見をしているキャラクターばかりです。

アニメ作品で楽しめることのひとつといえば、キャラクターの外見はさながらですが、そのキャラクターを演じる声優さんも女性からすれば楽しみの一つであり、世の中にはたくさんの声優がいますがその中でもアイドル化されたような人気声優がたくさん存在しています。

例えば声優の宮野真守さんや諏訪部順一さん、鈴村健一さんをはじめとする人気声優が出演しており、実際に歌などのパフォーマンスなども作品中で行っており、声優さんによっては単独でライブを行ったりするなど、その勢いはまさにアイドル並みに活躍している人ばかりです。

そんな人と疑似恋愛が出来るという事もあり、声優が好きな女性の方にはたまらないないようとなっています。

学園ドラマといえば一つの楽しみが恋愛であると考えている方にとっては多いに楽しめる作品となっていますので、学園ドラマの中に恋愛要素を取り入れた作品が大好きな方は必ず楽しめる作品なので一度ご覧になってみてください。

桜蘭高校ホスト部

次にご紹介する学園アニメ作品は桜蘭高校ホスト部です。

桜蘭高校ホスト部は葉鳥ビスコによる漫画であり、漫画作品だけではなくアニメやゲームやドラマなどでも幅広く展開している作品です。

元々は白泉社の発行するLALAにて2002年9月より2010年11月号まで連載された作品でありこちらの作品のあらすじは、上流階級の家からの子息や令嬢ばかりが通うようなお金持ち高校である私立桜蘭学院高等部の特待生である1年の藤岡ハルヒが主人公となっており、勉強ができる静かな場所を求めて南校舎の第3音楽室にたどり着くもそこには暇を持て余す美少年が、暇を持て余す女子生徒をもてなす潤すホスト部という集団が営業しているところに遭遇します。

それをきっかけにして校内のオークションに出展する予定だった高級な800万円する花瓶を割ってしまったことをきっかけにして、ホスト部に入部しホスト部の犬として雑用係に徹していくも眼鏡を外した素顔が美形だったことから接客係として格上げされて、そこから100人の指名客を集めるノルマを課されて営業を行っていくも、大きな問題が発生します。

それがハルヒが女であったというとんでもない事実が発覚するのがストーリーのあらすじとなっています。

そこからの展開や、どういう風に紅一点の存在であるハルヒが生活をしていくのか…というのが気になる展開になってきますが、逆に女性と気づかれた後、周りのホスト達の態度が急変して、可愛いがってくれるような、そんな歯がゆい恋愛模様なども楽しめるような作品となっています。

声優も豪華な声優がたくさん出演しており、イケメン声優ばかりですので、声も楽しみたいと思っている女性の方には見ていて癒されるような作品内容となっていますよ。

黒子のバスケ

次にご紹介する学園アニメ作品は黒子のバスケです。

黒子のバスケは藤巻忠俊による漫画作品であり、ジャンルとしてはバスケットボールを主体にしたスポーツ漫画作品となっています。

週刊少年ジャンプにて掲載されておりジャンプ十二傑新人漫画賞を受賞したり単行本30巻現在で3000万部を突破しているなどの実績を誇っている代人気の漫画作品です。

その人気ぶりからなのか、2012年10月頃より作者や作品の関係先各所が脅迫されるような事件が起こったりしており、イベントの中止や商品の撤去などが求められるような事件に巻き込まれるほどの人気ぶりとなっています。

黒子のバスケの簡単なあらすじとしては部員数が100人を超えるような全中3連覇を誇る超強豪校が舞台になっており、その輝かしい歴史の中でも特に最強と呼ばれて無敗を誇った10年に1人の天才がなんと5人同時に誰世代がキセキの世代と呼ばれており、その奇跡の世代には奇妙な噂が存在しているという事が発端であり、誰も知らないし、試合記録にも残らないにも関わらず、天才5人が一目置いていたもう一人の幻の6人目という選手がいたという噂が存在していることから始まります。

ジャンプで連載されているということや、スポーツ漫画という事もあるからなのか、やはり熱血でバスケットに熱くなれるような漫画作品の内容となっています。

アニメのキャラクターなどもイケメンばかりであり、魅力的なキャラクターが多数いる中でバスケットボールの描写などもとてもリアルでバスケがしたくなるようなそんな熱い漫画作品となっています。

スポーツやバスケットが好きな方や、熱い漫画作品が好きな方には楽しんでいただける作品ですので、まだ見たことがない方には一度ご覧になってみてください。

べるぜバブ

次にご紹介する学園アニメ作品はべるぜバブです。

べるぜバブは田村隆平による漫画作品であり週刊少年ジャンプに連載していた漫画作品です。

舞台となる場所は天下の不良高校と言われている石矢魔高校の中でも凶悪な強さからアバレオーガと恐れられている主人公の男鹿辰巳が主人公であり、ある日喧嘩の最中に川でおっさんが流れてきておっさんを割ると中から赤ん坊が出てきて、その赤ん坊が実はただの子供ではなくて人類を滅ぼすために魔界から送り込まれた大魔王の息子だったという非現実的なストーリー内容となっており、そこからその赤ん坊に気に入られてしまった主人公は不本位ながらも魔王の親となって子育てをすることがあらすじとなっています。

内容にしてみると意味が分からないあらすじになっているかもしれませんが、漫画の面白さはピカイチであり、内容自体も戦いのシーンがありつつも、ギャグ要素なども含んでいる漫画作品なので気を張らずに笑いながら見れるような作品内容となっていますので、ストレスが溜まった時にすっきりした気分になりたい時にお勧めできる作品内容です。

一応学園モノの作品になっているので、学園モノならではの楽しみも描写の中には含まれているので、青春の楽しさも忘れる事なく味わうことが出来る作品ですよ。

瀬戸の花嫁

次にご紹介する学園アニメ作品は瀬戸の花嫁です。

瀬戸の花嫁は木村太彦の漫画作品であり、漫画作品だけでなくドラマCDやテレビアニメなど様々なジャンルに展開している作品です。

こちらの作品は香川県西讃地方を舞台としており、実際に存在している三豊市がモチーフとされています。

原作では観音寺駅という駅が存在していますが、これは実際に存在する観恩寺駅という駅をモチーフにしているとの事なので、香川県出身の方には楽しんで頂きたい作品です。

元々のあらすじとしては瀬戸内の祖母の実家に遊びに行った主人公が海水浴中に溺れたところを人魚の少女に助けられるのですが、人魚には掟が存在しており、身内以外の人間に人魚の姿を見られた場合はどちらかが死ぬか人魚の正体を知った人間が人魚の身内となるという掟が存在しています。

その掟によって主人公と人魚が結婚することになってしまうのですが、その結婚に父親が反対して人魚を抹殺しようと様々な攻撃をしてくる命がけの日々を送るというようなあらすじとなっており、そこからさらに展開していく人間と人魚の物語が中心になっている作品です。

学園モノの作品なので、最終的には人魚が学校にやってきたり、仲間の人魚も学校に来るなどの非現実的な作品内容となっていますが、キャラクターのタッチも柔らかく、内容自体もちょっとギャグ要素を取り入れながら、キュンとするような作品内容になっているので、男性から女性まで幅広く楽しめるような作品となっています。

とある魔術の禁書目録

次にご紹介する学園アニメ作品はとある魔術の禁書目録です。

とある魔術の禁書目録は鎌池和馬によるライトノベル作品であり、アニメ作品家ドラマCD,ゲームなどでも展開している作品です。

2008年10月から2009年3月まで第1期が放送され2010年10月から2011年4月まで第2期が放送されており、科学と魔術が交差する時、物語は始まるというキャッチコピーで知られている作品です。

あらすじとしては超能力が科学によって解明された世界が舞台となっており能力開発を時間割に組み込んでいる巨大な学園都市での生活が描かれている作品となっています。

学園アニメならではののほほんとしたような描写などもありつつも、能力を使ったダイナミックな戦闘シーンなども兼ね備えられている漫画作品となっているので、男性にも女性にも楽しんでいただけるような作品となっていますよ。

ハイキュー!!

次にご紹介する学園アニメ作品はハイキュー!!です。

ハイキュー!!は高校バレーボールを題材にした日本の漫画作品であり少年ジャンプに掲載されている漫画作品です。

この漫画作品のタイトルはバレーボールを意味している熟語である排球という言葉から来ており、物語の舞台は宮城県となっており宮城県に存在する地名や建物なども登場しているので宮城県出身の方には是非ともご覧になっていただきたいアニメ作品です。

あらすじとしては宮城県立鳥野高校排球部のエースだった小さな巨人に憧れてバレーボールを始めた小柄な少年が主人公です。

類稀なる運動神経とバネを持って部活に勤しんでいるも中学時代はバレー部には自分以外の部員がいなかったことで活躍できず、最終的にメンバーを集めて出場した公式戦で相手校にボロ負けしてしまいました。

そこからボロ負けしてしまった相手にリベンジをしたく高校でまたバレーボール部に入部するも、そこにはボロ負けに負けた相手校のライバルの存在し、そこから反発しあう二人の姿や、最終的に力を合わせて全国大会を目指していくというようなあらすじとなっています。

体が小さい主人公がハンディキャップを背負いながらバレーボールに真剣に向き合っていく姿が勇気と感動を与えてくれるような作品となっており、学園物語なので、学園モノならではの楽しさも持たせつつ、真剣なスポーツマンがとしても定評なこちらの作品です。

バレーが好きな方やスポーツが好きな方には楽しんでいただける作品なので、是非ご覧になってみてください。

ハチミツとクローバー

次にご紹介する学園アニメ作品はハチミツとクローバーです。

ハチミツとクローバーは羽海野チカによる漫画作品でありそれをもとにテレビアニメを実写映画やテレビドラマなどで放送されています。

学園物語ストして美術大学を舞台にしていわゆる青春群像劇をハイテンションなエピソードや静かな感動シーンを通じて描いていくような作品となっています。

恋愛に不器用な大学生達の報われない恋愛模様や自分の才能や行き方などについて迷っていく若者たちの姿を描いてる作品でもありますので、丁度自分がこれからのことを悩んでいる方だったり、恋愛模様が好みな女性の方にはぴったりの作品です。

絵のタッチなども優しく、キャラクターも同じように描かれているので、特に女性の方に疲れた時やリラックスしたい時に見ていただけると楽しんでいただける作品ですよ。

学園アニメは面白い!

学園アニメについてまとめてご紹介をしましたが学園アニメと一言に言っても沢山のアニメが存在するのでどのアニメを楽しんで良いのか迷ってしまうと思いますが、アニメについてはあれこれ考えてみるよりも実際に自分自身が見てみるのが一番わかりやすいと思います。

人によってアニメの内容が好き嫌いがあったり、絵のタッチが重要だと感じている人など、その人によって重要な点は様々存在します。

色々みる中で、感覚的に自分が楽しめると思った作品を中心に見ていけばそこから派生してだんだんと自分の好みが分かってくると思いますので、ついついどの作品を見ればいいか迷ってしまう方は、まずは実際に見てみる事から初めてみてください。

学園アニメはアニメの中でもはずれがあまりありませんし、学生時代を経験してきた方全員が平等に楽しむことが出来る作品なので、アニメ作品の中でも迷ったら学園アニメに帰ってみてください。