朗らかな人が仲間にいると、会話をしていても何かに取り組んでいても、笑いが途絶えなくて楽しいものです。

ご近所に朗らかな奥さんがいますが、誰かと立ち話をしていても独特の声を上げて笑うので、そこにいることはすぐに分かるのです。

しかも、まだ話を続けているというぐらい、長時間話し込んでいるのです。

木枯らしが吹く寒い冬だろうと、カンカン照りの真夏の日中だろうと、そのパワーは衰えを知りません。

近くをすれ違った時に会釈をすると、身振り手振りで話をしながらこちらを見て、瞬間的に挨拶を交わしているのです。

どんな話を長時間しているのかなと聞き耳を立てると、子供の塾のことで話し込んでいるようでした。

どこの塾が人気だとか教え方が良いとか、誰の子供も来ているだとか時間がどうだとか、話の種は尽きないようです。

その間に、朗らかに笑いながら子供や家族の話を織り交ぜて、笑いも取っているようです。

相手の奥さんも、その話につられて朗らかな声で話し掛けているようで、失礼だけれどもちょうど漫才のボケとツッコミのようにテンポよく朗らかに話し込んでいるのです。

氷のように冷たそうな怖い顔の人や、相手の話の内容を事細かく確認しながら話す慎重なタイプの人などと話す時には、こちらも真剣に言葉を選んで会話をしてしまいます。

会話の途中にジョークを挟もうかな?と一瞬思うのですが、とても実行できません。

ひと通り目的の話が終わると、つい大きく肩で息をしてしまうほど緊張するのです。

何もこちらが悪いことをしている訳でもないのですが、小学校の頃に先生から職員室に呼び出されたときのような気持ちです。

そう思うと、朗らかな人との会話や行動は、なんとなく気分が軽く感じて、こちらも楽しく感じるのです。

朗らかな性格は、誰からも好かれるのです。

️友達にしたい朗らかな人

学生時代の部活で厳しいトレーニングが続くと、みんな体力的に限界に近づきます。

汗だくで木陰に座り込んでいると、朗らかな仲間が大げさに「死にそうだ」とか「誰か助けてくれ~」などと大げさにアピールするのです。

その声を聞くと、「みんな同じように疲れているんだ、もう少し頑張ってみよう!」と変に気力も出てくるのです。

真面目なキャプテンが、「さあもう一本走るぞ!」と声をかけるよりも、朗らかな選手の叫び声の方が気力がわくものです。

こんな朗らかな人がいなければ、殺伐とした苦しいだけのトレーニングになっていたでしょう。

脱落する選手も多かったでしょう。

普段の生活でも、何かで悩んだり困っている時には、こんな朗らかな友人がいると、勇気を奮い立たせることができるのです。

では、朗らかな人は、周りの人にどんな影響を与えるのかを考えてみましょう。

️朗らかな人の27個の特徴


朗らかな人は、単にみんなに受けようと笑顔を作っているだけではありません。

実は、朗らかな人は自分を立場をしっかりと認識していて、どんなときにもブレない性格なのです。

優しいとか物腰が低いとかの特徴がありますが、これはほんの一部分だけで、もっと大切なことが隠れているのです。

ここではそれらをひとつひとつ考えてみたいと思います。

ポジティブ

朗らかな人に共通なのは、どんなことが起こっても物怖じしないという気持ちの強さです。

朗らかにニコニコしているので、気が弱いのではと思われがちですが、そんなことはありません。

自分の考えをしっかりと持っているのです。

だから、何か悪いことが起こってしまっても、そのことによる影響を素早く判断して、善後策をすぐに思いつくのです。

そのうえで、起こったことをポジティブに考えて、さっそく対策を提案するのです。

決してネガティブな考えは持たないのです。

ポジティブに考えて気持ちを新たにして、自分を奮い立たせるのです。

そんな朗らかな人がいると、その考え方や行動に影響されて、周りもポジティブに考えていくようになるのです。

周りの人にも、良い影響を与えます。

不安がない


朗らかな人は、ポジティブに考える癖がついているので、前向きな性格なのです。

その上に、心はいつも穏やかな状態なのです。

この穏やかな心を持っていると言うことは、少しぐらい悲しい事や辛いことがあっても、それに負けない平常心を保てるのです。

もし、大好きな彼女にデートを申し込んで断られても、心を乱すことなく冷静に受け止めます。

そして、自分の何が足らなかったのだろうと原因を考えて、次回は同じ失敗を繰り返さないように慎重に自分磨きをするのです。

断られたことも苦にせずポジティブに考え、彼女にはいつも通り朗らかに接しながら、次回のデートに誘う方法を考えているのです。

絶対に不可能だというネガティブな気持ちもなく、これからの行動に自信を持っているので不安はないのです。

心配事がない

朗らかな人は心配事が無いようです。

あるいは、あっても表に出さない性格なのです。

結構芯が強い性格と言えます。

本当は辛くて仕方がなかっても、決して顔には出さずに笑顔を通すのです。

大きな失敗をしてしまっても、「しまった!どうしよう!」と落ち込むことよりも、どのようにカバーしようかと考えながら笑顔を絶やさず接するのです。

こんな経験を積んでいるので、心配事が全くないことはないのですが、心配事がないように振る舞える心の強い性格なのです。

明るい

朗らかな人は、本当に明るい性格です。

朗らかな人を思い浮かべると、決まって明るく笑う顔の印象が強いものです。

しかし相手が誰でもいつでも同じ笑顔ではなく、その場の雰囲気や状況によって明るさに変化がある様に思われます。

まるで相手の状況に合わせるような仕草なのです。

相手が何か嬉しいことがあった時には大きなジェスチャーをしながら特別に明るい笑顔を見せるのです。

しかし、相手が失恋とかで悲しい顔をしている時には、「辛いけれども頑張れ!」と励ましを込めて親のような安心感のある笑顔で話すのです。

すると、心が落ち着いてきて、話を聞いてもらえてよかったと感じるのです。

朗らかな人は明るくて、このように安心感を与えることもできるのです。

いつも笑顔

朗らかな人は、ただいつもニコニコしているだけの単純な人間ではありません。

交際に関しても仕事に関しても、普段からよく観察をしているのです。

あの人はどんな性格だとか、いつもどのように行動しているかを把握しているのです。

怒るとどうなるのか、泣き出すとどう変わるのか、きっちりと性格を掴んでいるのです。

そのうえで、いつも笑顔を絶やさずに付き合えるのです。

今一緒に取り組んでいる仕事に関しても、どこに問題点があるのか、上手く進めていくためにはどこを改善すればよいのかを考えておいて、仲間と行動を共にします。

そして、上手く進んでいても、途中でつまずいても、余裕をもって支えられるように準備を整えておいて、いつも笑顔を絶やさずに接するのです。

笑顔の裏には、状況の変化もすべて掴んでいる性格なのです。

自信がないと、心の中からの笑顔は出てきません。

優しい

朗らかな人とは、実は何ごとも前向きに考えて行動する積極的な人です。

性格的にも明朗で、人生を楽しんで充実した生き方をしている人です。

少しぐらいの不運に見舞われてもクヨクヨしないで、目的に向かってまっしぐらなのです。

その途中で、いろんな人に出会っても自分のスタイルは変えることはありません。

朗らかな人が仲間の中にいると、精神的に仲間を引っ張って行ってくれるし、その場の空気を和ませてくれる性質があるのです。

朗らかな女性は、その場を華やかに染め上げて活発な雰囲気に変えていきます。

暗い雰囲気は明るくなってみんなの笑顔が溢れ、もともと明るい雰囲気であれば、さらに輝きを増してみんなを照らすのです。

そして、朗らかな人は、その優しさで仲間と接するために、仲間同士の口数も増えてきて新しいアイデアも生まれやすくなります。

優しさが仲間に良い影響を与えて、活発な集団に成長するのです。

朗らかな人の優しさで、落ち着きのある人間に成長するのです。

【優しい人の特徴については、こちらの記事もチェック!】

親しみやすい

朗らかな人は怖くないので、誰もが積極的に寄ってきて話をするようになってきます。

自分の知らないことも教えてもらえるし、悩みの相談にも乗ってもらえます。

朗らかな女性のところには、少し人生に疲れた男性や癒しを求める男性も寄ってくるのです。

朗らかな人は親しみやすい性格でもあるので、話をしたり相談事を話し掛けても少しもストレスを感じることはありません。

親しみやすい上にちゃんと気配りをしてくれるからです。

安心して付き合うこともできます。

もし朗らかな人と交際を始めるなら、親しみやすい性格なので、思ったことを素直に告白することもできるでしょう。

安心感がある

朗らかなという意味のひとつに、「あいまいさがなく、はっきりとしているさま」というのがあります。

心にこだわりがなく晴れ晴れとして明るいという意味だけではないのです。

朗らかな人は、その人の考え方や生き方などがはっきりとしているのです。

だから、その人に接する時には、安心感が湧くのです。

しかも親しみやすい性格なので、思い切って何でも打ち明けることもできるのです。

相談しやすい

朗らかな人でも、何かの理由で感情が不安定になる時があるのです。

昨夜、彼女とささいなことだけど喧嘩して別れたとか、家族が病気で自宅で静養しているなど、人に言えない悩みごともあるのです。

しかし、普段の生活にもどると、いつも通り朗らかに対応するのです。

その原動力は何なのでしょうか?
朗らかな人と言うのは、自分はどんな時でも人に優しく接するんだという信念を持っているからです。

信念を持っているのは、過去に何かしらの辛い出来事があって、その時に自分を支えてくれた人のお蔭で今の自分があると思っているからです。

人に親切に対応してあげると、その人を少しでも救うことができると感じたからです。

このように、朗らかな人というのは、生まれながらにそんな性格であったとは思えません。

いろんな経験を積んできて、成長して今に至っているのでしょう。

そんな朗らかな人は、親しみが合ってしかも人生経験も豊富なので、何ごとも相談しやすいのです。

癒される

ボロボロになるくらい失恋して、もう限界まで来てしまったと感じた時、ストレスはMaxまで溜まっています。

もうどこか一ヵ所が裂けると、一挙に破裂してしまいそうです。

疲れ果てて茫然としている時に、朗らかな人に出会います。

朗らかな人は、その人を一目見ると、精神的にいっぱいいっぱいであることが分かるのです。

自分も経験して乗り越えてきたことがあるだけに、明るくポジティブに考えるように諭すのです。

朗らかな人は、相手の気持ちを理解して優しく語りかけてくれます。

いつしか朗らかな人の言うことに耳を傾けて冷静さを取り戻すのです。

現代社会は、24時間動きっぱなしの社会です。

いろいろな考えを持った人達やいろいろな職業に就いている人がいます。

都会で孤独に生活している若者も多いのです。

相談相手もいない時には、益々ストレスも溜まっていきます。

中には肉体的よりも精神的に疲れて、うつ病になる人も多いようです。

そんな時に、近くに朗らかな人がいると、何でも相談しやすくて心が癒されるのです。

癒されると、また元気をもらって頑張ることができるのです。

穏やか

朗らかな人は、自分の感情を抑えることができます。

どんな時でも、自分の気持ちをコントロールできるからです。

それは、周りから見ていると、穏やかな人柄に見えてくるのです。

話をしていても表情も穏やかなので、安心感も漂い心が落ち着いてくるのです。

朗らかな人と接すると、こちらも穏やかになってしまうのです。

クヨクヨしない

朗らかな人は、細かいことに左右されず、マイペースで過ごせるのです。

みんなで食材を持ち寄ってパーティーをする計画で、誰かが材料を買い忘れたと慌てても、朗らかな人は代わりの材料でやりくりしようと前向きに提案してみんなを納得させます。

それよりも、今の材料だけで作った方が、新しい料理にチャレンジできるとか、ポジティブな考えでクヨクヨしないのです。

いつまでもクヨクヨしていると、精神的にも悪い影響を与えるので、その場ですぐに忘れて、次のことに全力を尽くすのです。

気遣いできる

朗らかな人は、単にいつも笑顔でヘラヘラと笑っているのではありません。

その時の状況に合わせて、今何が必要なのか、これから何が起こりそうなのかをすでにチェックしているのです。

自分なりに、いろんな展開を想定しているのです。

だから、この人がやろうとしていることに対して、これを用意しておくとスムーズに事が運ぶと分かっているのです。

だから、それに合わせて行動しているので気遣いができるのです。

その場その場で適当に考えている訳ではなさそうです。

気遣いできる朗らかな人は、じつは段取りが得意なのです。

朗らかな相手とデートに行くと、きっとその朗らかな人は当日の工程表を作っているはずです。

合流場所は何時ごろにどこで出会い、その後どこを廻ってどこで食事をするか、事細かく調べているはずです。

だから、食事は和食がいいと言われても、その近辺のレストラン情報を持っているので、その中から最善のお店に案内するはずです。

お店の中の席の場所も、夏場は冷房で冷えすぎない場所、冬場は暖房が適当なところに指定するはずです。

デートの途中で、定期的にトイレ休みを作ったり、帰りの混雑を考えたりと、朗らかな人は気遣いも得意なのです。

充実している

朗らかな人は、日頃から自分磨きにも努力しているのです。

交際の期間中のデートの場所や、仕事のスキルアップの講習やら、さらには学生時代からの運動の継続など、人知れず努力しているのです。

心身共に充実した毎日を過ごしているのです。

それは、朗らかな表情からは知ることはできませんが、何かのきっかけで日常生活の話になると、「そんなこともやっているの?」とか「そんなに上手だとは思わなかった!」と驚いた声を上げることがあるのです。

それだけ充実しているのです。

感情をコントロールできる

朗らかな人も、人間ですから失敗もしますし失恋もするのです。

もう2年間も交際しており、お互いの性格も考え片も理解しているつもりでした。

彼女の誕生日に合わせてプロポーズする計画でプレゼントを用意していましたが、当日は彼女の母親が緊急入院したとのことで、デートが延期になりました。

しかも、重い病気で数ヶ月の入院治療が必要ということで、当面デートもできなくなりました。

こんな状況はさすがに想定していませんでした。

この恋が終わったという訳ではありませんが、その時は男性としてもガッカリしたようです。

しかし、朗らかな性格の男性は、すぐに気を取り直してポジティブに考えてみることにしたのです。

心が乱れている彼女を精神的に支えて、できる限りの応援をしていくことを告げたのです。

彼女の家族も喜んで、男性を家族の一員として迎えてくれたのです。

母親の退院後は、これまで以上に信頼関係が強くなって、幸せな結婚生活を送っているようです。

このように、朗らかな人は多少の問題が起きても冷静に感情をコントロールできる性格なのです。

感情表現が上手

朗らかな人が誰かと話をしている時に、相手とその時の雰囲気で表情も変えているようです。

相手に良いことがあって喜んでいる時には、その話を引き合いに出して大きなジェスチャーを交えて喜びを表現しています。

逆に相手が辛い目に合っている時には、悲しそうな表情を浮かべて前向きに考えるように言葉を選んで話しています。

朗らかな人は、悪いことを考え続けないように、明るく前向きな話題をするのです。

その場の雰囲気を感じ取って、感情をコントロールできるのです。

それだけ、感情表現が豊かだとも言えます。

人に好かれやすい

朗らかな人は、優しい雰囲気を持っているので、誰にも好かれる性格です。

上手くその場の雰囲気を読み取ることができるので、すぐに和やかな会話ができるのです。

人が嫌がることを言ったり、大げさなパフォーマンスをしないので安心できるのです。

人に嫌われることをする人というのは、何かに失敗すると他人のせいにするという自己評価の高い、いわゆるプライドが高い人が多いようです。

この自己正当化が激しくなると、モラハラ加害者になってしまいます。

モラハラ加害者と言われる人は、育った家庭環境にあるのかも知れませんが、非常に迷惑な行為です。

朗らかな人には、健全な家庭環境で育ったのでしょうか、人が嫌がることをすることが無いようです。

朗らかな人は、自分のことをよく知っているようです。

だから、朗らかな人は人に好かれやすいのです。

一緒にいて落ち着く

おとなしい人が側にいるよりも、賑やかな人がいる方が楽しいものです。

おとなしくて真面目な人が多いと、話が盛り上がらなくなり雰囲気がおとなしくなってしまいます。

騒々しいのは嫌ですが、やはり話は盛り上がって楽しい雰囲気が素敵です。

そんな時に側にいてほしい人は、朗らかで明るい人ですね。

いろんな話題を提供してくれたり、仲間の話題をユーモアにあふれる言葉で紹介したリと、人気があるのです。

パーティーの席でも、朗らかな人はその場を明るく盛り上げることができるからです。

このように、朗らかな人は楽しくて、一緒にいて落ち着くのです。

ちょっとした規則や慣例でも、よく知っていることが多くて、困った時には助かるのです。

一緒にいると落ち着くのです。

受け流せる

何か余計なトラブルを抱え込んでしまっても、特に必要がないことは受け流せるのです。

全てのことに係わることはできないように、重要度の低いものはスルーして除けるのです。

この感覚は自然に身につけたことですが、朗らかな性格の中にも素早く選択できる能力を持っているのです。

どんなエサにもすぐに食いつくようなことはしません。

エサも選んで自分には必要ないと感じると、受け流してしまう性格なのです。

なぜ、食いついてこないの?と疑問に思うくらい冷静なのです。

いらないものは、軽く受け流すことができるのです。

心にゆとりがある

心にゆとりがない人は、動作や顔にも落ち着きのない症状が表れます。

話をしていても、何かソワソワとしたり、周りを気にして相手の目をジッと見ることもできないようです。

何かを相談しようとしても、ゆとりのない人には声をかけにくいものです。

それをあえて分かったうえで相談しても、心のこもった返事は返って来ないのです。

もちろん笑顔を見せることもなく、逆に何で自分に聞くんだ?というような不満も見せるのです。

心にゆとりがないと笑顔で話もできませんが、自己中心に考えてしまい客観的な判断もできないのです。

自分のことでは無いのに、イライラとしてストレスを抱え込んでしまうのです。

朗らかな人は、自分の感情をコントロールすることができるので、いろんな事情に対しても心は準備できているのです。

何事にも前向きで損得をあまり考えないのです。

相手から見ると、信頼できそうでしかもスマートなのです。

朗らかな人とは、どんなことにも動じない心にゆとりのある人なのです。

干渉しない

朗らかな人は余裕があるので、笑顔を絶やさずにどっしりと待っています。

優しいのでいろんな人から相談を受けたり声がかかったりします。

その都度相談に答えているのですが、余計なことには介入しないのです。

話を聞きながら、相手が簡単にできそうなことにはあえて干渉しないのです。

自分で気が付いて自分で対応できるように、暖かく見守る余裕も持っているのです。

趣味がある

自分を磨くために、いろいろと取り組んでいるのです。

普段はあまりそのことを告白しないのですが、実はキッチリと努力しているのです。

特異な趣味や一般的な趣味までいろいろとありますが、自分の将来に役立つ実用的な趣味もあります。

グローバル化に対応するために語学を学んだり、男子でも料理を学んだり、ワインが好きな人はワインのソムリエを目指したリと、陰で努力しているのです。

その前向きな努力をしているために、何があっても動じないような心の余裕が生まれるのでしょう。

夢がある

朗らかな人は、良い運勢を掴むことができます。

朗らかな人は、新しいことにチャレンジする気力があって、前向きに進めることができるのです。

何かの事業を起ち上げてから、いつも明るく前向きに突き進んでいくと、良い運勢が開けて来るようです。

人生で成功した人は、みんな朗らかで前向きな性格の人が多いようです。

困ったことに出会っても、結果をポジティブに考えて次の手を素早く打つことができるのです。

コツコツと事業を進めていくと、晴れて立派な企業に成長して、お金もきっちりと稼いでいけるのです。

TVでどこかの社長のインタビュー映像を見ていても、どの社長も朗らかで思慮深い性格が見てとれます。

朗らかな人は、将来の大きな夢を持っているのです。

その夢に向かいながら多くの人と交流していくのです。

このように朗らかな人は、しっかりとした信念も持ち合わせているのです。

声が大きい

朗らかな人に共通なのは、優しい笑顔と声が通ることです。

自分の意見を言う時には、誤解されないようにはっきりと大きな声で話します。

よく通る太い声です。

自分が言ったことには責任を感じるタイプなので、普段から「Yes」と「No」はきっちりと使い分けています。

曖昧な返答は絶対にしないし、もし意味が分からない時などはその旨を告げて、確認しながら進めるのです。

そのためにも自然に声が大きく自信に溢れているのです。

怒らない

朗らかな人は、決して怒らない人だとか、怒ることを知らない人だと思っていませんか?おとなしい人ほど、本気で怒るとものすごく怖いそうです。

怒りっぽい人でもできないような破壊を繰り返したり、人を殺したり出来るのだそうです。

おとなしい人は、力も弱くて喧嘩ももちろん素人同然ですぐに負けてしまうからです。

だから、対等に戦おうとしないで、何かの道具、例えば包丁とかナイフを使って、不意に相手を差すことになるのです。

手加減が分からないので、最後まで行ってしまうのです。

そこで、言っておきますが朗らかな人もきっちりと怒ることがあるのです。

では、その時にどうなるのかと言うと、朗らかな人は怒りの感情が湧いてくると、それを上手にコントロールすることができる能力を持っているのです。

その前にも、怒りの気持ちを未然に断ち切る方法も持っているのです。

このような能力を身に付けている人が朗らかな人なのです。

だから、朗らかな人は怒らないと勘違いしているのです。

本当は、怒るのですが表に出さないのです。

よく食べる

朗らかな人は、前向きに活動する行動派なのです。

朗らかに話したり助言したりと、思っている以上にエネルギーを消費しています。

社交的で交際範囲も広いので、行きたいところにすぐに飛んでいくのです。

精神的にも肉体的にも充実しているので、よく食べるのです。

朗らかな人は、心身ともに健康なのです。

よく眠る

睡眠は健康な体と精神を維持するために大切なことです。

三度の食事をきちんと食べて、食べ過ぎたり過度に減らすこともないようです。

朗らかな人は、感情をコントロールするのが上手いと言いましたが、生活リズムもコントロールする能力もあるのです。

不規則な生活で睡眠不足になったり、ダイエットに取り組み過ぎて激痩せしたリ、逆に過食症になって肥えすぎたりすることもないようです。

よく眠ることは、筋肉の補強や交感神経のバランスを整えたり免疫力を改善したりと、重要なファクターなのです。

よく眠って疲れやストレスを取り除き、明るく前向きな生き方は朗らかな人そのものなのです。

️朗らかな人に憧れる…!

テレビのニュースを見ていると、中学生や高校生が学校生活の中でひどいイジメを何回も受けて、相談相手がいなくなって自殺したとかの暗いニュースが気になります。

学生だけではなく社会人になってからも、上司からのセクハラを受けて精神的に病んでしまったとか、職場の仲間から無視されてしまうモラハラなど、次から次に人間関係の厳しさが見えてきます。

これらの原因は様々ですが、人との付き合い方が難しくなってきたのです。

こんな時にこそ、朗らかな人が仲間にいると、その場の雰囲気を明るくしてくれたり、コミュニケーションがうまく行ったりするので、貴重な存在なのです。

朗らかな人とは、ただ笑顔が多くて明るいだけの性格ではないと言ってきました。

物事をポジティブに考えて、困難に直面しても集団を良い方向に誘導して成功に導いてくれます。

若い二人が知り合ってお付き合いを始めても、朗らかな性格の相手であったら、何ごとにも気遣いをしてくれて安心感があるので素敵なカップルになることもできます。

結婚しても穏やかな性格なので、疲れた時も癒されること間違いありません。

では、朗らかな人になるにはどうすればよいでしょう。

まずは、いろんなことに自信を持たなくてはなりません。

日頃から、自分磨きに努力するのです。

何か一つでも良いので、他人よりも秀でた能力を持つのです。

仕事のこと、恋愛のこと、スポーツのこと、健康や美容のことなど、ひと通りのことを勉強するのです。

勉強して身についた知識が整うと、自信が湧いてきて落ち着いて物事を見ることができるようになるのです。

すると、落ち着きと冷静さが身に付くと、朗らかに過ごせるようになるのです。

このように、朗らかな人になるには、自分磨きと自信と落ち着きが必要です。

すると安心感が表れるので、あなたを頼ってくる人が出てきます。

その時に、明るく穏やかに笑顔で対応すれば、朗らかな人になれます。

そんな朗らかな人に憧れるのです。