子どもだって大人だって、友達が欲しくなる

「友だちがほしい・・・」

そんな風に思ったことはありますか?

もしかしたら、今まさにそう思っているかもしれません。

子どものころ、”友だち”というのは学校に行けば、そして近所にはいつもいるものだと思っていたかもしれません。

一緒に遊んだり、学校に通ったり、一緒に勉強したり・・・

子どものころは友だちと一緒になんでもしていて、友だちからいろいろ教わったり、

毎日独りぼっちではなく、楽しい日々を過ごすためのエネルギーをもらっていたかもしれませんね。

でも、大人になってみてどうでしょうか?

友だちって自然といる、という感じでもなくなったかもしれません。

人間関係は子どもの頃よりも複雑になりました。

そして、気づくと毎日を一人で過ごしていて、自分には友だちと呼べる人がいなくなっていたかもしれません。

それに、社会人になると仕事の都合で友だちが誰もいない土地に引っ越さなければいけなくなることもあります。

それに、結婚したりすることによっても環境が変わり、今住んでいる街にだれも友だちがいない、という人もいます。

でも、大人になったからと言って友だちが必要なくなるわけではありません。

では、みんなどうゆうときに特に友だちがほしいと思うようになるのでしょうか?

そして、どうしたら友だちを作ることができるのでしょうか?

友だちを作るために何かあたらしいことを始めるなら何がおすすめでしょう?

今回は、今から友達を作るためにみんなができることをご紹介してみたいと思います♪

「友達欲しい」と思ってしまうそんな状況とは?

大人になった今、「友だちがほしい」と思っている人は意外とたくさんいます。

社会人になると忙しい毎日を送っていて、気づいたら友だちがいない、という人は多いのですが、

どういうときに友だちが恋しくなったりするのでしょうか?

忙しい現代人が友だちの必要を感じる時って!?

家に一人でいるとき

まず、一人で家にいるとき…テレビを見ていて笑っていた後ふと気が付くと

独りぼっちであることが悲しくなったりするときってありませんか?

ふと家の中がしーん・・・としているときに、一緒に笑える友だちがいたらいいのに、と思うことがあります。

いつもは一人の時間が好きな人も、あまりにも一人の時間が長いと孤独を感じて、一人っきりの家にいることが辛く思うかも。

だから、明るくて人のいる街に出てみたりなんかして、人恋しさを紛らわす人もいます。

家という空間は自分のホッとできる場所のはずなのに、

友だちがいない寂しさを感じだすと急にいてもたってもいられないほど、孤独を感じさせる空間になったりしますね。

誰かに何かを話したいとき、聞いてもらいたいときには特に寂しく思うかもしれません。

そして、仕事がやっと休みになって「やったー!」と喜んでいたのもつかの間、

なんの予定もなく、遊びに誘える友だちのいない、というときにはさすがに寂しく思うかも。

家にいても特にやることもなく、だからと言って誰かと遊ぶこともなく・・・。

ただただ家にいるだけの自分にがっかりするかもしれません。

仕事に忙しくしている時には、あまり気にならなかった友だちが少ない現状を、暇になって家にいるときに痛感することってありますよね。

特に、自分の誕生日とか何か特別な日に一人っきりで家にいることになると、孤独感が倍増するかも・・・。

会社と家の往復でつらいとき

仕事に行って、上司にこき使われ、心も体もすっかり疲れてやっとの思いで家に帰り、ぐったりして寝てまた仕事。

毎日がこのくり返しで終わると、何だか自分の人生って寂しいな、と感じることありませんか?

真面目に仕事も頑張っていて、生きるために精一杯努力していますが、

毎日はそれだけで終わってしまっていると、充実感がないかもしれません。

何のためにこんなに頑張っているのか、とかなり悲観的に考えてしまうかも。

仕事が充実しているとしても、今日は仕事以外で誰とも会話していないなと思ったり、

独り身だと家への帰り道にこの先の不安などが襲う時もあります。

もし、ここで仕事の愚痴でも言い合えて、お酒でも飲みながら毎日の労をねぎらい合ったり、

たまには一緒に気分転換に出かけたりできる友だちがいたら、頑張れるかも。

もし、家庭を持っている人であれば、その家庭の中でなんでも話せて心を許せるような親友と思えるような配偶者がいればいいけど、

奥さんやご主人には言えないことだってありますよね。

そんな家庭でもない、会社でもない避難所オアシスのような”友だち”の存在があれば、ストレスがあっても耐えられるかもしれません。

でも、一人っきりで毎日のストレスに立ち向かうのって正直しんどくなります。

家と会社の往復だけの人生ではなくて、もっと生活を楽しめる仲間がいたらいいですよね!

一人で趣味に没頭しているとき

趣味って、毎日を充実させてくれます。

それに孤独を紛らわすために何かに夢中になるっていいことですよね。

でも、趣味に没頭して気づけば連休一度も家から出ていない、ということがあるかもしれません。

趣味に没頭している時間はかなり充実していて最高にたのしいかもしれませんが、

ひとたび気づくとその楽しさや、感動を共有できる人がいない!ということに気づき、寂しく思う時ってあります。

趣味だって本気でやれば、すごいことをやり遂げられたり、人に自慢できるようなレベルにまで達しますよね。

そのやり遂げた感動とか、完成したもの、などを誰かに見てもらえたらなおうれしいかもしれませんね。

趣味の話って、話が分かる人にするとすっごく盛り上がって楽しいです。

人は自分が大好きだったり夢中になっている何かを共感できたり、共有できるのはうれしいことなんですね。

それができる友だちがいないと、趣味に没頭している自分が孤独に思えてくる人もいます。

仲良く遊んでいる人を見た時

自分には友だちがいない、と悩んでいるときには友だち同士で楽しそうにワイワイしている人たちを見ると、

寂しさが加速する時ってありますよね。

「仲良い友だちがいていいな・・・。なんで自分にはそういう人がいないんだろう」と感じるかも。

友だちが少ない自分に自信を無くしたり、誰かと笑いあえる人がうらやましくなったりするものです。

さらに、毎日をそつなくこなしていても、自分ひとりの生活だと毎日に変化がなく、刺激もないので、友だちがほしいと感じる人もいるでしょう。

友だちがいることで、毎日がもっと楽しくなったり、充実したり、自分の世界が広がりますよね。

子ども時代を思い出した時

社会人になってだいぶ過ぎた人でも、子どものころに友だちと何の心配もなく遊んでいたあの頃を思い出して、

ふと今の現状に孤独を感じることがあります。

子どものころは、気を遣うこともなくみんなで好きなことを思いっきり楽しんでいたかもしれません。

その頃は、そんなに努力しなくても友だちがいて一緒に遊べる子がいました。

でも今は、そんな気軽に声をかけて遊べるような人はいないかもしれません。

子供がいていつも強い親である自分を見せようと努力している人たちの中にも、

ふとお母さんやお父さんに甘えられた子どものころを思い出して寂しくなり、

愚痴などを聞いてくれて安心させてくれる存在がほしい、と思うこともあります。

子どものころ、素の自分でいられて、受け入れてくれる気の置けない友だちがいたことを懐かしく恋しく思うことってありますよね。

大人になった今もそんな自分の居場所ってあったらいいですね。

「友達が欲しい」と思ってしまう方の特徴は?

大人になって友達がいないことでふと寂しく思ったり、孤独を感じたりして「友達がほしい」と感じる人はたくさんいるんですね。

でも、大人になってもたくさんの友人に囲まれている人たちもいるのが事実。

では、「友達がほしい」と悩む人って、どのような性格の人に多いのでしょうか?

どんな人が大人になって友だちづくりを難しく感じるのか、調べてみました。

頼られはすれど親しまれはしない

仕事はそつなくこなし、むしろやり手で同僚から頼られるような人でも、

プライベートとなると誰も声をかけてくれない、と悩んでいる人たちもいます。

困ったときには声がかかるけど、それ以外のことでは全くと言っていいほど声がかからない人は、

”親しみ”といった面が欠けているのかもしれません。

だれかに頼られるということは、信頼されている、ということです。

でも、、それが仕事としてのお付き合いの中のみだったりするのなら、人としてそれ以上の関係を感じさせないのかもしれません。

自分では、プライベートでも仲良くなりたいと思っていても、

人から見るとあなたには何か壁があって、気軽に仕事以外のことで話かけたり誘えたりする雰囲気ではないのかも。

”できる人”として、親しみというよりもちょっと距離のある存在なのかもしれません。

周りから、ちょっと距離を置かれているように感じるなら、

あなたのほうから他の人に仕事以外のことを話したり、食事や飲み会に誘ったりしないと、その距離は縮まらないことが多いです。

なんでも一人で解決しようとする

「友達が少ない」と悩む人の多くは、何かトラブルや悩み事があっても、人に頼ろうとしません。

つまり、なんでも一人で解決しようとします。

一人で問題に取り組んだり、解決できるというのはとても立派なことです。

でも、そういう人は、誰かから助けの手を差し伸べられてもそれをすぐに断ったり、

自分の問題だからと相手を切り離したりする傾向があるかもしれません。

あなたが何か悩んでいたり大変そうな姿を見て声をかけてくれる人というのは、

あなたのことを機にかけている人で友だちにするべき人かもしれません。

でも、誰かに頼ることが苦手な人はそのような人の親切を受け入れることができないので、その申し出を断ります。

そうすると、声をかけた人はあなたにある意味拒絶されたような感覚を覚え、

「あの人はこっちが関わると嫌そうだからもういいや」と、あなたから遠ざかってしまうかもしれません。

さらに、一人でなんでも解決する人は誰かに意見を求めたり相談したりすることはないでしょう。

でも、この自分のプライベートのことで誰かに相談したりすることって、その人を信頼していることを表すいい機会になったりします。

相談された側は、「自分に話してくれた!」ということで信頼されていることを感じ取り、

むしろ嬉しかったりもっとあなたのことを気にかけたりするもので、その人との距離は縮まります。

自分の弱さを表に見せない

一人でなんでも解決する、という人に多いのですが、

他人に自分の弱さを見せられない、という人の多くも本音を言えるような友だちがいなかったりします。

自分の弱さを人に見せるのが苦手な人は、どこかいつも他人の間に壁を作っていたり、本来の自分を出さずに気を張っていることでしょう。

そのような壁とか、人に心を開かないような感じは、目には見えなくても相手も感じ取ります。

逆に、自分の弱さを人に見せられる人は、オープンな性格なので人から親しまれます。

弱さを見せる=相手を信頼している、自分のなかで受け入れている、ということを感じさせるので、

相手はあなたのことも信頼でき、近い距離間を持てるんです。

でもこれは、自分の弱さを人に負ってもらうということでは決してありません。

ただ、いつも気を張って人に弱さを見せないようにしている人は、

ふと、心を許せるような友だちや本当の自分を受け入れてくれる友だちがいない、と感じることが多いんです。

人間関係は信頼の上に成り立つものなので、お互いが自分を弱いところも含めてさらけ出すことで安心するところってあります。

まずは、あなたが人に対して心を開くことが必要なのかもしれませんね。

自分一人でなんでもできると思っている

「自分はなんでも一人でできる」と思っている人は、自分の生活の中や考えの中に他人が入り込むことを嫌がるかもしれません。

つまり、自分に友だちなどの他の人の存在が必要だ、ということをあまり認めることができないかもしれません。

そうすると、自分から誰かを求めて声をかけたり、助けが必要な時には声をかけ、

相手が助けが必要ならすぐに応じるといった関係を築くのが難しいかも。

そして、他人から何かアドバイスをもらったり意見されるのが嫌いな傾向にあるかもしれません。

そのような人は、せっかくアドバイスをしてくれた人やサポートの手を差し伸べてくれた人に対して、

失礼な態度をとってしまうこともあります。

逆に、人とのかかわりの中で、自分とは違った考えや性格、特技のある人からいろいろ学びたいと思っていたり、

他の人のサポートが必要と思っている人は、他人へのリスペクトを忘れないし、

いろいろな人と積極的にかかわっていこうとするので友だちがたくさんいることが多いですね。

ここぞという時に挫折してしまう

一人でなんでもできる、という人も挫折を経験することがあります。

それも、ここぞというときにミスをしてしまったり、思ってもみなかった逆境に陥ることがあります。

周りのサポートはそれほどいらないと思っていた人も、

その時にはやはり支えてくれる友だちの大切さを感じることがあり、友だちがほしいと痛感するかもしれません。

人は弱くなったときにこそ、他人の存在のありがたさを感じますよね。

いつもはひとりで頑張っている人も、友人がいれば、挫折したときの心の支えを得ることができます。

友達が欲しいなら、まず性格を変えること

友だちが少ない、いない、という人も、自分をちょっと変えてみると人間関係の幅を広げたり、

今出会っている人たちともっと距離を縮めることができるかもしれません。

友だちは、「ほしい」と思っているだけでは作ることができません。

友だちがほしいなら、自分がその人の友だちになってあげたり、積極的に自分を変える行動をする必要があるんですね。

では、どんな風に自分をちょっと変えてみることができるでしょうか??

自分一人でなんでもできると思い込まない

自分は一人で何でもできる、と思い込んでいるといざというときに助けてくれる人がいないことに気づくかもしれません。

自分のことを一人でできる、というのは大人の証拠です。

他人に頼ることなくちゃんと自立しているからこそ、他人の手を借りずにいられます。

でも、だからと言って自分ひとりで生きているわけでも、仕事をしているわけでもないでしょう。

みんな周りの人たちと協力しながら、助け合いながら毎日を生きています。

友だちが多い人たちは、他人への感謝をたくさん持っています。

そして、それを言葉で伝えるのが得意です。

だから、もし今まで一人でなんでもできるから他人の手やサポートは必要ない、と思ってきた人は、

周りの人へのリスペクトや感謝の気持ちを持ってみるのはどうでしょうか?

そうすることで、他の人への人当たりがよくなったり、他の人からのサポートを快く受け入れて距離が近くなるかもしれません。

自分を受け入れてくれたり、認めてくれる人に対しては好感をもちますし、親近感を感じることができます。

だから、あなたが他人を受け入れることで、自然とあなたの周りにも人が集まってくることでしょう。

他人に助けを求める方法を覚える

友だちがたくさんいる人は、人に助けを求めるのが上手です。

何か人にいつも寄りかかって生きている人というのは嫌われてしまいますが、

お互いに助け合える関係を築いておくと人間関係は深まります。

だから、何か悩み事があったらそのことについて詳しそうな人にちょっと聞いてみたり、相談してみたりするのはどうでしょうか?

相談するくらいなら、相手に負担をかけることなく、むしろ相手のことを信頼していることや認めていることを示すことができます。

さらに、引っ越しのときとか何か困っているときなどに、思い切って誰かに助けを求めてみるのはどうでしょうか?

その場合、お礼を忘れないことがポイントです!

しっかりと感謝を言葉と行動、例えば食事をごちそうするとか、

その人が困っていることに積極的に気づくようにして助けになることを申し出るとか、ギブ&テイクの関係を作るようにするのです。

そうすることで、お互いに感謝の気持ちが生まれて、親しい絆を作ることができます。

他人に何かをお願いするとか、助けを求めるとかってあまり得意でない人も、

一度そのようにしてみることで、相手が喜んで応じてくれたりその代わりに

自分が何か相手のためにできることが見つかったりする、喜びを知ることができるかもしれませんよ♪

笑顔などを心がける

友だちを作るためには「近づきやすい人」になる必要があります。

つまりは人から見て「声をかけやすい人」になるということです。

そのために、まずできることは”笑顔”です。

笑顔ってかなり力があることを知っていますか?

目が合った時に一度ニコッとするだけで、相手のほうから近づいてきてくれることもあります。

逆に、笑顔がない人はどこか近づきにくいオーラを感じるものです。

本人はいたって普通に過ごしているだけでも、いつも真顔でいると不機嫌な人と受け取られてしまうこともあるくらいです。

だから、笑顔はちゃんと意識して出すもの。

毎日のあいさつをする時や、ひとことお礼を言うときなどに、

ニコッと笑顔を心掛けるだけで、相手への印象をだいぶ変えることができるかもしれません。

笑顔は相手の心を溶かすものです。

相手もそうですが、自分の緊張も解けたりします。

そうすることで、コミュニケーションの取りやすい人を目指してみましょう♪

他人への思いやりを心から知る

「友だちがほしい」なら、まずは自分が相手にとって”いい友人”になるように心がけましょう。

まずは、友だちになれそうな人のことを良く観察したり、考えたりして、自分から近づいてみましょう。

そして、大切なのは”思いやり”です。

それは、相手の立場に立ってみて、相手の気持ちを汲み取ったり、相手が求めていることや必要としていることを察知することです。

そうすることで、相手にとって本当に必要な時に必要な友人になれます。

本当の友人関係は、一方が中心になっているわけではなく、お互いがお互いを尊重して大事にしたり感謝の気持ちでいることが大切です。

お互いが相手を思いやれるようになると、長く続く関係を築くことができるでしょう。

「連絡、相談」の重要性を知る

定期的に連絡を取ったり、相談するといったコミュニケーションのマメさは大事です。

何か、一緒にかかわることがあった人に、その後も感謝のメールを送るとか、

何かしらの確認メールを送るとか、相談するとか・・・方法はたくさんありますが、とにかくマメに連絡することが仲良くなるコツです。

そうしないと、一回ちょっと仲良くなった相手もすぐに距離ができて、友だちにはならないかもしれません。

何か、関わることがあった人と”友だち”という関係に持っていくには、

「今度一緒にご飯に行きましょう」などの次の約束を取り付けるとか言ったちらからのアプローチが必要です。

そしてよく、近くに住んでいた時にはよく遊んだのに、遠くに住むようになってまったく連絡を取らなくなり、

そのうち連絡したいけどもう勇気が出ない、ということってありませんか?

それってとってももったいないことです。

確かに、忙しい毎日だと何もないのに友人に連絡することはないでしょう。

でも、本当に仲のいい仲間は機会があるごとに連絡を取って、できるときには会ってみたり、近況報告をします。

そうすることで、いつも一緒にいるわけではなくても友人としての絆を保つことができます。

だから、マメに連絡ができる人は友人たちがどんどん増えていきますよね。

こちらから連絡をする、というのは勇気がいるかもしれませんが、

そのように機会があるごとに連絡を取って関りを継続させることで、関係を深めることができるでしょう。

友達を作るために行くべき場所は?

友だちを作るためには、家にばかり閉じこもっていてはいけませんよね。

積極的に人とかかわっていく必要があります。

そのためには、人と会えるところに自分を置く必要があるでしょう。

では、どこに行けば友だちになれそうな人を見つけることができるのでしょうか??

合コン

まずは、合コン!

合コンは、同性・異性どちらの友人を作るのにも役立ちます。

合コンでは、みんなでお酒を飲んでいろいろと盛り上がることができます。

お酒が入れば、緊張も解けやすいし、ここは出会いを求めて参加している人が多数なので、連絡先だって聞きやすいでしょう。

特に、友だちが多い人というのは合コンの幹事をよくやっていますよね。

幹事をすることで、みんなの連絡先をGETして人脈をどんどんと広げることができるんです。

合コンで恋人を作るのもいいですが、異性以外にも一緒に行った同性の人と知り合うことによって、一緒に次の合コンを計画してみたりもできるかも。

つるむ人を作る、仲間を作るのには合コンはいいですよ。

だから、もし次に合コンのお誘いの声がかかったらぜひ参加してみてください。

そして、できるなら自分も一度幹事をしてみるならそこからどんどんと人脈が広がるかもしれませんよ。

街コン

出会いの数で言うなら、合コンより勝っているのが街コンです!

街コンは個人で企画する合コンと違って企業や街が主催するので、参加するのも簡単。

そして、その規模は数十人~数百人、大規模なものになるとなんと数千人という参加者がいるんです。

街コンは、恋活・婚活している人だけでなく、友だちを作るために参加している人もたくさんいます。

普段の生活では知り合うことのないような職種の人たちとも出会えるチャンスで、

参加者のが圧倒的に多いので、気の合う人を見つけられる可能性は高いかもしれません。

気軽に参加できて、みんなで盛り上がろう♪という感じなので、いろいろな人に積極的に話しかけると良いでしょう。

異性だけでなく、同性の友達ができた、という人は多いので一度参加してみるのはいかがでしょうか?

スポーツジム

スポーツジムに行くと、ほとんどの人が一人で来ていますよね。

そして、同じジムに通い続けているといつも同じ曜日・時間に来ている顔見知りの人ができることでしょう。

そして、そういう人たちと自然とあいさつするようになったり、「このマシーンどうですか?」などとちょっと質問してみたりして、仲良くなることができます。

トレーニングという共通の話題があるので、会話も自然にできるからいいですよね。

そして、サウナなども仲良くなりやすいスポットです。

みんなリラックスしている時なので、マシーンなどの話などで盛り上がって、

そのうち「飲みに行きましょう!」と気軽に誘える仲になるかもしれません。

バー、居酒屋など

大人はちょっと行きつけのバーや居酒屋などを作ることもおすすめです。

行きつけの処を作ると、そこに居合わせる人たちと仲間意識が生まれたりします。

そして、そこに行けば会える人たちができて、心のオアシスになるかも。

お互いを干渉しすぎない、ちょうどよい距離感があるからこそ、なんでも話せて気が楽、という人たちもいます。

ちょっと寂しい時に、いける場所を作っておくといいですね。

そして、バーとか居酒屋などからイベントの紹介などもされることがあります。

地域で開催されるイベントに誘われたりして、もっといろいろな人との繋がりができることもありますよ。

習い事

新しい習い事を始めるのもいいでしょう。

料理教室やスポーツなどを習いに行くだけで、同じ趣味の仲間ができることがあります。

同じことを楽しんでいたり、挑戦したりする人たちとは会話に困らないし、すでに共通の事があるから親しくなりやすいです。

あなたも、新しい趣味を作ったり、習い事に挑戦してみるのはいかがでしょうか?

もしこのまま友達を作らなければ

友だちを作るのって、それなりの努力が必要です。

自分の性格を変えたり、人と知り合える場所に行ってみたり、積極的に行動する必要があります。

でも、もしそのことがめんどくさいからと言って、何もしないでいるならどうなってしまうでしょうか??

真の「孤独」になる

本当に独りぼっちになってしまい、何かを共有したり、一緒に楽しんだり、会話したりする相手がいなくなってしまうかもしれません。

真に孤独な人生って悲しいものです。

人との関わりでやっと満たされる心の隙間を感じているなら、今から友だちを見つける努力をしましょう。

頼れる人間が一人もいない

何かトラブルがあったり、問題に直面した時に、本当の友人たちがいるなら支えになってくれます。

順調な時には友人への感謝をあまり感じないかもしれませんが、

何か自分が大変な時にこそ頼れる人たちがいることのありがたみを感じるものです。

友だちは数がたくさんいればいい、ということではありませんが、

本当に心から信頼できて頼れる友がいるなら、人生の中で大変と思えるときも頑張っていくことができるでしょう。

人生窮地に立たされる可能性も

人生、この先何があるかはだれにもわかりません。

今は一人でなんでもやっていける、と思うかもしれませんが、

窮地に立たされた時に本当に一人ぼっちでやっていけるでしょうか?

何かあったときに、助けてくれる友人は貴重な存在です。

まずは、自分が相手にとって信頼できていてくれると助かる存在になることで、自分も何かあったときに助けてもらえるでしょう。

友達は人生の命綱、必ず作ろう

友だちは、人生の命綱です。

みんな、誰かに支えられて生きているとよく言います。

確かにたった一人でも生きていくことができますが、友人がいればもっと人生は楽しくて、耐えやすいものになります。

だから、「寂しい」とか孤独を感じるなら、そして「友だちがほしい!」と本気で思っているなら、

今友だちを作るために何かできることを始めてみましょう♪

一つでも自分を変えてみるなら、もっと毎日が楽しくなる、友人を見つけられるかもしれませんよ!

【友達の作り方のコツは、こちらの記事もチェック!】