あなたはお洒落が好きですか?

ある程度お洒落の意識が芽生えてくると、様々な事が気になってくるかと思います。

例えば、お洒落になりたいと思うと最初に気にするのは自分の容姿ですよね。

お洒落に見せるにはたくさんの項目があります。

例えば、洋服もそのひとつであり、普段自分が着る洋服をセレクトショップなどで購入してお洒落な服を楽しむのも一つの方法です。

アクセサリーなどの小物などを身に着けるのも一つだと思います。

それ以外にも、自分の外見の部分で髪型や髪色なども気遣ってお洒落なようにしたりする事もあるかと思います。

最近はやりの髪型であれば、メンズであればツーブロックなどは流行っています。

清潔感なども印象づけられるので、人気の髪型であるともいえます。

そして、気になるのが髪色ですよね。

毎回髪色を茶色に染めたりしている人も多いです。

ですが、社会人になると制約が掛かっている場合などもありますよね。

好きな髪色のできない場合も多いです。

学生であったり、比較的規則がゆるい会社やファッションには自由な会社であれば、髪色を染めたりもしている事が多いかと思います。

今回はそんな、メンズの髪色をテーマにして、おすすめのカラーについてご紹介していきたいと思います。

これから髪の毛を染めたいと思っている方や、ファッションに敏感な方には要チェックです!

これまでおしゃれに関してあまり関心を持ったことがない方にもおすすめの内容です。

これを機にお洒落になってみてくださいね。

️メンズの髪色、もう迷わない!

髪の毛を染めたいと思った時に、美容院へ行くとたくさんの色味を提供してもらえますよね。

ヘアカラーをする時、髪の毛に入れる色素の色を聞かれますよね。

明るさのレベルでカラーチャートと呼ばれるものを一緒に渡されることもあると思います。

自分の好みの色味と、カラーチャートのレベルに合わせて自分の希望の色に染めてもらうことができます。

しかし、髪の毛の色なんて、染めたとしても全部茶色に見えてしまうからそこまで違いがないと思われがちです。

実際は、細かい色味などを入れるとたくさんの色が存在しているんです。

そして、それぞれの色味によって与える印象は実は違ってきます。

一度髪の毛をブリーチして脱色して、そこから色素を入れた方が発色が良く明るい色味になります。

そうなると、一目で違いがわかります。

ですが、ブリーチをしていなければ、色味が細くは分かりづらい方もいるかもしれませんね。

しかしながら、先ほど伝えしたように印象はだいぶ変わるのです。

自分に合った髪色を選択することが大切です。

今回は、自由にヘアカラーを楽しめる大学生と、髪色の指定がある社会人の2タイプに分かれて、おすすめの髪色を紹介していきたいと思います。

️メンズの髪色おすすめカラー22選


ちなみに髪の毛の色味を決める前に知っていただきたい色の知識について簡単にご紹介しておきます。

あまり色について細かく勉強したことがない人からすると、大した影響力がないものだと思われがちです。

でも実は、色は相手に与える印象を大きく左右する力を持っています。

例えば、日本人であれば元々の地毛が黒色だと思います。

しかし、同じ黒色でも違う黒色が存在しています。

自分の地毛一つをとったとしても、髪の毛が真っ黒に近い黒色の場合もあれば、若干明るい茶色っぽい黒色の人もいます。

それに、もしもあなたの肌の色が白かったら、髪の毛はより黒く見えるでしょう。

あなたの肌の色が元々黒かった場合は、同じ黒でも肌が白い人との見え方は違ってきますよね。

肌の色とってもそうですが、瞳の色や唇の色など、人によって元々持っている色味というのは様々です。

たくさんの色があるからこそ、相手に与える印象は小さいものかもしれません。

でもそれがいくつも混ざりあったら、大きな印象になるのです。

そして、必ず自分に合った色味というものがあります。

その色味を取り入れることで、顔の印象を明るく見せたりできます。

人によっては目の下のクマやくすみ、小じわなどを目立たなくさせることができます。

その人にとってメリットがたくさんある色があるのです。

また色見によって、相手にソフトな印象を与えることもあります。

逆にハードな印象を与える色もあります。

自分がどういう印象になりたいかということを踏まえた上で、色味を選択することが大切です。

そしてそれを簡単に選択する方法があります。

色味は「黄色」「青色」に分けることができます。

黄色味が入っており、なおかつ明るいトーンであれば、明るくて華やかな印象を与えることが出来ます。

青色が入っており、暗い色のトーンであれば、落ち着いた雰囲気を演出することができます。

人の印象は7割は初対面で決まると言われています。

その7割の中で、髪色などが占める割合はかなり大きいのです。

例えばあなたが金髪の女性に会ったとすると、明るくて派手な印象を受けますよね。

その逆に、黒髪の女性を見ると、落ち着いたおしとやかの女性という印象を受けるはずです。

もちろん相手の服装によってその他の印象も考えられます。

ですが、髪色だけで言えば、このように大きく分けることができます。

金髪は当然黄色味が入っており、黒髪は青の濃い色素があります。

自然と先ほどお伝えした印象に繋がるというわけです。

それを踏まえた上で、自分の希望のカラーを自分のいる環境を考慮して決めてみてください。

自由にヘアカラーを楽しめる大学生編

まずご紹介するのは、自由にヘアカラーを楽しめる大学生編です!

高校を卒業して大学生になった今、髪の毛を染めても誰からも文句を言われません。

背伸びして、どうせ染めるなら派手な色に染めたいと思ったりもしますよね。

それに慣れると、奇抜な色にも飽きたし、ちょっと抑えめにしてみようかなと心境の変化もあるかもしれません。

いずれにしても自分が好きな髪色に染めても、アルバイトでうるさく言われない限りは、まったく問題がないですよね。

人生の中を通しても、将来的に就職する会社が髪色に厳しかった場合もあります。

もう今後の人生の中であまりにも奇抜な色や明るい色はできないかもしれません。

ある程度髪色に対して許容してくれるような会社があれば話は別ですが。

一般企業では許されたとしても、ちょっと明るいブラウン程度だと思います。

なので、可能であれば、一度くらいは自分が思っている以上に明るめの色味を体験しておくのも良い思い出になります。

その上で自分の理想の髪色を選んでみてください。

明るめのブラウン


まず大学生にオススメする髪色としては、「明るめのブラウン」です。

たくさんの色がある中で、ブラウンの色味は日本人なら誰でも似合う髪色です。

髪色によって、自分のファッションも合わせる必要があります。

あまりにも派手な髪色の場合は、後々困ってしまうかもしれません。

派手な髪色なのに、服装が地味であるとちょっとギャップを感じて、変な印象を周りに与えてしまいます。

明るめのブラウンであれば、たとえ色味が明るかったとしても、そこまでファッションに大きな影響を与えることはありません。

比較的にどんなファッションにも合う髪色となっています。

特に大学生デビューするならおすすめの色です。

今まで染めることができなかったから髪の毛を染めたいけど、あまりにも派手な色味にするのは心配という人が多いと思います。

明るめのブラウンなら、同じ茶色の中でも明るめの茶色にすることで、周りとも差を出せます。

初対面でも爽やかな印象に与えることもできますよ。

ゴールド

次に大学生にオススメする髪色として「ゴールド」が挙げられます。

先ほどお伝えしたように人に、よっては人生で明るい髪色にできるのは、大学生活が最後である場合が多いのです。

人生でやり残したことがないようにするには、一度明るい髪色に染めてみてはいかがでしょうか?

金髪に染めることで日本人にはない雰囲気を醸し出すことが出来ます。

かなり明るい色なので、誰かと一緒に過ごしていてもかなり目立ちます。

周りに存在感を与えることができる髪色です。

たった一度の大学生活なので、少しハメをはずして周りの人がしないような髪色にチャレンジするのも面白いと思います。

さらに、元々日本人は黒髪なのでその正反対の色であるとも考えることができます。

人間というものはないものねだりなので、自分にないものが欲しく感じてしまいます。

しかし、金髪にするのであれば何個か注意点あります。

そもそも金髪にするということは、髪を脱色することになります。

ブリーチを行う際は、必ず市販のものを使うのではなく、美容院に行って染めることをお勧めします。

理由は複数ありますが、まず市販の薬を使って金髪にしようと思った場合、必ず髪色が汚くなってしまいます。

これはセルフヘアカラーでも同じことが言えます。

特にブリーチはその違いが顕著に現れてしまうので、絶対に自分自身で行うのはやめましょう。

セルフヘアブリーチが失敗する理由としては、一般的なヘアカラーと違って、ブリーチは高い脱色力があります。

少し髪の毛に塗布し間違えただけで、すぐに反応が起こり髪の毛が脱色してしまいます。

例えば、思った以上に時間がかかってしまった場合、一番最初に塗った部分と一番最後に塗った部分の時間差がかなり出てしまうかもしれません。

そうなってしまうと、その差だけ脱色による色見が大きく変わってきます。

つまりムラが出来てしまうということになります。

最終的に髪の毛をブリーチし終わった後に、ドライヤーで乾かして鏡で見てみると、色が所々違ってしまうこともあります。

そして、脱色力が高い分、頭皮にも髪にも負担がかかるので、当然早く塗らないと髪の毛が傷んでしまうのです。

髪の毛が傷んでしまうと、栄養素であるキューティクルなども傷んでしまいます。

綺麗に染めたいのであれば、必ず美容院に行ってプロの美容師さんに染めてもらいましょう!

オリーブ

次に大学生にオススメする髪色は、「オリーブ色」です。

オリーブ色と聞くとなかなか想像が難しいかもしれませんね。

食品に例えると、オリーブオイルを想像してみてください。

オリーブオイルは若干緑がかっていますよね。

それと同じように、緑の色素を含ませた髪色ということになります。

当然ながら真緑の色ではなく、茶色をベースにした若干緑っぽい色が入っている髪色です。

オリーブ色は最近人気の髪色です。

緑色のマットの色素が入るので、明るめのマット色であれば、明るくて華やかな雰囲気を出すことが出来ます。

暗めのマットであれば、大人っぽいクールな印象を与えることができます。

比較的人気で、茶色ベースの色であれば、「アッシュ」という灰色がくすんだ色素を入れる人も多いです。

周りと差を出す時にもおすすめですよ。

レッド

次にご紹介する大学生におすすめの髪色は「レッド」です。

少し勇気がいる髪色かもしれませんね。

周りにあまりいないという事を考えると、かなり目立ちます。

自分の存在をアピールするためにはおすすめの色です。

綺麗な赤色を出すには髪の毛を一度綺麗に脱色する必要があります。

ブリーチも、一度だけではなく2.3回ほど行わなければいけない場合もあります。

時には4回も5回もやらなければ綺麗に脱色できないという髪質を持っている人もいます。

髪質が硬い人と柔らかい人がいますが、硬い人の方が髪の毛が頑丈で、中の色素なども抜けにくい傾向があります。

髪の毛が太い人も同様に色が抜けにくい傾向があります。

その反対に、髪の毛が柔らかい人や髪の毛が細い人は、色が抜けやすく、ブリーチの回数も少なくてすみます。

このブリーチ作業を怠ってしまうと、綺麗な髪色が入らなくなってしまいます。

最終的にムラになってしまって、希望の髪色とは別の色になってしまう可能性もあります。

必ず明るいレッドにするためには、ブリーチが必要ということを覚えておいてください。

ブルー

次にご紹介する大学生のおすすめの髪色は「ブルー」です。

先ほどのレッドと同じように若干勇気がいると思います。

レッドよりはブルーの方がまだ色味的にもチャレンジしやすいかもしれませんね。

ブルーは暗いブルーであれば、黒に近い色になるので日本人にも馴染みやすいです。

当然ながらあまりにも明るいブルーなると話は別です。

先ほどのレッドと同じように、しっかりとブリーチをしないと、綺麗に色味が入らないのである程度の覚悟が必要な色となります。

ちなみに、他の色と差を出したいけど、髪の毛を全て真っ青にするのはちょっと気が引けるという方もいるかもしれません。

そんな方におすすめな方法としては、髪の一部分だけブルーを取り入れるということです。

女であれば、グラデーションといって、毛先のみ真っ青にしてその間はだんだんの色が明るくなるように調整をする方法もあります。

男性であれば、そこまで髪の毛が長い方はいないかと思います。

ですので、上からかぶるトップの毛束だけを青色にするとか、メッシュのようにして所々に色を入れる方法があります。

他の人と違う工夫をすれば、比較的マイルドな印象での個性的な色を演出することができますよ。

グレージュ

次にご紹介する大学生のおすすめの髪色「グレージュ」です。

グレーと赤みのない黄色のベージュの中間の色で、くすんだ色味になります。

しっかりとした灰色を出すのであれば、やはりブリーチ作業が必要になります。

そこまで明るくなく、若干のグレージュを出したいということであれば、ブリーチをしなくても大丈夫です。

より明るい暗い色を楽しみたいのであれば、ブリーチをして色をかぶせる方がより綺麗に染まります。

グレージュの髪の色は明るい色でありつつも、黒に近い色味となっています。

洗練されたイメージを与えることができます。

周りと違った印象にもなるので、人気な髪色の1つです。

ブラウンアッシュ

次にご紹介する大学生におすすめの色は「ブラウンアッシュ」です。

ブラウンアッシュという色を聞くとなかなか想像が難しいかもしれません。

アッシュは灰色がくすんだ色味です。

ブラウンアッシュもかなり人気の高い髪色となっています。

ブラウンアッシュを選択する人は、明るい髪色にできないと言う理由からブラウンアッシュを選択される場合が多いです。

ブラウンアッシュも色の明るさの度合いによって、綺麗に灰色のような色味が見えたり、若干しか見えないという差も生まれます。

しかしながらそれを抜きにしても、ブラウンアッシュはかなりたくさんの方から人気があります。

メンズ以外にも女性からの支持もかなり高い髪色です。

マットアッシュ

次にご紹介する大学生におすすめの色は「マットアッシュ」です。

マットアッシュは灰色がくすんだアッシュと、緑色のマットが組み合わさった色になっています。

緑色っぽく見えつつも、灰色が入っているので落ち着いた印象を与えながら、周りとは違う色味を出すことができます。

明るさのトーンによっても変わってくるかもしれませんが、日の光が当たるきれいな色が見えます。

暗い色でも若干周りと違うという印象を与えることができます。

そこまで派手な髪色にはしたくないけど、周りと少し差を出したいという方にはオススメです。

クールな印象を与えることもできるので、落ち着いたクールな印象を与えたいメンズの方にはお勧めです。

ピンキーアッシュ

次にご紹介する大学生におすすめの色は「ピンキーアッシュ」です。

ピンキーアッシュはくすみがかった灰色とピンク色の色素が混じったような色味です。

ピンク色の暖かい色が入るので、明るい印象を与えつつも華やかな印象を与えることができます。

アッシュが強ければ少し落ち着いた印象を与えることができます。

ピンクが入っている分、若干赤みがかった色合いになります。

日の光が当たった時には赤が強調されて、友達の中でも一際目立ちます。

なかなかピンクや赤味を入れている男性は少ないので、他の人と少し違った印象を持たせたいときにおすすめです。

アッシュベージュ

次にご紹介する大学生にオススメの髪色は「アッシュベージュ」です。

その名前の通りですが、アッシュとベージュの組み合わせた色です。

くすみがかった灰色と、ベージュの柔らかい色合いが組み合わさっていて、綺麗に発色すればとても綺麗な髪色になります。

柔らかい印象を相手に与えることができます。

髪の毛をセットするときも、エアリーな感じにセットすればふわっとした印象になります。

柔らかく包み込んでくれるような演出をすることができます。

初めて髪を染めるという方にもおすすめな色です。

大学生の最近のトレンドはアッシュ!

大学生のおすすめの髪色ある程度をご紹介しました。

最近のトレンドとしてはアッシュが取り入れられていることが多いです。

最近のトレンドと言っても、数年前からアッシュは絶大な支持を得ています。

必ず髪の毛を染める際は、アッシュにしなければ嫌だと言うこだわりを持っている人も多い程です。

まだ染めたことがないのであれば、アッシュの色味を加えてみることをお勧めします。

どんな服装も邪魔しない色なので、ファッションを楽しみたい男性にもおすすめです!

清潔感あるヘアカラーの社会人編

ここからは社会人におすすめのヘアカラーをご紹介していきたいと思います。

社会人になると、大きく別れるのが髪の毛を染めてもいい会社と、そもそも染めてはいけない会社です。

髪の毛を染めてはいけない会社であるならば、自ずと選択の余地はないのでナチュラルなブラックで過ごすしかありませんね。

しかし、髪の毛を染めてもいい会社であれば、ある程度髪色で遊んでみるのも面白いといえます。

明るい髪色にできるのであれば万々歳ですが。

さすがに、一般企業で明るい髪色はNGというところも多いと思います。

染められたとしても若干の茶髪程度になるかとは思います。

なので比較的明るすぎない髪色で、人気の髪色を中心にご紹介していきたいと思います。

スーパーブラック

まず社会人にオススメのヘアカラーは「スーパーブラック」です。

スーパーブラックと聞いて、ただの黒髪じゃんと思う方もいるかもしれません。

しかし、ヘアカラーの黒髪に関しては、本来の黒とは違った色味を演出することができます。

おしゃれにとことんこだわりたい方は、わざと黒色に染めている人も多いんです。

仕事のできる男性は、黒髪で髪をしっかりとセットしている印象がありませんか?

黒髪はスーツにも合います。

黒く染めることで、周りの人と違ったより濃い黒色を出すこともできるのでオススメです。

ダークブラウン

次にご紹介する社会人にオススメの髪色は「ダークブラウン」です。

ダークブラウンは、室内であれば黒髪とそこまで変わりません。

日の光に当たったりすると若干茶色っぽく見えます。

ぱっと見は黒色ですが、よく見ると茶色だなとわかる程度です。

染めてもいい会社であれば、これぐらいの色味で染めることで、落ち着いた印象を与えながら少しの遊びを持たせることができます。

社会人の方でも若い方でも、ある程度年齢を重ねた方でもおすすめだですよ。

チョコブラウン

次にご紹介する社会人のおすすめの髪色は「チョコブラウン」です。

チョコブラウンは先ほどのダークブラウンよりも、若干明るい色です。

日の光が当たると茶色に見えますが、やはり暗い室内であればちょっと黒色とは違うのかなぐらいの印象にしか残らない色です。

ダークブラウンと同様に、あまり派手に染めたくないけど、周りと少しだけ差を出したいという方におすすめです。

明るめの色にすると、自分が持っているスーツと合わせる時にうまくバランスがとれなくなります。

そして、どうしても「明るい髪+スーツ」ではチャラく見えてしまいます。

チョコブラウンくらいであれば、どんなスーツも合わせることができます。

コーディネートにおいても優れている色味です。

会社によっても規定があるので注意!

社会人にオススメの髪色をご紹介しました。

必ず事前に注意していただきたいのは、会社によって染色の度合いが決められている場合です。

あまり厳しくない会社であれば、上司が見た目で判断する場合もあります。

ですが、細かく規定が決まってる会社の場合、色のトーンが決まっていることがあります。

営業職の方であれば、先方に与えるイメージも変わってしまいます。

仕事に影響が出る場合もあります。

事前にどれくらいのトーンまで染めていいのか確認するようにしてください。

️メンズの髪色もトレンドを意識!

いかがでしたでしょうか?

今回はメンズにオススメのヘアカラーということで、大学生と社会人に大きく分けてご紹介していきました。

大学生の方は人生に一度しかない、楽しく遊べる時期です。

後悔しないように、様々な面においても自分の満足いくまで遊びつくすようにしてください。

社会人の方であれば、モラルを守った上で、自分の個性を演出できるように、おしゃれを工夫してみてください。

髪色一つとっても、相手に与えられる印象は大きく変わります。

自分をよく理解し、客観的に見てどういう髪色が似合うのかも考慮しましょう。

もし迷ったら、美容師さんと相談して決めると的確なアドバイスがもらえると思いますよ。

【メンズの人気な髪型は、こちらの記事もチェック!】