ふとしたことで発する一言って実はとっても大事なのです。

あなたが発した一言で、励まされる、救われる、笑顔になる!そんな人が周りにはいらっしゃいますよ。

友人や家族などあなたにとって大切な人があなたの言葉に影響を受けます。

だからこそ、あなただけでなく誰もが発する一言は重要になってきます。

喜ばせることができるなら、逆に相手を不快にさせることもできるので、言葉の使用には気をつけなければいけません。

言葉は相手に見えない傷を負わせる可能性もあるので、かなり重要なことです。

普段何気なく発している言葉、たかが言葉ですが、一言でも影響を与えるものとなっています。

そこで今回は一言と重ね合わせて言葉が持つ重要性を説明したいと思います。

言葉の重要性を知ることで、私生活にもプラスに働くことがありますので、ぜひ、ここからあなたの私生活に活かして、周囲の方々(家族や友人など)と円満な関係で過ごせるようになっていただけたら幸いです。

もしかしたら普段あなたが発する言葉を変えるだけで人生が変わるかもしれません。

言葉にはそんな魅力と可能性が秘められていますよ。

ぜひ、あなたの一言を価値のある一言にしましょう。

みんなが笑顔になったらそれって最高ですよね。

「言葉」は大事

人間は言葉を発する動物であると同時に、言葉に支配されている動物でもあります。

それはあなたが発する言葉は実現するからです。

そんなことはないと思う方がほとんどだと思います。

それは、言葉を発しても、すぐに実現しないからそう思えるだけで、発した言葉は何年後、何十年後に実現するので、効果を感じられない人がほとんどです。

また、普段口にしてる言葉をあなたの潜在意識がその言葉を使うのが好きと感じてしまうのでそのような場面に出くわすようになっています。

故に、不平不満ばかり口にしていると、そのような場面を引き寄せてしまうのです。

次に言葉の持つ不思議な力などをご説明します。

その人の心が言葉として出る

これは言葉と想いというものを持つ人間が有する特有のもので、無意識で放った言葉でも、それはあなたがどこかで考えている言葉であるのです。

何気なく出たということは、その時考えてなくても、以前考えたことがあるなどの言葉であって、あなたの心なのです。

人間を支配している物は言葉と言えます。

それは、あなたの考えや心を現すことができるのが言葉だからです。

では、なぜ考えや心などが言葉になって出てしまうのかと言いますと、それは、いつまでも内に置いおくと腐ってしまうからです。

これは、消化と同じような考えです。

体にいらなくなったものは便として外に出しますよね。

これと同じで、考えや心なども必要なくなれば外に出さないと行けないのです。

無意識に言葉が出たということは、あなたが考えたことが必要なくなったので、嫌がおうにも外に出さないと反応し、ふと発してしまったと言うことです。

よく、この例で不平不満が多い理由としては、不平不満は毒の要素があって貯めておくと体に毒だからです。

防衛反応として、不平不満が出てしまうのです。

これを防ぐには不平不満を抱かないようにすることです。

考えや心が言葉として現れるとわかれば、不平不満をいだくこともなくなるでしょう。

言葉の持つ力は想像以上

これは、先にも述べましたが、発した言葉は実現すると言うことです。

すぐに実現することもあれば、発してから忘れた頃に実現するなど、人によって差異があり、実感することが難しいと言えます。

しかし、人間は言葉に支配される動物なので、あなたがよく発する言葉を、潜在意識などはそれが好きな言葉だと思い、それを使いたいんだなと思い、そのような場面を引き寄せるようにします。

故に、前の項でも説明しましたが、不平不満を口にしていてはいけません。

口にしていると、その言葉が使いたいのだと潜在意識が反応し、不平不満を使うような場面や環境を引き寄せてしまうのです。

良い例では、あのサッカー選手の本田圭佑さんは小学生の時に「イタリアのセリエAのチームで10番を背負ってプレーする」という夢をノートに書いたそうです。

それが現実になったのは言うまでもありません。

本田圭佑さんだからできたんだよと言う人もいますが、そんなことはありません。

本田圭佑さんもこれを書いたの小学生の時でこの時に本田圭佑さんを特別に見ている人なんていませんよね。

人間生まれてきた時はみんな一緒です。

特別な人なんていないのです。

このことを考えると、いかに言葉の力が凄いのかが分かるはずです。

また、違う例で言いますと、癌に侵された患者さんがひたすら「ありがとう」と言い続けた結果、癌細胞が消えたという実話もあります。

言葉はあなたを夢に導くものです。

不平不満を言うのではなく、価値のある言葉を発するようにしましょう。

これはどなたでも出来ることですので、実践してみましょう。

家庭で好感を持たれる一言5選

家族が笑顔でいられることって最高ですよね。

パートナーや子供が元気で明るく、笑顔でいることがあなたの幸せでもあると思います。

そこで、ここからは家族間などで使用すると好感をもたれる一言をご紹介します。

ぜひ、家庭円満な環境を築きましょう。

1.「いつもありがとう」

何気ない一言ですが、感謝の言葉は言った本人もの言われた人も嬉しい言葉であります。

ちょっとした行動で「ありがとう」って言われたら嬉しいですよね。

自分がしていただいて嬉しいことは迷うことなく相手に行いましょう。

また、今回は家族に対してなので、いつもをつけることでより深まります。

言われた人は自分の行動を見てくれているのだということなるので余計に頑張りたくなるそうです。

何気ない感謝の言葉がうれしかったりする

「ありがとう」って何気ない言葉ですが、実は効果が大きいのです。

この言葉は誰に言われても嬉しい言葉なのです。

普段自分が行う行動に対して言われていて、言われた分だけ価値があると言うことになるので、パートナーさんとか嬉しいですよ。

普段、仕事をしているのは自分だからという傲慢な態度より、安心して仕事が出来るのは、パートナーさんが家のことをしてくれていて、子どもが笑顔でいてくれるからの要因が大きいと思います。

余談ですが、言葉は自分に帰ってきます。

「ありがとう」ということで、あなたにもありがとうと言う言葉が返ってくる場面を引き寄せますよ。

「有難し(ありがたし)」から来ている言葉でもあり、有ることが難しい、つまりは貴重な、と言う意味もありがとうには含まれています。

故に「ありがとう」と言う言葉は貴重な言葉です。

そんな言葉をいつも使える環境であり、家庭円満にできる最適な方法です。

2.「お疲れ様」

お仕事や部活などで疲れている人たちにこの言葉をかけるだけで一気に疲れを吹き飛ばす効果があります。

目上の人に使用するのは失礼ではというお話もありますが、そんなことはありません。

この言葉どんな人にも効果はあり、言われて嬉しい言葉であります。

この「お疲れ」の言葉をご説明します。

労いの言葉は疲れをも吹き飛ばす

おおよそ使う場面は、お仕事が終わった後などにこの言葉で声をかけるケースが多いと思います。

声をかけられた方は、自分のしたことが役に立ったと言う充実感を感じることができるので、疲れを忘れて、また、明日から頑張ろうと思うことができます。

では、家族間で使用するとなるとどうなのかというと、いつもお仕事を頑張っている親が子供からお疲れ様と言われたらどうでしょう。

下から言われても…と思うよりかは、子供に言われたら嬉しいはずです。

また、パートナーさんからも言われても嬉しい言葉ですよね。

そのお礼に家事が終わった後のパートナーさんに「お疲れ様」と言えばお互いにハッピーになり、また明日も頑張ろうと思いますよね。

「お疲れ様」という言葉には、取組のねぎらいと感謝の気持ちが入っているので、相手に対してかける言葉としては最適な言葉と言えるでしょう。

どなたでも言える言葉ですので、ぜひ、実践してみましょう。

【労いの言葉については、こちらの記事もチェック!】

3.「嬉しい」

これは喜びや晴れ晴れした気持ちを表す言葉であり、素直に自分を表現している言葉と言えます。

この言葉は自分に対する言葉とも言えますが、実は相手に対する言葉でもあります。

相手から何かを言われたケースや何かを指摘されたケースに発する言葉であり、それによって自分は良い感情を生んだので「嬉しい」発したということになり、相手に対して感謝の気持ちを現している言葉でもあります。

上司の前でこの言葉を発すると気にいられたり、可愛がわられたりしますよ。

また、家族同士ですとお互いに笑顔になる効果があります。

素直な気持ちを伝えることで好感が持てる

この「嬉しい」と言う言葉は素直な気持ちを相手に伝えていて、同時に自分を喜ばせていただいてありがとうという感謝の意味も含まれています。

素直に自分を表現することは、相手から好感をもたれるケースが多く、気に行っていただくには有効な手段と言えます。

相手を喜ばせるのが成功への一番の近道とも言われているので、これは相手にも最高の喜びを生むことができます。

素直に喜んで「嬉しい」と発することは、実は相手を喜ばす手段でもあるのです。

家族間でこの言葉を繰り返すと、笑顔が絶えなくなり、ここにいたいという気持ちが生まれるのと、もっといいことをしたいと考えて家族のためにする行動は増えます。

このようになれば家庭も円満になりますよね。

何か幸せなことがありましたら素直に「嬉しい」と喜びましょう。

4.「楽しい」

これはその場の雰囲気や状況に喜びを感じて発する言葉であり、言われるとその場にいる人みんなに喜びを与える言葉でもあります。

相手に対して感謝の気持ちを伝える言葉でもありますし、また、相手に安心感を与える言葉でもあります。

一緒にいてハッピーな気持ちになれたら迷うことなく、この言葉を発することで、場の雰囲気が和むだけでなく、相手に喜びを与える言葉でもありますよ。

言われた方は一緒に居て良かったと思う

よく職場やチームの雰囲気で大切なことは何かと言われたら「楽しいこと」と言う人がいますが、まさにその通りで、「楽しい」とそこにいたいと思うし、そこに行きたいと思うようになって取組がはかどります。

環境が大事と言いますが、まさにこの「楽しい」という言葉が飛び交っているとその職場にはいたいと思える環境があると言えるでしょう。

相手と一緒に遊んだり、お茶したりした時に「楽しい」と言われたら、あなたも嬉しいですよね。

だからこそ、喜びを感じたら素直に「楽しい」と口にして発しましょう。

楽しくなければ行ったって意味がありません。

もし、家庭の現場で「楽しい」って言葉が飛び交っていましたら、最高なことではありませんか。

そこにいたい、行きたいという思いが強いので、子供もパートナーさんもそこにいることになりますので安心出来ますよね。

「楽しい」と言うようにすることと、「楽しい」と言える環境を作ることが出来れば家庭円満になりますよ。

5.「愛してる」

この言葉は主に好きな人に使うことが多いですが、何も異性の相手にだけ使う言葉ではありません。

愛してるというのは、好きに似ていますが、好んでいると言うわけではなく、愛情を持っていると言うことであり、相手の行動、信条、考えなどに対して使うこともあります。

「私はあなたの考えを愛している!だからこそ、このプロジェクトをしましょう」

こんな感じで使用されることもありますよ。

何も異性だけに使用する言葉ではありません。

むしろ、目標へ向かう時や立ち止まっている時などに使用するとお互いに奮起出来るかもしれませんね。

大事な時にこそ使うべき一言!

この言葉は使うのが恥ずかしいし、そんなに使う場面がないと思っている方が多いと思います。

だからこそ、大事な時にこそ使うべき一言でもあります。

特に職場では仕事などでもたついている時にこの言葉を使うと奮起する人が出てくる魔法の言葉とも言えるでしょう。

同時に家庭で使用することで、改めて家族の大切さに気付くことができる言葉でもあります。

パートナーさんに対してこの言葉を発することで再びお互いに向き合うことが出来るので、新たなスタートを切れるきっかけにもなります。

また、子供に使用することによって子供が夢に向かうことへ躊躇しなくなります。

なかなか自分の夢を親に話すことは勇気のいることですが、親が愛情を持っているということが分かれば、夢を話すことも躊躇しなくなりますよ。

相手をいい方向へ動かす言葉でもありますのでイザという時に使用してみましょう。

仕事で好感を持たれる一言5選

ここまでは家庭円満になるためにおススメな一言をご紹介しましたが、次は仕事で好感を持たれる一言をご紹介します。

仕事で旨く行くことが家庭円満にもつながり、あなたの可能性を引き出すことにもなりますので、ぜひ、参考にしていただければと思います。

6.「尊敬しています」

なかなか上司や先輩などの目上の方に使用するのが難しい言葉ではありますが、勇気を持って言ってみると、意外と目上の方から好感を頂ける言葉でもあります。

それは、自分を見てくれていると相手に伝えていることなので、相手も嬉しくなり、この人ならいろいろと任せたいなと思います。

また、気軽に話すことが出来る関係なので、円滑に仕事を進めることができるので、仕事もうまくいきますね。

何かうまく行ってないと思いましたら、相手を見てみましょう。

相手の良いところを見つけましたら、この言葉を発して状況を打破して目標へ向かうことができますよ。

目上の方に素直に伝えると好感を持ってもらえる

相手に対して、自分はあなたを見ていますとアピールできる言葉であり、相手にとっても自分の存在を確認できることであり、言われた人にとっては嬉しいことであり、行ってくれた人に対してお礼として仕事を与えたり、相談したりするなどします。

実は、お互いの距離を近づける手段でもあり、なかなか距離を近づけない人が職場にいましたらその人の良いところを見つけ、尊敬するようにしましょう。

よく、自分が持っていないものを相手が持っていると気に食わないように思う方もいますが、これは言語同断です。

あなたが持っていないことを持っている人がいるならそれは尊敬すべきです。

尊敬することで相手との距離も縮まるので、あなたに足りない部分を補えるチャンスでもあります。

実践して嫌なことはありませんので、ぜひ、実践致しましょう。

7.「やります」

宣言でもあり、自分の可能性を相手にアピールできる言葉でもあります。

言われてやるようでは、自分の意志で動いていないのでどこかに隙間が出来てしまいますが、このように自らの意志で、行うことは勇気の表れであり、決意でもあるので、やる気と本気を相手に伝えさせることが出来るので、相手から命令のような依頼がなくなるので気分良くお仕事に取り組むことができますよ。

ぜひ、自ら宣言して自分の手の内に入れましょう。

自分から熱意を伝えることで好感が持てる

自分から言うことなので、相手からも好感を得ることができます。

相手から命令されてやるようでは、相手もあいつは命令しないと動かないのだよねと、あまりいい印象を持つことができません。

いちいち命令しに行くのも大変な行動なので、上司としてはストレスがたまります。

自ら動くと言うことは、相手に依存していない証拠なので、自分で生きているという実感があり、責任を持てるので、相手に不快な思いを持たせることがありません。

仮に宣言してできなくても、相手はあなたのことを不快に思うことはありません。

逆にできない姿を見て、アドバイスをくれたりすることもありますよ。

これも相手との距離を縮める効果がある言葉なので、ぜひ、勇気を出してチャレンジしてみましょう。

あなたのその勇気をみんなが認めてくれますよ。

同時に好感を持たせることもできるので、ぜひ、実践しましょう。

8.「自分はこう思います」

これは自分の考えや意見を明確に伝えるために使用する言葉であります。

よく会議ではただうなずくだけで、会議に参加していないと思える人もういるなど、あからさまにわかるので、相手は嫌がりますが、逆に意見を言うようだと、考えているのだなという印象が生まれるので相手に好感を持たせることができます。

また、意見をしっかり言うことなので、相談などもしやすいなということになり、コミュニケーションがとりやすくなるなど、こちらも相手との距離を縮めることが出来る言葉でもあります。

自分の意見をしっかりと伝えること

自分の意見をしっかり伝えることは、一見すると出しゃばっているような印象がありますが、会社の一員で合って意見が言えない方が問題だと思います。

会社を良くするためには、みんなの意見が必要です。

上司だけの意見で旨く行っている会社なんて見たことがありません。

故に会議などでは、しっかり自分の意見を言うようにしましょう。

意見を言うことで会社の一員として認められることになりますよ。

よく、報告、連絡、相談が大事だと言って、部下に強要させる人がいますが、強要させることで意見を言えなくなる人もいます。

それは事柄だけを伝えて自分の考えは伝えなくてもよいということになるからです。

また、報告、連絡、相談はもともと下から情報を吸い上げるためにコミュニケーションを取りやすい職場環境を作ろうということを目的に始まった運動であり、部下に強要ささせることを目的にした取組ではありません。

自分の意見が言えることができる職場が報告、連絡、相談が出来る職場なのかもしれませんね。

ぜひ、あなたの意見を口して伝えるようにしましょう。

9.「ありがとうございます」

これは職場だけに限らず、日常生活でも役立つ重要な言葉でもあります。

感謝を相手に伝えることは相手に喜びを与えると同時に自分にも返ってくるので、相手も自分も幸せな気分になれる言葉です。

感謝をすることで、また一緒に仕事をしてみたいと相手に思わせる効果もありますよ。

「ありがとうございます」はまさに魔法の言葉です。

感謝の言葉は仕事上に置いても絶大な効果を発揮

「ありがとうございます」は相手に感謝する言葉であると同時に相手に喜びや嬉しさを与える言葉でもあるので、使用するには一番おススメ出来る言葉でもあります。

人間は言葉に支配される動物であり、「ありがとう」の言葉を多く使うことで、その言葉を使用する場面に引き寄せるようになっています。

「ありがとう」を多く使用する、つまり、仕事で成果を出すことにつながるので、いっぱい使用することをおススメします。

また、上司の方から言われたら嬉しい言葉でもありますので、あなたが言うことで、上司からも言われる可能性があるので、お互いにWINWINになれる言葉でもあります。

10.「素敵なスーツ(お洋服)ですね」

相手の容姿をほめている言葉になりますが、同時にあなたを見ていると言う言葉にも成るので、相手から好感を得やすい言葉でもあり、洋服に限らず、相手は自分の変化に気づいてほしいと思っています。

その想いに答えることが出来るのがこの言葉であり、相手に対しての想いや愛情がある言葉でもあるので、言われた側は嬉しくなり、あなたに好感を生むようになります。

洋服を例に取り上げていますが、それは見つけやすく、指摘しやすい事柄だからです。

毎日、同じ洋服を着てくる人はおそらく少ないですよね。

毎日変化のあるものなので、指摘するには一番手っとり早いです。

相手の容姿を褒めることで気分が良くなる

相手の承認欲求に答える言葉でもありますので、言われた相手は自分の欲求を満たしたことになり、嬉しくなります。

また、自分を見ていてくれるのだなとなり、いろいろと依頼や相談をしたくなります。

相手の容姿を認めること、ほめることは、相手の気分を良くする手段でもありますので、
ぜひ不機嫌な上司がいましたら、まずはそこから機嫌を取りに行くのは良いかと思います。

また、どうしても旨く行かない相手がいて、良いところも見つからないとなりましたら、余計にこの手段は使用できると思います。

相手を見ると言う姿勢も身に付き、相手との距離も縮まる最高級な手段なので、ぜひ、実践してみましょう。

好感を持ってもらうためのキーワードとは?

相手から好感を得たいと思う心は人間誰しもあり、そのためにどんな言葉を使用すればよいか考えてしまうことがあります。

しかし、このキーワードを言えば必ず好感を頂けるというキーワードは必ずしもあるとは言い難いです。

しかし、場面場面によって使用すると効果が発揮するキーワードはあり、主に「ありがとう」「楽しい」「幸せ」「愛している」「大好き」「ありがとう」「ついている」などのポジティブな言葉は好感を生みやすい言葉として有名です。

次に言葉の意味を交えながら好感を生むケースを説明します。

感謝

感謝は相手から好感を頂ける最も有効な手段であります。

「ありがとう」という言葉に不思議な力があるようで、言われた人と言った人の両方がハッピーになる言葉でもあります。

何か良いことをされたり、良い指摘を受けたりしたら、迷わず笑顔で「ありがとう」と言いましょう。

相手に感謝を持って喜びを伝える手段でもあるので、言われた相手は、あなたを喜ばせたことに気づくことが出来るので、他人を喜ばす手段を知ったことになります。

相手にとっても自分にとってもプラスに働く言葉なので、普段から口にするようにしておくと、きっとあなたの人生を良くしてくれるでしょう。

「ありがとう」は「有難し」から来ている語源であり、めったにないこと、価値のあることを意味する言葉です。

つまり、使用するだけで価値のある言葉なので、多く使用することをおススメします。

褒める

褒めることは相手の良さを指摘することになるので、相手から好感を生みやすい手段でもあります。

あなたが取った行動や行い、クセなどを他人から褒められたら嬉しいですよね。

つまり、相手を褒めることは嬉しいさや喜びを相手に与える行いでもあるのです。

褒められた相手は、あなたに存在を知ってもらったとして、仕事や行いをどんどん頑張るようになります。

このようになると、人間関係の良好もそうですが、仕事なども円滑に進むので、社会にとってプラスですよね。

よく褒めて伸ばせと言う言葉あるように、相手を褒めることは、相手の成長につながるし、また、ご自身の成長にもつながります。

相手の良い部分を見ようとするようになるので、ストレスをためることがなくなります。

相手の良くない部分を見ては、そこを指摘し、注意してくる方が多いですが、相手の良くない部分を見るよりかは、相手の良い部分を見る方がストレスもためずに、あなたにとってもハッピーな生き方ができますよ。

認める

「愛している」「大好き」という言葉があるのは、そこに相手の存在があるからです。

故に相手の存在を認めていることになります。

あなたが相手の存在を認めることは、相手にとってプラスに働きます。

相手は存在を認められたことにより、ますます自分の存在の価値を上げようとし、仕事や行いなどに取り組むようになります。

また、あなたとの距離も縮まるので、相談などがしやすくなり、いろいろと円滑に進むようになり、相手にとってもあなたにとってもプラスに働きますよ。

人によっては合う合わないはありますが、そんな時はまず、相手を認めることから始めてみてはいかがでしょうか。

相手の良さや特徴などを見て、自分にないものがあったらそこを認めましょう。

認めることであなたにないものを補うことができますよ。

また、相手からも好感を得ることができますよ。

気遣い

相手に対して行う行為であり、良く上司にするものだと言われていますが、そんなことはなく、上下に関係なく行うと相手から好感を得ることができる行為でもあります。

簡単に言いますと、少しのフォローが気遣いにつながります。

困っている人が手を差し伸べる、悩みがあるなら相談にのるなど多々あります。

しかし、最近ですと、上司の方でしてもらって当然と考えている方が多いのですが、それは大きな間違いです。

気遣いというものはしてもらうものではなくて、自らするものなので、気遣いのない部下がいる場合、それは上司の人の相手に対する気遣いが少ないからそうなるのです。

誰に足しても分け隔てなくフォローをする行為こそ気遣いで部下が上司にするものではありません。

街角で困っている人がいたら助ける!

そんな人がいたら好感を持てますよね。

気遣いという名目で、部下に荷物を持たせている上司がいたら好感を持てますか?
一目瞭然ですよね。

気遣いはされるものではなくするものです。

「気遣いがない」と相手を指摘するよりも、まずは自分が相手に対して気遣いをすることが大切で、好感も得ることができますよ。

まとめ

何度も言うように人間は言葉に支配されている動物です。

あなたが使う言葉があなたを支配しますし、発する相手にも影響を与えます。

故に、使用する言葉に注意を払わなければいけません。

一番は不平不満を言わないことで、これを実践するには常にポジティブなことを考えることです。

あなたが思っていることや考えていることは言葉として現れます。

また、発した言葉は時間に差はあれど実現します。

そのことからも不平不満を使用するとそれが実現してしまうので、口にしない方が良いでしょう。

一言でも影響は大きいので、どうせなら良い影響を与えられる一言を使用することであなたも相手もハッピーになれたら最高ですよね。