あなたはAB型の彼氏と付き合ったことがありますか?

このページにアクセスしているということは、AB型の彼氏に関するお悩みを抱えているということでしょうか。

それとも好きになった彼がAB型ということで悩んでいるのでしょうか。

いずれにせよ、AB型という血液型に一体どんな特性があるのか知りたいということには違いないと思います。

まず本当に血液型による性格の違いは存在するのか?という点は化学的に証明されていないだけに永遠の謎ではありますが…。

よく「AB型っぽいね~」などと言って血液型の特性で人を分類したり、

血液型による占いがあったりするように多くの方が血液型というジャンルによる部類分けをを信じています。

実際、血液型による特性というのはあながち迷信とも言い切れません。

筆者の知人にも「AB型の人は会った瞬間にわかる!」と言い切る女性がいます。

最初はそんな馬鹿なことが…と半信半疑でしたが、なんと驚くことにその人の予想は今のところ百発百中!

きっとあなたも「この人AB型だろうな」と思って的中したことがあるのではないでしょうか。

それほどまでに、AB型という血液型は他の血液型とは違い、分かりやすく個性的なキャラクターだと言えるのです。

何故わかるのか…というのは、ここから先でじっくり紹介していくとしましょう。

もっとも少ない血液型

AB型という血液型は、最も人口の割合が少ない種類なんです。

日本において最も人口が多い血液型はA型で人口の40%をも占めると言われています。

次に多いのが30%の人口を占めるO型、その次に20%のB型、最後に来るAB型は10%にも満たないという結果になるんです。

各国ごとに最も多い血液型の種類はそれぞれ異なりますが、AB型についてはどの国も10%程度が限度。

AB型が最も多いと言われている韓国でも人口の11%となっており、AB型が人口の20%以上占める国は一つとしてありません。

これには遺伝子やらなんやらの難しい科学的な根拠があるのですが、説明すると少々長くなりますので今回は省略します。

気になる方は検索してみてくださいね。

さて、このAB型は万国共通で珍しい種類ということが分かりましたが、

この希少なAB型という血液にはどんな「AB型らしさ」とがあるというのでしょう。

変わり者といわれる

「AB型っぽいね」と言われることは、実際いい意味なのか、悪い意味なのか。

果たしてその真意はどんなものなのでしょうか。

実際AB型のイメ―ジというと率先して『変わり者』や『個性的』というワードが導き出される人が多いと思います。

AB型の印象を調査したランキング結果を見てみると…

「ミステリアスなムードがある」
「マニアックで面白い人」
「予測不可能な不思議ちゃん」
「二面性がある」
「掴みどころがない」
「ファッションやセンスが個性的」

などの声が挙がっていました。

なにを普通の基準にするのか定かではありませんが、常人とは多少なりとも持っている“オーラ”が違うということでしょう。

あなたの身近にはAB型の人がいますか?

この特徴を見て「もしかしてあの人AB型かも?」と思い浮かぶ方が居たら、ぜひ血液型を聞いてみてください。

人それぞれ

とはいったものの、AB型の誰しもが印象的な個性を持っている変わり者というワケでは決してありません。

AB型の方に限らず、個性は誰にだってあるものです。

実際はそんなこともない

逆に、AB型の方だからと言って特別飛びぬけた人物であることを期待してみると

実際なんら他の血液型の人と変わらないということだって十分にあり得ます。

A型とB型の2面性を持つ

AB型というのはA型・B型・O型のように独立した血液型ではなく、

A型とB型の融合型になるので各血液型の両親を持つ子どもが持って生まれる血液です。

このAB型は血液の遺伝子構造上の問題で、単純にA型とB型のカップルの間で必ず生まれるというわけではなく、

なかなか期待値が少なく少数派の傾向が続いています。

しかし、このAB型というのは元はといえばA型とB型です。

他の血液型が純粋に1つの遺伝子の型で成り立っていることを考えれば、

AB型という2つの型の遺伝子を持つ種類はA・Bそれぞれの特性を持ち合わせていても不思議ではありません。

2つの血液型の個性を併せ持っていることが、『変わり者』『個性的』と言われる由縁かもしれないと囁かれることが多いのも事実です。

A型の特徴

A型と聞いてスグに思いつくイメージは『几帳面』『慎重派』などでしょう。

A型の人は良く言えば『真面目』ですが、行き過ぎると『細かすぎる』などというマイナスな評価にもなりかねません。

具体的には、こんな特徴があります。

・なにごとにも筋道を立てて、予定に合わせてキチンと進めていく
・自分の意見をしっかりと持っていて芯が通っている
・整理整頓が得意で綺麗好き
・人に対しても自分に対しても評価が厳しい
・責任感が強く規則やルールをしっかり守る
・リーダー気質のまとめ役として活躍する
・何事にも全力で手を抜くことができない
・真面目すぎるがゆえにストレスを溜めやすい
・興味を持ったことをとことん追求・持続する

A型の気質というのは、一見どれも利点に見えなくもないのですが、実際はこの特性が弱点に繋がることが多いんです。

美徳でもあり、弱点にもなりえるこれらの特性は上手く調整できればいいのですが、

いかんせん真面目で堅実な姿勢がそれを許さないという“完璧主義”のような方がいるのもA型の特徴ですね。

器用貧乏になりやすいタイプともいえます。

B型の特徴

B型の人の特徴といえば『マイペース』と称されるような『朗らか性格』にあるのではないではないでしょうか。

B型は自分のペースというものをとりわけ大切にする傾向が強いようですが、

自我が強いというワケではなく意外と気分屋で周りの影響を受けやすいため“お天気屋な人”と称されることもしばしば。

具体的には、こんな特徴があります。

・大らかな性格でおっとりとした雰囲気を持っている
・気持ちの切り替えが早くあっさりしている
・周りのペースより自分のペースを優先する
・一度これと決めたらやり遂げる意思の強さがある
・共同作業より個人作業の方が好き
・おだてられるとスグに調子づく調子の良さがある
・話し上手で場の空気を盛り立てるのが得意
・気分によって見解やテンションに大きな差がある
・好き嫌いがハッキリしていて嫌いなものは無理に克服しない

マイペースで気分屋というのは、見ようによっては言動に一貫性がなく協調性に欠けていると思われることもあります。

しかし気持ちの切り替えが早くてさっぱりした性格というのは、同性はもちろん異性からも好印象に映るでしょう。

このバランスというのが難しいところですね。

AB型の特徴とは

AB型の人というと、やはりこのA型・B型それぞれの特性を兼ねているといえます。

よくAB型の人には二面性がある、と言われることもありますが、それはきっとこのA・B、2つの遺伝子の特性が関わっているのでしょう。

・ハマったものにはマニアック思考でとことん突き詰める
・大人数より一人で過ごしている方が楽
・感受性が豊かで独自の価値観を持っている
・いつも一歩引いたところにいて干渉しない
・自由気ままで自己流の道を行く
・初対面の人には素直な気持ちを見せられない
・冷静に判断して行動に移せる
・情熱を燃やしたり努力することが苦手

AB型の人はいつも自然体でマイペース、周りとの競争などには関心が薄いタイプが多い傾向があります。

A型のしっかりした面とB型の大らかな面、どちらも感じることができる印象ですね。

この独特な感受性とマニアックな探求心がゆえに、AB型は人並み外れた天才肌であることが多く、

世界の名だたる偉人の中にもAB型の人が沢山います。

歴史上の人物でいうと、代表格がイエス・キリスト、レオナルド・ダ・ヴィンチ、明智光秀、ガンジー、マリリン・モンローなど。

タレントでは、hide、哀川翔、稲葉浩志、ジャッキー・チェン、松岡修造、石ノ森章太郎、ミック・ジャガーなどがAB型です。

いずれも異彩を放つ才能の持ち主であったりアーティスティックな雰囲気が強い人物ですね。

きっとかつての偉人もタレントの人たちもAB型としての特性をどこかに持ち合わせているんでしょう。

さて、ここからはAB型の性格についてもっと深く掘り下げていきます。

急に冷める

AB型の人は“ツンデレ”気質の人が多いと言われることがあります。

理由としては、ずっと楽しく話していたのに突然冷めたように大人しくなる、というようなAB型特有の行動にあります。

まさに、AB型の自由気ままな性格が関係していますね。

このような特徴からAB型の人はちょっと気難しい、扱いが難しいというような印象を囁く声もたまに耳にします。

AB型の人との付き合いに悩んでいる人は、AB型の人が魅せる“温度差”に戸惑っているというケースも少なくないでしょう。

実際、こういったシーンでAB型はどんなことを思っているのか、そして周りの人達はどのように対処するのが正解なのでしょうか。

AB型の“あるある”行動と合わせて、その心理を紐解いていきましょう!

会話が続かないことも

AB型の人と話していると、急に会話がプツン、と途切れることがありませんか?

これはメールやラインのやり取りでもあるあるなんですが、

楽しくやり取りをしていたはずなのに突然キャッチボールが終了してしまうと不安になりますよね。