私たちは、生きるためにお金を稼ぐ必要があるります。

たくさんの人がそのために仕事をしています。

一般的に働いている人を分類すると、会社に所属して一般社員として勤務している人。

自分で仕事を行う自営業。

そして、会社のトップに立って仕事を行う社長。

それぞれが根本的にはお金を稼ぐ為に働いています。

社会人として勤務した事がある方ならば、理解いただけると思います。

働いていると、当然ながら自分が会社から与えられたポジションがありますよね。

役職という地位がそれに当たります。

主任や係長、課長や部長、執行役員や代表取締役、取締役会長など、同じ会社員でも様々な地位が存在します。

それぞれの地位は会社ごとによって待遇などは違います。

一般的には高い役職を与えられている人には、相応の賃金が発生します。

当然会社自体がある程度大企業であれば、末端の社員にもそれなりに高い給料が発生している場合もあります。

それぞれの立場によって賃金が変わるので、当然生活レベルもその賃金によって左右される面がとても大きいということです。

例えば、月に15万円の給料をもらっている場合は、それなりに節約生活をしないと給料がすぐに尽きてしまう事は明白です。

月に30万円の給料をもらっている場合は、ある程度裕福な暮らしが出来るはずです。

自分の身分や立場によって、生活レベルを超えないように生活する必要があるという事です。

しかし、時にはこの生活レベルの設定が間違っている人も見受けられます。

生活レベルは必ず自分に合っているかどうか見直しを行わないと生活が破たんしてしまいます。

今回はそんな、「分不相応」という言葉をテーマにしていきます。

そして、分不相応かどうかを見極めるチェックポイントについてご紹介していきます。

️分不相応とは?

あなたの周りに自分の収入に見合っていない生活を送っている方はいませんか?

もしくは、知らず知らずのうちに自分がそうなってしまっているという可能性はありませんか?

人間であれば良い生活をしたいと考えるのは当然のことです。

時には贅沢をしたいと考えるのが当たり前です。

会社で辛いことがあったり、失敗をしてしまった時には、気分を変えたり、頑張った自分に何らかのご褒美をあげたいと思います。

少し普段よりも奮発して美味しいものを食べたり、楽しい経験をしたいがためにお金を使ってしまったり。

これは誰しも経験があると思います。

お金を使うとことはストレスを解消することにも繋がります。

決して悪いことではありません。

しかしながら、自分の収入レベルに見合ったお金の使い方をできなければ、必ずその生活が破綻してしまうのです。

いつか必ず使ってしまったお金のつけがまわってきます。

お金を使うことは大切ですが、上手にお金を使うことに注意しなければなりません。

上手にお金を使わなければ、必ず自分が痛い目にあってしまいます。

おそらく人生において、お金が足りなくて厳しい生活をした経験が一度くらいはあると思います。

もし今そんな悩みを抱えている人は、今回ご紹介する分不相応のチェックポイントを確認していただきたいと思います。

分不相応の意味


分不相応かどうか自分をチェックする前に、分不相応という言葉の意味を理解していなければ意味がありません。

まずは分不相応がどういう意味を持っているのか知らない人のために、簡単に言葉の意味をご紹介していきます。

分不相応という言葉は、もともと「身分や地位などを超えていること」を意味している言葉です。

そして特に必要以上に贅沢なことについて表しています。

「分相応」という言葉は、その反対に、「能力や地位や身分などにふさわしいこと」を表している言葉です。

分不相応という事を表している状況を考えてみましょう。

例えば、あなたの月収が毎月15万円なのに、10万円以上するネックレスを購入したいと思ってお店で購入してしまった。

そんな場合は、「分不相応なお金の使い方をしている」と表現することができます。

毎月15万円の収入と考えると、一人暮らしの場合は家賃や生活費が必要になります。

実家暮らしで家賃がいらない場合でも、その他の趣味などを考えた時に、5万円以上は支出があるはずです。

そんな状況の中で10万円以上するものを購入するのはよっぽど欲しくて貯金をしていたか、実家で暮らしてその他の支出が問題ないかという状況です。

そうでなければ、身分に合っていないお金の使い方だと判断せざるを得ません。

これが「分不相応」という言葉の意味です。

必要以上の贅沢

人間で、自分自身にとって大きなストレスがあるときには、何かしらのストレス解消行動を取ると思います。

ストレスを解消する行動といえば、自分が楽しいと思っている趣味をすること。

美味しいものを食べたり、友達に悩んでいることを話したりすること。

などが考えられますが、お金を使うこともストレスを解消する上で大きな効果を持った方法の一つです。

そんな時に、ちょっとリッチなものを購入したり、少し値段が張るものを食べたりするのは問題ありません。

ですが、自分の収入を考えずに好き放題にお金を使ってしまうと、それは分不相応なお金の使い方になってしまいます。

言ってみれば「必要以上の贅沢」という言葉で表現をすることもできます。

例えば、毎日のランチ代は1,000円以内と決めている人がいるとします。

でも、すごく嫌なことがあった時に、ストレス発散で、ちょっとリッチな2,000円のランチを頼んだとします。

これはまだ通常の贅沢の範囲内で考えることができます。

しかしここで、10,000円以上の食事をしようとしているのは、必要以上の贅沢であると判断せざるを得ません。

自分の収入と毎日の出費、これを掛け合わせたうえで、大きく離れた金額は必要以上の贅沢になります。

一度お金を使う前に、必ず自分がこの金額を出す事は、「必要以上の贅沢」に当てはまらないかどうか、という事を考えて行動してください。

身分や地位を越えている


分不相応だと判断することができる状況の1つとして、自分の身分や地位を超えているという事を基軸して判断する事ができます。

自分が与えられている身分や地位によって、給料も変わってきますよね。

例えば極端な話かもしれませんが、男性であれば多くの方が意識しているのは自分自身が身につけている腕時計です。

腕時計は社会人の正装の中でも、唯一ファッションアイテムです。

自分の個性を表現することができるアイテムの一つでもあります。

腕時計に凝っている方はたくさんいると思います。

ですが、どれだけ腕時計が好きだからといって、自分の身分や地位を超えているようなものを身につけていては意味がありません。

例えば、会社の社長であればある程度の収入を見込めます。

それなりの立場もあるので、ある程度高価な時計を身につけていても、自分の地位にふさわしいアイテムです。

しかし、何の役職もない一般社員であれば、そこまで高価な時計を身につける必要はないわけです。

もちろん前提としてその時計を身につけることを長年望んでいて、ずっとお金を貯めてきたというような背景があれば話は別かもしれません。

しかし、自分の身分や地位を超えているような、100万円以上する高級時計を身につけるのは必要以上の贅沢にも該当します。

必要なのかどうかと問われると、必要ではないと思います。

このように、身分や地位に沿ったものを身に着けるという事は、自然な生活レベルに自分を合わせるという意味でも大切なのです。

この点を意識して普段の生活を送る必要があります。

能力や立場に相応しくない

分不相応だと判断することができる1つの考え方としては、能力や立場にふさわしくない行動を取らないということです。

ここまでは主にお金の使い方などに関して指摘を行ってきました。

しかし、分不相応はお金の使い方だけではなく、自分の考え方や行動にも影響することを理解してください。

つまりどういうことかと言いますと、自分の能力や立場にふさわしくないような行動や考え方を取らないということです。

例えば会社の話をすると、あなたが一般社員で何の役職を与えられていない人間だったとします。

ある程度仕事にも慣れてきて、自分で良い悪いの判断がつくようになってきました。

そして、社外で取引先と話をしている時に、契約にまつわる話になった時に、自分一人で判断してはいけないような内容だったとします。

本来であれば持ち帰って上司に一言かけて、許可を取って話を進める必要がある内容です。

ですが、仕事ができるようになったからといって勝手に判断してしまったとします。

これは完全に自分の立場にふさわしくない行動を取っていると判断せざるを得ません。

ある程度仕事ができるようになってくると、いちいち上司に許可を得たり、可否を伺ったりするのが面倒に感じる方もいるかもしれません。

しかし、これは大事な事です。

上司の判断もなく勝手な行動を取って、問題になってしまっては会社としては大問題になります。

自分の立場で行っても良い事と悪い事の判断がついていないからこそ、このような問題が起きるのです。

これはまさに、分不相応な対応を行っているということになります。

分不相応な態度は自分にとって悪でしかありません。

いつか自分に不幸を招く結果へと繋がる可能性が高いのです。

分不相応な行動や考え方はしてはいけないという事を強く理解しておきましょう。

逆に自分の立場をわきまえて、分相応な行動が出来る人間は評価されます。

分相応の否定形

先ほど若干触れましたが、分不相応と言う言葉は分相応という言葉を否定した形になります。

分相応はその人の身分や能力にふさわしい事。

またその様を表している言葉なので、自分に身分に沿った行動や考え方が出来ているという事です。

これが否定されて、分不相応という言葉になると、まったく逆の意味になります。

自分の身分や能力にふさわしくない行動を指し示す言葉になります。

なので、分不相応は分相応の否定形という事を理解するとより意味が分かりやすくなります。

分不相応の読み方

分不相応=ぶんふそうおう

分不相応という言葉は、読みにくい漢字としてもあげられる場合が多いです。

この機会に正しい読み方についても理解していただきたいと思います。

特に濁点がつくのかつかないのか、という事などが理解してない方もいるかもしれません。

間違っていると恥ずかしいので、濁点の場所なども把握しておいてください。

正しい読み方は『ぶんふそうおう』です。

「分+不相応」というようなイメージをもってもらえると正しく意味を理解し、読み方なども理解出来ると思います。

️分不相応かどうかの9個のチェックポイント

ここまでは分不相応の意味や該当するシチュエーション、分相応という言葉と関連した意味についてご紹介してきました。

意味を理解いただいたところで、気になるのが自分自身が気づかないうちに分不相応な考え方や行動、お金の使い方などをしていないか?という事です。

冒頭でもご説明しましたが、分不相応な考え方や行動を行っていると、周りに対して迷惑になります。

時には相手に対して、不快感を与えてしまうこともあります。

そして、分不相応なお金の使い方をしていると、必ず自分にツケが回ってきます。

最終的にお金に困ってしまうという現実が待ち構えています。

自分の生活が破綻してしまう可能性も生まれてしまうのです。

実家暮らしをしているならまだしも、一人暮らしをしているのであれば、自分でお金の管理をしなければ周りに注意してくれる人は誰もいません。

分相応に生活をすることを自分が限りなく意識して行動しなければいけません。

ここからは、自分が分不相応な行動をとっていないかどうか、チェックポイントをいくつかご紹介していきます。

心配な方は定期的にこのチェックポイントを振り返ってみてください。

自分の行動が分不相応かどうかを確認することができますよ。

定期的に行えば、逸脱した生活をする事を未然に防ぐ事ができます。

必ず自分のためになるはずです。

常に意識しておけば、それが無意識のうちに行えるようになります。

そして、自分の生活レベルに合った生活を送れるようになりますので、意識して毎日を過ごしてくださいね。

経済的な分不相応

まずご紹介していくのは、経済的な分野に関する分不相応なチェックポイントです。

今回ご紹介するのは、経済的な分野、仕事的な分野、恋愛的な分野の大きく3つに分けて順番にご紹介していきます。

自分が気になっている分野の面は必ず目を通して、チェックポイントを確認してみてください。

意識して改善すれば必ず間違いは正せるはずです。

大切なのは意識すること。

そして、継続して行うこと。

これさえ守れば間違いは防げます。

より自分の意識を高く保つ努力を行ってください。

自分の生活レベルに合った、健全な生活を送り、楽しい有意義な生活へと変化させましょう。

自分の収入と合っているか

分不相応のチェックポイントのひとつとして、まず経済面で考えるならば、自分自身の収入を比較して何事も考えることが大切です。

経済的な分野で考えるのであれば、一番基本となる考え方です。

まず、あなた自身が毎月会社からいくら給料としてもらっているのかという事を知りましょう。

そして、そのうち自分が自由に使える金額を把握しておく事が大切です。

かなり基本的な考え方ですので、そんなこと今更と感じる方もいるかもしれません。

でも、もらう給料の額面をそのまま使わるわけではありませんよね?

その給料から、家賃や光熱費、通信費、食費など、最低限必要な金額を差し引いた金額がまず自由に使えるお金です。

そして、そのお金から貯金に回す必要があるならば、なおさら金額を計算しておきましょう。

最終的に使ってもよい金額と、今から使う金額を比較する必要があります。

例えば、自由に使えるお金が10万円だったとします。

給料をもらってすぐの段階で、5万円の商品を購入するのは後々に自由に使えるお金が少なくなってしまいます。

よくお買い物をする人であれば、序盤に自由に使えるお金の50%を使い切ってしまうことになります。

その後の一カ月が苦しくなる事は目に見えています。

自分の収入と使うお金のバランスが合っているか。

つまり、収支のバランスが意識できていないと安定した生活はできないということです。

もしもここでクレジットカードを使って、好き勝手購入していると、ツケが回ってとんでもない事になってしまいます。

何かを購入する時には、必ずバランスを考えてお金を使うようにしてください。

現実的かどうか

分不相応のチェックポイントの1つとして、現実的であるかどうか、ということを常に考えることが大切です。

あなたが購入しようとしている商品が、現実的に必要であるかどうかということを考える必要があります。

例えば、あなたがネックレスが欲しいと思って、自分の収入と比べたときに、ある程度高価なネックレスに目をつけたとします。

人間であれば、物欲は誰しもが持っている感情です。

一旦欲しいと思ってしまうと、どうしても頭にちらついて欲しいという感情が募ってしまいます。

しかしながら、あなたが欲しいと思っているネックレスの金額が「自分の収入に合っているかどうか」ということ。

そのネックレスを購入することが「現実的な行動であるかどうか」ということを考えてください。

確かにネックレスを購入すれば、プライベートで常にそのネックレスを身につけて自分を着飾ることができます。

しかし、そのネックレスを購入することは絶対に必要なのかを考えてください。

そのネックレスを購入しなければ、何が起こるのか?という事を考えた時に、おそらく何も不都合な事はないと思います。

逆に考えてみると、そのネックレスを購入しなくても、現実的には何も変わらないという事です。

そのようにして考えてみると、自然と必要な物と不必要な物が分かれるはずです。

例えば、生きるためには食べなければいけませんので、食べるためには食品が必要です。

食品を購入することは、生きる上で大切なので必要な事です。

ですが、ネックレスは生きるためには必要ありません。

だとすれば、ネックレスが欲しいのであれば、自分の収支に合っていない高価なネックレスはやめておきましょう。

少し金額を抑えて、自分の収入に見合ったネックレスを購入するという解決策が見いだせるはずです。

どうしても欲しいものであれば、あと一カ月待って、まだ欲しいなら購入する。

二か月分お金を貯めれば、収支に見合った金額で購入できることもあります。

その選択が正しく、現実的という事なのです。

その後の生活に支障がないか

分不相応のチェックポイントの1つとして、その後の生活に支障が出ないかどうか、ということを考える必要があります。

あなたが欲しいと思っているものを購入したとして、毎月使える自分のお金を考えてみてください。

余裕をもってその1ヶ月過ごすことができるのであれば、その商品を購入することはあなたの生活に支障はありません。

しかしながら、その商品を購入することによって、生活費を切り詰めなければ生活できない金額だったとします。

その場合、その商品を購入する事は、その後の生活に支障があるのです。

自分が毎月生きるために必要な支出を頭に入れている人であれば、自分が購入したいと思っている金額を照らし合わせればすぐに判断できます。

でも、自分が毎月どれくらいお金が必要なのかということを把握してない人に限って、自由に使える金額も把握していないことが多いのす。

まずは自分が自由に使える金額を把握した上で、支障が出ない中からお金を使うという癖を身につけてください。

博打的な行動でないか

分不相応のチェックポイントの1つとして、博打的な行動であるかどうかということが挙げられます。

博打的な行動というのは、深く考えずに、場当たり的な行動や考え方を指し示す行動です。

例えば、あなたがある日会社で嫌な事があって、ストレスが多くたまる出来事があったとします。

ストレスが溜まれば、溜まったストレスを解消するために、お金をパッと使う事ですぐに解決したいと考える方が多いです。

そこで、会社帰りに一流のショップへ足を運び、高級なバッグを購入しようとしたとします。

まさしく、深く考えずにその場の場当たり的な行動でお金を遣おうとしている行動ですよね。

これが、博打的な行動といわれる行動です。

または、賭け事などのギャンブルなどもそれらに当たります。

よくお金が足りなくなって、自分が今持っているすべてのお金をかけてギャンブルに打ち込む人がいます。

まさに博打的な行動で、計画性のない行動ですよね。

窮地に立たされたり、冷静な判断が出来ない時こそ、大きなお金を衝動的に使ってしまう人も多いのです。

分不相応になっていないかどうか、確認する時には博打的な行動をとっていないかどうか自分を振り返ることが大切です。

仕事的な分不相応

では、ここからは仕事的な分不相応のチェックポイントをご紹介していきます。

分不相応な行動は、お金の面だけではなく仕事の面でも通じるものがあります。

特に仕事の面での分不相応な行動や考え方は、自分自身の命取りになってしまいます。

社会人であれば必ず把握しておくべき項目です。

もしも自分が間違った行動を取っているならば、即座に改善しなければ後々に問題になってからでは遅いのです。

間違いのない行動や考え方をしていれば、逆に評価される可能性もあります。

自分を守るためにも正しい分相応な考え方を心がけるべきです。

自分の能力に合っているか

まずはじめにご紹介するのは、自分の能力に合っているかどうか、という事です。

会社の仕事の取り組み方にもよりますが、自分の能力を過信しすぎないということです。

今までに何事においても失敗をした経験が無い人や、仕事に慣れてきてスムーズに行えるようになった人がよく考えがちです。

自分が行っている仕事が、自分の能力に見合っている事かどうか、ということを勘違いしすぎないことが大切です。

自分の能力や力を過信しすぎている人は、仕事においても自分の能力以下の仕事は仕事をしなくなります。

そして、明らかに自分の能力では手に負えないような仕事にも手を着けるようになるのです。

結果的に、失敗して周りに迷惑をかけてしまう事へ繋がる場合があります。

もちろん勘違いしてほしくないのは、向上心は大切なことということです。

上へ上がりたいという気持ちは大切です。

ですが、自分の能力を正しく判断できないような人が、上のランクへあがるという事は不可能です。

過信する事によって、失敗が誘発されるという事はよくある話です。

それは自分の評価を落とす事にも繋がってしまいます。

必ず自分の力を過信しすぎないようにしてください。

資格を持っているか

仕事的な分不相応のチェックポイントの1つとして、資格を持っているかどうかという事が大きな判断基準になります。

ここでいう資格という言葉は、資格試験などで得られる資格ではなく、その事に対して望む資格があるかという事です。

例えば、どんなに実力がある人間であっても、一般的には段階を踏んで仕事を学んでいきます。

そして、更の上のステップへと繋げていくことが当たり前です。

その物事の順番を無視するような考え方や行動、仕事の取り組み方をしていては、周りからは分不相応だと判断されて嫌われます。

例えば、入社したばかりの社員が、仕事が出来るからといって勝手な行動を取ったり、勝手な判断をするのは言語道断です。

資格もないのに勝手に判断を下すのは、明らかな会社に勤める者としてルール違反です。

その仕事を長年経験してきて、それなりに役職を与えられた人間であれば判断を下すことが出来るかもしれません。

しかし、まだまだ経験も浅い人間が勝手に判断を下せる資格もないのに、勝手な行動はしてはいけないという事です。

今の自分に与えられた資格の範囲内で行動する事を心がけてください。

恋愛的な分不相応

ここからは恋愛的な分不相応のチェックポイントについてご紹介していきます。

分不相応な考え方や行動は恋愛面においても共通する考え方です。

たくさんの恋愛をしてきた方の中には、過去の恋愛で分不相応な態度をとられた経験があるかもしれません。

恋愛において分不相応な間違いをしてしまうと、その恋愛はうまくいかない可能性が高くなります。

少しでも不安に感じている方は、チェックポイント別に振り返って自分の今の恋愛を確認してみてください。

見た目が釣り合っているか

恋愛的な分不相応のチェックポイントの1つとして、見た目がつりあっているかどうかという事です。

もちろん見た目が全てではありません。

ですが、あまりにも男性と女性の見た目がかけ離れている恋愛というのも成立しにくいです。

例えば、女性の方はブランド物のバッグやファッションに身を包んでいます。

しかし、男性はよれよれのシャツで汚らしい恰好をしている人だった場合に、違和感を感じてしまうはずです。

気持ちがあれば十分だと思っている人もいるかもしれません。

ですが、あまりにもかけ離れた見た目だと、周りからは変な関係性を疑われてしまったり、良い印象を与えられないこともあります。

なるべく見た目が釣り合っている相手とお付き合いをする事が望まれます。

年齢に差がありすぎないか

年齢に差がありすぎないか、という事も判断基準になりえます。

あまりにも年齢差がありすぎると当然話す内容も違いますよね。

関心がある事も全く別になってしまい、価値観が大きく離れてしまいます。

価値観が大きくずれると、当然生活をする上でお互いの意見の違いが生まれてます。

そうなると、喧嘩が多くなり、良い関係は結べません。

一時の感情で判断せずに、結婚して家族になることを考えてください。

あまりにも年齢の差もありすぎるのは、後々大きな問題になってしまう可能性があるのです。

今の時代、年齢差カップルたくさんはいます。

でもその分、そのカップルだけの悩みが出てくるはずです。

その点は早い段階で意識しておく必要があります。

【年の差カップルについては、こちらの記事もチェック!】

愛の大きさに差がないか

愛の大きさに差がないか、という事も大事な判断基準です。

例えば、よく見かけるのが男性は冷めていて、女性だけが大好きであるという場合です。

恋愛は二人でするもので、一人の気持ちだけでは成立しません。

もちろん粘れば改善してくれる場合などもありますが、どうしても無理な場合もあります。

そんな時に自分だけの気持ちを押し付けて恋愛を続行しようとしても自分が辛いだけです。

それならば現実を認めて、新しい人との出会いに時間を使った方があなたが幸せになれるチャンスはたくさんあります。

現実を受け入れるのは辛い事です。

でも、そのまま恋愛をしても幸せになれないと思うならば、すぐに決断をして行動しましょう。

分不相応な恋愛はしないようにしてください。

️分不相応に気づき身の程をわきまえよう

人生には様々な面で分不相応ではないか?と自分に問いただせる場面が存在します。

一つ一つの選択を間違いなく行う事は難しいかもしれません。

でも、間違う数を増やさない為に、少し意識すれば、自分が常に気を付けることで効果はあります。

普段意識していない事を意識するようにするのは脳に負担がかかる事です。

ですが、継続して行えばそれが当たり前になり、無意識に行えるようになります。

最初は辛いかもしれませんが、分相応な生活を心がけてください。

何事も思い上がらないように自分に合った生活や行動を意識してみましょう。