草生えるポーズ
わたし達が住む日本では、日本語が当たり前のように使われています。

しかし、世界的に見れば日本語は我が国でしか使用されていない言語であり、一般的には英語などの方が多くの国々で使用さえれています。

日本語は世界的に見れば珍しい言葉です。

それは言葉自体の使い方にもあると言われています。

海外で主流の英語とは、全く文章の作り方が違っており同じ書き方をする言葉でも意味が違っている場合もあります。

更には比喩などと言った物もあり、なかなか一筋縄では行きません。

私たち日本人ですら意味をハッキリと説明する事が出来ない言葉もあるので、日本語を海外の方が難しい言葉として捉えていたとしても不思議では無いでしょう。

更に、日本語は成長して行きます。

今まで使っていた言葉の意味が段々と長い年月をかけて変化して行く場合があるのです。

今まで自分の中で当たり前だと思われてきた言葉が、ある日突然変わってしまう事だってあるのです。

ですから、私たち日本人も常に言葉に対しては興味をもち変化に敏感で居なければなりません。

その好奇心を無くしてしまえば、時代に取り残されてしまう事になる事でしょう。

新しい言葉は、若い世代の方々から発信される場合が多々あります。

『そんなものは、正しい日本語ではない』と言われてしまえば確かにその通りかもしれません。

しかし、いつの時代も新しい事をすすめて行くのは、若い世代なのです。

始まった当初は、誰もが見向きもしなかった事であったとしても、いつの間にかその変化が当たり前として受け入れられるようになっている事もあるかもしれません。

更には、その進化こそが、物事の基本となり今までの考え方がまるで無かったかのようになってしまう事だってあるかもしれないのです。

その為、言葉の変化も単に若者文化として見下していてはいけません。

いつの間にか、その言葉が普通の日本語として使用される場合もあるのです。

最近の国語辞典には、若者がこれまでにつくってきたいくつもの新しい言葉が掲載されています。

最初は全く興味の無かった方も、辞書にまできちんと掲載されている様を見れば新しい言葉として受け入れることが出来るのでは無いでしょうか。

言葉の世界は勿論、この日本という国も常に進化を遂げています。

その為、その進化に目をつぶって居ればあっという間に置いて行かれてしまうでしょう。

常に社会の変化に敏感で、前向きな好奇心を持つ事はこれからの人生をより豊かな物にしてくれる事でしょう。

その事を忘れずに、行動してみてはいかがでしょうか。

草生えるって何?新語?

新しい言葉は、今でもドンドン作られています。

国語的に価値のあるような美しい・新しい言葉が登場する事はそうそうないかもしれません。

ですが、若い方を中心に今の生活にあった使い易い言葉と言うものは常に出てきている物です。

同じ生活をしていない人からすれば、その言葉は理解する事が難しく邪道と思われる事もあるでしょう。

若者だけの特殊な言葉として、大した興味をもたない方だって居ます。

ですが、その言葉の中から、いつの間にか私たちの生活にも当たり前のように浸透し使われるようになった言葉がいくつもあります。

『まじ』や『やばい』などと言う言葉も、元々は若者言葉でした。

その為、最初は『意味が繋がっていない』『賞賛しているのに否定している』などなど様々な文句が出た物でした。

しかし、時代は流れ、いつの間にかこの言葉の違和感は薄れ多くの方が会話の中で使用するようになりました。

このように、若者言葉として興味をもっていなかった言葉も、いつの間にか私たちの社会に浸透してくる事があるのです。

日本語の歴史は古く、今でも多くの方がその言葉を研究しています。

その中には当時の『若者言葉』のようなものがあったそうです。

いつの時代も、人間とはそうそう変わるものでは無く、若い人々は常に新しい言葉を発信し続けて来たのかもしれません。

今の時代では、なかなか受け入れられない言葉でも、いつの日か将来的には正しい日本語として浸透している事もあるでしょう。

その時代の人から見れば、今の時代の言葉も綺麗な日本語として考えられる事だってあるのです。

このように、時代は常に流れています。

その中で、言葉も様々な進化を遂げておりそれに合わせる事で自分自身のボキャブラリーを増やして行く事が出来るのです。

最近、新しい言葉として使用されている言葉の一つに、『草生える』と言うものがあります。

これは勿論、植物の草ではありません。

ですが、意味を知らない人からするといきなり『草が生える』と言われても意味を想像する事は難しく、会話を止めてしまう事もあるでしょう。

まるで新語のようなこの言葉ですが、良く意味を考えればさほど悩む事も無く理解する事ができます。

ようは、頭が良いかどうかの話ではなく知っているかどうかの話なのです。

そこで今回は、『草が生える』と言う言葉についてご紹介させて頂きます。

聞きなれない言葉かもしれませんが、理解すると思わず使いたくなってしまう。

そんな楽しい言葉です。

若者言葉だからと言って毛嫌いするのでは無く、楽しみながら言葉の意味を学んでみてはいかがでしょうか。

若者しか知らない「草生える」

若者言葉の草生える
若者と言うものは、常に新しい物を作り出したいという探求心をもっています。

その為、私たちでは想像も付かないような、突飛な行動を取ったりする場合があります。

それに対して、年配の方々などは嫌な態度を取る事もあるかもしれません。

『今どきの若者は』と苦言を呈する事もあるでしょう。

ですが、若者が若者らしさを失い常に安定した世界しか選ばなければどうでしょうか。

この国の発展はあっという間に終わってしまう事でしょう。

例え、最初は突拍子も無いような事だったとしてもその考え方がいつの間にか、大きな成果を出す事もあるかもしれません。

その為、『若者』だからといってはなからバカにしてはいけないのです。

若者が使う言葉の中には、今の時代にあった物が多く含まれています。

学生の頃は、日本語は正しく使いましょうと、口を酸っぱくして言われた世代もある事でしょう。

確かに何事も、基礎が大事です。

その為、きちんとした言葉を身に付けることは必ず人生に置いて必要な事でしょう。

ですが、それだけで良いのかと聞かれればそれは難しい問題です。

時には、新しい言葉を使い今の時代にあった言葉を学ぶ事もまた必要な事でしょう。

草生えるという言葉も、またその一つです。

この言葉の意味を良く理解している人は若い世代かインターネットを多く利用している方々に限定される事でしょう。

これは(笑)という意味であり、笑っていると言う事を表現する事に使われます。

インターネットでは、お互いの顏を見ながら会話する事が出来ません。

その為、それぞれが喜んだり悲しんだりしている感情を読み解く事は難しく、こちらが冗談で書き込んだ言葉も相手が本気で受け止めてしまいトラブルに発展してしまう事もあるかもしれません。

その為にも、冗談だと伝える事は大事な事なのでしょう。

会話の流れで『これ冗談だよ』と話をしてもきっとしらけてしまうでしょう。

だからこそ、『草生える』という言葉を利用する事によって、楽しい気持ちのまま会話を続けることが出来るのではないでしょうか。

意味

『草生える』という言葉のは、 主にネット上で使用されて居る言葉です。

インターネットの掲示板の世界では、笑っている事を表現する際に「w」というアルファベットが使用されます。

これは『笑い』を表現しており、warai=wとなって居るのです。

この表現をする事によって、音の無いインターネットの世界に笑い声を表現する事が出来るようになりました。

この『w』を沢山並べると『wwwwwwwww』となり、まるで草が生えているように見る事が出来ます。

これが『草が生える』と表現される事に繋がって居るのです。

最近では、 絶対に笑ってしまうことを指して「草不可避」と表したり、ものすごく笑っていることを「大草原」などと表現する事があり、言葉の種類は更にに増えて来ていると言われています。

しかし一方で、『w』という言葉を使用する事に対して嫌悪感を感じている人もいます。

そういった人たちがあえて『草生える』などと言い方をする事もあり、意外とインターネットの世界でもルールが難しい言葉として知られています。

その世界には、その世界のルールと言うものが存在しています。

その為、知らずになんとなく面白そうだからという理由だけでその言葉を使用してしまえば、周りから総攻撃を受ける事も珍しい事ではありません。

ネット住人と呼ばれる人々は、特にその傾向が強く、知ったかぶりをして会話に入ってしまえば炎上してしまう事もあるでしょう。

初心者にはなかなか難しい世界です。

参加してみようと思う方は、無理して知ったかするのでは無く自分の身の丈にあった行動を行う事を忘れてはいけません。

使われる年代

女性
『草生える』という言葉を使用する年代は、基本的には若い世代が多いと言われています。

元々、(笑)という表現をする人々が多い事もあり、その言葉を自然と受け入れる事が出来るからです。

年配の方でも、その言葉の使い方を知っている人はおり(笑)やwと言った表現をする場合はあるかもしれませんが、そこから草生えるという言葉までにはなかなか繋がらない事も多いでしょう。

一方で、元々この言葉が生まれたインターネットの世界では年齢に関係なくこの言葉が使用されています。

そもそも、インターネットの世界はお互いの顏を見る事が出来ません。

その為、例え本人が10代だと申告していた所でそれが本当がどうかは誰にも分からないのです。

その為、掲示板などに書き込んでいる人たちの年代を特定する事が出来ないので、多く使用している年代の人もまた特定する事は出来ません。

しかし、この言葉を実生活で使うとなると話は別です。

50代や60代の方がいきなり会話の中で『草生える』と言い出したら、きっと周りの人は引いてしまう事でしょう。

インターネットの世界で許されている言葉遣いも、実生活の場合ではあまり好ましくない場合もあり、特に年齢によって大きな壁を感じることもあるでしょう。

良く使われる年代というくくりで言うと、なかなか特定する事は出来ませんが『あまり使用しない方が良い年代』という考え方でいけばある程度の年齢を絞り込む事は出来るのかもしれません。

いくら気持ちは若いとしても、年相応の対応が必要になる場合もあるという訳です。

読み方

『草生える』という言葉の読みは、正にそのままです。

そもそも、この言葉はインターネットの世界で使われていた言葉です。

その為、あえて難し読み方をしていたとしてもそれが多くの人に浸透して行く事は難しく、見たままのイメージで使用した方がより多くの人が簡単に利用する事が出来るからなのでは無いでしょうか。

その為、例えばこの言葉を実生活の中で使用するとなかなか意味が通りにくくなってしまいます。

いきなり『草生える』と言われても、インターネットの世界を熟知していない人からすれば植物の草が連想され、何を言っているのか分からなくなる事でしょう。

こういった言葉は、ギャグと同じです。

改めて説明すれば、その面白さは半減する事でしょう。

お互い意味が分っているからこそ、言葉遊びとして成立させる事が出来るのです。

私たちは、つい自分が居る世界の常識が当たり前だと思ってしまいます。

しかし、人によって『普通』は違う物です。

自分が普通だと思っている事を前提に物事をすすめて行くと、カルチャーショックに陥る事もあるでしょう。

インターネットの世界での言葉使いは、独特の物が多く普通の人が楽しみながら利用するには少々難易度が高い場合も多々あります。

その為、日常生活で使用するのでは無く気心しれた人同士で使用する事を心がけて見てはいかがでしょうか。

書き方

『草生える』という言葉は、そのままの読みをする事もあり、書き方もまたそのままです。

インターネットの世界では、ある程度同じ認識をもっていないとお互いの言葉が伝わらないと言う事は良くある事です。

その世界にはその世界のルールがあり、なんでもかんでも許されると言う事では無いのです。

その為、初心者の人があえて書き方を変えたり自己流の表現を多くするような事があれば、周りの人から非難される事は当たり前であり、炎上騒ぎになってしまう事も珍しい事ではありません。

因みに、この『炎上』という言葉もインターネットの世界の言葉であり、自分のブログやSNSなどに批判が殺到してしまう事を指しています。

これは掲示板などでも同じ事であり、顏が見えない世界だからこそ、きつい言葉をかけて来る人も多々います。

その為、傷つく事もあるかもしれません。

インターネットの世界には、その中の住人にしか理解する事が出来ない独自のルールがあります。

それを守る事が出来ない用であれば、否定されてしまったとしても仕方の無い事なのかもしれません。

その事を忘れずに、炎上などと言う事にならないように注意が必要です。

草生えるの正しい使い方

草を生えるという言葉の正しい使い方の適宜は存在していません。

そもそも、授業で習うような言葉では無いので、基本的に存在そのものが正しい日本語とは言えずそれに正しいも何もないのかもしれません。

その中で、あえて言うので会えば空気を読む事でしょうか。

はじめて覚えた言葉は、ついつい使いたくなるものです。

ですが、何も考えずにただやみくものその言葉を使っては、使うタイミングを間違っている事もあるかもしれません。

使うタイミングを言葉で説見する事は難しく、正に空気を読むとしか言いようがありません。

他の方の使い方を見る事によって自分なりに学んで行く事しか無いでしょう。

また、『草生える』という言葉にwを付けることは邪道だと言われてきました。

しかし一方で、最近では一周まわってあえてその言葉を使う場合もあり、どちらが正解とも言えません。

その為、その時々によって正解は異なるのでその場の空気をよく読み自分自身で何が正しいかを見極めることも重要なポイントでしょう。

草生えるを使用する時の注意点

『草が生える』という言葉は楽しい言葉です。

とんちが効いており、言葉遊びの要素も感じる事が出来るでしょう。

その為、この言葉を学んだ人はつい使って見たくなる事でしょう。

それは人間が持つ探求心や好奇心であり自然な感情です。

ですが、使い方を間違えると、楽し言葉も大問題になる事があります。

何事にも、時と場合を考える事は必要です。

その言葉を今使用する事が合っているのかどうか。

その事を見極める力だ大事なポイントとなるでしょう。

子供は、つい思った事を口に出してしまいます。

ですが。

大人になれば何を話して良いのか。

何がいけなかったのかを判断する事が出来るようになるでしょう。

その事が出来るようになれば、新しい言葉に対しても苦手意識を持つ事無く行動する事が出来るのでは無いでしょうか。

目上の人には使わないように

今の日本では、年功序列という考え方が少なくなってきました。

それに伴い、年上の人を敬う気持ちも少なくなりつちあるのかもしれません。

隔たりが無くなった事もあり、それだけフランクに接する事が出来るようになったとも言えますが、あくまでも年上である事を忘れてはいけません。

年上だからと言って、全ての人が尊敬すべき人なわけではありません。

ですが、少なくとも長く生きていると言う事に対しては多少の尊敬を持つべきです。

その為、言葉使いは気を付けましょう。

すべての人に敬意を払って尊敬しろと言う事は無理な話かもしれません。

ですが、話し方を注意する事ぐらいは出来るのでは無いでしょうか。

話し方を気を付けるだけで、何も言う事を聞けと言う事ではありません。

どんな人に対しても、敬意を払う事が重要だと言う事です。

安易に使わないように

インターネットの世界で当たり前のように使われて居る事だだとしても、それが実生活の中で使用する事が出来るかどうかは全くの別問題です。

その為、そこの認識を謝っているとおかしな使い方をしてしまう事があるかもしれません。

インターネットを多く使用していると、つい現実社会との境が分からなくなってしまいます。

実生活の中で、他人とのコミュニケーションを取る事を苦手とっしている方は特にそうなっているかもしれません。

本当の自分を出す事が出来る世界が、インターネットの世界だけになって居るのです。

その為、ついその世界で使用している言葉を使ってしまうのです。

ですが、その言葉は誰でも伝わる言葉ではありません。

インターネットを多く利用している人であれば気が付く事が出来るかもしれませんが皆が皆そうと限らず、知らない方の方が圧倒的に多いt言えるでしょう。

そんな方々から見れば、インターネットの世界で使用されている言葉は少々特殊であり苦手意識を持っている方もいます。

そんな人のまで安易にその言葉を使えば、関係まで悪化してしまう事もあり得るのです。

インターネットの世界で使用されている言葉を、批判するつもりは毛頭ありません。

その世界では当たり前の事であり、独自の文化があるからです。

ですが、それを現実社会に持ち込む事に対して苦言を呈して居るのです。

誰もが自分と同じ考えを持っているとは限りません。

当たり前だと思っている事が、人によっては全く通用しない事もありそのせいで相手との関係性が悪化してしまう事もあるからです。

その為、自分が居る社会が当たり前だと思わないようにしてください。

その中で、相手の意見を尊重しつつお互いの考えを擦り合わせていけばいいのです。

ですが、それを瞬時に行う事は難しい事もあるでしょう。

その為、まずは安易にその言葉を使用しないようにする事も一つの方法かもしれません。

草生えると似た用語

言葉は常に進化しています。

その為『草生える』という言葉もまた進化しているのです。

その為、一つの言葉を覚えたからと言ってそこでおしまいではありません。

常に変化する言葉の世界の何もしっかりと乗っていく事が重要なのです。

一つの言葉が発生すると、その言葉を使っていくつもの言葉が派生して行きます。

その言葉を派生さえる事も一つの才能であり、センスが問われる作業です。

インターネットの世界では、それらのセンスを多く持ってる人が多数存在しており、常に新しい言葉が使われています。

常に勉強して行く必要があるというと、つい難しく考えてしまいがちです。

ですが、それほど難しく考える必要は無いのです。

『面白い』と素直に感じる事が需要な事であり、それをする事が出来るかどうかによって言葉に対する気持ちも大きく変わって行く事でしょう。

『草生える』という言葉に対しても、いくつもの派生した言葉があります。

どれもセンスの良い言葉ばかりなので、より楽しむ事が出来るのでは無いでしょうか。

草不可避

これは何か、面白い話をされた時の反応に使用する言葉です。

草が生える事を回避する事が出来ない。

つまりは絶対に笑ってしまうという意味が込められています。

面白かったと単純に反応するよりも、こういった言葉を使用した方がよりお互いの世界観を楽しむ事が出来るのです。

ここで一つ注意しておく事は、先にこの言葉を使用しない事です。

日常生活でも、『今から面白い話をします』と宣言してからその話をしては、面白い話も面白く無くなってしまいまう。

落ちが分からないからこその、面白さがあるのです。

もし相手に面白いと本気で思って欲しいのであれば、その事を肝に命じておきましょう。

大草原

大草原とは、草が沢山生えている場所の事を指します。

つまりは、沢山笑うという言葉があるということになり『大笑い』となるのです。

大笑いと書くとなんだか嘘くさい様にも感じるかもしれませんが、『大草原』と表現する事によって、なんだか洒落の聞いた言葉のように表現する事が出来るでしょう。

インターネットの世界には、音は存在せず言葉だけしかありません。

その為、その言葉を利用する言葉遊びのような表現が多く使われています。

最初は意味の分からない世界かもしれませんが、そ言葉の意味を知る事が出来れば、その世界の独特な雰囲気ののめりこんでいくかもしれません。

初心者にはなかなか難しい世界と言う事もあり、少々抵抗を感じる人も居るかもしれません。

ですが、実際その世界に飛び込んで見れは外から出は分からない楽しい事を沢山知る事が出来る可能性も十分にあるのです。

はい草

これは、楽しんでいるというよりは適当にあしらっている際に使用される場合が多く『ハイハイ。

面白いですよ』といったどこか冷めた言葉として使用されています。

その為、自分が書き込んだ事に対して、この言葉が使われた場合には喜ぶ所では無く注意すべき所なのかもしれません。

インターネットの世界にある掲示板は、正に独特の世界です。

その中のルールがある物の、通常参加していない人から見れば難しい部分も多々ありなかなかなじむ事が出来ない面もあるでしょう。

その為、つい知ったかぶりをしてしまい、相手を怒らせてしまう事だってあるかもしれないのです。

まず、インターネットの世界をあまり知らない人は、無理をしないのが一番です。

知ったかぶりする人程嫌われる可能性が高く、『はい草』と言って貰えるだけましと言う事もあるかもしれません。

顔が見えない世界な分、辛辣な言葉で責められる場合もあります。

その為、素直に初心者であると言う事をアピールして行きましょう。

そうする事で、例え少々間違った参加の仕方をしても許される場合もあるかもしれません。

草生えるを使う時はSNSで!(まとめ)

いかがでしたでしょうか。

『草が生える』という言葉の意味を理解して貰う事が出来たのでは無いでしょうか。

言葉の意味を知らない時には、全く想像する事が出来ないかもしれませんがちゃんと意味を理解する事が出来れば、確かに『w』は草に見えない事も無く面白いと感た人も居る事でしょう。

この様に、若者が作り出す言葉の中には柔軟な思考回路が多く入って居るのです。

大人はつい『今どきの若い者は』と否定から入ってしまいます。

しかし、彼らが考え出す世界には多くの可能性があり、これからの日本を支えてくれる要素が多く詰まっているのです。

その為、むやみに否定するのでは無く受け入れるだけの深い心を持つ事もまた大切な事です。

特に、言葉の世界は常に進化しています。

今まで使用されていた言葉が、『死語』と呼ばれる事もあり常識は常に変わっています。

その言葉の変化を意識せずに自分の中にある言葉だけで生活する事も、勿論可能です。

ですが、そこで言葉を学ぶ事を止めてしまえばあなたの成長は止まってしまいます。

言葉を学ぶ事が無くなれば、現実社会から取り残されてしまう事も十分に考えられるのです。

言葉は一度覚えればそれで済むと言う事ではありません。

むしろ、そこからがスタートなのです。

常に新しい言葉を知る事で、探求心が芽生えより好奇心を持つ事が出来るかもしれません。

いくつになてもそんな言葉を大事にする事が出来る事は素晴らしい事です。

大いに言葉の世界を楽しんでください。

しかし、ここで一つ注意して欲しい事があります。

それは、幾ら言葉を覚えたからと言って、どこでも使用して良いかと言われれば、それは全く別問題です。

子供が新しい事を覚えた時に、すぐに見せたがるのと同じように新しい言葉を覚えた人は、すぐに使用してみたくなる事でしょう。

それを使用する事によって、ワクワクし楽し気持ちになるかもしれません。

ですがこの時、使用するときと場所を間違えてはいけません。

例えば、どんなに使用してみたいと思ったとしても会社でこのような言葉を使用してはいけません。

特に取引先や上司など、絶対にあってはならない事です。

例え親しい友人だったとしても、インターネットの世界に疎い人であれば意図が伝わらず相手を困惑させてしまう事もあるかもしれないのです。

新しい言葉を使用する際は、インターネットの世界で使用してみましょう。

元々が、インターネットの世界の言葉であるのであれば、なおの事です。

ここで使用する分には、誰にも文句を言われる必要はありません。

『年齢に合わない』などと批判される事も無いでしょう。

ですが、こちらの世界はこちらの世界で、また難しい事も多々あります。

いずれにしろ、これらの言葉を使用するのは難しく素人の人が気軽に入って良い世界では無いのかもしれません。

それでも、言葉が面白い・使ってみたいと考える人であればその好奇心のままに突き進んでみてはいかがでしょうか。

例え失敗する事になったとしても、自分の経験値を上げることが出来るので決して無駄な時間にはならないのではないでしょうか。