世の中には、沢山の仕事があります。

それぞれ大切な仕事であり、それがあるこからこそこの世の中は成立してると言っても過言出はありません。

どんなに楽そうに見える仕事であっても実際にはとてつもない努力を必要とする仕事ももあるかもしれません。

人は大変な思いをして仕事をして仕事をしています。

その対価としてお給料を頂いて居るのです。

お給料があるからこそ、人は大変な仕事であっても頑張る事が出来るのです。

生活して行く為にはお金が必要です。

そういった観点からも、お給料の為に働く事は正しい考え方なのかもしれません。

人生の全てを仕事にかけろとは言いませんが、生きていく為に仕事をする事は必須であり、どうせ働かなければいけないのであれば楽しい仕事をするに越した事はありません。

仕事をする時はする。

休む時は休む。

そのメリハリを付ける事によって、より充実した時間を築く事が出来るのでしょう。

ですが、世の中にはお給料も出なければ休みも無い仕事もあります。

それは家事です。

家事を仕事というと、大げさだと感じる人が居るかもしれません。

しかし、それは全く大げさではありません。

家族の健康を維持し、きちんと生活する事が出来るように衣食住を整える事はとても大切な事です。

その為、その全てを受け持っている主婦の方は尊敬に値するレベルです。

特に、専業主婦の人の場合には他に息抜きをする場所がありません。

仕事をしている人は、仕事先で評価して貰う事も出来ますが、専業主婦の場合はそうはいきません。

やって当たり前だと感じている中で家事をする事は決して楽しい物では無く、そこに育児が加わればストレスは更に大きくなる事でしょう。

自分のしている事に正当な評価が得られなければ投げ出したくなるような気持ちになったとしても不思議ではありません。

また、主婦には休みがありません。

外で働いているひとは、当然のように休みがあるのにも関わらず。

主婦には無いのです。

これは不公平としか言いようがありません。

その為、主婦の人たちは、自分なりの方法で、生き抜くを探したり休憩して行くしかないのです。

そんな時に役立つのが、家事をサポートしてくれるグッズです。

家事を休む事が出来ないのであれば、少しでもその負担を減らす事が出来るように様々な器具を駆使する事をおすすめします。

最近では素晴らしい物が沢山登場してくれるので、必ずやあなたの役に立ってくれるものが登場する事でしょう。

主婦必見!おすすめの物干し台を紹介!

家事の中でも上位を占めてる物に、炊事・洗濯があります。

人は、ご飯を食べなければ生きていく事が出来ません。

その為、どんな人でも食事を取る事は辺り前に行う行為です。

その為、料理をする事も365日続く行為でしょう。

ですが、料理は毎日365日真面目に作る必要はありません。

時にはお惣菜に頼ったり、外食する事も可能でしょう。

そうする事によって、家事に負担を少し減らし明日に繋げる事が出来るようになります。

更には、日々のストレスを解消する事が出来るようになるかもしれません。

それに比べ、洗濯はどうでしょうか。

洗濯は、基本的に手抜きと言うものが存在しません。

乾燥器などをお持ちの方は、入れたらそのまま着れる状態の服が出て来る事もありさほど苦に感じないかもしれません。

ですが、それ以外の方はどうでしょうか。

汚れた衣服は必ず洗わなければなりません。

汚れが酷い時には手洗いだってする事もあるでしょう。

その為、実は料理よりてがかかるものなのです。

毎日洗濯機を回さなかったとしても、その溜まった分をいつかは解消しなければなりません。

その労力を考えれば、決して楽な仕事とは言えないでしょう。

ですから、洗濯の場合は器具を利用して少しでも負担を減らす事に重きを置く事をおすすめ致します。

洗濯に使用する用具をじっくりと考えて購入している方はどれほど居るのでしょうか。

多くの方は、『とりあえずこれでいいや』という考えで購入してはいませんか?一見問題ないように見えるその洗濯器具も、自分に合った物を選ぶ事によって、より効率的に仕事をする事が出来るかもしれません。

そこで今回は、洗濯に欠かす事の出来ない物干し台の選びかたについてご紹介させて頂きます。

今あなたが使っている物干し台はどうでしょうか。

あなたに合っているのでしょうか。

自分が使用しているものと比べ、よく見比べて見てはいかがでしょう。

物干し台の選び方


物干し台選びで一番重要な事。

それは、部屋の構造です。

住んでいる場所は人によって大きく異なります。

一軒家の人も居ればマンションに住んで居る人も居るでしょう。

それによって、使用する家具の大きさは変わって行きます。

それと同じように物干し台の形もまた大きく変わって行くのです。

例え、どんなに優れた物を購入したとしても家のサイズや作りに合って居なければ使い易い物干し台とは言えないでしょう。

そればかりかかえって使いにくさを感じて買い替えたいと感じる事もあるかもしれません。

物は高ければ良いと言うものでは無く、値段とは関係なく自分の家の作りにあった物を選ぶ事が一番大切なのです。

その事を理解して購入して行かないと必ず納得する商品を購入する事は出来ないのでは無いでしょうか。

一戸建て

一戸建ての場合は、マンションやアパートに比べて干すスペースを沢山確保する事が出来ます。

その為、大きなものを購入下としても十分に使いこなす事が出来るでしょう。

一軒家の場合は、基本的に一人暮らしでは無く、家族と住む場合が多いとされています。

その為、洗濯の量も必然的に多くなり、沢山のスペースを確保する事が出来る一軒家は物干し台を購入する際にもさほど悩む事無く行う事が出来ます。

今までは、マンションなどに住んでいた人が使ってた物干し台をもっていく事で心なしか狭くなった当に感じる事もあるでしょう。

それは、スペースに対して物干し台が合っていない方こそ起こる現象なのかもしれません。

より良い物を使用する為には、部屋の変化と使用する器具を少しづつ見直して行く必要があるでしょう。

屋外と屋内に設置しよう

一軒家の場合には物を置くスペースが多く確保されています。

その為、どんな家具であったとしても基本的に大きな物を置くことが出来る事が嬉しいポイントです。

もし物干し台を設置する事を検討しているのであれば、屋外・屋内それぞれに設置する事をおすすめ致します。

最近では物騒な事件も多くなっています。

その為、防犯的に考えて大きめなバスタオルや洋服などは屋外に干して下着などを室内に干す事をおすすめします。

その為にも、それぞれの物干し台が必要となるのです。

更には、雨の場合などは全ての洗濯物を室内に干す事も十分に考えられます。

そうなった時、物干し台が用意されていなと何かと不便な場合も多々出てくる事でしょう。

必要になった時に買いに行こうと思って居たとしても、それはそれで意外と面戸なものです。

今すぐに使いたい!そんな風に思う事もあるかもしれません。

その為、一軒家に住む事になった場合には様々な事を想定して確保しておいて損は無いのではないでしょうか。

マンション・アパート


アパートやマンションの場合は、スペースが限られています。

その為、なんでも感でも購入する事は出来ず、本当に必要な物だけど選んで購入する事が必要となります。

その為、物干し台も単に大きければ良いと言うものでは無く、部屋のサイズに合って居る物を購入する事をおすすめします。

そうする事で、ストレスを感じずに使う事が出来るでしょう。

アパートやマンションの場合は、余り洗濯物を外に干さない方も多く居るでしょう。

大きいもの程干してはいけないという決まりがある所もある程です。

その為、大きすぎるのも良くありませんが小さすぎるのもまた良くないと言えるでしょう。

部屋のサイズは勿論、家族構成によってもお勧めの物干し台のサイズは変わってきます。

その為、私たちは自分の家族の形を考え、一番使い易い大きさの物を考えていかなければなりません。

出来る事であれば、物干し台を置く為の部屋やスペースを事前に確保する事が出来れば、更にストレスなくより良い時間を作る事が出来るのでは無いでしょうか。

カギ型タイプの物干し台

アパートやマンションで物干し台を購入する際、最も器具されるポイントの一つが落下です。

例え小さな物であっても、高さのある場所から落下すれば凶器となります。

その為高い場所に住む人であればある程、その事をしっかりと考えておかなければなりません。

特に物干し竿などが下に落ちてしまった場合、例え故意で無かったとしても大きな事件となってしまう可能性も十分にあります。

他人の事は勿論、自分の身を守る為にもきちんとした物を購入しておかなければならないでしょう。

安全面を考慮した場合、アパートやマンションの方におすすめの物干し台があります。

それは、鍵付きタイプの物干し台です。

鍵付きタイプと言っても、マンションのように部屋の鍵が付いているⅯのではありません。

針金のようなものが曲がった形の部分が付けられており、そこに物干し竿を通す事によって、がっちり固定する事が出来るのです。

その為、落下を防ぐ事が出来るという商品なのです。

自分ではしっかりと出来て居る。

落ちるわけが無いと思っている物も、何がきっかけで落ちてしまうかは分かりません。

穴にさえ通してあれば大丈夫と過信している方も、最近の異常気象のせいで気が付いたら下に落下していたなんて事だってあるかもしれないのです。

物事は、起きてから後悔したとしても意味がありません。

その為にも、事前にきちんと用意をしておくことが大切なのです。

もしもの事を考えて、高さのあるマンションやアパートに住む方はきちんとした作りの物を購入する事をおすすめ致します。

単身者はたためる物干し台を

単身者は、基本的に部屋の大きさがそれほど無い場合が殆どです。

若い方の場合は、家賃を節約する為に、特にそれほど広く無い部屋を借りる事でしょう。

その為、物干し台の大きさもある程度考えて購入しないと部屋を占拠してしまう事になってしまうかもしれません。

とはいえ、単身者の人屋外の物干し台よりも屋内の物干し台を大きめな物にする事もおすすめします。

その大きな理由の一つとしては、部屋干しの需要の方が圧倒的に多いからです

家で家事をしてくれる人が居る場合と違い、単身者の場合は基本的に全て自分で作業を行わなければなりません。

その為、朝なかなか時間に余裕をもって行動する事が出来ない人は、夜の内に洗濯ものを片づけておく事も十分に考えられます。

そういう観点から、部屋干し用の屋内物干し台をきちんとしたものを購入する事はとても大切なポイントでしょう。

単身者の中には、勿論若者だけではなくお金に余裕のある人たちも勿論居る事でしょう。

そういった方々の場合は、部屋にも余裕がありきちんと物を置くことが出来るスペースを確保する事が出来るかもしれません。

その為、単身者=小さいものという考え方では無く自分にあった物を購入する事をおすすめ致します。

物干し台はそうそう悪くなる物ではありません。

最初は、少々高い出費だと思ったとしても何年も使用する事を考えれば決して高い買い物とは言えないかもしれません。

物干し台を長持ちさせるコツ

物干し台は、どこの家庭にも必ず一つはある事でしょう。

備え付けの物がある人も居れば、自分で購入して設置している方もいます。

一番多い物では、物干し竿を取り付けるスペースが確保されており、そこに様々な物を取り付ける物です。

これがある事によって、洗濯を干す事が出来ます。

どんなに家事が嫌いな人であっても、洗濯をしない人はいないでしょう。

中には、コインランドリーで全てを済ませてしまうという人も居るかもしれませんが、それではお金がかかってしまいます。

そんな事に気を使わない程のリッチな生活な人であれば構いませんが、多くの人の場合はそうはいかないでしょう。

その為にも、洗濯を干す為の物干し台が必要なのです。

物干し台には、屋外・屋内用があります。

両方あるに越した事はありませんが、スペースの関係から全てを置く事は出来ない場合も多々ある事でしょう。

その為、自分にあった物を選び優先して考えて行く必要があります。

屋外・屋内どっちを優先するかは生活スタイルによって異なります。

自分にあった物を選んで行きましょう。

また、せっかく購入するのであれば自分が気に入った物を購入する必要があります。

物干し台は何度も買い替える物ではありません。

自分が使い易いと感じる物を購入する事で、これから数年間ストレス無く使っていく事が出来るのです。

最初は高いと感じるような値段だったとしても、それ以降いい仕事をしてくれるのであれば、後悔する事は無いでしょう。

良い物干し台を購入したら、是非長持ちさせるように大事に使用して行きましょう。

①風通しのいい場所に

物干し台を使用すると言う事は、洗濯物を置くと言う事になります。

その場合、一番気にしなければならない事は、風通しです。

風通しの良い所に置かないと、洗濯ものが半渇きとなり匂いの原因となります。

屋外に置く場合には基本的にさほど心配する事では無いかもしれませんが、室内の場合には注意が必要です。

スペースの関係でなかなかいい場所に置くことが出来ない場合も多々あるかもしれませんが、出来るだけ窓の近くに置くなど工夫を凝らす事をおすすめします。

屋内の場合は、人によっては何日も干しっぱなしになる事もあるでしょう。

そのまま片づけずに干してある場所から取り、また干すという作業を繰り返している人だって居るかもしれません。

その場合、匂いがある物を着る事になってしまうとテンションはがた落ちです。

せっかく洗濯したのにも関わらず着る事すら嫌になってしまうかもしれません。

生活リズムや防犯の観点から、どうしても部屋干ししか出来ない方は、出来るだけ綺麗な空気をいえの中に取り込みスッキリとした状態で干しておく事をお勧めします。

自分では既に気が付いていなかったとしても、他の人から見れば十分に部屋の中が臭くなってしまっている場合もあり、注意が必要です。

②湿気を避ける

これは、屋内に物干し台を置く場合に特に注意して欲しいポイントです。

梅雨などの、雨の時期に一時的に屋内の物干し台を使用する方には、余り問題は無いかもしれませんが生活リズムや防犯によって、基本的に洗濯ものは室内にしか干さないという人も居るでしょう。

それも人それぞれなので、無いも悪い事はありません。

しかし、注意して欲しいポイントがあります。

それは、湿気です。

慢性的に室内干しをする場合、部屋の中は通常に比べるとどうしても湿度が高い状態となります。

冬場であれば、加湿の効果があリいいかもしれませんが夏場や梅雨の時期などじめじめしている時などはカビの原因となってしまう事もあるでしょう。

壁紙や障子など、現代の家の中にも紙素材は多く使用されてます。

それらは従来に比べ、湿度にも強く出来ています。

ですが、それであったとしても、湿度に全く問題ない訳ではありません。

プラスチック製品などと比べれば明らかに強度は落ちてしまいます。

湿気が多い所に長時間置いておけば劣化し、カビなどが生えてしまう原因になる事も十分に考えられます。

カビは見た目に悪いだけでは無く健康的な被害を出してしまう事でもしられています。

まだ目には見えない状態のうちから増殖してしまっている可能性もあり、気が付いた時には取り返しのつかない事になって居る可能性も十分に考えられます。

その為、物干し台を置く際は出来るだけ湿気の溜まりにくい場所にするか、場所を一定にする事無く移動させる事をおすすめ致します。

③重石を置いて固定する

屋外に物干し台を設置する場合は、まずは安定して設置する事が絶対条件となります。

特にマンションやアパートなどの高さがある建物の場合は、もし落下などさせてしまった場合大きな事故に発展する場合もあります。

わざとで無かったとしても、誰かに怪我を負わせてしまった場合などは責任を取らなければいけない場合もあるでしょう。

その為、設置場所は勿論設置方法についてもきちんと考えて実行する必要があるでしょう。

物干し台は、持ち運びを考えて年々軽量化が進んでいます。

軽く使い易い物はとても良い事ですが、その分風などにあおられてしまう可能性も高くなっています。

その為、そうならない為にしかk理と設置する必要があるでしょう。

賃貸などの場合は、原状復帰が退去の条件と言う事もありセメントなどで固める事は出来ません。

ですから、まずは重い石をおいて動かないように設置します。

原始的な方法ですが、結局の所この方法が一番安全で効率的な方法なのです。

石を置いて固定するだけでは不安だという方は、紐を使って家に結び付けてしまう事もいいかもしれません。

最近は天候が劇的に変わる場合が多々あり間座に異常気象となっております。

その為『これくらい大丈夫だろう』という考えが通用しない場合が多々あります。

その為、念には念を入れてししっかりと固定しておく事に無駄は無いでしょう。

オススメの物干し台5選

それではここでおすすめの物干し台をご紹介させて頂きます。

物干し台にもいろいろな種類があり、多くのオプションが付けられた物も存在しています。

その為、それぞれの機能を知らずに雰囲気で選んで購入してしまっては後から後悔する事にも繋がります。

そうなってしまわない為にも、何事も事前の準備をしっかりしておく事をおすすめ致します。

他の人がどんなに使い易いと紹介した所で生活スタイルが違えば、使い易いと感じる形も全く違うでしょう。

その為、他人の意見を聞き入れる事も大切な事ですが、自分の考えをしっかりと持ち行動する事も需要なポイントでしょう。

これから物干し台の購入を考えて居る方は勿論、既に持っている方も、これからの参考にしてみてはいかがでしょうか。

布団も干せる伸縮式物干し

最近のマンションは、外に布団を干す事は禁止されています。

安全面を考えれば確かにそれも仕方の無い事なのかもしれません。

ですが、誰もが布団乾燥機を持っている訳ではありません。

その為、布団を外に干したいと感じる事もあるでしょう。

そんな時に便利なのがこちらの物干し台です。

伸縮性があり、長さを自在に調整する事が出来ます。

その為、布団を干したい時は長さを出す事によって安定して布団を干す事が出来ます。

手すりの部分などにひっかけて干す事は禁止されて居ますが、これさえあれば誰に気兼ねする事も無く思い切り布団を外に干す事も可能となります。

つっぱり式物干し

この物干しの最大の利点は、収納が簡単だと言う事です。

必要な時だけさっと取り出して使用する事が出来ます。

ずっと出しっぱなしだと汚らしく見えてしまう部屋干しの道具も綺麗に片づける事が出来るのです。

その為、一軒家などより家を綺麗に保ちたいと考えている方には、つっぱり式の物干し材がおすすめと言えるでしょう。

ただし、これは長期的に使用する為に作られた物ではありません。

そのため使用する頻度によっては簡単に壊れててしまう可能性も否定できません。

大変便利な物ですが、自分の生活に合っているかをキチンと見極めてから購入する事をおすすめ致します。

洗濯物雨避けカバー”Yoke”(kusu kusu works)

朝は良い天気だったのに、外に出て暫くすると、雨がふってきてしまいせっかく洗った洗濯ものが濡れてしまったという経験のある方も多いのでは無い出ようか。

せっかく一枚一枚洗濯したものが残念な姿になってしまっては心底がっかりしてしまうでしょう。

そんな時におすすめなのが洗濯ものの雨よけカバーです。

人間のカッパをイメージして貰えれば分かるでしょうか。

それの洗濯物バージョンなのです。

カバーをかけておく事によって、とっさの時の雨から洗濯ものを守る事が出来ます。

仕事などで家を空ける機会が多い方もこれがあれば安心して外に洗濯ものを置いておくことが出来るでしょう。

本当は外に干したいけれど、仕事がある為なかなか天気に合わせて干したりする事が出来ない方も多く居る事でしょう。

そんな方々の味方となってくれるのが、こちらの商品なのです。

今後の為にも是非購入してみてはいかがでしょうか。

壁手すりタイプのベランダ物干し

最近のマンションやアパートのベランダには、転落防止を目的として手すりが付けられて居る事が帆殆どです。

この壁手すりタイプのベランダ物干しは、その手すりを利用して物干し台をくっつけることが出来るようになっています。

器具を使用して設置するので、強度や安全性も高く安心して使用する事が出来るでしょう。

床に置くタイプの物干し台だと、狭いベランダの場合圧迫感があり使用する事が出来ません。

どんなに良いもの出会ったとしても、身動きが出来ないくらいピッタリと置かれてしまっては単なる邪魔な物にしか過ぎないからです。

その為、私たちは自分たちの生活にあった物を選んでいく必要があるのです。

さほど広くないベランダに物干し台を設置する場合には、壁手すりタイプのベランダ物干しを使て見てはいかがでしょうか。

室内物干し

最近では、物干しを外に出す事を余りしない方もおおくなって居ます。

その大きな理由としては、生活スタイルが夜型となっており、朝の早い時間に外に洗濯ものを出す事が出来ない為です。

また、出す事は出来たとしても取り込む事が夜中になってしまう事もあるかもしれません。

そうなってshまうと、せっかく綺麗に乾いた洗濯ものも何だか湿っぽいような肌触りになってしまいます。

更に、女性の場合は、下着泥棒なおどの心配などもありむやみに外に洗濯を干す事はおすすめ出来ません。

日常的に洗濯を部屋干しにするのであれば、ある程度大きさのある物を購入下としても問題は無いでしょう。

基本的に屋内ようの物干しの場合は、持ち運びや片付ける利点などを考えて軽量化されている場合が殆どです。

軽くて持ち運びしやすい事は良い事ですが余りにも軽すぎると使用する頻度によっては壊れてしまう事もあるかもしれません。

その為、もし屋内をメインの洗濯場として考えている場合にはよりしっかりとした物を購入する事をおすすめします。

しっかりとした作りの物は、他の物と比べると重く感じるなどの難点があるかもしれません。

ですが、その分しっかりとしており、長期的に使用する事が出来ます。

長期的に使用する事を考えれば、多少値段の張る買い物だったとしても十分価値のある物として使用する事が出来るのでは無いでしょうか。

私たちはどうしても、目先の物に重きを起きがちです。

その為、物理的に易い物に興味を抱きそちらにばかり目が向いてしまう事もあるかもしれません。

ですが、本当に必要な事は長い目で多くの事を見極める事です。

その事を良く考え行動していくようにしてください。

洗濯上手はまず物干し台から!(まとめ)

いかがでしたでしょうか。

一口に『物干し台』と言っても色々な物があった事がご理解頂けたのではないでしょうか。

物干し台は、自分がどんな家に住んでいるかによってもお勧めの商品が変わってくる場合もあります。

用途によって違う事もあり、何も考えずに購入してしまうと後から後悔する事になってしまってもめずらしい事出は無いでしょう。

その為、購入を決定する前には、様々な趣味レーションを行っておく事をおすすめします。

家事は終わりがありません。

例え、どんなに綺麗に掃除を下としても次の日には必ず汚れが出てきます。

毎日同じ事を繰り返しているだけの行為はときとして発狂したくなるほどのストレスを感じる場合もあります。

そんな大変な思いをして家事をしている事に、家族が理解を示してくれるのであればまだ頑張る事は出来ます。

ですが、それが全く無い場合には全てをボイコットしたいような気持になる事もあるでしょう。

そんな時は、自分の事は自分で守ること言う事で行動してみてはいかがでしょうか。

手助けしてくれない家族に相談する必要は無く、自分が必要だと感じるのであればそのまま便利商品を使用する事が出来るかもしれません。

今回ご紹介させて頂いた物干し台も、あれを使用する事で自分の日々の家事を少しでも楽にする事が出来ると思うのであればすぐにでも購入する事をおすすめします。

365日働き続ける為には、上手に手を抜く事も必要です。

多くの事に折り合いをつけ、様々な便利グッズを駆使しながら何びりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。