おならは誰でも出てしまうものです。

しかし、公衆の中で出してしまうと恥ずかしいですよね。

ご自身でコントロールして出せる人もいるらしいですが、なかなかコントロールするのも難しいですね。

また、何と言ってもおならの匂いの臭さが一番の嫌な原因でもありますね。

臭くないと言い張る人もいますが、ほとんどの場合、おならは臭いと言っても過言ではありません。

そもそも、おならとは、口から入った空気と腸内で細菌が食べ物に分解される時に発生するガスが混じったガスで、そのうち80%ぐらいが血液と一緒に肺へ運ばれ吐く息と一緒に外へ排出され、体に残ったガスがおならとして出ていくのです。

おならはどうして出るのか?
どうしたらおならの回数を減らすことができる?
おならの臭さを軽減することはできるのか?

そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

そこで今回はおならについてご説明します。

もしかしたらあなたのおならに対する悩みがなくなるかもしれませんよ。

ぜひ、参考になっていただけたら幸いです。

おならがよくでる原因とは?

おならがよくでる原因はいろいろとあります。

食生活やストレスによるもの、そして、病気が原因になっているケースもあります。

ここではなぜおならの原因になるのかご説明します。

食生活によるもの


いっぱい食べるとおならの原因になると思っている人がいるかもしれませんが、そんなことはなく、おならはあくまでガスです。

食べたものによっておならがどうのこうのと言うわけではありません。

では、何がおならの発生原因になるかと言うと、それは飲み込む際に食べ物と一緒にどれだけ空気を飲み込んでいるかがおならの発生原因になります。

食事の際に良く噛まずに飲み込んでしまう人はご飯と一緒に大量の空気を飲み込んでしまっている可能性があり、それがまずおならの原因に直結しています。

また、噛んでないことにより、飲み込んだ物を胃でしっかり消化することが出来ず、腐敗が進むので、臭いおならの原因になります。

また、温かいもしくは熱い飲み物が好きな方も要注意です。

熱い飲み物はすすりながら飲むので、知らないうちに大量に空気を吸ってしまっている可能性があります。

熱い飲み物をよく飲むこともおならの発生に直結します。

さらに、空気をたくさん含んでいる炭酸飲料もおならの発生原因の一つになっています。

ゲップとして出されたとしても、腸にたどり着いた場合、腸内ガスとなるので、おならの発生を高めます。

つまり、いかに余分な空気を吸うことを防ぐかが、おならの発生を防ぐことになります。

食べる際は良く噛む、熱い飲み物や炭酸飲料は極力飲むを避けるようにするなどの対策がおならの発生を防ぐことにつながります。

ストレスによるもの

ストレスも立派なおならの発生原因になっています。

それは、ストレスをためるとイライラして無意識に空気を大量に吸い込んでしまっているケースが多く、おならの発生原因になっています。

また、ストレスの貯めこみすぎにより、自律神経バランスを崩される方もいて、この場合ですと、副交感神経の働きが鈍くなり、同時に胃腸の働きも鈍くなるので、食べ物の消化がうまく働かず、ガスがたまりやすくなり、消化しきれない食べ物が腐敗して臭いガスの発生要因になってしまいます。

対策としては、ストレスを貯めないように努めることです。

病気によるもの


おならが発生する原因になる病気としては、「呑気症」「空気嚥下症」「クローン病」などがあります。

「呑気症」「空気嚥下症」は呼び方が違うだけで、症状はほぼ同じです。

唾液とともに大量の空気を無意識に吸ってしまうことで、これはストレスをためやすい方、考えごとの多い方、緊張することが多い方などに多い症状で、かかっているかどうかも本人ですらわからない病気です。

また、明確な治療法もないので、もし、ご自身がこの病気かもと思いましたら、空気を吸う時間を減らすなどしてみましょう。

たまに気を紛らすために空気を吸うなど、不必要な呼吸を減らすことをおススメします。

おならを我慢するときって?

おならが発生する原因がわかりましたが、それでも発生する可能性はあり、あなたはどんな時に我慢しますか?
おそらく人それぞれで違うと思います。

ここではおならを我慢しないといけない場面と、なぜ我慢しないといけないのかをご説明します。

仕事中での大事な場面

会議中、制作中、作業中など人によって仕事の大事な場面は異なりますが、仕事中におならを出すのは我慢した方が良いです。

それは、仕事への集中力の低下の原因になるのと、相手に不快な思いを与えてしまうからです。

仕事に真剣に取り組んでいる時におならの音と、臭い匂いは相手の集中力を奪い、なおかつ不快な気分にさせてしまいます。

また、出してしまった本人も集中力がないなどのように見られる危険性があり、お互いに良い思いはしません。

集中していればおそらくおならは気にしないと思うのですが、体内にたまりすぎたガスを抑えるのは大変ですが、できる限り我慢しましょう!

学校や会議などでの沈黙の場面

沈黙の場面で仮におならを出してしまった場合、音はかなり響き目立ちます。

すぐに誰が出したかもわかるので、ごまかしようがありません。

さらに、匂いが臭いともうどうしようもなく、会議どころではなくなります。

沈黙の場面では、絶対におならをしないほうが良いです。

これはあなたのためでもあって、その場にいる相手のためでもあります。

匂いもそうですが、まず、おならの音でもって不快に思う方が多くいるので、このような場面では我慢して出さないように努めるのがマナーでもあります。

彼氏や彼女と一緒に居る時の場面

絶対に出してはいけません。

出した瞬間に相手を不快にさせるだけでなく、関係もその瞬間に終わってしまう可能性が大きいです。

まず、音や匂いもそうですが、一番はデリカシーがない、マナーがなっていないと言うイメージが着くので、良いことは1つもありません。

また、出してしまうことで相手のことを考えていない、自分勝手な人だなという印象もついてしまう危険性もあるので、相手がいる前では出してはいけません。

これは彼氏や彼女だけに限りません。

あかの他人の前でも絶対に出してはいけません。

我慢するようにしましょう。

狭い空間で相手が存在する場面

この場合は匂いの充満が他の場所より早く進むので、匂いによる被害が最も大きいケースになってしまいます。

狭い空間でのおならは相手だけでなく、自分にも被害が喰らうケースがあり、いくら自分のおならだからと言って、おならの匂いが平気と言う人は少ないはずです。

音が鳴って不快な思いをして、すぐに匂いが充満するなど二重の不快さがあり、相手から白い目で見られてしまう可能性が高いです。

別に他人だからと思う方も多いと思いますが、その場にいる相手がもし気になるような方でしたら最悪ですよね。

せっかくのめぐり合わせも台無しになってしまいます。

狭い空間では絶対におならを出してはいけません。

我慢するようにしましょう。

初対面の人との場面

これは一発であなたの印象やイメージが悪くなってしまいます。

どんなに良い性格の持ち主でもおならを出してしまって印象やイメージの回復をするのは難しいです。

「おならの人ね」などのあだ名がつくなど、その初対面の人の周囲であなたが「おならの人」になってしまい、今後のやり取りなどに支障をきたす危険性が大きいです。

お仕事などの契約や営業の場面などでは、業界の狭さもあり一気にあなたが「おならの人」として、噂が立ち、あなただけでなく、勤務している会社にもダメージを与えてしまうので、大変です。

初対面の人と交流している時は絶対におならを出さないように我慢しましょう!
あなたのためでも、あなたの所属する会社のためでもあります。

おならを咄嗟に我慢するための7個の工夫

おならのデメリットがわかったと思いますので次におならを咄嗟に我慢するための方法や対策などをご紹介します。

全ての方法が合うと言うわけではありませんので、あなたにあった対策方法を選んで実践していただければと思います。

ぜひ、おならを防ぐようにしましょう。

1.お尻に力を入れる

お尻に力を入れることで、お腹の力が緩和されるので、おならを防ぐことが出来ます。

お腹に力が入っていることにより、ガスを外へ出そうとするので、それがおならにもなります。

また、お尻に力を入れることで、お尻に向かっていたガスが一瞬ですが、お腹のあたりに戻ります。

お腹がゆるくなるのでまだガスを貯めこむ余裕が出来るので、おならを防ぐことができますよ。

ちょっと出そうだなと思いましたら、肛門をキュッとして力を入れてお腹の力を緩めるようにしましょう。

お腹に力を入れると出てしまうので注意

お尻に力を入れる際に誤ってお腹に力を入れてしまう可能性もあり、これでは逆におならを発生させてしまう危険性があります。

普段からお尻に力を入れる練習をするなどして、お腹に力が入らないように気をつけましょう。

お腹に力が行ってしまっては大変です。

あなたの印象やイメージにダメージがついてしまうので気をつけましょう。

2.無理に動いたりしない

動くとお腹に刺激がいって余計におならを発生させてしまう原因になります。

ヤバいなと思ったら、無理に体を動かさず黙って止まりましょう。

ガスなので、揺れると余計に早く動いてしまうらしいです。

これの例えとして、スプレー缶を振ると出が良くなりますよね。

それと同じようなことで、体を動かすことで体が振れているのでガスも出やすくなるのです。

自然に出てしまう可能性がある

体を揺らすことでガスの循環が謝るので余計におならが出やすくなり、無意識に出てしまうなどの危険性もあります。

これでは防ごうにも防げません。

やばい出そうと感じたら極力、体を動かさないように心がけガスの循環を遅くするようにしましょう。

体を揺らすことでお腹に刺激が行くのでガスを外に出そうとします。

体を動かさないためには何かに集中すること、1点を見つめることなどが対策と言えます。

ぜひ、おならを出さないために集中力を高めましょう。

3.姿勢を少し変えてみる

お腹に刺激をいかないほどで体を動かしてみて姿勢を変えてみましょう。

さっきまで体の姿勢が違うので、さっきまでの感じと違うくなり、おならを忘れることができますよ。

また、緊張感などもほぐれるので、おならの発生原因にもなる余分な空気の呼吸もなくなるので、ガスの充満も防ぐことができます。

さらに、視点が変わるのでリラックス効果もあり、違った場所に集中力が行くので、おならのことも忘れてしまい出す心配もなくなります。

大勢や姿勢を変えると少しは楽になることも

姿勢を変えることで緊張感がほぐれるので、ガスを充満させる原因である余分な空気の呼吸を防ぐことが出来るので、おならの発生を抑えることができます。

また、すでに体内で発生しているガスについても姿勢を変えることで、視点が変わったり、考えに変化が出来るのでおならから考えをそらすことが出来ます。

ただし、姿勢を変える際にお腹に刺激を与えるとおならの発生する確率を高めるので注意が必要です。

お腹への刺激は、無意識のおならも発生させてしまうので、最も危険なことです。

姿勢を変える際にはお腹に注意して変えるようにしましょう。

緊張感などがおならの発生原因でもあるので、緊張している時は一息するなどして、平常を保つようにして、余分な空気の呼吸を防ぐようにしましょう。

4.腰を動かす

腰を動かすことでお尻に向かっていた充満したガスを分散させることができるので、おならを防ぐことが出来ます。

これもお腹を刺激させないように腰を動かすことが大事で、お腹に刺激を与えるとおならを出してしまう原因になりますので注意しましょう。

うまくする方法としては、腰をゆっくり回転させることです。

このことで、おならを防げる他に緊張感を和らげる効果もあるので、余分な空気を吸わずに済むので、おならの発生原因を防ぐこともできるので、おならの対策になります。

普段から腰を動かすことで、おならの回数も減らすことができますよ。

腰を回転させることで抑えられる

腰を回転させることで、ガスの塊が分散するので、おならを防ぐことができます。

また、緊張感も和らぐので余分な空気を吸うこともなくなるので、おならの発生原因を防ぐことができます。

つまり、おならが出そうという時に動かして防ぐ効果もあれば、普段から腰を動かすことでおならの発生を防ぐことができるので、意識的に行うと効果的です。

何より回数を減らせるので、我慢する回数も減らすことになるのでストレスの軽減になりますね。

5.違うことを考える

おならが出るのは、おならを気にしてしまっていることも原因になります。

これは人間の持つ特性で意識するとそれが怒りやすくなってしまいます。

なので、普段からおならのことを考えないようにすることがおならを防ぐ方法でもあります。

それでも出そうだなと思ったらその時もおならとは違うことを考えましょう。

潜在意識に少しでもおならという言葉があると、それを引き寄せてしまう危険性があるので考えないことが得策です。

ちょっとスピリチュアルな感じもしますが、意外とこれが最適な方法と言えるかもしれませんよ。

自然と音や臭いもなく出ていることも

意識してしまうとそれを引き寄せる!これはおならも同じでおならを考えるとおならを出そうと働いてしまうそうです。

これまで、経験から「ヤバい、おならが出そう」と思うと、おならが近づいてくるような感じはありませんか。

おそらくおならはあなたが意識してから出そうになると思います。

故に、おならを意識せずに違うことを考えることでおならを防ぐだけでなく、おならを気にしなくても済みますよ。

また、そのようにすることで、実はおならを出したことも忘れていることもあります。

それも音や臭いも気にすることもないおならを出しているかもしれません。

これなら、相手に不快な思いをさせることもなく、ご自身も不快な思いをしなくて済みますので、ぜひ、実践してみましょう。

6.おならを気にしない

前項で述べたのに類似しますが、気にしないことが防げる方法として最適な方法だと言えます。

気にしないのが難しいと思いますが、「おなら」の「お」の字も考えない日を作ってみて、実践するとわかると思いますが、トイレ以外ではおならを出すような現象は起こりませんでした。

これは、意識がおならに行っていないので引き起こす必要もないという考えが働き、おならの発生を防ぎます。

どうすれば気にしなくて済むかと言いますと、あなた自身で興味のあるものを持って常にそちらを考えられるようにしましょう。

つまり、あなたにとって強い興味を持つことが最適な対策と言えます。

他のことに集中する

おなら以外のことに集中すると、おならを考えることがなくなるのでおならを引き寄せません。

仕事、興味、趣味など何でもいいのであなたが常に集中して考えることができる事柄を見つけるようにしましょう!そうすると、あなたの意識はそちらへ向かうのでそちらの事柄を引き起こすようになります。

同時におならを気にしなくなるので、おならの発生も防ぐことができます。

難しいように思う方もいらっしゃると思いますが、そんな難しくありません。

要はあなたの好きなことを常に考えるようにすれば良いのです。

おならが好きな人はそういませんよね。

なら、すぐにでも実践できる方法ですよ。

7.音が出ないようにする

それでもおならを防ぐことが難しい場合はあります。

そんな時は音を鳴らさずに出すようにしたいので、その方法をご紹介します。

ただ、これはあくまでも音が鳴らない方法であり、臭いまでは防ぐことができません。

臭い防ぐのであれば、飲み込んだものを体内で腐敗させないようにするぐらいしか対策はありません。

ここではおならの音が出ない方法をご紹介しますので、ぜひ、参考にしてください。

本当なら出さないのが一番ですが、どうしても防げない時の対策として覚えましょう。

片方のお尻を少し浮かしてゆっくり力を入れる

おならの音の発生する原因が、実はお尻の皮膚とガスが合わさって生じていることが多いです。

つまり、おならを勢いよく出さなければ、皮膚との摩擦が激しくないので音を軽減できる。

もしくは音を防ぐことができるのです。

その方法としては、片方のお尻を少し浮かしゆっくり力を入れることで肛門の穴を広げ、皮膚との摩擦する面積を減らす方法です。

これは肛門の締まりが弱くなることで、おならが出やすくなりますが、摩擦は減るため音がなくなります。

きつくしまった扉をあける時に音がギューっと音が出ますが、軽い扉だとあける際に音はそんなに出ません。

実はおならの音の原理はこれと似たようなものです。

二足歩行のため、普段肛門がきつくしまっている状態になるため、おならの音を引き起こしてしまうのです。

故に肛門の締まりを弱くすることでおならの音を防ぐことが出来ます。

ただ、公衆の前では出さないことが一番です。

おならを我慢しすぎると危険!

これまではおならを我慢すること方法を説明してきましたが、ここからはおならを我慢することで、生じる弊害をご紹介します。

おならを我慢することは体によくありません。

故に我慢した後はトイレで出すようにしましょう。

公衆の前で出すことが恥ずかしいことであって、相手を不快にすることでもあるので、その場合は我慢しないといけませんが、我慢した後は出さないと体に危険です。

主におならを我慢することで起きることとしては、「肌荒れ」「口臭」「臭さが増える」などです。

我慢したことで余計に腐敗が進むので臭さは倍増します。

また、おならで出されなかったことによって、血液となって循環し、体にはいらない毒素でもあるのでニキビなどによって外に出そうとするので、肌荒れの原因になります。

さらに、ガスなので息になって外へ出そうとするので口臭がきつくなります。

我慢しないといけない場面と出さないといけない場面を見極めるながらおならを対処していかないとあなたの私生活にも響きます。

ここではおならを我慢する対策ではなく、おならと向き合う対策をご紹介します。

この方法で少しでも、おならの我慢から来る悪影響を防ぐようにしましょう。

おならが出ない体作りをする

おならが出る要因としては空気の吸いすぎもありますが、一番は腸内の腐敗が進んでいることが上げられます。

これは消化が旨く進まないなどの腸内環境が乱れている可能性が指摘されます。

これは食生活が乱れている証拠であり、バランスの取れた栄養補給ができていないのと、食事をする時間が不規則だったりすることから生じる原因であります。

つまり、食生活を見直すことで、おならの発生回数を減らすことができるのです。

では、気になる食生活の見直しを説明します。

食生活の見直し

まずおならの発生する要因はバランスの良い栄養補給ができてないことから腸内環境が悪化していることです。

これは偏った食事をしていると怒りやすく、お肉ばかりやファーストフードなどの取りすぎなどから生じています。

お肉だけでなく一緒に野菜などを取るなど、どれか1つだけでなく、才色兼備な食事をすることで防ぐことができます。

また、この際に飲みこんだお肉、魚、卵などに含まれている動物性たんぱくが悪玉菌が発生し腐敗を起こします。

これを防ぐには善玉菌を増やすことが必要で、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌の摂取を心がけることが大事です。

主に善玉菌は植物性のものから取り入れることができるので、野菜の摂取は重要になってきます。

かといって野菜ばかりに偏っても腸内のバランスを崩してしまうので、バランス良く摂取することをおススメします。

また、就寝前などに食事をすると、消化の働きを妨げることにもなり、腸内器官の働きを鈍くするので、おススメできません。

就寝前に食べてしまうと言う方は、朝昼夕でバランス良く摂取して、就寝前に空腹を起こさないようにしましょう。

食生活を見直すだけでおならの回数を減らすだけでなく、臭いの軽減にもつながりますので、ぜひ、実践しましょう。

おなら対策グッズを活用

食生活の見直しでのおならの対策をご紹介しましたが、食生活をすぐに見直すことが難しいと言う人や効果がすぐに現れない人もいらっしゃると思いますので、次におならの臭いを軽減する対策グッズなどをご紹介します。

意外と便利で機能性抜群のグッズが現在は世にあふれています。

例えば、「瞬間消臭スプレー」「活性化フィルタークッション」「消臭パンツ」など日常的な物が多く、一般の方でも手軽に入手できるものばかりです。

特に人気があるのが「消臭パンツ」などの下着類です。

着るだけでおならの臭い消臭できる優れ物です。

着るだけなので、余計なことを考える必要がなく、扱いやすい消臭グッズとして人気があります。

アパレルショップでも扱っているので購入しやすく、また、見た目がただの下着なので、購入する際に周りを気にしなくて良いというビジュアル的な面もケアされています。

パンツだけでなく、ジーンズやパジャマなどもあり、徐々にですが、用途を広げていっているような感じがします。

では、気になるその消臭効果のある下着を紹介します。

匂いを抑える下着など

主に人気のあるのが匂いを抑える下着でこれまでにパンツ、パジャマ、ジーンズなどで消臭効果があるものを発売しています。

イギリスで開発された物がメジャーで、ボクサーパンツのようなブリーフです。

炭素フィルターをはさんでいるので外にガスが出るときに臭い匂いを吸収する効果があります。

こちらは研究結果も出ているので間違いないと思います。

おしりの部分に使用されているカーボン素材が、軍の化学兵器対策で使用されているものを使用しているので、効果が抜群なのがわかります。

ただ、こちらサイズが合わないとなるとガスが隙間から洩れてしまい、匂いの軽減効果も発揮されないので意味がありません。

あなたの体に合ったサイズを購入することをおススメします。

また、選択をすればするほど消臭効果を回復させることが出来るので長持ちするパンツとしても人気が高く、普段から着るパンツとしても人気がありますよ。

日用品としても使用できるのが嬉しいポイントの1つでもありますね。

また、消臭パンツ以外にも消臭スプレーなどもあり、これは出た瞬間にそこへスプレーをかけることで匂いを固めて下に落とすというものであり、家庭で使用する分には良いと思います。

また、消臭クッションは常にイスにおいておくことで、トイレに行けなくても防ぐことが出来ます。

総括すると、一番最適なのが消臭効果を持つ下着だと言うことがわかると思います。

ぜひ、消臭対策として消臭パンツなどの消臭効果を持つ下着をおススメします。

まとめ

おならは相手を不快な思いにさせるだけでなく、ご自身にもダメージが来ることがあります。

我慢することも大事ですが、我慢しすぎると、今度はご自身の体に悪影響を及ぼすというなんとも厄介なことでもあります。

まず、我慢すべき場面と、我慢せずに出していいシチュエーションを考えるようにして体への悪影響を防ぐようにしましょう。

また、おならはあなたの腸内環境の悪化を現しているものでもあります。

おならが多いなと思いましたら、食生活や日常生活を見直してみましょう。

それだけで、あなたの体調が良くなるだけでなく、おならを抑えることもできるので一石二鳥ですね。

それでもって時はおならの匂いを抑えるグッズもあるのでそれに頼るようにしましょう。

いずれにしてもおならは良い印象やイメージがありませんので、なるべく防ぐことを意識しましょう。

公衆の前で出さなければ良いので、出したい時はトイレなどマナーを守って出すようにすれば誰も不快な思いをせずに済みます。

ようはあなたのこころがけ一つで対策ができ
ます。

また、おならを考えないようにするだけでおならの発生を防ぐことができます。

ようは引き寄せないと言うことです。

少しでも考えると潜在意識が反応して引き寄せてしまいます。

なので、考えないようにすることが大切です。

そのためにもあなたの好きなことを考えるようにしましょう。

何でも構いませんので、簡単ですよ。

以上のようなことを心がけておならで不快な思いをするような生活からはおさらばしましょう。