ファッションに敏感な方の中には、オリジナリティを求めている方も多いです。

ファッションは私たちの印象を決める大事な物であり、ファッション次第で相手の印象を変えて、自分をよりよく魅せることが出来る要素のひとつでもあります。

ある程度の年齢になれば、その場その場で適したファッションも求められますし、ファッションでさりげない主張を行えばお洒落な印象を与えて、仕事の面でもできる人間だと判断される事もあるでしょうし、プライベートでも異性に対して魅力的に映る事もあります。

それだけファッションは大事な物であり、私たちの個性を演出する大事なものです。

オリジナリティを求めることで、周りにはないものを採り入れて独自の雰囲気を演出する事もできるので、中には服などを自分で作りたいと思っている方も多いはずです。

しかしながら、自分で服を作るとなるとある程度の技術であったり知識などが必要なので、なかなか簡単にはできないという面もあります。

今回はそんな洋裁をテーマにして、洋裁が上手になるにはどうすればいいのか、具体的な方法などをご紹介します。

洋裁をしたことはありますか

あなたは洋裁をしたことがありますか?
おそらく洋裁をしたことがあると答える人は学生時代に家庭科の授業なので何らかの物を作ったりした経験がある方が大半だと思います。

女性の方であれば自分の服が破れてしまったり、ボタンが外れてしまった時には自分で抜い点けたりする経験もあると思いますが男性の方はあまり洋裁の経験はないと思います。

洋裁を知るためにはまず洋裁がどういうものなのかということを簡単に知る必要があります。

洋裁についての知識があまり無い方は簡単に洋裁についてまずは知るところから始めましょう。

洋裁とは


洋裁と言う言葉は洋服を作るための裁縫でありは妻に対する言葉です。

洋裁は縫うことばかりではなく型紙を作って裁断し仮縫いをして最終的に本縫いを行い仕上げるまでの過程を含んだ意味合いとして解釈されています。

おそらく家庭科の授業などで自分で雑巾などを縫った経験があると思いますがこれも洋裁の1つだと考えられます。

ある程度洋裁について慣れてくると、段々と複雑な物でも洋裁できるようになり、様々な衣服なども作れるようになります。

洋裁の知識次第で作れるものも幅広く変化し、スキルとして身に着けておけば、必ず役に立つスキルです。

実際に洋裁を職業にしている人達も多く存在しており、紳士服や婦人服などのスーツやコートなどを作っている人もかなり多いです。

普段洋服を購入している人の中にはユニクロなのでデニムパンツを購入される方も多いと思いますがデニムパンツを購入した時に裾上げなどを行ったりして自分のサイズに合わせたりすることもあると思いますが、その時にユニクロのいしつのなかで購入したデニムパンツを育てして洋裁してくれる人もその職業についていると判断することができます。

型紙作りから仕上げまで行う

洋裁は型紙作りから仕上げまでを行うと説明しましたが、型紙なども初心者であれば何のこと?と全く分からないと思います。

型紙とは、縫い始めるまでの準備の一つとして広く知れ渡っているものであり、全く何もない状態から抜い始めるよりも型紙作りを行ってから抜い始める方が効率的に縫う事ができ、なおかつ間違いが少なくなることができます。

型紙は市販で売られているものもあったり本についているよな型紙などたくさんのものがあったりしますがどんなものを使っても問題はありません。

自分が使いやすいような型紙を選んで用いることで効率的に作業を行うことができます。

必要な道具自体はかた並みの容姿に鉛筆シャープペンシルそして髪を切るためのはさみや定規などがあれば問題ありません。

初心者の方であれば既存の型紙を上手に利用してある程度作業を行いやすい状況から初めて見る方がやり方なども確認しながら行えるので安心できます。

ある程度の経験がある方であれば問題ありませんが、初心者に関しては自分でサイズを考えながら製図してみたりフリーハンドで書いてみたりして自分が作りたい物の形を作る必要があります。

事前に型紙を作ってから行うと先ほどお伝えした様に裁断した後に気づいてしまったら修正がかなり大変なので裁断をしてしまう前に型紙を作って間違いない状態でそれぞれの祭壇を行っていくことで効率的に作業を行うことができると言う事を理解してください。

洋裁を上手くなりたい!


洋裁が上手になりたいと思う方も多いと思います。

単純に自分の趣味で洋服を作ってみたいと思う方もいれば、仕事なのでいつか洋裁関係の仕事をしたいと思っている方も多いと思いますし、ファッション関係の仕事である程度洋裁の知識を頭に入れておきたいと思っている人も多いと思います。

様々な状況の方がいると思いますが洋裁を上手になるためには、洋裁の意味をしっかりと理解して手順をある程度把握しておく、そして何回も何回も洋裁を繰り返してある程度作業に慣れておく必要があります。

洋裁に関しては職人仕事の面もあるので、知識だけではなくそれに伴った経験も必要です。

実際に行った事がある人と知識だけ詰め込んでいるような人だとどうしても実際に行った時に想像通りにできない、と悩んでしまう人は出てくるはずです。

なので、知識だけではなく、スキルや経験も必要な事であるという事を理解してください。

仮縫いをしてから本縫いへ

洋裁を行う中で、その工程としては仮縫い行ってから本縫いを行うという手順方法になりますが、仮縫いや本縫いの意味も分からない方も多いと思います。

家庭科の授業自体も子供の頃に経験した人ばかりなので子供の頃の記憶が薄れてしまっているという方も多いと思いますので簡単に仮縫いについてご説明します。

仮縫いは、 洋服を仕立てる上で本縫いの前に出来上がりと同じようにしつけ糸で借りに縫い上げると言うことを意味しています。

仮縫いの中でもその部分によって沢山の方法が存在しており例えば肩と脇の部分を行ったりする場合はその部分を行ったりする場合や袖付な部分を行ったりするなど様々な部位によって方法は存在しているので初心者の方は最初はとても難しい作業になると思います。

仮縫いの方法がうまくできなかった場合は、縫い方などの問題で脇の下がしわが出てしまったりとか腕が上がりにくくなったりするような袖の補正なども行わなければいけません。

きちんとした縫い方などを行わなければ綺麗に腕が上がらないという問題が浮き彫りになったりしますので、それぞれの工程の中でもとても重要な工程であると言うことを理解してください。

間違いなどを見つけられる

洋裁の初心者の方に関しては、どうして仮縫いを行わなければいけないのかと考える方もいるかもしれませんが一度仮縫いを行ってある程度仕上げの段階に入り、事前に仮縫いしたものを自分で着てみる事で、問題点などを見付けられるというメリットがあります。

そのまま本縫いを行ってしまうと、後から問題点などが浮彫になってしまった時に、 修正なのが困難になってしまったり面倒な状況になってしまうので一度事前に仮縫いを行って問題がないかどうかを確認しておくことで修正などがある程度しやすい状況を作ることができます。

どうしても人間が行う作業なので必ずしも一度で成功するとは限りませんので事前に中間チェックの様な形で行っておくことで最終的な仕上げも自分の理想通りに行うことができるようになるので間違いを見つけるという観点では仮縫いはとても大事な工程だと言うことを理解してください。

しつけをこまめにする

洋裁を上手に行うには、しつけを理解し、上手に行う必要があります。

しつけは子どものしつけなどではなく、洋裁における手順やテクニックのひとつともいえるべき存在です。

簡単にしつけについてご紹介をすると日付とはミシンで本縫いをする前に布同士がずれてしまわないように手縫いで仮止めを行うことを意味しています。

実際に洋裁を行ったことがある方は理解できると思いますが、どうしても布同士を合わせてミシンで縫って行くときに、ミシンの振動であったり、体を動かすことによって布同士が崩れてしまい、ずれが生じてしまって綺麗に折りたたんだ状態からずれて布を縫ってしまってやり直してしまった経験がある方も多いと思います。

こうなってしまうととても手間がかかりますし、面倒な事になってしまいます。

なので、必ず事前にずれないようにしつけを行う必要が生まれます。

しつけを行っておけばずれることはありませんしやり直しをすることがなくなるので時間の節約にもつながります。

しつけを行う際はしつけ糸と呼ばれる糸を使って行うのですがしつけ糸は普通の手縫い糸等に比べると、かなり強度が弱い糸になるので、引っ張ると簡単に切れてしまうので注意が必要です。

着付けをしっかりと行うことが要塞の工程の大事なひとつだと認識してください。

小さな手間が出来に響いてくる

洋裁を普段からされない方にはわからないかもしれませんが、洋裁はちょっとでも間違えてしまうと、すべてやり直しになってしまいます。

例えば、服などを作ろうと思った時に、一部分を間違えても無視をして作ってしまうと必ず後になってその服を着ていると違和感を感じたり、見た目が変になってしまう事があるので、そうなってしまうともう服を着れないのですべての作業などが無駄になってしまいます。

ちょっとした間違いが最終的に大きな失敗へとつながってしまうので全く失敗することなく全ての工程を終えていくことが大切なのです。

そして少しでも失敗をしてしまうとその工程を全て最初からやり直しをしなければいけなくなってしまうのでどれだけ時間があっても足りなくなってしまうということにつながりかねませんので必ず一つの作業を行う場合にはその作業を失敗しないように準備をする必要がありその準備のひとつがしつけだという事です。

なので、しつけが上手な人は失敗をすることがありませんし、作業効率も結果的に良くなるので、必ず大事なスキルだという事です。

自分のレベルに合ったものを作る

洋裁が上手になりたいと思うのであれば、必要な事は自分のレベルに合ったものを作ることから始めることです。

なぜかと言いますとこれは全ての物事において共通すると思いますが、例えば今あなたのスキルでは難しいようなことに挑戦したとしておそらく満足した結果は得られないと思います。

一番良いのは今の自分のレベルと同じようなレベルか若しくは少しだけレベルを上げたようなものにチャレンジをすることで今の自分のスキルを最大限に使ってなおかつ新しい知識も吸収するというような状況を作り出すことができます。

しかしながら全くレベルが違う様なものにチャレンジをした時に、全くできなかった状況が生まれると自分自身のやる気やモチベーションなども当然下がってしまいますので、やる気が下がってしまった状態になると、継続した努力も行うことが苦痛に感じてしまうのでそもそもそのことに対しておろそかになってしまうという結果が見えます。

なので、早く上手になりたいと言う気持ちはわかりますが、まずは少しずつ少しずつ自分のレベルに合ったものから始めていくことが大切です。

徐々に上げていく

いきなり難しいことにチャレンジするよりも徐々にレベルを上げていくことが大切だとお伝えしました。

いきなり無理をして難しいことにチャレンジをしてできる人もいるかもしれませんが当然ながらそれ相応の努力家理解が必要なので初心者にとっては難しいことの連続でやる気が削がれてしまうことにもつながります。

もしもこれまでの人生でいきなり難しいことにチャレンジして乗り越えてきた経験がたくさんありそれが自分の性に合っていると言うのであれば特に問題はないかもしれませんが一般的に考えてレベルが違いすぎることにチャレンジして成功する確率はとても低いです。

何をするにしても一番大切なことは継続して行うということです。

どんなに少しずつだったとしても継続して長い期間行って反復練習を重ねて自分のスキルとして身につけていくことでたくさんの知識を最終的に得られるようになり難しいことなども簡単に行えるようになっていきます。

つまり継続することが大切であり、継続することのコツはそのことを楽しいと思えるかどうかということが大きな分かれ道になります。

誰だって楽しいと思うことは自然とやりたくなりますし楽しくないつまらないと思うようなことは行いたくなくなってしまいます。

誰かに強制されたり自分がしたくないと思ってるようなことを義務的な状況でやらなければいけない時ほどやる気が削がれることはありません。

なので洋裁に関しても楽しいと思いながら続けて、たくさんの知識を詰め込み、経験を行う事で上手になっていくという事を理解してください。