告白する時に、ドキドキと心臓が高鳴っていることが自分でも分かるものですね。

いいことを告白する時も、悪いことを告白する時も、どちらもドキドキものです。

告白してからの相手の反応がとても心配だからです。

どんなリアクションがあるのか、どんな展開になるのかを考えてしまうのです。

ある有名な芸能人が、不倫をしていたことがバレてしまい、週刊誌で取り上げられることが分かりました。

週刊誌の発売を前に、本人が急遽記者会見を開いて不倫の告白と謝罪を行う場面を何回か見ました。

この場合は、告白というよりは言い訳のようなものですが、それでも本人としては一大決心をして会見に望んだはずです。

告白(記者会見)の時に、集まった記者からの質問を受ける場合と、質疑応答は一切無しとする場合があるようです。

社会的な地位のある社長さんや議員の場合は、質問を受けざるを得ないのでしょう。

冷や汗を書きながら、質問の内容を意識しながら答えているようです。

不倫とは関係がないのですが、人生で大事な告白というと交際の申し込みかプロポーズですね。

結婚した人は、簡単でも告白の経験はあるはずです。

当時を思い出す時に、男性は昔のことで忘れてしまったと逃げる人もありますが、女性は決して忘れたりはしないのです。

当時の状況について、事細かく頭にインプットされて保存されているのです。

結婚後に、何かのきっかけでプロポーズの話になった時に、その時のことをいい加減に思い出すとダメ出しを食らうのです。

後でそういう展開にならないように、交際申し込みやプロポーズだけではなく何かを告白する時には、後にいい思い出になるようなロマンチックな告白を心掛けることです。

そこで、ロマンチックに告白をするための注意点を考えてみました。

️告白しようと考えているあなた!

もう出会ってから1年は経っただろうか。

出会った時を正確には覚えていないが、春・夏・秋・冬と、それぞれの思い出があるので、1年になるのだと思う。

初めは、緊張していたせいか、約束の時間や場所を間違えて、携帯で連絡し合って合流したこともあった。

一緒に食事をする時も、どこでどんな店に入って何を食べようかと、何回も聞いて怒られたこともあった。

今では考えられないが、食事中も無言で食べていた気がした。

相手が食べ物をゴクンと飲み込む音も聞こえたように思った。

そんな時期を乗り越えて、今では楽しくお喋りをしながら食べたり飲んだりするようになった。

統計では、出会ってから結婚までの期間は、1~2年の間が最も多いそうです。

その理由のひとつが、春夏秋冬を一緒に過ごすことで、お互いの感性が分かるので、相手のことをよく理解できるからです。

現実には、彼が遠くに転勤が決まったとか、病弱の母が生きているうちに結婚したいと思って早く決断したリと、いろんな事情があってすぐに結婚することもあるようです。

ともかく、交際していて、ボチボチ結婚をしてもいいかな?と考えると、いつ相手に告白するか時期を考えるようになります。

もし、今告白してもきっと受けてもらえると思っていても、いつ(When)・どこで(Where)・どのように(How)告白するかよく考えることが大切です。

交際の申し込みも同じです。

なぜなら、女性は告白されることに最高の感動を覚えて、脳に記憶として残しておきたいからです。

適当な告白は許されません。

結婚まではいかなくても、交際を申し込んだり再婚を申し込む時にも、記憶に残る告白が必要なのです。

告白はロマンチックにしましょう

愛を伝える告白は、ロマンチックにすることに越したことはありません。

私の経験から紹介しますと、告白は時間と場所でだいたい結果が決まるようです。

熱愛ドラマのクライマックスのように、どしゃ降りの雨の中で傘も差さずに愛を告白するなんて、できる訳がありません。

普通の人は、時間と場所を選ぶべきです。

この時間と場所という意味は、ロマンチックな雰囲気が生まれる条件なのです。

そして、静かでふたりの声が聞き取りやすくて、しかも背景がロマンチックな場所なら最高なのです。

夏なら花火大会の時や、クリスマスのイルミネーションの下とか、冬なら雪が積もった日本庭園など、落ち着いてロマンチックな場所がいろいろあります。

女性はロマンチックが大好き

女性はロマンチックなことに憧れるものです。

どんな時でも、内心は白馬にまたがった王子様が現れるのを待っているのです。

現実ではあり得ないのですが、TVドラマにあるような優しい正義の味方を待っているのです。

0.001%でも可能性を求め続けるのです。

そんな女性には、やはり一時でもロマンチックに決めたいものです。

一度きりの告白、せっかくならロマンチックに

好きな人とデートに行くだけなら、景色がいいとか楽しい企画が用意されている所や食事が美味しいところなど、調べるとあちこちに候補地が見つかります。

しかし、一度きりの告白をする決心があるなら、ロマンチックに決めたいものです。

先ほどのデートの候補地でも、夜にとっておきの夜景が楽しめるとか、周年記念の特別のイルミネーションが点灯するとか、有名なミュージシャンの生演奏を聴きながら食事ができるなど、女性が憧れるようなロマンチックな場面を設定するのです。

そのためには、日頃からそういうイベントや企画をこまめに調べておく努力も必要です。

行き当たりばったりの計画では、女性はロマンチックを感じないものです。

️ロマンチックに告白するための注意点・アドバイス

ロマンチックに告白するために、いろいろと準備してきました。

段取りは完璧だと自信があります。

それなら、計画通りに進めれば良いのですが、その時の注意点やアドバイスも知っておくべきです。

それらを次にまとめてみました。

️1.告白のタイミングを決める


どんなことでも、タイミングというのは大事です。

カラオケで歌い出す時のタイミングなどは、自分で決めることができます。

歌が苦手な人は、出だしからタイミングがズレることがあります。

しかし、これは自分の努力で修正することができます。

世の中には、自分で修正できないようなタイミングの悪いことが怒るものです。

人はこれを「運が悪い」と表現します。

大事な約束がある時に限って電車が遅れたり、いつもと違う路線で行こうとすると、途中で人身事故などが発生して車内に閉じ込められたりと、散々な目に合うこともあるのです。

結果的には約束の時間には間に合わなくて、タイミングを逃してしまうのです。

ふたりきりでロマンチックな場面を作って、さあ告白をしようとすると向こうの方から「おっ~!デートなのか!」と数人の職場の同僚と出くわしてしまったりすることもあるのです。

そういうシチュエーションの悪さもたまにはありますが、それにもメゲズに突き進むのが男性なのですから。

そういう苦境やトラブルに遭遇しても、冷静に対処していくなら、ますますあなたに惚れ直して、告白を断ることはないはずです。

運も味方につけれるようになれば、後はあなたの腕次第です。

告白のタイミングを決めるうえでの注意点

彼女の自分に対する気持ちが前向きになってきて、二人で将来の話をする機会が増えてきているなら、思い切って告白する時期かも知れません。

感情が昂ってしまいますが、冷静に考えるのです。

焦らない

焦りは失敗の最大の原因です。

焦りというのは、思っていることを少しでも早く成功させたいと強く感じてしまうので、行動が荒っぽくなってミスを起こしやすくなるからです。

つまり、早く考えることができても深く注意深く考えることができないためです。

焦ってはいけません。

早とちりしない

焦っていると、他人の意見やアドバイスを充分に聞いていないのです。

中途半端にしか聞いていないので、それをもとに起こした行動を早とちりというのです。

早とちりで益々窮地に陥ることになります。

人の話をよく聞いて、早とちりしないようにしてください。

感情を爆発させない

昔のことわざで、「ちゃぶ台をひっくり返す」という言葉があります。

準備が整って順調に物事が進んでいる時に、何かの原因で感情が爆発して、食事が乗ったちゃぶ台をひっくり返して振り出しに戻してしまうことです。

感情を抑えきれずに爆発させると、原因はどちらにあるとしても、もう一度最初からの出直しになります。

3回目のデートなど通説に惑わされない

告白の時期は、3回目のデートの時がポイントだと教えてくれる先輩がいます。

男女間の交際の期間による変化では、出会って3日目が意識を始めるタイミングで、3回目のデートにこぎ着けると相手も好感を持っている証拠です。

そして3週間が過ぎるとかなり親密な関係になって、身体の関係を持つカップルもいるようです。

このような噂に惑わされずに、自分のペースで進めるべきです。

告白は相手の好意が高まってから

告白のタイミングが近づいたかどうかは、相手との関係や兆候から分かってくる筈です。

告白は、その兆候から判断するタイミングで決まってしまうと考えてください。

今までのデートの時に、どんな会話を交わしたかが決め手です。

「一緒にいたらすごく落ち着くの」とずっと一緒にいたい雰囲気や、「ちょうどいい関係みたい」と好意を持っているようなら、告白の時期だと思います。

連絡頻度が増えた

別れても頭の中に相手のことが浮かんで消えないようになってくると、もはや熱愛状態です。

今相手がどこで何をしているのかが心配になってくるのです。

相手の一言一言が愛おしく感じて、ジッとしていられなくなるのです。

いつの間にかスマホを握って、連絡をしてしまいます。

何の目的もないのですが、連絡を取りたくなるのです。

連絡をしたくなるように、相手の気持ちも伝わって来るのです。

相手の気持ちもきっと同じだと思えるのです。

相手からの連絡の頻度が増えて来ると、告白の時期かも知れません。

好意を感じる発言がある

ふたりでたわいもない会話をしていても、これまでとは違った好意を感じる言葉を見つけるのです。

ひとりになってから、後であの人の言葉を思い出してみると、今までになく積極的で好意を感じる発言があったのです。

その時には認識しなかったけれど、実は私に対しての熱い思いを口に出していたのでは・・・と気が付くのです。

好意を感じる発言があったと気が付いたなら、告白のチャンスです。

デートの誘いに乗り気

何だか、自分の言うことをジッと聴いているような気がしてきました。

今までは、軽く受け流していたようなときもあったのですが、理解できないような時には、キッチリと確認して来るような気がします。

今までは、ダメもとでデートに誘っていたのですが、今回はデートの誘いにも待っていたように乗ってきます。

積極さを感じるようになってきたので、いよいよ告白の時期だと感じます。

️2.告白の方法を決める

告白の方法も工夫が入ります。

単純に自分の気持ちを伝えれば良いのではありません。

他の人に告白された経験があるかも知れないからです。

前回と比べられるかも知れません。

前回よりも粗末な告白ならば、ガッカリされてしまう可能性もあります。

告白するまでに、キッチリと計画してみましょう。

告白の方法を決めるうえでの注意点

告白をする時期がやって来たと決心しても、慌ててぶっきらぼうに告白してはいけません。

大事なことは焦ってはいけないのです。

これまであなたの先輩が、どれだけ失敗して泣いて悔しい思いをしてきたかを知るべきです。

その人達はどんなことで失敗したかを学んで見ましょう。

高い確率で成功する告白の方法はあります。

この人こそ本命の相手だと思っている人にうまく告白して、交際が始まった事例は山ほどあるのです。

それを知ることで、あなたも好きな人をゲットできるのです。

ロマンチックを狙うなら絶対直接伝える

ロマンチックに告白するのは、本当は経験が必要なのです。

初めて恋をして、その相手とデートを重ねて、そしてお互いの気持ちが熟していよいよ告白となっても、ドラマのシーンのようにはいきません。

そう覚悟をしていた方が良いと思います。

それでも、勇気をふり絞ってロマンチックに告白したいなら、絶対に直接あなたの口から告げるのです。

格好いいことを言わなくても、簡単な言葉でハッキリと、相手の瞳を見て告げるのです。

告白する時の場所と時間を選んでやるだけでも、相手はロマンチックに感じるのです。

さりげなく、夜景が凄く綺麗な場所とか、夕日がキレイに水平線に沈んでいく浜辺とか、場所を設定してやれば、後は時間を考えながら直接告白してください。

あなたの言葉がシンプルで、景色もシンプルであれば、あとは何も必要ありません。

言葉が出ないと思ったら手紙を用意して、そこに「好きです!付き合ってください!」と一言書いてそれを読ませて伝えても良いでしょう。

上手く話せないので、私の気持ちを書きましたと言って、その場で直接渡して目の前で開けて読ませるのです。

きっと、感動するでしょう。

LINEやメールはNG

LINEやメールは、連絡用に使いますが、告白をメールですることは賛成できません。

難しいことも重要なことも、簡単なメールで送るなんて失礼です。

緊急を要することなら仕方がありませんが、告白をメールでするのは知らない他人に告白を依頼するような感じで、軽く受け止められます。

また、本心とは違った受け止め方をされるかも分からないので、絶対に直接するべきです。

流行りのフラッシュモブもNG

相手の性格にもよりますが、普段からおとなしい性格の女性などには、告白をフラッシュモブで行うのは避けた方が良いでしょう。

性格が明るく社交的で、しかも趣味でダンスを踊っていたり活動している人はとても感動するものですが、物静かな女性には合いません。

かえって逆の効果になってしまいます。

ロマンチックなふたりだけの告白を期待する人が多いので、多数のパフォーマンスは恥ずかしくて対応できないでしょう。

それなら、レストランで楽器の演奏を聴きながらの告白にするべきです。

電話は会えないときの妥協案

電話の告白も避けるべきです。

交際中にどちらかが遠距離に引っ越した時などはしかたがありませんが、電話では相手の表情や熱気も分からないので、感情が伝わりにくいのです。

直接伝えてください。

遠距離でも、逢いに来て直接告白する方が真剣さが伝わって、良い結果になるのではないでしょうか。

告白は直接、ズバッと男らしく伝える

告白は、遠回しに言ってはいけません。

あなたの気持ちをストレートに伝えるのです。

気が弱い人や自信がない人は、第三者の人が言っているように伝える場合が多いようです。

例えば、「僕たちは似合っているかもね!」とか、「お前のこと好きかも!」「一度付き合ってみてもいいかも!」などで、「あなたの気持ちはどうなの?」とつい突っ込んでしまいたくなります。

告白は、ズバッと男らしく伝えるのです。

「好きです」

一番ストレートなのが、「好きです!」ですね。

この基本フレーズに、「あなたのキラキラと輝く瞳が大好きなのです!」とか、「あなたの全てが好きになりました」など、あなたの気持ちを上乗せしたフレーズに仕上げても効果は抜群です。

「付き合ってください」

告白のポイントは、好きになってしまったので付き合って欲しいとお願いすることです。

告白の内容は、男性は忘れても女性は必ず覚えているものです。

彼女にとって一生に一度の告白を受けるわけですから、覚悟して告白するのです。

上手く言葉で伝えることができない男性は、余計な言葉を用意することは必要ないでしょう。

あなたの真剣なまなざしと態度で、全てを察してくれる筈です。

そしてあなたが望むひと言だけ「付き合ってください!」でいいでしょう。

でも、ハッキリと言ってください。

チャンスがあれば、相手の手か肩を掴んで告白すると効果は抜群です。

「僕の彼女になってください」

そして、あなたが望んでいることは、彼女になって欲しいことです。

他の誰よりも、自分のことを好きになって欲しいのです。

「付き合ってください!僕の彼女になってください!」と男らしく告白するのです。

なぜ好きなのか伝えるのも女性は嬉しい

さらに、彼女に強い印象を与えるために、なぜそう告白したかを伝えるのです。

「誰よりも君のことが忘れられないんだ」とか、「ずっと一緒にいたいと思ったのは、君が初めてなんだ!」「君を幸せにする自信がある」などと伝えると、彼女はさらに感激するはずです。

️3.告白の場所を決める

同じように告白しても、場所やタイミングで成功しない時があるのです。

仲間とたっぷり食べ飲み放題のお店で食べた後で、美味しいレストランにまた行こうと言われても、「そんなに食べられないよ!それなら先に言ってよ!」と非難ごうごうとなります。

「今私に告白するなら、後からしてよ!」と怒られないように、場所やタイミングを考えるのです。

先輩方が、あなたと同じように告白の経験をしてきています。

その中でも、ロマンチストと言われている先輩がいたら、その秘訣を伝授してもらうこともひとつの方法です。

どんな場所で、どのようなタイミングで、どのように告白したかを具体的に聞くのです。

ロマンチックな告白をした人なら、当時を思い出しながら熱心に話してくれるはずです。

ロマンチックに告白して成功させたいのなら、まずは場所を選定することが一番です。

そこに行くだけで、ロマンチックな雰囲気になれば、告白は半分成功したようなものです。

そんな場所で手堅いのが、メッセージ性の高いパワースポットはいかがでしょうか。

あちこちに縁結び神社や愛を育んでくれるスポットがあります。

ネットで調べれば、近くのパワースポットも検索できます。

こういうスポットは、意外と心を鎮めて落ち着いた雰囲気になるので、慌てて心が乱れることもないはずです。

他にもいろいろと候補地はありますが、ロマンチックに告白できて、成功の確率の高い場所や方法について考えてみます。

ロマンチックには雰囲気作りが大事

告白を成功させるには、場所と雰囲気やタイミングが大切ですが、少なくとも相手が好きな場所であることです。

高所恐怖症の相手を、高いゴンドラに連れて行って、そこで告白するなんて全く成功させる気があるのか疑ってしまいます。

意外と本人は、自分のことで精いっぱいかも知れません。

しかし、相手のことを全く理解できていないのは、告白する以前の問題です。

できれば、お互いが楽しめる場所であって、さらには二人だけで静かに話せる場所が必要です。

お互いが楽し過ぎて、リラックスし過ぎるところもまた問題です。

真剣に告白も聞くこともできないでしょう。

季節によって暑すぎたり寒すぎたりする場所も良くはありません。

女性は夜景が好きです。

ロマンチックな雰囲気も十分です。

そこでよく利用されるのが、高層ホテルの展望レストランです。

季節の心配もいりません。

窓際の席に座って眼下に都会の街並みが見えるところは最高です。

日没と共にビル群の明かりが灯って、雰囲気としては最高でしょう。

告白の場所を決める上での注意点

告白に適した場所はいろいろありますが、こんなところは避けたいという場所があります。

それは、多くの人が行き交うような騒々しい場所です。

お酒が入って騒々しく騒いでいる人が多い居酒屋などは推薦しません。

せっかく二人が盛り上がって、いよいよ告白という時に、隣の席のお客が「お~い姉ちゃん!ビール追加や!」と叫んだらどうしますか?相手の人も落ち着いて告白を聴くことができません。

電車やバスの中での告白も慌ただしくて落ち着きません。

告白場所としてはNGでしょう。

このように、騒がしい場所は避けるべきです。

人が周りにたくさんいるのはNG

周りに人がたくさんいるところはNGです。

ふたりで真剣に話し込んでいるのはミエミエで、仲が良さそうに見えると嫉妬心から嫌味を言われたり罵声を浴びせられることにもなりかねません。

それこそ、バツの悪い告白の記憶として残ってしまうでしょう。

ふたりだけになれる静かな雰囲気が大切です。

ガヤガヤうるさいのはNG

自分達に関心が無くても、周りにいるそれぞれの人やグループが、ガヤガヤとうるさいのも集中できないのでNGです。

ファミリーレストランなどで、小さい子供たちが周りを走ったり喧嘩をしたり、騒々しくて集中できないでしょう。

ガヤガヤとうるさい場所はNGです。

落ち着いて静かな場所を選ぶ

ロマンチックに告白するつもりなら、落ち着いて静かな場所を選んでください。

そして大事なのは、あなたがリラックスできる場所でもあることです。

静かな場所を選んだけれど、相手がリラックスできているのにあなたの方が固まってしまうような場所もダメなのです。

ふたりっきりになれて誰にも邪魔されない場所です。

私の知人で高所が苦手な男がいました。

彼が見初めた魅力的な女性と何回かデートしていたが、いよいよ告白をしようと決心したそうです。

そこで、ふたりきりになれる静かな場所を決めてもらったところ、観覧車が好きだという返事。

そこで、観覧車にふたりで乗って告白をしようと行動を起こしたが、観覧車が上に昇っていくにつれて落ち着かなくなり、固まってしまったとのこと。

結局、彼女の手を借りて下車しましたが、観覧車の中の男性の狼狽ぶりを見てから、頼りがいの無い男性だと判断されて、告白を受けないままで話が終わってしまったとのことでした。

後で聞いたことですが、彼女は遊園地のジェットコースターなどの絶叫マシーンに乗るのが好きで、よく来ていたそうです。

その中でも最も安全な観覧車でさえ我慢できなかった男性に失望したそうです。

このように、静かでふたりきりになれる場所と言えども、あなたがリラックスできる場所でもあるべきです。

静かなレストランかバーに行っていれば良かったかも、と反省しきりだそうです。

なるべく2人きりがいい

静かな場所と言っても、例えば図書館などはNGです。

なぜなら、静かなのであなたたちの会話が筒抜けになって、周りの人に聞かれているかも知れないのです。

そうでなくても、おとなしい女性はふたりの秘め事を誰にも聞かれたくないという強い願望を持っているのです。

聞かれているかもと思うと、気もそぞろになってしまい、正常な判断ができなくなる恐れもあるのです。

そこでつい、「ひとりになって考えさせてください」などと、保留することになるのです。

誰かに聞かれない見られない、そしてあなたがリラックスできる二人きりの場所が理想です。

ムードがある場所がベスト

そして何よりも、告白を後押ししてくれるのがその場所のムードなのです。

夜景が綺麗に見える場所は、ふたりの感情を昂らせる効果があるのです。

告白も成功し易くなるのです。

色とりどりのネオンや街灯など、ビルの灯りと重なってダイヤモンドをちりばめたように見えるのです。

夜景スポットで検索すると、あなたの近くのムードがあるスポットが分かるはずです。

ふたりの感情が昇りつめるころが、あなたたちの告白タイムになるのです。

女性がロマンチックを感じる告白の場所

女性が告白を受けた場所でロマンチックだったと感動した場所は、おおむね3つに絞れます。

それは、「車の中」と「夜景がキレイに見える場所」、「彼氏の部屋」です。

車でドライブした時に、夜景がキレイに見える場所に停めて、ロマンチックな告白を受けると最高だったとの感想もあります。

彼氏の実家とか住んでいる部屋に呼んで、ふたりきりになったところで告白なのです。

誰にも邪魔されずに思い通りの告白ができるのです。

車の中

車の中はふたりだけの世界です。

どこか静かな場所に停めておいて、心ゆくまで気持ちを語れるのです。

彼女の好きな音楽を用意しておいて、これを車内で聞きながらいろんな話をするのです。

あなたの考えていることや将来の夢など、あなたの人間性を彼女にアピールしてお互いを理解し合うのです。

車の中での告白のタイミングもあります。

最も多いのが、彼女を自宅に送り届けたその時です。

別れ際に、告白する場合が多いようです。

相手も別れる時に寂しく感じるので、つい告白に心を惹かれるのです。

車の中での告白のタイミングは、彼女の家の前に送り届けた直後がベストです。

車を停止させるスペースも確保しておきます。

観覧車

観覧車の中で告白すると、成功の確率が高いとも言われています。

観覧車の中は、車の中と一緒で、相手との距離が近いのです。

すぐに手が届く距離で、しかも観覧車は動き出すと簡単には外に逃げ出すこともできません。

しかも、観覧車が上に徐々に昇っていくと、高いところで恐怖感も出てきます。

風で揺れたり風の音を聞くと怖くなってきます。

この恐怖感と景色とが合わさってお互いに興奮状態になるのです。

そんな中で告白すると、相手もうなずきやすいのです。

ただし、高所恐怖症の人には、向いていないようですが。

夜の海

夜の海もロマンチックです。

真っ暗な海岸は怖いですが、近くに灯りがあって薄暗い場所がいいですね。

浜辺の近くで、打ち寄せる波音が聞こえる場所が最適です。

ふたりとも黙っていても、波音が常に聞こえていて、波音でロマンチックになってきます。

夕方から座って待っていると、やがて夕日が沈むころになります。

今日一日を楽しく過ごせて、いよいよ夕日が沈むころになって来たのです。

水平線に夕日が沈んでいくのを見ながら、今日一日の思い出を語り、また逢う約束をするのです。

そして、いよいよ帰る間際になって、告白するのです。

あなたの気持ちを正直に打ち明けてください。

男性としては、ストレートに「付き合ってください!」とか「結婚してください!」のひと言でいいのです。

ただし、波音に打ち消されるような声では成功しませんので。

夜景が見える場所

夜景が見える場所もロマンチックです。

小高い山に登って展望台から見る町並みは、どこでも結構夜景が綺麗です。

飛行場が近くにあると、離発着する飛行機のライトも見えるので、これからどこかに飛んでいきそうな夢を見て、さらにロマンチックになるのです。

告白成功の確率が上がります。

夜の公園

昼間とは違って、子供たちの歓声もなくなり、ひっそりとしています。

昼間は子供達で独占されていた遊具も空いています。

幼い頃に遊んだブランコは、大人になっても楽しいものです。

無邪気になって、心を打ち明けるのも公園での告白の魅力です。

部屋

自分の部屋に呼んで、じっくりと話をすることもできます。

あなたの部屋には、昔の写真や最近のビデオもあるはずです。

そんな思い出の記録をふたりで見ていると、あなたの生きざまを伝えることになるのです。

何も隠し事の無いあなたの写真を見て、さらにあなたに好意を持つはずです。

そんな中での告白も効果抜群なのです。

️ロマンチックな告白、絶対成功させましょう!

女性は、告白を受けた時のことを、細かいところまでキッチリと記憶しているようです。

それだけ、男性の一挙手一投足を観察しているのです。

将来の伴侶を選ぶつもりで真剣なのです。

それは当然のことでしょう。

ビジネスでも同じことです。

契約をして大金を投入する時に、相手のことをしっかり把握していないと、騙されて大損することになり、倒産することにも繋がるからです。

そんな目で女性から見られているのですから、告白はしっかりとすべきです。

そして、告白を成功させるためには、余裕が無ければなりません。

この余裕のひとつがロマンチックに告白することです。

相手の気持ちを考え、相手の状況を把握して、相手が気持ち良く告白を受けることができるように誘導するのです。

ただし、ロマンチックに告白をすれば、誰でも成功するのかと言えば、そうでもありません。

断られることもあるのです。

それは、デート中にあなたが好きだというサインが出ているはずです。

その判断を見誤っていると失敗するのです。

デートに誘ったら快く返事が帰って来るとか、LINEやメールでもあなたを気遣う内容が増えてきたとか、あなたも感じているはずです。

この状況を感じ取ったら、そこでロマンチックな告白へと続くのです。

いきなり強引な告白は、いくらロマンチックな場所でも成功は難しいでしょう。