私たち人間が持っているもので、人に影響を与える一番大きなものは何でしょうか?それは、各々が発する言葉ではないでしょうか?

️心に響く言葉はいつだって元気をくれる

自分の口から出る言葉だけで、相手を元気づけることも、励ますことも、慰めることもできます。

また逆に、傷つけたり、嫌な思いをさせてしまう力もあります。

ですから、どんな言葉を発するかを、常に考える必要があります。

あなたも誰かから言われた一言が、心に響き、今でも思い出すと元気をくれることはありませんか?そのような言葉は、語られた人にとって一生の宝物というほど、大事なものでしょう。

️心に響く言葉24選


人はどんな時に、素直に聞けて、贈られた言葉に心が動かされるのでしょうか?それはやはり、相手の愛を感じた時や、自分の最善を願ってくれているのが分かった時、また悩みや願いなど、自分の心にぴったりとあう言葉を語られたときではないでしょうか?そんなベストなタイミングで、まさに必要としていた言葉をかけられたら、おもわず顔がほころんだり、温かい気持ちで胸が熱くなることでしょう。

そのような言葉をかけてくれる機会が多いのは、やはり自分の身近にいる人達ですよね。

周りの人たちからの言葉

親・兄弟姉妹・配偶者・彼氏彼女・子供・友人・職場の人々など、誰もが様々な人と触れ合って生活しています。

身近な人というのは、私たちの生活がよく見えているので、どんな状況にいるかを理解し、些細な感情の変化にも気付いてくれます。

だからこそ、少し疲れているなと感じたらねぎらいの言葉や、励ましの言葉をかけてくれたり、元気がないなと思ったら、褒め言葉や励ましの言葉を語ってく元気づけてくれるでしょう。

また寂しそうな時には、愛を語ってくれたり気遣いの言葉をかけてくれるかもしれません。

自分に取って身近で、大切な存在の人の言葉であればあるほど、与える影響も大きく、心も動かされるものです。

家族からの「いつもありがとう」

ほとんどに人は家族のことを、かけがえのない大切な存在と感じています。

世の中のお父さん達は、家族を養うために、夜遅くまで必死で働きますし、お母さん達も、家族のために朝から忙しく家事をこなします。

自分の時間やエネルギー、趣味を犠牲にして、家族のために精一杯働いています。

そんな状況が毎日続きますし、家族を大切に思っていれば苦に感じないので、している方もされている方も、その働きを当たり前に感じてしまうかもしれません。

しかし、改めて考えた時に、感謝の気持ちがこみ上げてきて「いつもありがとう」と言うならばどうでしょうか?言った方も言われた方も、本当に心が温かくなりますよね。

疲れも一気に吹っ飛んで、どんな大変な状況も乗り越えようとやる気が満ちてくると思います。

「ありがとう」というシンプルな言葉でも、感謝の気持ちを伝えることは、それほどのパワーを持っているのです。

恋人からの「愛してる」


「愛してる」これは魔法のような言葉です。

言われると、心が華やぎ、物の見え方まで変わるほど幸せな気分になります。

家族内でも愛を伝え合うことがありますが、恋人に自分の気持ちを伝えることは、より親密な関係を作り出すのに欠かせないことですね。

”言わなくても分かるだろ”と考えておられる方がたまにいらっしゃいますが、言った方が分かりやすいのは当然ですし、言葉にすることによって、愛により重みが加わります。

照れやプライドで、愛と言う素晴らしい感情を伝えないのは本当にもったいないことです。

日本男性は感情表現がうまくないと言われていますが、「愛してる」の言葉が持つ威力をじっくりと考えて見て下さい。

「愛してる」と、自分の思いを言葉にしてちゃんと伝えるだけで、相手の欠点や、なかなか会えない寂しさ、多少の仲違いなど、つきあう上での困難が、大きな壁ではなくなり、二人で乗り越えてゆけるのです。

自分も相手も幸せにし、二人の中をグット近づけてくれるこの言葉を、ぜひ大切な恋人に心を込めて伝えましょう。

友達からの「頑張って!」

友達は本当にありがたい存在で、刺激し合い、助け合い、ともに成長することができる同士です。

一人だとくじけてしまいそうな時に、友達が「頑張って!」と声援を送ってくれると、どこからともなくエネルギーがわいた経験をされた方も多いと思います。

きっと、一人でない、ともに戦っている仲間がいることに気付ける言葉だからだと思います。

学校や会社も全て人が集まって社会を構成しています。

ですから私たちは、人と支え合って何かを成し遂げる時に満足感や喜びを感じます。

しかし社会には、意見が異なったり、敵とも言えるマイナスの影響を与える人もいますし、流れについていけずに疎外感を感じたり、社会の大きさに圧倒されて無力感に襲われることもあります。

そんな時に、すぐそばで友達が「頑張って!」と励ましてくれると、心強く感じ、やる気がでるのでしょう。

親友からの「心配だよ」

良い時だけでなく、落ち込んでいる時や苦難の時など、どんな時でも支えてくれる親友は、家族よりも近しい、信頼できる存在です。

なぜなら、自分のことを本当に心配し、無私の気持ちで助けてくれるからです。

そんなひとから「心配だよ」と言われたら、真剣に聞くのではないでしょうか?「心配」という言葉は、色々な使い方がありますが、調子にのっている時にたしなめてくれている場合や、頑張りすぎている時に気遣ってくれている場合、刹那的になっている時に寄り添ってくれている場合などに、親友がこの言葉をかけてくれることでしょう。

いずれの場合にしても、信頼できる友からの心配によって、狭くなっていた自分の見方を調整したり、客観的に状況を分析できるようになったり、見えなくなっていたことに気付かせてくれるはずです。

そのようにして、健全な自分を取り戻すことができますし、親友の優しさが伝わり、心にぬくもりが広がるなら、前に進む力がでてきます。

お客さんからの「助かったよ」

仕事をしている時、仕事だからと感情を捨てて、事務的に業務をこなしていることもあると思いますが、やりがいを感じるときは大抵、その仕事に思い入れを持って、心を込めて取り組んだ時ではないでしょうか。

営業先やお客さんのことを真摯に考えて、本当に役立つので是非勧めたいとと何かを販売したときや、トラブルが起きた時に、自分ならどうして欲しいかを考えて誠実に対応した時に「助かったよ」と言われると、それまでの苦労が吹っ飛ぶほど嬉しくなりますよね。

仕事であっても心の交流が生まれ、それを言葉で表現するなら、人間同士のつながりができ、モチベーションが上がります。

おばあちゃんからの「もっと食べなさい」

最近は核家族化が進んでいるので、祖父母と生活をともにして育った人は少ないと思います。

それでも、休暇で帰省するたびに、おばあちゃんがたくさんのごちそうを用意して待っていてくれたり、たまに遊びにきてくれた時には、お菓子の袋を山のように抱えて喜ばせてくれた思い出をお持ちの方は多いと思います。

子供を健康に育て上げる責任感を持っている両親と違い、祖父母は喜ばすことを念頭に食べ物を与えてくれるので、子供達にとって、優しく甘やかしてくれる存在になりやすいです。

母親は好き嫌いしないで食べるように言うかもしれませんが、おばあちゃんは好きなものを好きなだけ食べさせてくれることでしょう。

ですから「もっと食べなさい」というおばあちゃんの言葉は、祖母の優しさや、幼いときの楽しかった思い出をが浮かぶ、童心に帰れる言葉なのかもしれません。

田舎のおばあちゃんが、ニコニコと微笑みながら、好物をこれでもかと出してくれる姿を、私もよく覚えています。

心に響く格言

自分に直接向けられた言葉でなくても、聞いたり読んだりした時に、ストンと自分の心に落ちてきたり、印象深く頭にも残るフレーズがありますよね。

「格言」とは、人間の生き方の真髄を、簡単に言い表した言葉、覚えやすい形にした文章で、「名言」、「金言」、「箴言」とも言われています。

幸せに生きるためのヒントとも言えるかもしれません。

日本だけではなく、世界中の詩人・政治家・芸術家・企業かなど、ありとあらゆる職業の男女が、そのようなためになる言葉を残し、後代の人に励ましや、戒めを与えてきました。

それらの人の人生経験から生まれた、重みのある言葉を幾つか見ていきましょう。

馬鹿と天才は紙一重

この格言の意味は、天才は、常人では思いつかない着眼点から優れた作品を生み出すが、その着眼点が常識を外れていたり、あまりにも突拍子もなかったりするので、常識のない馬鹿と見分けがつかないことがあるということです。

確かにアインシュタインやエジソンなど、天才と言われ、偉業を成し遂げた人のエピソードは、馬鹿なの?と思えるようなこともたくさんありますね。

しかし、一般的に馬鹿とされている人が、みな天才なわけではないので、これまた難しい所ですが、常識にとらわれない柔軟性や想像力は大切にしないといけません。

そして、そのような優れた着眼点がある人は、その才能をムダ使いしないせず、世のため人のために使っていただければと思います。

みんな違ってみんないい

金子みすゞさんの語った格言で、表題やポスターでもよく使われているフレーズです。

「わたしと小鳥とすずと」のなかで、鳥、すず、自分の違いを認め、どれもそれぞれ良い所があるという、個性の尊重や、どんな人や物にも価値があることを教えてくれています。

人は、他人と比べることで、落ち込んだり、優位に感じたりしやすいものですが、一人として同じ人はいないことを覚えておくなら、比べること自体が無意味であることや、それによって感情をかき乱されることもなくなります。

「自分は自分で、尊い存在」ということをいつも思い出させてくれる、ポジティブな毎日を送るのに役立つ言葉ですね。

明日やろうは馬鹿野郎

思い立ったことや、決めたことを先延ばしにしない、すぐに実行するべきということを教えてくれている言葉です。

アントニオ猪木さんが言いそうな言葉ですが、テレビドラマ「プロポーズ大作戦」で使われたフレーズです。

非常にキャッチーで覚えやすいですね。

後々、後悔のないように、言うべきこと、すべきことはすぐに実践するように、背中を押してくれます。

何かを始めたくても勇気がなかったり、面倒だなと感じて先延ばしにしたり、明日やればよいやととりあえず置いておこうと思ったら、この格言を自分に言い聞かせて喝を入れましょう。

転んだ人を笑うな、彼らは歩こうとしたのだ

歩こうとすれば、よろけたり、ぶつかったり、つまずいて転ぶこともあるのです。

でも前進します。

一方、何もせず、歩きださなければ転ぶこともなければ、何かを成し遂げることもありません。

挑戦しなければ、失敗もなければ成功もないのです。

ですから、笑われるべきは、歩き出した人ではなく、何もしなかった人なのです。

失敗することは、確かに恥ずかしいですし、怖いです。

そして、「だからやめておけば良かったのに」と言われることもあるでしょう。

しかし、失敗は経験とも言えます。

次にいかせる貴重な経験なのです。

ですから、諦めずに挑戦し続けるようにしましょう。

何かにチャレンジする時には、この格言をこころに刻んで力を奮い起こしましょう。

一番強いのは自分の弱さを知っている人

弱さを認めるのは、強くないとできないことです。

他の人に自分を大きく見せたがる人は、自分の弱さをカモフラージュしているのです。

本当に芯のある強い人は、自分の欠点や弱さすべてを受け入れて、それを出すことを恐れません。

できないことはできない、知らないことは知らないと素直に言えるのです。

なぜなら、自分に健全な自尊心を抱いていると、他の人と自分を比べたり、人の意見に踊らされたりすることがないからです。

弱さを認める強さを持つなら、成長の機会を逃すことはありませんし、片意地張らないですむので、ストレスがかかりにくくなります。

ですから、謙遜に自分を分析して、弱さを素直に認めましょう。

そうできる自分は、強い人間であることを理解しているなら、気が楽になり、自信につながりませんか?

本当に危険なのは何もしないこと

人間行動学博士のデニス・ウェイトリーの言葉です。

デニスは能力開発の権威で、モチベーション維持の研究に定評があり、プロスポーツ選手や、宇宙飛行士のカウンセリングをしたり、ベトナム兵の心のけあも行いました。

行動する前に色々と考えてしまうと、デメリットや注意点が見えてきてやめておこうと結論付けたり、タイミングを逃したり、始めるエネルギーを失ってしまってしまうかもしれません。

もちろん慎重に計画を立てたり、実現可能かどうか現実的な見方をすることは良いことですが、小さなことまで気になりすぎると、何もできなくなってしまいます。

ですから、ある程度構想を練ったなら、思いきって始めて見ることも大切でしょう。

何もしないことこそ、人の喜びややる気を奪う、恐ろしいことなのです。

臆病者の目には常に敵は大軍に見える

枠にとらわれない勇者として名高い、戦国武将の織田信長が残した格言です。

弱気で、いつもびくびくしている人には、柳の木が幽霊に見えるように、ちょっとしたことでも恐ろしいもの見えたり、たいしたことがないことでも巨大に見えるということを述べています。

臆病者は、自分を過小評価し、逆に周りを過大評価するので、できないことばかり注目します。

これでは、何も成し遂げられません。

一方織田信長は、桶狭間の戦いでは2,000の兵で、45,000の大群に突撃し勝利を収めるなど、まさに恐れ知らずな戦いで、天下へ羽ばたいていきました。

だからこそ、彼の生き方に魅了される人がいまだにいるのでしょう。

人の痛みがわからなければ人の上には立てない

IT技術者として有名な及川卓也氏が、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、上司からおくられた言葉として紹介されました。

なぜ「人の痛みがわからなければ、人の上には立てない」のでしょうか?なぜなら、人の痛みがわからなければ、他の人をうまく教え、成長させることができないからです。

会社で上に立つ人に求められるのは、部下を指導し、育てることです。

そのためには、彼らの心にあるものをくみ出したり、彼らが抱えている悩みに寄り添い、適切なアドバイスをする必要があります。

人は、自分を認めて、理解をしようとしてくれた時に心を開きます。

ですから、苦労や失敗を通して、たくさんの引き出しを持っていれば、それだけ下の人の心の痛みに理解を示してあげることができ、的確なアドバイスをしてあげられるのです。

芸能人の心に響く言葉

俳優やミュージシャン、お笑い芸人やタレントさんなど、才能にあふれ、クリエイティブな環境に身を置く芸能人の方も名言をたくさん語られています。

私たちが見る彼らは、日常からはかけ離れた、独特の世界で活躍されてはいますが、プライベートでは、私たちと変わらない一人の人間です。

だからこそ、彼らのセンスの光る言葉は、私たちの心に響くのでしょう。

勉強するから、何をしたいか分かる。勉強しないから、何をしたいか分からない。(ビートたけし)

「なんで勉強しないといけないの?」「こんな公式、将来役に立たないでしょ?」と学生がよく聞いてきますが、そんな時はこの言葉をおくってあげたいですね。

将来の夢が描けなかったり、何をしたいのか決まっていないからこそ勉強すべきなのです。

そうすることによって、自分の好み、得意分野がわかり、人生の方向性が見えてきます。

さらに勉強することは、自分が無知であることを認めていることにもなります。

「無知の知」という言葉もありますが、自分は賢いと思っている人は愚かで、自分にはまだ知らないことがたくさんあることを理解していることは知恵の始まりになります。

ですから将来に迷ったときは、まず勉強から始めると、人生のヒントを見つけることができるかもしれません。

20台の借金は貯金や(明石家さんま)

借金は負債であり、マイナスのイメージがあります。

しかし、それをプラスにとらえるとは、非常にポジティブなさんまさんらしい言葉ですね。

これには色々な教訓を引き出せますが、まず、若い時に大切にすべきことは、経験だということです。

安定した将来のために冒険をしない生き方をしていると、広い世界を見るチャンスを逃したり、失敗から学ぶ経験ををせずに年月が過ぎていくかもしれません。

それ自体は悪いことではありませんが、50代・60代になった時に、若い時にもっとやりたいことをやっておけば良かった、冒険すれば良かったと後悔しないでしょうか?

リスクを伴うことでも、自分の人生観を変えてくれるような経験ができるなら、それはまさに将来の自分への投資になることでしょう。

このようにこのさんまさんの言葉は、今を大切に生きるという教訓と考えることができます。

さらに、借金のようなプレッシャーを、エネルギーにかえ、仕事を必死で取り組んだり、エネルギッシュに生きれる糧にするという教訓も得られます。

さんまさん自身が、「負った借金が半端じゃない額だったので、喋るか死ぬかの二択しかなかった。そりゃ喋る方を選ぶでしょ。」と語られています。

追い込まれた時に、何も圧力がない状況よりも、やる気になるものです。

彼の素晴らしい話術は、そのプレッシャーと覚悟のもとに磨かれたのでしょう。

大事なのは評価ではなく自分の気持ち(小林麻耶)

しくじり先生で小林麻耶さんが語られた言葉です。

人は誰しも「認められたい」という欲求があります。

それ自体は悪いことではないですが、その欲求が強すぎると、人の評価で、自分を計ってしまうようになります。

そうすると、周りからの評価が高いと自意識過剰になり、低いと自分を否定されたようにとらえ絶望感を感じるなど、感情のバランスを崩しやすくなります。

ですからそれを避けるために、他の人に評価されるためにはと考えて行動するので、無理をしたり、苦しくなっていくという負のスパイラルに陥ってしまうのです。

そんなに自分を追い込む必要があるでしょうか?自分で自分のことを評価し、大切にしてあげるためにも、この言葉を覚えておきましょう。

誰にでもチャンスは訪れているはず。これがチャンスだって思うか思わないか。(デヴィ夫人)

貧しい家庭を支えるために仕事を始め、来日していたインドネシアの大統領に見初められ結婚。

その後、政情の変化により、パリに亡命、社交界の華として活躍されました。

戦後の激動の時代を、懸命に生きてこられ、壮絶ともいえる人生を送られているデヴィ夫人。

一見、シンデレラストーリーのようですが、彼女は「幼い頃に体験した戦争と貧困が、どんな逆境でも生き抜く力を与えてくれた。人の3倍勉強して、努力して、働いたおかげで今がある」とも語られています。

どん底からステップアップするために、常にアンテナを張り、目の前に訪れたチャンスを確実に掴むために、懸命に励んだことが分かります。

何かいいこと起きないかな〜と座って待っていないで、自分の生活を良くするために、ある意味貪欲になるべきことも教えられます。

拍手されるより、拍手する方がずっと心が豊かになる。(高倉健)

名優、高倉健さんの言葉だからこそ重みが増し加わります。

素晴らしい演技で多くの人に感動を与え、たくさんの拍手を受けてきた健さんですが、素直で、謙虚な気持ちを持っておられたことがこの言葉から分かります。

自分が一番とか、自己中心的な考え方をしていると、心が貧しくなり、他人の素晴らしさに気付けません。

しかし、謙虚であるなら、素直に他の人のことを認め、心が動かされ、応援したくもなります。

つまり、自然と拍手ができるのです。

この言葉は、自分の心が高ぶっていないか見直すために覚えておきましょう。

夢を叶えるには、ずっと好きで居続けることです。(水樹奈々)

夢は儚く散ってしまうものでしょうか?それとも叶えられるものでしょうか?大抵の方は、「将来の夢は?」と小さいときから聞かれてきたと思います。

スポーツ選手・お花屋さんなど可愛らしく答えていたかもしれません。

そう答える理由は、それが大好きだったからではないでしょうか?このように、好きなことと夢は直接的に結びつきます。

その時抱いていた希望が夢であり、それを現実のものとするために努力することを、夢に向かって突き進むことと言います。

でもいつしか、自分の限界を感じたり、環境が整っていないことを理由に、夢を諦めるかもしれません。

成長していく上で、色々なことを理解し、見える世界が広がった時に、夢自体が変わることもあるでしょう。

それは悪いことではありません。

しかし、夢を持っても意味がない、どうせ叶わないと決めるのは、人生をつまらなくしてしまいます。

好き、楽しい、もっとしたい、うまくなりたいなどの感情を持ち続けるなら、小さなことでも夢になり、意義深い人生を送れます。

好きという気持ちは、何よりの動力源になるのです。

涙は女の武器じゃない。女の武器は心からの笑顔。(GACKT)

数々の名言を語られているGACKTさん。

ミステリックで、ストイックなライフスタイルが魅力的ですが、人を見る目、恋愛の真髄を見極める力もお持ちのようです。

よく「女性の涙は武器」として、男性をコントロールするために泣いたり、わがままを通したり、嫌なことを回避するために涙を流す人がいます。

しかし、そんな都合のいい涙は、その人を魅力的に見せるでしょうか?始めの数回はうまくいったとしても、浅はかな心は、言動の至る所に表れます。

しかも泣いて自分の思いを通そうとすることを繰り返していると、心が鈍くなり、安易な解決策を求める、ちっぽけな女性になってしまいます。

それよりも、心からの笑顔が表情になって表れる女性は、豊かな感性と、自己コントロールのできる知性をかね揃えた魅力があります。

しかも笑顔は、ポジティブな力を相手に与えます。

涙は「してあげないと」と思わせるのに対して、笑顔は「してあげたい」と感じさせるのです。

勝ち負けなんか、ちっぽけなこと。大事なことは、本気だったかどうかだ!(松岡修造)

熱い男の代表、熱血指導でも有名な元プロテニスプレーヤーの松岡修造さんの格言です。

厳しい勝負の世界、しかも結果が求められるプロフェッショナルの世界で戦ってこられた彼のこの言葉は、非常に重みがあります。

どんなに頑張っても、負けることもあります。

そんな時に、自分が「本気」だったかどうかが大切ということです。

妥協せずに、全力で取り組んだならば、結果がついてこなくても、次に繋がる収穫が何かしらあります。

しかし、どこかで諦めてしまったり、手を抜いたなら、後悔が残り、負けただけの惨めさに力を奪われてしまうでしょう。

常に本気であれば、負けても、次に活躍するチャンスが生まれてくるということです。

さらに、他の教訓もこの言葉から学べます。

それは、勝ち負けがちっぽけと思えるほどに努力する大切さです。

何事も真剣に取り組んでいるなら、常に本気で全力を尽くします。

ベストを尽くしてきたと、自分で自分を認めてあげられるほどに頑張ったなら、勝敗はそれほど気にならなくなるのです。

自分を奮い立たせたい時は、松岡さんの言葉は心にぐっとくることでしょう。

️心に響く言葉、見つかった?

たくさんの名言、金言を見てきましたが、あなたの心にズバット突き刺さるようなフレーズ、もしくは、ジワーとしみるような言葉は見つかりましたか?心は不実なので、自分で自分の心を整えることは、非常に難しいです。

しかし、賢人たちの言葉を通して分析してみるなら、弱さや足りない所も、正直に見えてくるかもしれません。

また、ありのままの自分を認めてあげることができるようになったり、心が軽くなることもあるでしょう。

さらに、後悔のない生き方をする決意が強まるかもしれません。

ですから、賢人達の声に耳を傾けるようにしましょう。

そして、お気に入りのフレーズを書き留め、繰り返し見ることもできます。

きっと、必要な時に必要な力をあなたに与えてくれるでしょう。

また、「ありがとう」「愛している」など、短いけれども相手を元気づけ、幸せな気持ちにする感情を表す言葉も、日常生活の中で意識的に使いましょう。

大切な人に、言葉にしてきちんと自分の気持ちを伝えるなら、心が通い合う、彩り豊かな日常になります。

愛のある言葉は、私たちが贈れる最高のプレゼントにもなるのです。