人生は勉強の連続であるといえます。

例えば、ある程度の年齢になると学校へ通いますが、学校へ通う事で、基本的な勉強スキルを学び始め、年齢が上がるごとにどんどん習う勉強なども難しくなり、人によっては大学までずっと勉強の連続です。

社会人になれば、勉強から解放されるかと思えば、そうではなく、今までの勉強とは違った、会社で行っている業務などの勉強が必要になります。

それ以降は、ずっと会社に所属している限りは会社に関係する事や、自分自身のスキルアップに関する勉強などなど…たくさんの事を勉強しなければいけないので、人生は勉強の連続であるといえます。

そんな勉強ですが、つきつめて考えれば勉強の基本となるのは暗記が一番重要だと言っても過言ではありません。

一般的には学校の勉強でいえば、社会や英語などが単語や歴史を暗記して正解を競うテストが多く、数学などがひらめきなども大事ですが、公式を暗記する事は絶対的に必要な事です。

社会に出ても、どちらかといえば、何かを覚えていて、業務に関しての知識を正しく理解する事から始まります。

なので、暗記が出来なければ、何事においても困ってしまう事になりかねません。

そんな勉強において大事なスキルである暗記をテーマにして、暗記の方法について今回はご紹介していきます。

暗記のコツをつかみたいあなたへ!

テストなどを控えていて沢山のことを覚えなければいけない状況だったり会社で必要な業務内容などを正しく理解するためにたくさんの手順などを覚えなければいけない場合など、暗記を行う必要がある場合は人生ではたくさん存在しますが、そのような状況が訪れる度に簡単に暗記できたらいいなと思うことはありませんか?

暗記と一言にいっても、暗記する方法は人それぞれ違います。

例えば口に出して覚えたい語句を何度も何度も言っているうちに覚えられるようになる人もいれば、覚えたい内容をノートにかいて何度も書き足していき、自然と身体全体で覚えるような方法をとる場合も多いです。

比較的暗記をする方法として多いのは神に何度も書いたりして覚えるようにする場合が多いですが暗記に関してはあまり知られていないですがコツが存在しています。

暗記のコツを知ることでより良い暗記を効果的に行うことができるようになるのでたくさんの言葉を覚えたりする時にとても便利です。

学生として勉強していたり社会人として仕事をしていれば暗記が必要な状況は何度も何度も訪れます。

だからこそ早めに暗記のコツをマスターしておけば、今後の自分が暗記をしなければいけない時に、役に立ちますし、スムーズに暗記を行うことができます。

最初は難しいかもしれませんが暗器の仕組みなどを理解することによって自然と暗記のコツを受け入れることができるようになるので、まずは人間の記憶の仕組みについて簡単にご紹介します。

人間の記憶の仕組み


暗記のコツを理解する前にまずは人間の記憶の仕組みについて理解することが先です。

なぜならば人間の記憶の仕組みを理解することで人間がどうやって記憶を深く刻んでいるのかを知ることで暗記をするコツをより理解する事に繋がるからです。

つまり人間の記憶の仕組みを知るということは暗記のコツを知るということにつながるのです。

世の中には一気にたくさんの物事を早い時間で覚えたりすることができる人間が存在しています。

そのような人を天才と呼んだりしますが、その人はもともと生まれた時から物事をたくさん覚えられたわけではありません。

生まれてから訓練してるたくさんの物事を覚えられるようになっている方が多いです。

なので自分は天才じゃないから駄目だと考えずに、あくまで暗記のコツを知ることによって今までより以上にたくさんの物事を短時間で覚えることができるようになれると信じて行なってください。

諦めずに継続的に努力することが出来れば今まで以上の力を発揮できるようにつながるので自分を信じてチャレンジすることが大事だと言えます。

記憶をつかさどる脳の部位とは?

なぜ人間の記憶の仕組みとして自分の頭の中に情報が入った時に記憶されるまでの過程を簡単にお伝えします。

脳に入ってきた情報が記憶されるまでに符号化、貯蔵、検索の3つの過程で処理をされると常に脳科学でわかっています。

具体的にお伝えをするとまず情報が自分の脳の中に入ってきた場合にその情報をまずは符号化します。

符号化とは自分自身の脳に新しく入ってきた情報を記憶しやすいようにその情報をタグ付けするということです。

例えばタグの内容としては感覚記憶、短期記憶、長期記憶の3つに分けることができ、3つのタグに分けることによって新しく入ってきた情報を記憶することで、消費するエネルギーを極力小さくしようと考えられていることが分かっています。

そして次に符号化したタグ付けした情報を所蔵するのですが、あくまで想像は記憶することとは違うことをイメージしてください。

想像することが記憶することなのではなくあくまで符号化、貯蔵、検索の3つの過程で新しい情報を記憶するということにつながるのでこの部分は勘違いしないようにしてください。

そして、最後の検索に関しては自分の脳の中にある情報はとてもたくさんの情報が入っているため、その情報を自分の脳の中から検索して適切に引き出すことができるようになって初めて記憶できていると確認することができるので、この3つの過程全てが合わせて記憶するということにつながります。

つまり自分の脳に新しい情報を貯蔵していたとしても、うまく検索して求められる情報を自分の頭の中から引き出すことが出来なければ、それは記憶していると言うことには言えないと言うことです。

長期記憶と短期記憶の違い


ちなみに先ほどお伝えした短期記憶と長期記憶に関してですがこの短期記憶と長期記憶の違いについても簡単にご紹介いたします。

私達は普段記憶することにおいて全て同じ記憶という行為で分けてしまいがちですが、記憶に関しては様々な種類が存在しています。

例えば感覚記憶、短期記憶、長期記憶という見つけることができ、感覚記憶とは記憶の保持時間が四角においてます100mm秒、聴覚においては数秒であり、短期記憶については15秒から30秒と言う時間になっています。

そして長期記憶に至ってはほぼ永久の時間という風に言われているので、長期記憶が圧倒的に優れているといえます。

つまりたくさんの物事を記憶していたとしても短期記憶や感覚記憶で記憶を得ていた場合は全く意味がないことになってしまいます。

その逆に一つでもたくさんのことを長期記憶として自分の頭の中に取り入れることができれば、たくさんのことを理解してたくさんの引き出しを持てるようになるので、人間的にも優れた能力を持っているという風に評価をされることができます。

あなたも何かを勉強していたときに覚えておきになっていても、いざ本番になった時に甘く自分の脳の中から記憶を引き出せなかった経験はありませんか?

これに関しては自分の感覚ではすでに覚えたと思っていたとしても、自分の記憶の中から引き出せなかったり短期記憶として処理をしてしまっているので、自分の脳の中にしっかりと記憶が定着していない状況だと判断することができます。

なので暗記をするということはいかに長期記憶に自分の新しい情報をインプットすることができるかということだと言えます。

おすすめの暗記方法4選

人間の記憶の仕組みをご紹介したところで、物事を暗記するおすすめの方法についてご紹介していきます。

暗記方法はたくさん存在していますがその中でもより効果が高くおすすめの方法をピックアップしてご紹介するので、 これから暗記しなければいけないことがある場合は是非これからご紹介する暗記方法を試していただいて自分の中で一番しっくりきたものを日常的に使っていただくことによって、より洗練された暗記方法として自分の中で確立することができると思います。

どれも理にかなった方法になっているので参考にしてください。

1. 語呂合わせ

まずおすすめする暗記方法として語呂合わせが挙げられます。

そもそも何もない状態から何かを暗記すると考えた時に市から何かを覚えなければいけないのは大きく負担がかかってしまいます。

だからこそ何らかの形で関連付けさせることが大切なのですが、語呂合わせをすることによって複数のことを一度に連結させて覚えることができます。

語呂合わせの代表的な例としては、誰しもが知っていると思いますが良い国作ろう鎌倉幕府という語呂合わせが存在しています。

これは、1192年に鎌倉幕府が誕生したという語呂合わせであり、社会でも多くの先生が教えてくれる語呂合わせです。

年代とその時に起こった事象というのはなかなか関連性がないので、その時代背景などをよく理解していたり、どういう風に時代の流れが変化してきたのかという全体像を把握しておかないとなかなか記憶には定着しません。

だからこそ、語呂合わせを行う事によって、簡単に年代とその時に起こった事象について一気に覚えることが出来るようになります。

なので自分の中でしっくりくるように語呂合わせをいくつか作ることで一気にたくさんの単語を覚えることができるといえます。

2. イメージ化、映像化する

次におすすめする暗記方法としてイメージ化して映像化するということが挙げられます。

大量の知識をなるべく早くたくさん暗記するということは一見難しい様に感じますが、効率の良い暗記方法を行うことで、より効果を高めることができると言えますが、その中でも記憶術に関する面でいえばイメージ化することがとても大事だと言えます。

例えばあなたがレモンという単語を覚えたいとします。

レモンという単語覚えたいときにレモンと言う言葉だけを覚えて暗記してもなかなか脳には定着しないので、 暗記することが難しく感じてしまう場合がありますが、レモンという単語をイメージ化して考えることによりより脳に定着させることができます。

具体的にどういうことかというとレモンと言う単語と実際のレモンを映像化して自分の中でレモン=映像という風に思い出せるまで記憶に定着させることが暗示する上で大事なことです。

レモンという単語だけ覚えて実際のレモンを知らない場合は暗記することが難しいのですが、レモンという単語と実物のレモンを関連させて覚えることによってより自分のイメージを具体的に想い描けるようになり脳に記憶されるようになります。

なのでどうしても覚えたい事だった場合は必ず単語とそしてイメージ化、映像化を連結させて考えるようにしてください。

3. 人に教えて覚える

次におすすめする暗記方法として人に教えて自分が覚えるということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと人に物事を教えるという言葉物事を解説するということと同意義になります。

では、あなたがとても興味があることについては人に教えるのは簡単であり明確に重要なことをポイント付けて説明することができると思いますが、あまり自分が知らない事だったり興味がないようなことについては上手に説明することができない場合があります。

人に教えるということは必ずどういう部分が重要でありどういう意味合いを持っているというように必ず物事に関して確かな理解を深めていなければ明確に説明することができません。

なので逆に言えば人に教えることができるということはその物事に対して、よく理解をしている状態に記憶を定着させている、ということに他なりません。

だからこそ覚えたい物事があるのであれば、人に教えられるようになるレベルまで覚えるということと、人に教えていく過程を常に想像して、説明しながら物事を理解、暗記するようにする、そして実際に人に教えることによってより自分の記憶に定着させる、という暗記方法に変換することができると言えます。

4. トイレなど狭い部屋に籠ると覚える

トイレなどの狭い部屋にこもりながら暗記をする事は、より記憶に定着しやすい暗記方法だと言えます。

あなたは物事を暗記するときにどの場所で暗記するようにしますか?
人によってば自分の机に座って覚えていると言う人もいれば、リビングに座って覚えているという方もいますし、お店などで覚えるという方もいます。

しかし、意外かもしれませんがトイレは暗記をすることに関して最適な場所です。

トイレがどうして暗記をするのにおすすめかというとトイレは静かで落ち着ける場所でありなおかつ何もない場所になるので、集中しやすい場所でなおかつ自分の集中を乱す様な邪魔なものが何もないと言う自宅の中でも唯一の空間になるからです。

さらに基本的にトイレへ行く事は生理現象なので、一日に必ず数回あります。

その都度、覚えたい内容を確認すれば、暗記をする上で大事な脳に定着させるための反復運動を行う事が自然に出来ます。

どんなに難しい内容でも簡単な内容でも短時間ですぐに覚えることが難しいので、何回かに分けてその物事を反復して理解することによってだんだんと記憶が脳の中の深い場所に定着して行き最終的に完全に覚えてしまうと長期記憶として自分の脳の中に刷り込まれています。

この現象を利用して考えると、トイレは暗記をする上で最強の場所という事になります。

覚えたい内容が掛かれた本などをトイレに一冊だけポンと置いておけば、自然と暇なので手に取って、記憶を定着させる反復運動を採り入れる事が出来るので、おすすめです。

実際にトイレに歴史年表などを置いておけば、歴史の暗記がはかどる事間違いなしです。

暗記が得意な人の特徴

ここまではおすすめの暗記方法についてご紹介していきましたが、ここからは暗記が得意な人の特徴についてご紹介していきます。

あなたの周りにも暗記がとても得意で、すぐに物事を覚えてしまったり勉強ができる人はいませんでしたか?

知らず知らずのうちに暗記のコツを理解している場合もあれば、暗記が得意な人の特徴に大きく当てはまっていたということも考えられます。

暗記が得意な人の特徴について理解することで、自分自身もどのような特徴を持てるように努力したり、どういう方法を実践すれば暗記をすることが得意になるのかということを考えるきかっけにもつながるので、暗記が得意な人の特徴を理解して盗める部分は盗んでみましょう。

1. 幼児教室で特別な教育を受けていた

暗記が得意な人の特徴として、幼児教室で特別な教育を受けていたということが挙げられます。

これに該当する人はあまり多くはいないかもしれませんが子供の頃から暗記の能力を特価させるために、 特別な教育を受けていた場合が考えられます。

どんな事に関しても子供の頃からなどの早い段階から触れさせることによって、その能力を大きく伸ばすことができるということは誰しもが知っていることだと思います。

年齢が低ければ低いほど無限の可能性を持っているので早い段階から子供になるさせることによってスポーツに関してもそうですし勉強に関してもその分野の才能を伸ばすことができるようになります。

だからこそ意識が高い親の下で育った子供は特別な教育を受けさせたいということで暗記に関する特別な教育を受けていた可能性があります。

テレビ番組なので一度は見たことがあるかもしれませんが、とてもたくさんの単語や文字や数字などを一瞬で覚えてしまう天才的な子供達の塾の様子を特集されて放送されている場面を見かけた事があるかと思います。

特に年齢が6歳を超えた時には記憶力がより高くなる時期でもありこの時期にたくさんの知的な関心が高まりますので、この時期を狙ってたくさんの物事を暗記させる様にしきしむけることができれば考える力が飛躍的に急成長すると考えることもできます。

なので先ほどの天才的な暗記頭脳を持っている子供達は、比較的早い段階で6歳を迎える時にはたくさんの物事を暗記するように教育を受けていたからこそ、一般的な人よりも暗記する能力が優れている人間に育っていると言えます。

特別な教育を受けてる子供は一般的な人と比べてありえないぐらいの暗記レベルの実力を持っているので、なので、暗記が得意な人は特別な教育を受けていた可能性があると考えることができます。

2. こだわりが強い性格

暗記が得意な人の特徴としてこだわりが強い性格であることが挙げられます。

例えばまずこだわりがあまりない人とこだわりが強い人を比較して考えてみると、こだわりが強い人の方が明確に移行したいという目標を持っている場合が多いですし、自分がこうしたいと思ったことを譲らずにこだわることによってその物事に対してより情熱的に向き合っていると言えます。

当然こだわりがないから悪いとかこだわりが強いから良いと言うことではないのですが、暗記というカテゴリで考えた時にはこだわりが強い人の方がその物事に対してより情熱を注いで考えている傾向があるので、より自分の頭の中でその事に関して考えているからこそ関連したキーワードやそれに関する知識などを深く吸収している場合が多いです。

またこだわりが強い人の場合は何に関してもストイックに興味があるものに関しては一直線で向かっていく性質も持っているので自分が興味を持っていることに関してはたくさんのことを知りたい、学びたい、という思いが強いので、 こだわりが強い人の方が向上心が高くたくさんのことを知識として吸収したいという基本的な考え方を持っています。

だからこそたくさんの知識を身につける行動を普段からとりがちなので、自然とたくさんの知識を保有しており、なおかつ常に学ぶと言う姿勢を持っているので、暗記をすることに関して日常的に行っていると考えることができ、そのような方は暗記をすることに関して得意であり場合が多いと考える事が出来ます。

3. 集中力が非常に高い

暗記が得意な人の特徴として何事に関しても集中する力がとても高いと言うことが挙げられます。

暗記をする時には自分の気持ちを集中させて学ぶことが多いですよね。

自分が真剣になったり自分の気持ちや集中力を高めながら行動しないと暗記することができない方は比較的多いと言えます。

当然集中力が散漫になっている状況で暗記をしろと言われても難しいですし時間も多くかかってしまいますよね。

だからこそ何かに対して集中する力が圧倒的に他の人よりも高い場合は物事を覚える時間も当然集中力が高い分早くなるといえ、集中力が高い人は暗記をすることが得意であると考えることができるので集中力が高い人は暗記をすることが得意であり、特徴になると考える事が出来ます。

4. チョコレートが好き

暗記が得意な人の特徴として、チョコレートが好きであるということも特徴的だと言えます。

暗記とチョコレートの関係性を考えた時に理解できないという方も多いと思いますが、以外と関連性が存在しています。

まずチョコレートを食べると集中力が高まると言われており、脳が活性化される食べ物として様々な分野でその強い効果が認められています。

なぜかというと脳の血流を上昇させることで脳の血流を良くなり脳の活動を活発にするからこそ記憶力がアップするということ大学雑誌などでも解明されています。

まずチョコレートに多く含まれるブドウ糖が脳に対して作用していわゆるエネルギー源となってくれるからこそ脳がうまく回るようになります。

あまり知られていないかもしれませんが人間の体に存在しているどんな臓器よりも脳に関してはエネルギーの消費量が圧倒的に多いと言われてます。

当然ながら冷静に考えてみると、自分の頭の中に膨大な情報が入っているものをいくつもいくつも引き出しては押さえ込んでと、言う様な処理をたくさん行っているので、人間の脳に関する付加や消費エネルギーは膨大な量がかかってしまうという事は少し考えれば理解できるはずです。

なので脳がエネルギー不足になってしまう内容に必要なものがブドウ糖でありブドウ糖を摂取することにおいて短時間で摂取できるのはチョコレートが適していると言えるので、チョコレートが好きな人は暗記をすることが得意でやるということに繋がると言えます。

またチョコレートの成分の一つでテオブロミンという成分があり、このテオブロミンに関しては興奮作用が存在しており、カフェインと少し似ていますがじわじわと効果が発揮される成分と言われており、集中力や記憶力そして思考力を大きく高めてくれる成分なんです。

またそれ以外にもチョコレートの独特の良い香りが自分自身の脳に伝わり、チョコレートの甘い香りがリラックスさせてくれるという効果を持っているので、自分の脳が緊張状態からリラックスした状態になりより柔軟性が増して情報を吸収する性能が高まるということも判明されています。

6. 好奇心旺盛

暗記が得意な人の特徴として好奇心が旺盛であるということも挙げられます。

あなたの身の回りにも好奇心がとても旺盛な人がたくさんいるかと思いますが、好奇心が旺盛な人と言うのは物事に対して集中して取り組むことができると言えます。

なぜならば自分が興味があることが知らず知らずのうちに集中して物事を知りたいと思うからこそ驚異的な集中力でたくさんの関連するキーワードを覚えることが出来るからです。

もちろん逆に自分の興味がないような事に関しては物事を覚えるのが苦手である場合も多いですが、暗記をする能力自体は好奇心が旺盛ということも関連して突出している能力を持っていると言えます。

なので好奇心が旺盛な人は暗記をすることが本来は得意でありますし、好奇心が旺盛な人が物事を覚えるようにするにはその物事に対して興味を持てるように興味づけの工夫をすることであとは自分の好奇心旺盛な気持ちを存分に発揮すれば苦労することなく物事を暗記することができるといえます。

7. 本を読むのが早い

暗記が得意な人の特徴として本を読むのが早いという事も挙げられます。

本を読むのが早いという事は、本に書かれている内容を十分に理解することができ、理解するまでのスピードが早く、理解したことをそのまま覚えているからこそ次のページに書かれている内容を理解することができるということにもつながります。

例えば本を読んでいる時に先ほど紹介された内容のことを忘れてしまったら次のページに進んだときに書かれている内容が理解できないことがあり、ページを戻って再確認するという事は誰しもが経験したことがあるかと思います。

この行動は内容を暗記していないからこそ意味が分からない単語が続いてしまい今書かれている内容を理解するために以前紹介された内容を再確認して強くに刷り込ませる行動であると言えます。

なのでそう考えると本を読むのが早いと言うことが書かれている内容を理解したまま新しい物事をすぐに取り入れることができ、そのスピードが早いと言うことにもつながり結果的に暗記をすることが得意であるということにもつながります。

なので普段から本をたくさん読み、なるべく本を読むスピードを早くすることを意識することによって自然と暗記する能力をレベルアップさせることにもつながると言えます。

本を読むだけでもたくさんの知識を頭に入れ込むことができるので普段から本を読む習慣を身につけておけばいざという時に沢山の引き出しを自分の脳の中に作る事が出来るととらえることも出来ます。

忘れる仕組みとは?

ここまでは暗記が得意な人の特徴についてご紹介しましたが、そもそもなぜ暗記したことを忘れてしまうのかということについても理解しておくことが大切です。

忘れてしまうメカニズムであったり忘れてしまう仕組みを理解することによって逆に忘れないように工夫するにはどうすれば良いのかということを考えるきっかけにつながるからです。

一度理解したことをそのまま反映中的に頭の中に止めておけばどんなに楽だろうかと考えたことは誰しもがあると思いますので忘れない為にも忘れる仕組みを理解することを始めてみてください。

興味のあることは忘れない

まず通して覚えたことを忘れてしまうかと言うと一般的に考えれば覚えたことが使わずに時間がたってしまうと、過去に覚えたことがだんだんと記憶が薄まってしまって、最終的に思い出せなくなるという事です。

何事も同じかと思いますが、使わなければすたれていきますし、普段から日常的に使っていれば、慣れてきますよね。

それと同じで、人間の脳も使わなければすたれてしまうので、記憶も同じです。

いつでも新鮮な状態にするには、普段からその記憶を使っていなければ忘れてしまいやすくなってしまいます。

特に、長期記憶として定着していない状況になるとその効果は顕著に表れてしまいます。

そしてそもそも興味あることは忘れませんし大きく自分の感情を揺さぶった体験については自分の心の中に大きく印象付けているので忘れることはあまりありません。

なので反対に考えるとあまり興味を持っていないようなことについてはすぐに忘れてしまいますし、あまり印象強くないような事に関しては人間は忘れてしまいます。

ちなみに人間の記憶を司る脳の器官である海馬と呼ばれる場所は、加齢によってもだんだんと神経細胞が少なくなっていき、 10年ごとに神経細胞が全体の5%ずつ失っていくので80歳の人は20歳の人に比べて神経細胞が20%の少ないということが判明されています。

加齢に関してもそうですし、興味ない事などは忘れてしまいがちであるという事を理解すれば、覚えたい物事に興味を持つように工夫する事がどれだけ大事な事か理解いただけると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は暗記の仕組み、おすすめの暗記方法、そして暗記が得意な人の特徴、そして忘れてしまう仕組みについてご紹介しました。

人生を生きているとたくさんの事を覚えたり、実践していかなければならないので、それに伴って必要な知識を蓄えることが常に求められます。

学校のテストもそうですし、仕事で成果を上げるためには何かを勉強して自分のスキルを上げたり、新しいアイディアや発想を生み出したり取り入れたり、自分の知識レベルを上げなければいけない状況が多々存在します。

その状況を想定すると、その都度新しい知識を得る必要があり、それが基盤となって新しい視野が広がり、応用的な難しい事も解決できるようになります。

だからこそ暗記をすることが得意であればどんな場面でも必ず役に立つと言えます。

早い段階で自分のやりやすい暗記方法を身に着けておけば、必ず良かったと思える日がやってくるので、自分に合った方法を見つけられるように工夫してみてください。