気が付いたら結婚適齢期を過ぎ、周りの人間が次々と結婚していつの間にか自分だけ独身になっていたという人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな独身女性によくある特徴や、おすすめのライフプランにについてまとめてみました。

晩婚化が進んでいる日本

とは言え、日本や先進国では晩婚化が進んでいるのも事実です。

尚、現在では初婚の平均年齢が男性で31.1歳、女性で29.4歳というデータが出ており、僅かずつではありますが男女共に初婚年齢が年々高くなっていると言われています。

あと数年も経てば、女性もとうとう30歳を超える見込みとなりますが、一般的な考えでは女性の晩婚は35歳以上という意見も多いようです。

その為、統計データと実際に感じる晩婚のイメージとは若干ズレが生じているようですね。

「一生独身でいる」と決めている人も居る

数年前であれば女性はいつまでも仕事をせずに、30歳を過ぎれば結婚するのが望ましいという印象があり、何かと独身女性は世間の目を気にしなければなりませんでしたが、それはもう過去の話です。

実際に、以前と比べても最近では女性も男性同様に仕事に専念する人も多く、趣味や習い事などに熱中する女性もたくさんいますよね。

その為、中には「一生独身でいる」と決めている人も少なからず存在しているようです。

敢えて結婚を選択しないという生き方を選ぶというのも、まさに現代社会の特徴と言えるかも知れませんね。

結婚願望を持っていてもなかなか抜け出せない

しかしながら、独身女性の中には以前から結婚願望を持っているのにも関わらず、なかなか抜け出せずに苦しんでいる人が存在しているのも事実です。

最近では、そんな女性を応援するSNSなどによるマッチングサービスや婚活サイトなども現れていますが、必ずしも良い相手と巡り合えるわけではありません。

また、利用者の女性の中にはそのような経験を何度も重ねていく内に、だんだん自信が無くなってきてしまい、精神的に苦痛を感じる事の方が多くなってしまう事もあるのだとか。

そして、最終的には結婚自体を途中で諦めてしまう女性もいるようです。

なぜ結婚できないのか悩む人も多いはず

良い結婚相手を見つけるのは縁もありますから、努力だけではなかなか難しい問題ですよね。

しかしながら、日頃から結婚に向けて頑張っているのに、全然その気配が無く、なぜ結婚できないのかと悩む人も多いはず。

周りの友人たちが結婚をしていく姿を見れば尚更ですよね。

自分には一体何が足りないのか、その答えが見つからずに悩み続けている女性は世の中にたくさん存在しており、将来本当に結婚する事ができるのか不安を感じています。

独身女性はどのくらいいるのか

現在では、独身女性が多いと言われていますが、具体的にどのくらいの独身女性がいるのか気になりますよね。

ここからは現時点で確認されている独身女性の割合などについてまとめてみました。

生涯未婚率の女性は約11%

50歳になった時点でそれまで一度も結婚をした事がない女性の割合について調査をした結果、生涯未婚率の女性は約11%であると言われています。

全体の10人に一人くらいの女性は50歳までに一度も結婚をしていないという結果となりますがいかがでしょうか。

しかしながら、独身でいる女性の中には今は未婚でも、将来的には結婚を考えているという人と、一生結婚しないつもりでいるという女性も含まれます。

こうして考えてみると、以前に比べて最近は異性の出会いの場が増えているのにもかかわらず、結婚相手を見つけられない理由には、何か別の理由があるのかも知れませんね。

独身女性の3割は結婚に後向き

とある調査結果では現在の独身女性の3割は結婚に後向きな回答をしているという結果が出ています。

その主な理由として、結婚資金やその後の生活費に不安を感じている人が多く見られ、8割以上の人がそのような回答をしているようです。

その他にも、一人でいる事が好き、慣れているという意見や、そもそも結婚に対して良いイメージを持てないという意見もあれば、ただ何となく結婚したいと思わないという意見が大部分を占めているようです。

また、独身男性よりも独身女性の方が結婚に対して後向きな意見を持っているという結果となりました。

また、独身男性の方がどちらかと言うと経済的不安を抱えている傾向があるようです。

独身女性によくある8個の特徴

顔が美人でスタイルも良く、話をしてみても特に性格が悪いようには見えない独身女性に心当たりがある人も居るのではないでしょうか。

世の中に存在している独身女性にも様々な理由がありそうですが、何か共通点や特徴があるはずですよね。

そんな独身女性によくある特徴について以下を参考に見ていきましょう。

独身女性の人も、当てはまるものがあるか是非チェックしてみて下さいね。

1、結婚はまだ早いと思っている

世の中の男性の多くは結婚を考える時に、相手の女性に対して幾つか理想を持っているものですが、その中でもやはり出産のリスクを考えるというのが一般的なようです。

その為、なるべく年齢が若い女性を好む傾向があります。

しかしながら、独身女性の多くは30歳を過ぎても、仕事やプライベートに忙しくてつい婚活を後回しにしてしまいがち。

自分が勤めている会社の上司だってまだ独身だし、まだ自分には結婚は早いかなと思っていませんか。

そろそろ結婚をしようかなと思ってから行動に移したとしても、婚活はそれほど簡単に上手くいくものではありません。

出産にしても、結婚したからと言ってすぐに子宝に恵まれる保証もありません。

つまり、独身女性の多くはまるで他人事のように考えてまったり、現在の自分しか見えていない為に、これから5年、10年先の事までイメージする事ができていないという特徴が見受けられます。

自分が思っている以上に、世間の男性は女性の年齢を厳しく見ているという点を改めて意識した方が良いでしょう。

本気で結婚を考えるなら、あと数年後には結婚したいというような漠然とした目標ではなく、しっかりと結婚する年齢を定め、逆算して婚活を始めなければなりません。

2、「出会いがない」を口癖のように言う

結婚できない理由として「出会いがない」と口癖のように言うようになっている人も、独身女性によく見られる特徴の一つです。

このような独身女性の多くは、自分に合う男性が現れるのを待っていたり、他人から紹介してもらう事を期待してしまっている可能性があるので要注意です。

友人などに会う度にこのような事を言ってしまっているのであれば、恐らく聞いている人は大抵「またか」と思っているでしょう。

自分から出会いを求めて行動しようという気が無く、いつも他人に任せっきりになってしまうタイプの人です。

気を付けないと友人からも愛想をつかされてしまうでしょう。

辛い現実から目を背けている

出会いがないというのは、独身女性に限った事ではありません。

それは仕方のないことです。

それであれば、自分から出会いを求めて行動に移さなければ事態は変わりません。

普段の日常生活をただ過ごしていても劇的な変化は起こりませんし、もしあったとしてもそれがいつの事なのかは誰にも分からない事です。

つまり、このような独身女性は本当はそんな事は分かっているのに、出会いがないという事を言い訳にして辛い現実から目を背けているのです。

周りの女性が彼氏や結婚相手を求めて、日々奮闘しているのは知っているはずなのに、自分にはできないと決めつけたり、プライドが邪魔をしてつい人任せにしてしまうのです。

3、理想のハードルが高い

結婚相手に求める理想のハードルが高いというのも、独身女性によく見られる特徴の一つです。

確かに結婚資金や、その後の夫婦生活で掛かる費用などを考えれば誰でも年収の高い男性と結婚したいと思うものですよね。

しかしながら、余りにも現実からかけ離れた理想を追い続けてしまうのは、自分の結婚を益々遠ざけてしまう事になります。

現在日本ではリーマンショック以降から非正規雇用が増加傾向にあります。

その為、世の中の男性の中には、非正規労働者として働いている人も多いのです。

正規雇用と比べて給与が少なかったり、賞与も貰えないというデメリットがありながらも、自分の働きたいペースで仕事ができ、やりがいのある仕事を比較的自由が利くという点は、非正規雇用の大きなメリットであり魅力でもあります。

そのような中で、年収500万円以上稼いでいる男性は今の時代にはそれほど多くはないのです。

自分の理想としている男性を思い描くだけでなく、実際にどうしたらそのような男性と出会い、結婚をできるのかについて情報収集が必要な時代になりつつありますが、自分が思っている理想が「普通」だと感じてしまっている女性は意外と多いのです。

知恵と経験がストライクゾーンを狭めている

最近では女性も男性同様、バリバリ仕事を頑張っている姿を見るのも珍しくない時代となりましたよね。

会社の中でもそのような女性は優秀な人材として重宝され、OLから管理職へ出世したり、社長になる人も増えています。

勿論その為には、並々ならぬ日々の努力の賜物であり、評価されるべきです。

しかしながら、そんな女性もいざ結婚となると色々と問題があるようです。

それはこれまで培ってきた知恵と経験がストライクゾーンを狭めているという事です。

事実、ルックスが良くて高学歴で知性のある女性であるほど結婚できないケースが多いのです。

どうしても自分に厳しい分、他人にも厳しくなりがちであり、男性との出会いの場はあるのにもかかわらず、自分には相応しくないと思ってしまうのです。

結果として相手を選び過ぎてしまい、時間だけが過ぎ去っていくのです。

いわゆる「デキる女」として見られる女性は、男性からすると一見スキが無く見えたり、プライドが高くてどこか見下しているような印象を受けてしまうというのも、結婚のチャンスを逃している原因なのかも知れません。

4、1人の時間を大事にし過ぎ

自分が好きな事や趣味について振り返ってみてみましょう。

もしかして、一人でできるものばかりという事はありませんか。

独身女性の中には一人暮らしをしている人も居るかと思いますが、そんな生活に慣れてしまったせいか、何かと一人の時間を大事にし過ぎてしまうという事があるようです。

確かに、生活の中で一人になれる時間は必要ですし、何と言っても誰にも気を遣う事無く、自由に過ごせるのはとても快適ですよね。

しかしながら、あまりにもそんな生活に慣れてしまうと何をしていても一人で十分だと感じてしまう事があるようです。

このような人も独身女性の中によくある特徴の一つですが、逞しさと引き換えに婚期を逃してしまいます。

パートナーを作る努力を怠っている

以前は婚活をしていたという人も、つい一人の時間の自由さに甘えてしまい、やがてパートナーを作る努力をする事さえも怠ってしまうようになります。

結婚をしたら当然、今のように一人の時間を作る事は難しくなりますが、夫婦生活ではまた違った楽しみがありますし、夫婦によっては上手くお互いの事を気遣ってあげる事もできます。

その辺りについてどうしても割り切れないという女性は考え直す必要があるかも知れませんね。

5、安定した収入・地位を持っている

30代を超えた辺りから、職種によっては出世して安定した収入や地位を持っている女性もいますよね。

しかしながら、このようなタイプも独身女性によくある特徴の一つです。

それだけ社会人として仕事に打ち込んできているだけあり、キャリアも積んでいる女性なので自分の責任は勿論の事、部下の面倒もしっかり見てくれる上司は周りからの信頼もきっと厚い事でしょう。

そんな独身女性は収入も安定しているので貯金もできますし、家庭を持っていないので自分が好きな時に好きなだけお金を使う事もできます。

まさに独身生活を謳歌している事でしょう。

その為、このような独身女性の中には現状に満足しているケースも多く、今自分の目の前にある自由な生活を失いたくないと考えてしまうようです。

無意識に上から目線になりがち

社会人としてキャリアを積んで仕事もきちんとこなせるのは素晴らしい事ではありますが、このような独身女性の場合、何でも一人でこなせてしまう為に無意識に上から目線になりがちです。

例えば、他人と会話をしている時でも自分が相手に対して話をしてあげている、気を遣ってあげていると思ってしまう事や、男性のキャリアや住んでいるアパートやマンションの家賃などについて見下すような事を言ってしまうような事も。

本人は無意識で悪気が無い為に余計タチが悪く、プライドの高さ故に批判をされてもなかなか意見を曲げる事もできません。

結婚どころか、同性からも嫌われてしまう可能性があるので注意が必要です。

6、1人に縛らず遊びたいと思っている

結婚をすれば家庭を持つ事になるので、当然夫以外の男性と遊ぶ事はできませんが、一人の男性に縛られる事無く、家庭も気にせずに遊べるのは独身女性ならではのメリットですよね。

収入も安定しているので自由にお金を使えますし、家事をするにしても夫に文句を言われる心配もないので自分の好きな時にやれば問題ありません。

その気になれば男性と付き合えば良いと思っているのです。

自由にできる”今”が最高だと思っている

一人で気楽に誰にも気を遣う事無く、自由にできる今が最高だと思ってしまっている為、結婚をして家庭に落ち着くという事を受け入れられないのは独身女性によく見られる特徴です。

それも年齢を重ねれば重ねるほどその傾向は強くなり、益々独身生活に浸ってしまいます。

若い内に結婚をしている女性から見れば、自分が経験できなかった事を実現できて羨ましがられる事もありますが、あまりにも結婚を先延ばしにしてしまうと、独身生活の旨味を覚えてしまい、なかなか手放す事ができなくなってしまいます。

今が最高であると思ってしまっている以上、独身から抜け出すのは難しいかも知れませんね。

7、神頼みをよくする

独身女性には結婚をするつもりはない、もしくはいずれしようと思っているタイプの人もいれば、結婚を心から願っているけれどなぜか結婚できないタイプの人が存在します。

そして、神頼みをよくする人というのは、結婚を望んでいる独身女性によくある特徴の一つです。

占いで言われた事を全て真に受けてしまったり、縁結びのお守りを身に着けたり、パワーストーンを部屋に置いてみたりなど、神頼みばかりに頼ってしまって自らは行動をしないという独身女性はなかなか結婚話は進展しません。

要はただ待っているだけでは運命の人は現れないという事に気付いていないのです。

努力をあまり行わない

少しでも結婚を叶えたいという気持ちはこれから結婚を考えている人なら誰にでもある事ですが、神頼みで結婚できた女性は少なからず積極的に婚活したり、自分磨きなどの努力をしているものです。

神頼みだけでは努力しているとは言えませんよね。

本気で結婚を望んでいるのであれば、考え方や行動にも変化があるはずですが、このような独身女性の場合はまだ婚活の難しさを軽視している傾向があります。

8、「自分が一番」という考えを持っている

常に自分が一番という考えを持っているというのも、独身女性によくある特徴の一つです。

他人に対して自分が合わせる事ができない、いわゆるワガママなタイプの人です。

男性の中には女性が少しくらいワガママな方が可愛いと思ったり、尽くしてあげたい気持ちになる人も居ますが、将来結婚相手として考えてみるとどうでしょうか。

長い結婚生活を共に過ごしていく妻があまりにもワガママ過ぎるのは大抵の男性から引かれてしまいます。

他人同士が結ばれるのが結婚なのですから、お互いが譲り合うのは円満な家庭を築く為に欠かせない事ですよね。

「結婚とはそういうもの」と割り切れない

このような独身女性の場合、婚活をしていても自分が一番だという考えを持っている為に、なかなか良い条件の男性を見つける事ができません。

自分中心に物事を考えているので、相手に合わせるという事ができないのです。

その結果、結婚とはそういうものと割り切る事ができず、婚活を諦めてしまう事もあるようです。

自分の好きな事を自由に楽しんだり、ワガママを言っていられるのも独身の時だけです。

結婚相手に自由を求めるのはただの押し付けであり、理解してくれる男性はごく稀でしょう。

一生独身でいるならライフプランを考えてみませんか

独身でいる理由も人それぞれだとは思いますが、もし一生独身でいると決めている人はライフプランを考えてみてはいかがでしょうか。

既婚者では味わえない独身生活にもメリットはたくさんありますが今までのように、自分のしたいがままに毎日をただ過ごしていても、どこか満たされないと感じる事もあるのではないかと思います。

これからの独身生活をより良いものとする為にも、ライフプランを考える事はきっとプラスになるはずです。

どうせ一生独身で過ごすなら独身生活を最大限に活かしましょう。

ライフプランとは

人生には様々なイベントがあります。

女性にとっては結婚や出産以外にも進学や就職、今住んでいる家も数年後には引っ越すかも知れませんし、現在勤めている会社もいずれは退職する時がやってきます。

そのような出来事をライフイベントと呼び、予めどれくらいのお金が掛かるのか具体的に計画を立てておく事をライフプランと言います。

勿論、これ以外にも病気や事故などといった、いつ頃になるのか予想できない出来事もあります。

家計簿が毎月ずつ計算していくものなら、ライフプランは何十年先の事までを計算するものです。

自分がこれから、どのような将来を送っていきたいのかをイメージする事で、大まかな生活設計を推測し、足りない金銭をどのように補うかを考えたり、もしくは将来像に不要なものが含まれていないかなどを考えながら設計をしていくと良いでしょう。

将来必要になるお金を計算する

自分の将来像をイメージする事ができたら、それを実現させる為に必要なお金を計算してみましょう。

例えば、何歳までにマンションや一戸建てを購入したいと考えた場合、どの程度の金額の家に住みたいのか、購入するまでにいつ頃からどの程度貯金をしていけば良いのかなど、できるだけ具体的に計算をしましょう。

独立を考えているなら、必要な資金を調べたり、その間の収入をどうやってやり繰りをしたら良いのかも考えなければなりません。

独身なら老後に必要な生活費と貯金なども考えておく必要があるでしょう。

また、加入する保険についても早い内から検討しておくと良いでしょう。

但し、幾ら独身で不安だからといって、保険に加入し過ぎてしまうと掛金ばかりかかってしまいって生活費を圧迫してしまいかねないので、迷ってしまう時は保険のプロであるライフプランナーの窓口へ相談をしてみましょう。

貯蓄方法を考える

独身女性は自由にお金を使えるというメリットがありますが、毎月給料を貰ってはすぐに使ってしまっているようではせっかくライフプランを立てていても意味がありませんよね。

自分の理想の将来像を実現させる為にも、独身である事を最大限に活用して効率の良い貯蓄方法を考えておきましょう。

例えば、自動積立定期預金は各金融機関で利用できる積み立て貯金ですし、財形貯蓄制度や社内預金を取り入れている会社に勤めているのであれば、毎月の給与から天引きされますし、いずれも毎月自動で行ってくれるので楽ちんです。

毎月決まった金額が貯蓄されていくので、自分でもどのくらい貯金ができているのかも把握し易いのでオススメです。

尚、社内預金の場合は金融機関ではなく、会社にお金を預けるという形になります。

自分の好きな時に、預けているお金を引き出せるというメリットがありますが、万が一会社が倒産してしまった場合は、債務返済が優先となるので最悪の場合、社内預金が一円も戻ってこない可能性がありますのでリスクがある事は覚えておきましょう。

おすすめのライフプラン

これからも独身生活を送るつもりだけれど、なかなか自分のライフプランを立てられないという人の為に、ここからはおすすめのライフプランを幾つかご紹介しますので是非チェックしてみて下さいね。

資格を取る

現在の収入でも一人で生活していく分には十分という独身女性でも、ライフプランを立ててこれから貯蓄をしていく事を考えると、あまり贅沢をしている余裕は無くなってしまいますよね。

これからも仕事でお金を稼いでいくなら、今の内に資格を取る事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

仕事に関係のある資格を取って、更にスキルアップをすれば会社によっては毎月の給与や賞与も上がるかも知れませんよ。

また、将来的に独立して起業を考えている人にも、有効な資格がありますし、転職をした時にも資格を持っている事でアピールになります。

どんな資格があるのか色々と探してみるのも楽しいかも知れませんね。

退職後の収入になる

現在の仕事が万が一続けられなくなってしまった時に備え、一生食べていける資格を取っておくのも良いかも知れません。

大手企業に転職できなくても、手に職をつけていれば取り敢えず仕事を失う心配はありませんし、現在勤めている会社を退職した後も、資格があれば収入になります。

貯蓄は多ければ多いほど使い道の幅も広がるので、少しでもその手助けになるような資格を目指してみましょう。

家を買う

夢のマイホームを独身女性が購入するなんてとてもリッチだと思いませんか。

数年前までは「独身女性が家を買ったら結婚できなくなる」などと言う人もいましたが、それはもう過去の話です。

現在では、家を購入する独身女性も珍しくありません。

家を買うというライフイベントは大きな転機になりますが、それまでの間にどれだけ貯蓄ができているかによって選べる家も変わってきます。

ローンの事を考えれば、やはり30代位から購入できたら比較的に楽と思えるかも知れませんね。

今なら、金利が安いのでチャンスかも知れません。

但し、男性に比べて女性は30代あたりから結婚や出産というライフイベントを意識するものです。

今は一生独身と決めていても、もしかしたら考えが変わるかも知れません。

そうなるとせっかく購入したマイホームに一生住み続けるかというと、その保証はありませんよね。

その為、中途半端な物件に手を出してしまう事もあるので、不安な人は比較的にライフスタイルの落ち着いてくる40代でもローンを組めるので大丈夫です。

自分の生活の柱となるマイホームなので、焦らずじっくり検討しましょう。

マンションでも一戸建てでも可

家を買うと言っても、マンションと一戸建てどちらが良いのか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。

マンション、一戸建てにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

例えば、マンションであれば防犯対策がしっかりしているところが殆どなので安心ですが、隣人とのトラブルがあった場合でも、賃貸とは違いなかなか立ち退く事はできません。

また、ペットを飼いたくてもマンションによっては禁じられているところもあります。

一戸建ての場合はその反面、立地条件によっては街灯が少なかったり、近隣の家と離れていると空き巣などの被害に遭いやすいというデメリットがありますが、一戸建てなら将来自宅兼、事務所などにしてしまう事も可能ですし、ペットを飼う事も問題ありません。

どちらもそれぞれ特徴がありますので、自分のライフスタイルに合った家を購入を選びましょう。

但し、いずれにしても自分が住みたい家として選ぶのではなく、売却をする時の事も考えておく必要があります。

売却しても買い手がいなければ意味がありません。

その為、他人でも住みたいと思えるような家を選ぶ事が重要です。

貯金する

お金は幾らあっても無駄になる事はありません。

それも早い内から貯金ができるのも独身の特権です。

ムダ遣いをしてしまう前に、ライフプランに貯金を是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

尚、毎月の貯金額については人によって毎月の収入に違いがあるので、一概には言えませんが、仮に年収が300万円だとした場合、毎月の給料の10%から20%あたり貯金できれば老後の生活で必要となる2000万円から3000万円に充てられる計算になります。

無理し過ぎず行う

予期できないライフイベントや、自分の老後などについて気にしてしまうあまり、自分の日常生活に支障がでてしまうほどの無理な貯金はしないようにしましょう。

まずは、手始めに毎月2万円や3万円など、少なめにしておいて余裕がありそうだったら徐々に毎月の貯金額を挙げていけば良いのです。

但し、貯金は毎月少しずつの積み重ねがあってこそなので、貯金をする場合はお金の出し入れができない別の口座に分けて貯めるようにしておきましょう。

もっと詳しく知りたいならファイナンシャルプランナーに聞いてみて

これまで独身女性によくある特徴やおすすめのライフプランについてまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

今回の記事が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

最近ではそんな独身女性を「おひとり様」などと呼ばれる事もありますが、独身である事に引け目を感じる事はありません。

今回の記事でもご紹介した通り、今となっては独身女性は10人に一人と言われる時代であり、あと数年も経てば女性も4人に一人が独身になるとも言われています。

これから結婚を考えるもよし、独身を貫くのもよし、それぞれ自分に合ったライフプランを立ててみましょう。

尚、ライフプランにの事で分からない事や、もっと詳しく知りたいという人はプロのファイナンシャルプランナーに相談してみましょう。

きっと将来の不安も解決してくれるはずですよ。