男性の皆さんは可愛い彼女が欲しいですかー?…「ほしいー!」って声が聞こえてきそうですね。

やっぱり彼女は可愛いほうがいい!というのが男性の本音なのでしょう。

筆者の私は女性ですが、確かに彼氏はカッコイイほうがいいです。

ですので、その気持ちも分かります。

でも、一言に可愛いと言っても、可愛いと思うポイントは人それぞれですよね?

私も実際自分の彼をカッコイイと思っていますが、周囲の友達や私の姉は、私の好みを理解出来ないと言います…。

自分が可愛い♡カッコイイ♡と思えればそれでいい!

好みは人それぞれなんだから、一人の人に人気が集中するとは限らない。

のであれば、自分が可愛いと思う彼女にも出会えるはず!!?

ところが、そう簡単にいかないのが恋愛。

可愛い彼女を作るには一体どうしたらいいんだろう?そんな悩める男性のみなさんのために、

“可愛い彼女の作り方”をご紹介いたします♡

可愛い彼女の「かわいい」特徴はどこを見る?

さて、先ほども人の好みは人それぞれと書きました。

では男性の皆さんは、彼女のどこを“可愛いポイント”として見ているのでしょうか?

顔?雰囲気?性格?出来れば全部でしょうか?

因みに女性の私は、一番の惚れポイントは性格です。

もちろん、顔もストライクゾーンに入っていないと興味を持てないのですが、

外見も誰が見てもイケメン♡というよりは、その人の醸し出す雰囲気に惹かれちゃいます。

男性にとっても、外見が可愛かったり綺麗だったりすると、目を奪われるかもしれませんが、特に気にしていなかった人が、急に可愛く見えたりすることもありますよね?

「彼女にしたい!」と思う可愛さは、どこにあるのでしょうか?

まずは、男性の皆さんのキュンポイントを調べてみました♪

素直に顔

素直に顔…という人は、実に素直ですね!

人は見た目が9割というだけあって、見た目の印象は外せません。

その中でも顔は、一番に目に入ってくるところでもあり、

可愛い子と目があって、ニコッと微笑まれたりしたら、ドキッとしてしまうかもしれませんね♡

顔が可愛いと言っても、やはり好みは人それぞれで、「笑顔が可愛い!」という人もいれば、

「ぷっくりとした唇が可愛い」「目がくりっとしていて可愛い」など、それぞれのフェチが判断基準になっている場合もあるようです。

女性は顔が命と言われるくらい、女性自身も顔はとても意識している部分。

ですので、顔を褒められると正直嬉しかったりもします。

そんな時は、隠さず褒めてあげてくださいね!それが、自分でもチャームポイントだと思っているところだったりしたら、尚更嬉しくなっちゃいますよ♪

雰囲気が可愛い

一方で、雰囲気が可愛い♡と思う人もいるようです。

雰囲気にも、やはりいろいろと好みは分かれるようで、

「女性らしいフワッとした雰囲気が可愛い」と思う人や「控えめで優しげな雰囲気が可愛い」「ドジで天然っぽい雰囲気が可愛い」

などなど…好みによって色々な意見が聞かれます。

雰囲気に惹かれる人は内面に惹かれ、顔を見る人は外見に惹かれるタイプとも言えますが…

でも実は、雰囲気も外見の一部だと私は思います。

雰囲気が外見に反映されてこそ可愛く見えるもので、雰囲気と外見があっているから魅力的に見えるんだと思います。

優しげな雰囲気の人が可愛らしい笑顔を見せれば、何割増しかで可愛く見えちゃいます。

逆にいくら可愛くても、きつそうな雰囲気の人がニコッと笑えば怖いですよね?

雰囲気と顔の一致。

実はこれがポイントだったりするのではないでしょうか?

顔が良くても雰囲気がダメな女性

先ほどもふれた通り、雰囲気と顔の一致。

実はこれが一番大事なんですよね!

絶世の美女でも、アイドル並みの可愛さでも、性格の悪さやきつさは、雰囲気に表れて外見に反映されてきます。

とにかく顔が可愛ければいい!ってものじゃないってこと…性格ブスって言葉もあるくらいですしね。

ただただ顔が可愛い子は、アイドルやモデルさんを見てれば十分で、彼女にしたい可愛さとは違うということで…

テレビや雑誌の中の人なら、とにかく見た目の可愛さが一番!でも現実世界では、見た目が良くても雰囲気がダメならお断り。

結局、男性の皆さんは、内面も外見もどっちも可愛いほうがいいということですよね?

贅沢だけど、それが現実かもしれませんね。

初対面の男性に、口を揃えて「サバサバしてる」と言われる私は、どうしたらいいんでしょうね(笑)

可愛らしさは可愛いを超える

というわけで、雰囲気がよくて、尚且つ顔も可愛ければ最高♪というのが、男性の正直なところなのでしょうね。

女の子らしい可愛い子が、優しげな雰囲気で、キラキラした笑顔をふりまいていると、

可愛らしく見えちゃう!可愛らしさは可愛いを超える!

というのは、可愛い子が、可愛らしい雰囲気だと、その何倍も可愛く見えるということなんですね♪

私も何割かでも増せるように、頑張ってみようかな…。

ただそういう子は、人気も高くライバルも多いのは間違いないでしょう。

そのぶん彼女に出来たら最高の優越感を味わえそうですね♡

可愛い彼女が欲しいということは、友達や周りの人に自慢したいと思っているのでしょうから、

ちょっとハードルが高くても頑張れるのかもしれませんね♪

ただ彼女をアクセサリーか何かと勘違いしている可能性もありますが…

自慢目的だけにはならないように、気を付けてくださいね~。

念願の可愛い彼女を傷つけることがないように…

可愛い彼女には不安がつのる…


顔にしても、雰囲気にしても、夢中になってしまうような可愛い彼女ができたら、毎日ハッピーな気分で過ごせちゃいそうですね♡

…ところが、そんな可愛い彼女が出来ると、今度は不安になっちゃうみたいです。

自分がこんなにもゾッコンということは?同じように、彼女に惚れちゃう男性が現れるかも!!

それが、自分よりもイケメンだったらどうしよう。と、心配は尽きないようです。

可愛い彼女をもった宿命かもしれませんね。

せっかくゲットした可愛い彼女ですから、ずっと自分の隣にいて欲しいと思うのは当然です。

他の誰かに奪われるなんてこと、想像したくもありません。

でも、悪い妄想で頭がいっぱいになってしまうのが、可愛い彼女をもった男性たち。

可愛い彼女と付き合うと、どんな不安や悩みを抱くことになるのでしょうか?

可愛い彼女を作る前に知っておくと、覚悟が出来るかもしれませんね。

それではさっそく、見ていきましょう♪

ライバルが多く、イケメンたちに取られそう

一番はこの悩み!「ライバルが多く、イケメンたちに取られそう」

可愛い彼女のことは、イケメンたちも放っておかないはず!

そんなイケメンにアプローチされたら、彼女の気持ちはイケメンに奪われちゃうかも!!

常にそんな不安が付きまとうようですよ。

これも、可愛い彼女をもったものの宿命です。

でも、宿命だからといって不安なものは不安ですよね。

これは、カッコイイ彼氏をもった女性にとっても同じです。

彼に惚れる女性は自分以外にもいるはずだし、結婚でもなければ恋愛は自由。

恋人がいたって、告白の権利までは奪われていません。

あとは、恋人がそのアプローチにどう応えるかに委ねられてしまいます。

本来なら、特定の恋人がいればお断りしてくれるはずですが、相手が自分よりも魅力ある人だったら、気持ちが動いてしまうかも…と不安になりますよね。

でも、そこは自分を選んでくれた相手のことを信じるしかありません。

不安になるのは、裏を返せば“彼女を信じていない”ということにもなります。

それは、彼女に対しても失礼なんです。

彼女を信じてあげること。

それが一番大事なことですよ!

男慣れしている点が不安に


「可愛い彼女=男慣れしている」というのは、偏見も入っていると思いますが…

可愛い彼女であればモテるだろうし、男性からのアプローチも多い。

ともなると、必然的に男性経験も多いかもしれませんね。

でも、だからといって男慣れしているとは限らないと思います。

男慣れって、つまり遊び人のイメージですよね?

確かに、可愛い彼女なら普通より男性との出会いの数も多く、様々な男性を見てきているかもしれませんが、それが遊びの付き合いをしているかどうかは、その子次第。

沢山の出会いはあっても、男性とのお付き合いに慣れない人は慣れません。

これもやっぱり、自分が好きになった彼女を信じるしかありませんね。

良い風にとらえるなら、「数ある男性の中から自分を選んでくれた」と捉えましょう。

実は遊ばれているんではないか

また、「実は遊ばれているのではないか?」なんて、被害妄想も始まっちゃうみたいです。

全く彼女を信用していない考え方ですが、可愛い彼女と付き合うと、こんな妄想をしてしまうのが男性なんですね!

遊びか本気かなんて、人によります。

可愛くても、とても真面目なお付き合いをする人もいれば、とくに可愛くなくても遊ぶ人は遊ぶんです。

彼女の気持ちは、付き合う男性の気持ちとも比例するものです。

男性側が顔の可愛さ目的や、自分のステータスのために付き合っているなら、彼女もまた、何かの目的があり、ある意味遊びの感覚かもしれません。

男性側が彼女を人として見ているのであれば、彼女もまた真剣に向き合ってくれるはずです。

それに、だれかれ構わず遊びの付き合いをするような女性なら、それもまた雰囲気に表れているはずです。

女性を見極める力をつけ、真剣な気持ちでお付き合いすれば、彼女もまた同じ気持ちでいてくれるはずですよ?

それに、「遊びなんじゃないか?」なんて彼女に疑いの目をむけるのは、彼女に対して失礼ですよ!

自分と釣り合わないと感じる

「自分とは釣り合わない」なんて、不安もここまでくると重症ですね。

釣り合わないと思うなら、付き合わなければいいのに…なんて、ちょっとキツイ言い方ですかね?

あまり自分に自信のない考え方は、男らしくないですよ!それでは魅力も半減してしまいます。

せっかくゲットした可愛い彼女も、がっかりしてしまいます。

釣り合わないと不安に思うなら、釣り合うように自分を磨いてみてはいかがでしょう?

努力もせずに、彼女と釣り合わないことを悩んでいるような男性は、女性からすると女々しく感じちゃいますよ?

現実的に、可愛い彼女は「自分を選んでくれた」のですから、まずその点に自信をもって!

思い悩む暇があるなら、自分を磨く時間に費やしましょう。

彼女を信じることが何より大事ですよ♡

可愛い彼女のつくりかたとは?

さて、可愛い彼女をもつとどんな不安や悩みを抱くことになるのか。

それが分かりましたね?

事前に不安に感じることを知っておけば、可愛い彼女を作る準備もバッチリ!?ですね♡

ではここからは、「可愛い彼女の作り方」について学んでいきましょう♪

ライバルも多い可愛い彼女は、待っていても自分のもとにはやってきません。

可愛い彼女に突然告白されるなんて、現実世界にはまず起こらないということを覚えておきましょう!
そう。

可愛い彼女を作るには、自ら行動しなければならないということです。

ただ、猪突猛進にアプローチし続ければいいかというと、そうではありません。

男性からアプローチされることが多い、可愛い女性は男性を見極める目も養われていることが多いのです。

ライバルの中から、自分に目をとめてもらうには、アプローチに工夫を凝らすことが重要です!

では早速、可愛い彼女を作るコツをご紹介していきます♡

周りのイケメンよりも優しく・厳しく

可愛い女性の周りには、イケメンもいっぱい!そんなイケメン達から一歩抜きんでるためには…?

その答えが「周りのイケメンよりも優しく・厳しく」ということ。

可愛い女性に自分の印象を良く見せようとすると、ついつい優しさアピールをしてしまいますが、それは安易な考え方です。

みんな同じことを考えていますので、ライバルから抜きんでることは難しいでしょう。

「押してダメなら引いてみる」と同じような考え方で、「優しさと厳しさ」のバランスが大事なんです!

それでも、上手に使えなかったら裏目に出てしまいます。

優しさとは?厳しさとはなんなのか、それを詳しく見ていきましょう!

優しすぎてもダメ

もちろん“優しさ”は、良い印象をもってもらえる大事なキーワードです。

優しい気持ちを持つこと自体はとてもいいことで、自分のまとう雰囲気をも変えてくれますし、表情にも表れてきます。

ただこれが、内面からにじみ出るナチュラルな優しさならいいのですが、気に入られようとするあまりに、優しさをアピールに使ってしまう人がいます。

下心の入った優しさは、時に優し“すぎる”のです。

優しさも“すぎる”と、重いもの。

そこには、偽りの優しさしかないので、女性側は下心を読み取ってしまいます。

ともなると、避けられてしまったりと逆効果。

また、男性側が不安視している「遊ばれる」可能性だってありますよ。

下心のある偽りの優しさを向けてくるような人は、都合よく使われてしまう場合もあるということです。

でも、自分も本音で接していないのだから、文句は言えません。

ときには厳しさも必要

優し“すぎる”のはダメで、優しさだけでは可愛い女性に自分を見てもらうことが出来ないことはわかりましたね?

では、優しさと対極にある“厳しさ”について見ていきましょう。

これもやはり、「前回は優しくしたから、今回は厳しくしてみよう」なんて安易な考えで使うと無意味です。

優しさも、厳しさも、あなたの本心で無ければ気持ちは伝わらないし、相手の女性も「意味がわからない」と感じてしまいます。

「何を考えているか分からない人=なんか怖い」と感じて、やっぱり避けられちゃうでしょうね。

では「ときには厳しさも必要」の“ときには”っていつなんでしょう?

それは、「相手の為になる」時です。

このとき、根底には優しさの気持ちがあるはずです。

可愛い彼女に対して印象を良くするために、指摘すべき時でもついつい優しく甘やかしちゃうことってありますよね?

厳しさって、確かに言われた時はキツイですし、つらい気持ちにさせてしまうこともあります。

でも、それは相手の為になることで、相手の気づきや成長を促します。

心から彼女の為を思って、言うべき時は言う。

これが大事です!

話しやすさで差をつけよう

人づきあいはコミュニケーションから始まります。

話しやすい人というのは、一緒に居て楽しいし、安心感をもてる相手です。

人は皆、始めは警戒心を持つものですよね?特に女性は男性に対し、警戒心を持っています。

それが、多くの男性が近づいてくる可愛い女性なら、なおさら男性に対する警戒心は強いはず。

男性と接するときに、常に警戒心を持っている女性は、疲れてしまっています。

それが、何故か警戒心無く話せる男性というのは貴重な存在で、安心して付き合える相手となります。

自然と警戒心を解くことが出来れば、ライバルたちから一歩も二歩も先に進めちゃいます♪

ここで大事なのは、“下心”があったとしても、それを感じさせないこと。

一旦、下心は忘れてしまいましょう!

まずは、安心感をもって話せる相手になることが大切ですよ♡

イケメンには見慣れているのを利用

まるであなたがイケメンじゃないと決めつけているようで…ごめんなさい。

でも、自分がイケメンじゃないと思っているのなら、“イケメンには見慣れていることを利用”出来るかもしれません。

イケメンじゃないことを逆手に取るのです。

「可愛い彼女には、イケメンの彼氏」と、決まっているわけではありません。

確かに可愛い女性には、イケメンも集まってくると思いますが、イケメンも見慣れると、それが特段優位な特徴でもなくなってくるのでしょう。

それに、女性側も「イケメン=モテる=遊び人」のように思ったりもするので、イケメンに興味を示さない人だって多いのです。

であれば、イケメンじゃなくてもチャンスはあるということです。

話しやすい人や、楽しい人が、かえって可愛い彼女の心を射止めることが出来たりもするのです♡

積極的に攻めるべし!


猪突猛進にアピールしまくってもダメとは言いましたが、攻めるべきタイミングでは攻めなければいけません。

ただただ印象の良い相手になっても、攻める姿勢もとらなければ「感じのいい人」で終わってしまいます。

無駄に攻めるのはオススメしませんが、可愛い彼女との距離が近づいたら、最終的には積極的に攻めるべし!

特に可愛い女性は、男性からアプローチされることが多く、自ら動く必要がありません。

自分から動くことに慣れていないのです。

待っていても、女性からアプローチしてくることは無いと心得ておきましょう。

可愛い彼女をゲットしたいなら、自ら行動をおこすこと。

これが鉄則です!

可愛い彼女ができたら

押して引いて、差をつけて!努力の結果可愛い彼女が出来たら…

不安や悩みを抱えることになることを、先にも話しましたよね?

この不安な気持ちが、異常な愛のカタチに発展していってしまうこともあるようです。

せっかく出来た可愛い彼女。

出来るだけ長く一緒に居たいし、楽しい時間を過ごしたい!本当はそう思っているはずなのに…。

それとは逆の行動をとってしまい、彼女の気持ちは離れていってしまうこともあるんです。

可愛い彼女が出来たとき、その不安な気持ちとどう立ち向かうか。

それを知っておけば、幸せな時間がいつまでも続くことでしょう♪

ここからは、注意すべき行動と、不安な気持ちとの向き合い方をご紹介します!

束縛しすぎないように注意!

可愛い彼女が出来たとき、その不安な気持ちからやってしまいがちなのが「束縛行動」ですね。

自分がされた時のことを考えてみましょう。

とても嫌ですよね?

多少のヤキモチや嫉妬くらいなら可愛いですが、それが積もり積もると束縛になってしまう。

こうなるともう、その愛は“異常”であることを忘れないでください。

束縛されるほうも苦しいですが、束縛行動に駆られてしまっている自分も苦しいはずです。

常に彼女を監視していなければいけないし、彼女の言動行動に目を光らせなければなりません。

相手を束縛する行為は、自分も束縛された状態です。

これが幸せな状態のはずが無いですね?

束縛行為に良いことはひとつもありません!これは声を大にしてお伝えしておきます!!

不安にならずに彼女を信じよう

束縛がダメと言われても、不安な気持ちが消えないのは確かです。

こんなときは、とにかく“彼女を信じる”気持ちを忘れないでください!

彼女を信じていれば、本来不安な気持ちは生まれないはず…。

彼女を信じていない、信用していないから、不安になってしまうのです。

この気持ちは、相手にももちろん伝わります。

彼から“信用されていない”というのは、女性にとって、とても悲しく苦しい状態です。

幸せな状態とは程遠いです。

信用してくれない相手といても幸せにはなれませんから、可愛い彼女は離れていってしまうのがオチです。

そもそも相手を信じられないのなら、なぜ付き合ったのでしょう?

可愛い彼女をモノか何かと勘違いしていませんか?

他の人とのラインが気になる

「他の人とのラインが気になる」ことも、可愛い彼女が出来たときの悩みにひとつとなるようですね。

「彼女のこと、全部知りたい!」と思ったり「自分の知らないことがあるのが不安」だったり…理由は様々。

でも、これも行き過ぎると“束縛”へ発展し、“彼女を信用していない”ことに繋がります。

彼女には、あなたとの時間が全てではありません。

残念ながら。

友人や家族、学校、仕事…いろいろな付き合いがあり、やることがあるのです。

それはあなたも同じでしょう。

恋人との時間があり、それ以外の時間もある。

お互いに信じ、それを尊重出来なければ、一番大事なふたりの時間も失うことになってしまいますよ。

会えない日々があると浮気を疑う

会えない日々が続くと、確かに相手の行動が見えなくて不安になってしまいますね。

でもだからといって、浮気まで疑われたら彼女もがっかりです。

「私は信用されていないんだな」と悲しくなってしまいます。

可愛い彼女なら、不安になってしまうのも分からなくはないですが、彼女を信用してあげられないなら、自分も信用されていないと心得ましょう。

そもそも、彼女の浮気を疑うのは、自分にも思い当たるふしがあるからでは?

自分が彼女に一途であれば、彼女も同じだと思うはずです。

浮気の2文字は思い浮かぶこともないでしょう。

お互いに信じ合うこと、それが無ければ恋人関係は成立しませんよ!

可愛い彼女の育て方にはとにかく褒める

「可愛い彼女はとにかく褒めて育てる」

なんて、女性の私からしたら、ちょっとバカにされてるようにも感じちゃいますが…

でも正直、褒められるのには弱いんですよね。

褒められると嬉しくて、もっと褒められようと頑張っちゃいます♡

先に書いたように、優しさと厳しさのバランスも必要ではありますが、褒めてあげられるところは褒めてあげましょう。

そうすれば、そこをもっと伸ばそうと努力し、彼氏であるあなたにも幸せな時間が訪れます。

髪型やメイクを「似合ってるね」「可愛いね」と褒めてあげれば、可愛い彼女はさらに可愛くなっていきます。

作ってくれた料理を褒めてあげれば、もっと料理の腕前をあげようと努力します。

可愛い彼女が、自分のために頑張ってくれる。

そんな至福の時間を過ごせちゃいますよ♡

顔が可愛いだけが可愛い彼女ではない

最初にもふれた通り、可愛い彼女の「かわいい」特徴をどこに見るかは、人それぞれ。

好みがありますよね?

ここからは、男性がキュンキュンしちゃう、可愛い彼女について深堀りしていきましょう。

これは、彼にとっての“可愛い彼女”になりたい女性にとっても参考になる意見です。

男性が可愛い子と付き合いたい理想を掲げていることを、実は女性も意識していますよね?

彼の自慢の“可愛い彼女”でありたいと、願っているはずです。

私だって、もちろんその一人。

男性の惚れ込むポイントを見てみると、顔だけが全てではないようです。

思いがけないところを見ていたりもする!

そのポイントを知れば、顔だけじゃない自分の魅力を再発見出来るかもしれませんよ♡

仕草の一つ一つがたまらない

男性は仕種のひとつひとつに一喜一憂しているみたい♡

これって「可愛い彼女の仕種だから、可愛くみえるんじゃないの~?」なんて僻みの気持ちもありますが…

無防備なときに出てしまうふとした仕種とか、何気ない素の状態のときの仕種とかが、とにかくたまらないようです!

そんなとこ見てるんだと思うと、なんだか恥ずかしくなっちゃいますが、そういった仕種に女性らしさが醸し出されているみたいです。

例えば「ご飯をおいしそうに食べるところ」とか、無防備の代表である「寝顔」。

女性らしさを感じるポイントとしては「髪を耳にかけたり、かき上げたりする仕種」や「上目づかい」。

また、「さりげないボディタッチ」なんかは、急にパーソナルスペースに入り込んでこられる感じに、ドキっとしちゃうみたいです♡

どれもこれも、意識せずに行う行動だから可愛いのでしょうね。

普段こういった可愛げのある仕種が出来ない私が、意識してやろうとしたらぎこちなくなってしまいそうですが…

コーデのセンスが抜群☆

おしゃれ好きの男子は「コーデのセンスが抜群」な女子を可愛く思うみたいですね!

上手にコーデできる女性って、自分のチャームポイントもウイークポイントも分かっている人です。

自分の長所と短所が分かっていれば、チャームポイントをより魅力的に見せ、欠点をコーデで上手にカバーすることが出来ます。

自分に合ったコーデが得意だと、自分を可愛く見せるのもお手の物♪

だから、コーデのセンスが抜群な女性は、可愛く見えるんです!

仕種は努力では難しくても、コーデなら努力でいくらでも変えられます!

ポイントは、オシャレな人のコピーではなく、“自分に合った”コーデをすることですよ♡

何と言っても笑顔が素敵♪

笑顔は、それだけで男性の心を射抜く力をもっているみたい♡

コーデと同じで、笑顔は意識すれば出来るものです!

いつも笑顔でいる女性はそれだけで可愛いし、優しそうな印象を持たれます。

優しい女性に包まれて、幸せを感じたいというのが男性の願望。

笑顔はその象徴なんです♡

男性のみならず、周囲の人みんなを幸せにするパワーがありますから、笑顔の素敵な女性のまわりには、男女問わず人が引き寄せられているでしょう。

仕事の時、ついつい険しい顔になってしまう私。

改めて笑顔を意識したいです♡

何かに打ち込む姿にしびれる

可愛さとはちょっと違った視点かもしれませんが、「何かに真剣に打ち込む」女性も魅力的に映るようです。

これは、女性から見た男性の魅力としても同じです。

部活で楽しそうな姿

学生時代であれば、部活に打ち込む姿が挙げられますね!心から楽しいと思って取り組んでいるからこその、真剣な姿勢。

そこに雑念はありません。

そんな姿勢は、男性でも女性でも魅力的ですよね♡

私にとって学生時代はとっくの昔の話ですが…学生のころを思い出せば、そんな青春時代もあったな~って、うらやましく思っちゃいます。

仕事で真剣な姿勢

学生時代が終わっちゃった私を含め、社会人になると…仕事に真剣に取り組む姿勢が魅力へとなっていくようです。

仕事は部活以上に、困難が待ち受けているものです。

結婚までの腰掛けのような態度ではなく、仕事に対する真剣な眼差しは、やはり輝いて見えるもの。

女性のそういった姿は、男性も突き動かされるものがあるでしょう。

また、そんな女性が困っている姿を見れば、手を差し伸べたくもなるかもしれませんね。

可愛さアピールなんかしなくても、見ている人は見てくれている!

それは、男女問わず言えることですよね♡

可愛い彼女を作るには

さて、今回は“可愛い彼女の作り方”、おまけに“可愛い彼女のなり方”をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

女性を可愛いと思うポイントは人それぞれ。

女性の魅力も人それぞれです。

自分はどんな可愛い彼女を望んでいるのか…女性の可愛さはどこにあるのか…

改めて考えることが出来たのではないでしょうか?

可愛い彼女を作るには、他の人が気づいていない可愛さを、発掘してあげることもポイントかもしれません♡

可愛い彼女が出来たときの心構えもバッチリですよね?

あとは可愛い彼女をゲットするのみ!いい出会いがありますように♡