あなたは掃除や片付けが得意ですか?

私たちが生きている現代にはたくさんの便利な物や商品は存在しており、ついつい便利だと思ったものは購入してしまいますよね。

百均などで気になったものをついつい買ってしまう人も多いかと思いますが、結果的に自宅にはたくさんの物があふれてしまいがちになります。

なので、定期的に掃除や片付けを行わないと、部屋が汚くなってしまいますし、物の管理ができなくなってしまいがちです。

定期的に整理をしている方であればそこまで問題はありませんが、中には整理整頓が苦手な方が多いのも事実です。

片づけが苦手な方は、早いうちに改善しておかないと、いつまでたっても片づけられない性格のままであり、結婚した時や、誰かと一緒に生活をする上で迷惑をかけてしまいがちになります。

片づけが出来ない性格が原因で喧嘩になってしまう可能性などもありますし、出来ないよりも出来た方が良いですよね。

今回はそんな片付けをテーマにして、片付け初心者の方でも行える片付け収納のアイディアについてご紹介していきます。

片付け収納の6個のアイディアと断捨離、整頓の手順

ここからは片付け収納のアイディアについてご紹介していきたいと思います。

片付けが苦手な方がたくさんいると思いますが、進んで片付けを行ったことがないからこそ片付けの方法や片付けを効率的に行うアイディアなどの考え方を教えた女うまくできないことが考えられます。

だからこそ、 片付けの方法やアイディアなどを理解することによってより効率的に片付けを行えると共に、片付けを行う習慣などを身につけることができるようになります。

今まで全く習慣にないことを始める場合は、どうしても最初は強いストレスを感じてしまいますが、定期的に毎日継続して行うようにすれば、それが当たり前となって逆に何のストレスを感じることなく行えるようになり行わなければ気が済まないようになるまで行えれば、片付けが得意になるといえます。

片付けが苦手な人は片付けを習慣化して不得意から得意に変える工夫を行ってみてください。

百均アイテムが大活躍

片付け収納を行うのであれば100均のアイテムが大活躍することを知る事が大切です。

片付け収納を行う上で100均のアイテムが大いに活躍できるということを知っているのと知らないのそれは大きな差が生まれてしまいます。

わざわざ片付け収納を行うために高い金額の商品を買う必要もないので、100均のアイテムを使うことによって、楽しく片付け収納ができるようになる事も片付け収納を行う意欲を高めるための大事な事だと言えます。

具体的に100均のアイテムを活用した片付け収納のアイデアを交えてご紹介していきます。

1.衣類整理に「仕切り板」

まず大活躍するアイテムは仕切り板です。

特におしゃれな女性の場合はファッションに敏感であるが故にたくさんの衣服を自宅に保管している場合が多いと言えます。

特に、 女性のファッションは男性のファッションと比べて細く様々な特徴を持ってる場合が多くたくさん洋服を買ってしまいがちですし、洋服の値段自体もそこまで男性と比べて高くないのでついつい手が伸びてしまいやすい商品が多いと言えます。

だからこそ自宅にある衣類を整理するにはたくさんの労力がかかってしまいますし、適した収納道具がなければ服がバラバラになってしまって綺麗に管理することができなくなり、ついつい散らかしてしまいがちです。

そんな方にオススメなのが仕切り板を使っているよ整理することです。

当然ながら衣類以外でも活用できるんですが、例えば衣類を管理するための大きな引き出しがあったとして、引き出しの中が小分けになっていないので洋服がバラバラに管理されてしまいがちな状況があると思います。

そんな時に仕切り板を使うことによってそれぞれの衣服のたたんだサイズに仕切ることによって、衣服の種類ごとに仕切りを活用する事によって、 どういうジャンルの衣服がどこに収納されているのかということが一目でわかるようになります。

仕切り板を活用することによってどこにどういう服があるのか、そして服がそもそもバラバラに混同してしまわないように防ぐことができるメリットがあるので、ファッションに敏感な女性はとても便利なアイテムだと言えます。

また衣類以外にも、仕切り板の種類によっては例えば並べている食器を管理したり、冷蔵後の管理として自宅にある調味料を管理したりする事が出来るので、仕切り板が使える場所ならどこでも工夫ができるという凡庸性の高さなども魅力的です。

2.鍋やフライパンの収納に「ファイルスタンド」

百均アイテムは考え方や工夫次第で本来の用途以外のものでも綺麗に整頓することができるのがメリットの一つです。

例えば自宅にあるファイルを一括で管理するためのファイルスタンドがありますが、ファイルスタンドをファイルに使用するのではなく、自宅にある鍋やフライパンなどの収納として利用することができます。

ファイルスタンドの大きさによってはフライパンや鍋を重ねればある程度の個数が入ったりもするので、フライパンや鍋を管理する時にも便利ですしその中にお皿を立てかけて入れるようにすれば、お皿の管理なども簡単に出来てしまいます。

またポイントとしてはファイルスタンド自体が縦長の大きさになっているので、本来横にしなければ安定しないようなフライパンやお皿などを縦にすることでグっと収納スペースを広げることができるようになります。

このようにちょっとした工夫やアイデアで大きくスペースを産むことができなおかつ一目でどこに何があるのか分かるようになることで、時間もスペースも大きく節約することができるのが大きなメリットに繋がります。

3.おもちゃやDVDなどの整理に「カラーボックス&蓋なし箱」

借金の販売しているグッズの中庭カラーボックスに蓋が付いていない箱などが多く販売されています。

おしゃれな家具屋さんなどに行けばあるけど高い金額で販売してありますが、1個だけではなかなか多くの数の商品を収納することができないので、100均などであれば比較的見た目も可愛らしいものが安い金額で販売してあるのでお得に収納アイテムとして使用することができます。

最近はカラーボックスなどを使った収納方などが比較的話題になっており、ある程度の大きさがあるのでどんなものでも入れることが比較的容易になっているのでおもちゃやDVDなどを整理する時にカラーボックスに収納すれば見た目を可愛らしくの、お得な収納スペースとして活用することができます。

もちろんある程度の大きさになっているのでおもちゃ以外にも服を入れたり小物などを整理する場合にも活用することができるので使用の幅が広がることもメリットの一つだと言えるので、活用してください。

4.シンク下や洗面台下には「重ねるラック」

百均に販売されている収納道具として重ねるラックなどが人気を呼んでいます。

重ねるラックは名前の通りラックを重ねて様々な物を置くスペースを確保する収納アイテムですが、シンクの下や洗面台の下に重ねるラックを用意すればお皿をたっぷり重ねて縦に積み上げることで場所を確保したり、鍋などを見やすくを蹴るようにもなるのでとても便利だと言えます。

もちろん家族を活用すれば例えばテレビ周りにおけばレコーダーやDVD再生機などを重ねることで、スペースが確保でき、操作もしやすいようになるのでとても便利なので、工夫して使ってください。

5.吊り戸棚が欲しい場所に「突っ張り棒」収納

最近よく見かけるのがキッチン周りなどで突っ張り棒を使って吊戸棚を作り、 キッチンで使用しているおたまやフライ返しなどを綺麗に整理することができます。

収納スペースとしても活用することが出来ますし簡単に必要な時に気軽に取り出せる様になるので利便性の高さも一つのメリットだと言えます。

また見た目自体がとてもお洒落な雰囲気になるので、最近は自宅で吊戸棚を作っている家庭も数多く存在しています。

おしゃれでありながら必要な費用は100均で揃えられるもので作ることができるので、経済的にも負担がなくかつオシャレに作れるのでおすすめです。

6.プチDIY棚にもラックにも壁掛けにもなる「簀の子」

夏の季節なのになれば簀の子が大活躍する季節になります。

簀の子を使って、簡単に今話題のDIYができるようになり、簀の子を使えばお風呂場に設置する事で、冷たい床に触れなくても、歩けるようになりますし、自宅の庭などに設置すればお洒落な見た目で靴脱ぎ場などが作れるようになります。

工夫次第では、簀の子を使って、庭などにはだしで歩けるようなスペースを作って、その上に椅子などを置けば、裸足で外で食事ができるようにもなるので、工夫次第で様々な使い方が出来る事も魅力的ですよ。

DIYは工夫次第でどんな便利なものにも変化させることが出来ますし、なおかつ手作りの者は大切に感じるので、長く使用する事も出来るので、行えば行うほど技術も向上して、いろんなものが作れるようになるんで、趣味としても楽しめる収納技術だといえます。

断捨離のための手順

ここまでは片付け収納のアイディアについてご紹介してきましたが、片付けを行う上で大切な考え方が断捨離の考え方です。

断捨離と言う言葉をあまり聞いたことがない方もいるかもしれませんが、断捨離という言葉は、 断行、捨行、離行というそれぞれの考え方を通して、自らの人生や日常生活において必要でないものを断つ、若しくは捨てることによって物への執着心から自分自身を解放することを目的とした考え方で、なおかつ快適な人生を手に入れるために必要な考え方と言われています。

物に縛られている人生は自由な人生ではなくストレスを感じてしまいがちになるので物への執着心を捨てることで心もストレスから解放されてすっきりとした人生を歩める4になるということなのですが、断捨離を行うためにはある程度の手順を守ることが大切です。

片付けをしたいと思っても物が捨てられない心理が働いてしまってうまく整理整頓ができない方が多く存在するので断捨離の手順について理解することで片付けがスムーズに行うことができるようになるのでこの機会に理解してください。

同一種類のものを一箇所に集める

断捨離を行う上でまず大事な言葉はものを仕分けるという事です。

仕分けると言うことは同じ種類のものを一箇所に集めるということにも言い変えることができます。

整理整頓ができていない汚い部屋は、同じようなカテゴリに属するものが様々な場所に散乱してしまって生理ができていない状態ではありませんか?
整理を行う上で大切な言葉同じ種類のものを同じ箇所に集めることによって必要なものなどの場所にあるのかを把握することから始まります。

だからこそまずは同じ種類のものを同じ箇所に集める事を意識して行なってください。

分析する(要、不要、保留)

次に必要な手順は今存在しているものを冷静に必要なのか不要なのかそれとももう少し持っておくべきなのかということを分析することが大切です。

物が片付けられない人の中には物を捨てることができないで片付けができない方も多く存在しているので、いま自分の手元に持っているものは本当に必要なものなのかどうかということを判断することが大切です。

完全に不要なものであったりもしくは使用用途が被ってる様なものが複数存在する場合は一つだけあれば困ることはありませんので思い切って捨ててしまう覚悟が大切だと言えます。

捨てる事で、その分スペースに余裕が生まれるので、思い立ったら行動する事が大切であり、うだうだ考えていると捨てられなくなってしまうので、注意が必要です。

そして保留したものに関しては次に片付けを行うまでの間に一度でも使用しなかった場合は捨てるというルールを決めておくことで、思いだやることなく物を捨てる心構えを持つことができるので自分の中でルールを課すことを決めてください。

【断捨離については、こちらの記事もチェック!】

整頓のための手順

断捨離のための手順をご紹介したところで次は整頓のための手順についてご紹介します。

物を整理した後は、整頓する事で、適切な場所に物を配置できるようになりますが、こちらもある程度まとまった考え方をもっていなければ、整頓がうまくできずに、結局綺麗に出来ない事なども存在するので、整頓の手順も把握し、正しく意味を理解する事から初めてみてください。

ものを集めるのは同じ

整頓に関しても手順は少し似ていますが、まずはカテゴリ別に物を一箇所に集めることから始めてみてください。

そして集めたものに関しては使用の頻度や物の大きさそして物の種類などによって細かく分析してもしも不要だと感じたものが少しでもあればその時点で捨てる様に即決即断をすることが大切です。

ものを増やさない(リバウンド対策)

整頓を心がける際には、必ず考えて頂きたいのが、物が増える事によって部屋が散らかったり、物の管理が出来なくなっている可能性が高いでの、必要ない物を増やさないように心がける事が大切です。

例えば、普段商品を購入する際には、今購入しようとしている商品は本当に必要な物なのか、家に兼用できるような機能を持ったものはないか?という事を事前に把握した上で、購入するように心がける事で、重複した機能の商品を増やす事を防ぐ事が出来ます。

ちょっとした心構えを持つだけで行動なども大きく変わるので、まずは考えて商品を購入するようにしてください。

心の寂しさをもので埋めない

物がたくさんあることによって安心感を得ている人がいる場合もありますが、物が増えることによって部屋が片付かなくなってしまうので、物があることによって安心感を得ないように工夫することが大切です。

物がたくさんあるから安心するのではなく、本当に必要なものだけに囲まれて満足感を得るような考え方を持たなければどれだけ生理生徒を行っていたとしても物が増えていく一方になってしまい結局片付かなくなってしまいます。

考え方を変えることは最初は大きなストレスに捉えられがちですが、継続して考え方を変えて意識するようにすれば、自然と考え方は変わるようになります。

物が多いからといって、心の隙間を埋める事にはなりませんので、ならないものはならないと意識して、自分の心で根本的な問題を解決する事が必要です。

片付ける、とはどういうことか

ここまでは片付け収納のアイディアと、断捨離そして整頓の手順についてご紹介していきました。

ここからは、片付けるということはどういうことなのかということについて簡単にご紹介していきます。

誰しもが理解しているかと思いますが片付けを行うということは散らばっているものをきちんとした状態にするという言葉の意味を持っています。

そして片付けと一言で言っても整理することと整頓することは似ていますが異なる意味を持っています。

なので片付けるという事に関して、掘り下げて考えられるように簡単に片付けの意味合いをご紹介するので、視野を広げて片付けという言葉の概念を考えられるようにしてください。

整理と整頓のちがい

片付けと言う言葉を考えた時に連想する意味合いは整理整頓することだと誰もが想像してきますよね。

整理整頓という言葉を聞くとものを綺麗に整理するという言葉の意味を想像しますが厳密にご紹介すると整理と言う言葉と整頓と言う言葉は負けて使用する事ができ、なおかつ意味が若干違います。

同じ意味だと連想されがちですが、実際は細かい意味が違うのでこの機会に理解して、把握してみてください。

整理は

まずはじめに整理という言葉の意味についてご紹介します。

整理という言葉の意味は、物を減らすという言葉の意味を持っています。

なので物を整理するという言葉の意味は、物を適切な場所に配置するという意味ではなく物を減らすという言葉の意味として捉えることができます。

整理という言葉を多くの型が勘違いして理解している場合が多いので必ず意味合いを間違えないように理解してください。

なぜ整理するという事がモノを減らすと言う言葉の意味になるかと言うと、たくさんの物で溢れかえっている場所があるとするとその場所にあるたくさんのものを減らす事によって無駄なものがなくなり、必要な物がそろうので、必要なくなった物を捨てた分だけスペースが上がるようになりますよね。

たくさんのスペースが余ればその分必要な物を置くスペースに使うこともできるので結果的に物を整理するという言葉片付けるということに繋がると解釈することができるからです。

整頓は

次にご紹介する言葉は整頓と言う言葉です。

整頓という言葉の本来の意味は配置することという意味合いを持っています。

先ほどの整理という言葉と比べるとまだこちらの方が意味合いとしては通じる意味になるかと思います。

整理整頓という言葉を考えると、物を減らして配置するという意味合いとして解釈することができます。

たくさんのものに溢れかえった部屋を必要なものを判別して必要なものを適切な場所に配置することが整理整頓という言葉の意味として正しく解釈することができるので、間違った解釈をしていたかたは必ずこの機会に整理整頓と言う言葉の本来の意味を理解してください。

片付けると何がいいのか

片付けると言う言葉の概念や、整理整頓の意味合いについてご紹介しましたが、 そもそも片付けを行う理由が見当たらないという方も存在するかもしれません。

片付けをするという言葉ただ単に綺麗な部屋になる整った部屋になるというだけのメリットだけには止まりません。

片付けをすることで幅広いメリットを感じることができ、自分自身のために繋がるといえます。

汚い部屋でも私は平気だよと思う人もいるかもしれませんが、片付けを行う上でのメリットを把握する事で、 どういうメリットがあるのか把握することによって自分自身に片付けが必要だと認識することができれば自ずと自分が行動的になって片付けを行えるようになるといえます。

人間は必要だと思った場合は行動しますし、必要ないと感じていることに関してはなかなか行動的にはなりませんので、片付けができない人はまず自分にとって片付けが必要である、メリットがある行為であるということを把握し理解することによって初めて片付けを行えるマインドを手に入れることができると言えるので、そもそもの考え方から帰る必要があることを理解してください。

片付けのメリット

ここからは片付けと言う好意をより自分にとって大事だと思っていただくために片付けのメリットを細くご紹介していきます。

一言に片付けと言ってもたくさんのメリットを得ることができるので、今まで自分が築けていなかった片付けによるメリットを把握して片付けと言う好意をより自分の中で大事な行為だと認識するようにしてみてください。

自分や家族が気持ちよく過ごせる

まず片付けを行うことで絶対的に感じることができるメリットとしては自分の過ごしている部屋が綺麗になるということです。

片付けを行う上での一番のメリットとしてはやはり自分が過ごしてる部屋を綺麗に清潔に保ちたいと言う気持ちから片付けを行う場合が多いといえます。

逆に言えば片付けのメリットを詳しく知らない人はこの部分だけしか知らない場合も多いです。

綺麗な部屋になるという事は精神的にも安定することにつながります。

たとえば自分が過ごしている部屋が全く掃除されておらず、歩いていれば自分が普段歩かない場所には大量のほこりがたまっていたり、たくさんのごみが部屋に落ちていたり、 ゴミから虫がわいてるような部屋で過ごしているとすると過ごしている人の気持ちとしては晴れやかな気持ちで過ごしている人がいるでしょうか?

汚い部屋汚い場所で過ごす場合は自然と自分自身の考え方が暗くなってしまったり、若干ひね曲がったような考え方になってしまいがちです。

それとは逆に自分の部屋がとても綺麗でホコリ一つなく床なども綺麗にふかれた状態の清潔感のある部屋だった場合、精神的にもリラックスして安定した生活を送ることが出来ますし、晴れやかな気持ちで過ごすことができることが当然ながら、何かに真剣に集中できるより良い環境を作ることができるといえます。

例えばあなたが出先でトイレを利用したいと思った時に、全く清掃されていない汚いトイレ、そしてツルツルピカピカのトイレ、のトイレを見た時にどちらを利用したいと思いますか?
当然ながら綺麗なトイレを使用したいと思いますし、汚いトイレで過ごしてしまうと、気持ちもリラックスできない事が多いと思います。

このように自分が過ごす場所が綺麗か汚いかということは自分自身の精神的にも大きな影響を及ぼしてしまう結果につながるので、綺麗な部屋で過ごすという事は、視覚的な意味だけではなく自分の精神的な部分にも影響を及ぼすと理解することが大切です。

家事効率が上がる

片付けを行うメリットの一つとして家事効率が上がると言えます。

例えば綺麗な部屋とものが乱雑に置かれた汚い部屋の2つを想像してみてください。

今からあなたが料理を行うとして、綺麗な部屋はキッチン周りも当然綺麗に整理してあって、自分が使用したい道具なども綺麗に清掃されてどこにあるのか簡単に把握することができる状況だとします。

しかしながら汚い部屋に関しては、 そもそもキッチン周りが汚くなっており必要な道具が汚れた状態でシンクの中に置かれていたり、キッチン周りも油が飛び跳ねて汚く不衛生な状態だとします。

この両極端な2つの状況から料理を作ると考えた時に必ず家事の効率が高いのは綺麗な部屋で行う場合だと言えます。

料理をするのに必要な道具を取り出すにしても、前者はすぐに取り出すことができても後者は使い古した食器や道具などを一度洗うことから始めなければいけないので、結局は時間差が莫大な差になってしまいます。

それ以外の状況でも全く同じで、お風呂場を綺麗にしようと思った時に、定期的に洗っているお風呂場と、もう何年以上を洗っていないお風呂場を綺麗にしようと思った時には、当然ながら定期的に綺麗にお風呂場を掃除している方が汚れもそこまで溜まっておらず比較的軽い労力でお風呂場をピカピカにすることができます。

面倒くさいと思ったとしても定期的に片付けや清掃を行う事で、家事効率が上がり何をするにしてもスムーズに行うことができることにもつながるので片付けを行う方法のメリットだといえます。

時は金なり

片付けを行う上で得られるメリットをご紹介しましたが、片付けを行うメリットと時間をかけた時に考えると、とてつもなく時間が節約できるという事にも繋がります。

時は金なりという言葉があるように、忙しい社会人になれば、時間の大切さが痛いほど痛感するかと思います。

まさに言葉通り、時間は本当に価値のあるものであり、私たちの命は有限なので、まさに時間は命に等しいほど貴重なものです。

だからこそ、片付けを行う上で、時間が節約される理由についても簡単にご紹介するので、重要差を理解して、これからの生活の中で、片付けを大事に考える考え方につなげてみてください。

ビジネスマンが探し物にあてる時間は年間150時間

時は金なりという言葉と片づけをかけてビジネスマンの状況を考えてみると、 ビジネスマンが探し物に費やす一年間の時間について解説されているのですが、 どれぐらいの時間になると思いますか?

1年間と言う時間をかけたとしても、探し物程度なら、数時間ぐらいだと想像される方も多いと思います。

しかしながら、以外だと思われるかもしれませんがビジネスマンが探し物に当てる時間は年間何と150時間だと言われています。

150時間と考えるとかなりの時間であることが分かると思います。

そんな時間消費しているわけないじゃんと思うかもしれませんが、毎日少しずつの時間が積み重なっていくとそれぐらいの時間に匹敵する可能性はあります。

150時間と言う時間を考えるとだいたい1日の労働時間8時間と換算してみると、約19日分の時間が消費されているという計算になります。

探し物に割り当てられている時間と言うのは何の生産性もない時間になってしまうので言ってみれば本当に無駄な時間を過ごしてしまっているということに他なりません。

だからこそ時は金なりという言葉があるよう19日間もあれば、どれだけ仕事がすすめるか、ということを考えた上で時間のありがたみを理解することが大切であり、その大事な時間を確保するためには普段から整理整頓を行うことが大切であると判断できます。

時短テクニックもいいけれど、探し物が減れば使える時間はぐんと増える

世の中には様々な時短テクニックが存在していますが、時短テクニックを使うのも確かに大切なことですがそもそも基本的に探し物の時間など目に見えて無駄だと思われる時間を減らすことが一番の時短テクニックに繋がるとも言えます。

敏感に時短テクニックに反応して時短テクニック普段の生活から取り入れる用にしていたとしても、そうその他の無駄な時間を大きく消費していれば全く意味がないものになってしまいます。

だからこそ無駄な生産性のない時間を過ごさないように意識することが大切でありその中でも探し物を探すと言う、本当に無駄な時間をなくすことで、空いた時間を本当に必要なことに咲くことができるようになります。

つまり片付けや整理整頓を行うということは自分の大切な時間を増やすということにもつながり、より生産性の高い質の高い時間を作ることができると考えることができます。

そう考えると整理整頓するということは仕事ができるようになる大切な行動だといえます。

ビジネスマンとして働いている方は、整理整頓ができていないのであれば、すぐに整理整頓の方法を実践してください。

大切な人や家族との時間も増やすことができる

先ほどはビジネスマンの例で時間が増えれば有効な時間活用ができるとお伝えしましたが、これに関してはビジネスマン以外の方も当然ながら当てはまります。

例えば自宅で家事などを行っている専業主婦などに関しても 、時短テクニックや整理整頓を行うことでたくさんの時間を生み出すことができます!

時間に余裕があればまとまった時間を使って大切な人と一緒に過ごす時間だったり家族との楽しい時間を増やすことも当然ながらできます。

大げさかもしれませんが、生み出した時間が生み出した時間が1時間やに時間がどの大きい時間を生み出すことができれば、小さい子供と一緒に遊んだりとか、家からちょっと離れた場所に家族みんなで出かけたりとか、楽しいふれあいの時間に割り当てることもできます。

どんな方でも時は金なりということが当てはまるという事を理解して、整理整頓を行うようにすることが大切であるといえます。

まとめ

整理整頓は苦手な方にはとても難しい行為ですが、継続して行う事で、癖づければ苦にならないようになります。

整理整頓ができない人間なんて存在しません。

考え方や、必要性を正しく理解できれば、必ず行えるようになりますので、あきらめずに、正しい考えを持って行動し続けてみてください。

ご紹介したアイディア法なども活用すれば、整理整頓が楽しくなるようになるので、自分が楽しめるように工夫する事もとても大切な事です。

興味をもって楽しく整理整頓と向き合ってみてください。

【収納術については、こちらの記事もチェック!】